名探偵タラオ4











オレは幼児探偵、フグタ タラオ。
幼なじみのリカちゃんと遊園地へ遊びに行って黒ずくめの男の怪しげな取り引き現場を目撃した。
取り引きを見るのに夢中になっていたオレは、
背後から近付いて来るもう一人の仲間に気付かなかった。
オレは、その男にリポビタンDを飲まされ、目が覚めたら、体が健康になっていた!!

 フグタ タラオが生きていると奴らにバレたら、また命を狙われ、
まわりの人間にも危害が及ぶと勝手に俺は思った。
イササカ先生の助言で正体を隠すことにしたオレは、リカちゃんに名前を聞かれて、
とっさに「フグタ タラオ」と名乗り、(そのままじゃん)奴らの情報をつかむために、
探偵ごっこをやっている実の父であるマスオの家に転がりこんだ。
(つーか元々そこに住んでるんだけどな)
 



ふう。ずいぶん前のことだがよ。黒ずくめの男たちめ!
オレはリポビタンDよりオロナミンCの方が好きなんだよ。勝手にリポビタンDを飲ませやがって!!
 許せねえ!オレに「ファイトー!一発ゥゥ!!!」って言えってか!?ふざけるんじゃねえ!!

 
 すげえムカツクけどよ。とりあえずクレヨンしんちゃんでも見るか!
 何?裏番組だと!?知るかよ。
 グハハハ!相変わらずクレヨンしんちゃんはおもしれえな!!

 マスオ「さて、ナイターでも見るかな。今日は巨人VS中日か。」(テレビのチャンネルを変える)
 TV「さあ。次のバッターは松井。ツーアウトですが満塁です・・・・」
 マスオ「ちょうどいいところだね。ねえタラちゃん。今年は松井ホームラン王になれるかな?」

 タラオ「あぁ!?知るかボケ!んなことよりさっさとクレヨンしんちゃんに変えろよな。
じゃねえと埋めるぞ!?」
 マスオ「タ、タラちゃん!???」
 タラオ「う!え、あ・・・その・・・そうですね。きっと松井さんはホームラン王になれますですぅ」
 マスオ「そうだね。・・・・なんかさっきタラちゃんが乱暴な言葉を使ってた気がするけど、
・・・・・・・・・気のせいかな」


 あぶねえ・・・うっかりマスオにオレの本性がばれるところだったぜ。
 そうなったらマスオには行方不明になってもらわなければならないが。。。

 マスオが波平とフネにいびられたり、カツオがオレのの母サザエに虐待されたりと、
 いつものように平和な日々だった。そんな時に事件が起きた。


 フネ「ひ、ひ〜〜!!お父さん!?」

 突然フネの悲鳴が家中に響き渡る。
磯野家のみんなは急いで悲鳴の元へ行った。
 すると、波平が倒れていた。どうやら何者かに後ろから殴られた形跡がある。これは事件だ!
幸いのことに 波平はなんとか生きていた。(しぶといぜ)
 しかし、一体犯人は誰なんだ!?外部から侵入した様子はない。
ということは犯人は内部の人間か!?
 つまり・・・・磯野家の人間ということか。

 マスオ「オホン。ここは趣味で探偵ごっこをしている私の出番ですな。
サザエ、とにかく警察を呼ぶんだ」
 サザエ「分かったわ。」

 しばらくして警察がやってきた。

 見暮警部「ふーむ。暴行をうけたのは磯野波平さん54歳・・・・」
 マスオ「警部殿。とにかくアリバイを聞きましょう。」
 見暮警部「そうだな。フグタくん。それではみなさんのアリバイをお聞きします」


 磯野家のそれぞれのアリバイを聞いたところ
カツオはその時間 覚醒剤で別の世界に旅立っていた。
ワカメは愛の逃避行をして現在は行方不明。
サザエはサブちゃんと密会していた。

 この3人のアリバイは完璧。犯人ではない。


 マスオ「犯人がわかりましたぞ!警部殿」
 見暮警部「おお。わかったかフグタくん。で、犯人は誰なんだね」
 タラオ「スゴイですぅ。パパもう犯人が分かったんですね!」(本当に分かったのかよ?)

 つーかよ。マスオ!お前もあやしいんだけどな。
だって毎日のように波平にいびられてたし、殺意は十分考えられるからよ。

 マスオ「犯人は・・・・・・あんただ!磯野フネ!!!」
 フネ「は?わ、私が犯人!?マスオさん。何を行ってるんだい!?証拠はあるの!?」
 マスオ「証拠ならあります!さっきアリバイを聞いたとき
     カツオくん。ワカメちゃん。サザエは犯人でないことが分かった。
    そしてこの名探偵フグタマスオも犯人ではない!よって犯人はフネさん。あんたしかいないんだ!」
 フネ「マスオさんが犯人でない証拠はあるのかい?」
 マスオ「私の良心に誓って私は犯人ではない!よってあんたが犯人だ!!」

 う〜ん。またマスオが暴走しやがったぜ。けどよ一体犯人は誰なんだ?
このオレ、フグタ タラオは当然、犯人じゃない。
ま、そんなアリバイはないけどよ本当に犯人じゃねえからな
 全く今回の事件は難しいぜ。
・・・・・・・・・・・・・ん!?
そうか!!わかったぞ!!
犯人の正体が!!!
よし!いつものように釘バットでマスオを眠らせて・・・・いや今回はマスオではなくサザエにするか
オレは釘バットをフルスイングした
 






グシャッ!!




何かが潰れたイヤな音がしてサザエは崩れ落ちる。
タラオ「ママ〜!大丈夫ですか〜〜!?」
オレはすぐにサザエを介抱するふりをしていっこく堂も真っ青の腹話術をする。

サザエ(タラオ)「大丈夫よ。タラちゃん。それより犯人が分かったのよ!」
見暮警部「な、なんだって。犯人が分かったというのか!?」
サザエ(タラオ)「そうよ!!磯野波平に暴行を加えたのは・・・・



磯野タマさん!!あんただ!!!」








タマ「にゃ〜(何言ってるんだよ。俺はネコだぜ。違うよ)」
サザエ(タラオ)「もうわかってるんですよ。
動機は 磯野波平氏が毎日のように あなたのエサを横取りしたことですね!
たかが食べ物のことで・・・・」

タマ「にゃ〜(たかが食べ物だと!?お前に何がわかるんだ!!
俺は毎日奴に食事を奪われるんだぞ!?おかげど俺は飢え死にしそうなんだ!
そもそもだ!お前等 磯野家の連中が波平に食事をやらないからあいつは俺の食事を奪うんだ!
一番悪いのは磯野家の連中だ!!」

見暮警部「そうか。。。わかった。タマさん。あなたも辛かったんですね。
しかし・・・罪は罪です。なに、事情が事情ですからな。
すぐに出てこれますよ。・・・・・・それでは署まで来てください。」
タマ「にゃ〜(はい。警部さん。行きましょう。罪は罪ですから・・・・)」




こうして磯野波平暴行事件は解決した。
幸いのことに波平の怪我はたいしたことなく1週間ほどで退院できるそうだ。
警察に連行されたタマも裁判官に情状酌量の余地があると
執行猶予をもらいすぐに磯野家にもどってきた。

ただサザエは3日たっても意識が回復せず、今夜が峠だそうだ。
ま。マスオは何回もお花畑をみてるし平気だろ!?
あんまり気にしないことにする。


どんな難しい事件もタラオが解決するぜ!!




















戻る

FC2 キャッシング 無料HP ブログ(blog)