トップページへ戻る
鉄路の彼方へ

鉄路の彼方へ

冬の旅路〈2〉

前の季節  大寒 立春の頃  次の季節



塩田平
塩田平 《平成30年1月下旬》
上田電鉄:八木沢〜別所温泉

別所は塩田平の奥座敷
温泉街の裏山に広がる
里山に上がれば大パノラマ
別所線全線を遥か一望
今日も小さな旅の訪問者来る



薪の暮らし
薪の暮らし 《平成30年1月下旬》
上田電鉄:八木沢〜別所温泉

温暖な三河の海岸育ちにとって
北国と雪国は同意語であった
初めて訪れたその地域には
朝夕薪の煙が立ち昇り
日本もまだまだ広いと感じた

名山の旅 付録ページ 独鈷山



塩田平
塩田平 《平成30年1月下旬》
上田電鉄:舞田〜八木沢

信州の米どころ塩田平の
名残留めるはこの地域
ただただ広大な田圃広がる
昭和の寅さん映画に映されていたのは
そのすべてが稲架で埋め尽くされた原風景

名山の旅 付録ページ 太郎山



丸窓電車
丸窓電車 《平成30年1月下旬》
上田電鉄:別所温泉駅

地元名鉄にも丸窓電車はあったので
特別珍しいとも思わなかった現役時
いつの間にか時は過ぎ去り
すっかりステンレス電車謳歌の時代
走らずとも保存されただけでも奇跡的

驛 特設ページ 別所温泉



真冬の彩り
真冬の彩り 《平成30年1月下旬》
中央本線:上諏訪駅

上諏訪駅初訪問は
学生時代の帰宅の寄り道
駅ホームの温泉が出来た頃
今は足湯に変わっているらしいけれど
冷え込む季節は見た目の温もりも効能



高さ制限1.4m
高さ制限1.4m 《平成29年1月下旬》
東海道本線:豊橋〜西小坂井
飯田線:下地〜小坂井
及び
名古屋鉄道:豊橋〜伊奈

懲りずにこの区間の探索を
したらまたまた出てきました
第二小馬場橋梁
高さ制限1.4mのうえ幅も極小
けれど便利な立地でそこそこの人気



朽ち逝く操作盤
朽ち逝く操作盤 《平成29年1月下旬》
東海道本線:豊橋〜西小坂井
飯田線:豊橋〜船町
名古屋鉄道:豊橋〜伊奈
及び
豊橋オフレールステーション(旧船町貨物駅)

果たして廃止されたのか休止扱いなのか
それなりに残され朽ちてゆく構内
片隅の操作盤はどうやら信号設備
露天で雨風にも負けず働いていた人々
その確かな証もそろそろ見納めか・・・



冬の帰り道
冬の帰り道 《平成29年1月下旬》
名古屋鉄道:西浦〜こどもの国

季節は大寒を過ぎたばかり
暖冬と言えども冬の底
回復した天気の代わりに寒波襲来
燦々と照り付ける日差しはあれど
突き刺す北風に成す術無し



冬のキャベツ畑
冬のキャベツ畑 《平成28年1月下旬》
豊橋鉄道:大清水〜老津

季節外れの陽気の冬に
ニュースが伝える南国の雪
誰もが予想外の大寒波到来
暖冬育ちのキャベツ畑に吹きすさぶ北風
たっぷりの日差しにも体感は氷点下



ユリカモメ
ユリカモメ 《平成29年1月下旬》
東海道本線:豊橋〜西小坂井
飯田線:船町〜下地
及び
名古屋鉄道:豊橋〜伊奈

鳥のことには詳しくなくて
昔からの風物詩かは知らないけれど
ここも近年ユリカモメの越冬地
ご褒美を与えて撮影に臨むも
腕は四本くらい欲しい気分・・・



旅立ちの駅
旅立ちの駅 《平成26年1月下旬》
長良川鉄道:郡上八幡駅

大きな荷物を鞄に詰めて
決意を込めて飛び出した
もう振り返ることもない
見つめる先には夢見る未来
故郷の駅は旅立ちの駅



高原の踏切
高原の踏切 《平成25年1月下旬》
小海線:小淵沢〜甲斐小泉

一段落の長閑な時間
ぶらぶらと線路沿い
快晴の空に続く山並
朝の光に稜線が輝く
霊峰仰ぐ高原の踏切

名山の旅 付録ページ 甲斐駒ヶ岳



雪晴れの朝
雪晴れの朝 《平成28年1月下旬》
上越線:六日町〜五日町

例年にないカラカラの雪国に
待ちに待ったたっぷりの降雪
穏やかに晴れた青空の朝は
これ以上ない雪かき日和
いつもの汽車に代わりラッセル車来た



Abendrot
Abendrot 《平成28年1月下旬》
北越急行:六日町〜魚沼丘陵

貴重な穏やかな一日は
日中に湧いた雲も消えて
静かに着実に終わりの時
日没直前に旅立った
車窓を彩るABENDROT



凍てつく田園
凍てつく田園 《平成27年1月下旬》
御殿場線:足柄〜御殿場

冷気漂う陰鬱な夜明
普段は乾いた高原の大地も
南岸低気圧がもたらした
雪と氷に閉ざされて
春を待ちわび眠りのなか



隧道と築堤と拱橋
隧道と築堤と拱橋 《平成31年2月上旬》
東海道本線:函南〜三島

当時としては世紀の一大事業
丹那隧道の掘削による膨大な
岩屑は谷を横切る築堤に活用
流れる小川を塞き止めぬ様に
石積み三連アーチで優美な時代



十国峠
十国峠 《平成31年2月上旬》
伊豆箱根鉄道:十国鋼索線

三島から熱海へは鉄道ならほんの二駅
旧国内と言えども自動車道は難儀路
中世からの往来路は熱海峠辺りなのか
すぐ北隣にある遊園地然のケーブルカーは
ちゃちながら標準軌のいっちょ前展望鉄道



蛇松線
蛇松線 《平成31年2月上旬》
国鉄沼津港線跡

幼い頃の記憶を辿れば至る所に
駅から伸びる貨物線はあった
日数本の汽車に運良く出会った記憶は
皆無だから鉄道貨物は既に斜陽の時
奇跡の遺構に半世紀前の幻影浮かぶ



沼津
沼津 《平成31年2月上旬》
東海道本線:沼津〜片浜

事前にあれこれ思い描いていた光景は
現実にはそう容易く眼前に現れない
うろうろ彷徨うばかりで流れる午後の
線路の彼方に偶然見つけた恰好の丘
沼津らしい雰囲気に浸れる人気展望地



沼津駅
沼津駅 《平成31年2月上旬》
東海道本線:沼津駅

沼津は東海道線開業以来の要衝の地
丹那隧道開通以前は峠越えの
機関区が置かれた鉄道城下町
随分以前から“その事業”は計画され
事前準備段階で未だ紆余曲折 〜



沼津駅
沼津駅 《平成31年2月上旬》
東海道本線:沼津駅

〜 そんな駅ならではの特権は
昔ながらの近代化されずに残る
汽車旅隆盛時代の面影探し
何気ない些細な意匠や施設も
そう遠くない未来に終焉の日



南駿暮情
南駿暮情 《平成31年2月上旬》
東海道本線:沼津〜片浜

展望に恵まれた週末とあって
今は中腹から“登山”を強いられる
山頂付近の立派な展望台には
夕暮れと共に大勢の撮影者
皆真っ暗になるまで真剣勝負

季節の一枚 ページ
名山の旅 付録ページ 沼津市・香貫山眺望



蒸気列車
蒸気列車 《平成27年2月上旬》
大井川鐵道:青部〜崎平



臭い
振動
蒸気列車の旅



日の出の時刻の汽車に乗って
日の出の時刻の汽車に乗って 《平成27年2月上旬》
天竜浜名湖鉄道:西掛川駅

星が瞬く冬の空が
徐々に徐々に色彩を得て
それはついに光となり
新たな一日の始まりを告げる
日の出の時刻の汽車に乗って



春へ向かうトンネル
春へ向かうトンネル 《平成25年1月下旬》
中央本線:木曽平沢〜奈良井

寒々とした冬の峠
カタンカタンと近づく音色
南の風を運ぶ汽車が
闇に照らすは無数のつらら
確かな春の足音見つけた



御神渡りに沸く街
御神渡りに沸く街 《平成30年2月上旬》
中央本線:上諏訪〜下諏訪

この冬一番の寒気襲来の
前回訪問時は残念ながら
出現までは至らなかった
御神渡りが遂に正式確認
湖畔の町は大いに盛り上がる 〜



諏訪湖夜景
諏訪湖夜景 《平成30年2月上旬》
中央本線:上諏訪〜下諏訪

〜 実は前回の撮影では
もう一つの心残りが
時間帯が遅すぎたのと
峠の向こうの穂高の峰々
今回も完璧とは言えないけれど・・・



BLUEMOMENT EXPRESS
BLUEMOMENT EXPRESS 《平成30年2月上旬》
高山本線:楡原〜笹津

今冬は東京や福井では
寒さや大雪が話題だけれど
中部内陸部では事情は違う
これほど雪のない年は初体験
思い描いていた景色は何処へ



童心の残像
童心の残像 《平成30年2月上旬》
富山地方鉄道:南富山駅 及び 南富山駅前停留所

ここ数年来関心を寄せる
昭和中後期の残風景
特別華やかさは無いけれども
童心の残像への惜寂か
気付けば光陰矢の如し



白銀
白銀 《平成30年2月上旬》
富山地方鉄道:本宮〜立山

北陸大雪の報を受け
雪景色を求めた越中路
けれども道は延々カラカラ
期待した厳しい情景は何処にもない
代わりに雪晴れの白銀世界



大庄第一踏切
大庄第一踏切 《平成30年2月上旬》
富山地方鉄道:大庄〜上滝

薬師岳背景の好撮影地と
機材を据えた踏切脇
背後で鳴り響く動作音
ぎこちない動きの遮断棒
メカニカルな機械は好物です



PANORAMALINE
PANORAMALINE 《平成30年2月上旬》
富山地方鉄道:月岡〜大庄

観光に力を注ぐ富山地方鉄道も
不二越・上滝線は影の存在
地味な電車が行ったり来たり
けれども車窓は一級品
散居村から立山連峰を一望

名山の旅 付録ページ 富山市・月岡眺望



月岡駅
月岡駅 《平成30年2月上旬》
富山地方鉄道:月岡駅

初訪問時以来越中での
お気に入りの撮影拠点
散居村広がる富山平野の
数十年変わらぬ原風景
地元の宝の理解者広まれ!



明と暗
明と暗 《平成29年2月上旬》
東海道新幹線:豊橋〜三河安城

金網越しの幾何学世界は
光と影が創り出す
白と黒との対極美
轟音とともに駆け抜けた
270km/hのひと時

季節の一枚 ページ



湯檜曽ループ
湯檜曽ループ 《平成28年2月上旬》
上越線:湯檜曽〜土合

坂に弱い鉄道にとって
急峻な山を越えることは一大事
日本には軽便鉄道のようなスイッチバックが多いけれど
世界で多用されているのはループ線
長大トンネル普及前の鉄道遺産



雪の山へ
雪の山へ 《平成28年2月上旬》
上越線:土合駅

この駅はその誕生以来
谷川連峰への玄関口
繁栄の時を伝える駅構内も
交通機関としての使命はほぼ潰え
しかし今も登山のベースキャンプ

驛 特設ページ 土合



氷結
氷結 《平成28年2月上旬》
上越線:土合駅

前日断続的に降り続いた雪は
構内を湿気で満たしに満たし
レンズを瞬く間に曇らせた
重たい空気は飽和寸前
一夜の冷気と共に結晶を描いた



清水隧道
清水隧道 《平成28年2月上旬》
上越線:土合〜土樽

ここは日本の分水嶺
太平洋側にはあるけれど
気候は山の向こうと同じ
雪国を抜けたはずの旅人は
変わらぬ景色にひとつ溜息



雪解けの氷柱
雪解けの氷柱 《平成28年2月上旬》
上越線:土合駅

長く陰鬱な時間を通り抜けて
待ちに待った明るい季節
放射冷却の厳しい朝も
朝日が昇り氷柱輝き
過ぎ行く貨物列車 南を目指す



雪化粧の道祖神
雪化粧の道祖神 《平成28年2月上旬》
飯山線:戸狩野沢温泉駅

天気予報が伝えた通り
夕暮れから強まった降雪は
この冬にしてはまとまった積雪
わが身も朝から除雪作業
ご褒美は純白に輝く雪化粧



安全への投資
安全への投資 《平成28年2月上旬》
飯山線:戸狩野沢温泉駅

いくら暖冬雪不足といえど
そこは雪深い飯山線
降れば降ったで悩ましい
ホームを往復しているうちに
振り返ってみればもう一往復・・・



ワム
ワム 《平成28年2月上旬》
飯山線:上境駅前

国鉄末期の頃だったか
貨物輸送の合理化で
大量に売りに出された有蓋貨車
全国各地で倉庫の余生
ここのは珍しく車輪付き!



春への歩み
春への歩み 《平成28年2月上旬》
飯山線:信濃平〜戸狩野沢温泉

小雪舞う田園の小道
並んで揺れる二つの影
一歩一歩着実に
白い轍に導かれ
春に向けて歩む足取り



微かな気配

夕暮れの嵐
微かな気配・夕暮れの嵐 《平成28年2月上旬》
飯山線:信濃平〜戸狩野沢温泉

前回の訪問の帰り際の薄暮
ちょっと気になる情景があった
それが再訪の動機だったのだけれど
天気も世間も思うには任せず
咄嗟の画角変更で結果は意外な世界



星越山隧道
星越山隧道 《平成29年2月中旬》
東海道本線:三河大塚〜三河三谷

星越山なんてロマンチック
けれど日本古来の地名はほとんど
その後の訛りや当て字によって
命名当時の意味は忘れられ・・・
まぁ 知らないほうが良いこともある!



冬の旅路〈2〉

前の季節  大寒 立春の頃  次の季節



鉄路の彼方へ  早春の旅路〈1〉  早春の旅路〈2〉  春の旅路〈1〉

春の旅路〈2〉  初夏の旅路〈1〉  初夏の旅路〈2〉  盛夏の旅路〈1〉

盛夏の旅路〈2〉  秋の旅路〈1〉  秋の旅路〈2〉  晩秋の旅路〈1〉

晩秋の旅路〈2〉  初冬の旅路〈1〉  初冬の旅路〈2〉  冬の旅路〈1〉


このページ先頭へ

トップページへ戻る

無断転載・複写等を禁じます。