加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2004.3.12 M8−BHチューニング開始

 
いつもご覧いただきありがとうございます。

ようやく形になったM8−BHですが,ショールームデビューさせるにはまだまだ鍛えないといけない状態です。
自宅オーディオにつないで,できる限り鳴らしこむようにしています。
まずは,吸音材を調整することで,ある程度までチューニングを進めることにします。

自宅オーディオに設置した様子です。

左の写真下にわずかに写っていますが,自宅でのレギュラースピーカーであるMM−151はしばらく休養させています。
せっかくですので,塗装表面を仕上げなおしてみようかと思っています。

左右のスピーカーは,片側だけ調整をして,変更点のビフォー・アフターを比較していきます。
ただ,なじむまでの時間を置いた方が良いでしょうし,一日に何度も聞き比べるほど耳の体力や集中力も持ちません。
のんびりと楽しむことにします。

前回,意味ありげにお見せしたティーバックですが,中には左の写真のようなピラミッド型のものがたくさん入っています。

実は,MM−151は,このピラミッド型のティーバックを吸音材として使っているのです。
MM−151の吸音材は,製作直後から色々と試してきました。
そしてたどり着いたのが,このティーバックなのです。
このアイデアは,長谷弘さんのHPで紹介されていたものです。

わが家では,MM−151に,最終的に片側3個づつ,スピーカーユニットのすぐ裏側にぶら下げています。
これが一番,私の好みに合いました。


ただ,どうやらMM−151で通用したこの手が,M8−BHでも同じとはいえないようで,少々戸惑っています。
吸音材に対して,出てくる音の変化がMM−151とは大分違うのです。

鳴らしこむことでどんどん音がほぐれてくる時期でもありますので,あまり吸音材の状態を変更しても,訳がわからなくなってしまいます。
今は,とにかく音を出してあげることが第一ですね。

次回は,MM−151のチューニングをどのように進めていったのか,まとめてみようと思います。
そうすることで,M8−BHへのアプローチのヒントが見つかるかもしれませんから。
 


2004.3.21 MM−151の吸音材

 
今回は,少々話題を変えまして,自宅のスピーカー,長谷弘さんの「MM−151」のチューニングの経過をお伝えしようと思います。

バックロードホンやバスレフなどの形式のスピーカーは,スピーカーユニットの背面からの音を利用して,充実した低音を鳴らすことができるような構造になっています。
その中でもバックロードホンは,スピーカーユニットの背面に,ラッパのように徐々に広がっていく音道を設けています。
この「ラッパ」が低音を効率良く再生させるのですが,「ラッパ」から出てくる音に中・高音域が混ざると,スピーカーユニット前面から出てくる音と干渉して,にごった音になったり死んだ音になったりします。

スピーカーユニットは,コーンと呼ばれる振動板が震えることにより音を出している構造上,スピーカー前方への音と同様の音が背面に向かっても出ています。
背面への音には,ホーンで強調させたい低音だけでなく,中・高音域も含まれているのです。
そのため,「ラッパ」へ入力される高い音域の音を減らす必要があり,吸音材を用いることとなるのです。

ただ,吸音材の材質や量,置き方などで吸音される量が変わると同時に,低域の量感も変化するため,試行錯誤が必要になりました。

 
最初に使用した吸音材は,キットに付属のフェルトでした。
フェルトの長さは,スピーカーユニット背面の空気室の壁面に対して十分な長さがありました。
そのため,初期は余りをクルクルと巻いて,空気室の底に入れていました。
その後,フェルトの長さを壁面に丁度良いように切って見たところ,スピーカーからの低音がクリアに聴こえるようになり,全体に生き生きとした音楽が聴こえるようになりました。
吸音材の量が多過ぎると,音楽にとって大事な部分まで吸音してしまうようです。

ただし,吸音材がまったくない状態ではカンカンと響くような音になってしまいますし,濁って聴こえるのが気になります。
その状態では,「ラッパ」出口に耳を近づけて聞いてみても,低い音に混じって結構高い音まで出ています。

吸音材は多ければ良いというものでもなく,このあたりのバランスを取るのがバックロードホンスピーカーのチューニングの要となるようです。
 

 
その後,しばらくはフェルトを増減させて,好みの音を探ってたのですが,あるHPで,紙風船を吸音材に使っておられる方を発見しました。
なんと言っても,ほとんどお金がかからずに試すことができますので,早速小学校以来の折り紙をしました。
折り方を忘れてしまっていたのですが,インターネットで検索したら,動画入りで紙風船の折り方を紹介しているHPが見つかって助かりました。

その結果ですが,フェルトと比較して,かなり音が生き生きとしてきました。
音楽の鮮度とでも表現したらよいのでしょうか,非常に細かい部分まで表現してくれるようになりました。

高い音から低い音まで,まとまって出ているのはフェルトの方だと思います。
フェルトの方がしっかり吸音できているのでしょう。
しかし,紙風船の方が,少々暴れる音域もあるのですが,バンドなり,奏者なりがぐっと近づいてくるように感じられました。

紙風船の量を変化させても,音が変化します。
その傾向を,まとめると次のようになりました。

紙風船を増やす
紙風船を減らす

奏者から遠ざかる感じ。
音のまとまりが増す。
低音の量感が増す。

奏者に近づく感じ。
スピーカーから音が飛んでくる。
減らしすぎると,音が濁ったり暴れたりする。

低音を欲張りすぎても好みの音から外れてしまうため,できるだけ紙風船を減らす様に調整しました。
左の写真では合計6個の紙風船が入っていますが,最終的にはスピーカーユニットのすぐ後ろに吊るしてある3個だけにした時が私にとって最良の結果が得られました。
 

 
紙風船で一応満足のいく調整ができ,しばらくはその状態で楽しんでいたのですが,そんな時,長谷弘さんのHPでティーバッグを吸音材に使う方法が紹介されていました。

この方法も手軽に試せるものだったため,早速紙風船と交換してみました。
結果,紙風船と比較して,

音の暴れる感じがほとんどなくなり,結果として低音もグッと聴こえるようになった。
細かい音,小さい音まで聴きやすくなり,さらに奏者に近づく感じが得られた。

ティーバッグもその数を増減させて試してみたのですが,紙風船同様,スピーカーユニット背面に3こ吊るした状態がベストでした。
 

 
以上のような結果から,ショールーム用スピーカーのM8−BHは,当初からティーバッグを吸音材に使って調整を進めていくことにしたのですが,そのお話は次回。
 

前のページへ | 次のページへ

 


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.