トップ

銀塩の小箱

名山の旅  水とともに  街並探訪  

鉄路の彼方へ

大井川の旅  熊野紀行  比叡山登山鉄道  昔日への憧憬

アプトの路  けやきの路

特集 踏切物語  特集 隧道の歴史  特集 終の棲家を訪ね  特集 国鉄バスの残像

特集 豊橋市内鉄道散歩  特集 木曾路鉄道散歩  特集 魚沼鉄道散歩

特集 板谷峠鉄道散歩  特集 八ヶ岳山麓鉄道散歩  特集 五能沿岸鉄道散歩

特集 ふるさとの赤い電車  特集 近鉄電車  特集 南海鉄道

付録 飯田線各駅停車  付録 名松線各駅停車  付録 越美線各駅停車


特集 八ヶ岳山麓鉄道散歩

公開中の八ヶ岳山麓の作品を路線順に並べてみました



八ヶ岳山麓は日本を代表する高原。 標高の割には緩やかに広がる大地。 有史以来人跡往来どころか、定住にも供されてきた冷涼な地形故に、特にバブル期以降のリゾートブームに乗って夏の人気観光地に。 その恩恵と、そもそも国内最高所を走る鉄道で小海線も全国区の知名度。 裾野をぐるっと半周する形で築かれた鉄路の旅もまた人気。

標高は国土地理院「地理院地図」をもとに、駅本屋付近等の1m単位のおおよその数値です。
#:各運営会社の公式値ではありませんのでご留意ください。 また、線路面の標高でもありません。




ちの
茅野
標高:790m

茅野市←諏訪郡茅野町←諏訪郡ちの町←諏訪郡永明村



八ヶ岳高原
八ヶ岳高原 《平成30年11月中旬》
八ヶ岳
八ヶ岳 《平成30年11月中旬》

あおやぎ
青柳
標高:867m

茅野市←諏訪郡茅野町←諏訪郡金沢村



すずらんのさと
すずらんの里
標高:900m

諏訪郡富士見町



《富士見峠》
天竜川水系富士川水系分水嶺


ふじみ
富士見
標高:955m

諏訪郡富士見町←諏訪郡富士見村



唐松の高原
唐松の高原 《平成25年11月中旬》
立場川橋梁
立場川橋梁 《平成30年10月下旬》
鋸岳
鋸岳 《平成25年11月中旬》
あずさ
あずさ 《平成30年11月中旬》
あずさ
あずさ 《平成30年11月中旬》

しなのさかい
信濃境
標高:921m

諏訪郡富士見町←諏訪郡境村



新型特急
新型特急 《平成30年10月下旬》

《甲六川橋梁》
信濃甲斐国境


こぶちざわ
小淵沢
標高:887m

北杜市←北巨摩郡小淵沢町←北巨摩郡小淵沢村



高原列車
高原列車 《平成30年10月下旬》
高原の踏切
高原の踏切 《平成25年1月下旬》
高原列車
高原列車 《平成30年11月上旬》
高原列車
高原列車 《平成30年10月下旬》
高原列車
高原列車 《平成30年11月上旬》

かいこいずみ
甲斐小泉
標高:1045m

北杜市←北巨摩郡長坂町←北巨摩郡小泉村



かいおおいずみ
甲斐大泉
標高:1159m

北杜市←北巨摩郡村



きよさと
清里
標高:1275m

北杜市←北巨摩郡村



《境川橋梁》
甲斐信濃国境


白峰仰ぎ
白峰仰ぎ 《平成27年11月上旬》

《第三甲州街道踏切》
中央分水嶺


鉄道最高地点
鉄道最高地点 《平成30年10月下旬》
高原列車
高原列車 《平成30年11月上旬》

のべやま
野辺山
標高:1346m

南佐久郡南牧村



高原の駅
高原の駅 《平成26年7月中旬》
HIGH RAIL 星空
HIGH RAIL 星空 《平成30年10月下旬》
KLASSIKER
KLASSIKER 《平成30年10月下旬》
高原列車
高原列車 《平成30年11月上旬》
収穫街道
収穫街道 《平成30年10月下旬》
高原の峰
高原の峰 《平成26年1月中旬》
高原列車
高原列車 《平成30年11月上旬》

しなのかわかみ
信濃川上
標高:1136m

南佐久郡川上村



高原の村 大俯瞰 2018
高原の村 大俯瞰 2018 《平成30年11月上旬》

さくひろせ
佐久広瀬
標高:1074m

南佐久郡南牧村



さくうみのくち
佐久海ノ口
標高:1040m

南佐久郡南牧村



うみじり
海尻
標高:1035m

南佐久郡南牧村



まつばらこ
松原湖
標高:968m

南佐久郡小海町



こうみ
小海
標高:865m

南佐久郡小海町←南佐久郡小海村



八ヶ岳裾野の標高千メートル前後を上り下り 正に日本の高原鉄道


このページ先頭へ

トップページへ戻る

無断転載・複写等を禁じます。