トップ

銀塩の小箱

名山の旅  水とともに  街並探訪  

鉄路の彼方へ

大井川の旅  熊野紀行  比叡山登山鉄道  昔日への憧憬

アプトの路  けやきの路

特集 踏切物語  特集 隧道の歴史  特集 終の棲家を訪ね  特集 国鉄バスの残像

特集 豊橋市内鉄道散歩  特集 木曾路鉄道散歩  特集 魚沼鉄道散歩

特集 板谷峠鉄道散歩  特集 八ヶ岳山麓鉄道散歩  特集 五能沿岸鉄道散歩

特集 ふるさとの赤い電車  特集 近鉄電車  特集 南海鉄道

付録 飯田線各駅停車  付録 名松線各駅停車  付録 越美線各駅停車


特集 豊橋市内鉄道散歩

公開中の豊橋市内の作品を路線毎に並べてみました



西三河の端っこ、すぐ隣が東三河という海辺の片田舎。 そこで暮らす人たちは、「街」へ出ると言ったらまずは蒲郡。 もう少し「都会」へならば豊橋。 (もっとも、谷崎潤一郎の「細雪」では、嫁を遣るにはあまりにも不憫な片田舎とされていますが・・・)
親類のほぼすべてが旧宝飯郡域(母親の生まれは大阪天王寺で、物心つく以前に空襲を避け疎開してきたらしい)であったのも大いに影響していたとは思いますが、そんなこんなで、我が心の故郷は西三河にあらず東三河にありました。 その中心地、豊橋は丁度良い大きさの、鉄道にも比較的恵まれた特に愛着のある町です。
歴史地理的には、城下町吉田を中心に二川などの旧渥美郡域に、朝倉川対岸の八名郡域南部、豊川対岸の宝飯郡域の一部自治体の合併により、昭和の中期には現在の市域が確定しています。 以来、県内第二位の人口を擁する愛知県東部の中心都市としての地位を維持してきましたが、平成の合併では他都市が規模を拡大するも、すでに周辺に適当な合併対象自治体のなかった当市は、いつの間にやら人口規模ではその地位を下げ続けているのが現状です。
また意外にも、キャベツや養鶏・養豚・酪農など、丘陵地を生かした全国有数の農業生産高を誇る都市でもあります。

東海道本線《名古屋・神戸》・飯田線・名古屋鉄道名古屋本線 方面
豊橋鉄道東田本線 方面
東海道本線《浜松・東京》 方面
豊橋鉄道渥美線 方面




東海道本線《名古屋・神戸》・飯田線・名古屋鉄道名古屋本線 方面




とよはし
豊橋

花田町〈旧:渥美郡〉


上諏訪行き
上諏訪行き 《平成28年8月中旬》
豊橋駅一番線
豊橋駅一番線 《平成28年8月中旬》
飯田線ホーム
飯田線ホーム 《平成28年7月下旬》
絹田ガード
絹田ガード 《平成28年12月上旬》
ちゃんとついてくるだに!
ちゃんとついてくるだに! 《平成28年7月下旬》
朽ち逝く操作盤
朽ち逝く操作盤 《平成29年1月下旬》

ふなまち
船町

北島町〈旧:渥美郡〉


船町踏切
船町踏切 《平成28年8月下旬》
船町駅
船町駅 《平成28年8月下旬》
三日月輝く頃
三日月輝く頃 《平成28年12月上旬》
ユリカモメ
ユリカモメ 《平成29年1月下旬》
シジミ採り
シジミ採り 《平成28年8月下旬》
豊川橋梁の歴史
豊川橋梁の歴史 《平成28年8月下旬》

しもじ
下地

横須賀町〈旧:宝飯郡〉


登壇
登壇 《平成28年8月下旬》
孫八架道橋
孫八架道橋 《平成29年1月中旬》
高さ制限1.4m
高さ制限1.4m 《平成29年1月下旬》
豊川の橋梁史
豊川の橋梁史 《平成29年1月中旬》
十三夜
十三夜 《平成26年11月上旬》


このページ先頭へ



豊橋鉄道東田本線 方面




えきまえ
駅前

花田町〈旧:渥美郡〉


駅前電停
駅前電停 《平成29年1月上旬》
おでんしゃ
おでんしゃ 《平成28年12月上旬》

えきまえおおどおり
駅前大通

駅前大通〈旧:渥美郡〉


駅前大通
駅前大通 《平成29年1月上旬》
Adventsführerin
Adventsführerin 《平成26年12月上旬》

しんかわ
新川

駅前大通〈旧:渥美郡〉


ふだぎ
札木

魚町 及び 札木町〈旧:渥美郡〉


東海道の路面電車
東海道の路面電車 《平成28年7月下旬》
黄色の灯火の矢印
黄色の灯火の矢印 《平成28年12月中旬》
国道一号
国道一号 《平成28年12月中旬》
豊橋の路面電車
豊橋の路面電車 《平成25年3月中旬》

しやくしょまえ
市役所前

八町通〈旧:渥美郡〉


とよはしこうえんまえ
豊橋公園前

八町通〈旧:渥美郡〉


国道一号
国道一号 《平成28年12月上旬》

ひがしはっちょう
東八町

旭町 及び 西新町〈旧:渥美郡〉


まえはた
前畑

前畑町〈旧:渥美郡〉


石畳の坂道
石畳の坂道 《平成28年12月上旬》
石畳の坂道
石畳の坂道 《平成26年9月下旬》

あずまださかうえ
東田坂上

東田町〈旧:渥美郡〉


あずまだ
東田

東田町〈旧:渥美郡〉


けいりんじょうまえ
競輪場前

東田町〈旧:渥美郡〉


いはら
井原

井原町〈旧:渥美郡〉


年に一度
年に一度 《平成30年9月下旬》

あかいわぐち
赤岩口

東田町〈旧:渥美郡〉

#電停名の由来と思われる多米町赤岩地区は、すぐ隣を流れる朝倉川の対岸で、旧八名郡域です。



「市電」赤岩口
「市電」赤岩口 《平成29年1月中旬》



いはら
井原

井原町〈旧:渥美郡〉


半径11m
半径11m 《平成28年12月上旬》

うんどうこうえんまえ
運動公園前

豊岡町 及び 岩田町〈旧:渥美郡〉


おでんしゃ
おでんしゃ 《平成26年12月上旬》


このページ先頭へ



東海道本線《浜松・東京》 方面




とよはし
豊橋

花田町〈旧:渥美郡〉


伝統と革新
伝統と革新 《平成28年1月上旬》
整列の民
整列の民 《平成28年1月上旬》

ふたがわ
二川

大岩町〈旧:渥美郡〉


立岩
立岩 《平成29年2月下旬》

二俣線の残像
二俣線の残像 《平成28年12月中旬》

しんじょはら
新所原

湖西市新所原〈旧:敷知郡→浜名郡〉

#駅所在地は静岡県湖西市ですが、構内西方は豊橋市域にあたります。



このページ先頭へ



豊橋鉄道渥美線 方面




しんとよはし
新豊橋

花田町〈旧:渥美郡〉


やぎゅうばし
柳生橋

南松山町〈旧:渥美郡〉


春本番
春本番 《平成25年3月中旬》
ポルトガル語
ポルトガル語 《平成29年1月上旬》

こいけ
小池

小池町〈旧:渥美郡〉


あいちだいがくまえ
愛知大学前

北丘町〈旧:渥美郡〉


STOSSVERKEHR
STOSSVERKEHR 《平成29年2月中旬》
戦争から平和へ
戦争から平和へ 《平成28年12月中旬》
陸軍兵器支廠正門哨舎
陸軍兵器支廠正門哨舎 《平成28年12月中旬》

みなみさかえ
南栄

南栄町〈旧:渥美郡〉


高師緑地
高師緑地 《平成28年12月中旬》
戦争の傷跡〈松脂採取〉
戦争の傷跡〈松脂採取〉 《平成28年12月中旬》
ー市内曙町ー

再開発
再開発 《平成28年12月中旬》

たかし
高師

高師町〈旧:渥美郡〉


手旗誘導
手旗誘導 《平成28年1月上旬》
カラフルトレイン
カラフルトレイン 《平成28年12月中旬》
カラフルトレイン
カラフルトレイン 《平成28年1月上旬》

あしはら
芦原

芦原町〈旧:渥美郡〉


元日の平穏な夕暮
元日の平穏な夕暮 《平成29年1月上旬》

うえた
植田

植田町〈旧:渥美郡〉


植田1号
植田1号 《平成29年1月上旬》
懐古的線路風景
懐古的線路風景 《平成29年1月上旬》
植田5号
植田5号 《平成29年1月上旬》

むこうがおか
向ヶ丘

植田町〈旧:渥美郡〉


おおしみず
大清水

大清水町〈旧:渥美郡〉


家路
家路 《平成28年12月中旬》
収穫
収穫 《平成28年12月下旬》
冬のキャベツ畑
冬のキャベツ畑 《平成28年1月下旬》

おいつ
老津

老津町〈旧:渥美郡〉


木製電柱
木製電柱 《平成29年1月上旬》
菜の花の季節がやって来た!
菜の花の季節がやって来た! 《平成29年2月中旬》

すぎやま
杉山

杉山町〈旧:渥美郡〉


委託発売所
委託発売所 《平成29年1月上旬》

三遠南信を結ぶ街 穂の国 豊橋


このページ先頭へ

トップページへ戻る

無断転載・複写等を禁じます。