創業1979 年  自動車オプションパーツの開発・製造・販売
HOME ご注文方法 買物カゴ確認 決済方法 運 賃 会社案内 お問合わせ
■ご案内
弊社商品の取付サービスを実施している店舗をご紹介しています。
・取付け店の紹介
・取付サービス店募集
■カーナビ関連
走行中のテレビ視聴
TOYOTA
メーカーOP
ディーラーOP
DAIHATSU
メーカーOP
ディーラーOP
HONDA
メーカーOP
ディーラーOP
SUZUKI
メーカーOP
ディーラーOP
SUBARU
-----
ディーラーOP
■アクセサリー
速度警報器 SPCM10
速度警報器 SPCM3
パルスコンバータ
分周器
 
コンパレータ
RPM 回転スイッチ
SPD2 速度スイッチ
 
 
ウィンドウコンパレータ
RPM2 回転スイッチ
DCV 電圧スイッチ
 
 
 
■ご注文方法
お申し込み方法
決済方法
送料・手数料
 
お問合わせ
 
速度警報器  SPCM10
 

  各設定値は、プログラムで固定されていますので、変更がご希望の時は、ご連絡ください。

  警報速度を1箇所にすることもできます。
 
 
*** 設定速度可変タイプは ***
速度の設定を自由に変更したい場合は、
SPCM3をご購入ください。
 
 道路環境及び車の性能が向上している現在、知らず知らずに走行速度が高くなっている事があると思います。
 速度が高くなればなるほど、衝突したときのダメージは大きくなります。
 常に走行速度に注意して、もし突発的な事故にあった時少しでもダメージが軽くなるようこの装置を作りました。
 車の車速パルスを計測して、設定速度を超えると警報チャイムを鳴らす装置です。
 一般道路走行の低速モードと、高速道路走行の高速モードを自動で切換えて速度警報をチャイム音で知らせます。
 この装置は、各車速パルス数に対応でき、設定速度の変更にも柔軟に対応できます。
 PICマイコンを採用しているので、各設定値を柔軟にお客様のご要望にお答えする事ができます。
 お気軽にご相談ください。
また、本体の大きさを左図のようにコンパクトに収めました。
配線は
 電源の+と−に車速パルスの3本を接続するのみです。
 
初期値
 低速速度  65Km/H 高速速度 105Km/H
  低速→高速切替時間   2分     
  高速→低速切替速度   50Km/H
 
設定変更可能箇所
 低速速度   高速速度   低速→高速切替時間
 
SPCM1 は、販売を終了しました。

チャイム音 サンプル
低速警報チャイム  高速警報チャイム

   
 動作説明
  走行開始時は、低速モードで65Km/Hを超えると警報チャイムが鳴り、速度超過を知らせます。
次に65Km/Hを超えて2分以上走行すると、高速モードに切り替わります。
その後は、105Km/Hを超えるとチャイムが鳴ります。
また、2分以内でも速度が105Km/Hを超えると警報チャイムが鳴ります。
高速モードで走行中に、速度が50Km/H以下になりますと低速モードに切り替わります。
 
種  類 品  番 車速パルス 電源電圧 価 格   No.
速度警報器 SPCM10-2 2パルス 12V〜24V
9、800 円
(税込¥10、584)
4
SPCM10-4 4パルス 5
SPCM10-8 8パルス 6
SPCM10-25 25パルス 8
パルス数がわからない時は、こちらより お問い合わせください。
 
有限会社 中央電子設計          TEL:0566-42-3301  FAX:0566-42-1660
Copyright(C) 2000 CEP.Co.,LTD.    All rights reserved