加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2004.3.1 スピーカーボックス完成(片側だけ)

 
さて,側板をしっかり接着してとりあえず形になったスピーカーボックス。
早速,その外観をご紹介しましょう。

とはいえ,ステレオ再生するにはスピーカーボックスが2つ必要。
そのうちの1つが完成しただけなので,実際の音だし,チューニングは,2個目が完成後になります。

M8-BHとMM-151・前

比較用に,自宅スピーカーを一緒に写しました。
両方とも,使用しているスピーカーユニットは一緒で,DIY AUDIOのSA/F80AMGというモデルになります。

左が今回製作したマキゾウさんのM8-BH。
右は自宅用スピーカーで,長谷弘工業さんのMM-151です。

M8-BHとMM-151・横

横から見るとこのようになります。
M8-BHの奥行きは,MM-151のほぼ半分です。

M8-BHとMM-151・後

後ろから見たところです。
MM-151は,曲線カットされた板材をボルトで挟み込んで作ってあるのですが,その板が縞模様を作っています。

 
それぞれのスピーカーは,材質も異なり,M8-BHはシナアピトン合板,MM-151はMDF材でできています。
手で叩いてみても,音の響きが違います。
M8-BHは,カッ,カッ,という感じで,あまり響かず,硬い感じがします。
これと比べると,MM-151はコォン,コォン,と,少し響く感じがします。
スピーカー自体のサイズ以外に,材質も音の違いとして現れてくるのでしょうか?

ところで,上の両スピーカーで使用しているスピーカーユニット,SA/F80AMGを使った自作スピーカーのコンテストがサンバレーさん主催で昨日行われました。
一般の方を集めて,書類選考を通過した作品それぞれを試聴し,投票で順位を決めるといった趣向のものでしたが,同じユニットとはいえ,箱が違うと大分音が違ったようです。
本当は聴き比べにお邪魔したかったのですが,仕事もありましたし,東京では遠過ぎて・・・。

サンバレーさんのHPのほか,長谷弘工業さんのHPでも紹介されていますので,皆さんも是非ご覧下さい。
 


2004.3.10 両方完成しました!

 
ようやくスピーカーボックスが2つ完成しました。
ただ,見た目は立派なスピーカーになりましたが,出てくる音は,これから育てていかなくてはいけません。

ギターやバイオリンなどの楽器でも,弾きこんでいくことで音がこなれていきます。
逆に,技術のある製作者が,良い材料を吟味して作ったものでも,鳴らしていないと良い音は出ないともいわれます。

長谷弘さんのスピーカーボックスが完成した直後も,お世辞にも良い音が出たとは言えませんでした。
ただ,鳴らしこみを行うことでどんどん音が出るようになり,スピーカー内部の吸音材を調整したりもして,一年半ほどたった今では,大満足の音を出してくれます。
スピーカーを徐々に育てていくような感覚ですね。
そういった意味で,私はスピーカーを楽器だと思っています。

さて,そんなわけで,完成したM8−BHを自宅で鳴らしてみました。
とりあえず,吸音材もない状態でしたが,結果は・・・

私:「銭湯で,おじさんが演歌を歌っているような音」
嫁:「換気扇の中から聴こえてくるようだね」

という感想でした。
細かい音も出ておらず,何重にもベールをかぶったような音です。
吸音材もない状態ですし,新品のスピーカーユニットとスピーカーボックスですから,予想の範囲ではありましたが,これは育てがいがありそうです。
しばらくは,自宅にて鳴らしこみ(エージング)と吸音材や内部の調整(チューニング)をしていこうと思います。

さて,左の写真は,見てのとおり,ティーバックです。
別に,スピーカーを聴きながら紅茶を一杯飲もうというわけではなく,少し変わった使い方をしてみようと思います。

そのあたりは,次回お話ししますので,楽しみにお待ちください。


さて,本日,サンバレーさん(ザ・キット屋さん)のホームページでリンクしていただきました。
加藤モータースのトップページではなく,ショールーム・オーディオメイキングへのリンクとなっています。
本業である自動車関係のコンテンツも充実させていきますので,よろしければご覧下さい。
 

 

前のページへ | 次のページへ

 


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.