かてぼらグリ−ンの会

かてぼらとは「勝手にボランティア」の意味です。
グリ−ンは地球を守る緑をイメ−ジしました。なにか地域社会に役立つことが出来ればと言う願いを込めています。
平成元年に西尾中学校第5回生(昭和27年卒)の有志が集まって、「でんぼこの会」を作りました。
平成14年に「かてぼらグリ−ンの会」と名称を変更しました。
皆が集まってわいわい話しているうちに意見がまとまって、ボランティア的なことを勝手にやっています。
どんなことをやってきたか紹介しますが、きっと支離滅裂、一貫性がないと驚かれるでしょう。
でもやっている本人達は至って真面目なんです。

抹茶粥のサ−ビス(2003.2)

抹茶粥のサ−ビス(2004.2)

抹茶粥のサ−ビス(2004.11全国茶サミット愛知大会)

桜千本植樹の夢


紅白しだれ梅を植樹(2003.3)

市制50周年記念の植樹(2003.11)

同年生の物故者を追悼法要(2004.4)

西尾まつり肴町大名行列に戻る