平成14年11月分はこちら。ここまで方向性が滅茶苦茶な月も珍しい。


11月1日 「私らしく 音痴ver.」

 折角だから、俺は赤の扉を選ぶぜ「くもきゅー」一周年歳時記、別バージョンも収録。ややアンダーグラウンド風味。

 秋に想い、冬に喜び、春にまどろみ、夏に惑い、そして……季節は一巡りしてまた秋に。約一月ほど存在していない時間がありましたが、何とか一周年を迎えることができたようです。この一年間を、他の表現を以って例えるならば

結婚生活。

最初はいいんですよ、未来への展望や人生設計に浮かれていればいいんですから。しかし夢と現実とのギャップに苦しむようになると、さあ大変。自分一人でいた時と勝手が違うのは当然ですし、かといって自由気ままに振る舞うわけにもいかないし。あまつさえ子供まで出来てしまうと

イチャイチャすることすら出来なくなること必至。

毎日毎日、同じ顔ばかり見ていると飽きてくるとは思いますけどね。全国の見合い結婚夫婦の皆さん、ご愁傷様です(意味不明どころか暴言)。でも、だからこそ平凡な日常に刺激を与えてくれる一言に狂喜乱舞することもまた事実。もっとたくさんの刺激に悶えるを得るために、まだまだ頑張りたいと思います。

人生の墓場と言われようとも。

……文体を変えずにマテリアルだけをいじるのは、意外と難しいようです(笑)。


11月2日 「岩田裕っぽい」

 「袖擦り合うも多生の縁」という言葉もあるくらいですし、「存在を認知した時点で相応しくない言葉なのでは」などと思うのは考えすぎでしょうか?

 普段何気なく使用している言葉シリーズ、今回は「赤の他人」です。日常生活で頻りに使うというほどではないと思いますが、それなりには耳に覚えのある語句だと思われます。使う時の例としては

知人に対しての評価とか。

言ったことのある人、正直に手を挙げてー(笑)。まあ、実際は「赤」というのは当て字に近いものであり、本来は「あか」で「それ以外の何物でもない」という意味を指すものなのですが。仏典説に照らし合わせて考えるならば、「あか」は仏に供える浄水を意味する「阿伽」から来ており、「水のように冷たい、まったく縁のない他人」という意味だとか。

いかにもこじつけっぽいです。

というわけで、もし赤以外の色ならどういう意味を持つのか、ちょっと考えてみました。まずは青。「歳が若く、経験が浅い」という意味を持つため、

厨房お子ちゃまを嘲る語句に認定。

次に黄色。「黄色い声」などで「普通よりも調子の高い」という意味を含むことより

天下の往来でテンパったりしている知人に対して使用。

最後に三原色を均等に混ぜて出来上がる緑。これまでに挙げた全ての要素を含むわけですから「水のように冷たく、子供で、テンパっている人間」……

そりゃ他人決定だわ。

いや、研究対象としては面白い逸材だと思いますが(笑)。


11月3日 「Trick or 七五三」

 お祭りのパフォーマンスというセンもあり。丁度、商工祭が開かれていたらしいので。

 それは仕事に向かう途中のこと。道路の向かい側に、小さいお子さんやら保護者っぽい方やらで構成された混成遊撃部隊団体を発見し、「ちょっと早いけど七五三かな?」と一人合点。確かにいるいる。晴れ着を着たお子ちゃまやら、天使と悪魔の恰好をしたお子様やら、「如何にも魔女です」と首にプラカード下げて歩いた方が相応しそうな帽子を被ったオバちゃんやら、赤い服を着たカーネルサンダース白いお髭のオジちゃんやら……

って、ちょっと待てい。

何なんだ、その統一性のなさは! ハロウィンはもう過ぎただろ! 七五三はまだ先だろ! クリスマスなんて

大嫌いだー!

……じゃなかった、さらに先だろ! まともな恰好&晴れ着を着ているお子ちゃんがいることから察するに、恐らく七五三がメインなのだとは思いますが、

絶対何か勘違いしてます。

大体、これがもしハロウィンの仮装行列だとするならば、もうちょっとそれらしくして欲しいものです。やはりハロウィンといえばジャック・オー・ランタン。ジャック・オー・ランタンといえばカボチャ。カボチャといえばカボチャパンツ。カボチャパンツといえば

白いタイツを履いて白馬に乗ったおじさま。

……すいませんごめんなさい今のままで充分でござりまする(平伏)。


11月4日 「他人の振り見て」

 偽造なんてのは、どの段階でされているか分からないからこそ怖いんですよ? いえ、独り言ですが。

 ついに魚にまで履歴書が必要な時代に突入したようです。これならあと少しでドラえ……いや、ゲフンゲフン。詳細を述べますと「トレーサビリティー(生産履歴の追跡)と呼ばれ、育てた環境の良さ、薬を使わない飼い方や加工法などを記入した『履歴書』と、他の魚と区別するためのシールを添付している」とか。まあ、大まかに言って「魚」というだけで、

実際にはブリのみですが。

ブリ履歴書量産の暁には、連邦なんぞ……全ての魚に取り付けるほどの意気込みだとは思いますが、現在の所は試作段階のようです。もし市場に出回るようになった場合、例えばこんな感じ?

「よ、奥さん! 今日も綺麗だねえ!」

「あらやだよ〜、本当のこといっちゃあ」

「そんな美人の奥さんにオススメなのがこのブリ! どうだい、この色! このツヤ! コイツはかの有名なギアナ高地でピラニアどもと死闘を演じ、見事エンジェルフォールを上りきったキングオブハートな逸品だよ!」

いてたまるか、そんなブリ。

「まあ、これが本場のブリなのね」

ていうか、そもブリいねぇよ。

「おうよ! 初ギアナ高地ブリを食わなきゃ江戸っ子が廃るってもんだ! さ、一本どうでぇ!」

「ん〜……でもそれを証明できるものってあるの?」

「へへっ、そう来ると思ってたぜ! 眼ん玉おっぴろげてよく見さらせ! コイツが血統書……じゃなかった、履歴書よ!」

趣味:殴り合い 特技:爆熱ゴッドフィンガー 

手がないだろ、指も。

冗談はさておき、これぐらいしないと消費者が安心して購入も出来ないような世の中って事ですか。無添加から薬漬け、そして今度はまた無添加に……人間の業はエンドレスワルツの如し、ですねえ(呆)。


11月5日 「がんばるー」

 PC起動中、おコタに入れないのは本当です。寒いのなんの。

「……何やってるんですか、管理人さん」

「見て分かりませんか? おコタに入ってるんですけど」

「いや、そうじゃなくて」

「お目が高い。サンドウィッチ。晩飯です」

「そうでもなく」

「……えー? まだ何か不満でも?」

「今日の更新はどうしたんですか。帰ってきてPSOしておコタ入って……」

「お休み」

「身もフタもないですねえ。お客さん呆れますよ?」

「既に呆れきっているかと」

「ただでさえ一月ほど不在にしてたというのに」

「あれは長い夏休み」

「つい先日、『料理を食べてくれる人が一人でもいる限り』とか言ったばかりじゃないですか」

「にゅう」

「そんなグラスランナー語で鳴いても駄目です。現実逃避もいいところですよ?」

「……いいじゃないですか、別に……ぶつぶつ……」

「新兵がよくかかる病気のふりしても駄目です」

「だって受験生ホムペ作りに逃げてすぐ閉鎖してるじゃん!」

「そんな浪人予備軍っぽくなりたくなかったら、ちゃんと更新しましょうね?」

「……ううう(泣)」

ちなみにネタですので本気にしないように。いえ、本当ですじょ?


11月6日 「60kgてどんなん?」

 戦時下では貴重な栄養源だったらしいです。全身是でんぷんですから。

 「食欲の秋!」などと言ってられないほど急転直下に人を殺せそうな気温を見せる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。三食チョコオンリーでも大丈夫そうなのに

カレーは二食連チャンでいっぱいいっぱいな

メタトロンです。ご飯だけなら問題ないのに、カレーがかかるだけで何故こうも……しかし、そう考えると炭水化物なら毎食でも平気というのも不思議な話です。流石にご飯だけで毎日三食オールオッケー! な方は

一度病院へ行くことを推奨しますが。

主食となるものに必要なのは、栄養素として多量の炭水化物を摂取できること。その条件を満たしているものは……やはり米、パンと非常にオーソドックスなものから始まり、続いてラーメンなどの麺類や、お好み焼き、たこ焼きなどの小麦粉料理。この辺ならば三食でも何とか耐えられそうです。流石に

お好み焼きを主食におかずは食べれませんけど。

ついでに言えば

たこ焼きはオヤツ以外の何物でもないです。

一度、ラーメンとお好み焼きという組み合わせで食したことがありましたが、ワケも無く泣きたくなりましたし(笑)。まあ、それでもギリギリ許容範囲だとは思います。どう考えたところで

三食でんぷんよりはマシですから。

じゃがいもは人類の敵だと悟った瞬間(6月8日付参照)でした(笑)。


11月7日 「悩みの青い種」

 さらに言えば「くもきゅー」の日付は一日遅れのため、より拍車がかかってます。頭いた。

 私の職場が特殊なのか、製造業ならば全てがそうなのかは存じませんが、非常にややこしい日付の中での生活を強いられています。仕事場ではカレンダー通りの日付ではなく、○○出荷日という一日進めた日付、つまりは「○○日に出荷する分を作る日」として扱うわけですが、これを何の注釈も無く平然と使われた日には

頭の中で妖精さんが踊りだします。

曜日まで同じ要領で扱うので、慣れるまでは大変でしたとも、ええ。そのおかげで一日休みをふいにしてますしねえ(憮然)。昨日の話なのですが、自分の上司に「休日が変わるかも知れないけど、いい?」と聞かれ、どう変わるのかと尋ねたところ、私の相方と共に「片方は水曜から出勤、もう片方は金曜から出勤するようにして欲しい」とのお答えが。流石に「休日の日数自体は変わらないんですか?」とは

怖くて聞けませんでしたが。

ちなみに週休二日制です、とりあえず今の所は(笑)。さて、ここで問題。もし休日がこの通りに変わったとすれば、私の休日は何曜日と何曜日になる可能性があるでしょうか? はいそこ、

紙とペンは使用禁止。

ついでに指も(笑)。


11月8日 「達磨さんの気分」

 増やせないのは辛いことです。だから増やすことに喜びを覚えるのかも?

 今日も今日とて5冊ほど本を買って参りました。それでもソードワールドのリプレイは見つからず終いですが(泣)。その中の1冊からの引用。

「ショックのインパクトが、さ。全財産入ったサイフをどかんと落としたデカさより、じわじわ預金が減ってくサマを見る感じ?」

「わかるようなワケわからんな」

すんごいよく分かるんですが。

一撃でザクッと持っていかれるより、チマチマと削られることの方が精神的にはよろしくないんですよねえ。格ゲー然り、実生活然り(苦笑)。ここまで実感のこもった台詞を出せる辺り、

作者さんの実体験かと。

漫画家さんとか文章書きさんは、社会的信用がゼロに等しいらしいですし(笑)。


11月9日 「天翔乱姫」

 ちなみに模造刀を買ったのも大須です。……最近は振るってませんけど。

 休日の真っ昼間に携帯の着信音で叩き起こされ、名古屋は大須へ行ってまいりました。この大須という所を言葉で表すならば、食事処あり、娯楽あり、電気屋あり、露店あり、怪しい店ありとオモチャ箱を引っくり返したような所です。別の表現をするならば「人生の終着駅」や「パラダイス」や「異次元」といったところでしょうか。何せ

ポスターのはみ出したリュックを持った人が普通に闊歩してますし。

そんな妄想ピンク色異色に彩られた街並みの中で、一際怪しい輝きを放つ店(?)が我々の前に姿を現しました。入り口付近に店員さんらしき姿がある以外、中は全くの無人。何を扱っている店なのかと思ったら、ご丁寧にもポスターが貼ってありました。そのポスター卿の宣うことには

ガチャガチャ100台設置の店。

……そりゃ人引くわ(笑)。まあ、足を踏み入れたからには一度くらいやってみようかなと、同行していた知人と同じガチャガチャをしてみました。その知り合い曰く、「3回やって同じのが2個、欲しくないのが1個出た」とのこと。私より先にコインを投入し、引き当てたのは記念すべきダブり3個目。次は私の番と相成るわけですが、

どういうオチかは予想がつくことかと思われます。

こういう時に限って私は幸運を無駄遣いするらしく、ピンポイントでご希望の品を引き当ててしまうわけですが(苦笑)。で、それを見た知人の「くれ〜!」と叫ぶ表情の必死なことといったらもう。「どうしようかな〜?」などと焦らしていましたが、今にも掴みかからんばかりの勢いでしたし。というか

目がマジでした。

あまつさえ「PSOのガチャガチャやるから、それと交換してくれ〜!」と、私が承諾する間もなく200円を機械に投入し、落ちてきたカプセルを手渡すと同時に、私の手元にあったカプセルをもぎ取っていきましたとさ。めでたしめでたし。まあ、別段惜しいとも思いませんし、構わないんですけど。

そういう趣味はありませんし。

「餓狼」の双葉ほたるて……いや、何も言いますまい(笑)。


11月10日 「答えはパーだ」

 選考会は「ギョーザ王選手権」ということでお願いします。……駄目ですか?

 競輪が不振かと思えば、今度は競馬ですか。つくづくレースは「息を呑むようなデッドヒート」なんて言葉とは無縁になりつつあるようです。そんな折、赤字経営が続く宇都宮競馬が、別の名産物に光明を見出しました。その名は「宇都宮餃子(ギョーザ)」。何というかもう

別の意味で息を呑む必要がありそうです。

耳に赤鉛筆、片手に競馬新聞、そしてもう片方の手に牛乳を握り締めるのがトレンドかと(笑)。とりあえず本日、最初のギョーザレースを既に行なってしまったようで、レースの銘が「宇都宮餃子会長賞」。

餃子関係ないじゃん。

ていうか誰だ(笑)。そして来年の一月まで「焼餃子」、「揚餃子」、「水餃子」と餃子レースを続け、優勝した騎手や馬主に餃子を贈るとか。

どなたもやる気なさげかと。

さらにはPRのために「餃子ガール」を登場させる予定だそうです。そこまでするのならば、パラソルがギョーザ型だとか、ギョーザの着ぐるみを装着しているとか、そんな安易なオチは許しませんよ? 餃子ガールといえばやはり

白粉塗って目が丸くて赤いほっぺで帽子被って「天さん!」と叫ばないと。

「武空術はデフォってことで(まひょ〜〜〜ん)」「あ……あの、三頭身というのはチョット……」


11月11日 「最終兵器彼氏」

 仕事中に思いつくのは勘弁してくれなさい。本気で電波系の人だと思われそうです。

 只今、CATVで佳境を迎えつつあるGガンダム。次々と「なんじゃこりゃー!」なガンダムなわけがない物体が出てくる中、一際地味街道まっしぐらなライジングガンダム。元々、主人公一番機であるシャイニングガンダムのプロトタイプであるという設定のためか、ネーデルガンダムや旧シャッフル同盟とタメを張れるほど冴えないガンダムですが、実はこのライジングガンダムには、ある恐るべき秘密が隠されていたのです。それでは!

妄想想像ファイト! レディィィィィッ! ゴォォォォォッ!

ライジングガンダムというのは、元々ウルベ少佐のために運ばれたガンダムで、本来ならば

彼が乗るべきはずでした。

はいここ、試験に出ます。閑話休題、しかしドモンに事の真相を伝えるべく、レインが強奪、乗り込むことと相成りました。その後、アレンビーのウォルターガンダムと死闘を演じることになるわけですが、

そんなことはどうでもいいとして。

MFというのは乗り込む際にラバースーツを身をまとうわけですが、女性キャラはやはりファンサービスなのか、むさ苦しい男どもとは少し趣が異なります。ちなみにレインはピンクの全身タイツの上から黒のハイレグ水着を着たような恰好です。ここで既に

「歳を考えろ」とか突っ込みたいのは山々ですが

驚愕の真実の前では些細なことなので黙殺。ここで注目していただきたいのが、先に述べた「元々ウルベ少佐のために運ばれたガンダム」であるという点。そう、もし順当にウルベが乗り込むことになっていたならば

ムキムキマッチョのハイレグ盛り、一丁上がりです。

……正気か、ネオジャパン上層部。いや、あの濃さの固まりである東方不敗に対抗するには……って、東方先生スーツ着てない!? うわ、また疑問点が(汗)。


11月12日 「子猫物語」

 そのタイトルはどうかと。プー助、報われなさすぎです。

 何がしかをする人に「er」を付けるのは英語のお約束。日常で和製英語が最も飛び交うのは主に二次元の世界だと思われますが、例えばその代表格であるゲームの場合。一般には「ゲームをプレイする」という観点からプレイヤーと呼ばれることが多いはず。これをもしゲーマーなどと呼んでしまうと

一気に濃さが増します。

何の濃さかは気にしないという方向で(笑)。同様に、不正行為であるチートの場合。これを不正プレイヤーと称する場合はいいのですが、そのままチーターとしてしまうと

何だかハイエナっぽい響きです。

動物のチーター、いい迷惑かと。では、冒険をせずに延々チャットばかりしている人は何と呼べばいいのか? chatにer付けて「チャッター」だとどうにもしっくりこないし……う〜ん(沈思黙考)……ポク、ポク、ポク、チーンッ! よし、これだ!

命名、チャトラー。

……木箱に入って川流れした挙句、見知らぬ地で穴の中に落っこちてそうです。何となく。


11月13日 「ヘビィだぜ……」

 パンは反則ですけど。腹持ち悪いですし。

 数日前に「主食同士の組み合わせはどうかと」などと話しましたが、冷静に見返してみると巷に溢れてます、そんな取り合わせ(笑)。まあ、主食同士というよりは炭水化物同士というものが多数ですが、一例を挙げてみましょうか。まずは炭水化物というより油の固まりといった感じのハンバーガーとポテト。別の意味で胃にもたれそうですが、特にどうということもなく食べられることと思います。もっとも「これだけで毎日三食オヤツOKね! HAHAHA!」という方は

おとなしくメリケンへ帰化してくれなさい。

フライドチキンにポテトの組み合わせも同罪(笑)。次にきりたんぽ鍋。米を潰して作ったちくわとも言えるだけに、例えようもないくらい全身是炭水化物です。元々は保存食だったらしいので、おにぎりの同類かと。「それなら素直に米と鍋で食えよ!」と突っ込みたいのは山々ですが

郷土料理なので許します。

名物に美味いものなし……いや、独り言ですよ?(笑) さらには普通に頼んでそうなラーメンセット。ラーメンに米という、正に日本と中国の文化が織り成すハーモニー。これぞ世界に誇れる友情のメニュー!

米の発祥地は中国ですが。

ちなみにサイドメニューなしでラーメン&ご飯を食べた場合の方が、何だか満腹な気がします。そして究極の組み合わせ! これぞ、炭水化物の中の炭水化物、ザール・エ・ザール!

ご飯にイモの天ぷら。

……うぷ、想像しただけで胸やけが……。


11月14日 「喉元過ぎれば」

 いえ、完食はしましたよ? あれを「食べた」と形容したならば、の話ですが。

 嫌な予感がする。そう思いつつも、歩を進めずにはいられなかった。そして主目的である弁当を物色した後で、ショーケースの中に燦然と輝く勇士が二名。その眼差しは私を真っ直ぐに射抜き、「誇り高き我が名を称えよ」と訴えているようでした。そして私は叫んでしまったのです、その大いなる言葉を。

「焼き芋まんとショコラまん、一つずつください」

……この真実の戦いを後の世に伝える前に、一言だけいわせていただこう。

私に恨みでもあるのか、井○屋よ。

毎度毎度、性懲りもなく……宿敵は雲の上で胡坐をかいているやつだけで充分です。それは兎も角、冷めると別の意味でマズそうなため、PSOのオンラインに姿を現しつつパクつくことに。オイシイものは取っておく主義なので、まずは焼き芋まんから。パクッとな……一口、二口、三口……うむ、まごう事なき焼き芋の味。皮がピンクな事と、やたらベトつくという事以外は普通っぽいです。まあ、あえて言うならば

中華まんの皮が邪魔。

って、存在意義を根底から覆してどうする(笑)。さて、とっておきの自慢の拳……じゃなかった、ショコラまん。皮の色が黒砂糖のそれ以外の何物にも見えない時点でかなり引いてますが、敵前逃亡は銃殺刑なので食わざるを得ないようです。えーと、遺書よし。生命保険よし。あとは……思い残すことはなし、と。では、いざ! カプッ……モシャモシャ……ゴクン。

「ごめんなさい。こんな時、どんな顔をすればいいのか、分からないの」

「笑えばいいと思うよ」

笑えるか、馬鹿。

味については予想通りだと思われますので、多くは語りません。この手に残るものはたった一つ。

「チョココロネまん」に改名してくれなさい。

♪次のじ〜かんを待っ〜て〜る〜 止〜まれない〜 い〜ま〜♪ ……いい加減、打ち止めにしてくれませんか?(泣)


11月15日 「基本は臨機応変」

 あずまんが大王4巻146、147ページ+PSO、チャットと冒険2バージョン収録。お買い得です。

ワードセレクト……拙い文章を他の言語に翻訳してくれる、凄いのか凄くないのか微妙な機能。

「ん〜〜〜〜」

「ハロー、エブリニャン。ハウアーユー? ファインサンキュー」

「おーまいがー!! な、なんであんた英語しゃべってるん?」

「アイウィッシュ、アイワーアバード。娘がラグオルに行くのです」

「日本語やったら?」

「日本語ではない、ラグオルの公用語は英語である。英語でなければなんだというのだ」

「ワードセレクト使ってください」

手打ち……ショートカットを使わず、会話をキーで打つこと。戦闘中にこれをやるのは大変らしい。

「……お前が本当の外人か? 私は手打ち派だがどうだ? 外人よ」

「あ、私も手打ち派ー」

「ならばアルチの遺跡へ招待してくれる!!」

「責任取れよ?」

前線要員なら兎も角、フォースだと手打ちは無茶です。ジェルン→ザルア→レスタ→ラバータ→N−H−Hコンボ→手打ちで返答……出来るかー!(壊れた)


11月16日 「まだ食べてません」

 葉書で応募していたとのことですが、送る人っているんですねえ……いえ、純粋に感心してるだけですよ?

 春になると雨後のタケノコの如くおかしなモノがポコポコ生えてきますが、冬もそうなのではと思える今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

相変わらず限定という属性に弱い

メタトロンです。今度もまた「特別限定」という言葉に対し、誘蛾灯に誘われる蛾のように一つの商品を手に取ってしまいました。その名は「冬の味わい きのこの山 〜マカダミアナッツ入り〜」。

冬なのにナッツですか。

いや、駄洒落ではなく(笑)。どうにもマカダミアナッツと聞くと夏というイメージが……と、話を元に戻して。実は件のきのこの山、てっきり冬限定商品なのだろうと思い購入したところ、どうやら別のキャンペーンが絡んでいた模様。「きのこの山党員」100万人達成記念なんだそうです。

党員って何だよ。

きのこの山定例会議でも開くんでしょうか? こんな感じで。

「えー、では会議を始めます。今回の議題は『きのこの山はどこまでチョコがかかっているべきか』についてです」

「それは笠の部分だけに決まっているでしょう? 何を今さら……」

「否! いつまでも悪しき習慣に捉われていてはいかん! 古色蒼然たる認識に未来はない!」

「それでは何かね? ヘタの部分にまでチョコをかけると? 馬鹿馬鹿しい……あの軽快なるサクサク感を犠牲にしてまで、何を得ようというのだね」

「痛みを伴わない改革に何の価値がある!? 私はここに聖域なき改革を高らかに宣言する!」

それはただのマニアだ。

倶楽部だとお洒落すぎるので、同好会に改名してください。


11月17日 「食材皆兄弟?」

 砂糖をほぐす気にはなりませんけど。異物を探したり添加剤を投下する気にも。

 私の体を構成する主成分、砂糖が底をついてしまったため、仕事帰りにコンビニへ。いつも使用している砂糖ではなかったものの、他所へ立ち寄るのも面倒なため妥協。裏を返すと「砂糖ってこんなに素晴らしい!」とでも言いた気な文章がつらつらつらつらつらつらつらつら……

砂糖のくせに生意気な。

そんな中で一際目を引く文章が。他の口上とは明らかに異なったフォントで書かれたそれは、こう宣うておりました。「お砂糖はおそばやパン、パスタと同じ炭水化物です」……ちょっと待て。今、何と言った? 砂糖が炭水化物……炭水化物だと!?

裏切り者めー!!

まあ、ブドウ糖が多量に含まれているという時点で充分説得力がありますが、何となく某人型決戦兵器初号機のパイロットな気分です(笑)。しかしどうせ例を挙げるなら、わざわざパンや麺類なんかを挙げず、素直にご飯と言えばいいものを……アミノペクチンの作用から考えれば、一番想像し易いでしょうに。それとも何ですか?

同じ粒状だけに対抗意識を燃やしているとでも?

小麦粉などの粉状物質ならいざ知らず、調味料まで炭水化物……人間のエネルギー効率って、実はかなり悪いんでしょうか? でもそれならダイエットなんて必要ないだろうし……う〜む(悩)。


11月18日 「脂肪遊戯」

 ウチのハムスターを見ていると、手の平サイズの子豚ちゃんを飼ってる気分になってきます。少しは動け。

 セントバーナードのような大型種が流行ったかと思えば、今度はハムスターのような小型種が流行りだすというように、栄枯盛衰を繰り返すペット抗争。今度はえらく中途半端な生物が人気を集めているとか。

「まあ奥さん、聞きました? なんでも今は若い娘たちの間でブタを飼うのがブームなんですって」

「もちろん知ってますとも、ええ。ミニブタ……とか言ったかしら。成長しても30〜50キロほどで止まるらしいですわよ」

って、充分でけえよ。

それでも通常のブタの10分の1から5分の1だそうですが……ペットとしては大きすぎです、流石に。飼育法がまだ普及してないせいか、場合によってはハイパー化肥大化したり、飼い主の言うことを聞かずに頻繁に鳴いたりするそうですが、意外にも頭自体は犬と同等かそれ以上との話も。

伊達に空は飛んでないってことですか。

「ベイブ」の影響で飼いだしたというのは分かりますが、「紅の豚」はどうなのかと(笑)。ベイブのように牧羊犬代わり……は無理として、放し飼いにするなら兎も角、犬小屋などで飼う場合は一日二回以上の散歩が必要なんだそうで。ストレスの問題というより、純粋に太りすぎるからという理由からなんでしょうね、多分。成る程、

若い女性に受けるはずです。

忠犬ハチ公の如くじっとしているだけでは、次第に鏡を見ているように……いや、ゲフンゲフン。


11月19日 「ハイヒールなら尚良し」

 まず街中を歩ける時点で合格です。個人的には花丸を上げたい気分。

 空き巣狙いなんてのは年末になると急増するとか。そんな有象無象の事件の一つにこんなものがありました。「女性看護師の自宅から、衣服や預金通帳などを盗み、その盗んだセーターやスカートを身に付け、化粧や長髪のカツラで女装をし、銀行で通帳から現金を引き出そうとして御用となった」という

チャレンジ精神旺盛なお話です。

銀行員が本人でないと見破ったポイントとしては「手が震えていることなどを不審に思った」とのことらしいのですが、私は銀行員に言いたい。

ツッコミどころ違うだろ。

余程の女形なら兎も角、恐らくは普通の成人男性(20)ですよ? そんな男がセーターにスカート、そして化粧にカツラ? 不審に思わない方がどうかしているでしょうに。だって

網タイツ履いてないんですよ?

尚、ツッコミは一切却下という方向で(笑)。はいそこ、物を投げない。


11月20日 「冒険者たち」

 素直に「くさや」とか言った日には、食べたくなる気が70パーセント減です。当社比。

 ファーストフードが街中を席捲する昨今、古き良き文化である「アジの干物」の捲土重来を夢見て、静岡県沼津市の干物加工業者が新しい味を求めて奮闘しているとか。流石に出荷量がピーク時から四割も減ってしまっては、楽観的に考えてはいられないようで、

干物になるまいと必死っぽいです。

自身がなってどうすると(笑)。危機的状況に陥った人間が取る行動は二つ。今までのこだわりを貫き通すか、新しい道を模索するか。安定したルートを確立し、細々とやっていくつもりならば、前者の方が生き残る可能性は高いんですが……若い世代に普及させ、売上高を伸ばすとなると、後者を取らざるを得ないんですよねえ。まあ、今時の若者なんて

エイリアンの延長線上みたいなものなので

放っておいても干物ブームが到来するという可能性もなくはないですが、宝くじを当てにするような真似は出来ないのか、地球外生命体若者好みの味付けにするという無難なルートを選択した模様。白羽の矢が立ったのはマヨネーズ。アジの干物に注射をするという暴挙は当然の如く失敗に終わりましたが、それ以前の問題として

正気か、あんたら。

「焼くとマヨネーズが染み出して不気味だった」? そんなことぐらい、やる前に気付いてください(笑)。そして今度はアジの干物をヨーグルトに漬け込むという、アジの干物愛好家どころか漬物業界にすら喧嘩を売りそうな方法に訴えるものの、敢え無く失敗。本当にやる気あるんですか? というか、むしろ

殺る気ですか?

手当たり次第という感が否めないんですが(笑)。……あれ? ちょっと待てよ……何かヨーグルトには意外すぎる組み合わせがあったような気が……駄目です、今回は記憶の扉が開かないようで。まあ、コーヒーでないことだけは確かですが(笑)。


11月21日 「『またね』と言えずに」

 気が向いたらまた訪れてくださいな。お茶ぐらいは出しますから。

 CATVのGガンダムも終わり、魂が抜け気味な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

相変わらず人間扱いされない感のある

メタトロンです。やはり類は友を呼ぶということでしょうか、どうやら昨日まで我が家に滞在されていたようです。

目に見えないどなたかが。

数日前から「何か居るな〜」とは思っていたのですが、一体何処が気に入ってお邪魔していたのやら(苦笑)。じっとこちらを観察したり(多分ですが)、背後を意味もなく通り過ぎてみたり……PSOで似たようなことをしているだけに、どうにも他人とは思えなかったり(笑)。特に害もないようなので放っておいたところ、気が済んだのか、それともただ単に飽きただけなのかは存じませんが、昨日の午前四時ごろに

「バイバイ」と言い残して去っていきました。

……女性の方だったんですねえ。寂しかったのなら話し相手ぐらいにはなれたものを……まあ、気に入られてあっちの世界へ連れて行かれても困りますが(笑)。


11月22日 「散っていった者への冒涜だ」

 番組ディレクターのなら分かりますけどね。アルミニウム以下だって。

 色々な問題に対して判決を下す某番組。その中の「慰謝料はおいくら?」というコーナーで、こんなお話がありました。「心筋梗塞で倒れたお爺さんを『身寄りがいないから治療費を払えないだろう』と判断し、『担当医がいない』と嘘をつき、他の病院へたらい回しにした結果、お爺さんは死亡。その後、唯一の親族である息子が病院に対して慰謝料を請求した」という、

新聞の三面記事にすら載りそうにない

ありふれた事件ですが、そういう認識になっていること自体どうかと。医療というのは人を助けるためのもので、商売道具ではないでしょうに……どうやら一部のお医者様は、医学とドイツ語を学ぶことに堅忍不抜しすぎて

道徳の時間は居眠りしていた模様。

確かにこんな腐りきった人間が、人の命を預かるということは間違いだと思いますよ、ええ。でもね、その番組にも一言いわせてもらいましょうか。「その慰謝料はおいくら?」なんて

あんたらも充分外道だよ。

番組に寄せられた手紙を元に作成されたお話……手紙の内容は「医療の実態を皆さんに知っていただきたかったのです」というような一文で締められていました。それなのに……人の命の値段?

何様のつもりだ。

人の道よりも視聴率を優先するのなら、やっていることはその医師と変わらないということを自覚してくださいね?


11月23日 「ギネスに挑戦はしませんが」

 最後に連続してやっていたのは……閉鎖前?

 試験勉強中に部屋を片付けたくなり、そのまま昔の漫画を読みふけるなんてパターンは王道だと思われますが、私の場合はちょっと違います。中途半端なところで他所事をしたくなるのではなく、

終わり際でしたくなるのです。

一番恰好の例が自宅での食事。何ということもなく黙々と食べ進めている間はいいのですが、あと一口か二口で片付くという所で、絶対と言っていいほどの確率で席を立ちます。いえ、特に何がしたいというわけでもなく。ここまで来ると悪癖というよりは、もはや習性っぽいかと。

流石は一種一属ってことですか。

趣味に関しても「あと一息!」という状況下で、しばらく放っておくことも別段珍しい事ではなく、今回もご多分に漏れず、かなり長い期間放置しておりました。気が向いたので、久々にサクッと達成してみましたけど。

フリーセル100連勝記録を。

……阿呆か、私は(笑)。


11月24日 「制限時間はありません」

 他にも問いかけや断言などがありますけど。まあ、一般的に使用されるのはこの辺りということで。

 皆さんは「読みやすくテンポの良い文章」とはどのようなものだと考えますか? 私は過去の経験を踏まえた上で、それは「言葉尻の同じ文章が連続して使われていないもの」だという結論へと、大学時代に辿り着きました。噛み砕いて言えば「現在形、過去形、疑問形、逆接、体言止めの主要たる5つの文体を巧みに使い、同一の形態を2つないし3つの文章に渡って使用しない」ということです。とはいっても、それはあくまで理想論。実際には「疑問形のあとに疑問形を続け強調する」といった、意図的に連続する形を取るといった方法もあるわけですが。

(キーン、コーン、カーン、コーン……)

おや、時間のようです。それでは本日の宿題ですが、次に挙げる文体を一度ずつ用いて5つの文章を作り、前後が違和感なく繋げるようにしてください。

・現在形(〜です、〜ます、〜である等)

・過去形(〜でした、〜だった等)

・疑問形(〜でしょうか? 〜だろうか? 〜しませんか? 等)

・逆接(〜ですが、〜だが、〜だけど等)

・体言止め(名詞で止める方法。『明日の天気は雨』等)

ちなみに作成例ですが

上記参照のこと。

違和感を感じなかった人、手を挙げて〜(笑)。


11月25日 「日本だと包丁?」

 MOTHER、Mを取ったら他人です。……元ネタ分かる人、いるのかな?

 仕事中に懐かしいフレーズが脳裏をかすめたため、簡単なクイズを作ってみました。

「とある家で一人の男が腹部を刺され死亡するという事件が発生した。被害者の父、母、妻、息子、娘、そして兄の中に犯人がいると思われる。近くには『A』から『Z』までのアルファベットが一文字ずつ書かれたカードが散乱しており、殺害された男は右手に『W』のカードを握り、左手には2枚のカードを握り締めていた。しかし左手で握っていたカードは血に染まり、何が書かれていたのかは判別できない」

以上の条件から、犯人と使用された凶器を推理してみてください。まあ、5分くらいで考えたクイズなので、すぐに解けるとは思いますが(苦笑)。


11月26日 「あんなに一緒だったのに」

 PSO「はじめてのおつかい in アルチ森」、ガンダムSEEDのEDバージョン。今ではいい思い出です。

♪あん〜なに〜一緒だ〜った〜のに〜 夕〜暮れは〜もうち〜が〜うい〜ろ〜♪

(間奏)

♪い〜ま〜ま〜で〜の常〜識〜はクリ〜ア 遠ざけ〜るだ〜け〜♪

殴っても当たりません。

♪入〜り〜口付近〜でハンドガン ただ撃つ〜ば〜かり〜♪

もしくはテク連射。

♪そ〜ん〜な〜かっこわ〜る〜さが〜 アルチということ〜なら〜♪

誰でも一度は通る道。

♪ベリハ遺跡を ただ廻ってい〜よう〜♪

これも。

♪あん〜なに一緒だ〜った〜のに〜 ダメージひ〜と〜つ通らな〜い〜♪

いや、冗談抜きで。

♪最〜弱の〜ラッピーすら〜 今は〜♪

殺してくれそうな勢いです。

♪あん〜なに一緒だ〜った〜のに〜 ラグ〜オルは〜もうべ〜つせか〜い〜♪

急展開すぎだ。

♪せ〜め〜てヒ〜ルデトゥールの〜メ〜ギド〜で〜 静かな眠りを〜♪

ていうか出ろ。

……やろうと思えば全エリア分出来そうな気もします。やりませんけど。


11月27日 「時間的には短いです」

 スクウェアとエニックスが合併する時代ですし、そのうち事故死を超えるかもしれません。死因、ネットゲー。

「あれ? 部屋の電気が消えてる? ……管理人さん? 管理人さ〜ん?」

(ガラガラガラッ)

「っと、何だ。ちゃんと居るじゃないですか。電気付けますよ?」

(カチッ……チカチカッ……パッ)

「……おコタで体育座りして、楽しいんですか?」

「私、もう笑えないよ……」

「いい歳した成人男性がそういうことをしてもキモいだけです」

「えー」

「自覚症状なしですか。一度病院へ行ってください。で、何をしていらしたので?」

「見て分かりません?」

「脱皮」

「七年もおコタの中で暮らしてたくないです」

「じゃ、分裂」

「それはPSOだけで充分です。既にロビーに植えられてますし」

「残った選択肢は……引きこもり?」

「何故にそういう結論が……体調が悪いので温まっていただけですよ。お昼だけでなく、晩御飯まで速攻で戻しましたから」

「それなら素直に寝ましょうよ。帰って来るなりPCの電源入れたりせずに」

「ご意見ごもっとも。しかし、そうもいかないのです」

「何ゆえ?」

「一日でもPSOに行かないと死人扱いされますので」

「モニタの前で死ぬ気ですか?」

ちゃんと分別はつけてますよ? 死なない程度には。


11月28日 「子供も買いそう」

 奇抜と狂気の境界を見極めるのは難しいものです。民主制が常ですから。

 古来より「天才と馬鹿は紙一重」と言われるように、人の上に立つ者はちょっと変わっているのが定めのようで。上野動物園近くの売店で、とあるお菓子が大人気を呼び、売り上げトップを独走中だそうです。その名も

ゴリラの鼻くそ。

……食品衛生法を一から勉強して欲しそうなネーミングセンスですが、これは社長が周囲の反対を押し切って命名したとか。お菓子本体は黒豆薄甘納豆とのことなので、確かに見ようによっては鼻くそに見えなくもないかと。でもまあ、流石に私のような量産型っぽい一般ピープルには、そこまでの英断は下せませんとも、ええ。せいぜい

「ゾウのフン」止まりです。

対抗馬として立案されていたら、それはそれで嫌ですが(笑)。しかし客の反応は両極端に分かれるようで、若者には「気持ち悪い」と嫌がられる傾向があり、中高年の方にウケがいいとのこと。やっぱりアレですかね?

親近感が湧く、と。

「ほら、見て見て! あんたそっくり!」なんてかみさんに言われた日には、買わざるを得ないでしょう、そりゃ。男卑女尊……いや、単純に男が尻に敷かれる時代ですからねえ(遠い目)。


11月29日 「格段の進歩」

 裂空斬を連発していれば勝てる時代は終わったようです。全身是当たり判定ってどうよ?

 半年以上振りに買ったゲーム、テイルズオブデスティニー2。個人的に「何となく連打していけば敵が勝手に死ぬゴリ押しゲー」という印象が強かったデスティニーの続編だけに一抹の不安が過ぎっていましたが、見事に裏切られました。というか

対極に位置しすぎです。

一言でいえば「お子様に優しくないつくり」といった感じ(笑)。戦闘時のステータスにSPという要素が追加され、ゲージが減ると命中・回避率が下がり、攻撃を加える度に減少、攻撃をしない or ガードで回復という、正に今までのテイルズシリーズとは一線を画したシステムを擁しているのですが、

どうしても龍虎の拳が頭に浮かびます。

そこまで格ゲーを意識しなくても……とは言えないのがゲーム業界の現状なんでしょうねえ(嘆息)。タコ殴りの酷さは過去シリーズに輪をかけて凄まじくなり、まだ選択肢の少ない序盤だというのに、既に「攻撃×3→(味方)攻撃→特技キャンセル奥義→(自キャラ)攻撃×3→特技キャンセル奥義→さらに味方が晶術で追い討ち」なんていう、文章だけではワケが分からなそうなコンボまで成立している始末。相手に反撃を許さずに撃破した日には、何というかもう

サドっ気がなくても大歓喜といった気分。

此処で調子に乗って「圧倒的じゃないか、我が軍は」なんて言うと、全滅の憂き目に遭うかもしれませんが(笑)。装備変更時のパラメータ変化が把握しづらい等、通常システム面ではやや不備が否めない気もしますが、慣れるまでの辛抱と思って頑張りますか。

子供じゃないんだし。

短所や不便な箇所ばかりに目をやると、生きてること自体に嫌気が差すのが人生というものですしねえ(笑)。


11月30日 「不味くはないですよ?」

 パチモンが出回っていた時代を懐かしく思ってみたり。箱買いの元祖ってビックリマンでしたか?

 私は今、ロッテから発売されている「小さなショコラ」というお菓子を貪り食いながらキーを打っております。キャッチフレーズを「こだわりのチョコケーキ」と銘打つだけあり、一齧りしただけで口の中一杯に広がる

チョコパイの味。

チョコパイ道七段なんて猛者でない、甘党戦闘員・通称シタッパーズな私ごときでは違いなぞ分かりませんとも、はい。台所事情が苦しいという事実はお察ししますが、こんなチョコパイコスト削減型の商品化にGOサインを出すとは……

そんなにジムが好きかぁぁぁっ!

って、そんなことが言いたいわけでなく(笑)。まあ、自社経営のファーストフード店において、通常小売価格100円の品を120円で売っているくらいですしねえ。そういえば、最近放映されているチョコパイのCMには笑わせていただきました。確かこんな感じで子供とお母さんが掛け合うものでしたか。

「マクドナルドがまた値下げしたんだ。ウチも値下げしようよ。ねえ、値下げ値下げ値下げ……」

「だったらマクドナルドさんの支店になれば?」

「なっちゃいました」

って、笑えねぇよ。

洒落になってません。いや、マジで。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF