舞台です2








11月の中頃
私たちは舞台の稽古の為に練習をしていた。
もう稽古が始まって何ヶ月たつだろうか?
なのに、私は全然セリフが覚えられない
・・・いや本当に。
 他のみんなはほとんど覚えてるのになぁ。まあ、他のクズどもと比べて主役の私はセリフが多いからね
そんな私のところにある女の子が寄って来た。

女の子「ねえ、私ってセリフ棒読みになってない?
全然感情が作れなくて・・・どうしよう」

帰りが同じ方向でよく話すからか、
こういった相談を私は彼女からよく受ける。
正直、
「そんなもん私には関係ないかんね」
と思ったが、とりあえず大人(?)の私は













「大丈夫!脇役の演技なんて誰も見てないから♪」





と明るくいったところ、

その日は口をきいてくれなかった。
何か気に入らないことをいっただろうか?
と2,3分考えたが分からなかった。




 とりあえず稽古が終わり帰ろうかなと思っていると、
「みんなでご飯でも食べに行こうよ」
と誘われた。
ちょうどお腹もすいてたし、その誘いに乗ることにした。

場所はラーメン屋さんである。
席に座ると店員がすぐに注文をとりにきた。
私はまだ何を食べるか決まってなかったが、
他のみんなは次々と注文を頼んだ。
ちょっと優柔不断の私はまだ決まらず、あとで頼むことにした。

男1「なあ。やっぱり演劇やタレント活動で食べて行くって厳しいよな・・」
女1「私も結構それって不安になるよ。本当に自分に才能があるのかなとかさ」



なんだか他のメンバーたちは語り出した。
(とりあえず、他の出演者の名前は男1とか女2とします)
自分の将来に対して不安があるのかいろいろ話している。
私にも時々話しを振られるが、
てきとうにあいづちをうっておいた。
今は何を食べるか決まってないのでまだメニューを見ているのだ。


女1「YOUは将来、タレントとかで食べて行くぞって自信ある?
いきなり私にポンと話しを振られた。
私「あ、いや・・」
とちょっととまどってしまった。

なんせ、ずっとメニュー見てて話し聞いてなかったからさ、
なんの話ししてるのか理解してないんだよね・・・
けど、なんか「うんうん」とみんな うなづきながら

「やっぱり不安だよなあ・・」
なんて言っている。
アホだなあなんて思いながら
550円の塩ラーメンにするか、650円の中華ヤキソバにするか迷っていた。


ようやく、塩ラーメンに決めた私は注文をした。
相変わらず、みんな将来のことを熱く語っている。
そんなことよりも



「昨日のテレビチャンピオンの発砲スチール王って面白かった?」



と聞きたかったけど、さすがに聞けなかった。
さすがに私もそこまでおバカじゃないんで。。


ちょっと、世界不思議発見の時間が近づいてきたので
「あ、ごめんね。明日すごーく早いからさ」

と帰ることにした。
テキパキと帰り支度を済ませて店を出た。


このとき、私の胸には「勝利」の2文字が刻まれていた。
何故なら 先にさっさと帰った私は
塩ラーメン代の550円を払わずにすんだのだ。

ウハハハハ!
見たか。賢い私はこうやってご飯代をうかせてるのだ!
良い子は真似しちゃいけないぜ。友達なくすから


そんなことしてたら、友達いなくなるって?
いや、ごもっとも。。。でも私は













愛と勇気だけが友達だから





別に平気です。










戻る

FC2 キャッシング 無料HP ブログ(blog)