ReelBeanでQuickTime Pro機能の盗用

ReelBeanでQuickTime Pro機能の盗用
(2006.06.06作成, 06.08.23更新)
ReelBeanは、ReelBean PlayerDVD再生プレイヤーを同梱するMaCOSX10.4専用
  フリーソフト。
  ReelBean Playerは、QuickTime Pro変換機能一部無料で利用することが可能
  QuickTime依存のプレイヤー兼コンバータ

  さて、このツールの使い勝手と有用性について試用してみた。
 ReelBean の入手
ReelBean を、ここからダウンロード。試作期間中はフリーだが、将来は $10必要となる!?
  今回は、ReelBean 0.991.2を試用した。

 ReelBean のヘルプ
ReelBean付属のヘルプはここを参照。

 ReelBean Player による再生とエクスポート
  1)再生:黒ベースにサムネイル表示と書き出しメニューの外見はカッコイイのだが・・・
      再生開始時の表示サイズが小さく、自動的に画面にヒットして表示してくれないので、
      折角のシネスコ映画がダイナシだ。
      v0.99ではドラッグ&ドロップに対応していなかったが、v1.2では可能となった。
      なお、再生可能なファイル形式はQuickTime Playerの設定に依存する(ここを参照)。
  2)書き出し:
    ・利用可能な素材のフォーマット形式は、QuickTime Proの設定に依存する(ここを参照)。
     なお、MPEG2ファイルを素材とした場合、v0.99では音声の書き出しが出来なかったが、
      v1.2ではQuick Time Proに準じて映像(.m2v)と音声(.aiff)に分割後、統合する方策を講
      じれば可能となった(ここを参照)。
      但し、一旦"Save As..."(独立再生形式)で保存した後に、"Export..."(書き出し)する
      必要がある。   
    ・折角別途導入したQuickTimeコンポーネントを活用出来ず、DivXやRealMediaなどへの書き
     出しが出来ない。
     但し、v1.2ではWindows Mediaへの書き出しは可能となったのだが・・・
      Flip4Mac WMV Studio ($49)はMPEG2(及び分離・変換して合体させた m2v_aiff.mov)
      からの変換が未だ出来ない(ここを参照)!
右図はQuickTime Pro
で書き出し可能な
メディアの種類。
下線は追加導入した
QuickTimeコンポー
ネント
  3)編集(右図はQuickTime Pro):音声トラックの追加が可能だ。
  4)書き出しの詳細設定(右図はQuickTime Pro):Pro版と同じものが盗用出来る。


 DVD Player による再生
 
  フルスクリーン表示は出来ない。

 結果 :
1)ReelBean Playerは、サムネイル表示と半透明で再生出来て見栄えはよく、QuickTime
   Proの書き出し機能を無料で利用出来る。
   また、v1.2になって素材としてMPEG2を利用出来るようになった。
Web配信テスト
  MPEG2から変換したH.264_AAC.mov
  FastStart(擬似ストリーミング)再生可能
Embed方式
Stand方式
   しかし、
   再生機能では、フルスクリーン表示が出来ず、表示サイズに不具合がある。
   書き出し機能では、別途導入したQuickTimeコンポーネントを活用出来ない。
   但し、v1.2になってWindows Mediaへの書き出しは可能となったのだが、MPEG2からの
    変換は WMV Studio自体が未対応だ。
2)DVD 再生機能では、フルスクリーン表示が出来ないことは致命的な欠点だ。


| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |