故事成語のお話

  1. 中国故事街トップ
  2. 故事成語のお話一覧
杞憂(きゆう) 意味:無用の心配をする。取り越し苦労。

杞国に天が崩れてきたら、 逃げるところもないではないかと、心を痛め、 心配のあまり、食事ものどを通らないし、 ゆっくりと眠ることもできなくなった人がいた。
やつれきった様子に、友だちが心配して、諭しにやって来た。

「天は大気の集まりで、 そこいらじゅう大気だ。私らが体を動かしたり、 息吸ったりするのなんかも、一日中天の中にいてやっていることだ。 天が落ちてくるかもしれんなんて、心配することはない」

すると、

「天は大丈夫だとしても、日や月や星は落ちてきたりしないか」

と言う。

「日や月や星も大気の中で光っとるだけだから、落ちやしない。 落ちてきても怪我することはないんだ」

「それじゃあ、大地が壊れたらどうする」

と、またその人が心配して言った。

「大地は土の塊だ、大地は四方の果てまで土でいっぱいで、ないところはない。 私たちが地に足をつけ歩くのも、一日中大地の上でやっていることだ。 だから壊れることはないから、心配はいらん」

 それを聞いて、その人はようやくほっとして、喜んだ。 諭した者もまた、大いに喜んだ。

【列子・天瑞(てんずい)】


Copyright ©中国故事街