トップ

銀塩の小箱

名山の旅  水とともに  街並探訪  

鉄路の彼方へ

大井川の旅  熊野紀行  比叡山登山鉄道  昔日への憧憬

アプトの路  けやきの路

特集 踏切物語  特集 隧道の歴史  特集 終の棲家を訪ね  特集 国鉄バスの残像

特集 豊橋市内鉄道散歩  特集 木曾路鉄道散歩  特集 魚沼鉄道散歩

特集 板谷峠鉄道散歩  特集 八ヶ岳山麓鉄道散歩  特集 五能沿岸鉄道散歩

特集 ふるさとの赤い電車  特集 近鉄電車  特集 南海鉄道

付録 飯田線各駅停車  付録 名松線各駅停車  付録 越美線各駅停車


鉄路の彼方へ

冬の旅路〈1〉

前の季節  小寒 大寒の頃  次の季節



新年の幕開け
新年の幕開け 《平成28年1月上旬》
名古屋臨海高速鉄道:野跡〜金城ふ頭

年末になってもなおこの冬は
特別冷え込む日々もなく
空もぼんやり霞む毎日
そして迎えた新たな夜明け
今年は何か良い兆し



新年の幕開け
新年の幕開け 《平成28年1月上旬》
名古屋臨海高速鉄道:野跡〜金城ふ頭


謹 賀 新 年

本年もよろしくお願い致します




元日の平穏な夕暮 2019
元日の平穏な夕暮 2019 《平成31年1月上旬》
天竜浜名湖鉄道:二俣本町〜西鹿島

八十年代頃までの英国の鉄道は
宗教上の慣習から日曜祝日は列車大幅減便
さぞかし不便ではと感じた日本人の感性は
節操もなく名ばかりの祝日大量生産
元日も普段と同じ時刻の汽車走る国



六所神社参道
六所神社参道 《平成29年1月上旬》
名古屋鉄道:東岡崎

一年の区切りがどうしてこの時期なのか
子供の頃から不思議に思った
調べた答えはしかし忘れた・・・
そんなのんきな人種の元にも
新たな年の幕開けの日



寅さんの時代
寅さんの時代 《平成30年1月上旬》
京成電鉄:柴又

わたくし生まれも育ちも
“満男君”世代であります・・・
いささかこじつけな文句ですが
寅さん映画で 生まれ育った時代を
懐かしむ年頃になってまいりました・・・

銀幕の一コマ 「男はつらいよ」昭和44年〜
シリーズ化された作中での、主に旅立ちを告げる代表的場面。過半の回で登場。



浅草観光
浅草観光 《平成30年1月上旬》
東武鉄道:浅草

数年前 京都嵐山で出会った人力車
ここ浅草界隈ではそれ以上の大人気
隅田川河畔を拠点にぐるっと一回り
最後にスカツリーを背景に記念撮影
東武線の古風なガードと似合いの情景



心象風景
心象風景 《平成30年1月上旬》
東北本線 及び 東北新幹線:上野駅

ある世代以上の東日本人にとって
上野駅は故郷との間の心象風景
東北・北海道・上信越
各地と結んだ夜汽車も今は昔
見上げる大改札の風景だけが当時のまま

銀幕の一コマ 「にっぽん泥棒物語」昭和40年
中央待合・改札内外での出会いと別れの物語。
銀幕の一コマ 「女のみづうみ」昭和41年
中央待合から改札を抜けホーム、そして乗車・発車迄の女と男の物語。
銀幕の一コマ 「喜劇 初詣列車」昭和43年
俯瞰風景から駅舎正面・中央改札・構内の裏表迄、なかなかの充実映像。
銀幕の一コマ 「男はつらいよ」昭和44年
慕う津坂匡章(秋野太作)に愛の決別啖呵、涙誘う“寅さん劇場”。
銀幕の一コマ 「家族」昭和45年
ハナ肇率いるクレイジーキャッツと中央改札前にて遭遇、一瞬の戯れ。
銀幕の一コマ 「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」昭和48年
此処でのシーンはお決まりの、今回は倍賞千恵子との“寅さん劇場”。
銀幕の一コマ 「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」昭和51年
毎度恒例の地下食堂(セット)との組み合わせ。今回は倍賞千恵子・佐藤蛾次郎との三人芝居。



上野駅
上野駅 《平成30年1月上旬》
東北本線 及び 東北新幹線:上野駅

昭和の時代に建てられた
直線基調のコンクリート駅舎
屋上に電照の駅名が輝く
つい最近まではどこにでもありふれた
がしかし 急速に姿を消しつつある・・・

季節の一枚 ページ



東京駅
東京駅 《平成30年1月上旬》
東海道本線・東海道新幹線・総武本線・京葉線・中央本線・東北本線 及び 東北新幹線:東京駅

方や 大正ロマンの東京駅は
鉄道会社の威信をかけて
創建時の姿に復元再生
景観民度の極端に低い
日本にしては稀に見る大事業 〜

銀幕の一コマ 「大いなる驀進」昭和35年
オープニングロール終了直後、中村賀津雄と佐久間良子の恋人同士、軽い口論で東京駅へ。
銀幕の一コマ 「喜劇 急行列車」昭和42年
同じ東映・国鉄協力作。作風は全くの別途も、「大いなる驀進」と似た雰囲気の物語始まり。



復元ドーム
復元ドーム 《平成30年1月上旬》
東海道本線・東海道新幹線・総武本線・京葉線・中央本線・東北本線 及び 東北新幹線:東京駅

〜 それは外観だけではなく
内装にまでこだわった徹底さ
今では無駄と相手にされない
細かな装飾には現代人も感嘆
なのにどうして国中プレハブだらけ?



鹿島サッカースタジアム駅
鹿島サッカースタジアム駅 《平成30年1月上旬》
鹿島線・鹿島臨海鉄道:鹿島サッカースタジアム駅

東日本旅客鉄道鹿島線の終点
そして鹿島臨海鉄道との接続駅
その昔は北鹿島駅と呼ばれた
普段は摩訶不思議な存在感
サッカー開催日だけの旅客扱い



降霜
降霜 《平成30年1月上旬》
鹿島線:香取〜十二橋

からからに乾き切った冬の大地に
潤い与えた夜半の雨何時しか上がり
再び冬型の気圧配置の朝はしかし
予想以上の降霜でダイヤは大混乱
何時来るのか 朝日は昇るが 〜



降霜
降霜 《平成30年1月上旬》
鹿島線:香取〜十二橋

〜 ふと目に飛び込んだ足元の
畦は日差しを受けて白銀の輝き
大急ぎで狙い変更機材取り換え
レンズ操作は煩雑カメラは不慣れ
彼方の汽車接近も時間切れ大慌て



鴨撃ち小屋
鴨撃ち小屋 《平成30年1月上旬》
鹿島線:香取〜十二橋

利根川河口地域に広がる湿地帯
夜明け前から釣り人で賑わう湖畔に
葦で覆った“鴨撃ち小屋”
朝の穏やかな湖面に浮かぶ
役目を終えつつある夢の跡



水郷線
水郷線 《平成30年1月上旬》
鹿島線:香取〜十二橋

その昔 急行“すいごう”号が走った
鉄路はここではないようだけれど
来てみて初めて知った雄大な水郷風景
全く予定外の長居を決め込んだ
お気に入りの撮影地域に

季節の一枚 ページ



新しい駅
新しい駅 《平成30年1月上旬》
首都圏新都市鉄道:みらい平駅

関東平野を一路北へ
戦後以来の計画都市は
鉄道開通で開発は加速
首都圏新都市鉄道の
みらい平は未来への街



蓮根街道
蓮根街道 《平成30年1月上旬》
常磐線:土浦〜神立

霞ヶ浦湖畔が蓮根の特産地だと言う事は
何かの情報で知っていたけれど
本当に広大な蓮根畑続く風景が残る
大事な畑は網で覆われ絵にし難いけれど
線路脇に構えて白い“蓮根電車”を狙った



元日の平穏な夕暮
元日の平穏な夕暮 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:芦原〜植田

高師原を下ると梅田川河口の低湿地
土地改良によって田園地帯になったけれど
名前の通り元は太古以来の広大な葦原
穏やかに明けた新年の初日
遮るもののない風景は今 静かに暮れ行く



カラフルトレイン
カラフルトレイン 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:高師

豊橋鉄道渥美線
活躍の車両は全部一緒
元東急のお下がり電車
そう言われれば退屈だけれど
ちょっとした工夫で案外魅力



木製電柱
木製電柱 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:老津〜杉山

三両編成のカラフルトレインが
十五分間隔で運転の渥美線
けれどそこは中小の泣き所
設備だけ見れば結構レトロ
架線柱だってほとんどが木製!

季節の一枚 ページ



植田1号
植田1号 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:植田

そしてなんといっても
脱輪防止用の古タイヤ
植田駅と向ヶ丘駅周辺の
ほぼすべての踏切に残ってる
いつの頃の物だろう 〜



植田5号
植田5号 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:植田〜向ヶ丘

〜 よくよく観察すれば
いくつかのタイヤには踏切名
年季のせいで消えつつあるけど
手書きなのがたまりません
これも昭和の風景遺産



委託発売所
委託発売所 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:杉山

戦後から平成に移り変わる頃までは
たぶん多くの駅で行われていた
駅前の商店などでの委託乗車券販売
豊鉄のホームページで確認すれば
この風情も今は杉山駅に残るのみ



懐古的線路風景
懐古的線路風景 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:植田〜向ヶ丘

ただ駅に立ち寄ろうと
渡りかけた踏切で
見つめる視線は反対方向
傾く西日に照らされて
脳裏に宿る記憶の情景



ポルトガル語
ポルトガル語 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:柳生橋〜小池

自動車関連産業を中心に
一時期大量に集まった南米系の人たち
その多くはブラジル人
操る言葉はポルトガル語
県内では役所なら第二の言語かな



手旗誘導
手旗誘導 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:高師

高師駅は渥美線の拠点
車庫と運転所が隣接で
眺めているだけでも楽しい場所
時折想定外の光景も見られ
何度来ても新たな発見



伝統と革新
伝統と革新 《平成29年1月上旬》
東海道新幹線:豊橋駅

こと公共設備に関しては
新し物好きの日本人
鉄道施設も典型例だけれど
最新鋭の列車の陰で
意外にも伝統の道具活躍

銀幕の一コマ 「動脈列島」昭和50年
豊橋駅到着間際の脱線(特撮)と、その後の構内点検風景が映像化されています。



整列の民
整列の民 《平成29年1月上旬》
東海道新幹線:豊橋駅

乗車待ちに並ぶ習慣
不思議に思う人はいない
確立した時代は知らないけれど
現代日本人が身に付けた
世界に誇る精神文化



駅前大通
駅前大通 《平成29年1月上旬》
豊橋鉄道:駅前大通

昔はこの辺が終点でした
路面電車受難の時代に
ほんの150mだけれど
駅前まで延長乗り入れ
合わせて景観も垢抜けた駅前通り



舶来機関車
舶来機関車 《平成26年1月上旬》
箕輪町郷土博物館

アルプスに抱かれた高原の路を
右に左に上り下り
地域を支えた力持ちは
大洋彼方の舶来さん
あの日を見下ろす丘の余生



ネオンサイン
ネオンサイン 《平成30年1月中旬》
近畿日本鉄道:宇治山田駅

昭和の世代にとって
ネオン輝く懐かしの情景は
夜の歓楽街の象徴的景観
凝りに凝った液晶全盛の今も
地味に生き続けるレトロな人気者



古典的機械仕掛けの遮断機
古典的機械仕掛けの遮断機 《平成28年1月中旬》
昭和四日市石油専用線

奇跡の現役 古風な踏切
ワイヤーと滑車を用いた単純な仕組みで
守衛小屋から遠隔操作
見れば動く仕組みがわかる
電気仕掛けには無い魅力



保線員
保線員 《平成28年1月中旬》
関西本線:塩浜(貨)
及び
近畿日本鉄道:塩浜〜海山道

夏の日差しにも
冬の北風にも
昼夜を問わず裏方に専念
いつもどこかの鉄路の片隅で
安全を支えるプロフェッショナル



冬の太陽が昇る頃
冬の太陽が昇る頃 《平成28年1月中旬》
伊勢鉄道:河原田〜鈴鹿

鮮やかな夜明けは日の出を迎え
明るさと共に色彩は消える
やがて大地から朝日が昇り
再び一面オレンジの高彩
地平線を一番列車は駆け抜ける

季節の一枚 ページ



非電化複線

非電化複線

非電化複線

非電化複線
非電化複線 《平成28年1月中旬》
伊勢鉄道:河原田〜鈴鹿

飾り気のない集合住宅と
煙たなびく巨大な煙突
緩やかな上り下りを繰り返し
まっすぐ伸びるバイパス路線
これもひとつの昭和の残像



豊川の橋梁史
豊川の橋梁史 《平成29年1月中旬》
東海道本線:豊橋〜西小坂井
飯田線:下地〜小坂井
及び
名古屋鉄道:豊橋〜伊奈

付近で知らない景色なんて
あるとは思いもよらなかった
線路と線路に囲まれた
時の止まった隔絶風景
橋梁架け替えによる昭和の廃墟



孫八架道橋
孫八架道橋 《平成29年1月中旬》
東海道本線:豊橋〜西小坂井
飯田線:下地〜小坂井
及び
名古屋鉄道:豊橋〜伊奈

こちらはかなり以前から
気になり温めていた孫八架道橋
レトロな雰囲気の異空間
その上ここは小学校の通学路
放課後の子供たちは皆元気いっぱいに・・・



“市電”赤岩口
“市電”赤岩口 《平成29年1月中旬》
豊橋鉄道:赤岩口

豊橋鉄道東田本線
そんな線路名は住民は知らない
民営ながら何故か“市電”
市民に愛される電車だからか
自治体も自慢の街の誇り



夜のテルファー
夜のテルファー 《平成27年1月中旬》
清水マリンパーク(国鉄清水港線:清水港駅跡)

一日わずか一往復
三保の臨海地帯を走っていた
清水港線は記憶の彼方
貨物駅の無骨な施設が
今は光溢れるプロムナード



アルファ・リゾート21車窓
アルファ・リゾート21車窓 《平成27年1月中旬》
伊豆急行:川名〜富戸


アルファ・リゾート21車窓

(2100系電車)




足湯めぐり
足湯めぐり 《平成27年1月中旬》
伊豆急行:伊豆熱川

首都圏からお手軽な
避冬の温泉路線・伊豆急線
城ヶ崎海岸・伊豆高原・伊豆熱川
沿線の駅には無料の足湯
煙たなびく温泉櫓も風情たっぷり



東伊豆海岸
東伊豆海岸 《平成25年1月中旬》
伊豆急行:片瀬白田〜伊豆稲取

トモロ岬は見るからに脆く崩れそうな断崖
白波打ち寄せる大岩に埋め尽くされた磯
中腹を貫いていた旧国道は
大地の轟によって一瞬のうちに崩壊
鉄路は辛くも難を逃れた



リゾート21黒船電車
リゾート21黒船電車 《平成27年1月中旬》
伊豆急行:伊豆稲取〜今井浜海岸


リゾート21EX 黒船電車 客室

(2100系電車)




進路南へ
進路南へ 《平成25年1月中旬》
伊豆急行:片瀬白田〜伊豆稲取

青い海と白い波
城ケ崎海岸を見送りながら
断崖続く海岸線
遥か沖に連なる島影
さらに進路南へと



霧氷の朝
霧氷の朝 《平成26年1月中旬》
小海線:清里〜野辺山

半年の眠りについたはずの
大地と森が時折見せる
夜明けとともに広がる世界
標高千三百七十五米
氷点下二十度の高原を行く



冬の旅路〈1〉

前の季節  小寒 大寒の頃  次の季節



鉄路の彼方へトップ  早春の旅路〈1〉  早春の旅路〈2〉  春の旅路〈1〉

春の旅路〈2〉  初夏の旅路〈1〉  初夏の旅路〈2〉  盛夏の旅路〈1〉

盛夏の旅路〈2〉  秋の旅路〈1〉  秋の旅路〈2〉  晩秋の旅路〈1〉

晩秋の旅路〈2〉  初冬の旅路〈1〉  初冬の旅路〈2〉  冬の旅路〈2〉


このページ先頭へ

トップページへ戻る

無断転載・複写等を禁じます。