トップ

銀塩の小箱

名山の旅  水とともに  街並探訪  

鉄路の彼方へ

大井川の旅  熊野紀行  比叡山登山鉄道  昔日への憧憬

アプトの路  けやきの路

特集 踏切物語  特集 隧道の歴史  特集 終の棲家を訪ね  特集 国鉄バスの残像

特集 豊橋市内鉄道散歩  特集 木曾路鉄道散歩  特集 魚沼鉄道散歩

特集 板谷峠鉄道散歩  特集 八ヶ岳山麓鉄道散歩  特集 五能沿岸鉄道散歩

特集 ふるさとの赤い電車  特集 近鉄電車  特集 南海鉄道

付録 飯田線各駅停車  付録 名松線各駅停車  付録 越美線各駅停車


鉄路の彼方へ

秋の旅路〈2〉

前の季節  白露 秋分の頃  次の季節



地域の懸け橋
地域の懸け橋 《平成28年9月上旬》
飯田線:中部天竜〜佐久間

戦後の復興期 佐久間ダムの建設によって
新たに架け替えられた天竜川橋梁
佐久間と対岸の半場 さらには中部へ
高度成長のささやかな恩恵は
最短確実に地域を結ぶ生活道路



季節の到来
季節の到来 《平成27年9月中旬》
京都丹後鉄道:丹後神崎〜丹後由良

急速に移ろう季節の狭間
眠りについた星降る夜
目覚めた朝は予報に反し
朝日遮る雲の中
流れる霧に秋を感じた



明治十四年
明治十四年 《平成27年9月中旬》
北陸本線(旧線) のち 柳ヶ瀬線:小刀根隧道

我が国の鉄道黎明期
先人が築いた峠の道
さらなる近代化の波に
鉄路は轍へと姿を変えども
百三十余年の歴史に想い寄せる



茶店の踏切 2018
茶店の踏切 2018 《平成30年9月中旬》
飯田線:三河大野〜湯谷温泉

湯谷温泉街のはずれ
飯田線の踏切のすぐ脇
真っ赤な和傘が目印の
まつやさんは憩いの茶店
名物は地域の特産 五平餅

季節の一枚 ページ



夏の名残
夏の名残 《平成30年9月中旬》
飯田線:三河大野〜湯谷温泉

一昨年の初冬の撮影時には
甘酒の提灯だった軒下に
今回はラムネと氷の暖簾揺れ
丁度ぶり返した夏の名残の日差し
蒸し暑さにも爽やかな風吹く季節



板敷川
板敷川 《平成30年9月中旬》
飯田線:湯谷温泉〜三河槙原

写真は撮影技術の観点以外にも撮り手の
性格や願望・精神をも表しているのかと
何時の頃からか思い描く様になった
鉄道では大抵奥から手前への視点で撮られるけれど
自身の画面の彼方へ遠ざかる作風の根源とは・・・



自然への畏怖
自然への畏怖 《平成30年9月中旬》
飯田線:湯谷温泉〜三河槙原

板敷渓谷の膝丈程度の平らな川底を渓流長靴で
見極め横切り付近で一番のちょっとした“滝”へ
迫力求め極限まで近付けばとてつもない自然の力
吹き付ける水煙で機材はぐしょぐしょびちゃびちゃ
避けられぬ怒涛と格闘しながら何とか一枚撮りました



潮風の町の踏切
潮風の町の踏切 《平成26年9月中旬》
名古屋鉄道:東幡豆〜西幡豆

不順な夏に悩まされ
久しぶりの澄んだ青空
まだまだ日差しは眩しいけれど
巡り行く季節の便り
爽やかな風



島の灯り輝く頃
島の灯り輝く頃 《平成26年9月中旬》
名古屋鉄道:東幡豆〜西幡豆

遥か伊勢の対岸望み
広がる湾内に寄り添う島影
普段は気にも留めぬ島の暮らし
迫る夕闇に浮かぶ街灯り
海に生きる民に思いはせる



石畳の坂道
石畳の坂道 《平成26年9月下旬》
豊橋鉄道:前畑〜東田坂上

東西に走る電車道
沈む夕日を背に受けて
照らし出された石畳の坂道
家路を急ぐ渋滞を横目に
電車が軽やかに登って行く

季節の一枚 ページ



年に一度
年に一度 《平成30年9月下旬》
豊橋鉄道:井原〜赤岩口

雨上がりの空はまずまずの透明感
四年前の経験を基に画角調整
画面左上から徐々に滑り込む
真っ赤な太陽は計算通りの動き
けれども電車の方はちょっぴり遅延で・・・

名山の旅 付録ページ 笠取山



くろの眼差し
くろの眼差し 《平成28年9月下旬》
飯田線:鶯巣駅

数年ぶりに訪れた鶯巣駅
集落は以前と変わりないけれど
ホーム向かいの畑は藪に覆われ
河原では新たな橋への架け替え工事
変わり行く今を彼も見つめる



レールの輪廻
レールの輪廻 《平成28年9月下旬》
飯田線:平岡駅

武骨で無口な鋼鉄のレール
新品・現役・退役者
書かれた文字の意味は分からぬ
そんな彼らに命が吹き込まれる
鉄路を守る人々によって



遠山川に架かる橋
遠山川に架かる橋 《平成28年9月下旬》
飯田線:平岡〜為栗

遠山川に架かる二つの橋
奥は現役鉄道橋
手前はダムの建設によって
移転を余儀なくされた昔の鉄路
時代は下り今は目的地を失った無用の吊り橋



飯田線廃線跡
飯田線廃線跡 《平成28年9月下旬》
飯田線(旧線):鶯巣〜平岡



雨上がりの大気に霧流れる 〜





飯田線廃線跡
飯田線廃線跡 《平成28年9月下旬》
飯田線(旧線):遠山口〜為栗



〜 振り返ればほんのひと時射し込んだ光 〜





飯田線廃線跡
飯田線廃線跡 《平成28年9月下旬》
飯田線(旧線):遠山口〜為栗



〜 ふたたび霧に煙る廃線跡 〜





飯田線廃線跡
飯田線廃線跡 《平成28年9月下旬》
飯田線(旧線):遠山口〜為栗



〜 緑に輝く隧道を抜けて 〜





飯田線廃線跡
飯田線廃線跡 《平成28年9月下旬》
飯田線(旧線):遠山口〜為栗



〜 記憶の中の美しい時代を探す旅路





信濃恋し 雨慕情
信濃恋し 雨慕情 《平成28年9月下旬》
飯田線:為栗

天候不順のこの秋の
貴重な晴れ間を狙って来たが
翌日からは再び悪天
それはそれで気持ちを切り替え
そんな季節と気長に付き合う

季節の一枚 ページ



田矢踏切
田矢踏切 《平成28年9月下旬》
飯田線:温田〜田本

はっきり言って実のところ
あまり面白みのない会社です
上場会社とはそんなものかな
日々増殖の防犯カメラや安全柵
こんなほのぼのとした社風も残して!



山中隧道
山中隧道 《平成25年9月下旬》
北陸本線(旧線):山中隧道(杉津〜大桐)

明治の建築には威厳があった
大正・昭和と時は移ろい
次第に時代の波が押し寄せたが
その合理主義にも美が宿っていた
残念ながら平成の建築には何もない



湯尾隧道
湯尾隧道 《平成25年9月下旬》
北陸本線(旧線):湯尾隧道(今庄〜湯尾)

先人がひとつひとつ積み重ねた
重みに伝わる心意気
経済性のみを重視する先に
明るい未来が待っているだろうか
あの光の先にはどんな世界が



湯尾隧道
湯尾隧道 《平成25年9月下旬》
北陸本線(旧線):湯尾隧道(今庄〜湯尾)

出稼ぎ・出征・里帰り
幾多の人生を見送った
彼は歴史の生き証人
時代を越えて息づく道は
今も地域の大切な足



西近江路 三本杉の丘
西近江路 三本杉の丘 《平成25年9月下旬》
湖西線:北小松〜近江高島

丘を登って見下ろすと
朝の日差しに輝く琵琶湖
稲刈りの終わった棚田の先に
今でも残る水郷の風景
古の旅に思い馳せる

季節の一枚 ページ



湖北の旅
湖北の旅 《平成25年9月下旬》
北陸本線:木ノ本〜余呉

歴史に思い馳せる合戦の地
戦国の世の無常
そこに息づく農耕の民
今も受け継ぐ伝承の知恵
野焼きに煙るはざ架けの田



湖北の旅
湖北の旅 《平成25年9月下旬》
北陸本線:虎姫〜河毛

稲刈りの終わった田園
時折野焼きの煙がたなびく
次第に色づく秋の西日に
赤とんぼが風に舞い
神宿る島 竹生島

名山の旅 付録ページ 長浜市湖北・虎御前山眺望



秋の旅路〈2〉

前の季節  白露 秋分の頃  次の季節



鉄路の彼方へトップ  早春の旅路〈1〉  早春の旅路〈2〉  春の旅路〈1〉

春の旅路〈2〉  初夏の旅路〈1〉  初夏の旅路〈2〉  盛夏の旅路〈1〉

盛夏の旅路〈2〉  秋の旅路〈1〉  晩秋の旅路〈1〉  晩秋の旅路〈2〉

初冬の旅路〈1〉  初冬の旅路〈2〉  冬の旅路〈1〉  冬の旅路〈2〉


このページ先頭へ

トップページへ戻る

無断転載・複写等を禁じます。