イベント

総合文化センターのイベント

インド政府派遣『マニプリ舞踊』
タゴールダンス
インドヨガ体験
伝統アーユルヴェーダ料理講座
インドの神様講座

インド式コースターをつくろう
やってみよう!インド式算数
アマラさん教えて!南インドってこんなところ
インド絵本の読み聞かせ
インドぬり絵コーナー
今すぐできる。あなたの国際協力




みなくる広場ステージのイベント

ボリウッドダンス
東インド古典舞踊オディッシー
バラタナーティヤム
インド政府派遣『マニプリ舞踊』
インド人留学生グループ ダンスステージ




総合文化センター
 


観覧無料・自由席

インド政府派遣
『マニプリ舞踊』
出演:PANTHOIBI THANG -TA & JAGOI SINDAM SANGLEN
プロフィール
マニプリ舞踊は、北東インドのアッサム地方、ミャンマーとの国境に接するマニプル州の民族舞踊で、インドの6大古典舞踊の一つ。
「マニプリ」は宝石という意味の言葉です。マニプリ舞踊の優雅な、流れるような舞踊フォームは、他の古典インド舞踊には見られない美しさがあります。 ノーベル文学賞を受賞したインドの詩聖ラビンドラナート・タゴールが、この舞踊の美しさに感銘し、世界に紹介しました。マニプリ舞踊は、男性と女性の相異なる2つのダンスフォームによって構成されています。女性の踊り「ラースヤ」は、クリシュナの話の「ラーダーとクリシュナ」をテーマにしたソロまたは群舞です。男性の踊り「タンダヴァ」は、躍動的で太鼓のリズムにあわせて活発な動きのある踊りで、マニプリ武術や太鼓踊りを基に、アクロバティックな回転や跳躍が盛り込まれています。

時間:《入場》12:45~ 《開演》13:00~
場所:小ホール
定員:当日先着280人
※受付等はございません。

 



観覧無料・自由席
タゴールダンス
出演:小久保シュヴァ & インディアン クラシカル ダンス トゥループ
プロフィール
アジアで始めてノーベル文学賞を受賞し、インド国歌の作詞作曲も手掛けたインドの文豪。今年はタゴールが日本に初来日してからちょうど100年。
タゴール自らの詩に古典舞踊の動きを取り入れて振付けたダンスをお楽しみください。

時間:《入場》14:45~《開演》15:00~
場所:小ホール
定員:当日先着280人
※受付等はございません。
アジアで始めてノーベル文学賞を受賞し、インド国歌の作詞作曲も手掛けたインドの文豪。今年はタゴールが日本に初来日してからちょうど100年。
タゴール自らの詩に古典舞踊の動きを取り入れて振付けたダンスをお楽しみください。

時間:《入場》14:45~《開演》15:00~
場所:小ホール
定員:当日先着280人
※受付等はございません。

 



事前申込
インドヨガ体験
講師:ダバス・チャンドラカント プロフィール
ココロもカラダも喜ぶ呼吸法と基本のポーズで内面から美しくなりましよう!
※小さなお子様のご同伴は、ご遠慮ください。

料金:500円
時間:10:30~11:30 ※10:00より受付開始
定員:先着30人(事前予約優先)
持ち物:動きやすい服装  ヨガマット(バスタオル可)
注意事項:更衣室はありません。ご了承ください。

事前申込
定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。


 



事前申込
伝統アーユルヴェーダ料理講座
講師:ダバス・チャンドラカント
インド人にとって、アーユルヴェーダ(インド伝統医療)は特別なものではなく、日々の生活の一部として根付いています。 昔から伝えられているアーユルヴェーダを分かりやすく紹介しながら、身体にやさしい料理を作ります。

料金:1,000円
時間:13:30~15:30 ※13:00より受付開始
定員:先着25人(事前予約優先)
持ち物:筆記用具

事前申込
定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。

 


事前申込

インドの神様講座

講師:鈴木 孝典
「ガネーシャ神はなぜ象の頭なの?」など、インドの神様にまつわる興味深いお話しを紹介します。

料金:無料 事前申込
時間:11:00~11:45
定員:先着25人(事前予約優先)

 


当日

インド式コースターをつくろう

講師:ニレン・バット プロフィール
インドってどんな国?ヒンディー語ってどうやって書くの?
インドをイメージしながら、自分だけのコースターを作ろう。

料金:無料(当日先着順)
時間:①10:45~11:30 ②13:30~14:15 ※10:30より受付開始
場所:展示ギャラリー
定員:当日先着15人
 



当日
やってみよう!
インド式算数
講師:ムトゥバブ シリダルバブ
頭の体操をしませんか!バブさんがわかりやすく教えてくれます。
インド式算数をマスターして、あなたも計算名人!

料金:無料(当日先着順)
時間:①11:15~12:00 ②15:00~15:45
場所:展示ギャラリー
定員:各回 当日先着45人
対象:
どなたでも(お子様の参加も可)
 



当日
アマラさん教えて! 南インドってこんなところ 
講師:アマラさん(Amala Jerline)
インドといえば、カレー?タージマハル?
インドは地域によって、言語、文化、そして食事などが全く異なります。
南インド特有の文化や生活を聞いてみよう!

料金:無料(当日先着順)
時間:14:15~14:45
場所:展示ギャラリー
定員:各回 当日先着45人
対象:
どなたでも(お子様の参加も可)
 



あつまれ!ナマステ☆キッズ
インド絵本の読み聞かせ
インドの文化に触れてみよう!
ネイティブの方が「ヒンディー語」と「タミル語」で絵本を読んでくれます。日本語の読み聞かせもあるので、お気軽にご参加ください。
時間:13:00
場所:展示ギャラリー
インドぬり絵コーナー 
インド象や、ランゴリ模様を好きな色にぬって飾ってみよう!
参加いただいたお子様には、ナマステバッジなど記念品をプレゼント!
時間:10:30~
場所:展示ギャラリー
対象:小学生以下のお子様
 



今すぐできる。あなたの国際協力
~「書き損じハガキ」でインドの村おこし~
家に眠っている書き損じハガキや、使い残したハガキを国際協力に役立てませんか?
集まったハガキは、インドの村おこしに活用させていただきます。
皆様のご協力を、よろしくお願いいたします。

場所:展示ギャラリー





みなくる広場ステージ観覧無料
 



ボリウッドダンス
出演:Yukie Indian dance company SAMPATTI
プロフィール

時間:12:05~


インド映画の中で必ず踊られる華やかな歌やダンスのシーンを再現したボリウッドダンス。 今やレディー・ガガもオファーをかけるほど、ハリウッドでも注目されています。 豪華な衣装と陽気な音楽、そしてキュートなしぐさに心も体もワクワクすること間違いなし!みんなで一緒に盛り上がろう!

 



東インド古典舞踊オディッシー
出演:三浦知里&Tridhara Japan
プロフィール

時間:13:50~


東インド、オリッサ地方で紀元前1世紀頃には既に源流がありました。
オディッシーは、宇宙の主ジャガンナート神を祀る寺院内でマハリと呼ばれる神に仕える女性たち等によって踊られ、継承されてきました。
踊りの特徴は曲線的で優美な体の屈曲で、石造寺院の彫刻達が動き出したかのようです。これはオリッサ地方に多く残されている、石造寺院の彫刻などから影響を受けています。インド舞踊は踊るヨガとも呼ばれます 。



 



バラタナーティヤム
出演:櫻井暁美とギータンジャリダンサーズ
プロフィール

時間:14:25~


バラタナーティヤムとは、一言で祈りの古典舞踊と言えます。南インド、タミールナドゥ州のヒンズー寺院の巫女によってシヴァ神に奉納されていたソロ舞踊が起源です。巫女制度の廃止後20世紀になって一般に開放され、現在はインドを代表する芸術文化として、世界中で愛好されています。メリハリのある直線的な四肢の動きは抽象的でダイナミック、豊かな顔の表情はあらゆる感情を表現し、複雑な手指は物語を語ります。使用する音楽は、カーナティック旋律,詩はサンスクリット、タミール語、テルグ語等です。




 



インド政府派遣
『マニプリ舞踊』
出演:PANTHOIBI THANG -TA & JAGOI SINDAM SANGLEN

時間:15:00~

 



インド人留学生グループ ダンスステージ
出演:ジャイホー
時間:15:50~

全員南インド出身の留学生グループ。
グループ名のジャイホー(Jai Ho)とは“May there always be victory -いつも勝利があなたと共にありますように-” という意味です。私たちはインドの様々な音楽、伝統的なものや新しいものを取り混ぜたダンスをします。
私たちと一緒にインドダンスを楽しみましょう!





刈谷市国際交流協会
〒448-0842
 愛知県刈谷市東陽町1-32-2 
 
TEL:0566-62-1209
 
FAX:0566-21-0030
 Email:kokusai@katch.ne.jp

このイベントは、毎年秋に東京の代々木公園で行われる日本最大の日印文化交流イベント[ナマステ・インディア]の協力により、刈谷市国際交流協会が東海地区最大級のインドイベントとして開催します。

Copyright(c) KARIYA INTERNATIONAL FRIENDSHIP ASSOCIATION, all rights reserved.

刈谷市国際交流協会

ページトップへ戻る