加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2004.2.21 マキゾウさんからカット材が届きました

 
マキゾウさんへお願いしたスピーカーボックスのカット材がようやく届きました。
その内容を,早速ご紹介しましょう。

 

マキゾウさん梱包状況

カット材は,ペリカン便で届きました。
思っていたより小さめの箱でしたが,重さはそれなりにあります。

マキゾウさんは,広島にあるのですが,発送の連絡をメールで受けてから,2日後の到着でした。
ちなみに,送料は着払いで1,260円でした。

カット材一式

保護シートに厳重にくるまれていたカット材です。
やっぱり,化粧板はきれいですね。

マキゾウさんのホームページで見て想像していたより,側板に使うグレンソンチークの色目が明るめで,これは嬉しい誤算でした。
センターのメープルとの色のバランスが,イメージしていたよりいい感じです。

カット材コグチ拡大写真

カット材のコグチ部分のアップ写真です。
シナアピトンという合板に化粧板を貼ったものをオーダーしたのですが,きれいなコグチです。
スピーカーとして組み上げると見えなくなってしまう部分なんですけどね。
見える部分のコグチは,化粧板が貼られています。

板を軽く叩いてみたのですが,中身が詰まっている感じがします。
余計な響きがのらないスピーカーボックスに仕上がりそうです。

マニュアル

カット材以外に,組み立てマニュアルが4枚と,化粧板用の接着剤が入っていました。
マニュアルには,カット材を張り合わせる順番や注意点がまとめられています。
マニュアルをよく読んで,組み立てるイメージをまとめてから接着に入ります。

カット材を仮に並べてみました

カット材が全てそろっているのかを確認がてら,完成図のように並べてみました。
スピーカユニットの取り付けられる丸い穴から後ろに,徐々に広がっていく音道がわかるでしょうか?

側板も並べてみました

上の状態で,さらに側板を載せてみました。
想像していた以上に色使いがかっこいい,なんて自画自賛です。

丁寧に作っていかないといけませんね。

カット材端のキズ

左の写真のように,化粧板の端の部分に所々欠けたようなキズがあるものがありました。
マキゾウさんのホームページでも注意点として書かれていますが,加工上やむをえないもののようです。

両面にキズのあるカット材は無さそうなので,キズのある面をスピーカーの表側にしないように組まないといけません。


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.