各種ストリーミング動画に併置した字幕ファイルの表示

各種ストリーミング動画に併置した字幕ファイルの表示
VLC Media Playerでストリーミング動画に字幕ファイルのオーバーレイ表示
(2010.07.13作成, 10.08.16更新)
 
  動画用字幕にはソフトサブとハードサブがあり、

   ソフトサブとは映像に焼き付けられていない所謂 ”仮想字幕”で、動画ファイルに格納した
    トラック字幕と別ファイルとして併置した字幕とに大別される。後者の場合、単純にムービー
    と同じフォルダに字幕ファイルを配置しただけで、ローカル再生なら多くのメディアプレイヤー
    が対応している(下記の参考)。
  そこで今回は HTTPプロトコルを用いた擬似ストリーミング配信において、ストリーミング動画
   とは別ファイルとして同じフォルダに配置したSSA形式の字幕を、特別な字幕表示システム
   を使用せずに、無料の各種メディアプレイヤーで表示させる事がか 64ビットWindows 7
  
(CATV:実測下り速度 12Mbps前後)で検討した。
   ストリーミング動画の配信は、アップル社の.MacのiDiskサービス又は自宅サーバ(FTTH:
   実測上り速度 11〜29Mbps)を使用した。
   なお、検討に用いたサンプル動画と字幕ファイルの入手は → ここから (平日の 9:00 〜
    19:00に運用)。
 
  I.ストリーミングに用いた動画の作成手順
   ストリーミング動画に用いた素材は、以下の如く手順で作成した。
    1)Blu-rayビデオからAnyDVD HDでリッピングした元素材(M2TSファイル)を以下の手順
      で短縮した。
     先ずtsMuxeR GUIを用いて、ビデオ(H.264)と複数ある音声と字幕のうち、英語の
       音声 (AC3)と日本語の字幕(PGS)のみをチェックして、TS muxingで出力。
     次に H.264 TS Cutterで約 1分間にトリミングしたTSファイル・・・第一素材
    2)HDConvertToXを用いて、別記の「字幕付きx264 in MP4(H.264_AAC.mp4)で出力」
      で出力した中間ファイルの映像と音声を Yamb 2.0.0.8で結合した(こちらを参照)。
       映像:hdconverttox_chicken.h264+音声:hdencodertox-pid2.mp4・・・第二素材
      なお、字幕:hdencodertox__subs_9.idx, hdencodertox__subs_9.subは、字幕トラック付
       きMP4のIDX+SUB字幕ファイルとして利用した。
    3)最終的に、第二素材を以下の変換ソフトで解像度640x360、ビットレート750Kbps前後
      に圧縮した・・・第三素材←最終のストリーミング動画として字幕ファイルを併置する。
      Windows Media(ASF):TMPGEnc 4.0 XPress 4.7.7.307
      Real Media(RM): Easy RM Producer1.94
      QuickTime(MOV): QuickTime 7.6.6 Pro
      H.264圧縮MPEG-4 AVC/H.264(MP4): MediaCoder 0.7.3 CUDA
      Nullsoft Streaming Video (NSV): NSV Tools のNSV Batch Encoder
      On2VP6圧縮Flash Video(FLV4): TMPGEnc 4.0 XPress 4.7.7.307
      DivX Media Format(DIVX): DivX Plus Converter8.0.1.49
      H.264圧縮Matroska Video(MKV): DivX Plus Converter8.0.1.49
      H.264_AC3圧縮MPEG2-TS(M2TS):
        H.264圧縮MKVを MKVToolnixの MKVextractGUI で分離・抽出後、音声AACを
        MediaCoderでAC3へ変換して、mkvmerge GUI 3.2.0で映像と音声をMuxした。
 
 
 
  II.SSA字幕(UTF-16LE,MS Gothic)ファイルの作成
 
    Subtitle Workshopで作成し(こちらを参照)、EmEditor又はメモ帳でカスタマイズした。
      フォント Tahoma → MS Gothic、文字コード Shift-JIS → UTF-16LE
     * SSA字幕とした理由は、最初に紐解いた解説書が汎用性に富むSSA形式を推奨。
       SRT形式は字幕の修飾効果の味付けに制限があるが、SSA形式の発展系である
       ASS形式ほどの拡張性を求めなければSSA形式で十分。
       フォント、文字コードがここに至った経緯は、字幕トラック付き H.264圧縮MKVをDivX
       Plus Playerで Web受信する可能性を検討した実験成績から選択した。文字コード
       がUTF-16LEの場合のフォントは、汎用されている日本語ならいずれでもよさそう
       だ(こちらを参照)。
 
 

 
[Script Info]
Title: <untitled>
Original Script: <unknown>
ScriptType: v4.00

[V4 Styles]
Format: Name, Fontname, Fontsize, PrimaryColour, SecondaryColour, TertiaryColour,
BackColour, Bold, Italic, BorderStyle, Outline, Shadow, Alignment, MarginL, MarginR, MarginV,
AlphaLevel, Encoding
Style: Default,MS Gothic,24,16777215,16777215,16777215,12632256,-1,0,1,1,1,2,30,30,10,0,0

[Events]
Format: Marked, Start, End, Style, Name, MarginL, MarginR, MarginV, Effect, Text
Dialogue: Marked=0,0:00:00.89,0:00:03.40,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,みんな 大変だ
!\N 早く逃げろ
Dialogue: Marked=0,0:00:03.91,0:00:06.51,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,SOS! 非常事
態だ!
Dialogue: Marked=0,0:00:06.73,0:00:08.98,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,危険レベル最大
!非難せよ
Dialogue: Marked=0,0:00:09.48,0:00:10.50,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,みんな危険だ
Dialogue: Marked=0,0:00:12.71,0:00:17.31,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,=SSA字幕の表
示テスト=
Dialogue: Marked=0,0:00:17.96,0:00:19.63,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,急いで逃げろ!
Dialogue: Marked=0,0:00:21.73,0:00:23.76,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,早くどこかへ!
Dialogue: Marked=0,0:00:25.78,0:00:28.39,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,非常事態だ!
Dialogue: Marked=0,0:00:31.01,0:00:51.61,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,=SSA字幕の表
示テスト=
Dialogue: Marked=0,0:00:54.62,0:00:56.50,Default,NTP,0000,0000,0000,!Effect,みんな逃げて
 
   更に、字幕文字の修飾(フォントカラー、イタリック体)を表示する事が可能かも検証するために
     以下の如く判別し易いように、PrimaryColourを赤色255に、BackColourを黄色8454143に
     Italicを有効-1 に変更し 文字の修飾を行った。
 

 
[Script Info]
Title: <untitled>
Original Script: <unknown>
ScriptType: v4.00

[V4 Styles]
Format: Name, Fontname, Fontsize, PrimaryColour, SecondaryColour, TertiaryColour,
BackColour, Bold, Italic, BorderStyle, Outline, Shadow, Alignment, MarginL, MarginR,
MarginV, AlphaLevel, Encoding
Style: Default,MS Gothic,24,255,16777215,16777215,8454143,-1,-1,1,1,1,2,30,30,10,0,0

以下略

 
 
   SRT字幕及びSRT用のスタイル・ファイルの作成は、⇒ こちらを参照。
 
  III.特定プレイヤーでの受信試験
     特定コンテナ形式動画のWeb配信おいて、動画ファイルとは別に単純に併置した字幕
       ファイルをオーバーレイ表示する事が可能か?
     *(Here)、(From here )は、URLの指定を "http://....asf?ssa=http://....ssa"形式と
       したが、結局意味の無い構文だった。
 
配信メディアと特定プレイヤー
Stand方式
Embed方式
Windows Media(ASF)をWindows Media Playerで再生
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.asf
Here
From Here
Real Media(RM)をRealPlayerで再生
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.rm
Here
From here
H.264圧縮MPEG-4 AVC/H.264(MP4)をQuickTimeで再生
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.mp4
H.264圧縮MPEG-4 AVC/H.264(MP4)をFlash Playerで再生
 http:同上

なし
Nullsoft Streaming Video (NSV)をWinampで再生
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.nsv
Here
From here
On2VP6圧縮Flash Video(FLV4)をFlash Playerで再生
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.flv
なし
DivX Media Format(DIVX)をDivX Web Playerで再生
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.divx
なし
H.264圧縮Matroska Video(MKV)をDivx Plus Web Playerで再生
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.mkv
なし
蛇足>H.264_AC3圧縮MPEG2-TS(M2TS)
 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.m2ts
なし
なし
    成績:
     想定した通り、併置しただけでは特定プレイヤーで字幕の表示は出来なかった Y (>_<、)Y
     VLC Media Playerでも、RealPlayer未インストール状態や拡張子.m3uと.nsvをVLC
      に関連付けしておけば、Real MediaやNSVのストリーミング再生は可能だが、こ
      の方法ではやはり字幕を表示出来なかった。
     なお、IDX+SUB字幕ファイルでも結果は同じだった。
 
  IV.マルチメディアプレイヤーの「URLを開く」方式で受信試験
    (1)VLC Media Playerで受信
     VLC Media Player 1.1.0を起動して、「表示」>「プレイリスト」からプレイリストを開く。
     右クリック「詳細設定で開く」を実行。
 
     「ネットワーク」タブでURLをコピッペして入力後、「再生キューに追加」する。
      <注意>コピーする際に半角余分にペーストすると、エラーとなってしまう。
 
     プレイリストの該当URLをダブルクリックしてストリーミング動画を再生する。
     字幕を表示するには、
      1)ビデオ再生後、「ビデオ」>「字幕トラック」>「ファイルを開く..」から、
       SSA字幕 http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.ssaをコピッペ
        して入力した後、「開く」を実行・・・この方法は少々時間が掛かる。
      2)前もって、http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.ssa をクリック
       してローカルにSSA字幕を保存しておく。ビデオを再生したら、再生画面に、こ
       の字幕ファイルをドラッグしても時間的ズレは無く表示が可能。
    (2)Media Player Classic HomeCinemaで受信
     MPC HomeCinema 1.3.1249を起動して、「ファイル」>「ファイルを開く」でURLを指定。
     字幕の読み込みは、ローカルに保存しておいた ”chicken.ssa”を画面にドラッグ。
 
    (3)SPlayerで受信
    
SPlayer 3.5を起動して、「Open」>「URL(U)...」でURLを指定。
     字幕の読み込みは、ローカルに保存しておいた ”chicken.ssa”を画面にドラッグ。
 
 
    成績:マルチメディアプレイヤーの「URLを開く」方式で併置SSA字幕(UTF-16LE,MS Gothic)
     表示の可否

     URLで開く」方式にて、下段のURL(上:.Mac、下:自宅サーバ)をコピッペしてストリーミング動画
      を Web再生した場合のSmooth(滑らか)再生と字幕表示及び文字修飾の表示の可否を、
      文字修飾されたSSA字幕ファイル文字コードUTF-16LE、フォントMS Gothic
)をドラッグ等して
      読み込んで 64ビットWindows 7(以下のフィルタ類をインストール)環境で検討した。
       Real Media Splitterr、Haali Media Splitter及びffdshow(該当ビデオ・オーディオデコーダ有効)
       RealPlayer Sp12.0、QuickTime 7.6.6、Winamp 5.58、Flash Player 10.1.53.64
       DirectVobSub 2.33b、DivX Plus 8.0 for Windows
     併置SSA字幕ファイルの入手:http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.ssa
     緑色は、配信元が.Macの場合は再生出来ず、自宅サーバでは可能な事を示す。
     字幕の○印:文字化けなく字幕表示可能  ▽印:文字修飾を表示出来ない  ×印:字幕の表示不可 
 

メディアプレイヤー
 対象のメディア形式
 
配信元URL
Windows
Media
Payer

(12.0)
「DV」
プレイヤ

(0.78a)
MPC
Home
Cinema
(1.3.1249)
GOM
Player

(2.1.25)
VLC
Media
Player

(1.1.0)
SM
Player

(0.6.9)
KM
Player

(2.9.4)
S
Player

(3.5)
Windows Media(ASF)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.asf
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.asf

字幕×

字幕×

字幕

字幕
修飾不可

字幕

字幕
修飾不可

字幕
修飾不可

字幕
Real Media(RM)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.rm
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.rm

無声

字幕×

字幕×

字幕×
再生不可

字幕

字幕

修飾不可
再生不可

字幕
H.264圧縮Quicktime(MOV)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.mov
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.mov

字幕×
再生不可

字幕×

字幕
修飾不可
×
字幕

字幕
修飾不可

字幕

修飾不可

字幕×
H.264圧縮MPEG-4 AVC/H.264(MP4)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.mp4
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.mp4

字幕×
再生不可

字幕

字幕
修飾不可
×
字幕

字幕
修飾不可

字幕

修飾不可

字幕
Nullsoft Streaming Video (NSV)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.nsv
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.nsv
再生不可
再生不可
再生不可
再生不可

字幕

字幕
修飾不可

字幕
修飾不可
再生不可
On2VP6圧縮Flash Video(FLV4)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.flv
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.flv

字幕×

字幕×

字幕

字幕×

字幕

字幕
修飾不可

字幕

修飾不可

字幕
DivX Media Format(DIVX)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.divx
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.divx

字幕×

字幕×
×
字幕

字幕

修飾不可

字幕

字幕
修飾不可

字幕

修飾不可

字幕
H.264圧縮Matroska Video(MKV)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.mkv
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.mkv

字幕×
再生不可

字幕

字幕

修飾不可

字幕

字幕

修飾不可

字幕

修飾不可

字幕
H.264_AC3圧縮MPEG2-TS(M2TS)
http://kakonacl.xsrv.jp/subtitle/chicken.m2ts
http://kakonacl.dip.jp/subtitle/chicken.m2ts

字幕×
再生不可

字幕

字幕

修飾不可

字幕×

字幕×

字幕
修飾不可

字幕
     Windows Media Payer12.0と「DV」プレイヤー0.78a:Web再生では単純に併置したSSA字
      幕を表示出来ない
    MPC HomeCinema 1.3.1249
     Nullsoft Streaming Video (NSV)には未対応で再生出来ない。
     Real Media(RM)以外は日本語の文字化け無く字幕の表示が可能。
     FirstStartストリーミング再生は、DivX Media Format(DIVX)以外は可能だが、Windows
      Media(ASF)はやや遅延して再生可能。
      DIVXファイルは、バッファリング不良の為途中停止してガクガク再生となってしまう。
     GOM PLayer 2.1.25: ASF, DIVXとH.264圧縮Matroska Video(MKV)以外は上手く再
      生出来ない。 文字の修飾を表示出来ない。
    VLC Media Player 1.1.0
     H.264_AC3圧縮MPEG2-TS(M2TS)以外は日本語の文字化け無く表示可能だ。
     Smooth再生は、H.264圧縮MPEG-4 AVC/H.264(MP4)以外は可能だが、MP4は
       バッファリング不良の為途中停止してガクガク再生となってしまう(結果と考察の
       <参考1>を参照)。
      <補足>Intel MacOSX10.6環境のVLC Media Player 1.1.1では、
        ローカル保存したSSA字幕をドラッグしても有効とならない。
        「ビデオ」>「字幕トラック」>「ファイルを開く..」から字幕を読み込む事は可能だ
        が、読み込んだ時点で再生は一旦停止してしまう(再開迄に十数秒掛かる)。
         従って、Mac環境では字幕の読み込み処理に時間を必要としスムーズに表示出
         来ない。
          又、ローカル再生では併置したSSA字幕ファイルを自動的に読み込んでくれない。
    SMPlayer 0.6.9: H.264_AC3圧縮M2TS以外は下記設定変更すれば文字化けなく字幕
     表示が可能。但し、文字の修飾を表示出来ない
      RM, MKVは何故か?配信が .Macサーバの場合は再生出来ない。
     <SMPlayerの字幕表示の設定>
      SMPlayerは字幕の表示機能が豊富だが、字幕の認識と設定を自動的に行わせると
      トラブル事が多く、上手く表示させるには(2),(4)の如く、文字コード・字幕形式に応じ
      てその都度に変更する必要が生じる場合が多く煩わしい・・・字幕の存在形態でその
      反応が違う場合があるので紛らわしい ?(゜_。)?
      (1)オプションメニュー>環境設定の「字幕」>「字幕」タブの「エンコード」で
        
「この言語の自動検出を試行する」のチェックを外さないで字幕を読み込むと再生
        
停止(クラッシュ)してしまう場合が多い・・・この不具合を容認する事がSMPlayer
        
で字幕表示が出来るように設定する
上でのミソだ Y (>_<、)Y
      (2)字幕を併置した場合は、文字コードに応じて「規定の字幕エンコード」を指定してや
       
らなと字幕を認識出来ない。
         今回の”文字コードがUTF-16LEの字幕”の場合: Unicode(UTF-16)を指定する!
        但し、字幕トラックの場合はSHIFT-JISでも表示可能だ。
        文字コードがANSIの字幕の場合: 日本語文字セット(SHIFT-JIS)の指定が必要!
        一方、文字コードがUTF-8の字幕の場合は、日本語文字セット(SHIFT-JIS)でも
         Unicode (UTF-16)でも一部可能だが、UTF-8 (UTF-8)を指定する。
 
      (3)オプションメニュー>環境設定の「字幕」>「フォントと色」タブで日本語フォントを指
        定しないと文字化けしするかも知れない・・・必ずしも文字化けしないようだ?
       「通常の字幕を有効にする」: TTFフォント、又はシステムフォントで日本語を指定
       「SSA/ASS字幕を有効にする」: MS Pゴシック等の日本語フォントを指定
      (4)SSA形式の字幕の併置では、字幕メニューで「字幕の可視性」をチェックした上に、
       「SSA/ASSライブラリの使用」にチェックを入れないと字幕は表示されない(字幕ト
       
ックの場合は文字化けしてしまう)。
 
     KMPlayer 2.9.4.1436: ASF, NSV以外は何故か?配信が .Macサーバの場合は再生
      出来ないが、対応ファイル形式は豊富だ。但し, 文字修飾の表示は不可
     SPlayer 3.5
      NSVには未対応だが、H.264圧縮MP4 と H.264_AC3圧縮M2TSにも対応しており、
      字幕の表示は文字化け無く可能だ \(^o^)/
 
    <参考1>ローカルにおける併置SSA字幕(UTF-16LE,MS Gothic)表示の可否
      各種メディアプレイヤーは字幕文字の修飾(フォントカラー、イタリック体)を表示する事
      が可能かも含めて以下のフィルタをインストールした64ビットWindows 7環境で検討した。
        Real Media Splitter, Haali Media Splitter, FLV Splitter, Matoroska Splitter及び
        ffdshow(該当ビデオ・オーディオデコーダ有効)インストール環境。
     成績:メディアプレイヤーの初期設定を文字コードとフォント以外は変更せずに検証
        ○印:文字化けなく字幕表示可能  ▽印:文字修飾を表示出来ない  ×印:字幕の表示不可 
 

メディアプレイヤー
 対象のメディア形式
Windows
Media
Payer

(12.0)
「DV」
プレイヤー

(0.78a)
MPC
Home
Cinema
(1.3.1249)
GOM
Player

(2.1.25)
VLC
Media
Player

(1.1.0)
SM
Player

(0.6.9)
KM
Player

(2.9.4)
S
Player

(3.5)
特定
プレイヤー
 Windows Media(ASF)
×

修飾不可

修飾不可

修飾不可
WMPlayer(12.0)×
 Real Media(RM)
無声
×
×
無声
修飾不可

修飾不可
無声
修飾不可
RealPlayer(12.0)×
 H.264圧縮MOV
×
×

修飾不可

修飾不可

修飾不可
QuickTime(7.6.6)×
 H.264圧縮MP4
×

修飾不可

修飾不可

修飾不可
QuickTime(7.6.6)×
 NSV
再生不可
再生不可
再生不可
再生不可

修飾不可
×
再生不可
Winamp(5.57)×
 On2VP6圧縮FLV4

修飾不可

修飾不可

修飾不可
FLVPlayer(2.0)×
 DivX Media Format(DIVX)

修飾不可

修飾不可

修飾不可
DivX Plus Player
 (8.0.1)
Back
  Colourのみ不可
但しIDX+SUBは×
 H.264圧縮MKV

修飾不可

修飾不可

修飾不可
 H.264_AC3圧縮M2TS(*)
×
×

修飾不可
再生不可
×

修飾不可
.
<判定基準>
 
×印:字幕表示不可
      IDX+SUB字幕ファイルの場合も、DivX Plus Player以外は同じ結果だった。
       GOM Player, SMPlayerとKMPlayerは(DivX Plus Playerは一部)、文字の修飾を表示出来ない。

      *H.264_AC3圧縮M2TS+SSA字幕ファイルの併置について
        VLC Media Player: SSA字幕のみならずSRT, ASS等が併置されていると、再生すら出来なくなって
          しまう ・・・フォントキャッシュの構成処理が上手く行かないようだ ?(゜_。)?

       GOM Player 2.1.25.5015, SPlayer 3.5: 問題なく字幕表示可能。
        SMPlayer 0.6.9: 今回の文字コードがUTF-16LEの字幕の場合は上記設定が必要だが、M2TSでは
          字幕を表示出来ない。
        KMPlayer 2.9.4.1436:字幕表示は文字化け無く可能だが、文字の修飾を表示出来ない。
                  
    追記(2010.08.16)
    <参考2>PMS-PS3による再生と併置SSA/ASS/SRT字幕(MS Gothic)の表示
       PLAYSTATIONR 3(PS3) に特化したトランスコーダ付きのDLNA(Digital Living Network Alliance)
       サーバソフトPS3 Media Server(PMS)で、ローカルネットワーク内にあるパソコン(PC )の動画をネ
       ット経由でPS3へ送信して大画面テレビ(TV)にて再生した際に、同じディレクトリに併置した字幕を
       表示する事が可能か?PS3システムソフトウェアのバージョン 3.41で検討した。
       PMSの字幕設定は、「PS3 Media Serverの使い勝手」を参照。
       字幕ファイルはSubtitle Workshopで作成し(こちらを参照)、EmEditorでカスタマイズした。
        SSA字幕は上記、ASS字幕はSSAに準じて作成(フォントMS Gothic)。
        SRT字幕及びSRT用のスタイル・ファイル(フォントMS Gothic)の作成は、こちらを参照。
       サンプル動画と字幕ファイルのサンプルは → ここから 入手 (平日の 9:00 〜 19:00に運用)。
 

字幕ファイルの形式
(文字コード)
 対象のメディア形式
SSA
ASS
SRT
Shift-JIS,UTF-8
,UTF-16LE
Shift-JIS
UTF-8
UTF-16LE
Shift-JIS
,UTF-8
UTF-16LE
 Windows Media(ASF)
×

黄色文字
×

srt.style不可
×
 Real Media(RM)
×

黄色文字
×

srt.style不可
×
 H.264圧縮MOV
×

文字修飾不可

文字修飾不可
×

srt.style不可
×
 H.264圧縮MP4
×

文字修飾不可

文字修飾不可
×

srt.style不可
×
 NSV
認識出来ず再生不可
 On2VP6圧縮FLV4
×

黄色文字
×

srt.style不可
×
 DivX Media Format(DIVX)
×

黄色文字
×

srt.style不可
×
 H.264圧縮MKV
×

黄色文字
×

srt.style不可
×
 H.264_AC3圧縮M2TS
高速再生で字幕表示不可
       <判定基準>  ×印は字幕表示不可。 PS3再生では◎印の該当は無し。
 
       成績:NSV動画は認識出来ず再生不可。M2TS動画は爆速再生して字幕表示不可。
         NSV, M2TS以外の動画の再生における字幕表示は以下の如くで、字幕表示が可能な場合は
          PMSの字幕設定に間違いがなければ(こちらを参照)日本語の文字化けは発生しなかった。
         SSA字幕ファイル
           文字コードShift-JIS, UTF-8, UTF-16LEいずれも認識出来ない。
          * Shift-JISではGOM Player, KMPlayer以外の多くのメディアプレイヤーで文字化けし、前
            二者でも 文字修飾を反映出来ない。
         ASS字幕ファイル
           文字コードShift-JISでは、MOV,MP4以外は Italicは反映出来ないがPrimaryColour赤色、
           BackColour黄色の文字修飾も含め字幕表示が可能。
           文字コード UTF-8では、MOV, MP4以外は文字カラーは黄色となってしまう。
          *MOV, MP4は、文字の修飾は出来ないが字幕表示は可能。
          文字コードUTF-16LEでは、字幕表示出来ない。
         SRT字幕ファイル
           文字コードUTF-16LEではやはり字幕表示出来ず、Shift-JISとUTF-8では字幕の表示は
           可能だが、SRT用のスタイル・ファイル(.srt.style) を反映出来ない。
         <参考>各種メディアプレイヤーの .srt.style対応状況
            対応:Windows Media Player,「DV」プレイヤー, MPC HomeCinemaとSPlayer

          未対応:GOM Player, SMPlayerとKMPlayerの他に、VLC MediaPlayerも未対応だ。
 
 
  V.まとめと考察
 
    1) HTTPプロトコルを用いた擬似ストリーミング配信において、特定のプレイヤーでソフト
      サブの字幕を表示させるには、汎用されているSSA又はIDX+SUB字幕ファイルを単
      純に併置しただけでは表示出来ず、特別な処理が必要だ(こちらを参照)。
     2) VLC Media Player1.1.2と関連付けてSSA字幕ファイル(文字コードはUTF-16) と
      パラレルに再生させる配信方法があればMOV, MP4, M2TS動画以外は良いのだが、
       ⇒「マルチキャスト配信・受信ツール「VLC」の使い方」の方法では、一台のサーバ
        用コンピュータを用意してVLC Mdia Player を起動し続ける必要があるので汎用
        性に欠ける。
      従って、姑息的にURL指定して擬似ストリーミング再生させる方策が簡便だが、ワン・
       ツークリックで受信出来ないので満足出来る方法ではない。
 
     3) MPC HomeCinema 1.3.1249.0は、VLC Media Playerと比べて字幕の日本語の
      文字化けは少なく、SRTのスタイル・ファイルにも対応している。
      しかし、NSV, DIVXの再生に問題あり、RM, MOVの字幕表示は出来ない。又、字幕
      トラックが複数個あっても最初のトラックしか表示出来ず力量不足だ。
 
     4) SPlayer 3.5は、MOV, MP4, NSV以外はH.264圧縮MP4、H.264_AC3圧縮M2TS及び
       SRTのスタイル・ファイルにも対応しており、VLC Media Playerと使い分ければよい。
 
     5) GOM Player, SMPlayerとKMPlayerは、SSA字幕でも文字修飾を表示出来ない。
 
    <参考1>VLC Media PlayerによるH.264圧縮MP4動画のWeb再生問題
     配信動画(シネスコ)の作成法は、こちらを参照。 →はWeb受信成績(L:ローカル再生)
 
MediaCoder±αで変換したMP4 
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/mediacoder.mp4→アスペクト比不正(L:同様に不正)
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/mediacoder_cuda.mp4→途中停止(L:問題なし)
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/mediacoder_cuda073.mp4→途中停止(L:問題なし)
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/mediacoder_cuda_yamb.mp4→映像描画不可(L:同様不可)
 
TMPGEnc 4.0 XPress±αで変換したMP4
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/tmpgenc4xp.mp4→途中停止(L:問題なし)
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/tmpgenc4xp_yamb.mp4→途中停止(L:問題なし)
 
XMedia Recode±αで変換したMP4
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/xmedia_recode.mp4→問題なし
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/xmedia_recode_yamb.mp4→映像描画不可(L:同様に不可)
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/xmedia_recode_qt_mp4exporter.mp4→途中停止(L:問題なし)
 
HDConvertToXで変換したMP4
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/hdconvert.mp4→無声(L:問題なし)
 
AviUtl+MPEG-4 AVC Pluginで変換したMP4
 
http://kakonacl.xsrv.jp/keitai/aviutl.mp4→問題なし
     コメント:
      H.264圧縮MP4(H.264_AAC.mp4)は、所謂 ”MPEG-4 AVC/H.264”と命名されて
        いる動画で、作成された素材によっては扱い難い代物だ(こちらを参照)。
      ローカル再生では問題なくとも、ストリーミング再生ではトラブルの発生する事が往
       々ある。
       このMP4のストリーミング再生は、QuickTimeでも問題が多かったが(こちらを参照)、
        それとは少々異なった不都合が VLC Media Playerの方が更に多く見られた。
       例えば、Yamb 2.1.0.0で最終出力されたMP4ファイルは、
         QuickTimeでは問題なくFirstStartストリーミング再生可能だが、
        
VLC Media Playerではローカル再生でも映像を描画する事が出来なかった。
      なお、上記試験で用いたH.264圧縮MP4は、mediacoder_cuda073.mp4と同じ変換
        ソフト MediaCoder 0.7.3 CUDAで作成した。
 
    <参考2>VLC Media Player1.0.1でSRTやASSを使うこちらより引用)
      VLC Player はバージョンアップして徐々に ASS を正常に表示できつつあります。
      SRTやASSをUnicode(Unicode-LE, リトルエンディアン)で保存し直して下さい。
       ( ANSI のままでは文字化けします )
      SRT:VLC側で表示する文字の設定などをして下さい(style ファイルは使えません)。
      ASS:日本語フォントを指定しないと部分的にフォントが変わり見にくいです。
 
ファイル・フォーマット対応表(文字化けする、しない)
.
ANSI
UTF-8
Unicode
MPC
О
О
О
VobSub
О
文字化け
О
VLC
文字化け
一部文字化け
О
     *VLC MediaPlayerは、初期設定のままだと文字化け易いので、設定>字幕と
       OSDの設定で、デフォルトエンコーディング Auto→Japanese(Shift JIS)、
       フォント Arial→MS Pゴシック等の日本語へ変更しておく。


| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |