ホワイトブラウザは待望の動画管理ソフト
ホワイトブラウザの対応フォーマット形式と他のフリーの動画/画像管理ソフトとの比較
(2008.10.18作成, 08.11.04更新
ホワイトブラウザ(White Browser)は PCのHDD内
 に散在する動画をサムネイルやタグで管理して閲
 覧する動画用データベースソフト。 高速で動作し、
 スキンやタグレットを利用して自由にデザインや機能
 の拡張も出来るように設計されている。
AVI/MPEG/WMV/MP4/FLV/OGM/RMなど多彩な動
 画形式に対応可能(但し、サムネイルの作成には別
 途コーデックのインストールが必要)。
タグやレーティングによる分類、インクリメンタルサーチ
 など豊富な管理機能を備えている。
動画の好きなシーンをサムネイルにしたり、サムネイル
 から関連付けられているプレイヤーで再生する事が
 可能で、動画途中からの再生にも対応している。
右図はVideoIndexスキンで表示
既存の動画管理ソフトのうち、筆者が所有するSANYOのデジタルムービーカメラ Xacti DMX
 -HD1000
と、息子夫婦が所有するPanasonic製のビデオカメラ HDC-SD9でフルハイビジョ
 ン撮影した素材(各々Full-HDモード撮影:MPEG-4 AVC/H.264形式のMP4ファイルと HG
 モード撮影:AVCHD形式のm2tsファイル)に正式に対応しているものは少ない。
ホワイトブラウザは外見がカッコ良く、筆者の環境において両ファイルに(m2tsには不安定な
 がら)対応していたので、導入しているコーデック環境の差異を中心に失敗談話 も含めて、
 対応フォーマット形式について各種フリーの動画/画像管理ソフトと比較してみた。
 
マシン環境は、Intel Core 2 Quad Q6600 2.40GHz、DDR2 PC2 6400 2GBx2、GeForce
   8600GT(VRAM 512MB)で、
  光学ドライブは、I-O DATAのBD&HD DVDコンポドライブBRD-SH6B(LGのGGW-H20N)で、
  OSは、Windows Vista Home Premium SP1環境(OS標準でMPEG2コーデック搭載)で検
   証した。
     検証に用いたコーデック環境は以下の3種類+マイナーチェンジの4種類
       自前のMainConcept有意環境(M環境)  ←筆者が2008.10.31以前迄常用していた環境
        自前M環境マイナーチェンジ環境    ←追記(2008.11.04)以降の環境
       自前のHaali有意環境(H環境)  ←M環境に新Haali Media Splitterをインストールした環境
       CCCP導入環境(3CP環境)    ←自前の環境をチャラにして純粋CCCP環境
     自前のコーデック環境(自前環境)の内容
 コーデック・DSフィルターとその説明ここから

     CCCP導入環境(3CP環境)の内容
       
自前で導入したコーデック・DSフィルター類の外に動画編集ソフトプレイヤーも徹底的
        アンインストールした後に、以下のようにCCCP(20080921版)をカスタムインストールして
        ピュアーなCCCP環境(3CP環境)とした。
        導入後、ffdshowで必要と思われるコーデックはMPEG2等も含めて全て有効とした。
         今回は予備的に動画/画像管理ソフトのファイル対応状況について検討した。
       動画の編集・変換目的で構築した自前のMainConcept有意環境(M環境)との違い
          以下のフィルタ類のバージョンが新しい
            ffdshow tryouts revision1685 2007-12-06、Haali Media Splitter v1.7.62.21
          以下の動画関連ツールは未インストール
            Elecard MPEGPlayer, Lazy Man's MKV, CoreAAC directshow filter, CoreAAC
             directshow filter, Ogg DirectShow Filter, DivX等のコーデック・フィルタ類
            Corel Ulead VideoStudio 12 Plus, SUPER c等多くの動画編集ソフト
            WMP, Real PlayerとMPC Homecinema以外のプレイヤー
              QuickTime, WinDVD8 for I-O DATA, GOMPlayer等は未インストール

 対応ファイル形式の検討成績
素材:使用した各種ファイルは、こちら(通常サイズ)とこっち(ハイビジョンサイズ)の保管庫にあります。
成績の表示方法
○:問題なし、△:サムネイル表示可能だが再生に問題、▽:サムネイル表示出来ないが再生は可能、
▼:サムネイル表示も再生も不可、×:読み込み不可又はエラー 
自前環境の成績は、以下の場合以外はMainConcept有意環境(M環境)とHaali有意環境(H環境)と
 で結果が同じであったことを示す。
 ○M環境とH環境との相違点。M環境ではラッキーな結果、 !!M環境では残念な結果
 ○?: 成績が不安定で、サムネイル表示に失敗する場合が多い。
◎!○!印、▽!印: CCCP環境(3CP環境)で有利な結果。 ▼!!×!!印: 3CP環境で残念な結果。
 
動画/画像管理
ソフト

(バージョン)

アイコンは入手先
 フォーマット形式:
 映像圧縮
_音声圧縮
<参考>
自前の環境で
WMPlayer
(11)による再生
過程をGraphEdit
で解析 ↓
動画管理ソフト
画像管理ソフト
ホワイト
ブラウザ

(0.6.1.0)

Area61
ビデオ
スキャン
Lite
(3.8.2)
TMPGEnc
KARMA
(0.0.4.45)

TAGIRI
(1.3.2)
Windows
フォト
ギャラリー

(6.0.6..)
Picasa2
(2.7)


自前環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
M
環境
H
環境
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
 WMV9_WMA9.wmv
*defaultで可能
WMV Dec DMO
/WMA Dec DMO
×!!
 RV10_RA8.rm

RealMedia Splitter
+RealVideo Dec
/RealAudio Dec
M○!
H
▼!!
×
×
×
×
×
 VP6_AAC.nsv
×再生不可
×未対応
読込み可
×
同左
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
 SVQ3_QDM2.mov
×再生不可
×
読込み可
×
同左
×
×
×
×
×
×
×
×
×
 H.264_AAC.mov
Haali Media Splitter
+ffdshow Video Dec
/CoreAAC Dec
×
×!!
×
×
×
 ISMAMPEG4_AAC
  .mp4
MC MP4 Demulti
+ffdshow Video Dec
/CoreAAC Dec
▼!!
 H.264_AAC.mp4
 (QuickTime作成)
Haali Media Splitter
+ffdshow Video Dec
/CoreAAC Dec
▽!!
M▼!!
H
▼!!
 H.264_AAC.mp4
 (XactiDMX-HD1000*)
○!
 MPEG1_MP2.mpg
*defaultで可能
MC MPEG Demulti
+MPEG Video Dec
/MC Audio Dec
×!!
 MPEG2_MP2.mpg
*defaultで可能
MC MPEG Demulti
+MC MPEG-2 Video
/MC Audio Dec
×!!
▽!!
 MPEG2_AC3.vob
(VIDEO_TS内)
MC MPEG Demulti
+MC MPEG-2 Video
/ffdshow Audio Dec
×
×
×
×
▽!!
×
×
 
DVD Video
 (DVDforgerで作成)
×
×
×
×
▽!!
×
×

動画/画像管理
ソフト
 フォーマット形式
<参考>
自前環境で
WMPlayer
による再生
ホワイト
ブラウザ
Area61
ビデオ
スキャン
TMPGEnc
KARM
TAGIRI
Windows
フォト
ギャラリー
Picasa2
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
M
環境
H
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
 H.264_AC3
  .m2ts
 :TIDEJI_HG1*
M

MC MPEG Demulti
+InterVideo Video
/ffdshow Audio Dec
○?
不安定
⇒対策A
◎!
安定
○?
対策A
◎!
安定
○!
▼!!
×
▽!
×
H

Haali Media Splitter
+ffdshow Video Dec
/ffdshow Audio Dec
×
読込み可
×
×
×
 H.264_AC3
  .m2ts

 :HDC-SD9*
M

MC MPEG Demulti
+InterVideo Video
/ffdshow Audio Dec
○?
不安定
⇒対策A
◎!
安定
○?
対策A
◎!
安定

映像
遅延
×
▽!
×
○!
○!
H

Haali Media Splitter
+ffdshow Video Dec
/ffdshow Audio Dec
×
 読込み可
×
×
×
×
 H.264_AC3
  .m2ts
 :BD_Video*
M

MC MPEG Demulti
+InterVideo Video
/ffdshow Audio Dec
○?
不安定
⇒対策A
◎!
安定
○?
対策A

◎!
安定
○!
▼!!
×
▽!
×
H

Haali Media Splitter
+ffdshow Video Dec
/ffdshow Audio Dec
×
×
 MPEG2_AC3
  .m2ts
 :DMW_BDMV*
M

MC MPEG Demulti
+MC MPEG-2Video
/ffdshow Audio Dec
○!
▼!!
×
▽!
×
▽!
H

Haali Media Splitter
+MC MPEG-2Video
/ffdshow Audio Dec
×
×
 MPEG2_AC3
  .m2ts
 :DMW_BDAV*
M

MC MPEG Demulti
+MC MPEG-2Video
/ffdshow Audio Dec
○!
▼!!
×
▽!
×
▽!
H

Haali Media Splitter
+MC MPEG-2Video
/ffdshow Audio Dec
×
×
 MPEG2_AAC
  .m2ts
 :TIDEJI_DR1*
M

×再生不可
MC
MPEG Demulti
+MC MPEG-2Video
/InterVideo Audio

MPC_Home

同左

無声
!
音声
有り
▼!!
×
▽!
×
▽!

無声
!
音声
有り
H

Haali Media Splitter
+MC MPEG-2Video
/CoreAAC Dec

MPC_Home

無声
×
×

無声

動画/画像管理
ソフト
 フォーマット形式
<参考>
自前環境で
WMPlayer
による再生
ホワイト
ブラウザ
Area61
ビデオ
スキャン
TMPGEnc
KARM
TAGIRI
Windows
フォト
ギャラリー
Picasa2
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
M
環境
H
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
自前
環境
3CP
環境
 BI-RGB_PCM.avi
*defaultで可能
AVI Splitter
Clor Space
  Converter
 HFYU_PCM.avi
AVI Splitter
ffdshow Video Dec
 MsMPEG4v2_MP3
  .avi
AVI Splitter
+Mpeg4 Dec DMO
+MC Audio Dec
▽!!
▽!!
 DivX5.21_MP3.avi
AVI Splitter
+DivX Dec Filter
+MC Audio Dec
○!
 XviD_MP3.avi
○!
 
DivX6.11_MP3.divx
▼!!
×!!
○!
×
×
×
×
 DivX5.21_Vorbis
  .ogm
Ogg Splitter
+DivX Dec Filter
+CoreVorbis Dec
×
×
×!!!
▽!!
×
×
 XviD_Vorbis.ogm
×
×
×!!
▽!!
×
×
 DivX5.21_Vorbis
  .mkv
M

Matroska Splitter
DivX Dec Filter
+CoreVorbis Dec

⇒対策C
○!
○?
策C
◎!
安定
×
×
▽!!
×
▽!
×
×
H

Haali Media Splitter
DivX Dec Filter
+CoreVorbis Dec
×
×
×
×
 XviD_Vorbis.mkv
M

Matroska Splitter
DivX Dec Filter
+CoreVorbis Dec

⇒対策C
○!
○?
策C
◎!
安定
×
×
▽!!
×
▽!
×
×
H

Haali Media Splitter
DivX Dec Filter
+CoreVorbis Dec
×
×
×
×
 
JPEG_MP3.swf
  (v5)
×再生不可
×未対応
読込み可
×
同左
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
 
Sorenson_MP3.swf
  (v6)
×再生不可
×未対応
読込み可
×
同左
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
 
On2VP6_MP3.swf
  (v8)
×再生不可
×未対応
読込み可
×
同左
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
 
Sorenson_MP3.flv
  (FLV1)
FLV Splitter
+ffdshow Video Dec
/MC Audio Dec
×
×
×
×
 
On2VP6_MP3.flv
  (FLV4)
FLV Splitter
+FLV4 Video Dec
+MC Audio Dec
×
×
×
×
 
idx+sub字幕付き
  XviD_MP3.avi
 AVI Splitter
+DivX Filter
+MC Audio Dec
VSF
▽!!
×!!
×!!
VSF
×!!
○!
 
idx+sub字幕付き
  XviD_MP3.mkv
 Haali Media
 Splitter
+DivX Filter
+MC Audio Dec
VSF

⇒対策C
○?
策C
◎!
×
×
×!!
×
▽!
×
×
VSF
○!
○?
×
◎!
×
×
×!!
×
▽!
×
×
 
SSA字幕付き
  XviD_MP3.avi
 AVI Splitter
+DivX Filter
+MC Audio Dec
+Inter Script
  CR
VSF

⇒対策B
×!!
○!
VSF
▽!!
×!!
○!
MC:MainConcept、 Dec:Decoder、 Demulti:Demultiplexer
MC MP4 Demulti:MainConcept MP4 Demultiplexer
MC MPEG DemultiMainConcept MPEG Demultiplexer
CoreAAC Dec:CoreAAC Audio Decoder
InterVideo Audio:InterVideo Audio Decoder
CoreVorbis Dec:CoreVorbis Audio Decoder
VSF:VSFilter
DivX Filter:DivX Decoder Filter
Inter Script CR:Interrnal Script Command Renderer
*XactiDMX-HD1000: SANYO製のムービーカメラ Xacti DMX-HD1000のFull-HDモードで撮影
    したMP4ファイル
*HDC-SD9: Panasonic製のビデオカメラ HDC-SD9のHGモードで撮影してムーブしたm2tsファイル
*BD_Video: ブルーレイのビデオ作品Bから AnyDVD HDでリッピングしたm2tsファイル
*TIDEJI_HG1 又は TIDEJI_DR1:Panasonic製のBDレコーダーDMR-BW800で録画した地デジを、
     HGモード 又は DRモードでダビングしたBD-REから リッピングしたm2tsファイル
*DMW_BDMV 又はDMW_BDAV: I-O DATA製のBD&HD DVDコンポドライブ BRD-SH6Bに付属の
    DVD MovieWriter 5 BD for I-O DATA
を用いて、BDMV形式 又は BDAV形式で出力
    したm2tsファイル
 各環境で利用されるDSフィルター類の最終まとめ(ここから
対策A, B, Cについては、ホワイトブラウザの補足説明の自前M環境マイナーチェンジ環境
  (こちら)を参照。


 動画/画像管理ソフト補足説明
ホワイトブラウザ(White Browser ) (v0.6.1.0)
 使用方法は、本家のこちらを参照。
  前準備
上図はDefaultListスキンで表示
   管理したいファイルをWindows Media Playerで再生出来るように環境整備(今回は3種類)。
    ・DivX Codecの「デコーダー設定...」で、「高度なハードウェアオーバーレイ...」のチェックを外す。
     しかし、最終的には製品版DivXは利用せず、新ffdshowのDivX 4/5/6を利用した。
    ・DirectShow Filter Toolで、SUPER cで導入された RadLight Ogg SplitterとRadLight Vorbis
      Decoderの登録を解除。
    ・AviSynth2.5.7をインストール:しかし、最終的には使えなかった。
   Media Player Classic Homecinema、Area61ビデオブラウザ等のプレイヤーをインストール。
     表示されているサムネイルの位置から動画を再生する「シーンジャンプ」機能を利用するに
     は、再生開始秒数をコマンドラインで指定出来るMPC HomecinemaやKMPLayerを使用す
     る必要がある。
   wbファイルの保存先として、「ユーザー」/「ドキュメント」内に「ホワイトブラウザ」フォルダを作成。
     但し、wbファイルを新規作成するとProgram\ホワイトブラウザn内に保存されてしまうので、
      移動させる手間は必要だが、複数のフォルダを管理する場合は都合がよい。

  操作手順
  1)新規起動したら又は「ファイル」メニューの「新規作成」で、「ホワイトブラウザ管理ファイル(.wb)」
    を作成する。複数のフォルダを管理する場合は個々の名前で複数作成しておいた方がよい。
    そして、m2tsには正式対応していないので 追加フォーマット欄(手順3)に "m2ts"を追加して
    再起動しておく。 
  2)登録したいフォルダをメイン画面にドラ
    ッグすると右画面が表示されるので、
    OKして登録する。
    すると、直ちに読み込みが開始される。
    メイン画面左下の「実行情報」タブを表
    示すると読み込み情報が表示される。
   *監視フォルダはサブフォルダも含めて
     一括読み込みが可能。
   *自作した通常のDVDの他に、AVCHD形式で作成したDVDディスク内のBDMV\STREAMフォル
     ダ内のm2tsファイルの管理も可能だ。しかし残念ながら、BDMV形式で作成したBlu-rayディ
     スクには未対応

   *非サポート形式のファイルを読み込んでもstm.exeが動作を停止するも、メインのブラウザがク
     ラッシュしてしまう事は無く、全て登録される。
  3)「ツール」メニューの「ファイル別の設定」で、正式対応していないフォーマット形式を追加する。
    標準フォーマット:avi,wmv,mpg,rm,rmvb,flv,asf,mpeg,mkv,swf,ogm,mp4,mov,avs,divx,3gp,3g2,m4v
    追加フォーマット欄にvob, m2ts,ts,nsvを追加する事で読み込みは可能となる。
    →複数の監視フォルダを別々のwbファイルで管理する場合は、其々に追加する必要がある!
  4)「ツール」メニューの「共通設定」で、外部の動画再生用プレイヤーを自由に選択する事が可能。
   今回は、対応動画形式の多いMedia Player Classic Homecinema 1.1.604をメインプレイヤーに
    指定(パラメータで "/start<ms>"を選択)し、Area61ビデオブラウザ、Windows Media Player、
    VLC media player for Windows及び WinDVD8 for I-O DATAを追加プレイヤーに指定した。
   *動画のサムネイルを真ん中ボタンクリックすれば、そのサムネイルの位置から再生が始まる
   *AVCHD形式で作成したDVDディスク内のm2tsファイルを再生するとフルハイビジョンの為か
     動作の速いシーンは、
     Area61ビデオブラウザ<Windows Media Player<VLC media player≦Media Player Classic
     Homecinema の順に映像ブロックがギザギザとぎこちなく描画され、荒く劣悪なものとなって
     しまう。
    そこでスムーズ再生が可能なWinDVD8で再生させたいのだが、残念ながらディスク上のm2ts
     ファイルを本ソフト経由で再生させる事が何故か?出来ない(HDD上のファイルなら再生可能
     なのに・・・)。
    なお、使用したディスプレイは、三菱のカラーディスプレイモニターRDF19X(1998年製造)だ (-_-;)
  5)「スキン」メニューの「スキンを探す」で、Web上からカスタムスキン(例えば、VideoIndex)を直ち
    に導入可能。
    DefaultListスキンがオーソドックスで、タイル状にサムネイル表示、詳細表示されて使い易い。
    VideoIndexは、外観が洒落た仕様となっていおり動画管理を楽しませてくれる。
      サムネルの表示はインデックスバーの有/無で別々の登録が必要で、「インデックスバーを
        閉 じる」⇔「インデックスバーを表示」ボタンを切り替えると全て表示される。
      マウスの真ん中ボタンで、インデックスバーをスクロールする事が可能。
  6)「並び」は、一般にはファイル名(昇順)でよいが、複数のフォルダを登録した場合はフォルダ毎
    の分類表示が出来ない
のでファイルパス(昇順)が便利。
  7)右クリック「ムービー」メニューの「マニュアルサムネイル」で自由にサムネイルを選択する事が
    可能。
  8)「タグ編集」で、キーワードを設定してジャンル別に動画を管理する事が可能。
  その他
    指定フォルダを監視する機能を備えており、追加した動画を自動的に登録してくれる。
    YouTubeなどの動画サイトからのダウンロード機能を搭載している。
  <結果>
   A)自前のMainConcept有意環境(M環境)
   1) H.264圧縮型m2tsは、”ピンが接続されていないので、操作は実行できません”となって上手
       くサムネイル表示出来ない(以下を試行すると出来る場合がある)。
      ツールメニュー/ファイル別設定/サムネイル設定/「AviSynthを使用する」を有効にして、
      timeを入力後サムネイルの再作成を実行。
      →「AviSynthを使用する」のチェックを外してサムネイルの再作成を実行→マニュアルサム
        ネイル作成を実行・・・・
   2)何故か?今回の環境では以下の標準フォーマットのファイルをサムネイル表示出来なかった。
     mkvファイル:Lazy Man's MKV 0.9.2をインストールしてあるのだが・・・
     swfファイル:ツールメニュー/ファイル別設定/サムネイル設定/「AviSynthを使用する」を有効
         にして、time又はswf又はbaseいずれを入力してもダメだった。

    <注意>「AviSynthを使用する」を有効にして、サムネイルの再作成をすると
         全てのmov, mp4, ogmと一部の rm(RV8), wmv(WMV8),avi(DivX6.8,XviD),flv(FLV4)の
          サムネイル表示に支障を来す!
   B)自前のHaali有意環境(H環境)
    Haali Media Splitter v1.8.122.18( v1.7.62.21でない)をインストールするとmp4, m2ts, mkvファイ
    ルのDSスプリッターが全てHaali Media Splitterとなってしまう。
   m2tsのMainConcept MPEG Demultiplexerが利用されなくなった為か、TIDEJI_HG1とHDC-SD9
     由来のH.264圧縮型m2tsファイルのサムネイル表示が出来なくなってしまった
Y (>_<、)Y
   C)CCCP導入環境(3CP環境)
   
自前のMainConcept有意環境で表示可能なファイルは全て対応していた。

   
PanasonicHDC-SD9でHGモード撮影した動画等のH.264圧縮型m2tsファイルは、安定的に
     サムネイル表示が可能だ  \(^o^)/
    mkvファイルは、Lazy Man's MKVをインストールしなくてもサムネイル表示が可能だった。

  追記(2008.11.04)
   D)自前M環境マイナーチェンジ環境とその結果
対策方法対象ファイル
対策前
対策後
結果
対策AH.264圧縮型m2ts
 ffdshow r1685を r2265に
  アップデート 注意A)
MainConcept MPEG
Demultiplexer
+InterVideo Video Decoder
+ffdshow Audio(AC3) Decoder
MainConcept MPEG
Demultiplexer
ffdshow Video(H.264) Decoder
+ffdshow Audio(AC3) Decoder
安定
対応
した
\(^.^)/
対策BSSA字幕付XviD.avi
 新ffdshowのDivX,Xvidを有
  効に設定 注意B)
AVI Splitter
+DivX Decoder Filter
+MainConcept Audio Decoder
+Interrnal Script Command
Renderer
AVI Splitter
ffdshow Video(Xvid) Decoder
+MainConcept Audio Decoder
+DirectVobSub
対応
した
\(^.^)/
対策Cmkv
 新ffdshowのDivX,Xvidを有
  効に設定
 +Haali Media Splitterの
  再インストール
注意C)
Matroska Splitter
+DivX Decoder Filter
+CoreVorbis Audio Decoder
Haali Media Splitter
ffdshow Video(
DivX/Xvid) Decoder
+CoreVorbis Audio Decoder
対応
した
\(^.^)/
<参考>mp4
 対策Cの処理:新ffdshow
 +Haali Media Splitterの
  再インストール
MainConcept MP4 Demultiplexer
+ffdshow Video(H.264) Decoder
+CoreAAC Audio Decoder
Haali Media Splitter
+ffdshow Video(H.264) Decoder
+CoreAAC Audio Decoder
影響
なし
      注意A)ffdshow r1685を r2265にアップデートすると、m2tsファイルのビデオデコーInter
          Videoから ffdshowのH.264に変更される。
          この変更によっても Picasa2は影響を受けないが、TMPGEnc KARMAで全てのm2ts      
          ファイルの利用が出来なくなってしまう
(;-;)
      注意B)ffdshowのDivX 4/5/6、Xvidを有効に設定すると、製品版 DivXは使用されなくなる。
          この変更によって他の管理ソフトが影響を受ける事はなかった。

      注意C)Haali Media Splitter v1.7.62.21(v1.8.122.18ではない)を再インストールすると、mkv
          
ファイルのDSスプリッターはLazy Man's MKV 0.9.2で導入されたMatroska Splitterから
          Haali Media Splitterに変更される。
          これらの変更によっても TMPGEnc KARMAPicasa2は mkvに対応するという事
          はなかった。一方 Windowsフォトギャラリーでは、mkvファイルのサムネイル表示は
          出来ないが、読み込みと再生は可能となった。
     <参考>対策Cを講じる(Haali Media Splitter v1.7.62.21を再インストールする)と、mp4ファイル
          
のDSスプリッターはMainConcept MP4 DemultiplexerからHaali Media Splitterに変更
          される。
          これらの変更によって、Picasa2はXacti DMX-HD1000のmp4のサムネイル表示が可
          能となったが、その他の動画管理ソフトへの影響は認められなかった。
    
Area61 ビデオスキャン Lite (v3.8.2)
  使用方法は、本家のこちらを参照。
   本ソフトは動画ファイルをタイル状にサムネール管理するArea61 ビデオスキャンの簡易版。
  前準備
   Visual Basic 6.0 SP6ランタイムライブラリはインストールしてなくとも支障はないようなのだが、
     ・・・ ここから入手してインストールしておく。
   VistaのUAC(ユーザーアカウント制
    御)機能を無効にしてインストール

    しないと、右の警告が表示される。
   *Visual Basic 6.0 SP6ランタイム
    ライブラリが必要?(こちら参照)
   *MSIインストーラの制約?(こちら
   操作手順
   1)ファイルの登録:エクスプローラから、登録したい動画フォルダを選択してメインパネルにドラッグ
     &ドロップすると「新規ビデオ登録」画面が表示されるので、「処理開始ボタン」をクリック。
    *「登録」ボタンを押して、「参照」から登録したい動画ファイル選択てもよいが面倒。
   2)登録完了後に、エクスプローラ 風のツリーでフォルダ内の動画の管理が可能となる。
    参考:USBパスパワー対応の外付けHDDは、接続して直ちにブラウス出来ない場合がある!
      ⇒一度接続したままシステムを再起動すれば次からはブラウスが可能となる。

   3)動画の再生は同梱のArea61ビデオブラウザ(v5.1→v5.2にアップ)が起動して実行される。
    途中からの再生も可能だ。
    映像描画は良好で、フルハイビジョンのm2tsでも100%で再生すれば、映像ブロックがギザギザ
     に描画される事は少なくスムーズ再生が可能だ。
 
    しかも、任意のサイズでの静止画連写キャプチャやサムネイル一覧表示機能も搭載している。
   *未対応の動画(SVQ3_QDM2.mov)を操作するとソフトがクラッシュしてしまう!不具合がある。
   *データベース機能はファイル名での検索が可能な程度で、自動監視機能を搭載していない。
   *フル機能版(2,500円)は、ディスクナビ/サムネイル追加/HTML作成機能を搭載しており、ファイ
     ル名表示と色マーカーをつけることも可能。   

  
   フル機能版のディスクナビ機能を使えば、自作した通常のDVDの他に、AVCHD形式で作成
     したDVDディスク及びBDMV形式で作成したBlu-rayディスク上のBDMV\STREAMフォルダ内
     のm2tsファイルの管理も可能だ。
  <結果>
   自前のMainConcept有意環境
    swfに未対応以外は多くのフォーマット形式に対応可能だ。しかし・・・
    mkvとH.264圧縮型m2tsファイルの場合は、UAC(User Account Control)を無効にして実行
    しないと読み込み出来ない場合が多いが、成績が一定しておらず不安定!
   CCCP導入環境での成績
   
自前のMainConcept有意環境で表示可能なファイルのうち idx+sub字幕付きXviD_MP3.avi
     以外は対応していた。

   
PanasonicHDC-SD9でHGモード撮影した動画等のH.264圧縮型m2tsファイルとmkvファイル
     は、安定的にサムネイル表示が可能だった  \(^o^)/

 
追記(2008.11.04)
   自前M環境マイナーチェンジ環境
    対策A、Bホワイトブラウザの項参照)で、ホワイトブラウザと同じく
H.264圧縮型m2tsmkv
     対応した。
    残念ながらTIDEJI_DRのMPEG2_AAC .m2tsの無声は、ffdshow r1685を r2265にアップデート
     してAACを有効に設定しただけの姑息的な方法では解決しなかった。
 
TMPGEnc KARMA (v0.0.4.45)
  使用方法は、本家のこちら(PDF、28.9MB)を参照。
  本ソフトは、奇抜な表示仕様(任意の透過度を設定してデスクトップを表示、ライブラリービューの
    背景で再生)を搭載しており、楽しく動画を再生する事が可能な動画管理ソフト。
  タグやカラーラベルでジャンルやカテゴリー管理が可能だが、検索機能を持っていない。
  管理フォルダは、「ユーザー」フォルダ/「ビデオ」フォルダに初期設定されているので、
   「ライブラリー」メニュー/「管理フォルダ設定」の追加ないし削除で新規に登録し直す。
   自作した通常のDVDはvobに未対応の為に管理出来ないが、AVCHD形式で作成したDVDディ
   スク及びBDMV形式で作成したBlu-rayディスク上のBDMV\STREAMフォルダ内のm2tsファイ
   ルの登録は可能だ。
   
  管理フォルダの自動更新機能はなく、「ライブラリー」メニュー/「ライブラリー更新」を実行すると
    追加されて直ちにサムネイル表示される。
  右上の「閉じる⇔開く」でサブプレビューして任意のサムネイルを設定する事が可能だが、欲しい
    かな単数個に限られる。
  再生はメイン画面内で透明感を持って実行出来る特異な仕様(上図)となっているが、サムネイル
   を右クリック「別ウインドウで再生」を選択すれば付属のプレイヤーが起動する。
   フルハイビジョンのH.264動画でも全画面表示ならギザギザした映像ブロックは目立たなくなる。
    なお、未対応のファイルをサムネイル表示で再生しようとするとソフトがクラッシュしてしまう!
     ⇒「リスト表示」にして、「ライブラリー」メニューの「終了」でソフトを終了してから対策を講じる。
  同梱のTileShot CREATORで、連番アニメーションを作成する事が可能。
  <結果>
   自前のMainConcept有意環境 及びHaali有意環境
    対応可能なファイル形式(サムネイルの作成には別途コーデックのインストールが必要)は、
     avi, mpg, wmv, flv, divx, mp4, m2ts, rm等となっており、mov, nsv, mkv, ogm, swf には未対応。
     rmファイルは何故か?MainConcept有意環境とHaali有意環境とで対応に差異があった。
     m2tsファイルは、Haali有意環境では未対応だった。一方、MainConcept有意環境では
     地デジTIDEJI_DR1以外は表示・再生可能だが、残念ながらPanasonicのHDC-SD9は再生出
     来ても映像が遅延して音声解離してしまう (;_;)
   CCCP導入環境での成績
   
自前のMainConcept有意環境で表示可能なファイルのうち、rmファイルとdivxファイルはサム
     ネイル表示も再生も出来なかった。

   
MPEG2-TSファイルは、H.264圧縮型m2tsもMPEG圧縮型m2tsいずれもサムネイル表示も再
     も出来ず、PanasonicHDC-SD9でHGモード撮影した動画を利用出来なかった Y (>_<、)Y

  追記(2008.11.04)
   自前M環境マイナーチェンジ環境

     対策Aホワイトブラウザの項参照)を講じると全てのm2tsファイルの利用が出来なくなってし
      まう
(;-;)
  
TAGIRI (v1.3.2)
  使用方法の詳細は、本家のこちらを参照。
  本ソフトは、Mitterツールバーと連携して動画をサムネイルとタグで快適に管理出来るとしてYou
    Tube、ニコニコ動画のユーザーには高い評価を得ているようだ。
  再生は同梱のTAGIRIプレーヤーが起動して実行される。
    通常の動画再生やシークバーでの再生位置の移動以外に、チャプター情報の字幕表示、動画
    の前後スキップ、独自コメントの付与、ポスターフレームの設定が可能。
  <結果>
    さまざまな形式の動画に対応しているというのだが・・・
   自前のMainConcept有意環境とHali有意環境とでは、対応状況に差異が大きかった。
    筆者が常用しているMainConcept有意環境では、マトモに対応しているのは flvのみで、 avi と
      mkvは読み込みが出来てもサムネイル表示が出来ない事が多かった。
     movとmp4は部分的に対応しているも、Xacti DMX-HD1000のmp4は再生可能だが、サムネイル
      表示は出来なかった。
     m2tsへの対応は絶望的だった・・・読み込み過程でしばしばソフトがクラッシュしてしまう!
    何故か?wmvとmpgは読み込みすら出来なかった。本家は mpgには GPL MPEG-1/2 Decoder
     の導入を推奨しているが、現在の動画編集・変換環境を崩したくないので深追いする事を諦め
     た。
    CCCP導入環境での成績
   
自前のHaali有意環境で表示可能なファイルのうち、H.264_AAC.mp4ファイルとMsMPEG4v2_MP3
      .aviファイルはサムネイル表示が出来なくなった。一方、DivX/XviD_MP3.avi/divxファイルは
      ムイル表示
が可能となった。
      何故かH.264_AAC.movファイルは読み込みすら出来なくなってしまった。

   
自前の環境では全滅だったMPEG2-TSファイルは、H.264圧縮型m2tsもMPEG圧縮型m2tsい
     ずれもサムネイル表示は出来ないが・・・再生は可能だった。


    
自作した通常のDVDはvobファイル未対応の為に再生出来ないが、AVCHD形式で作成したDVD
     ディク及びBDMV形式で作成したBlu-rayディスク上のBDMV\STREAMフォルダ内のm2tsファ
     再生は可能だった。
     
TAGIRIプレーヤーは、AVCHD, Blu-ray上のH.264ファイルでもコマ落ち無く映像描画にも
       題は認められなかった。
     

  
Windowsフォトギャラリー (v6.0.6000.16386)
   本ツールはVista付属の画像管理ソフトで、単数個サムネイル表示で動画管理も行えるが、正規の
   対応フォーマットは avi, mpeg, wmv/asfと少ない。
   自前のMainConcept有意環境ではvob, ogmにも対応となっていたが、Xacti DMX-HD1000の
    mp4には未対応だった。m2tsへの対応は絶望的だ。
    vobに対応しており、自作した通常のDVDディスク上のファイルの管理は可能だった。一方m2ts
     には未対応の為、AVCHD形式で作成したDVDやBDMV形式で作成したBlu-rayディスクの管理
     は不可。
   CCCP導入環境での成績
   
自前のMainConcept有意環境で表示可能なファイルのうち、mpeg2,vobファイルとogmファイル
     はサムネイル表示が出来なくなった。
    一方 mkvファイルとMPEG圧縮型m2tsファイルは、MainConcept有意環境は読み込みすら
     出来なかったが、CCCP環境ではサムネイル表示は出来ないが再生は可能となった。
     BDMV形式で作成したBlu-rayディスク上のm2tsの再生も可能となったが、著明なコマ落ち再
      生となってしまう!

   
mp4ファイルとH.264圧縮型m2tsファイルはサムネイル表示も再生も出来ず、Xacti DMX-HD1000
     及びPanasonicHDC-SD9由来の動画
をやはり利用出来なかった。
  
Picasa2 (v2.7)
  使用方法は、本家のこちらを参照。
   本ソフトは 、Web(ウェブアルバム、Gmail、Blogger)との関連性に優れた画像管理ソフト。
   動画管理ツールとしてはサムネイル管理、アルバム追加やスター付けによる分類と常時監視
    が可能だ。
   「ファイル」メニュー/「Picasaにフォルダを追加」をクリックすると、「フォルダマネージャ」が起動し
    て親切仕様のエクスプローラ 風ツリーでフォルダ内の動画管理が可能となる。
    自作した通常のDVDの他に、AVCHD形式で作成したDVDディスク及びBDMV形式で作成した
     Blu-rayディスク上のBDMV\STREAMフォルダ内のm2tsファイルの登録も可能だ。
(その際、
     「Picasaにフォルダを追加」ではディスクは認識されず、「Picasaにファイルを追加」:「すべて
     のファイル」表示で読み込みが可能となる)。
   再生は内蔵プレイヤーで実行される。
     コントロールバーを搭載しておらず扱い難いが、フルハイビジョンのm2tsでも全画面表示なら
     AVCHDのDVDではスムーズに再生可能だ。Blu-rayの場合は、少しギザギザした映像ブロッ
     クがみられる。
   右クリックメニューの「ファイルを開く」で、関連付けされている外部のプレイヤーでも再生させる
    事は可能だが、好みのプレイヤーを選択する機能は搭載されていない。
    ホワイトブラウザと同様に、HDD上のファイルならm2tsに関連付けされたWinDVD8で再生す
     る事が可能だが、ディスク上のm2tsファイルを再生させる事は出来ない
   サムネイル表示は単数個で、任意のシーンを選択する事は出来ない。
   <参考1>付加機能について
      動画を画像ファイルのように編集・調整・効果付けする事は出来ない。
      最初のフレーム写真をエクスポート出来るが、任意のスナップを保存出来る訳ではない。
   <参考2> 初回起動時に画像スキャンを強要されるが、この時点で任意のフォルダを指定出
      来ない!
   <参考3> 管理フォルダ内に隠しファイルPicasa.ini が作成されてしまうのだが・・・
  <結果>
   自前のMainConcept有意環境
    Xacti DMX-HD1000のmp4ファイルは、再生出来てもサムネイル表示は出来なかった。
    上記以外のmp4やwmv, mov, mpeg, avi は、読み込み出来ればサムネイル表示も可能で、
     白黒がはっきりしている。
    m2tsに対応しており、PanasonicのHDC-SD9はMainConcept有意環境では安定対応して
      いた!
   CCCP導入環境での成績
    
自前のMainConcept有意環境で表示可能なファイルのうち、movファイルは読み込みすら
      出来なかった。
    Xacti DMX-HD1000のmp4ファイルは、自前の環境ではサムネイル表示出来なかったが、
      CCCP環境では問題なく表示可能となった。
    なお、TIDEJI_DR1のm2tsファイルは 自前の環境では無声だったが、問題なく再生可能だ
      った。
  追記(2008.11.04)
   自前M環境マイナーチェンジ環境
    
対策Cホワイトブラウザの項参照)を講じると、mkvファイルのサムネイル表示は出来な
      いが読み込みと再生は可能とった。Xacti DMX-HD1000のmp4のサムネイル表示が
      可能となった。

 まとめ:カメラ撮影素材への対応について
Xacti DMX-HD1000でFull-HDモード撮影したMP4ファイルとPanasonicHDC-SD9でHGモード撮影
 したm2tsファイルの管理を目的に、各種動画管理ソフトの有用性を3つの環境で検証した。
ホワイトブラウザは多様なスキン外観も機能も魅力的で、筆者のMainConcept有意環境において
  両ファイルに対応してはいるが、PanasonicのHDC-SD9は不安定な対応で心もとなかった。
  CCCP導入環境では、PanasonicのHDC-SD9も安定的にサムネイル表示が可能だった!
 
追記(2008.10.31)
  自前のMainConcept有意環境で利用されるInterVideo Video Decoder(v8.0.9.489)が悪いの
   であろう。
  自前のHaali有意環境で使用したHaali Media SplitterはCCCPと同じだが、ffdshow tryouts の
   ージョンは r1685 2007-12-06であり、CCCP同梱の ffdshow: r2133 2008-09-17に比べ
   く、H.264ないしAC3デコーダが悪かったのであろう。
  そこで、対策Aの新ffdshow r2265を導入したら不安定な対応は解消した \(^.^)/  
Area61 ビデオスキャンLiteは、両ファイルに(PanasonicのHDC-SD9はUAC無効環境では不安
  定ながら)対応 しているが、ファイル名を表示出来ないのは解せない。
  CCCP導入環境では、PanasonicのHDC-SD9も安定的にサムネイル表示が可能だった!

 
追記(2008.10.31)
  自前の環境で上手く行かなかった不具合はホワイトブラウザと同じ対策で解消出来た\(^.^)/
TMPGEnc KARMAは動画の管理を楽しめる。MainConcept有意環境では両ファイルに一応対応
  しているが、PanasonicのHDC-SD9は再生出来ても映像が遅延してしまう。

  CCCP導入環境では、PanasonicのHDC-SD9はサムネイル表示も再生も出来なかった (;_;)
 
TAGIRI は、MainConcept有意環境ではFLV以外は全くと言っていいほど使い物にならず両ファイ
   ルには未対応だった。

  CCCP導入環境では、PanasonicのHDC-SD9の読み込みは可能となったが、サムネイル表示
   やはり出来なかった (;_;)
 
Windowsフォトギャラリーは、両ファイルには未対応だった。
  CCCP導入環境で
もやはり
両ファイルを利用出来なかった (;_;)
Picasa2はPanasonicのHDC-SD9には対応しているが、Xacti DMX-HD1000のmp4のサムネイル
  表示が出来ない。サムネイルは単数個で動画管理ツールとしては魅力に欠ける。

  CCCP導入環境では、両ファイルを問題なく利用可能だ
\(^.^)/

  自前のH環境でXacti DMX-HD1000のファイルのサムネイル表示が出来なかったのは、ffdshow
   のH.264コーデックが古かった為だった。

 結 論
1)ホワイトブラウザは多彩な動画形式に対応可能で、高機能かつ操作性の良い設計となっており、
 快適に動画の管理が可能だ。
 欠点は、Blu-rayディスクのファイル管理を行えない事、静止画キャプチャ機能が未搭載(利用する
  プレイヤーに依存)の事ぐらいだ。
 動画/画像管理ソフトの仕様比較
動画/画像管理ソフト
(バージョン)
動画管理ソフト
画像管理ソフト
ホワイト
ブラウザ
(0.6.1.0)
Area61
ビデオ
スキャン

Lite
(3.8.2)
TMPGEnc
KARMA
(0.0.4.45)
TAGIRI
(1.3.2)
Windows
フォト
ギャラリー

(6.0.6..)
Picasa2
(2.7)
 再生プレイヤー
外部
例えばMPC
Homecinema
付属の
Area61ビデ
オブラウザ
内蔵
同梱の
TAGIRI
プレーヤー
内蔵
内蔵及び
関連付け
Playerで可
 付属再生プレイヤーのフルハイ
 ビジョンH.264圧縮動画の映像
 描画能
*1
→結論2)
を参照
100%表示
なら良好
全画面表
示なら
ホドホド
優秀
著明な
コマ落ち
で劣悪
全画面表
示なら
マズマズ
 サムネイルの数/ファイル
複数個
等間隔,ランダム
複数個
等間隔
単数個
複数個
15秒,5分毎
単数個
単数個
 途中からの再生の可否
×
×
×
 サムネイルの任意選択
×
×
×
 管理フォルダの監視機能

ソフト起動時

ソフト起動時

ソフト起動時

常時監視

ソフト起動時

常時監視
 ディスク
 上の動
 画管理
 
通常のDVD
×
Full版は
 
AVCHD型DVD*2
×
Full版は

サムネイル
表示不可
 
BDMV型Blu-ray*3
×
×
Full版は

サムネイル
表示不可

サムネイル
表示不可
 データベ
 ース化
 機能
 
 
タグ情報での分類

タグ
×

タグ

タグ

タグ

アルバム
 
レーティング評価分類

5つ星
×

カラーラベル
×

5つ星

星印
 
検索機能
×
 スキンの選択
×
×
×
×
×

 おまけの付加機能
YouTube等の
動画サイトか
らのダウンロ
ード機能
ビデオブラ
ウザで、静
止画連写
キャプチャ
機能
TileShot
CREATOR
で、連番ア
ニメーショ
ン作成機能
テレビ番組
録画。
Mitterツー
ルバーと
連携機能
Windowsム
ービーメー
カー、DVD
メーカーと
連携機能
  ×
(動画用
 には付
 加機能
 は無し)
   画像管理ソフトは、動画管理ツールとしての使用に限定して記載
   *1)モニターは、フルハイビジョンの液晶テレビを使用(24型ディスプレイを所有していない為)
   *2)AVCHD型DVD:HD WriterのAVCHD(H.264_AC3)形式で作成したDVDディスク
   *3)BDMV型Blu-ray:Ulead VideoStudio 12 PlusのBDMV(MPEG2_AC3)形式で作成し
        たBlu-rayビデオディスク
2)ホワイトブラウザは外部の再生プレイヤーを自由に使用出来る事も利点なのだが、現在の処
  m2tsファイルの再生が可能な(再生を可能に出来る)フリーのプレイヤーは、残念ながら
  フルハイビジョンのH.264圧縮動画の映像描画に問題のあるものばかりだ。
  即ち、フルハイビジョンのH.264圧縮動画を再生すると動作の速いシーンでは、
    Area61ビデオブラウザ<Windows Media Player<VLC media player≦Media
    Player Classic Homecinema
の順に映像ブロックがギザギザとぎこちなく描画され、
    荒く劣悪なものとなってしまう。
  従って、HDD上のm2tsファイルを管理するならスムーズ再生が可能なWinDVD8で、ディスク
   上のファイルなら Area61ビデオブラウザを導入して視聴するのが最善の策だ。
3)ホワイトブラウザ一般的に導入されている動画再生をメインにしたCCCP導入環境で使用す
  れば、idx+sub字幕付きXviD_MP3.avi以外はトラブル事なく利用可能だ。
4)自前のMainConcept有意環境ホワイトブラウザを使用する場合は、H.264圧縮型m2tsファ
  イルとmkvファイルを上手く利用出来なかったので、マイナーチェンジ(前者には新ffdsowの導
  入を、後者には ffdshowのDivX,Xvid有効化+Haali Media Splitterの再インストール)をする
  必要があった。
  しかし新ffdsowの導入によりTMPGEnc KARMAm2tsファイルの利用が出来なくなって
  しまった?
5)今回当初た自前のMainConcept有意環境こちらを参照)は、
  Elecard MPEGPlayer(v4.0.3.60412)と Haali Media Splitter v1.7.62.21(v1.8.122.18
  旧ffdshow(tryouts 07.12.06の r1685)とWinDVD8:InterVideo Video Decoder(v8.0.9.489
  の組み合わせ及び一部メリット値の更で、MPEG2MPEG2-TSの編集・変換環境
  構築して来た筆者独特のものだ。
  今後、マイナーチェンジした環境が各種動画編集・変換ソフトに及ぼす影響について再検証
 が必要となっMainConcept MPEG Demultiplexerの有用性...を参照)
追記(2008.11.04)
 筆者が常用している動画編集・変換ソフトについて、マイナーチェンジが及ぼす影響を検証して
 みたところ、結果
以下の如くむしろ好転していた。
   ATI Avivo Video Converter1.12では新ffdshowのH.264が改善された為かXacti DMX
    -HD1000のMP4ファイルの利用が可能となった \(^.^)/

   H264TS_Cutter111Betaでは、ビデオデコーダが InterVideoから新ffdshowのH.264に変更
    された為か PanasonicHDC-SD9のm2tsの利用が問題なく可能となった
\(^.^)/
   DVDforger 0.6.1でも、両ファイルの利用が問題なく可能となった \(^.^)/
   Easy RealMedia Producer 1.94NSV Batch Encoder 4/19/03
   
ビデオデコーダが InterVideoから新ffdshowのH.264に変更された為か、PanasonicHDC-
    SD9のm2tsの拡張子を.tsにリネームする必要なく利用が可能となった
\(^.^)/
   その他:下記のソフトはXacti DMX-HD1000のMP4、PanasonicHDC-SD9m2tsやMPEG2
    従来利用状況に影響はみられなかった。
     Corel Ulead VideoStudio 12 Plus、TMPGEnc 4.0 XPress, TMPGEnc Plus2.5
     Windowsムービーメーカー 5.1、AviUtl 0.99c2
     MPEG Streamclip 1.2、UnitMovie 2.11
     RipBot264 v1.10.3
   MPEG-4 AVC/H.264動画の再利用...」、「MPEG2-TS動画の解析、再生と再利用...」におい
    討した上記以外のソフトについては、後日検証してみたい。


| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |