トップ

銀塩の小箱

名山の旅  水とともに  街並探訪  

鉄路の彼方へ

大井川の旅  熊野紀行  比叡山登山鉄道  昔日への憧憬

アプトの路  けやきの路

特集 踏切物語  特集 隧道の歴史  特集 終の棲家を訪ね  特集 国鉄バスの残像

特集 豊橋市内鉄道散歩  特集 木曾路鉄道散歩  特集 魚沼鉄道散歩

特集 板谷峠鉄道散歩  特集 八ヶ岳山麓鉄道散歩  特集 五能沿岸鉄道散歩

特集 ふるさとの赤い電車  特集 近鉄電車  特集 南海鉄道

付録 飯田線各駅停車  付録 名松線各駅停車  付録 越美線各駅停車


鉄路の彼方へ

春の旅路〈2〉

前の季節  穀雨 立夏の頃  次の季節




霞城公園
霞城公園 《平成30年4月中旬》
奥羽本線:山形〜北山形

大抵の日本人が心待ちにする
春の情景 ソメイヨシノの桜並木
個人的には何故かそれ程の思い入れ無し
それでも密かに憧れていた
霞城公園に数年越しの初訪問




果物王国
果物王国 《平成30年4月中旬》
奥羽本線:庭坂〜赤岩

岡山・長野・山梨・福島等々
適度な気候と水捌けの良い土壌
本来稲作に不向きな土地には
昔は桑畑が広がっていたという
産業の変換で今では何処も果物王国




赤岩
赤岩 《平成30年4月下旬》
奥羽本線:赤岩

この三十年で三度目の訪問
一度目は汽車で旅の途中
二度目は車でほんの寄り道
今回は腰を据えて重点訪問
改めて新たな魅力を感じとる 〜


名山の旅 付録ページ 吾妻山〈栂森〉



38Promille
38Promille 《平成30年4月下旬》
奥羽本線:庭坂〜赤岩

〜 鉄道情報には次第に遠くなり
いつの間にやらつい知らず
汽車も止まらなくなった赤岩駅
千分の三十八の急勾配を
苦も無く走り去る新幹線 〜




スイッチバック遺構
スイッチバック遺構 《平成30年4月中旬》
奥羽本線:赤岩駅

〜 三十年前に降り立ったであろう
プラットホームは未だ健在
当時の思い出はもう幾ばくか
記憶を辿る様に歩み彷徨う
微かな残像を追い求め 〜




スイッチバック遺構
スイッチバック遺構 《平成30年4月中旬》
奥羽本線:赤岩駅

〜 かつての駅舎は既になく
基礎にその面影を残すのみ
集落への踏切も跡形もなく
ただ残るのは保線用の東屋と
記憶などない末端の避難線隧道




松川橋梁の歴史
松川橋梁の歴史 《平成30年4月下旬》
奥羽本線:庭坂〜赤岩

板谷峠に至る福島側は
阿武隈川支流松川を遡上
そこに架かる橋梁付近は
幾度かの路盤変更による
歴史遺産散らばる魅惑の地




歓喜の詩
歓喜の詩 《平成30年4月下旬》
奥羽本線:庭坂〜赤岩

長い冬を耐え忍び
ようやく訪れた歓喜の時
無彩の冬枯れの斜面にも
日一日と命の息吹き
西日に照らされ光り輝く


季節の一枚 ページ



隣駅発車案内
隣駅発車案内 《平成30年4月下旬》
福島交通:平野駅

路面電車や地下鉄で見覚えのある
「隣駅を発車しました」の電光掲示
情報量では近頃のデジタル表示機には
到底かなわないアナログ行灯式も
目立ち度見易さ味わい深さの三拍子!




ふるさとの赤い電車〈春色夏色〉
ふるさとの赤い電車〈春色夏色〉 《平成31年4月下旬》
名古屋鉄道:こどもの国〜東幡豆

色々ありまして前日急遽決断
今迄気にも留めていなかった
ミラーレスカメラへの切替を
懐の関係で既存の一眼レフは
僅か一年半でのお別れに 〜


季節の一枚 ページ



ふるさとの赤い電車〈街との繋がり〉
ふるさとの赤い電車〈街との繋がり〉 《平成31年4月下旬》
東海道本線:蒲郡〜三河塩津
及び
名古屋鉄道:蒲郡〜蒲郡競艇場前

〜 そんな折に稀な好天に恵まれ
巷で話題の超大型連休突入もあり
混み合う移動は避けて最後の撮影
過去機材の関係で若干不満の残る
懸案だった地元風景を撮り直し 〜




ふるさとの赤い電車〈晩春の嵐〉
ふるさとの赤い電車〈晩春の嵐〉 《平成31年4月下旬》
名古屋鉄道:こどもの国〜東幡豆

〜 燦々と降り注ぐ眩しい日差し
しかし季節逆戻りの寒風吹き荒れ
普段は波静かな湾内も白く光る
波頭が作り出す異様な別世界
平成と共にさようなら D850




朝熊岳道
朝熊岳道 《平成29年4月下旬》
朝熊岳道と朝熊登山鉄道

「伊勢へ参らば朝熊を駆けよ 朝熊駆けねば片参り」
古来以来の信仰の山は何時の頃からか観光地
ついに大正期には急傾斜を力業で客集め
その文明の利器も開戦の軍事優先に依って
束の間の栄華も強制的に過去のものへと 〜




大正ロマン
大正ロマン 《平成29年4月下旬》
朝熊登山鉄道:第一隧道跡

〜 その東洋一と謳われた
角度にしておおよそ三十二度
山腹軌道の途中には隧道が二つ
勾配の均一化のために穿たれた
当時の先端技術と血と汗と 〜




戦争前夜
戦争前夜 《平成29年4月下旬》
朝熊登山鉄道:第二隧道跡

〜 更に登ると傾斜は増して
遮るものは何もない
視界は一気に広がって
当時の乗客の歓声が
第二隧道へと吸い込まれる 〜




鋼索隧道
鋼索隧道 《平成29年4月下旬》
朝熊登山鉄道:第二隧道跡

〜 無残に剥ぎ取られた線路
あたかもついこの前の事の様な
破片散らばる路盤には
暗い時代に突入する
人々の影も残された 〜




無謀な傾斜ホーム
無謀な傾斜ホーム 《平成29年4月下旬》
朝熊登山鉄道:朝熊岳駅跡

〜 とんでもない傾斜の上部軌道は
そのままの角度で終点に
小刻みな階段刻まれたプラットフォーム
いくら手軽快適な乗り物と言えども
乗客は研ぎ澄まされた平衡感覚必要 〜




宇治岳道
宇治岳道 《平成29年4月下旬》
宇治岳道と登山バス

〜 当初は麓の内宮から登っていた
登山バスはケーブルの開業で
山上の稜線バスへと様変わり
それらの道は今も現存も
当時の賑わいの面影は僅か




窓枠に春
窓枠に春 《平成27年4月下旬》
日中線記念館(国鉄日中線:熱塩駅跡)

木の温もりと油の香り
真鍮製の金具を引き上げ
風を感じた幼い日々
青色の座席に腰掛けて
春色の車窓に夢想の旅




想い出のお花見
想い出のお花見 《平成27年4月下旬》
日中線記念館(国鉄日中線:熱塩駅跡)

鉄路が無くなり
一時は荒れた終着駅
有志の熱意で蘇り
今では地域の憩いの場
当時を想い集う春




めぐる春
めぐる春 《平成27年4月下旬》
日中線記念館(国鉄日中線:熱塩駅跡)

喜びに満ちた開通の朝
悲しみに暮れた廃止の夜
時を見つめた桜並木
彼らは着実に育ち続け
今年も無事にめぐる春


驛 特設ページ 熱塩



先人の贈り物
先人の贈り物 《平成27年4月下旬》
奥羽本線:大沢〜関根

鉄道なんて当時にしてみりゃ
近代文明の象徴のようなもの
けれども今より温もりがある
先人が残してくれた
自然と暮らす賢い生き方




大沢
大沢 《平成27年4月下旬》
奥羽本線:大沢〜関根

茅葺の民家点在する大沢集落
里では桜は終わる時期
ここではまだまだ彩りは無い
長い長いスノーシェッド
新幹線が駆け下る




杉の小道
杉の小道 《平成27年4月下旬》
奥羽本線:大沢〜関根

どこまでも行ってみたくなるような
気持ち良くなるきれいな林道
すくっと伸びた手入れされた植林
高くなった春の日差し
木立の合間に光り導く




烏帽子山の桜
烏帽子山の桜 《平成27年4月下旬》
奥羽本線:赤湯〜中川

置賜の桜の名所 烏帽子山
時期が合うので寄ってみました
南向きの木々はまだつぼみなのに
北斜面の並木は散り始め
賑わう山頂でしみじみ花見




汽車の旅はボックスシート
汽車の旅はボックスシート 《平成28年4月下旬》
飯田線:大嵐〜小和田

ほんの一駅だけれど汽車の旅
飯田線に乗るのは何十年ぶりか
存在さえ知らなかった半自動ドアと
学生時代の長い長い全線走破の思い出
汽車の旅はやっぱりボックスシートで




県境の駅〈小和田〉
県境の駅〈小和田〉 《平成28年4月下旬》
飯田線:小和田駅

佐久間ダムができるまで
各県の違いなんて関係ない
県境であっても谷は一体
瞼に浮かんだ先人たちの営み
経済の成長と引き換えに散り々霧散




小和田駅
小和田駅 《平成28年4月下旬》
飯田線:小和田駅

駅を降りても何もない
何もないのが良いのだけれど
一緒に下りたおばちゃん三人にはちょっと不満
折返しの汽車で次なる目的地へ
この独り占めの静寂がたまらない・・・




六十里越
六十里越 《平成27年4月下旬》
只見線:只見〜大白川

災害によって分断された只見線
ここは越後と会津の境
利用者などほぼ居らず
空気運んで三往復
けれど車窓は一級品


名山の旅 付録ページ 太郎助山



大白川駅
大白川駅 《平成27年4月下旬》
只見線:大白川駅

大白川駅の片隅で
歴史語る給水塔
幾年もの豪雪を耐え
風格さえ漂わす
繋がれたホースは現役の証か




大白川駅
大白川駅 《平成27年4月下旬》
只見線:大白川駅

豪雪地帯を走り抜ける
只見線の峠の駅
光あふれる季節を迎え
斜面はブナが芽吹き始め
雪解けの流れ響き渡る




入広瀬駅
入広瀬駅 《平成27年4月下旬》
只見線:入広瀬駅

一日たったの四往復
その存在意義は皆疑問
けれど百聞は一見に如かず
朝夕大賑わいの入広瀬駅
そのほとんどは高校生だけどね




名松線車窓
名松線車窓 《平成28年4月下旬》
名松線:家城〜伊勢竹原


名松線車窓

(キハ11形気動車300番台)




雲出の里を行く
雲出の里を行く 《平成28年4月下旬》
名松線:伊勢竹原〜伊勢鎌倉

初めてこの地を訪れたのは
鉄路が不通になった直後の頃か
沿線の踏切は遮断機が取り払われ
地形図からも一時抹消
こんな日が来るとは感無量




広葉樹の森
広葉樹の森 《平成28年5月上旬》
名松線:伊勢竹原〜伊勢鎌倉

広葉樹に針葉樹
照葉樹くらいの区別はつくけど
詳しい樹名はさっぱり分からず
ただ美しいかそうでないか
それさえ感じられれば良いんです




名松線車窓
名松線車窓 《平成28年4月下旬》
名松線:伊勢八知〜比津


名松線車窓

(キハ11形気動車300番台)




美杉の里
美杉の里 《平成28年5月上旬》
名松線:伊勢八知〜比津

美杉の里は美しい杉の里
旧村名は多分そういう願い
日本各地で荒れ行く山林
それでも最近気づきだした
まだまだ元気な森もある




名松線車窓
名松線車窓 《平成28年4月下旬》
名松線:伊勢八知〜比津


名松線車窓

(キハ11形気動車300番台)




雲出渓谷
雲出渓谷 《平成28年5月上旬》
名松線:伊勢八知〜比津

視線を河原に向ければ
大岩がゴロゴロ転がる
洪水の度にこんなものが流れてくる
自然の猛威は屈強に制御するより
しなやかに受け流す知恵が必要




美杉の路
美杉の路 《平成28年5月上旬》
名松線:伊勢八知〜比津

美杉という地名を付けただけのことはあって
見渡す植林はすべて杉
材木のことは詳しくないけれど
愛知では檜もよく見かけるが・・・
いずれにしても手入れのされた森は美しい




素朴な木橋を渡って
素朴な木橋を渡って 《平成28年4月下旬》
名松線:比津〜伊勢奥津

線路に沿って走る県道からは
それに気づくのは難しかった
対岸の美しい緑の別天地
目指して下りた河原には
時代錯誤の木板の渡し




素朴な木橋を渡って
素朴な木橋を渡って 《平成28年5月上旬》
名松線:比津〜伊勢奥津

渡った先も時代は止まり
ぽつりと一軒古びた家屋
もう住人はいないであろう
朽ち行くままに任されて
無常引き立て 自然の息吹




おかえりなさい 名松線
おかえりなさい 名松線 《平成28年5月上旬》
名松線:伊勢奥津駅

国鉄時代の廃止対象路線ながら
地元の熱意と働きかけによって
その後の幾多の困難も乗り越え
この春よみがえった名松線
新たな乗客を笑顔で出迎え




蒸気時代の生き証人
蒸気時代の生き証人 《平成28年5月上旬》
名松線:伊勢奥津駅

蒸気時代の終着駅
構内には転車台と給水塔
かつての広い敷地は今では更地
線路もわずかに一本のみ
それでも辛うじて残った生き証人




ふるさとの赤い電車〈連休の潮干狩り〉
ふるさとの赤い電車〈連休の潮干狩り〉 《平成28年5月上旬》
名古屋鉄道:こどもの国〜東幡豆

のんびり在宅にたまたま来客
第一報は潮干狩りの混雑
潮汐表を急いで調べて
慌てて出掛けたいつもの山道
霞んでいるけど壮観な風景




茶摘みの休日
茶摘みの休日 《平成26年5月上旬》
大井川鐵道:青部〜崎平

じいちゃんばあちゃん
かあちゃんねえちゃん
ついでに友達連れてきて
一家総出の大型連休
春のお茶農家の風物詩




茶畑の踏切
茶畑の踏切 《平成26年5月上旬》
大井川鐵道:崎平〜千頭

新茶が芽吹いた畑の中で
鮮やかな若葉を背景に
ぽつんと佇む黄色い踏切
春の日差しをいっぱいに浴び
汽車が来るのを待っている




素朴な時代の置き土産
素朴な時代の置き土産 《平成26年5月上旬》
東海道新幹線:静岡〜掛川

絵心をもたぬ現代日本
景観無視の過剰設備に無秩序開発
人と自然が調和した
素朴な時代の置き土産
未来の世代に残せぬものか




春の旅路〈2〉

前の季節  穀雨 立夏の頃  次の季節




鉄路の彼方へトップ  早春の旅路〈1〉  早春の旅路〈2〉  春の旅路〈1〉

初夏の旅路〈1〉  初夏の旅路〈2〉  盛夏の旅路〈1〉  盛夏の旅路〈2〉

秋の旅路〈1〉  秋の旅路〈2〉  晩秋の旅路〈1〉  晩秋の旅路〈2〉

初冬の旅路〈1〉  初冬の旅路〈2〉  冬の旅路〈1〉  冬の旅路〈2〉


このページ先頭へ

トップページへ戻る

無断転載・複写等を禁じます。