加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2004.2.24 スピーカーボックスの製作1

 
マキゾウさんから届いたスピーカーのカット材を,早速組み上げていくことにします。
それぞれのカット材を,ボンドを使用して接着していきます。

その作業風景をお伝えしましょう。

 

コーナークランプ

左の写真が,コーナークランプという治具です。
小さな万力が二つ,90度の角度でついているもので,板を直角に接着するのに便利です。

コーナークランプ使用法

コーナークランプを2つ使用して,カット材を張り合わせていきます。
万力を使って板の位置を調整しながら直角を出し,接着する位置を決めたら,ボンドを塗る方(左の写真では小さい方)をいったん外します。

ボンドを塗ります

コグチの接着面に,ボンドをたっぷり塗ります。

はみ出たボンド

接着する面をしっかりと押さえつけ,コーナークランプで固定します。
はみ出たボンドは,スピーカーボックスが組みあがって見える面であれば,乾く前にぬれぞうきんできれいにふき取ります。

接着位置とずれがないか確認したら,あとはボンドが完全に乾くまで動かさないようにします。

はみ出たボンド内側

完成後に見えなくなる部分のはみ出たボンドは、接着面の微小なすきまをふさぐ効果もあると思われるため,見えない面はそのままにして乾かします。

白っぽく見えているボンドも,完全に乾くと透明になるため,あまり目立たなくなります。

だいたい半日くらいで乾燥します。

ボルトとナット

さて,左の写真のボルトは,スピーカーユニットとスピーカーボックスを固定する時に使用します。
ボルトの先端についている真鍮製のものは,鬼目ナットです。
スピーカーユニットをしっかり固定するのに便利です。

また,木ねじを使って固定すると,何度も締めたりゆるめたりしている間に板の方が弱くなってしまうのですが,鬼目ナットを使用するとその心配もなくなります。

鬼目ナット締め込み

鬼目ナットは,六角レンチを使用してカット材にねじこんでいきます。
鬼目ナット用の穴は,あらかじめマキゾウさんにあけていただきました。


さて,順調に進んでいた組立作業ですが,接着の手順にも慣れてきた頃,事件がおきました。
そのことについては,次回・・・。
 

前のページへ | 次のページへ


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.