平成15年10月分はこちら。やる気ないにゃー。


10月1日 「ガスマスク必須」

 トリップするにゃー。トリップするにゃー。トリップす(ゴスッ)……やかましい。

 喫煙家には肩身の狭い世の中になってきていますが、それでも未だにスモーカー人口が多いのは事実。本日より東京駅周辺でも路上禁煙を実施する東京都千代田区が、そのキャンペーン用に路上に落ちていた吸殻などを材料にして、タバコの形をした着ぐるみを作成しているそうで。高さ約2メートル、直径約50センチを誇るシガレット形態の艶姿は、どう見ても

コモロくん

タバコとは比較にならないデンジャラス加減ですが(笑)。いっそのこと、タバコの毒性があの胞子並み……いや、せめて10分の1でもヤバイ代物なら、ここまで普及しなかったでしょうに。精神安定剤の役目を果たすとは言っても、体に悪いものであるのは本当ですし。まあ、それを言ったら中毒性のあるものは須らく廃絶しようという方向になりそうですけどね。

ネトゲも然り。

自分も含め、皆さん程々に(笑)。もしタバコにコモロ胞子の10分の1レベルな毒性があったとして、常習性が同じだったらこんな感じかと。ダウンタウンダンス。

「ほ……星の海へ……」

のっけからダメダメですがな。

健康と世間体のため、吸いすぎには……って、吸うなー!(笑)。


10月4日 「廃王〜ハイキング〜 前編」

 意味もなくドナドナ歌いたくなります。一緒にどうですか?

 飲食店の評判というものは大抵口コミで広まるもの。こと最近ではネットという媒介があるために、知名度が高まるスピードは昔の比ではありません。そして「悪事千里を走る」の言葉通り、悪い噂の方が音速の騎士もかくやという速さで広まるのもまた真理。今回私が訪れたのはそんなお店の一軒でしたが、その事実を

車の中で聞かされました。

売られていく子牛の心境が分かったとか分からなかったとか(謎)。片道40分ほどの時間をかけて到達したその場所の名は「マウンテン」。店の様相は名前を意識してか、例えるならば山奥にあるうらぶれたロッジの如し。しかも駐車場にあるどでかい看板には、やや山に見えなくもなさ気な風景に溶け込む店の姿が。本当は山が好きなのに泣く泣く都心に立てたという

店主の未練たらたらさが滲み出るようです。

遭難を覚悟する登山者さながらの心境で店内に足を踏み入れると、そこには意外と繁盛しているらしいビジョンが展開していました。事前に聞かされていた「バケツパスタと言われるほど量は凄いけど、味はそれに輪をかけてスゴイ」などという評価ほど酷くはないのかもと安堵したのも束の間、愛想のあまりよろしくない店員に案内されたテーブルの隣で、私は見てしまったのです。我々が登山を開始するよりも前に、そびえ立つ険しき山に挑んだと思しきチャレンジャーの残骸――要はこれでもかというほど

皿の上に鎮座した残飯を。

そう、私は今更ながらに気が付いてしまったのです。店内に居る客が誰一人として心の底から笑っていなかったことに――。乾いた空気の中、渡されたメニューを見ながら「思えば遠くへ来たものだ」と望郷の想いに駆られつつ、我々の旅はまだ続く……。


10月5日 「廃王〜ハイキング〜 後編」

 ♪キノコだ〜って 雑草だ〜って ゲテモノだ〜って〜♪ ……調理しかねん。

 寒くもないのに遠ざかりそうな意識を何とか繋ぎとめつつ、自ら死地へと足を運ぶが如くメニューを開く。そこに並ぶのは奇妙奇天烈この上ない、辛うじて食べ物と思しき名前の数々。主にパスタ系、ピラフ系、デザート系、飲み物系と大まかに分けて4つに分類されているものの、たまに

領域侵犯してるブツもあったり。

いくら甘党の私でもパスタにクリームの二身合体は挑戦したくありません。比較的まともそうに思えた「きのことチキンクリームライス」を頼み、他の面々も無難そうなメニューをチョイス。空虚なる時間が過ぎ行き、目の前に置かれたのは「どうやって人数分もテーブルに置くんですか?」と聞きたくなりそうなでかさのお皿と、それにこんもりと盛られた物体。というか、本気で

膝の上に乗せて食べようかと沈思黙考。

何とか皿を置くスペースを確保し、いざ鎌倉。クリームがよくかかった一番良さそうな部位にスプーンを突き入れ、「迷ったら負ける!」とばかりの気迫を込めつつ口内へとインサート。咀嚼するに従って、どんどんと口の中いっぱいに広がっていく

しいたけの味。

……ちょっと待てい。普通、ホワイトクリームに合わせるっていったらマッシュルームだろうが!(怒) いやー、何処をひっくり返しても、延々シメジとしいたけが出るわ出るわ。私がしいたけ嫌いなことを差し引いても、充分すぎるほどに食べたくない味付けです。案の定、他の面々も完食を断念――約一名を除いて、半分を平らげることすら叶わぬ――する有様。何せ安全圏っぽい

ミートスパすら地雷でしたし。

名前見ただけでも危険度MAXな代物ならどうなっていたことやら……盛り付け、味付け、その他のどの要素を取ってもおよそプロの仕事とは思えません。知人の家にお呼ばれして、家庭料理として出されてもギリギリって所でしょうか。マスターに調理師免許を見せてもらおうかとも考えましたが、

知らぬが仏っぽいので止めました。

ただ一言、私の心のアルバムに「サバイバル訓練御用達のお店」とそっと記し、今回の冒険は幕を閉じた――。

総合評価:自殺の名所。


10月6日 「移りゆく季節の中で」

 過去最凶はアジアンマックバーガー。もしくは苺のガナッシュ。

 所用で朝もはよから市役所へ出かけた帰り道、お腹の妖精さんが軽くボイコットしそうな様相を呈していたため、肉まんリベンジも兼ねてコンビニへ。流石に昼前だけあって、保温ケースの中は中華まん郎党一同で♪満員電車が我が人生〜♪ とでも歌いだしそうな勢いでした。それでも変り種の姿が見えない辺り、あの井○屋でも

最初からはコケたくないってことでしょうか。

お楽しみは後に取っておく主義ですけどね(謎)。まずはリベンジ&オーソドックスに肉まんをチョイスし、他にまだ食した覚えのない「海鮮チリまん」と「元祖四川肉まん」を購入、一路我が家へ。自室にて戦闘準備を終えた後、平素ならば最初に肉まんへと思いの丈をぶつけるはずですが、先日

一見まともそうなメニューに轟沈された

ばかりなので、保険として後回し。まずは海鮮チリまんを食すことに。あまり辛い物は好きではない私ですが、結構エビチリは好きなんですよね、実は。高まる期待を抑えつつ、いざ! いっただっきま〜す♪(ガブッ……もぎゅもぎゅ……ごくん)……ええ、期待が外れたことに関してはこの際どうでもいいです。でもね、海鮮チリまんと謳っておいて

エビの生臭さ一択なのはどうかと。

チリの味なんて、それこそ塵ほどもしないんですが。とりあえずエビプリまんとでも改名しておいてください。食指ゲージが一気に減少したため、残りの物体を不快感と共にグレープジュースで流し込み、次のラウンドへ。元祖というくらいですし、こちらは大丈夫でしょう。では……メタトロン、いっきま〜す!(もぎゅ……もぐもぐ……んがんぐ)……あ〜、確かに元祖ですね。

見事に退化してます。

いや、好きな人は好きだと思いますよ? ただ、単に肉まんを辛くしただけという感が否めないのもまた事実。個人的にはあまり合わないということで、こちらはコメント保留。総合評価としては「リピートは有り得ない」ということで、やはり人間基本が一番だな、と。まあ、どうせまた喉元過ぎたら地雷踏むんでしょうけどね。

自分から。

泣く娘(こ)と新製品には勝てません(苦笑)。


10月7日 「西洋破れかぶれ」

 訳せなくてもフィーリングで使う場合なんかもあるのでは? あまりアドミレイションしませんが。

 どうも食べ物ネタに偏り気味な気がしたため、たまには基本に立ち返ってインテレクチュアルっぽく言葉のお遊びでも。流石に此処までわざとらしい使い方はしないとは思いますが、「そんなに日本語が嫌いかー!」と言いたくなるほどに横文字が横行しているのもまた事実。そこで今回は趣向を変えて横文字編。

「ヤツは頼れる男だ。あらゆるリファレンスになる」

問:次の横文字を「○○的」と、漢字に変換しなさい。

1、クラシック……まずは初級編。国語の中でこれが苦手だった人も多そうな。

2、ベイシック……応用はこの段階を越えてから。慌てない慌てない。

3、リアル……夢見る少女じゃいられない。

4、モダン……ここら辺りから中級編。昔は最先端の代名詞。モガって知ってます?

5、エコノミカル……粗衣粗食。それが一番。

6、ラディカル……2つありますが、ベイシックと重複しない方で。簡単に言えば右翼。

7、ニヒル……そろそろ上級編。2号機のパイロットというより、魔の3番砲座という気が。

8、メランコリック……雨にわざと打たれてみたい、そんな日もあるさ。

9、シンボリック……無敵看板娘。

さあ、頑張ってみましょう。ちなみに分からないからといって

ボンバイエしないように。

……妙な和製英語って多いですよねえ。そも英語か?(笑)


10月11日 「Stay with me」

 ♪You are rolling stone,rolling stone ボ〜ロボ〜ロの〜 そのか〜ら〜だ〜 そのこ〜こ〜ろで〜 何処に〜行〜くの〜♪ 孤独な戦士のように戦い続けてます。地味に。

 日が落ちてからは大分冷え込むようになった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。夜中だというのに

一筋の汗が頬から滴ったりする

メタトロンです。外気温と変わらないというのに、つくづく尋常じゃない職場気味。実際、やっている作業自体は地味なことこの上ないんですけどねえ。リブと呼ばれるプラスチック製の衝撃吸収具 or シールドカーテンエアバッグを取り付けたり、音がしないように不要なボデー穴へシールを貼り付けたり、配線をはめ込んだり。まとめて言えば

人目につかない物ばかり。

正に縁の下の力持ち(笑)。尤も、目に見えない場所だからといって、疎かには出来ない作業ですけどね。特にリブとカーテンエアバッグの取り付けなどは、もし事故が起きた場合、搭乗者の命を守る大切な作業。私が製作に携わった車をお買い上げくださった皆様、どうかご無事で……と、1台1台そんな気持ちを込めながら、丁寧に丁寧に取り付けを

してる余裕なんてありません。

はいそこ、「偽善者め!」とか言いながら石投げない(笑)。何せ工程エリアの端から端までかかるようなカーテンシールドエアバッグ装備の車が6台置きに来るケースもあるのが現状ですし。まあ、ラインのスピードが上がったばかりの1週間前に「出来るか、んなもん!」と悪態をつく暇すら惜しんでも間に合わなかった作業を、今では愚痴りながらやってもさばけている辺り

つくづく慣れって怖いと思いますが。

指とか体とか痛いのも、既に普通。……間違ってるなあ、何か(遠い目)。


10月12日 「スマッシュシスターズ」

 景気が悪いとレジャー関係はどうにもなりません。助けてグーーフ○〜〜〜っ!!!

 遠場の質素より近場の贅沢ということなのか、旅行業界が首を吊ろうとして捻っている昨今。そんな彼らが起死回生をはかり、新たな需要、即ち母娘旅行の市場開拓に一石を投じようと企んでいるとか。曰く、「消費の主役である女性をターゲットにし、気兼ねなく旅行ができ、旅先での会話も弾む」だそうですが、その意見から察するに、

男って本っ当に悲しい生き物です。

財布の紐のみならず、鵜飼いの紐まで絞められる(泣)。確かに情報には聡くてもお金のない娘と、情報に聡いかどうかは兎も角デブ出不精なマダムの組み合わせは、お互いの欠点を補ったいいコンビだとは思いますけどねえ。ただ、親子は思考&嗜好が似るのもお約束なため、何となく旅先で

喰い合いしそうな気も。

色んな意味での「タベモノ」とか(笑)。旅は道連れ世は情けとも言いますし、ここは一つ他の女性同士の編成で攻めてみるというのはどうでしょう? 共通の体験が日頃いがみ合っていたわだかまりを溶かし、いつしか友情が芽生える……となれば、やはりこれしか!

嫁姑スペシャル。

同行する勇気のある人、手を挙げてー(笑)。


10月14日 「日本全国酒飲み音頭」

 ネギを首に巻くというのが心ときめくサムシング。誰か試してください、私は嫌です。

 北風と太陽がシスコムーンな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。相も変わらず風邪引きさんですが、決して

もやしっ子ではないと主張する

メタトロンです。というか、知人が聞いたら笑い死ねます、確実に。風邪を引いた際の処置というのも多々あると思いますが、私の場合は一応薬を飲んで、それからは普段と同じように過ごします。即ち、普通に仕事でひいこら言い、普通にご飯もあまり食べずに、普通にPSOその他諸々のゲームをプレイ……

ダメじゃん。

まず普段の生活態度から改める必要があるようです(笑)。実際は発汗すれば熱も下がり自然治癒力によって治す事が出来るため、少々激しく運動するのが一番なのですが、それをすることすら億劫だと思うのもまた真理。そのせいかどうかは定かではありませんが、外国ではウィスキーやブランデー、ウォッカといったアルコールに頼る場合が多いようです。日本風にアレンジするとこんな感じ。

♪10月〜は風邪を引いて酒が飲めるぞ〜 酒が飲める飲めるぞ〜 酒が飲めるぞ〜♪

ロシア辺りなら言いかねん。

しかも年中(笑)。深酒で布団も敷かずに寝落ちてしまったら、元の木阿弥だと思うんですけどねえ(苦笑)。


10月18日 「歯闘の果てに」

 それでも症状の中で辛いのは腹痛だと思ったり。あれは根性ではどうにもなりません。

 ようやくまともに頭が働くようになりました。雨には負けませんが風邪にノックアウトされていたメタトロンです(何か違)。一気に全症状が出、さらに熱も38度を上回ってくれさえすれば、かえって回復も早いんですけど……まずは喉とお腹、翌日に喉と鼻と頭痛、そのまた翌日にはプラス吐き気、そして本日は熱が上昇という念の入った段構えの戦法。どうやら発病者に似て

じわじわ殺すのが趣味らしい。

……嘘ですじょ? 正直者と近所でも評判ですが(謎)。閑話休題、吐き気と頭痛は今更というほど慣れているので(待てい)問題ないのですが、その頭痛に他の痛みまで加わってしまうと話は別。まだ4本健在の親知らずパワーが久々に発動し、頭痛がするたびに歯が痛み出し、そしてその痛みが頭痛の潜在能力をさらに引き出すという画期的なシステム。何か途中から口の中で

血の味がしてたような気もします。

仕事中なので暴れることも出来ませんし(笑)。心の葛藤を文章という名の媒体を以って分かりやすく説明するとこんな感じ。よくある天使と悪魔のせめぎ合いライクに。

「さあ、このストライクな頭痛の前に膝を屈するが良い!(ズキッ)」

「駄目だよ、そんなの! さあ、このアンビリーバブルな痛みで正気を取り戻して!(ズキズキッ)」

「邪魔をするな! いっそ寝込むほどやった方がコイツのためなんだ! 行け、ファンネル頭痛!(ズキズキズキッ)」

「しっかりして! そんな頭痛なんて気にならないほどインパクトのある痛みを上げるから!(ズキズキズキズキッ)」

やめれ、お前ら。

……天使は小悪魔って誰が言い出したんでしょう?


10月19日 「タムの、タムの仇!」

 でもウェーバーの登場は唐突過ぎです。台詞すらないし。

 MOTHERのせいで再び火がついたのか、懐かしのFCリプレイ第二弾。何だかその辺にやりかけのPS2ソフトが転がっている気もしますが

見えないことにしておきます。

サモンナイト3なんて攻略本まで買ったにもかかわらず(苦笑)。現在プレイしているのは、私がまだ今以上に小さかった頃、サイバーな雰囲気に惹かれて購入した「ラグランジュポイント」。同時期に似たようなテイストの「メタルマックス」をやっていた辺りから察するに、どうやら私も

竜退治にはもう飽きていた模様。

……このネタ分かる人居るのかな(遠い目)。ゲームのシステムも一線を画しており、何と通常攻撃をするにもBP(バッテリーポイント)というものが必要で、しかも同じBPを消費して回復なども行わなければならないという、省エネを推奨する素晴らしきアイデア(違)。そして最大の目玉は武器合体! 現代から見れば何とも陳腐なシステムですが、当時は画期的だったんですよ。まあ、剣と剣合体させて銃にするのは

現代科学でも無理っぽそうですが。

あとはありそでなさそなストーリーも何気にお気に入りだったり。特に3博士と呼ばれる中ボスとの絡みと言ったらもう! ランド1で対峙するオレギなどはその代表格。最初はファイバーシティの手前で遭遇しなす術もなく亀裂へと誘われ、次はセラミシティへ続くダンジョンにて主人公達と同行していた幼子を手にかけ、そして最後にはセラミシティのエアポート前で……って、

ちょっと待て。

えーと……前門のエアポート、後門のセラミシティ門番……お前何処から来たー! つーか門番、「敵が潜んで居るやも知れん、用心されよ」って何ですか?

犯人お前だろ。

まあ、4人がかりでギリギリなヤツ相手に門番風情が何とか出来るとは思いませんが(笑)。何度かプレイしてますけど、絶対最後は特攻して勝利をもぎ取ってる気がしますしねえ。ウラワザ使ってチックがロボフリーズ装備しない限りは(笑)。


10月22日 「奇襲のスヽメ」

 訓練日自体が不意打ちだと、それすら効果のない罠。つまらん……。

 なにやら近々職場にて、火災避難訓練がある模様。こんなのは社会人になったら縁のないものだと思っていたんですけどねえ。某工場で事故があったために、少し過敏になっているのかも知れませんが……まあ、東海大震災に備えてという意味合いもあるのでしょう。はい、此処で質問。火災避難訓練のときに

「本当に火ぃ点けたろか」と思ったことのある人

手を挙げてー(笑)。かなりお約束なシチュエーションとはいえ、実際に起きたらパニック確実。昔だとちょっとアウトローな学ランズが考えそうなネタですが、最近の社会情勢だと「どうせ避難訓練だしー」と危機感がまるでない生徒達を憂いた先生や学級委員長辺りがやりそうな気がしなくもがな。

本末転倒なところが特に。

頭の固い人間の考えることほど、実はそれほど筋が通ってなかったり。……え、私ですか? 私はいたずらに混乱を引き起こそうとも思いませんし、別に周りの人間に危機感を持たせて、有事に備えて貰おうなんてことは毛ほども思いませんとも、ええ。避難訓練当日に本番をやらせようなんて思いもしませんよ。

やるなら前日です。

うわー、阿鼻叫喚(待てい)。


10月26日 「あの世でいい塩梅」

 勿論大嘘です。はいそこ、本気にしない。

 何か一つのことを念頭においていると、それ以外のものはおざなりにしがちなのが人間の脳みそ。甲子園球場における忘れ物や落し物がチャリティーバザーを開けるほどの勢いで増加しているとか。18年ぶりに優勝を決めたタイガースファンの喜びによる産物だとは思われますが、まだ落し物くらいなら可愛いものかと。中には

魂抜けてる人も居そうですし。

臥薪嘗胆の極みですしねえ(笑)。落し物の具体例で言えば、オーソドックスな家&車の鍵や、カメラ、応援グッズ、応援演奏用のトランペットの他、

おじいさんおばあさん等々。

世知辛い世の中になったものです(待てい)。ちなみに遺失物法による落し物の保管期間は6ヶ月と14日のため、開幕試合の忘れ物は既に期限切れだとか。期限の切れた落し物は、順次球場側に所有権が移るものの、実際は引き取ってもゴミとして処分するしかないそうですねえ。

やっぱり姥捨て山か。

不法投棄はやめましょう。ちゃんと一言断ってから!(違)


10月29日 「AM3時30分 自宅にて」

 出た言葉はただ一言。「な……直った〜……」

本気で嫌な汗かきました。

いや、実はついさっきまで、突然暴走を始めた我がPC君と格闘していまして……遡ること前の日付ギリギリオンライン、普段通りに我が愛機の電源を入れたところ、何だかいつもと違ってご機嫌斜めな模様。具体的に言うと、画面が16色な上に640×480ピクセルの表示で、しかもどういうわけだか

マウスポインタがありません。

ウィンドウズ世代の私にどうしろと(汗)。どうやらシステムの一部が破損したらしく、常駐の表示が出切る前にエラーのウィンドウが出る始末。マウスが動かないためにっちもさっちもいかず、ただただうろたえるばかり。しかも頼みの綱のセーフモードからのシステム復元は途中で止まってしまい、再度起動しようとしたら

セーフモードすら立ち上がりません。

それなのに通常モードはあちこちおかしくなりながらも動くとは(汗)。再度手動で復元したら何とか復旧できましたが……怖かったです、素で。今日の教訓、いつまでもあると思うな

親とデータ。

一体何が原因だったのやら……う〜む(悩)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF