FLV動画のWindows用再生ソフト

FLV動画のWindows用再生ソフト
 
Flash Video、Flashムービー再生ソフト及び総合Flash制作ソフトは、Flash動画のWeb受信が可能か?
(2006.01.09独立 ,06.09.12更新)
Webブラウザ上で、Flashを利用した動画を配信する方式には、Flashムービー(拡張子swf)とFlash Video
(拡張子flv)の2種類の形式がある。
 SWF は、圧縮された動画をタイムラインに読み込んだもので、Webアニメーションで汎用される形式。
 FLV は、Flash独自のビデオフォーマット形式で、最近GoogleVideoが採用したことで話題になっており、
動画配信の多くは、FLV 形式が採用されている。
なお、映像圧縮には、Sorenson Spark H.264/FLV1とOn2VP62/FLV4とが汎用されており、画質は後者
の方がはるかに良い。
音声圧縮はいずれもMP3が使用されている。
現在のところ、Flash動画はWebブラウザに埋め込んだ方式で配信されている。しかし、近い将来には
独立再生形式も採用されることが期待される。それには再生プレイヤーの進化を必要とするのだが・・・
はたして現在利用可能なStandAloneTypeのプレイヤーは如何な物か?
 Flash Video(FLV)再生プレイヤー
Riva FLV Player 01.0: 単独でも入手可能だが、Riva FLV Encoder2.0に付属するものと同じ
    もので、Sorenson_MP3.flv(FLV1)の再生は可能だが、On2VP6圧縮(FLV4)には未対応。
MVKFLV 1.7: On2VP6にも対応。表示画面は480x360に制限される。
Wimpy FLV Player1.1.0.26: On2VP6に対応しているが、表示画面は320x240に制限される。

上記 3プレイヤーはいずれも、ネット上のFLVファイルの再生には対応していない。

VLC Media Player(Ver0.84)、 MPlayer GUI (20051221)と Media Player Classic
  
(6.490:FLV1コーデック存在下)や
  FLV1ないし vp6.exe+FLV Splitter存在下では、DirectShowフィルター対応のプレイヤーでも再生可能
   となった(下記「二種類のFLV Splitterを共存させる方法」を参照)。
  Webブラウザに連動して自動起動可能だが、Faststartストリーミング再生は出来ない。
FLVP1.24: On2VP6にも対応している。
    但し、Flash Player8がインストールされ、
    InternetExplorer上でFLVの再生可能な環境
    が必要。
    表示画面は、再生開始時 320x240だが自由
    に拡大縮小出来る。
    フルスクリーン表示も可能。
    metaデータのないシネスコサイズでは、縦横
    比が反映されない。
    Webブラウザに連動して自動起動可能だが 、
    Faststartストリーミング再生は出来ない。
<Web上の「Sorenson_MP3.flv」ファイルの再生テスト>
  
リンク先 http://kakonacl.dip.jp/idiskmir/flvideo/soren_riva.flv
 1)FLVファイル(4.42MB)上リンク先から保存(ダウンロード)して、VLC media player又は
  MPlayerGUI
又はFLVPに関連付けして下さい。
 2)再度、リンク先をクリックしてブラウザ上で開いて下さい。
  →いずれのプレイヤーも、ダウンロード完了後でないと再生を開始しない。
FLV Player1.3.3: On2VP6にも対応して
    いる(但し、Flash Player8がインストール
    され、Internet Explorer上でFLVの再生
    可能 な環境が必要)。
    表示画面は、自由に拡大縮小出来る。
    ビデオ情報(サイズやデータレートなど)
    の表示が可能(但しCodec情報無し)。
    url入力でWebサーバからのストリーミング
    再生は可能。残念ながらブラウザに連動
    して自動再生出来ない。
<Web上の「VP6_MP3.flv」ファイルの再生テスト>
A) ブラウザ上テスト:http://kakonacl.dip.jp/idiskmir/flvideo/vp6_flash8.flv
  1) FLVファイル(4.74MB)を上リンク先から 保存(ダウンロード)して、FLV playerに関連付け
    して下さい。
  2) 再度、リンク先をクリックしてブラウザ上で開いて下さい。
 結果:FLV Playerは起動するが、再生しない。
B) URL入力テスト:下記アドレスをFLV Playerのurl 欄にコピー&ペーストし [open] して下さい。
      http://kakonacl.xsrv.jp/violence/aeonflux/swf/aeonflux.flv
 結果:Faststartストリーミング再生が可能だ。


参考:Flash Video(FLV)ファイルのアイコン
関連付け
無し
Riva FLV Player01.0
FLV Player1.3.3
アイコン


 DirectShowフィルター対応プレイヤー
FLV SplitterとffdshowのFLVデコーダが利用可能となり、DirectShowフィルター対応プレイヤー
(Windows Media Player:WMPなど) でも再生することが可能となった(対応するプレイヤーは 、
Windowsの動画再生ソフト」を参照)。

 「二種類のFLV Splitterを共存させる方法」は、 
  →
「FLV Splitterを用いてFLVをWMPで再生」に変更して独立しました。  こちらを参照。



 Flashムービー(SWF)再生プレイヤー
SAFlashPlayer8
   
Macromedia社Flash8製品などに付属しているStanndAloneプレイヤー。
    本家から無料配布されていない。→筆者の保管庫:ここから (SAFlashPlayer.exe;1.50MB)入手。
    タイムバーなどの制御ボタンはなく使い難いし、ネット上のファイルには未対応。
Zoom Player Standard4.51 Media Player Classic6.490
   Flash Playerがインストールされている環境下では、 SWFファイルをローカルで再生出来る
    (Windowsの動画再生ソフトを参照)。
   ネット上のSWFファイルの場合にはZoom PlayerURLオープンメニューが用意されているが、
   Standard版では
対応していない?
FlashPlayerEx 0.99 (今回はFlashPlayerEx Ver0.99 Beta-05 Test 5を使用)
    無料のWindows用Flashプレイヤーであるとともに、簡便なFlashコンテンツ専用のダウンローダ。
入手先は:ここから ダウンロード。
 注意:Norton Internet Securityのリファラを許可にしないとDL画面に入れない場合がある。
 動作には、Flash PlayerとDirectX6.0以上の環境が必要。
StandAlone
SWFプレイヤー:
 ・プレイリストを使
  えば、複数の
  Flashファイルの
  連続再生が可
  能。
 ・静止画像のキ
  ャプチャー機能
  もある。
 
InternetExplorer上のFlashムービーの視聴と保存:
  オプションの「起動」タブで設定すれば、
  IEの右クリックメニューでリンクから再生することや、ページ
  に埋め込まれたSWFファイルを表示中に抽出して本ソフトで
  再生することが可能となる。
  また、ファイルの保存でダウンロードすることも可能。

  ネット上のSWFムービーの直接再生:
  ファイルメニューの「URLを開く」でURLを指定すればブラウザ
  を起動しなくても直接SWFムービーを再生することも可能。
*配信元アドレスの解析機能:
   IE以外のSleipnir2.3, Netscape7, Opera8.5でもブラウザで
   ページを表示しておけば、ファイルメニューの「ブラウザから
   開く」を実行すると、自動的にアドレスを解析することが出
   来る(但し、Firefox1.5, Netscape4.7では失敗する)。
残念ながら、Faststartストリーミング再生には対応していない。
<IEの右クリックメニュー>
DV 0.76a ここから入手
   DirectShow/RealMedia/Flash/DVDに対応したマルチメディア
   プレイヤー(但し、OGM/MKVには未対応)。
   Flash Playerインストール環境下では、ローカルのみならずネッ
   ト上のASF/RM/SWF
ファイル
の再生も可能。
    ・オプションの「設定」タブ
     で IEの右クイックメニュ
     ーに登録出来る。
    ・ファイル操作メニューの
     「URLを開く」でネット上
     のファイルを直接再生
     出来る。
    しかも、Faststartストリー
    ミング再生が可能という
    優れものだ!
   但し、FlashPlayerExのようなSWF抽出機能、URL検出機能や保存機能はなく、一時停止/
   再生再開が出来ない。ネット上のSWFファイルではサイズを変更をすると、画面内のコンテキ
   ストメニューがFlash Playerに変わってしまうなどの不具合がある



参考:Flash ムービー(SWF)ファイルのアイコン
関連付け
無し
SAFlashPlayer8
FlashPlayerEx0.99
アイコン

総合Flash制作ソフト 追記(2006.03.08)
FREE MOTION 1.0 (有料:ダウンロード版なら 5,480円) ここから購入
   
収集・解析機能を備えた総合Flash制作ツールで、LAME、ffmpeg、CxImage を利用している。
    本ソフトの特徴的な機能は、元の FLAファイルを使用しなくても、SWFファイルを読み込んで解析
    し、再編集して新しい SWFファイルとして書き出せる点にある。
    しかも、Web上のSWFファイルを簡単に収集出来る機能を有しているという優れものだ。
    本ソフトをインストールすると Internet Explorer に「Namo SWF Catcher」がアドオン登録される。
    ブラウザ上にFlashムービーが表示された段階でこれを実行すれば、Faststart再生によるプレビ
    ューとHDDの指定した場所に保存することが出来る。ダウロード完了後には直ちに、FreeMotion
    へのインポートが可能となる。
 結果
   I. FREE MOTION は、
    1) 職人技で作成されたSWFファイルを改造出来てしまう脅威のソフトだ。
      しかし、対応Flashバージョンは 6,7となっているが、VP6圧縮のみならず、Soren圧縮SWF
      ファイルも利用出来ない(Soren圧縮FLVのFlashムービーへの変換は可能なのに・・・)。
     →Flash Creatorフラクリとの優劣については、筆者は経験ないので不明?
    2) 動画ファイル(MPEG、WMV、AVI、MOV、RM、FLV)をFlashムービー(SWF)に変換可能。
       該当するコーデック類を必要とするが、SVQ3_QDM2.mov、VP6_MP3.flvには未対応。
       何故か?残念ながらMPEG2ファイルを変換出来ない。
       なお、VOB、MP4、OGM、MKVやNST形式はサポートしていない。
     →フリーウェアのSUPER cの方が優秀だ(ここを参照)。
    3) Flash Video(FLV)への変換機能は搭載していない。
     →フリーウェアのRiva FLV Encoderで可能だ(ここを参照)。

   II.Namo SWF Catcherは、
    1) FlashPlayerExと同様に、JPEG/Soren_MP3.swfのみならず VP6_MP3.swfファイルを抽出・
     
保存すること可能だ。
    2) DVと同様に、FlashPlayerプラグインインストール下ではFaststart再生可能だが、タイムバー
      などの制御ボタンはなく、Flashムービー再生プレイヤーの代用にはならない。


<Web上のFlashムービー(SWFファイル)の再生と保存テスト>
A) URL入力のよる再生テスト:
  FlashPlayerEx 又はDV のURL欄に下記アドレスをコピー&ペーストして開いて下さい。
        http://kakonacl.dip.jp/idiskmir/flvideo/soren_super.swf
  FlashPlayerExでは、IE, Sleipnir2.3, Netscape7, Opera8.5を起動してこのページを表示し
    ておけば、[ファイル]/[ブラウザから開く]を実行すると、自動的にアドレスを解析し直ちに開
    ける状態にすることが出来る。
B) InternetExplorer, Sleipnir上でテスト:
  1) FlashPlayerEx又はDV で再生:このリンク先を右クリックして「FlashPlayerExで再生」又
     は「DVに送る」を選択して下さい。
  2) FlashPlayerEx 又はFREE MOTION
で抽出・保存:  (1)ここから 又は (2)こちらか
     ブラウザ植え込みページへ入って指示に従って下さい。

結果

  1) FlashPlayerExでは、ムービーのダウンロード完了後にしか再生出来ないが、DV及び
    FREE MOTIONではFaststartストリーミング再生が可能。
   *FlashPlayer-Pluginは、Faststart再生が可能。
  2) FlashPlayerExFREE MOTIONJPEG/Soren_MP3.swfのみならずVP6_MP3.swfファイ
    保存が
可能。
   *FreeMotionへのインポートはJPEG_MP3.swfでは可能だが、Soren_MP3.swfファイルは
     何故か?音声のみ取り込み可能又はクラッシュしてしまう。VP6_MP3.swfには未対応。
  3) FlashPlayerExDV も SWFに関連付けをしておいても、Webブラウザに連動してプレイヤ
    ーを自動起動させることは出来ず、ブラウザ上でFlashPlayerにより再生されてしまう。

結語何故、本家のMacromedia→Adobe社はMac版も含めたFLV Playerの開発・無料配布をしない
     のだろうか・・・時期尚早? Webデザインで勝負か
追記: 2008/04/09日遂にAdobe社は、FLV動画対応メディアプレイヤー
  Adobe Media Playerの正式版v1.0を公開した(現在のところ英語版のみ)。
  対応ファイル形式は、FLV1,FLV4以外にMPEG-4 AVC/H.264(H.264_AAC.mp4)やMOV,3GPなど。
  ウェブキャストとしての使用に主眼を置いており、ローカルプレイヤーとしての使い勝手は良くない。


| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |