H.265/HEVC動画の作成と再利用の方法

H.265/HEVC動画の作成と再利用の方法
LAV Filters+Strongene PC HEVC/H.265 Decoder導入後、DirectShowフィルタ環境の調整
(2013.12.17作成, 14.07.04更新 )
HEVC(High Efficiency Video Coding, H.265)は、H.264と同じ画質で半分のファイルサイズになると云う次世代の映像圧縮技術(下図は「...HEVCの標準化動向 - NTTグループ」より引用)。
今後普及してゆくものと思われるが、現時点(2013年末)において Windowsパソコンで利用可能なH.265/HEVC関連ツールの現状について、 64ビット版Windows 7で検証した。

 I. H.265/HEVC動画の作成
 H.265/HEVC圧縮動画へ変換可能なツールは未だ少なく、変換には一世代前のCore 2 Quad Q6600
  (2.40GHz)マシンでは 長時間を必要として実用的ではない。

 (a) AViUtlの拡張 x265 出力(GUI) Ex: H.265_AAC.mp4へ変換
    ⇒AViUtlで拡張 x265 出力(GUI) Exの利用を参照。
 (b) DivX Converter 10.0.1: H.265_AAC.mkvへ変換
    ⇒DivX/HEVCビデオのストリーミング配信試験を参照。
 (c) Strongene HEVC/H.265 Encoder 2.0.2.1: H.265_AAC.flvへ変換
    ⇒Strongene HEVC/H.265 EncoderでFLV動画の作成を参照。
 (d) SUPER c 2013b58: H265_AAC.mp4/mkvへ変換
    ⇒SUPER c 2013b58で H.265/HEVC圧縮動画へ変換を参照。
 (e) tsMuxeR GUI 2.6.11 は、Strongene PC HEVC/H.265 DecoderやLAV Filtersを導入しなくても
    (a), (b), (d)で作成したMP4及びMKV動画を 「TSmuxing」 出力して、映像・音声無劣化でH265_AAC.tsへ
    コンテナ変換する事が可能。今回は、(a)で作成したMP4から変換した。
 追記(2014.07.04)
 (f) HandBrake Nightly Build(svn6227 x64 GUI)で、H.265_AAC.mp4と H265_AAC.mp4/mkvへ変換
   今回は Avg Bitrateを 375 Kbpsに設定して変換した。
    ⇒HandBrake Nightly Buildで H.265/HEVC動画へ変換を参照。

 
 II. H.265/HEVC動画の再生
   H.265/HEVC動画のローカル再生
    MPC-BE 1.3.1、MPC-HC 1.7.1、VLC Media Player 2.1.1以降は、自前のコーデックでH.265/HEVC
    動画の再生が可能だが、現時点ではオールマイティーなプレイヤーは無い。  
 
◯: 再生可能、 ▼:音声のみ(映像の描画不可)、 X: 再生不可、 △: 不完全に再生可能(5)参照)
 
 
MediaPlayer
(バージョン)
コンテナ:作成ソフト
「DV」
(0.78a)
DSFilter
Player
MPC
-BE
(1.4.0)
MPC
-HC
(1.7.6)
VLC
media
player

(2.1.3)
KM
Player
(3.9)
DivX
Player
(10.0)
GOM
Player
(2.2.53)
SM
Player
(0.8.6)
UM
Player
(0.98)
 MP4 :拡張 x265 a)
X,◯1,2)
X
X
X
X
 MP4 :SUPER d)
X1),◯2)
X
X
X
X
 MP4 :HandBrake f)
X1),◯2)
X
X
X
X
X
X
X
 TS :tsMuxeR GUI e)
X,◯3)
X
X
X
X
X
 MKV :DivX b)
X,◯2)
6)
X
X
X
 MKV :SUPER d)
X,◯2)
X 6)
X
X
X
 MKV :HndBrake f)
X,◯2)
X 6)
X
X
X
 FLV :Strongene c)
X,◯4)
X,◯5)
X
X
X
X
X
1)
「DV」 v0.78aプレイヤーは、DirectShowフィルタ依存のメディアプレイヤーの代表として使用した。
「DV」によるH.265/HEVC圧縮MP4動画の再生は、”Strongene PC HEVC/H.265 Decoder”を導
入し、且つ かってのコーデック環境ではHaali Media Splitterを Enable MP4 support未チェックで
インストールし、MainConcept MP4 Demultiplexerのメリット値を最小にしないと再生出来るように
ならない(但し、SUPER cで変換したH.265/HEVC圧縮MP4動画を再生させる事は出来ない)。
*Windows Media Playerでは、更にWin7DSFilterTweakerで Media Foundation(x32): MP4を
Disableに設定しないと再生出来るようにならないが・・・不都合が起こるので設定出来ない(下記
参照
)。
2)
LAV Filters 0.59以降を導入すると(下記参照)、「DV」で H.265/HEVC圧縮 MP4動画のみならず
MKV動画の再生が可能になる(SUPER cで変換したファイルも再生可能。但し、H.265/HEVC圧縮
FLV動画には未対応の為に ”Strongene PC HEVC/H.265 Decoder”を導入した場合は Lentoid
HEVC Decoderのメリット値 0x00808000→0x00208000に変更が必要)。
3)
「DV」によるH.265/HEVC圧縮TS動画の再生は、 LAV Filters導入環境では可能になる(筆者の
環境では TSのスプリッターとして優先使用される MainConcept MPEG Demultiplexerのメリット値
0x00800100→0x00400100に変更する必要があった)。
4)
「DV」によるH.265/HEVC圧縮FLV動画の再生は、”Strongene PC HEVC/H.265 Decoder”を導入
し、かつ MPC-FLV Splitterの登録解除とFLV Splitterのメリット値 0x00800001→0x00100001に
変更すれば可能になる( LAV Filters導入環境では、LAV Splitter の Configの Input Formatsで
flvのチェックを外せば再生可能になる)。
5)
MPC-HCは、オプションで内部フィルタ FLVのチェックを外して、外部フィルタから MPC FLV
Splitter(HEVC)を追加すればローカルで再生出来るようになる。
6)
DivX Player 10.0は、DivX Converterで変換したH.265/HEVC圧縮MKV動画の再生は可能だが
、SUPER, HndBrakeで変換したMKVを再生出来ない。

 
<備考1>端末用VLCの H.265/HEVC動画への対応状況
   2014年06月末 現在
   ・VLC for Windows 8 v0.0.4: H.265/HEVC圧縮の MP4, MKVは問題なく再生可能だが、TSは再
      生出来ず。FLVは映像を描画出来ない。   
   ・VLC for Android v0.1.4: 未だ未対応
    ⇒v0.96: H.265/HEVC圧縮の MP4, TSは問題なく再生可能。MKVも再生可能だが、SUPER c
       で作成したファイルはクラッシュしてしまう。FLVは映像を描画出来ない。
   ・VLC for iOS v2.2.2: H.265/HEVC圧縮の MP4, MKVは問題なく再生可能だが、TS, FLVは映像
      を描画出来ない。
 
 
 
<備考2>Android版 Mediatapは、H.265/HEVC動画の再生が可能なダウンローダー
   ・Mediatap v0.1.4.1: H.265/HEVC圧縮の MP4, MKVは問題なく再生可能だが、 FLVは映像を
     描画出来ない。TSは本アプリから認識出来ないが、ESエクスプローラ経由なら再生可能だ。
   Mediatapはインターネット上にある『メディア』を『タッ プ=たたく』するだけで、あらゆるメディア(動画、
    音楽MP3、電子書籍)を簡単にスマホにダウンロード&保存してくれる無料のダウンローダー。
    ⇒ 「Mediatapで動画のダウンロードと再生」を参照。   
 
 
 
<備考3>iOS用 AVPlayerHDは、H.265/HEVC動画の再生が可能な有料プレイヤー
   ・AVPlayerHD (2.5、\250)の H.265/HEVC圧縮動画への対応は、
    FTP/ WebDAVサーバーへ接続して再生する場合、URLを開くで再生する場合には、
      MP4, MKV, TSの再生は可能だが、FLVは描画出来ない。
    DLNAサーバーへ接続して再生する場合には、
      MP4, TSの再生は可能だが、MKV, FLVは認識出来ない。
 
 
 
<補足1>H.265/HEVC動画のメディアプレイヤーによるネット再生
  動画のURLを記述したM3Uメタファイルを、各プレイヤーのプレイリスト表示機能を利用してネットワーク
  ストリーミング再生が可能かを検証した(各種ウェブ配信方法は、下記のV...を参照)。
  * M3Uプレイリスファイルを、汎用性の高いマルチメディアのメタファイルとして利用した。
 
 
◯:スキップ再生可能、 △, ▽:再生可能だがスキップ不可、  ▼:映像を描画出来ず、 X:再生不可
 
 
MediaPlayer
(バージョン)
コンテナ:作成ソフト
Windows
Media
Player
(12.0)
MPC
-BE
(1.4.0)
MPC
-HC
(1.7.6)
VLC
media
player

(2.1.3)
<参考>
VLC
Web
Plugin
(2.1.3)
KM
Player
(3.9)
GOM
Player
(2.2.53)
SM
Player
(0.8.6)
UM
Player
(0.98)
 MP4 :拡張 x265 a)
X,◯1,2)
X
X
X
 MP4 :SUPER d)
X1),◯2)
X
X
X
 MP4 :HandBrake f)
X1),◯2)
X
X
X
X
 TS :tsMuxeR GUI e)
X,●3)
X
X
X
X
X
X
 MKV :DivX b)
X,◯2)
X
X
X
 MKV :SUPER d)
X,◯2)
X
X
X
 MKV :HandBrake f)
X,◯2)
X
X
X
 FLV :Strongene c)
X,△4)
X5)
X
X
X
X
X
 
△:スキップ操作可能だが再生はダウンロード後となる。 ▽:スキップ操作すら不可。
1)
「DV」 プレイヤーではネット再生出来ず、Windows Media Playerで再生させるには更に
Win7DSFilterTweakerで Media Foundation(x32): MP4をDisableに設定する必要がある・・・しかし
、IExplorer9以降でHTML5 ビデオ: H.264/MP4の再生が出来なくなってしまう ┓(´_`)┏
2)
LAV Filters 0.59以降を導入すると、Windows Media Playerで MP4動画のみならず MKV動画の
ネット再生が可能になる。
3)
Windows Media Playerで再生させるには、LAV Filtersを導入した上で更に
Win7DSFilterTweakerの「MS Codec Tweaks」でMedia FoundationをDisableに設定する必要があ
る・・・しかし、IExplorer9以降でHTML5 ビデオ: H.264/MP4の再生が出来なくなってしまう
┓(´_`)┏。
4)
”Strongene PC HEVC/H.265 Decoder”を導入し調整すれば、Windows Media Playerで FLV動画
のネット再生が可能になる。
5)
MPC-HCは、外部フィルタから MPC FLV Splitter(HEVC)を追加してもネット上では利用できず映
像の描画が出来ない。

 
追記(2014.07.04)
<補足2>KMPlayerによる H.265/HEVC動画の再生

  各種端末のKMPlayerによる H.265/HEVC圧縮動画の再生能力を、種々の受信・再生方式で検証した。
 
 
◯:再生可能。  X:再生不可。  ▼:音声のみ(映像を描画出来ず)。
 
 
KMPlayer(バージョン)
素材・再生方法
コンテナ:作成ソフト
PC版(3.9.0)
Android版(1.1.8)
iOS版(1.1.1)
ローカル
再生
URL
再生
内臓
メモリー
KMP
Connect
KMP
Connect
FTP
接続
 MP4 :拡張 x265 a)
X
 MP4 :SUPER d)
X
 MP4 :HandBrake f)
X
X
 TS :tsMuxeR GUI e)
X
認識せず
認識せず
 MKV :DivX b)
X
 MKV :SUPER d)
X
 MKV :HandBrake f)
X
 FLV :Strongene c)
X
 
KMP Connectは「KMP ConnectでPC内動画の配信: 端末KMPlayerで受信」を参照。
ナッ何んと!PC版とAndroid版の対応は TSのみ異なり、iOS版は全く相違している ?(゜_。)?
 
いずれのアプリも H.265/HEVC圧縮 FLV動画には未対応。
PC版が MP4動画に未対応とは情けない。
Android版は MP4, MKVに対応するも TS動画には未対応。

   
 
追記
<補足3>RealPlayer Cloud による H.265/HEVC動画の再生

  各種端末のRealPlayer Cloudによる H.265/HEVC圧縮動画の再生能力を、各種の受信・再生方式で検証した。
 
○:再生可能、 X:再生不可、 ▼:音声のみ(映像を描画出来ず)、 ー:登録不可/ 検証不可
 
 
RealPlayer(バージョン)
素材・再生方法
映像圧縮_音声圧縮
作成ソフト)
PC版(17.0.15)
Android版(1.12.45)
iOS版(1.11.15)
モダンUIS版(1.1.4.6)
ローカル
再生
クラウド
で再生
ローカル
再生
クラウド
で再生
共有
PC
再生
ローカル
再生
クラウド
で再生
共有
PC
再生
ローカル
再生
クラウド
で再生
共有
PC
再生
 MP4 :拡張 x265 a)
X
X
X
X
X
X
 TS :tsMuxeR GUI e)
X
 MKV :DivX b)
X
X
 FLV :Strongene c)
X
X
X
X
X
 
ローカル再生では、PC版のみが H.265/HEVC圧縮 TS動画にのみに対応(但し、ロカールでは iOSは全て、モダンUSは MKV, FLVを検証出来ない(ファイルを開くからアプリを指定する事も出来ない)。
クラウド再生では、ウェブサイトに登録出来ない FLV以外の H.265/HEVC圧縮動画(MP4, MKV, TS)は、一連のH.264圧縮 TSに変換・分割されて配信される事により再生可能となる(⇒「RealPlayer Cloud 保存動画の公開と再生」を参照)。
共有PC/デバイス内動画の再生では、H.265/HEVC圧縮 MKVのみ再生可能。MP4, FLVは再生出来ず、TSは表示すら出来ない。

 
 III. コーデック・DirectShowフィルタ環境の調整

   A) ffdshow環境
   筆者がかって好んで使用していた 64ビット版Windows 7の ffdshow+Haali Media Splitter環境(こちら
   を参照)は、Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入してもそのままではH.265/HEVC圧縮動画を
   上手く再生・再利用出来ないので、以下の如く調整する必要があった。
   ffdshow tryouts rev4527(rev4500で開発終了している筈だが・・・)
   Preferred Filter Tweaker for Windows 7によるffdshow優位の環境。
   #Strongene Mpeg-4 Demultiplexorを優先利用させる為に
    Haali Media Splitter 1.13 →下図の如く制限付きでインストール

 
    Elecard MPEGPlayer4.0.3.60412
     MainConcept MP4 Demultiplexerのメリット値 0x00800101→0x00100101に変更
   #MPC-FLV Splitter(HEVC)を優先利用させる為に
    MPC-FLV Splitter 1.3 →登録解除
    FLV Splitterのメリット値 0x00800001→0x00100001に変更

   2013年11月現在、Windows Media Playerは最新のffdshow と Haali Media Splitter との組み合わせ
   でも H.265/HEVC圧縮動画を再生出来ないが・・・
 Strongene PC HEVC/H.265 Decoderの入手とインストール
   ここから Strongene_Lentoid_HEVC_Decoder_v2.0.1.17_2013_11_06.rarを入手。
   解凍後 フォルダを Cドライブ直下に配置してreg.batを右クリック「管理者として実行...」した。
   すると、以下の5種類のDirectShowフィルタが導入される。
 
   MP4とFLVのスプリッターは導入されるが、MKVを分離して担当デコーダーに引き渡すフィルタは無い。
 
<参考>Strongene Lentoid HEVC Decoder付属のReadMeファイル
 
 
Update Date: 2013.11.06 Version: 2.0.1.17
1. "hevcdecfltr.dll" is HEVC decoder in the form of DirectShow Filter, supporting bitstream
compatible with HM9.1, HM10.0 and HM12.0, supporting LAVSplitter. The header file
ilenthevcdeccfg.h is the interface to set the decoding parameters.

2. "hevcsrc.dll" is the Source Filter which is used to play HEVC bitstream in DirectShow system,
with the support to extensions of .hm91/.hm10/.hm12/.hevc/.265. Moreover, the input framerate
in the filename can also be recognized, and the framerate format is <float>fps, like
test_23.976fps.265.

3. "FLVSplitter.ax" is a FLV splitter which is developed based on MPC-HC FLV splitter with the
enhancement of HEVC support (since the native FLV format does not support HEVC codec, the
solution of FLVSplitter.ax is not offical). MPC is under the GPL liscense, and if you need the
source code of FLVSplitter.ax you can contact with us via service@strongene.com.

4. "mp4demux.dll" is a MP4 splitter which is developed based on GDCL Mpeg-4 File filters project
(http://www.gdcl.co.uk/mpeg4/) with the enhancement of HEVC support and fully conform to the
principle of GPAC. In DirectShow, the name of this registered filter is "Strongene Mpeg-4
Demultiplexor".


  上記の調整を講じたところ、Windows Media PlayerでもDirectShow Filter経由でH.265/HEVC圧縮の
   MP4とFLVの再生が可能となる。
   I) H.265/HEVC_AAC圧縮 MP4の再生過程(MONOGRAM GraphStudioで解析)
 
   *筆者が汎用した ffdshow環境では、MP4のスプリッターはHaali Media Splitterが最優先で利用
     される。次にMainConcept MP4 Demultiplexerが使われているので、上図はDirectShow Filter
     Toolでメリット値を最小にして提示した。
    なお、Windows 7のWindows Media Player 12は、更にWin7DSFilterTweakerでMedia Foundation
     (x32): MP4を Disableに設定
してはじめて再生出来るようになるのだが
     ・・・IExplorer9以降でHTML5 ビデオ: H.264/MP4の再生が出来なくなってしまう ┓(´_`)┏
    *LAV Filtersで構築すればこのような不都合は起こらない。

     又、Strongene Mpeg-4 Demultiplexorの信頼性、汎用性等については今後の検討課題だ
      ・・・ある種類のH.264圧縮 MP4がWindows Media Playerで上手く再生出来ない事がある。
      ・・・Haali Media SplitterのMKV/ OGM, M2TS/ TS再生の代用にはならない。
   II) H.265/HEVC_AAC圧縮 FLVの再生過程(MONOGRAM GraphStudioで解析)
 
   *筆者が汎用した ffdshow環境では、FLVのスプリッターはMPC-FLV Splitterが最優先で利用
     される。次にFLV Splitterが使われているので、上図はDirectShow FilterToolでMPC-FLV
     Splitterの登録を解除し、FLV Splitterのメリット値 0x00800001→0x00100001に変更後、提示した。
  
 
追記(2014.06.05)
III) H.265/HEVC_AAC圧縮 FLVの
  再生時にHEVC decoderが必要
  になると、"hevcdecfltr.dll" が
  Avast!(2014.9.0.2018, ウイル
  ス定義 140604-1)によってブロッ
  クされ隔離されてしまうようになっ
  ていた。

  ⇒再レジスト後、スキャンの設定
    で「スキャンから除外」しておく
    必要が発生した。

  なお、 windows8 codecs(現在
  STANDARD Codecs)は脅威で
  よい(こちらを参照)。
   


   B) LAV Filters環境
   
「LAV Filters + mp4demux抜きのStrongene PC HEVC/H.265 Decoder + Win7DSFilter
     TweakerによるLAV優位」
の環境を構築。

    64ビット版Windows 7を以下の如く LAV Filter環境に変更してH.265/HEVC動画に対応させた。
    ・ffdshow 、Haali Media Splitter、AC3Filterをアンインストール。MainConcept MP4 Demultiplexer
     
メリット値 0x00800101→0x00100101に変更
    ・LAV Filterは、ここから入手(今回は、v0.59)。LAV Splitter Configurationで flvのチェックを外す。
    ・Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入してレジスト後、
      → Strongene Mpeg-4 Demultiplexorの登録解除。
      → Lentoid HEVC Decoderのメリット値 0x008080000→0x002080000に変更(この値は、試行錯誤
       して LAV Splitterで呼び出されず、MPC FLV Splitter(HEVC)で利用出来る所を見つけた)。
      
    ・Win7DSFilterTweaker 5.9で、MP3デコーダ以外は LAV優位の環境に設定。
     →Windows Media Player 12で DivX/XviD_Vorbis圧縮 MKVの映像を描画出来ないが・・・
       Win7DSFilterTweakerでMedia Foundation(x32): M4Vを Disableに設定すると描画可能となる。
 
LAV Splitter Configuration
LAV Video Configuration
 
DirectShowフィルタ依存性プレイヤーでの再生過程(MONOGRAM GraphStudioで解析)
(1) MP4
(2) MKV
(3) FLV
MP4とMKVは、「LAV Splitter」で映像と 音声に分離されて担当デコーダーに繋がれる。
FLVは、Strongeneの「 MPC FLV Splitter(HEVC)」でスプリットされるようになっている。
 
(4) TSの再生
Windows Media Playerで再生させるには、LAV Filtersを導入した上で更にWin7DSFilterTweakerの「MS
Codec Tweaks」でMedia FoundationをDisableに設定
する必要がある。
Win7DSFilterTweakerの設定
TSの再生過程(MONOGRAM GraphStudioで解析)
しかし、MP4も全て利用出来なくなるので、IExplorer9以降でHTML5 ビデオ: H.264/MP4の再生が出来
なくなってしまう
ので実用的ではない ┓(´_`)┏

 IV. H.265/HEVC圧縮ファイルの再利用
  以下、AViUtlの拡張 x265 出力(GUI) Exで変換したH.265/HEVC圧縮MP4ファイルの再利用について、先ず
  ffdshow+Haali Media Splitter+Strongene PC HEVC/H.265 Decoder環境の調整前・後で検討した。
  そして、LAV FiltersにStrongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入前・後の環境でもその成績は同じだった。
  1) 最新のXMedia Recode 3.1.7.6は、Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入しなくとも H.265/HEVC
    圧縮ファイルの再利用(編集・変換)が可能となっていた。
    但し、残念ながら H.265/HEVC映像のみコピー機能が使えず無劣化でコンテナを変換する事は出来ない。
  2) Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入すれば 再利用が可能なソフト
     AviUtl, TMPGEnc 4.0 XPressとNSV Batch Encoderでは再利用が可能となる。
    なお、DivX Converter 10で作成したDivX/HEVCのMKVは、Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入
     したLAV Filters環境では再利用可能となった。
  3) 再利用出来ないソフト
    Corel VideoStudio 12 Plus, AVS Video Converter 8.4/ReMaker4.2: 読み込みすら出来ない。
     TMPGEnc Plus2.5, Avidemux_2.6.7, Freemake Video Converter 4.1.2: 描画出来ない。
    Easy RealMedia Producer: 変換出来ない。
    なお、DivX Converter 10で作成したDivX/HEVCのMKVは、Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入
     したLAV Filters環境でも、再利用出来なかった。
  4) 映像を無劣化でMKV形式にする方策
   (1) 最新のMKVToolNix6.5.0r1を用いても muxに失敗してしまう。
     ・・・別々に出力された映像(.265)ファイルと音声(.m4a)ファイルを別途 mkvmerge GUIで多重化しようと
      しても、H.265圧縮の映像ファイルを読み込めない(対応していない)。
      →DivX HEVCサポートから入手した MKVToolNix v6.2.0..では多重化可能だが、出力されたMKVファイル
     は何故か映像を描画出来ない不都合なファイルだ ?(゜_。)?

   (2) Video Container Changer v1.1(ここから入手)でコンテナの変換
      付属のFFmpeg.exeはH.265/HEVCに対応していないのでそのままでは変換出来ないが、H.265/HEVC
      デコーダーを搭載した新しい FFmpeg 2.1 (ここから入手)のそれと置換して実行したところ、
      MP4⇒ MKVは完全変換され、MPC-BE, MPC-HC, VLC(及びLAV Filters環境のWMP)で再生可能。
      MP4⇒ FLVは変換されるも、いずれのプレイヤーでも再生出来ない。
      MP4⇒ TSは変換されるも、いずれのプレイヤーでも再生出来ない。

   (3) MediaCoderを使用すれば映像無劣化でMKVへ変換が可能
     最新のMediaCoder 0.8.27.5573は、Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入しなくとも H.265/
     HEVC圧縮MP4の再利用が可能となっていた。
      MP4⇒ MKVは完全変換され、MPC-BE, MPC-HC, VLC(及びLAV Filters環境のWMP)で再生可能。
      MP4⇒ MOVは不完全変換され、MPC-HCでのみ再生可能。
      MP4⇒ FLVは変換されるも、いずれのプレイヤーでも再生出来ない。
      MP4⇒ TSは変換されるも、いずれのプレイヤーでも再生出来ない。

   (4) SUPER cはH.265/HEVC圧縮動画への変換が可能
    最新のSUPER cv2013 build 58は、H.265/HEVC圧縮動画への変換が可能となっており、Stream Copy
    機能を使えば映像無劣化で他のコンテナ形式への変換が可能だが、
      MP4⇒ MKVは完全変換され、MPC-BE, MPC-HC, VLCで再生可能。
      MP4⇒ MOVは不完全変換され、MPC-HCでのみ再生可能。
      MP4⇒ FLVは変換されるも、いずれのプレイヤーでも再生出来ない。
      MP4⇒ TSは変換されるも、いずれのプレイヤーでも再生出来ない。

   なお、DivX Converter 10で作成したDivX/HEVCのMKVは、Strongene PC HEVC/H.265 Decoderを導入
    し調整した ffdshow 又は LAV Filtersいずれの環境でも、(2)〜(4)では 映像無劣化でMP4へ上手く変換
    出来なかった(tsMuxeR GUI 2.6.11で TSへの変換は可能) ┓(´_`)┏

  追記(2014.06.05)
   <参考>MkvToMp4 Converterについて
     MkvToMp4 Converter(今回は 0.224使用)は、MKVファイルを映像を無劣化又は H,264/AVC圧縮
     の音声 AAC圧縮 MP4へ簡単・高速に変換してくれるツール。
    元素材の映像が H.264, DivX, XviD, 3ivxの場合は映像無劣化で変換可能。しかし、VP6, WMV, RVや
     H.265/HEVCの場合は H.264/AVCに圧縮しないと、残念ながらコピーで変換出来ない。
   
 V. H.265/HEVC圧縮動画の各種ウェブ配信方法
    1) 現時点では、H.265/HEVC圧縮動画を MKV以外は定番の方法でウェブ配信出来ない。
     ⇒H.265圧縮MP4動画のストリーミング配信試験を参照。
    2) VLC media playerの Web Pluginを利用すれば、Windowsユーザのみ MP4とMKVのブラウザ埋め込
      み再生が可能となる。しかし、FLVの配信は不可。Macユーザは利用不可。
     ⇒VLC の Web Pluginを利用した動画配信試験 を参照。
    3) そこで、URLを記述した M3Uメタファイルを用意すれば H.265/HEVC対応プレイヤーで再生可能となる
      筈だが、如何?
      ⇒メディアプレイヤーのネットワークストリーミング機能を参照。
    ・・・オールマイティなプレイヤーは存在しない。
 
  
 <備考> Strongene Android HEVC/H.265 Decoder
    AndroidをベースのプレイヤーでH.265/HEVC映像を再生出来るようにする訳ではない。
   
「Strongene_Lentoid_HEVC_Decoder_Android_2013_12_04.rar」を ここから入手。解凍して得られた
    「HEVPlayer.apk」をAndroidにインストール。
   HEVPlayer(1.0) は、
    Strongene社提供のモバイルデバイス用デモアプリで、ffmpegベースのFLV/M2TS/TSプレイヤー。
    H.265/HEVCの再生も可能で、URLでの再生機能を搭載しているが、音声を再生出来ず無声となっ
    てしまい、HEVCデコードの試験のみを目的としたお試しプレイヤーだ。
   <試験>
     設定>「Open Location」で、下記お試し用H.264/HEVC_AAC圧縮動画のURLをコピッペして再生
      http://kakonacl.xsrv.jp/h265hevc/aviutl_mp4.mp4
      http://kakonacl.xsrv.jp/h265hevc/tsMuxeR_TS.ts
      http://kakonacl.xsrv.jp/h265hevc/divx_mkvc.mkv
      http://kakonacl.xsrv.jp/h265hevc/graphedit_flv.flv
   <成績>
     MP4, MKVには未対応。
     FLVは無声で再生可能だが、今回試験したTSは エラーとなって再生出来なかった。

 




| Kenのムービー計画へ >動画狂コーナーへ |