加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2004.4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)

 
マキゾウさんから勧められたM−Q(マキゾウさんのところで扱っておられる吸音材)が届きました。
早速,ご紹介します。
 

 

 

 
送られてきたM−Q。
写真に写っている面は,突起状の凹凸になっています。
裏になっている面は,平らです。
 

 

 

 
突起面を拡大した写真です。
以前試したメラミンフォームと比べると,目が粗いです。

この吸音材を,空気室に入るサイズにカットして,試してみることにしました。
やわらかい材質なので,はさみを使って簡単にカットできます。
 

 

 

 
左の図は,M−Qを3段,空気室に入れた状態です。
この状態で,スピーカーユニットに当たるぐらいの高さになります。

1段づつ増やしていったのですが,3段でもまだ吸音しきれていないようで,音の濁り,共鳴音共,少し気になります。
 

 

 

 
そこで,突起面同士,平面同士を重ねるように入れなおしたところ,空気室に4段分入れることができました。
3段の時と比べて,吸音がかなり効くようで,濁り,共鳴音とも,ほとんど気にならなくなりました。
実際,音道の出口に耳を近づけて確認しても,中・高音の漏れは感じられません。
 

 
このように,M−Qを使用することで,非常に良好な結果が得られました。
ようやく,暴れる音が言う事を少し聞いてくれるようになったようです。

今後は,ユニット背後の吸音材を試したりして,この状態からもう少し追い込んでみようと思います。
 

 
2004.4.29 チューニングの追い込み方

 
今回は,話を少々脱線させて,私のスピーカーチューニングの追い込み方をご紹介しようと思います。

オーソドックスな方法として,聴き慣れた曲を使って音の判断をする方法があります。
私も,こうすることが 一番多いのですが,それ以外に2つほど,少し変わった(?)判断方法をとることがあります。

まずひとつめは,テレビ放送をソースとして鳴らしてみるのです。
特に,バラエティ番組で,数人が同時にしゃべるような番組,例えば,”踊る!さんま御殿”や”ビートたけしのTVタックル”などが判りやすい
です。
テレビ番組の再生音は,CDと比べると,ノイズが多かったり音がダンゴになりがちだったりと,きれいなソースではないため,かえってアンプやスピーカーの能力が試されてきます。
例えば,テレビ内蔵のスピーカーでも,数人が同時にしゃべっても,そのうちの誰かの声に意識を向ければ話している内容はわかりますが,アンプやスピーカーの能力が高ければ,”ボケッ”と聴いていても容易に会話が聴き取れてしまいます。
解像度と,音の分離能力がはっきりと出てしまうのです。
人の声,というのは一番聴き慣れている”楽器”だけに判断しやすいのです。
逆に,録音の粗も目立ってしまう場合もありますが。

もうひとつの方法は,スピーカーの正面から離れたところで聴いてみる,という方法です。
それも,壁を隔てた隣の部屋で聴こえる音から分かることも多いのです。
元々の再生音が整っていれば,壁を隔てて聴いても,音のこもり具合や,特定の音域が盛り上がって聴こえたりすることも少なくなります。
2つのチューニングを比較する場合,正面から聴くと同じくらい良く聴こえても,隣の部屋で聴く音には,意外に差があることがあるのです。

このことは, 自宅でのアンプをミニコンからキット屋さんの真空管アンプに変えたときにも,本当に驚きました。
音の”浸透力”とでも呼べばいいのでしょうか,離れた場所でも音が届いてきて,本当にきれいに聴こえるようになったのです(賃貸住まいですから,大して広くない我が家なのですが)。

このように,スピーカーからきれいに音が離れ,飛ぶようにした上で,音色の個性を判断していく方法をとっているのです。
ほかにも良い方法をご存知であれば,ぜひ教えてくださいね。

 

前のページへ | 次のページへ

 


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.