平成14年3月分はこちら。料理バンザイ(笑)。


3月1日 「のこぎり祭り」

 価値があるからレアなのか、レアだからこそ価値があるのか。

 3月最初の日、本日はお休みでしたが頭痛が酷いの何の。多分、いや間違いなく

PSOのやり過ぎが原因でしょうが。

ここまで来ると自業自得というよりただのお馬鹿さんです(笑)。しかし思うのですが、こういった「単調なゲーム」が楽しいのは、やはり「レアなアイテムをゲットしたい」という欲求のなせる業なんでしょうね。それでも何時間もプレイした挙句に何の進展もないと、いい加減

モニタ相手に愚痴りたくなってきますけど。

しかし一口に「レア」と言ってもその種類は千差万別。中には星の数(レア度数を表す。これが多ければ多いほどレア)が多いだけで入手が簡単なものも。しかもそういったものに限って使えるものがないときてますからねえ。正に張り子の虎です。普通のアイテムよりもゴロゴロ転がってるくせに「レア」だとは片腹痛い。意味的には「希少価値」ではなく、焼き加減のレアから転じて

「手抜きで作れる量産型」って所ですか。

少し火を通すだけで出来上がり。それでも名称が変わらないとは便利なものです(笑)。


3月2日 「キレがいいのは17年物」

 味なんかないそうですけどね、実際は。大体にして「味覚」なんて意識自体がないでしょうし。

 宣伝文句というのはダラダラと長く述べるのではなく、短く歯切れのいい文章で印象付けるのが効果的とか。特にCMなんかは15ないし30秒という短い時間の中で消費者に「これは!」と思わせなければならないのですから、なかなか大変そうです。もっとも最近のCMは

ウケ狙いに走っているとしか思えませんが。

ボ○ャ天でいえば「バ○パク」ばっかり(笑)。たまには昔のシンプルなCMが懐かしくなることもあります。例えばこんなのとか。

♪ミルキーはママの味〜♪

シンプルながら、これだけで充分な宣伝効果を持っています。ここから導き出される方程式は

ミルキーはママの味=ザクロ味

ある意味かまぼこの親戚(笑)。でもまあ「乳の味」とかでは冴えませんからねえ。下手をすると

「父の味」とか変換されそうですし。

悲哀と苦悩に漬け込んで、さらに窓際という名の蔵で寝かせた43年物。まったりとして、しつこく粘りつくような濃厚な味わい……想像しただけで吐き気がしてきました。


3月3日 「次回予告風に」

 似て非なるもの。故にそれは○○風。

「さ〜て、今回のよろづやは?」

「メタトロンです。休日とは読んで字の如く『お休みの日』。しかし平日よりも体を酷使してしまうのは人の業なのか、はたまた私自身の業なのか。どちらにせよ趣味に費やしたわけではありませんが。さて今回は

『油まみれの日曜日』

『倉庫番のお手伝い』

『管理人、疲労困憊』

の3本でお送りします」

「明日もまた見てくださいね。じゃんけんぽん! うふふふふふふっ」

「……」

「……」

「……」

「……本編は?」

「全部事実ってことで勘弁してください(泣)」


3月4日 「遺跡にて」

 人はいつだってスケープゴートを求めている。己を守るために。

 ここの所、ウチのパソ君ご機嫌ななめです。連日の酷使に耐えかねてのボイコットでしょうか?

賃上げを要求されても困りますが。

「もっと電気を!」「首を吊れというのか!」「偉い人にはそれが分からんのですよ!」とか言われてもねえ……って、何か妙なのも混ざってましたが(笑)。状況としては「OSを立ち上げた後、画面右下のアイコンが出ず、さらに一切の操作が不可」「PSOが立ち上がらない」「PSOプレイ中に画面がバグる」……主に起こる事といえばこの辺りですが、その回数が多いというのが頭痛の種でして。これの更新前に立ち上げた時も操作不可になりましたし。

立ち上げ前に祈りを捧げろとでもいう気ですか?

偉くなったもんですね、在庫処分品のくせに(笑)。しかしこんな不具合はまだ序の口。本日起こったこのバグこそが最強でしょう。

PSO、ザコに殴られ一撃死。

……レベル98のハンターですよ? デバンド(防御力上昇)かけてたんですよ? しかもオフラインなんですよ? ここまでくるとバグとでも思わなければ精神衛生上よろしくありませんです、はい(泣)。


3月5日 「当時の最先端」

 未来に想いを馳せながら、過ぎ去りし日々を懐かしむ。それをノスタルジックと一笑に付すのは軽率ではなかろうか。

 自分が「歳をとったなあ」と痛感するのは大抵「昔はよかった」なんて台詞が飛び出した時です。

鏡を見た時もそうですけど。

毎日剃っても後から後からおヒゲが伸びる(笑)。めまぐるしく変化していく物流の実情、追いつけ追い越せと躍起になるあまり段階的に次々と進化していくテクノロジー、それに追従するかのように高まっていく消費者の要望……需要と供給のヒエラルキーはどちらが先に生まれたかといえば難しい問題ですけどね。人が道具を使い始めた頃までさかのぼっても結果は一緒でしょう。多分人間は火の存在を知らなければ

平気で生肉食ってたでしょうし。

サルモネラ菌ですら調味料(笑)。便利なものがあることを知る、言い換えれば存在を認識したからこそ欲望も生まれてくるわけで。しかし既知ではない一線を越えるにはそれだけでは不足するからこそ、そこに技術自体における関心と向上が関与してくる……正にメビウスの環です。まあ現代はある程度の基盤が出来上がっているため、理論の応用でなんとかなることの方が多いとは思いますが。それでも技術の乱用はあまり感心しませんけどね。例えば

何でもかんでも商品化するコ○ミとか。

内容が薄いものを大量に出荷されても消費者は満足しないのに……ファミコンでラグランジュポイントを作ってた頃に戻って欲しいです。と○メモぐらいまででも可(笑)。


3月6日 「久々です、色々と」

 たまには趣向を変えるのも一興かと。

 久々に時事ネタで。今回のお題は「都電荒川線の一球さん」です。東京都電荒川線に一台だけ残った、前照灯が一つしかない終戦直後から走ってきたこの老兵は、一昨年その任を解かれて永い眠りに就こうとしていました。

二年間も寝てれば充分な気もしますが。

しかしくず鉄にするのは忍びないと思った鉄道マニア心優しい方々のおかげで廃棄処分を免れ、譲り先を募ることと相成ります。その代わりとして都も財政難ということで、運搬費用など約300万は自己負担という条件を提示しました。

まるで越後屋のような人たちです。

それでも世の中にはめげずに「老兵を救おう」という熱烈なマニア古き良き時代を懐かしむ方も見えた様で、幼稚園や企業などから七件の申し込みがあったとのこと。幼稚園ならば利用法は容易に想像できますが、企業などは如何なものか。個人的な趣味なのか

はたまたプレミア狙いなのか。

「俺がいいと思うんだから、他の人もそう思うに違いない」……趣味が高じた人の考え方って幼稚高尚過ぎてよく分かりません。


3月7日 「直るのかな?」

 業務連絡、業務連絡。「待ち人来たる」内部において掲示板が使用できないというトラブルが発生いたしました。恐らくサーバーの不具合だと思われますので、復旧するまでしばらくお待ちください。

これだけで終わらせてもいいのですが、それをやってしまうと

次からお客さんが来てくれなくなりそうなので

ちょっと掲示板がらみのお話でも。掲示板における役割はお客さんと管理人とで違ってくるものだと私は思います。お客さんはサイトの内容について書き込んだり、他のお客さんとの交流に使用するなどの利用法が主だと思いますが、管理人にとっては

死活問題だったりします。

元々ホームページというものは個人の趣味を暴露する場と言っても過言ではありませんので、ある程度独りよがりになってしまうのは仕方がないと思います。特に新設したばかりの頃は

ニトロ使って暴走しているようなものなので

冷静な目で見て適切なアドバイスを与えてくれるお客さんという存在は何物にも代えがたいものです。それを無視して突っ走れば誰も付いて来なくなるのは自明の理ですしね。反面、サイトが大きくなりお客さんの数が増えると管理が大変になるため、掲示板の書き込みが蔑ろにされたり、または掲示板そのものを撤廃したり……それをサイトの方向性が定まった証しと考えていいものか。「君は舟なり、庶人は水なり」の精神を忘れずにいたいものです。……何だかオチが付けづらい雰囲気になってきましたので(笑)今日はこの辺で。暴走して真面目なことを語りだすと止まらなくなりそうですし(笑)。


3月8日 「だってチーズだし」

 二度あることは三度ある。それ以前に二度もあること自体が問題なのでは?

 まず一言。

またもやってくれました、○村屋。

もっとも以前に紹介した「プリンまん」(H14年1月10、11日付参照)に比べれば幾分かマシですけど。今回は単純に不味かったので(笑)。ちなみにヤフーで検索をかけてみたところ、552件がヒットしました。さて、それではご紹介いたしましょう。「全国不味いもの選手権」の優勝筆頭候補に挙げられるであろう覇者の名前を。その名は「チーズまん」。とりあえず食べたことのある方、手を挙げてください。その中で「もう一度食べたい」と思った方、

いっぺん病院行ってください。

精神科か内科かは個人の判断に任せますが(笑)。この食べ物に有るまじき物体について何から語ればいいものか。味は素のモッツァレラチーズを薬草が練り込まれた皮で包んだような感じです。淡白な味わいながら、あと引く皮の不味さが不快感をより一層引き立てる……これを最高傑作と言わずして何と言おうか。某0083のア○ベル・ガ○ーさん風に言うならば

「これは買っていった者への冒涜だ」

この一言に尽きます。当然の如く「二度と買うか!」と吐き捨てるべきところですが、瞬間、何とも言い難いデジャブに襲われました。よくよく思い返すと私、

こいつを以前に食したことがあります。

某機動戦士のブ○イト・ノ○さんの言葉を借りれば「なにやってんの!」という感じですね(呆)。


3月9日 「特にS○Kあたり」

 広く一般に使われるにつれ、言葉の意味は変化するもの。時に矛盾をはらむとしても、それを間違いと気付かないほどに。

 日常会話ではあまり縁がなさそうで意外と使う言葉、「必殺」。といってもゲームや漫画などに限られるような気もしますけど(笑)。意味は呼んで字の如く「必ず殺す」ですが、これほど分かりやすくて、かつインパクトのある言葉というのもそうそうないのでは。辞典には「必ず倒すこと」と優しく表現されていますけどね。額面どおりに受け取らなくても、他に「必ず倒そうという意気込み」という解釈も出来ることが気軽に使われる要因の一つになっているのではと思います。さてここで質問。

必殺技の「連携」って何ですか?

もしくは「必殺技をすかしておいて云々」でも可。意気込みはどこに行った(笑)。さらには別の表現として使われる「奥義」。意味的には「会得すればその技芸などを極めたとされる大事な秘密」となっていますが

声高に宣言しておいて何を言いますか。

極めつけは「秘奥義」。

叫んだ時点でアウトです。

言葉の意味的にか人間的にかは、周りの人の良心次第ということで(笑)。


3月10日 「実況中継風に」

 ○○風、第二弾。

(ずるずる)

「管理人、眠た気な目を擦りながら芋虫の如く起き上がってまいりました。普段から開いてるのかどうか定かでない二つの眼が、より一層細さを増しております」

(ブロロロロロ)

「車に乗せられ、どこかに運び込まれるようです。行き先がサーカスや動物園でないことを祈りましょう」

(コンコン)

「何やら靴を履き替えているようです。サイズが小さいのでしょうか? しきりに爪先を地面に打ちつけながら渋面を浮かべております。不機嫌さ20パーセント増し(当社比)といった感じです」

(ゴソゴソ)

「おっと、今度はヘルメットを被って作業着を身に着け始めました。しかしやけに薄汚れた……というより汚れきっていますねえ」

(ペタペタ)

「いよいよ作業開始のようです。以前よりも楽なのでしょうか? 心なしか表情が緩んで見えます」

(グイ〜ン)

「おおっと! ここでブリッジの体勢に入った! これはマッ○ルス○ークへの序曲か!?」

(ジロリッ……ズンズン)

「こちらを凝視して……あっ! 近づいてまいりました! どうやら気付かれてしまったようです! お茶の間の皆さん、どうやら最後までお伝えすることはできそうにありま……」

(グワシッ!)

「プツンッ……ザーーーーッ……」

かえって疲れますね、これ(笑)。


3月11日 「記憶の固執」

 心の闇を垣間見る。その時、どんな顔をしているのだろうか。

 一説によれば「人は睡眠時に必ず夢を見ている」そうです。普通に考えればレム睡眠の方が先に来るわけですから、当然といえば当然のような気もしますが。まあ、余程インパクトのある夢でなければあっさりと忘れてしまうものですけどね。夢というのは大抵つじつまが合ってないもので、理解に苦しむものも少なくないですし。例えるならば

ド○ゴンボ○ルにおける戦闘力くらいに。

あれはまともに計算するとエライことになりますので(笑)。本日、今までに見た中でもトップクラスの不可解さを誇る夢を見ました。紆余曲折を経て遭遇したその場面。私の前に悠然とたたずむ彼。そのつぶらな瞳は虚空を見つめ、ただ緩やかに、静かな時間が過ぎていく……シュールすぎです、

地面からニョキッと生えるウサギの生首は。

しかも何を考えたのか、そのあと私は地面を掘り返して彼を引っこ抜いていました。

耳を掴んでズボッと真上に。

ちゃんと首から下もついていましたが……インドの修行僧ですか、このウサギ(笑)。というか

少しぐらい抵抗しなさい。

マ○ドラゴラの如く金切り声を上げられても困りますけどね。


3月12日 「八尾のエジ○ン」

 続ければ続けるほどなくなるのがネタのストック。「竜頭蛇尾」が世の常ですから。

 冒頭部でえらいことを宣っていますが、別に我がサイトのことではありませんのであしからず(笑)。今回は夕飯時に見た「伊○家の食卓」の話です。生活におけるお婆ちゃんの知恵袋ライクな裏技を紹介する番組として割と有名みたいですが、流石に長く続けていると出涸らしのようなネタしか残っていないようです。噛み砕いて言えば

ツッコミどころの宝庫ということですが。

まず最初にご紹介する裏技は「簡単にもち米が作れる裏技」です。やり方は簡単、米を炊く時にお餅を入れるだけ。ここで辞書を引き「裏」という言葉の意味を確認。事例に最も適した意味は「予想もつかない事柄」でした。

そりゃ誰も考えないでしょう、普通は。

餅の原材料を是非とも聞いてみたいところです(笑)。続いての裏技は「空き箱を利用してCDラックを作る裏技」。

それはただのリサイクルです。

もはや裏技の定義すら怪しくなってきています。そしてトリを務めますのは「吸盤を付けた下敷きで重いものを引き上げる裏技」。やり方は読んで字の如く。原理的には密着した個体間に真空を発生させないように作用する力の働きで物が吊られるわけですが……一見すると裏技っぽく見えますね、確かに。でもね、

吸盤自体が同じ原理で出来てるんですよ?

裏技という言葉が安売りされるのは、どこの世界でも一緒みたいです。


3月13日 「あと5分」

 春眠暁を覚えず。決して陽気のせいだけではないと思いますが。

 体に疲労が溜まっているような気がしたため、早めに仕事を切り上げ昼寝をすることに。我が愛機である「電刃君」から鳴り響くけたたましい「水の星に愛をこめて」に叩き起こされ、時計を見ると既に夕方。もし携帯が鳴っていなかったなら

そのまま永眠してそうな勢いです。

はいそこ、「ちっ」とか言わない。疲れって意外と蓄積していくものなんですねえ。それでも体というものは無理をさせればそれに応えてくれますけど。例えば

24時間耐久ゲームとか。

いや、流石にしたことないですけどね。私が到達した領域は高々

18時間程度です。

今ではこんな暴挙は無理ですけど。まずもって時間がありませんから(笑)。


3月14日 「真っ白に」

 ♪今日は何の日 フッフ〜♪

 そんなわけで今日は

3倍返しの日です。

色男の皆さんの命日という噂もありますが(笑)。しかしバレンタインデーの名前の由来はともかくとしても、何故ホワイトデーと呼ぶのでしょうか。素直に考えれば「マシュマロを贈るから」という理由がもっとらしく聞こえますが

安直過ぎるので却下。

別段マシュマロでなくてもいいみたいですし。というわけでこんな説はいかがでしょう? チョコの3倍返しなんて値段的にはたかが知れてますが、それは出来合いのチョコを贈られた場合の話。女の子のどす黒い欲望愛情がたっぷり詰まった手作りチョコならば、それ相応の覚悟をもって望むのが漢というもの。そういった事情を察するに、次のような方程式が導き出されるのではないかと。

手作りチョコ×3=給料三ヶ月分 ∴漢=あしたの○ョー

ああ、なるほど(笑)。


3月15日 「つるはし」

 サクサクというよりザクザクという擬音が合いそうです。壁壊したり。

 久々にPSOについて。と言っても今まで全くやってなかったわけではありません。むしろ

毎日かかさずやってます。

また人生において無駄な時間を費やしてます、しかもコツコツと(笑)。今回は時折物議を醸し出すと言われる曰くつきの武器が手に入ったのでお話しようかと。その名は「インペリアルピック」といい、長い柄の先に双方向の刃がついた二股の鎌みたいな形状をしている武器です。一言で言ってしまえば

身の丈二倍の土木作業道具。

おかげさまで格好については賛否両論とか(笑)。ただその外見に似合わず、恐ろしいほどの効果を発揮します。広い前面方向をカバーする攻撃範囲に加え、回避されやすいアルティメットの敵にさえ一発もスカることなくブチ当てる命中率。噂には聞いていたものの、実際に使ってみて「詐欺」と呼ばれるに相応しい性能を痛感しました。まあ、その分手に入れるのが難しいんですけど……いえ、レアLV自体は高くないですよ? ただね、

落とす敵が強いのなんの。

何というかもう、「このア○ベル・ガ○ーは三年待ったのだ!」という感じです。平たく言えば「逆襲の時は今!」ってことですが(笑)。それでもオンライン上で使っていいものか……パーティーを組む人と相談した方がいいかも知れません。


3月16日 「何故今更?」

 遠い過去より来たれ、破壊の権化、災厄の化身よ。

 昨日の更新を終えてからアウトルックを起動してみると

ごく久々に

メールが届いていました。早速内容を見てみようとしたところ、ウチのパソ君がその行動に「待った」をかけてくれます。よくよく件名を検分すると、そこには「Re:」の文字が……ありがとう、我がパソ君よ。

ちゃんと仕事してたんだ。

たまにバグるけど(笑)。皆まで言う必要はありませんね、これに関しては。しかし全く心当たりのないアドレスから送られてきているという点が引っかかるんですけどねえ……曲がりなりにもサイト内でメールアドレスを公表している身分ですので、不思議ではないのかもしれませんが。同じようなことが以前にもあっただけに、ちょっと気になる所ではあります。気をつけてどうなるというものでもありませんが(苦笑)。では最後に、私のパソ君に侵入しようとしたウィルスさんに一言。

時流に逆らうのもほどほどにね。

ネットは情報の移り変わりが激しい世界だけに、去年の話をすると鬼が笑いますよ?(笑)


3月17日 「花より団子」

 名を知られることもなく、ただひっそりと営み続けるものもある。

 この季節と言えばどうしても桜に話題が集中しそうなものですが、今回はちょっと変わったネタで。「静岡県浜松市都田町にある市フルーツパークにおいて、国内では珍しいアーモンドの花が見ごろを迎えつつある」とのことです。アーモンドは西アジア原産のバラ科に属する落葉樹で、姿形はモモの花に酷似しているものの、それよりも色が鮮やかで一回り大きいとか。話だけ聞くと「これがアーモンドの花か〜」とは思えそうにないですね、どうも。

素人にはお勧め出来ないってことですか。

モモの花と区別できるとは思えませんから(笑)。園内ではこんな会話が交わされていることでしょう。とある男女の談笑より。

「見てみな、アレはモモの花だ。綺麗だろ?」

「へ〜え、詳しいんだ」

「まあな。花のことだったら任せてくれよ」

「でもここに『アーモンド』って札がかかってるけど?」

男の面子丸潰れ。

「小人の学は耳より入りて、口より出づ」ってことですな(笑)。まあ実際「広く浅く」がナンパ君のモットーだけに、冗談に聞こえないところが怖いですけど。もう少し煮詰めた方がいいですよ?

男女関係もね。

花を摘むことばかり考えずに、たまには花を愛でましょう(笑)。


3月18日 「1G=何円?」

 ド○クエ理不尽台詞集より抜粋。

 何で唐突にこんな記憶が甦るんだか……浮かび上がって来てしまったものは仕方がないので、さっさとネタにして成仏していただくとしましょうか(笑)。有名な王様の台詞より。「おお勇者よ! 死んでしまうとは情けない」でよかったと思いますが、言葉尻が「何事だ」だったような気も……まあ、どちらにせよ大差はありませんが。しかし流石は王様、いい度胸です。罵詈雑言を浴びせている相手が世紀末救世主(仮)ってことを理解しているのでしょうか? 

貴方なんて指先一つでダウンですよ?

レベル20以上なら確実に(笑)。それに輪をかけて凄まじいのが王女の傲慢さ。国を救い、新天地へと旅立とうとする勇者に対してのこの台詞。「私も連れて行ってくださいませ!」……台詞だけ聞けばいじましいんですけど、何度「いいえ」を選んでも「そんな、ひどい……」を連呼し、自分の意見を決して曲げようとしません。

ひどいのは貴方です。

100人に聞いても同じ答えが返ってくること確実(笑)。何度死んでも冒険を強いる王様に、「私の王子様」とばかりにストーカーの如く付きまとおうとする王女。ブルジョア意識ここに極まれり。

平民上がりに拒否権なんてないですか。

命の値段が120Gの世界ですからねえ。勇者がこの国を見限って新天地を求めたのも無理からぬことですな。もっともその子孫は更に酷いことをしてますけど(笑)。勇者の子孫といったところで

所詮はブルジョア。

会社なんかも二代目は大抵ボンクラらしいですし。


3月19日 「あなたの知らない世界」

 知ってるつもりで知らないことが溢れてる。だから世界は面白い。

 本日、何だか無性に団子が食べたくなったため、サンドイッチ用の食パンを買うついでにと思いユ○ーへと足を運びました。しかし私に油断があったのでしょうか。入り口のドアをくぐったところでいきなり先制パンチを喰らいました。眼前にそびえ立つ期間限定特売コーナー、その名も「アイデア商品特売」。

のっけからマダムのハートを鷲掴みですか。

侮りがたし、主婦の味方(笑)。とりあえず気分を取り直し食料を求めてさまよい歩くことに。少し経って大体買う物の目星を付け終えた時、第二の刺客が私の前に姿を現しました。牛乳販売エリアの対面に設置された隔離コーナー「本日のお買い得品」。そこにテ○リスにおける「棒待ち」状態の如く、所狭しと立ち並ぶ

雪○コーヒー1リットルパック。

前言撤回。消費者なめ過ぎです、○ニー。新聞やニュースをロクに見ていないとでも思っているのでしょうか? それとも「主婦なら買っていくだろう」という高度な計算に基づいた、勝算のある賭けなのでしょうか? ま、確かに周りを見回すと胃腸が無駄に丈夫そうなオバタリアン人がゴロゴロしてますからねえ、特売という名の戦場においては(笑)。

 日常生活ネタにありがちな後日談。実は私、大きなミスを犯してしまいました。「何を」って? 確認するのを怠ってしまったのですよ。

コーヒーの賞味期限を。

何年寝かせても美味しくはなりませんけどね。「コーヒーヨーグルト」に進化する可能性はありえないとは言い切れませんが(笑)。


3月20日 「常日頃から」

 脳内会議あずまんが大王2巻119、120ページ風ツッコミ添え。

「さぁて! 明日から連休だー!! 何しよっかなー! 何しよっかなー!(バタバタ)『よろづや』でも更新するか!!(ビッ!)」

「あ、『よろづや』なら」

「うそだよー!! 更新なんかしねーよー!! べろべろばー!!」

「しろよ」

閑話休題。

「ねー! 今日もPSOでオンラインするの?」

「うんそう」

「今日は私もやりてー!!」

「いつもやってるだろ」

さらに閑話休題。

「インペリアルピック、属性森40になります。お!?」

「30以上の時は『まともな武器入ります』って言うんですよ」

間。

「まともな武器! まともな武器入りましたー!!」

「使えないだろ、森属性のみは」

以上、現場からお伝えしました。仕事中に脳内でこんな会話がなされているとは、お釈迦様でも思いますまい(笑)。


3月21日 「社会的には」

 ヒト目ヒト科。動物というカテゴリに分類されるはずですが。

 「シュレディンガーの猫」というものがあります。猫の固有名詞というわけではなく、実験の名前なんですけどね。「パブロフの犬」と同じようなものだと思えば分かりやすいのでは。この実験は「不確定存在の確立」を現在させるためのもので、まず2つあるスイッチの内、どちらかを押すと毒ガスが充満する箱の中に猫を入れ、それから片方のスイッチを選んで押すという単純なものです。箱を開けるまでは猫の生死が分からないため「生きているのに死んでいる」状態、つまり矛盾が混在した不確定存在になるわけですが

気まぐれで殺される方はたまったものじゃありません。

大体何故猫なんですか? 動物愛護団体がギャーギャー騒ぐよりも先に

私がブチ切れそうな勢いです。

というわけで、このような実験をおこなうのならばそれに適した実験体を使用すべきだと私は提案します。丁度恰好の材料がゴロゴロしていることですし、現代においては。一例を挙げるならば

シュレディンガーの鈴木○男

とか

シュレディンガーの小○内閣

とか。どっちもスイッチを押すまでもなく10割方ご臨終しそうですが(笑)。……どうせ歴史に名を残すのなら、人の役に立つ方向でやって欲しいものです。客観的に見ればマスコミのスケープゴートかも知れませんが「火のない所に煙は立たぬ」ですよ?


3月22日 「休日の過ごし方 応用編」

 小利を顧みるは即ち大利の残なり。その言葉の意味を我が身を以って知った、そんな一日。

 我がパソ君のあまりの調子の悪さを見かねて、一念発起してドライブの最適化を実行することに。購入後、一度もしてなかったので。試みたことはあったのですが、あまりに時間がかかりそうだったため早々と断念。そのまま現在に至るというわけです。「くもきゅー」の管理をする前に

自分の管理をしっかりしろという感じですが。

夏休みの宿題を後回しにするタイプではないですよ? 念のため(笑)。まあ、何となく悪い予感がしていたというのも実行を躊躇った理由だったのですが……果たしてそれは現実のものとなりました。たかが最適化程度で

何ゆえ4時間もかかるですか?

平日にやろうとしなくてよかったです、はい。悪い予感の的中率には自信がありますからねえ(笑)。それはさておき、結果としては破損ファイルがドライブ内に4個存在しており、それが原因でよく不具合を起こしていたようです。おかげさまで現在はすこぶる調子がよくなっております。そりゃ流石に切れますよ、

PSOプレイ中に連続でエラーかまされた日には。

結果オーライですけど(苦笑)。

 恒例の後日談。最適化を済ませてから一度再起動をし、いつもの習慣でアウトルックを起動してみると

ウイルスメールが届いてました。

ナイスタイミングだ、マイフレンド(笑)。実際は内容どころか件名と送信者の欄すら空白でしたけどね。


3月23日 「明日になれば」

 予想外の事は起こるもの。それを如何に利用するかが腕の見せ所……なのでしょうか?

 本来ならばヤフーで検索して

292件のヒットを叩き出した

コーヒーヨーグルトについて熱く語ろうと思っていたのですが……時間と体力が限界に近づいているため断念。というか

既に日付変わってますし。

そんなわけで、今日体験したミスマッチのご紹介を以って本日の更新とさせていただきます。何せ本気で冬眠できそうな勢いですので(笑)。晩御飯にマク○ナルドでバリューセットを頼み、チ○ンタ○タとポ○トとファ○タ(グレープ)を一緒くたに放り込んだところ

味噌味になりました。

その組み合わせがやばいのか、それとも私の舌がおかしいのか……はいそこ、

頭がおかしいとか言わない。

あえて否定はしませんが(笑)。


3月24日 「蓼喰う虫も好きずき」

 禁断の果実。人はそれを手にしたことにより楽園を追放された。パンドラの箱。人はそれを開けたことにより災厄に見舞われた。故人曰く、「触らぬ神に祟りなし」。

 予告通り調べてまいりました、コーヒーヨーグルトについて。しかし冗談で挙げただけのヤバ気なブツが実在しているどころか

市販されているとは思いもしませんでしたが。

フランスなどのヨーロッパ地方では普通に食べてる(飲んでるなのか?)らしいです。察するに、日本でいうところの

くさやのような存在なのでしょうか。

おフランスのトレビアーンな味は日本人の味覚に合わないみたいですけどね(笑)。ページ検索の情報を調べていたら某有名掲示板サイトの書き込みもヒットしていましたが、到底そのブツに対して好意的な意見ではありませんでした。他のページに当たっても、やれ腐ったような味がするだの、

もんじゃのような味がするだの

散々な言われようです。あ、もんじゃは隠語ですよ? 念のため(笑)。実際のヒット数は201だった上に、ほとんどが「コーヒー・ヨーグルト」という羅列に反応していたという結果になりましたが……大体の想像が出来ただけでも良しとしますか。

実験せずにすみましたし。

もちろん実行するのは私ではないですけど(笑)。

 最後に余談をば。味に関する評価を見ていくうちに、コーヒーヨーグルトは冗談抜きに

雪○コーヒーが発酵したものなのではと思えてきました。

あれも人によってはもんじゃ味と認識するらしいので。私も昔は好きだったのですが……味覚が変わったせいか、たまにそんな味がしたような気もします。味覚が変化したせいではなく、爬虫類のエキスが原因なのかも知れませんが(笑)。


3月25日 「純情な感情は空回り」

 人生の幕を下ろすのは自分か他人に限られる。これがどちらに傾いた方がより絶望的な世界なのか……空いた手は時として予期せぬ方向へと伸び始める。

 恐らく紙面に殺人事件が載らない日はないのでしょうね、「向こう三軒両隣」なんて言葉が風化した今となっては。今回はそんな「よくある」事件のお話。記事としては、とある女性がある男に刺し殺されたという「よくある」話です。動機は「好意を伝えようとしたら騒がれたので」という「よくある」ものでした。別になんてことはない、それこそ毎日起こっていそうな「よくある」事件に過ぎません。この意見に頷いた方、

違和感を覚えてください。

他殺という死因が日常生活に溶け込んでしまっている現状、相手の都合も考えずに自分だけを大事にする考え方が横行している事実、そして何より

他人を殺すのに理由は要らないという異常さに。

「好意を伝えようとしたら騒がれたので」? そんなのが動機と言えるなんて本気で思ってたんでしょうか、この男は。それに「騒がれた」って、一体何をやったんです? 人間、予想外の出来事に対面した場合、何をしでかすか分からないという側面がありますからね。多分、彼の頭の中には「もし想いを伝えたと仮定したなら」彼女のリアクションに対して次のような選択肢があったのでしょう。

1、「嬉しい」

2、「私も好きです」

3、「ずっと前から好きでした」

そのどれでもなくて「大好き」。

既に選択肢じゃないです、それは。ま、実際は想いの丈をぶつける前に玉砕したんでしょうけどね。何故かって?

ベランダに不法侵入されて騒がない女性はいないでしょう。

ロミオとジュリエットの時代からタイムスリップしてきたんでしょうか、この男。むしろ妄想の世界からという気もしますが。


3月26日 「それが俺の名だ」

 永きに渡る混迷に終止符を打つべく、我が身を顧みず処刑台へと歩み始める。果たして勝利の女神は微笑むのか。

 意に反してやたらと盛り上がった上に、遂に犠牲者まで出してしまいました。故に責任を取る意味でも挑まねばなりますまい、

コーヒーヨーグルトという名の怪物に。

用意するもの。ネ○カフェの粉末コーヒーとブル○リアヨーグルト(プレーン)。ヨーグルトが固形のため、レンジでチンして溶かした上で、別に作成したコーヒーを注ぎ込むことに。比率はおよそ1:1。あくまで「飲めるもの」を作ることが前提のため、ここで砂糖を大量に投下。はいそこ、

意気地なしとか臆病者とか敵前逃亡は銃殺とか言わない。

私だって命は惜しいんです、はい(泣)。しかしここで緊急事態が発生。一部のヨーグルトがコーヒーと馴染まず、プカプカと表面を漂い始めたため、応急処置としてレンジで温めること3回。それでも一向に溶け合わず、万華鏡の如く彩を刻々と変化させるのみ。このお方、飲まれる前から

グレイトにきめていらっしゃいます。

やむなく完全融合は諦めることにし、まじまじと見つめること2秒。色はともかく匂いはコーヒーそのもの。「これならいけるか?」と思い、一口含んだその瞬間

マーベラスにトキメキました。

1:1という比率はカフェオレの専売特許のようです(泣)。コーヒーにミルクを入れる感覚ならばどうにかなったのかも知れませんが……プレーンという時点でマズイ気もします、いろんな意味で(笑)。流石に飲み干す勇気はなかったため他に回したところ、音を立てながら美味しそうに一気飲みしてくださいました。

台所の排水溝君が。

この真実の戦いを後の世に伝えた上で、なおも後に続こうとする方に一言。実行する前に遺書のご用意をお忘れなく(笑)。


3月27日 「がん○る学園」

 長い文章が続いたので、たまにはスパッとちょん切るのもありかと。

 書き込み、またコーヒーヨーグルトだ。

僕のネタチョイスがマズイのか。

と、噂をすればまたレス。一体ここに何があった? ん、

実験報告?

なるほどチャレンジャー多数。It's wonderful for

カミカゼスピリッツ。

これがローカルCMでないことを祈ります(笑)。


3月28日 「五・七・五」

 メタも歩けばネタに当たる。一字違い……なるほど、道理で親近感が。

 というわけで非常に困っています。「よろづや」で使用できそうな日常ネタが1つ、時事ネタが2つ……むう。3本立てオムニバスは以前やったし、次回予告風紹介も以前やったし……長々とやるのは連続したし、短くまとめるのは昨日やったし。

ネタが余っているのにネタがないとはこれ如何に。

う〜ん……特徴的なフレーズだけ挙げておきますか。たまにはそこから妄想連想するのもアリなのではないかと。では。

ケッタこぎ 捜索の旅 インパクト

臨場感 溢れ過ぎてて デンジャラス

やっぱりね 条件付きと ライ イン ティース(lie in teeth)

2番と3番が時事ネタなので、明日ぐらいにどちらか紹介するつもりですけど……リクエストでも募りましょうか? はいそこ、「そういうこと言う人嫌いです」とか言わない(笑)。


3月29日 「THE WINNER」

 ♪胸を貫くス〜リル〜を〜 ただ追いかけて〜 は〜しり続けたい〜♪……そんな時代は宇宙世紀までおあずけです。

 というわけで2番です、とりあえず。こっちの方が短く終われそうだからという理由ではないですよ? いやホント(笑)。最近は動物園自体が下火ということもあり、あまりこういった類のニュースは聞かなくなったような気がします。記事名は「ライオンが柵越え30分の脱走」。見出しだけで充分内容が分かると思いますので、詳細についてはあえて省略。記事内容に触れてしまうと

ネタバレしてしまうので自粛。

追々話していきますけどね(笑)。とりあえず概略としては「仙台市太白区の同市八木山動物公園において、27日午前10時10分ごろ、雄のライオンが猛獣舎の鉄柵を飛び越えて脱走。約30分後に猛獣舎付近の茂みで麻酔銃を打ち込まれ捕獲された」というものなのですが、その後の記事内容が問題です。「当時、園内には

18人の入園者

がいたが、避難していて無事だった」とのこと。ライオンなんか飼ってる余裕あるんでしょうか? この動物園(笑)。まあ平日だからでしょうけど、休日は賑わっているという保証もないですし。で、次に続く文章がまた……「市は

臨場感溢れる展示手法

を売り物に4月21日にリニューアルの式典を予定していた」とか。限界ブッチ切りですな、臨場感(笑)。でもまあ、これで更に入園者が減ることは確実でしょうね。被害が出ていないだけマシだとは思いますが……最後に園長さんへ一言。今のご時世、リアルさやスリルだけでは人は来ませんよ? 丁度いい例があるじゃないですか。

富○サ○ァリ○ークっていう。

CGの技術なんかが今以上に進化を遂げれば、再び「本物」がもてはやされる時代が廻って来そうですけど……何年後の話かは私にも分かりませんです、はい(笑)。


3月30日 「鉄は熱いうちに打て」

 祭りの後に残るもの。寂寥感と不要な品の数々。

 只今、我が軍の食料庫内部の中央にはヨーグルト殿が陣取っておられます。そう、あの3.26事変――のちの世に言う“コーグルト戦役”のことである――を生き抜いた戦士です。例によって例の如く、全くと言っても過言ではないぐらい食べる気がしませんので

そのうちチーズに進化するかもしれません。

もしくは遠心力との二身合体でバターでも可(笑)。更にその隣には水飴侯が

以前と変わらぬ姿で佇んでおられます。

いつから食べてなかったっけ(汗)。おまけに食料庫の屋上には

開封済みのプリングルス卿がおいでになっていたり。

しかもかなり微妙な残数で。他にも冬以来活躍していない粉末ココア伯爵もいらっしゃられますが。そして止めはこのお方。数多の戦場をくぐり抜けてこられた歴戦の勇士!

2年半越しのアイスクリーム in キングオブハート。

何気にレベルアップしてるし(汗)。


3月31日 「空は自由に飛べません」

 人に必要とされないことこそが己の存在意義……それは今も昔も変わらないはずなのですが。

 今日も今日とて一日の大半をPSOにコツコツと費やしていました(笑)。そろそろウチのプレステ2君の背中から漂う哀愁のオーラが

肉眼で確認できそうです。

つい先日スパロボ買ったばかりなのになあ(苦笑)。といってもレアアイテム探しをしていたわけではありません。いい加減本気で飽き気味ですし。現時点での一番弱いキャラクターでオンラインをし、初心者さんっぽい人の部屋に乱入して遊んでいました。

およそぶっ続けで4時間くらい。

よく考えたら飯も食べてません(笑)。結構楽しいんですよ、こういうのも。常に死と隣り合わせの緊張感というのも悪くはありませんが、ほのぼのと冗談をとばしながら見知らぬ人と歩いていく……殺伐としたモンスター狩りの日々に比べて、なんと心の安らぐことか。

やってることは一緒ですけど。

ゲームを始めた頃の自分の姿とダブるものがあり、コツなんかを教えながら「懐かしいなあ」なんて爺くさい感慨にふける毎日です(笑)。最近では手に入れたアイテムに対しても執着心というものが薄れてきている自分がいます。ある人が言っていましたが、このゲームは本当に「チャットゲー」なのかも知れません。戦闘で手助けをしたり、必要なアイテムを融通したことに対して感謝されると嬉しくなりますしね。もっともおかげさまでより一層

ドラ○もん化が進行中という気も。

「敵が強いよ〜」「シフデバジェザ(補助系魔法)〜」

「状態異常になっちゃうよ〜」「セイクリッドガード〜」

「ノコが欲しいよ〜」「それなら僕のノコを使うといいよ」

……洒落にならん(笑)。というかア○パン○ンまで混ざってたような(笑)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF