FLV Splitterを用いてWMPでFLVを再生
MPC-FLV Splitter±On2 Technology社FLV Splitterの有用性
(2006.10.30作成, 10.03.05更新)
    FLV(多分FLash Videoの略) は、Flash独自のビデオフォーマット形式で、
   映像圧縮_音声圧縮には、Sorenson Spark H.263_MP3.flv(FLV1動画と云う)とOn2VP6(VP6F)_MP3.flv
    (FLV4動画と云う)とが主に使用され、後者の優位性はニコニコ動画で有名となった。
   その後、YouTubeでH.264/AVC_AAC.mp4(即ち、MPEG-4 AVC/H.264)形式が採用されて話題となり、
    巷では"FLV5"と呼ぶようになってFLV動画の簡易命名方法に混乱を招いてしまった。
     筆者も以前、Flash Player9.0.115以降がMPEG-4 AVC/H.264(H.264_AAC.mp4)にも完全対応した時に、
    このファイルをFlashPlayer再生方式で提示する場合に間違って呼称していた(例えばこちら) (;>ω<)/
    しかし、映像がH.264/AVCで圧縮されたFLVを"FLV5"と呼ぶ理由はなく、On2 VP6 with Alpha Channel
    で圧縮されたものを正規のFLV5動画とすべきであろう(こちらの解説を参照)。
   FLVコンテナに格納出来る映像は、JPEG , Sorenson H.263, Screen video, On2 VP6, On2 VP6 with
     alpha channel, Screen video version 2, H.264/AVCで、
    音声は、Linear PCM, ADPCM, MP3, Nellymoser, logarithmic PCM, AAC, Speex, MP3, Device-specific
     soundなど多岐に及ぶ(Video File Format Specification Version 10)。
   それらのうち汎用されている圧縮形式は、MPEG-4 AVC/H.264は論外として FLV1, FLV4と最近話題の
    H.264/AVCで圧縮されたFLV(H264_AAC.flv)となっている。
   FLVはWebブラウザにおいてプラグインとしてFlash Playerで再生するように開発されたのだが、
   FLVを再生出来るStandAloneTypeのプレイヤーには、専用のプレイヤーが有り(ここを参照)、再生可能な
    コーデック内臓のマルチメディアプレイヤーも多い(Windowsの動画再生ソフト」を参照)。
 
   一方、DirectShowフィルタ依存のプレイヤー(Windows Media Player:WMPlayer, 「DV」プレイヤー 等)

    でFLVを再生させには、FLVスプリッターと映像・音声デコーダを別途用意する必要があるのだが、全て
    FLVに対応したFLVスプリッターを入手出来ないのが現状だ(「さまよう金の髭」さんの解説を参照)。
   今回、2006年に作成した下記の記事以降のFLVSplitter(MPC-FLV SplitterとOn2 FLV Splitter)も用
    て、WMPlayerによる各種FLV動画の再生能を検証してみた。
   検証環境:
    Intel Core 2 Quad Q6600(2.40GHz)、DDR2(PC2-6400): 実質メモリ 6GB、GeForce9600GT(VRAM
     512MB)
の自作 パソコンで、
    64ビット版Windows 7環境の32ビット版WMPlayer 12.0.7600.16415で検証した。
 
  方法
   A)FLVスプリッターの64ビット版Windowsへの導入
    今回は、各種スプリッターを有効・無効にする必要があったので、.batファイルでレジスト・アンレスト
    るようにした(通常は「ファイル名を指定して実行」でレジストリ登録すればよい)。
    I. FLV Splitter 1.0.0.1060320):Guliverkli
       flvsplitter_20060320.7zを解凍、Release Unicodeフォルダ内のFLVSplitter.ax
    II. Flash Video decoders 1.0.0.1060504):VP62.zipを解凍、FLVSplitter.ax
       このスプリッターはFLV Video Decoderも内臓している。
    III. MPC-FLV Splitter 1.3.1249.0(2009.8.26 )
      MPC-Standalone Filters.1.3.1249.0.(x86).zip を解凍、パッケージ内のFLVSplitter.ax
      <注意>64ビット用のMPC-Standalone Filters.1.3.1249.0.(x64).zipではない。
    各々のFLVSplitter.axを、I. FLVSplitter_FS.ax、II. FLVSplitter_FVD.ax、III. FLVSplitter_MPC.axとリネー
     して、
      C:\Program Files (x86)フォルダ内に作成しておいたFLVSplitterフォルダにコピーする。
     次に、各々のスプリッターに対応したレジストリ登録用の".batファイル"をメモ帳で作成。
      I) FS.bat(FLV Splitter 1.0.0.1由来FLVSplitter.ax登録用バッチファイル):
          regsvr32.exe "C:\Program Files (x86)\FLVSplitter\FLVSplitter_FS.ax"

      II) FVD.bat(Flash Video decoders由来FLVSplitter.ax登録用バッチファイル):
          regsvr32.exe "C:\Program Files (x86)\FLVSplitter\FLVSplitter_FVD.ax"
      III) MPC.bat(MPC-Standalone Filters由来FLVSplitter.ax登録用バッチファイル):
          regsvr32.exe "C:\Program Files (x86)\FLVSplitter\FLVSplitter_MPC.ax"
     そして、右クリックし「管理者として実行...」をクリックしてレジストリへ登録する。
       登録されると、”C:\Program Files (x86)\FLVSplitter\FLVSplitter_....axのDllRegisterServerは成功
      しました”とメッセージされる。

     <参考1>登録したレジストリからのアンインストール:
          regsvr32 -u "C:\Program Files (x86)\FLVSplitter\ファイル名.ax"と入力して「OK」する。
     <参考2>これら三種類のスプリッターを並列してレジストリ登録する事は出来ないが、 II の
       FLVSplitter.ax ( FLVSplitter_FVD.ax)のFLV Video Decoderは、他のスプリッターをジストリ登録し
       ても無効化されていないので注意が必要。
       下記「2006年10月の記事」で用いた共存させる方法は配置させるだけの方策の誤り
 
    IV. On2 FLV SplitterOn2 Technology社のFLV Splitter)
       flvsplit.dll(On2 FLV Splitter)flvdecvp6.dll(On2 FLV VP6 Decompressor)導入。
     (a)On2 Technology社の体験版On2 Flix Pro又はOn2 Flix Engineをインストールする方法
       エンコーダ本体は30日経つと起動出来なくなるが、FLV再生用のDirectShowフィルタはそのまま
       使用可能、との事だ。
     (b) FLV再生用のファイルだけを DirectShowフィルタとして登録する方法(こちらを参照)
       flvsplit.dllの入手
        ttp://lostware.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/lostware0088.zip (2008.07版)
       flvdecvp6.dllの入手
        ttp://lostware.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/lostware0087.zip (2008.07版)
      <インストール手順>
       各々を解凍後、flvsplit.dll flvdecvp6.dllを C:\Windows\SysWOW64にコピーする。
       次に、各々のフィルタに対応したレジストリ登録用の".batファイル"をメモ帳で作成。
        1)On2 FLVSplitter.bat
          regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\flvsplit.dll
        2)On2 Video Decoder.bat
          regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\flvdecvp6.dll
       <参考1>登録したレジストリからのアンインストール:
             regsvr32 -u C:\Windows\SysWOW64\ファイル名.dll
       <参考2>32ビットOSでは :\Windows\System32にコピーして、SysWOW64System32に置き
           換えてレジストする

      今回は、(B)の方法で導入した。
 
    最終的には以下のジストリ登録用とアンレジスト用バッチファイルを作成して、各々のFLVスプリッタ
    ー・フィルタの有効性について検討した。
 
 
   B)ffdshowの設定
    今回は、ffdshow-tryouts revision 3200(2010.01.08)を使用した。
     ビデオデコーダの設定:FLV1とVP6FとH.264/AVCを libavcodecsで有効又は無効にする。
     オーディオデコーダの設定:AACを libfaad2にする。
    但し、Windows 7では以下の処理をしないとffdshowのH.264/AVC, AACの設定が有効にならない!
     Windows 7の場合は、Preferred Filter Tweaker for Windows 7 を用いて、OSレベルで保
     護され優先的に利用されるWindows 7本来のデコーダを ffdshowへ変更しておく必要がある。
      なお、MP3デコーダはMicrosoft純正の MP3 Decoder DMOを使用した。
     →「Preferred Filter Tweaker for Windows 7の有用性」を参照。
   C)素材
     下表の変換・作成ソフトで出力したFLV動画(これらは、こちらの保管庫にあります)。
 
  成績:以下に、32ビット版WMPlayer 12 による再生の可否を表示した。
     *64ビット版WMPlayer 12 による再生には、MPC-FLV Splitterのみ入手可能(下記補足参照)。
      MPC+On2:MPC-FLV SplitterとOn2 FLV Splitterの共存環境。FLV4動画の再生はこの表では
          ffdshowVP6Fを無効として、FLV VP6 Decompressor(flvdecvp6.dll)が利用されるように
           した(両デコーダの差異は、下記の結果2-2)を参照)。
 
.....
FLV Splitterの種類(由来)
WMPによる再生の可否
FLV Splitter
Flash Video
decoders
MPC-FLV
Splitter
On2 FLV
Splitter
MPC
+On2
1)FLV1(Sorenson H.263_MP3.flv)の再生
ffdshowのFLV1設定
無効
有効
無効
有効
無効
有効
無効
有効
有効




 Riva FLV Encoder2.0
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
 SUPER c v2006,b19 (備考A)
×
×
何故か
×
×
何故か
×
×
何故か
×
×
何故か
×
何故か
 MediaCoder v0.39
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
 ffmpegX0.0.9w
×
×
×
×
 Flash8でSorenson圧縮
2)FLV3(Screen Video_MP3.flv)の再生:適当な映像デコーダが見つからない

 XMedia Recode 2.1.8.4 (備考B)
×
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
3)FLV4(On2VP6_MP3.flv)の再生
ffdshowのVP6F設定
無効
有効
無効
有効
無効
有効
無効
有効
無効




 Simple Mencoder Shell GUI
 1.0.2.2
×
音声のみ
×
音声のみ

参考1
×
音声のみ

参考2
 Mencoder_VP6Set
 Flash8でVP6圧縮
4)FLV5(On2VP6A_Non.flv)の再生
ffdshowのVP6F設定
無効
有効
無効
有効
無効
有効
無効
有効
無効
 Flashback(株)の
  サンプルFLV

WMPlayerで再生
×
×
α無視
参考1
α無視
×
α無視
クラッシュ!
参考3
 同上FLV
  (備考C)

「DV」プレイヤー
で再生

参考2

参考2

参考2
5)H.264/AVC圧縮型FLVの再生

ffdshowのh.264/AVC設定
 XMedia Recode で作成
無効
有効
無効
有効
無効
有効
無効
有効
有効
 H264_MP3.flv (備考D)
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ
×
音声のみ

参考4
×
×
×(;;)
結果3)
 H264_AAC.flv (備考D)
×
×
×
×

参考4
×
×
      <備考>自前のコーデックを内蔵するプレイヤーによるFLV動画の再生
       備考A:FLV1動画(Sorenson H.263_MP3.flv)の再生
           以下の自前のコーデックを内蔵するプレイヤーは、 SUPER cで作成した場合も含め全
           てのFLV1動画の再生が可能となっている。
            FLV Player 2.0.25及びRealPlayer Sp、Winamp 5.56、MPC HomeCinema 1.3、
            GOM Player 2.1.23、VLC media player 1.0.3、SMPlayer 0.6.9、KMPlayer 2.9.4、
            SPlayer 3.4
       備考B:FLV3動画(Screen Video_MP3.flv)の再生
            FLV Player 2.0.25及びRealPlayer Sp、Winamp 5.56、VLC media player 1.0.3、
            SMPlayer 0.6.9で再生可能だが、
            MPC HomeCinema 1.3、KMPlayer 2.9.4、SPlayer 3.4では音声のみで、GOM
            Player 2.1.23では再生出来ない。
       備考C:FLV5動画(On2VP6A_Non.flv)の再生
            FLV Player 2.0.25及びRealPlayer Sp、MPC HomeCinema 1.3、SMPlayer 0.6.9、
            KMPlayer 2.9.4、SPlayer 3.4で可能だが、VP6Aのアルファチャンネルをサポートして
            いるのか定かではない(結果2-1)を参照)。
            GOM Player 2.1.23はOn2 FLV Splitter存在下ではDirectShowフィルタ経由で再生
            可能となるが、Winamp 5.56とVLC media player 1.0.3は再生不可。
       備考D:H.264/AVC圧縮型FLVの再生
           備考AでFLV1動画の再生が可能と記載したプレイヤーは、H.264_MP3.flv 及びH.264
            _AAC.flv いずれの形式にも対応出来ている。
    <参考>得られた成績の解釈
     何故か:SUPER cで作成したFLV1動画の再生
         32ビット版WMPlayerや「DV」プレイヤーで再生させる事が出来ない理由が不明だ(今回は
         ffdshowのMPEG2を無効に設定している・・・旧記事参照)。
          一方、Windows 7の64ビット版WMPlayer12.0では、64ビット用MPC-FLV Splitterの導入
         により、SUPER cで作成した場合も含め全FLV1動画の再生が可能だった(補足で検証)!
     参考1:Flash Video decoderは、On2VP6のデコードが可能なFLV Video Decoderを内蔵しており、
         ffdshowが有効でない時はこれで映像はデコードされる。
     参考2flvdecvp6.dll(On2 FLV VP6 Decompressor)は、On2VP6のデコードが可能なコーデック
         で、On2VP6A映像に対してはffdshowのVP6Fが有効な時でもこれで
デコードされる(

        参考)。
         *ffdshowのVP6Fデコーダは、VP6Aにも有効と表示されているが優先度は劣等だ。
     参考3スプリッターを On2 FLV Splitterにすると、FLV5動画のWMPlayerによる再生では何故か
         Windows 7のWMPlayer12はフリーズしてしまう。 VisatのWMPlayer11は再生出来い。
         一方、WindowsXPのWMPlayer10と6.4では再生可能だ。

         なお、DirectShowフィルタ依存の「DV」プレイヤーではWindows 7環境でも再生可能だ。
     α無視FLV5動画に格納されているアルファチャンネル(透明度情報)は、On2 FLV Splitter
          外のスプリッターはFourCC=FLV4として振り分けを行なうため無視して処理される。
     参考4:筆者の環境ではH.264/AVC圧縮型FLVの再生において、MPC-FLV Splitter存在下では
         ffdshowが無効な場合でも、H.264/AVCデコーダとして PowerDVD8由来のCyberLink
         H.264/AVC Decoder(PDVD8)が利用されて再生可能となっている。
  結果及び考察
   1)MPC-FLV Splitterは、H.264/AVC圧縮型FLV動画にも対応しており、最早FLV SplitterやFlash
     Video decodersを使用する意義は薄れた(下図はH.264_MP3.flv動画の再生過程)。
 
    <注意>H.264/AVC圧縮型FLV動画では、VSFilter (DirectVobSub)の設定でGeneralのLoading
       をAlways loadにしていると、映像の描画が出来なくなってしまう
(下図は、EGGVista環境)!
 
   2)On2 FLV Splitterは、高性能のVP6デコーダ(flvdecvp6.dll:On2 FLV VP6 Decompressor)を
     利用出来、アルファチャンネル(透明度情報)付VP6Aデコードも可能と云う。
    2-1)FLV5動画On2 VP6A_Non.flv)の再生
      アルファチャンネル付きFLVのサンプルをフラッシュバック(株)製品紹介ページから入手して、
       MPC-FLV Splitter+ffdshow(VP6F)経由での再生と比較てみた、その違いは判然としない
 
On2 FLV Splitter
+FLV VP6 Decompressor
「DV」プレイヤーで再生
MPC-FLV Splitter
+ffdshow[VP6F]デコーダ
WMPlayerで再生(下右参照)
<参考>
FLV Player 2.0.25で再生
 
     又、FlashPlayer8以降で再生してもやはり、MPC-FLV Splitter+ffdshow(VP6F)経由再生
      場合と差異は見られず、アルファチャンネルがとのように活用されているのか?解らない。
 
フラッシュバック(株)のFLVサンプルそのまま
使用ブラウザのPlugin:FlashPlayerで再生
    MPC-FLV Splitter+ffdshow(VP6F)経由
    WMplayerで再生した画面をキャプチャ*)
 
FlashPlayer8以降ならVP6Aに対応している筈で
すが、最新のFlashPlayerでご覧ください。
  *)WMPlayerで再生した画面をアマレココでキャ
    プチャし、録画ファイルをTMPGEnc 4.0 XPress
    で FLV4動画に変換して提示した(Player Skin
    は、Moyea FLV Editor Liteから借用)。
 
     FLV Extract 1.6.0(ここから入手)は、FLV動画の映像と音声との抽出に用いられているが、
      このFLVサンプルを抽出すると、色情報の映像ストリームとアルファチャンネルの映像ストリー
      ムとが別々に取り出された。さて、その意義は・・・
 
      → こちらの「FLVのOn2 VP6 with alpha channel(VP6A)の仕様等について」の解説を参照。 
 
    2-2)FLV4動画On2 VP6_MP3.flv)の再生
     下図はOn2 FLV Splitter経由の再生過程で、VP6FのデコードにはFLV VP6 Decompressor
      (flvdecvp6.dll)が使用されている。
 
     On2 FLV Splitter存在下でもFLV4の再生では、ffdshowのVP6Fデコードを使用する事が可能。
 
      両デコーダの性能を比較する為に、Full HDの FLV4動画(1920x1080、 VP6:1990Kbps、MP3:
      256Kbps、TMPGEnc 4.0 XPressで作成)を素材として検討した。
      (1)FLV VP6 Decompressorの方がブロックノイズが大幅に低減され高画質な再が可能。
       ffdshowVP6Fでしばしば視られる”おかしなノイズ”が混じる事はないと云う。
        今回の素材では画質に
大きな差は見られないが、色合いがやや異なり髪の毛の詳細表示は
       優れているが、全体のコントラストは甘かった。
 
      (2)FLV VP6 Decompressorの方がCPU負担が少なく、ffdshowのようにカクつく事なくスムーズに
        再生が可能と云うが、逆見解もある。
        HDサイズ以上の動画でパワーの低いマシンで比較しないと定かではいと思われが、今回
        のマシン環境ではffdshowの方がややCPU負担が大きかった。
 
 
   3)MPC-FLV SplitterとOn2 FLV Splitterを共存させた場合のメリット?とデメリット
     FLV1動画とFLV4動画は、On2 FLV Splitterでスプリット処理されてから再生される。
     FLV5動画も無論、On2 FLV Splitterでスプリット処理されるが、Windows 7/Vista(WMPlayer12
      /11)では再生出来ない不都合が生じる(FLV5動画の再生がメリットなのに・・・残念だ!)。
     一方、H.264_AAC.flv動画のみが、MPC-FLV Splitterで処理され再生される。
     H.264_MP3.flv動画は、On2 FLV Splitterで処理されてしまう為に再生出来ない不都合が発生
     てしまう(下図の如くで、MPC-FLV Splitterのみを使用した1)のように映像をデコード出来ない)。
 
 

  <補足>64ビット用MPC-FLV Splitterの導入
     MPC-Standalone Filters.1.3.1249.0.(x64).zipここから入手)解凍後、パッケージ内の FLV
      Splitter.ax
を使用。
      32ビット用MPC-FLV Splitterと混同しないように、FLVSplitter_MPC_64.axとリネームして、   
       C:\Program Filesフォルダ内に作成しておいたFLVSplitterフォルダにコピー。
     次に、レジストリ登録用の"MPC_64.bat"ファイルをメモ帳で以下の如く作成。

       regsvr32 "C:\Program Files\FLVSplitter\FLVSplitter_MPC_64.ax"
     そして、右クリック「管理者として実行...」をクリックしてレジストリへ登録する。

     念のために、アンレジスト用の"Unregist_MPC_64.bat"ファイルも以下の如く作成。
       regsvr32 -u "C:\Program Files\FLVSplitter\FLVSplitter_MPC_64.ax"
     無論、64ビット用のffdshow(ここから入手)をインストールしておいて該当のコーデックを有効に
      しておく。
     又、Windows 7の場合は、Preferred Filter Tweaker for Windows 7 を用いてOS本来のデコー
       ダを ffdshowへ変更しておく(「Preferred Filter Tweaker for...」を参考)。
    <結果>
     64ビット版Windows Media Player 12.0.7600.16415によるFLV動画の再生
       Screen Video_MP3.flv(FLV3動画)を除き、上記で使用したFLVファイルはSUPER cで作成
       したFLV1動画も含めて、全て再生が可能となった(VP6Aのα無視は上記)。
     32ビット用Windows Media PlayerによるFLV動画の再生に影響する事はなかった。
       今回の方法でも、64ビット用と32ビット用MPC-FLV Splitterの共存は可能だった。  

   <蛇足>AviUtlでFLV動画を利用
     FLV動画を DirectShow経由で(WMplayerで)再生出来るようになると、 DirectShow File Reader
      を利用すればVP6のFLVファイルも直接AviUtlで開けるようになりますが、フィルター経由の為か
      FLVExtract等分離ソフトでVP6AVIにしてAviUtlで読み込む場合に比べ画質は下がります。
      またAviUtlでのFLV編集はマシンパワーが必要なので画質面も考えると、FLV→AVI+MP3分離
      →無圧縮&可逆圧縮ファイルにしての編集が無難、と云う(こちらの解説、上2/3辺りを参照)。
     * FLV File Reader plugin for AviUtl(+Rotate plugin)で読み込んでも同じなのか?
        version 0.05 (alpha) のSupporting formats
        Video (FourCC)
        Solensen H.263 (FLV1)、On2 VP6 (VP60,VP61,VP62)、On2 VP6 with Alpha channel
        (VP60,VP61,VP62; separate to two VP6 streams)、Screen Video (FSV1)、H.264 (AVC1)
        Audio (FormatTag)
        Big Endian-PCM (0x0001; convert to little endian)、Little Endian-PCM (0x0001)、
        ADPCM (0x5346)、MPEG Layer-3 (0x0055)、AAC (0x00ff)
       なお、AviUtlでは多重ストリームに対応していないので二番目の映像ストリームであるアルファ
        チャンネルは無視されてしまう。




2006年10月の記事は古くなってしまい修正部分もあるが、そのまま残しておきます
=由来の違うFLV Splitterは、WMPによるFLV動画の再生に差異を生じる=
 FLV は、Flash独自のビデオフォーマット形式で、
 映像圧縮には、主にSorenson Spark H.263/FLV1とOn2VP6/FLV4とがあるが、前者が汎用され
 ている。
 FLVを再生するStandAloneTypeのプレイヤーには、専用のプレイヤーもあるが(ここを参照)、
 FLV SplitterとffdshowのFLVデコーダが入手可能となり、DirectShowフィルター対応プレイヤー
 (Windows Media Player:WMPなど) でも再生することが出来るようになった(対応するプレイヤ
 は 、Windowsの動画再生ソフト」を参照)。
 今回、3種類のツール由来のFLVSplitter.axを用い、ffdshow-tryouts20061017のFLV
 デコーダ(ここを参照)を利用して、WMPによるFLV動画の再生能を検証した。
  各ツール由来の FLVSplitter.ax は、バージョン(1.0.0.1)も作者(Gabest)も同じだが、
   I. FLV Splitter 1.0.0.1の FLVSplitter.ax は、更新日が060320、サイズが 332KB
   II. Flash Video decodersの FLVSplitter.ax は、更新日が060503、サイズが 380KB
   III. K-Lite CodecPack付属のFLVSplitter.ax は、更新日が060503、サイズが 380KB
   I と II, III との間では異なっており、II と III は同じになっている。
   これらの差異を表す revision(改訂)ナンバーなどは、不明だ。
  * I は Gabest氏版。II とIII は Celtic_Druid氏版となるのか?解らない。
    両氏はMeda Polayer Classic作者として有名だが、両者の関係はCeltic_Druid氏
    ビルドして、Gabestが正式版を出す関係にあるのか?
 検証環境:
  WindowsXP SP2のWMP11βとWindows Vista RC1のWMP11

I. FLV Splitter 1.0.0.1ここから flvsplitter_20060320.7zを入手。
   正規インストール方法:ファイルを解凍後、2000/XP ならRelease Unicodeフォルダ内の
     FLVSplitter.ax を C:\WINDOWS\system32にコピーする。
     続いて、「ファイル名を指定して実行」を開き、"regsvr32 FLVSplitter.ax" と入力して「OK」
     をクリックする。
     但し、Vista RC1環境では regsvr32の命令がエラーとなってレジストリに登録出来ないので、
      →「ユーザーアカウント制御(UAC)」を無効に設定して実行する必要がある。
   結果
    1)SorensonH.263圧縮FLV1が、ffdshow MPEG-4 Video Decoder(ffdshow のFLV1コーデ
      ック)を利用して再生出来るようになる。
    2)On2VP6圧縮FLV4には、 FLV Splitter(v1.0.0.1)は対応していない。


II. Flash Video decodersここから VP62.zipを入手。
   正規インストール方法:ファイルを解凍後、FLVSplitter.axをC:\WINDOWS\system32にコピー
     してから、付属の register.batを実行する(vp6.exeをコピーする必要はない)。
     Vista RC1環境では、右クリックし「管理者として実行...」をクリックして実行する。
   結果
    1)SorensonH.263圧縮FLV1が、ffdshow MPEG-4 Video Decoder(ffdshow のFLV1コー
       デック)を利用して再生出来るようになる。
     但し、Flash, Media Coder, ffmpegXで作成したFLV1は再生出来るが、RivaFLVで作成した
        FLV1を再生出来ない

    2)On2VP6圧縮FLV4が、FLVSplitter.axのFLV Video Decoderを利用して再生出来るよう
      になる。
      下図中のFLV SplitterとFLV Video Decoderとは同一のファイル(FLVSplitter.ax)だ。
    
   なお、ffdshowVP6F(FLV4)デコーダを有効に設定すると、ffdshow MPEG-4 Video Decoder
       経由で再生される。

    <参考>VP6_MP3.avi を再生する場合は、AVI Splitterを経由して、映像デコーダーはVP6VFW
       コーデックやVP6デコーダで導入されたVP6 Decompressorが利用される。

III. K-Lite CodecPack:
ここより又はこちらから入手。
   パック付属のFLV splitter (Gabest)[v1.0.0.1]もチェックしてインストールする。
   結果:   
    1)SorensonH.263圧縮FLV1が、ffdshow MPEG-4 Video Decoder(ffdshow のFLV1コー
       デック)を利用して再生出来るようになる。
     但し、Flash, Media Coder, ffmpegXで作成したFLV1は再生出来るが、RivaFLVで作成した
        FLV1を再生出来ない

    2)On2VP6圧縮FLV4が、FLVSplitter.axのFLV Video Decoderを利用して再生出来るよう
       になる。
      ffdshowVP6F(FLV4)デコーダを有効に設定すると、ffdshow MPEG-4 Video Decoder
       経由で再生される。


 「3種類のFLV Splitterを共存させる方法」を用いて、上記結果を再検証
  方法:
   I. 3種類のFLVSplitter.axを、以下の如くリネームして、
     C:\Program Files\FLVSplitter内に並存させ、
     リネームしたFLVSplitter.axに対応したレジストリ登録用の" .batファイル"をメモ帳で作成する。   
      1) FS.bat(FLV Splitter 1.0.0.1由来FLVSplitter.ax登録用):
          regsvr32.exe "C:\Program Files\FLVSplitter\FLVSplitter_FS.ax"

      2) FVD.bat(Flash Video decoders由来FLVSplitter.ax登録用):
          regsvr32.exe "C:\Program Files\FLVSplitter\FLVSplitter_FVD.ax"

      3) KLCP.bat(K-Lite CodecPack由来FLVSplitter.ax登録用):
          regsvr32.exe "C:\Program Files\FLVSplitter\FLVSplitter_KLCP.ax"
    
レジストリへの登録:
       WindowsXP環境では、クリックすれば実行されるが・・・
       Vista_RC1環境では、右クリックし「管理者として実行...」をクリックして登録する。
       登録されると、”C:\Program Files\FLVSplitter\FLVSplitter_....axのDllRegisterServerは
        成功しました”とメッセージされる。

    
<参考>登録したレジストリからのアンインストール:
         regsvr32 -u "C:\Program Files\FLVSplitter\ファイル名.ax"と入力して「OK」

   II.素材:各種変換ツールで作成したFLV1とFlash Pro8試用版で作成したFLV4
    *用いた各種Sorenson H.263_MP3.flvファイルは、この保管庫のFLV1フォルダにあります。

  成績:
     WMPによるFLV動画の再生は、使用するFLV Splitterの違いで下表の
×印で示す如く、再生
       出来ない場合がある。
     なお、ffdshow-tryouts20061017のFLV1及び VP6F(FLV4)を、有効/無効にして解析した。
.....
FLV Splitterの種類(由来)
WMPによる再生の可否
FLV Splitter
1.0.0.1
Flash Video
decoders由来
K-Lite
CodecPack由来
 Sorenson H.263_MP3.flv(FLV1)の再生
ffdshowのFLV1設定
無効
有効
無効
有効
無効
有効




 Riva FLV Encoder2.0
×
×
×
×
×
 SUPER c v2006,b19
×

注意
×

注意
×

注意
 MediaCoder v0.39
×
×
×
 ffmpegX0.0.9w
×
×
×
 Flash8でSorenson圧縮
×
×
×
 On2VP6_MP3.flv(FLV4)の再生
ffdshowのVP6F設定
無効
有効
無効
有効
無効
有効




 Simple Mencoder Shell GUI
 1.0.2.2
×
×

参考1

参考2

参考1

参考2
 Mencoder_VP6Set
 Flash8でVP6圧縮
注意:ffdshowのMPEG2を有効にすると、再生出来ない。という煩わしいバグがある。
参考1:Splitter内蔵のFLV Video Decoderを利用して再生される。
参考2:ffdshowのffdshow MPEG-4 Video Decoderを利用して再生される。
 
  結語:
   以前、Riva FLV Encoder2.0で作成したFLVをFLV1の代表として報告した成績を訂正した。
   1)Flash Video decodersは、RivaFLVで作成したFLV以外は全て再生可能だが、
     RivaFLVで作成したFLVを再生するには、FLV Splitter 1.0.0.1を登録しないと出来ない。
   2)Flash Video decoders由来のFLVSplitter.axとK-Lite CodecPack由来のそれとは同じもので
     あろう。
   3)オールマイティーのFLV Splitterの開発が望まれる。



| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |