BitTorrentによるファイル共有
=クライアントソフトBitCometによる高速ダウンロード=

BitTorrent(ビット・トレント)(情報単位・激流)とは

(2004/11/13作成)

BitTorrentは、ブラム・コーエン氏がUP帯域を有効に利用して大容量ファイルの配布効率を高める目的で作成した高速ファイル交換(P2P:Peer to Peer)ネットワークプロトコル。
このシステムは、映画の違法コピー用に作られた技術ではない。例えば、Red Hat Linuxの最新版リリースの配布やジャムバンドの高音質な録音の交換に利用されている。
一方、海外ではオンラインで(違法・合法にかかわらず)大容量のファイルを交換しようとするユーザーの間で人気を博している。中でも中国で大ブレイクしている。しかし、P2Pといっても巷で人気のファイル交換ソフトとは異なり、効率優先のため匿名化機能を備えておらず、著作権保有者の圧力などから配信ノードがいくつも閉鎖される事態に至っている。

<原理>BitTorrentの仕組み」を参照。
BitTorrentは基本的に、大容量のファイルをたくさんの小さな断片に分割することで機能する。ユーザーは例えばOSをダウンロードする場合、ファイルの断片を1つずつ受け取る。そして断片を受け取ると、今度はそのユーザーのコンピュータが断片を配布するハブ(リーチャー)になる。、配布者シーダーは2〜4人の少人数にファイルを送るだけで多数の人にファイルが行き渡るようになっている。
シーダーがいなくなっても、Pieceをリーチャー同士お互いに補完し合い、ある程度ファイルを完成させる事ができるが、最終的にはシーダーが現れない限り100%になることはない。
<特殊用語>
トレント
(torrent)
BitTorrentでファイルを配布する場合に必要な情報が記された拡張子.torrentの小さなファイルのこと。
トラッカー
(Tracker)
交通整理役という意味。torrentファイルを管理するサーバーの事。DL要求を追跡管理し、そのファイルを提供中のユーザーに要求を転送する。トラッカーがダウンしてしまうと、そこに登録されたファイルはDLできない。
シーダー
(Seeder)
直訳で「種をまく人」=ファイルを配布する人の事を言う。100%ダウンロードした後、接続を切らずにそのままにしておくと、自動的にシーダーになれる。
リーチャー
(Leecher)
意訳で「血吸いヒル野郎」。P2Pの世界では、自分だけが利益を得て、それを他人に還元しない人の意味に使われる。BitTorrentではファイルをDLすると同時にファイルを他にULする人のこと。
ピア
(Peer)
Peer to Peer(P2P)のPeer。仲間という意味で、シーダーとリーチャーの両者の事。
負担率
(ShareRatio)
そのトレントに対しての、アップロード量:ダウンロード量の比率のことを云う。
99%病
原因は不明だが、ファイルの残り1ピースがなかなか見つからない事。99%しか終了していなくても、ファイルが問題なく再生できることもある。
ピース
(Piece)
ファイルの一部分のこと。ファイルを細かく分割し、それをリーチャー同士でやり取りし、シーダーからDLすることでDLを完成させる。
健康度
(Helth)
接続中のピアのPieceを集めた時完成ファイルの何%にあたるかを表した数。これが100%以下だとそのファイルは完成しない可能性が高い。
<メリット>
・Webとの親和性が高い:配布したいファイルをWebサイトにリンクすることが出来、BitTorrentネットワークの情報もWebサイト上に表示する事が可能。DL前からファイルの中身が分かる。
・高速:同じファイルをダウンロードしている人同士で補完し合いながらダウンロードされる。
・サーバーの負担が低い:個人で多くの人に大容量ファイルを配信することが出来る。
・フォルダごと配布することが可能。
<デメリット>
・シーダーがいなくなったら終了。一ヶ月以上時間が経つほど需要が減り、DLできなくなる。
・Shareaza以外のクライアントソフトには検索機能が無い。
・IPは丸見えで皆無に近い匿名性。

 BitTorrentクライアントソフト
・BitComet: 初心者に優しい。WinXP+UpnP対応ルータでは自動でポートを開放出来る。
・Azureus: Mac版もあり。多機能。99%病に罹りにくい。
・BitSpirit: DL速度を最大限に引き出せる。WinXP以外でも「UpnP」機能の使用が可能。
・BitTornade: シンプルな設計で欧米では最も使用されているが、日本語版は無し。
など
今回は、BitCometについて記述。

のインストール

1) 入手先::BitComet0.56 [2004年9月23日配布] 公式ページ はここから
  非公式日本語のページは(「クイックスタートhttp://bitcomet.kirishima.cc/」と「使い方のコツ」
  もあって分かり易い)。

2) インストール先を外付けハードディスクにすると何かと便利。


BitCometオプションの設定
1)
最大DL&UL速度と最大同時DL数の設定
 
ADSL/ケーブル
では:右図位。
FTTHでは
2000-3000kB/s
以上に設定。

最大同時DL数:
WinXP_SP2では
10迄に制限され
た。
ポートは、ランダ
ムに自動設定さ
れる。
 
参考:UL速度と比例してDL速度は上がるので、UL速度の設定をケチってはいけない。
2)
UPnP自動ポートマッピングの設定
 

高度な設定>接続の詳細で
「UPnP自ポートマッピング・・」を有効
にチェック。
「終了時にNAT/ファイア・・・」は、
開放されたポートはBitComet終了
時に閉じる設定。



Torrentファイルの入手(閉鎖の憂き目に会うのは時間の問題か・・・)
 
BitTorrentには検索機能がなく、その代わりにBitTorrentシステムへのリンクがWebページに掲載されてるTorrentファイルを入手する。このリンクは「トラッカー」につながっている。
1)
トラッカーサイト(torrentファイル配布サイト):その後、閉鎖を余儀なくされているかも知れない。
 海外有名サイト:「Super Nova」、「TORRENTREACTOR.NET」、「WailKeungSiteBBS」など
 日本語サイト:「オラバウトURLエトセトラ」(http://www.genie.x0.com/alabout/list.phtml)
2)
オラバウトURLエトセトラの場合:Norton Internet Securityの「プライバシー制御」を無効にしないとTorrentファイルをダウンロード出来ない。
 

「プライバシー制御」
を無効にすれば

又、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |    不正なリファラー Invalid Referer!!    |  
   |___________________|
         ∧∧ ||
         ( ゚д゚) ||  ノノノ  サッ
         / づΦ 

HTTP_REFERER:
Error: リファラーがありません
--------------------------------------------------------------------------------
ダウンロード Download:
/alabout/image/000xxxx/xxxxxxxxxxxx.torrent
--------------------------------------------------------------------------------
ダウンロードできない場合 Download Problem?
(*) 正しいRefererが無いとダウソできません。セキュリティ/プライバシーソフト(例.ノートンパーソナルファイアウォール)のReferer遮断機能を無効にする必要があります。
(*) You can not download the file without correct referer information. You might need to disable the feature of your privacy protection software(like Norton Personal Firewall) which prevents referer information from being sent.


BitCometによるダウンロード
1)
torrent ファイルをBitComet メインウインドウにドロップすると、「Torrentのプロパティ」ダイアログが表示される。
 
保存先を指定:
初期設定は
BitCometフォ
ルダ内の
「Downloads」
フォルダ内。

DLされる内容
が表示される
ので、DLしたく
ないファイルは
チェックを取る。

 
複数のトラッカー
(Tracker)が表示
されているが、
表示にはタイム
ラグがあるので、
当てにはならない
2)
ダウンロード中のメイン画面:詳細なファイルのDL/UL進行状況が示される。
 ファイル名の左横に一目瞭然なアイコンが表示される。
 健康度100%以下は望み薄い。優先度である程度効率アップ出来る。
3)
トラッカー表示:サイトが有効かどうか調べられる。
4)
ピア表示:シーダーとリーチャー状態が一目瞭然。IPアドレスは丸見え。
 


考案
1)
激速というが、タイミング次第。UL速度ばかりが上がってDL速度は僅かの事も多い。
2)
DLされる邦画の3分の2はAVIファイル。表示はAVIだが、実はOGMファイルが半分以上を占める。
従って、万能動画プレイヤーMediaPlayerClassicは必需ツールとなっている(ここを参照)。
 
なお、強力コーデックチェッカーMMname2は必ずしも使い勝手はよくなく、注目の動画編集ソフト
VirtualDubModは、OGMファイル解析用として利用できる(ここを参照)



| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |