加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2004.4.6 M8−BH・吸音材(フェルト)

 
M8−BHの吸音材として,ティーバッグとメラミンフォームを試してきました。
吸音材の材質,量,配置場所によって,効果の違いはあるものの,まだまだこれらでは吸音能力が不足しているようです。
そこで,さらに吸音効果のありそうな,フェルト素材を試してみました。
 

フェルト写真

 
フェルトは,長谷弘さんのキットに付属していたものが余っていましたので,これを使用しました。
幅はM8−BHの空気室幅に合わせて切り,長さを調整して入れてみます。
 

フェルト設置その1

 
まずは,スピーカーユニット背面と,空気室下部に1周ほど丸めて入れてみました。
やはり,今まで試した中で一番吸音能力はあるようで,共鳴音は全く気にならなくなりました。
ただ,依然として干渉音による濁りは残っています。
 

フェルト設置その2

 
空気室下部の丸めていた部分を切り取り,空気室壁の高さ丁度に調整してみました。
上記方法との効果の差は余りないようです。
共鳴音は気にならず,音の濁りがあるのは変わりません。
 

フェルト設置&ティーバッグ

 
干渉音をなくそうと,音道入口部分に吸音材を追加してみました。
ティーバッグ,メラミンフォーム,フェルトと手持ちの素材を変え,その量も変更しながら試していきました。
正直,どれも結果は芳しくなかったのですが,その中でも一番まともだったのが,左の図のようにティーバッグを2個入れた場合です。

音道入口の吸音効果を強くしすぎると,正直,聴けたものではない音になってしまいます。
その中でも意外だったのが,メラミンフォームを大量に突っ込んだ時のこと。
音道出口からの中・高音域がほとんどなくなると思っていたのですが,全く逆で,盛大に中・高音が出てきて,ひどく濁った音になってしまいました。
なぜなんでしょうね?
メラミンフォームと音道との間にすきまがあるので,吸音作用より,音道入口を狭くした弊害が出てしまったのでしょうか?

このように,フェルトを空気室に入れた状態で音道入口をいじるのは,音の変化は大きいものの,良い結果を得ようとすると難しい様です。
 

 
さて,期待していたフェルトも,共鳴音に関しては改善されるものの,相変わらず音の濁りは気になってしまいます。

長谷弘さんのMM−151と比べると,アンプのボリューム位置を同じにしてもM8−BHのほうが音量が大きいです。
スピーカーの元気が良すぎて音が暴れてしまうのでしょうか?

少し手詰まりになってしまった感もあり,マキゾウさんに現状を説明しながら相談のメールを送ってみたところ,直接お電話をいただき,いろいろとアドバイスをいただきました。
その内容については,次回。
 

 
2004.4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
M8−BHの吸音材を色々と試してきましたが,なかなか良い結果を出せず,マキゾウさんに相談のメールを出してみました。
その日のうちに,マキゾウさんから直接お電話をいただき,色々とアドバイスをいただきました。

その中で,次の2点をご指摘いただきました。

 
吸音材の量が絶対的に不足している可能性があるため,スピーカーユニットより下の空気室部分全部に吸音材を詰めてみてはどうか?

音道出口部分に吸音材を敷くと,中・高音の漏れに効果があるので試してみてはどうか?
 

お電話いただいたマキゾウの和田さんは,ご自宅でM8−BH(化粧板)を使われているそうです。
スピーカーユニットは,フォステクスさんのものだそうですが,空気室に吸音材を詰め,音道にも吸音材を敷くことで,しっとりと落ち着いた音になっているそうです。
吸音材も,マキゾウさんのところで扱われているM−Q(マキゾウ−吸音材?)を使用されているそうで,私も分けてもらうことにしました。

M−Qが届くまで,手持ちのフェルトを使って吸音材を増やした際の効果を確認してみました。
 

フェルト設置(量を増加)

 
左の図のように,フェルトを巻いたものを2つ,空気室に詰めてみました。
やはりマキゾウさんのアドバイスどおり,音が暴れるように濁る症状は大幅に改善されます。
結果,出てくる音も落ち着いてきて,濁りもほとんど気にならない程度になったので,あと一息,といったところです。

吸音材を増やす方法は非常に効果的なので,M−Qの到着を待ってフェルトと比較し,チューニングを詰めていこうと思います。
 

 
さすがマキゾウさん,自社製品の特徴とチューニング法を分かっておられます。
だいぶ遠回りをしてしまいましたが,一気に道がひらけました。

この分だと,M−Qという吸音材も,期待が持てそうです。
次回は,その結果をお伝えしようと思います。
 

前のページへ | 次のページへ

 


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.