故事成語のお話

  1. 中国故事街トップ
  2. 故事成語のお話一覧
梅を望んで渇きを止む(うめをのぞんでかわきをとどむ) 意味:一時的にのどの渇きをこらえること。連想によって、一時的に欲望を抑えさせること。

曹操(そうそう)、字は孟徳(もうとく)。三国における魏政権の創建者である。後漢で将軍、丞相をつとめ、後に魏王となった。息子曹丕(そうひ)が魏の初代皇帝となった後、武帝と諡された。

曹操は行軍の途中、飲み水が手に入らないところを通った。 全軍の兵士たちがのどの渇きに苦しんでいた。そこで、曹操は号令して言った。

「前方に大きな梅林がある、甘酸っぱい実がたわわに実っておる。それでのどの渇きが癒せるぞ」

兵たちはそれを聞くと、たちまち口の中に唾がわきだした。 そのおかげで、渇きが癒され、無事前方の水源までたどり着くことができた。

【世説新語・仮譎(かけつ)】


Copyright ©中国故事街