点訳サークルモビール
点訳サークルモビールの活動
2017年
4月20日(木)
「小学校3年生の漢字」完成しました。
4月17日(月)
『atプラス 28 生活史  《岸政彦 編集協力 太田出版》』のテキストデータ化の依頼がありました。
3月31日(金)
テキストデータ『基礎ゼミ 社会学』完成しました。
3月17日(金)
「小学校3年生の漢字」の点図化の依頼がありました。
3月4日(土)
「新くりかえしかんじドリル2年1がっき 《文溪堂》」完成しました。
3月2日(木)
テキストデータ『基礎ゼミ 社会学 《工藤 保則 編/大山 小夜 編/笠井 賢紀 編 世界思想社》』のテキストデータ化の依頼がありました。
2月10日(金)
テキストデータ『教育システムと社会・・・その理論的検討』完成しました。
1月8日(日)
『教育システムと社会・・・その理論的検討 《広田照幸・宮寺晃夫編 世織書房》』のテキストデータ化の依頼がありました。

2016年
12月19日(月)
高取小学校点字教室。 
時間 8:45〜11:30|場所 教室 | 学年 3年生 | クラス 3クラス | 人数 93名
内容 生活の中で使われている点字や識別表示についての話をし、点字のルールの説明のあと、子どもたちに名前を実際に点字板をつかって打ってもらいました。
11月28日(月)
「新くりかえしかんじドリル2年1がっき 《文溪堂》」の点図化の依頼がありました。
11月6日(日) 
高浜市わくわくフェスティバルが開催されました。
時間 9:30〜15:00
場所 いきいき広場 3F
内容 点字体験
     参加者には「あなたの名前と好きなたべものをてんじでうってください。」と書かれた紙に点字を
     打ってもらい、視覚のFさんにそれを読んでもらう。 
     点字広報・手打ち点訳絵本・点字カレンダー・漢字の点図などの展示
参加人数 26人
幼稚園児から大人の方までチャレンジして下さいました。親子での参加も何組かありましたし、最近点字教室を行った小学校の子どもたちも来てくれました。
10月31日(月)
高浜小学校点字教室。 
時間 9:40〜12:25|場所 教室 | 学年 3年生 | クラス 3クラス | 人数 105名
内容 生活の中で使われている点字の紹介と点字体験。
10月24日(月) 
吉浜小学校点字教室。
時間 8:50〜12:30|場所 教室 | 学年 3年生 | クラス 4クラス | 人数 134名
内容 生活の中で使われている点字や点字ブロックについての話。点字体験(自分の名前を点字で書く)。
10月9日(日)
テキストデータ『子どもたちの三つの「危機」 国際比較から見る日本の模索』完成しました。
10月5日(水) 
港小学校点字教室。
時間 10:50〜12:30|場所 教室 | 学年 3年生 | クラス 2クラス | 人数 73名
内容 生活の中で使われている点字や識別表示についての話をし、点字のルールの説明のあと、子どもたちにそれぞれの名前を実際に点字板をつかって打ってもらう。
9月30日(金)
「新くりかえしかんじドリル 2年下」完成しました。
9月13日(火)
テキストデータ『生活・生存保障と教育をむすぶもの/へだてるもの』完成しました。
『子どもたちの三つの「危機」 国際比較から見る日本の模索 《恒吉僚子著 勁草書房》』のテキストデータ化の依頼がありました。
9月7日(水)
『生活・生存保障と教育をむすぶもの/へだてるもの《論文》』のテキストデータ化の依頼がありました。
8月15日(月)
テキストデータ『生活保護リアル』完成しました。
8月7日(日) 
テキストデータ『インクルーシブ教育における実践的思想とその技法』完成しました。
8月5日(金)
「新くりかえしかんじドリル 2年下 《青葉出版》」の点図化の依頼がありました。
7月21日(木)
『生活保護リアル 《みわよしこ著 日本評論社》』のテキストデータ化の依頼がありました。
7月12日(火)
『インクルーシブ教育における実践的思想とその技法-大阪市立大空小学校の教育実践を手がかりとして- 《論文》』のテキストデータ化の依頼がありました。
6月19日(日)
西三河点訳ボランティア交流会が開かれました。
 場所 西尾市総合福祉センター 3階 第4・5集会室
 時間 13:30〜15:30
 内容 講演  「点字との関わり・日常生活のこと・歌」 講師 上田若渚さん
      高校2年生の歌姫上田さんの歌を交えての点字とのかかわりのお話しでした。
      生まれつき目の見えない方でも点字の習得には相当苦労されたようでしたが、
      点字を使いこなせるようになってからの喜びや支えてくださる人とのつながりを強く訴えて
      いらっしゃいました。 
     講演の後、休憩を挟んで意見交換
      触読講座について
      西尾市、安城市、刈谷市では中途失明の方にむけ、触読を学ぶ場が
      設けられているそうです。
 図書の相互貸し出し  
   現在豊田、安城、高浜のサークルしか残っていず、もはや必要ないのではという
   ことで解散になりました。
 参加サークル・人数 8サークル 45名
 参加費 500円 
 担当サークル 点訳サークルすずらん・点訳サークルひかりの会
 次回担当サークル 点訳グループともしび・点訳サークルモビール
6月16日(木) 
高浜高校福祉実践教室。
時間 13:25〜15:30 | 学年 1年生(普通科) | 人数 33名 
内容 1時間目は点字の基礎と視覚障害のある方の生活について、2時間目はサウンドテーブルテニスの体験を二部屋に分かれて男子女子混合で。少し時間が足りなくてオーバーしてしまいました。
6月7日(火)
「新くりかえしかんじドリル 2年上」完成しました。
5月18日(水)
「三毛猫ホームズのメリークリスマス」「三毛猫ホームズの感傷旅行」「三毛猫ホームズの家出」「三毛猫ホームズのプリマドンナ」を図書館に納入しました。
5月9日(月)
テキストデータ『子育ての会話分析』完成しました。
4月19日(火)
「新くりかえしかんじドリル 2年上 《青葉出版》」の点図化のご依頼がありました。
4月8日(金)
『子育ての会話分析 《高田明 嶋田容子 川島理恵編 昭和堂》』のテキストデータ化の依頼がありました。
3月31日(木)
新しい点字プリンターESA721がいきいき広場3Fの社会福祉協議会に設置されました。
3月10日(木)
「小学校2年生の漢字」完成しました。
3月4日(金)
手書き原稿のテキストデータ完成しました。
3月1日(火)
港小学校の3年総合「ぼくたちの町は福祉でいっぱい?」の発表会に招待していただきました。
9:50から図書室で行われ、前半は1組、後半2組の発表でした。各クラス6班に別れて、2年生の生徒さんたちと私たち講師、保護者の方たちの前で「目の不自由な人」「耳の不自由な人」「車椅子の人」について調べたことを発表してくれました。子どもたちそれぞれが原稿を覚えて写真を使った説明を分担し、車椅子やアイマスク、白杖を用意して実演したり、点字の付いたもの(お酒の缶やボンド)をいくつも用意して配ったりしてとてもわかりやすい発表でした。
2月25日(木)
「小学校2年生の漢字(東京書籍版の順)」の点訳の依頼がありました。
2月12日(金)
テキストデータ『発達の理論―明日への系譜』完成しました。
1月29日(金)
翼小学校福祉実践教室。
時間 8:50〜12:30|場所 教室 | 学年 3年生 | クラス 4クラス | 人数 125名
最初のクラスでまた点字板が数個たりず、ご迷惑をおかけしました。
1月28日(木)
Mさんから2度目の手書き原稿のテキストデータ化の依頼がありました。
1月20日(水)
テキストデータ『盲ろう児教育実践報告』完成しました。
1月8日(金)
『発達の理論―明日への系譜 《浜田寿美男編 ミネルヴァ書房》』のテキストデータ化の依頼がありました。
1月6日(水)
『盲ろう児教育実践報告』のテキストデータ化の依頼がありました。

→ モビールの活動(過去版)へ
このページのトップへ