指定建設業


土木工事業 建築工事業 電気工事業 管工事業 鋼構造物工事業 舗装工事業 造園工事業

これらの業種の特定建設業の許可を受けようとするときは、技術者は実務経験ではなく、一定の資格を所持している事が必要となります。





行政書士岩瀬孝広事務所−TOP