FlashファイルのMac版再生プレイヤー

FlashファイルのMac版再生プレイヤー
 
(2006.04.05作成, 08.07.23更新)
Webブラウザ上で、Flashを利用した動画を配信する方式には、Flashムービー(拡張子swf)とFlash
Video(拡張子flv)の2種類の形式がある。
 SWF は、圧縮された動画をタイムラインに読み込んだもので、Webアニメーションで汎用される
  形式。
 FLV はFlash独自のビデオフォーマット形式で、GoogleVideoが採用して以来YouTubeなどの
  多くの動画共有配信サイトでFLV 形式が採用されている。
 Flash Video(FLV)再生プレイヤー
   Google VideoYouTubeの動画はFLV形式で配信されているが、汎用性の高いFlash
   Playerがインストールされていればブラウザ上で再生することは出来る。
   一方、ダウンロードして保存したFLVファイル(簡単ダウンロード法はここを参照)は、今までは
    不満足なFLV専用の再生プレイヤーで再生する必要があった。

    しかし、QuickTimeコンポーネントであるマルチプラグイン Perianが提供されるようになり、
    QuickTime依存プレイヤー(RealPlayer, ReelBean, NicePlayer)でもFLVを再生することが
    可能となった(ここを参照)。
   以下は、シネスコサイズ640x272のFLVファイルの再生を行った成績を提示した。
MVKFLV2m(2.6)Up
  On2VP6にも対応。
  表示画面は480x360に
  制限される。
  Fullのみ可能だが、サイ
  ズを自由に変更出来な
  い。
  アイコンへのドラッグ&ド
  ロップに未対応。
  再生コントロールバー操
  作は可能。
図は実物の2分1
Wimpy FLV Player
  (3.0)Up
  バージョンは不明。
  On2VP6にも対応。
  表示画面は自由に変更
  可能となった。
  オープン画面へドラッグ
  して再生。
  アイコンへのドラッグ&ド
  ロップに未対応。関連付
  けしても自動再生不可。
  再生コントロールバー操
  作は可能。
図は実物の2分1
FLV Viewer(0.4)
  On2VP6にも対応。
  表示画面は640x480位
  に固定される為、
  Standalone Playerとい
  う外装をとっていない。
  動作が重く、シークバー
  のコントロール操作は出
  来ず使い辛い。

 図は実物の2分1
FLVLauncher(1.0)
  On2VP6にも対応して
  いるが・・・
  自動的に正規の大きさ
  とアスペクト比で表示
  させる事は不可。
  再生もガクガクで使い
  物にならない。

 図は実物の2分1。上記のように設定して、画面をドラッグ変更
FlashLab(1.31)
  On2VP6にも対応して
  いるが・・・
  自動で画面にフィットし
  て再生出来ない。
  FLV ファイルの情報を
  表示出来る。
  再生コントロールバー
  の操作は出来ない。
  なお、SWFファイルの
  情報の表示及び再生
  も可能。

図は実物の2分1
SWF & FLV Player
  (3.7) Up
  SWF Movie Player
  ら進化?して名称変更。
  On2VP6にも対応。
  全種類のSWFファイル
  再生も可能。
  プレイリストが付属。
  しかし、
  自動で画面にフィットし
  再生出来ないし、オリ
  ルサイズで表示する
  、何故か元の2/3に縮小
  してしまう。

図は実物の2分1
 WebアドレスからSWF/FLVファイルを探し出しダウンロードが可能
Adobe Media Player
  (1.1) New
  FLV1,FLV4以外にMP4や
  MOV,3GPにも対応。
  ウェブキャストとしての使
  用に主眼を置いており、
  ローカルプレイヤーとして
  の使い勝手は良くなく、
  表示サイズを自由に変更
  出来ない。

図は実物の10分4(2分0.8)
以下はマルチメディアプレイヤー
ffmpegX(0.09y)Up
  内蔵のmplayer
  バージョン0.09vになっ
  てSorensonに対応した
  が、v0.09yでもVP6には
  未対応。
  多形式に対応した動画
  変換コンバータに付属
  の為、再生バーなどの
  操作は不可。

 図は実物の2分1
VLC media player
   (0.86i)Up
  バージョン0.85になって
  Sorensonに、v0.86にな
  って VP6には対応した。
  再生/停止は可能だが、
  シークバーの操作は
  不可。

 図は実物の2分1
MPlayer OSX
  バージョン1.0pre8rc5に
  なってSorensonに対応し
  たが、VP6には未対応。
  Playristに登録してから
  再生する

  又、再生/停止は可能だ
  がシークバーの操作は
  不可。

 図は実物の2分1
<シネスコサイズ640x272のFLVファイルの再生テスト>
1) Sorenson圧縮のFLVファイル(4.42MB)入手先
    http://kakonacl.xsrv.jp/idiskmir/flvideo/soren_riva.flv
2) On2VP6圧縮のFLVファイル(4.74MB入手先
    http://kakonacl.xsrv.jp/idiskmir/flvideo/vp6_flash8.flv


 Flashムービー(SWF)再生プレイヤー
SAFlashPlayer( 8)
  Macromedia社Flash8製品などに付属しているStanndAloneプレイヤー。
  全てのSWFファイル( v5:JPEG/v6:Selenson/v8:On2VP6_MP3.swf)の再生が可能。
  本家から無料配布されていない→筆者の保管庫ここから (SAFlashPlayer8.dmg;1.1MB)入手。
iSwiff (1.2.2) ここから入手。
  全てのSWFファイル( JPEG/Selenson/On2VP6_MP3.swf)の再生が可能。
  MOVへの書き出し機能があるが、映像も音声も再変換出来る訳ではなく単にコンテナ形式
  を置換するだけだ。   
SWF Movie Player (2.0)→SWF & FLV Playerに変更(上記)
   全てのSWFファイル( JPEG/Selenson/On2VP6_MP3.swf)の再生が可能。
   上記のFlashプレイヤ-との違いはプレイリストとコントローラが付いている事。
   ゲームは上手く
   再生出来
ない  
   ことがある。
   FLV(Sorenson/VP6共に)の再生も可能だが、フリーバージョンは15秒しか再生出来ない。

なお、
QuickTime7.13以前はJPEG_MP3.swfのみに対応していたが、最近のバージョンは
   未対応となってしまったようだ。

結語何故、本家のMacromedia→Adobe社はMac版も含めたFLV Playerの開発・無料配布をしない
     のだろうか・・・時期尚早? Webデザインで勝負か
  2008/04/09日遂にAdobe社は、FLV動画対応メディアプレイヤーAdobe Media Playerの正式版
  v1.0を公開した(現在のところ英語版のみ)。
  対応ファイル形式は、FLV1,FLV4以外にMPEG-4 AVC/H.264(H.264_AAC.mp4)やMOV,3GPなど。
  ウェブキャストとして使用する事を主眼としており、ローカルプレイヤーとしての使い勝手は良くない。


| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |