加藤モータースロゴ こちらは、旧ホームページのコンテンツです。現在のトップページは<こちら>
ウェブのアドレス

ショールーム・オーディオメイクアップ目次

ショールーム
ホームオーディオ
スピーカー編
 

 
2003.12.12 ショールームのオーディオ環境
2003.12.13 スピーカーの選定・その1
2003.12.17 スピーカーの選定・その2
2003.12.23 スピーカーの選定・その3
2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4
 (決定しました)
 
 
2004. 1.22 スピーカーユニットについて・SA/F80AMG
2004. 2. 8 マキゾウさんからのメール1
2004. 2.15 マキゾウさんからのメール2
 
 
2004. 2.21 マキゾウさんから
カット材が届きました
 
 
2004. 2.24 スピーカーボックスの製作1
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
 
 
2004. 2.26 スピーカーボックスの製作2
(事件発生!)
2004. 2.29 スピーカーボックスの製作3
2004. 3. 1 スピーカーボックス完成
(片側だけ)
2004. 3.10 両方完成しました!
 
 
2004. 3.12 M8−BHチューニング開始
2004. 3.21 MM−151の吸音材

 
2004. 3.26 M8−BH・吸音材(ティーバッグ)
2004. 3.30 M8−BH・吸音材(メラミンフォーム)

 
2004. 4. 6 M8−BH・吸音材(フェルト)
2004. 4.16 マキゾウさんからのアドバイス

 
2004. 4.20 M8−BH・吸音材(M−Q)
2004. 4.29 チューニングの追い込み方

 
2004. 5.18 M8−BH・吸音材決定
2004. 5.22 ショールームに設置しました

2003.12.12 ショールームのオーディオ環境

 
私ども加藤モータースには,展示車を2台置くことができるショールームを設けております。
お客様との商談や雑談の場として、非常に重宝しているのですが,より寛いでいただけるよう,ラジオやCDを流しています。

この音楽再生に使っているオーディオというのが,私が学生時代に購入したミニコンポなのですが,既に12年ほど使用しており,少々老朽化も目立ってきました。
自宅で使用しているオーディオの買い替えに伴ってショールームに持ち込んだものなのですから、仕方ないんですけどね。

自宅オーディオも,ここ1年ほどに渡って徐々に変更してきたのですが,ほぼ満足の行くものになりました。
そこで、今度はショールームのオーディオを整備していこうと思っているのです。
ただし,なけなしの小遣いをちょっとづつ貯めてやっていこうと思っているため,大分のんびりしたものになると思います。
自宅のオーディオで,色々とお世話になったサンバレーの大橋さんに相談しながらやっていこうと思います。

思い立ったのが2003年の年末。
果たして,いつごろ完成となるのか、こうご期待。

 


ミニコンD101

デンオン(現在のデノン)のミニコンポ。D101。
購入してから,バックライトの電球とCDのベルトを交換した以外は,故障知らずでした。
最近は,CDを認識しないことが多くなってきました。
多分,ピックアップ不良でしょう。

一番上のユニットが,プリアンプ+ラジオのチューナーです。
プリアウトの端子があるので,パワーアンプをいずれは替えようと思っています。


エアコンの上のスピーカー

とりあえず,ミニコン付属のスピーカーをエアコンの上に載せています。
片側のスピーカーの調子が余り良くないため,1つだけを使用しています。

普段のソースは,FM局をモノラルで受信して鳴らしています。
せめてステレオ再生をしてあげたいので,まずはスピーカーを変更しようと思います。

 

2003.12.13 スピーカーの選定・その1

 
前回にお話しましたように,ショールームのスピーカーはエアコンの上に載っています。
フロアに直置きするのであれば,背の高いトールボーイタイプと呼ばれるスピーカーか、または,スピーカースタンドを置いてその上にスピーカーを設置することになります。
ただ、あくまでオーディオは脇役ですから,少しの面積とはいえ、スピーカーにフロアを占拠させるのは本意ではありません。
そのため、新しく購入するスピーカーは,あまり誉められた場所ではありませんが,エアコンの上に置こうと思います。
必然的に,サイズ,重量ともに小さいものが良いのですが,なんと言っても最終的な音を決めるスピーカーですから,何でもいいとは言い切れません。

そこで、大橋さんに相談したところ,次のような機種を勧めていただきました。

 


ENTRY S

ALR JORDAN : ENTRY S

小型スピーカーでは,評価の高い機種のようです。
インターネットで検索をかけると,山のようにHPにヒットします。
それだけ、多くの人が満足して使用しているということでしょうか?


コンコルド105

ORTOFON : Concorde105

昔なつかしのレコードの部品で有名なメーカーだったようです。
年配の方だとピンとくるかもしれませんね。

 

ただ、どちらもサイズ的には非常によいのですが、リヤバスレフという構造になっています。
バスレフという構造のスピーカーの箱は,密閉されているわけではなく,穴があいているのです。
この穴は,空気が出入りできるようにしたもので、 特に低音の量感を作るものです。
ただ、私どものショールームの場合,エアコン上に設置すると,スピーカーの背面と壁が近接してしまうため,この穴が壁でふさがれるような格好になってしまうと思います。
すると、再生される音にも、多分に影響するでしょうから,バスレフ構造を採用する場合,穴はフロントにあいているものを選ぼうと思います。
或いは,別の形式のスピーカーを選ぶか,ですよね。

 


バスレフ概略図
リヤバスレフという構造を簡易的に示しました。
スピーカーを横から見て,茶色の部分がスピーカーの”箱”、黒いのが,実際に振動して音を作るユニットと呼ばれる部分です。
スピーカーの背面に,図のように穴を設けて低音をコントロールします。

 

2003.12.17 スピーカーの選定・その2

 
ショールームのエアコン上に載せることを考え,購入するスピーカーは小型のものを考えてみたのですが,このサイズだと,主な市販スピーカーはバスレフ方式を採用しているようです。
低音を痩せないように出そうとすると,密閉式などは採用しにくいのでしょう。
また、エントリーSやコンコルドなどのミニマムサイズのものだと、バスレフの穴もリヤに採用することが多いようです。
前回お話しましたように,リヤに穴があるものは避けようと思っているのですが,フロントに穴のあるタイプは,前回ご紹介した二機種と比べ,サイズが大きくなってしまいます。
サイズが大きくなるのは,設置するスペース的にも,財布的にも厳しくなってしまうため,できれば避けたいところです。

さて,自宅でのオーディオでは、スピーカーはキット製品を作って使っています。
長谷弘工業さんというところが出している,スピーカーの箱のキット(MM−151)に,スピーカーユニットを1つ付けて使っています。
この箱は,バックロードホンという形式のもので,スピーカーユニット背面からの音を,ラッパのようになっている箱内部を通すことで低音を補強しようとするものです。
詳しくは,長谷弘さんのHPを見ていただきたいのですが,これが非常に優れもので,新鮮,かつ、くっきりとした音楽を再生してくれます。

通常,市販のスピーカーは2way、または3wayと呼ばれる,複数個スピーカーユニットを使用したものが多いのです。
前回ご紹介したスピーカーは,それぞれ2つユニットがついていますよね。
高い音を出すのが得意なスピーカーユニット(ツイーター)と、低い方が得意なユニット(ウーファー)を使って,役割分担させています。
ただ、幅広い音域を再生させやすいというメリットがある一方,複数個の音の出口を作ることになってしまうため,音のまとまり感は、フルレンジと呼ばれるスピーカーユニットを1つだけ使用したスピーカーと比べると劣る場合もあるようです。

工作して作るのも,キット品は手軽にできますし,ショールームのスピーカー候補に入れても良いかもしれませんね。

 


自宅リビング

左の写真が,私の自宅のオーディオです。
今は,テレビの横にラックを組んでいますので,少し見た目が変わっています。

初めてこのスピーカーを見た人には,なぜか笑われてしまいます。
スピーカーの箱に対して,あまりにも小さい,豆のようなスピーカーユニットが1つついているだけなので、見た目に違和感があるのでしょう。
見慣れてくると,結構かっこよくも思えたりするのですが,これは自分で作った”親ばか”の度合もかなりあると思います。

詳しいことは、サンバレーさんのHP上でも紹介して頂いています。
自作オーディオ自慢の部屋,というコーナーにありますので,もしよろしければご覧下さい。

 

2003.12.23 スピーカーの選定・その3

長谷弘MM

 
左の写真が,自宅で使用中の長谷弘工業さんのバックロードホンキット,MM−151をサイドから見たものです。
もともとこのキットは,MDF(木材の砕片を圧縮して板状にしたもの)でできています。
MDF自体は、市販スピーカーの材料として,一般的に使用されているものなのです。
しかし,キットはMDFをカットしてあるだけなので,そのままでは外観があまり良くありません。
また,MDFは、ほこりや手垢などで汚れると掃除もしにくいため,わが家のスピーカーは下地を作ったあとでクリア塗装してあります。
さらに前側の板は、バーズアイメイプル(鳥目模様)の突き板を貼り付け,見た目をよく仕上げています。

横の板に見える黒っぽい丸は,ナットです。
このスピーカーキットは、カットした板を長いボルトと両端のナットで締め上げる構造になっているのです。
 

 

自宅で使用しているこのスピーカー(バックロードホン)の奏でる音は,非常に気に入っています。
ただ,見た目が少々寂しいため,購入後、色々と手を加えてきました。
現在の形になるまでに,再三の塗装をしたり,つき板を張ったりと,半年以上かかりましたが、そのかいあって結構良いできになりました。

ショールームに導入するのに,このバックロードタイプもいいかもと考え始めたのですが,長谷弘工業さんのキットでは,そのままでは見た目に少々の難があり,それなりの仕上げをするには手間がかなり掛かります。
そこで,同じバックロードホンタイプのスピーカーキットですが,表面を化粧板で仕上げたタイプも扱っているマキゾウさんのものに目をつけ,色々と相談にのっていただこうと思っているのです。
マキゾウさんのカット精度は,ネット上での評価も高いようですし,化粧板を使ったものであれば,完成後の見た目も市販品に劣らないものになるでしょうから(?)。
 

 

2004. 1. 4 スピーカーの選定・その4(決定しました)

 
案の定,年越しの計画となってしまったスピーカーの選定ですが,実は,この年末のどたばたの中で,決定しました。
前回にお話した、スピーカーカット専門のマキゾウさんで,スピーカーボックスの板材をカット,加工していただき,実際の製作は私が行うことにしたのです。
そのほか,スピーカーユニットなど,決定した事項は下にまとめておきますので,よろしければご覧下さい。
マキゾウさんでのカット材の納期が1ヶ月ほど掛かるとの事ですので,実際に製作にかかるのは1月末から2月頭ごろだと思います。
それまでは、楽しみに待つこととします。

マキゾウさんや、サンバレー・大橋さんに色々と相談し,決めてきましたが,良い音がなるものに仕上げようと思います。

スピーカーボックスマキゾウさんにて発注
形式M8−BH 
(8cmフルレンジ・バックロードホーン型)
材質シナアピトン合板
化粧板ライトメープル+グレンソンチーク
その他鬼目ナットにてユニット固定
スピーカーユニットサンバレー・キット屋さんにて発注予定
メーカーDIY AUDIO
型番SA/F80AMG 
(8cmフルレンジユニット・マグネシウムコーン)
スピーカーターミナル大竹電気さんにて購入済み
メーカーTritec
型番CU-T40

 


加藤モータースロゴ
Copyright (c) 2000,2011. Kato Motors.