創業1979 年  自動車オプションパーツの開発・製造・販売
HOME ご注文方法 買物カゴ確認 決済方法 運 賃 会社案内 お問合わせ
■ご案内
弊社商品の取付サービスを実施している店舗をご紹介しています。
・取付け店の紹介
・取付サービス店募集
■カーナビ関連
走行中のテレビ視聴
TOYOTA
メーカーOP
ディーラーOP
DAIHATSU
メーカーOP
ディーラーOP
HONDA
メーカーOP
ディーラーOP
SUZUKI
メーカーOP
ディーラーOP
SUBARU
-----
ディーラーOP
■アクセサリー
スピード警報器 SPCM1
スピード警報器 SPCM3
パルスコンバータ
分周器
 
コンパレータ
RPM 回転スイッチ
SPD2 速度スイッチ
 
 
ウィンドウコンパレータ
RPM2 回転スイッチ
DCV 電圧スイッチ
 
 
 
■ご注文方法
お申し込み方法
決済方法
送料・手数料
 
お問合わせ
 
回転 スイッチ チェンジマン RPM2
ウィンドウ コンパレータおよびコンパレータ動作対応
 エンジンの回転数を計算して、設定回転数を超えるとリレーをON/OFFする装置です。
 本体よりリレー接点の出力が出ていますので、これを利用して装置をコントロールしてください。
 回転の計算は、パルスの周期を計測する方法を採用しました。
 
 回転数の設定は、ディップスイッチにより100RPM単位で19900RPMまで設定できます。
 
動作モードの切り替えにより、通常のコンパレーター動作にも設定できます。
*** 少し機能は下がりますが、低価格品も有ります。 ***
   ウィンドウ コンパレータ動作
 設定した2点の回転数の範囲でリレーをON/OFFする動作をさせられます。
たとえば、1500回転でONして5000回転でOFFするような動作をさせる事ができます。
 回転数の設定は、ディップスイッチにより100RPM単位で最大19900RPMまで設定できます。
また、23000RPMまでカウントします。
 各種設定モードにより、回転のパルス数設定・ウィンドウ コンパレータ上側回転数設定・上側回転数クリヤー・ヒステリシス幅の設定などができます。
商  品 品 番 電源電圧 入 力 価 格   No.
チェンジマンRPM2WC RPM2WC001 12V パルス電圧
14、000 円
(税込 \15,120)
17
RPM2WC002 24V 18
RPM2WC003 12V イグニッション コイル 19
オプション リレーセット OPRL12135 12V  
935 円
(税込 \1,010)
12
オプション リレーセット
車載用パワーリレー
接点仕様 DC12V 20A
コイル仕様 DC12V
 
コネクタ
F端子  4ピン
 注意
チェンジマン内蔵リレーの接点に、電流負荷が大きい場合は、接点容量の大きいリレーを追加してコントロールしてください。
 
チェンジマン内蔵のリレーは、接点電流3A以内で使用してください。
 

仕    様
電源 電圧 12V 〜 24V 直流
消費電流 約 10mA〜60mA(12V)
入力1 パルス電圧 0V 〜 12V
最大入力電圧 電源電圧まで
インピーダンス 100KΩ
入力2 イグニッション コイル マイナス側
インピーダンス 30KΩ
出力
リレー
OMRON
G5SB-14
接点 負荷 DC30V 5A
AC125V 5A
最大電圧 AC125V DC125V
動作時間 7ms 以下
復帰時間 3ms 以下
ケース プラスチック
ケース
縦 40mm    黒色
横 70mm
高 27mm
ハーネス 本体より 400mm  6本
配 線
 黄線(IN)に回転信号を入力してください。
 電源を配線してください。(赤線・黒線)

 配線は、間違い無く確実に行ってください。間違えますと、車輌側のシステムを破損したり、最悪の場合は配線が燃える事もありますので、十分に注意してください。
 
基板外観
 
各項目の設定手順  (パルス数変更の場合)
1) 電源OFFでディップSWを [000] にセットします。
2) 電源をONするとLEDが点滅します。
    パルス数設定モードになります。
3) 希望の数値をセットします。
      たとえば、3パルスの場合は、 ディップSWを [003] にセットします。
4) そのまま、しばらく待つとLEDが点滅から点灯に変わります。
     これで、メモリへの書き込みが完了します。
5) 電源をOFFにしてください。
     設定は、終了です。
各種の設定手順例
  項  目 電源 ディップSW LED 備   考
パルス数のセット OFF 0 0 0 消灯  
ON   点滅  
ON 0 0 3 点滅 3パルスの場合
ON   点灯 しばらく待つと
OFF   消灯 設定は完了です。
  項  目 電源 ディップSW LED 備   考
OFF回転数の
セット
(ウィンドウ コンパレータ動作)
OFF 9 0 0 消灯  
ON   点滅  
ON 0 8 5 点滅 8500RPMの場合
ON   点灯 しばらく待つと
OFF   消灯 設定は完了です。
  項  目 電源 ディップSW LED 備   考

OFF回転数の消去

(出荷時設定)

OFF 8 0 0 消灯  
ON   点滅  
ON   点灯 しばらく待つと
OFF   消灯 設定は完了です。
通常のコンパレーター動作
  項  目 電源 ディップSW LED 備   考
ヒステリシスのセット OFF 7 0 0 消灯  
ON   点滅  
ON 0 0 5 点滅 500RPMの場合
ON   点灯 しばらく待つと
OFF   消灯 設定は完了です。
(注)ヒステリシスは、100RPM以上に設定してください
0 RPM に設定すると、切り替わり付近でチャタリングを起こす事があります
初期設定モード設定を終了するには、一度電源をOFFしてください。
エラーについて
1) エラーになりますと、LEDが点滅します。
2) 通常の使用で、電源をONした時にLEDが点滅した場合は、メモリーのデーターが壊れていますので、初期設定を行
    ってください。
3) 回転数の設定が19900RPMを超えるとエラーになります。
4) 設定値が、ヒステリシス以下に設定されるとエラーになります。
5) ウインドウコンパレーター動作の時に、下と上の設定がオーバーラップした時エラーになります。
ガソリン パルス数 ディップSW 備 考
1気筒 0.5 008 セパレート点火の1つ
からパルスを取る場合
2気筒 001  
4気筒 002 出荷時設定
6気筒 003  
8気筒 004  
ディーゼル パルス数 ディップSW 備 考
日野 003  
いすゞ 004  
三菱 005  
トヨタ 20 006  
日産 24 007  
回転パルス数について
 回転パルスは、エンジンの種類や自動車メーカーで異なります。
 左の表を参考に、設定してください。
 
 パルス数が不明な場合は、ディーラーでご確認ください。
 左記の表(ディーゼル)は、おもに大型車輌に使用されているパルス数です。
 これ以外のパルス数は、ご連絡ください。
 購入時はエンジンのパルス数が2パルスに設定されています、使用するエンジンに合わせてご利用ください。
 回転パルスは、タコメータ信号または、エンジンコンピュータの点火信号を入力します。また、イグニッションコイルのマイナス側より入力することもできます。
 
 ご連絡いただきましたら、ご希望の仕様に対応させていただきます。
 リレーの動作を逆論理(設定以下でON、設定以上でOFF)の仕様にも対応させていただきます。
  ご注文の時にご連絡ください。
-------------- 応用例 ----------------

設定値を超えると、ライトをON/OFFにする。
キャブレータ仕様エンジン車両のエアコンクラッチ をコントロールする。
1000RPM以上でクラッチをONして、5000RPM以上でクラッチをOFFする。
高回転時にコンプレッサーを保護する。


設定値を超えると、制御機器をON/OFFにする。


設定回転数1を超えるとブザーをONして設定回転数2を超えるとブザーをOFFする。
或る領域の警告などに 。
入力信号にマグネッチクピックアップセンサーを使用する事も出来ます。
 ご連絡いただきましたら、対応させていただきます。
入力信号にピックアップセンサー を使用する事も出来ます。
センサーは、オムロン近接センサー(E2E-X3D□-U)などを使用することができます。

 ご連絡いただきましたら、対応させていただきます。
 応用例
キャブ車のエアコンのクラッチコントロール・回転警報・オーバーレブ警告・ヘッドライトのコントロールなど
用 語 説 明
ウィンドウ コンパレータとは ヒステリシス動作とは
入力値がある範囲に入っている場合にハイレベルまたはローレベルのロジック出 力を出すコンパレータです。
リレーがONになる回転数とOFFになる回転数がオーバーラップするように動作させる事です。
リレーのチャタリングを防止する為の機能です。
 
有限会社 中央電子設計          TEL:0566-42-3301  FAX:0566-42-1660
Copyright(C) 2000 CEP.Co.,LTD.    All rights reserved