加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2004.2.26 スピーカーボックスの製作2(事件発生!)

 
快調に製作が進んでいたマキゾウさんのバックロードホンスピーカーのキットですが,事件発生!
車の運転と同じで,初心者が慣れはじめてきた頃が一番アブナイということでしょうか。

少々恥ずかしいですが,事のテンマツを・・・・・

 

カッターで削る

なにやらカッターが写っている左の写真。
実は,順調にカット材の接着を進めていたつもりだったのですが,貼り付ける位置を間違えてしまったのです。

貼り付ける位置にしるしをつけていたのですが,合わせる板の面を間違え,板一枚分ずれてしまったのです。
しかも,張り合わせてすぐに気づけば事なきを得たのでしょうが,半日以上かけて,しっかりボンドが乾いてから気づいたのですからシマツが悪い!

接着したところを,カッターの刃を滑り入れるようにしてはがしている写真なのです。

カット材を剥がしたあと

キズが最小限ですむよう,あまり力をいれずにカッターの刃を入れていきます。
板厚の半分ほどまではがせたところで,軽く板をゆすってみたところ,うまいこと外れてくれました。

化粧板表面に,生々しく傷がついてしまいましたが,スピーカーボックスの内側面に当たる部分のため,完成後には全く見えなくなる場所です。

不幸中の幸い,でした。

カット材を再度接着

正しい位置に張り合わせたあと。
はがしたところも,のりや木くずをできる限り削り取ったので,ほとんど目立たなくなりました。

ホッとしました!


2004.2.29 スピーカーボックスの製作3

 
その後もちょっとしたミスを繰り返しながらも,何とか進んでいくスピーカーボックスの製作。
ようやく,形になってきました。

もう少しで完成です。

3つの部品

カット材の接着を進め,左の写真のように3つの部品を作り上げました。
それぞれを接着して,1つの大きなパーツにします。

片面の側板を接着

その後,側板(茶色のカット材)を片面接着しました。
スピーカーの内部構造が分かりますでしょうか?
もう片側の側板を接着すると内部は見えなくなってしまうので,これが見納めです。

ターミナルを半田付け

2枚目の側板を貼り付ける前に,スピーカーターミナル(スピーカー線を接続する部品)を取り付けます。

スピーカーターミナル用の穴からスピーカー内部の配線を通し,半田付けします。

ちなみに,スピーカー内部用の配線は,自宅スピーカーのケーブルがあまり気味の長さだったので,少し切って使用しました。

ターミナルを固定

スピーカーターミナルは木ねじで固定するようになっています。
水平になるように,ターミナル両側の木ねじを締めこんでいきます。

化粧板とはいえ,表面に薄くコーティングされているだけなので,簡単にねじ込むことができます。

スピーカー内部の配線

スピーカーターミナルからスピーカーユニットへの配線は,側板で”ふたをする”前に通しておかないと,後で非常に苦労しますので,忘れずに。

側板を圧着中

最後の部品である側版を接着します。
しっかり接着できるように,重しとして自宅のスピーカーをのせています。

重しをのせるときは,ボンドの乾き具合を見ながら徐々にのせていかないと,ずれてしまうことがあります。
ずれていないか確認しながら,徐々にスピーカーをのせていきます。

 

前のページへ | 次のページへ

 


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.