アブラーモフ、ニコライ・А
Абрамов, Николай А.
(調査中〜)

 テノール。1950年代中頃から1960年代前半にかけてアレクサンドロフ・アンサンブルのソリストとして活躍した。抒情的な声の持ち主で、レパートリーは、「聞けよ!」、「鈴の音は単調に鳴る」他。入手できた演奏の大半がモノラル録音で、ステレオ録音は今のところEMIに録音した「聞けよ!」「鈴の音は単調に鳴る」のみ。
曲名 ディスク 備考
ああ広き野よ 70
71
72
82
83
151
163
186
withクスレーエフ、モノラル
祈る人 173 モノラル
ヴォルガからドンへ 10
152
194
withカテリンスキー、モノラル、1954年
聞けよ! 15
151
175
194
モノラル
聞けよ! 102 モノラル
聞けよ! 26
113
147
ステレオ、1963年12月17、18日
黒いからす 17
107
151
withエイゼン、モノラル、1956年
小麦色の娘 33
60
61
148
164
168
185
187
189
withサヴチューク、モノラル、1953年
小麦色の娘 110
161
withサヴチューク、モノラル、
1956年7月24、25、27日
鈴の音は単調に鳴る 15
107
151
173
188
192
194
モノラル、1956年
鈴の音は単調に鳴る 110
161
ステレオ、1956年7月24、25、27日
110はモノラル)
つばめ 15
174
モノラル

ディスク未入手
曲名 音源 備考
ヴォログダから来たガルモーニ弾き Sovmusic モノラル、1954年
銀の河の上で Sovmusic モノラル、1955年
夕方遅くに Sovmusic モノラル、1957年
マリアンナ Sovmusic withルヴォフ、モノラル

ソリストご紹介へ戻る