平成15年2月分はこちら。微妙にテンション低め?


2月1日 「どちらも好きです」

 仕事時の糖分補給に欠かせません。生温いと一気にブルー入りますが。

 ここに取り出だしたるは、何の変哲もない清涼飲料水。片方は「牧場発バナナオ・レ」、もう片方は「北海道日高カフェ・オ・レ」と申します。さて、此処からがお立会い。実はこの二つの製品、鏡に映したかのように相反する存在なのです。それは名前からも一目瞭然。牧場発バナナオ・レは「牧場」というだけで

何処の牛の乳とも分かりませんし

北海道日高カフェ・オ・レは「北海道日高」というだけで

何処の野良牛の乳とも分かりません。

実際にあったら信用問題程度では済まないでしょうけど(笑)。しかし、私が名前について本当に突っ込みたい所はこんなもんじゃあ御座いません。北海道日高カフェ・オ・レ。最近は一緒くたに「カフェオレ」と表記する会社も多い中、立派といえるほどの几帳面さだと褒めてやらなくもあらじ(何様だ)。それにひきかえ、牧場発バナナオ・レ!

バナナオって何だ。

せめてスペースぐらい入れてあげてください、開発部。そして肝心要の中身。牧場発(以下略)は「果汁1%」と控えめに謳っているにもかかわらず、そのすぐ傍には「ミルク入り」などと書いている始末。

ミルクの中にバナナ果汁が入ってるだろ、それは。

次に北海道日高(以下略)。カフェ・オ・レなどと大層なことを言っている傍ら、「北海道日高の美味しいミルクで仕上げました」とキャッチコピっている上に、製品名が「コーヒー入り清涼飲料」。

どっちがメインかはっきりしろ。

とりあえず牧(以下略)と北(以下略)、詐欺の疑いがあるので取調室でカツ丼でも食ってなさい。自己負担ですけど。


2月2日 「さらに甘さもくどい」

 チョコ食って喉が渇くというのも珍しい体験です。何を飲めというのやら。

 妙なものだから手に取るのか、私が手に取るから妙なものなのか。下馬評では圧倒的に後者が優勢ともっぱらの噂ですが、コイツに関しては前者であると胸を張って言えるような気がしなくもがな。特にこれといった特徴もなく、外装も至ってシンプル、極め付けに「マシュマロチョコ[ホワイト]」という企画名まんまっぽいネーミング。強いて言えば

バレンタインに貰ってホワイトデーに未開封で熨し返せそうな

感じが一線を画す程度の一品ですが、よもや好奇心全開スピリットだけで買ったコレが、忌まわしき記憶の扉を開くことになろうとは……。時は購入時にまで遡ります。「チョコは全て凍らせる」というマイポリシーに則り、帰宅と同時に冷凍庫へぶち込まれるマシュマロチョコ[ホワイト]、略してマチョホ。丸一日ほど置いてから「時は熟したり!」とばかりに口内へ放り込んだ瞬間、あのレジェンド・オブ・チョコレートの姿が瞼に浮かんだのです。忘れるはずもない、このプレッシャー……そう、

「生硬い」再見。

貴様にはチョコとしての自覚がないのか!?(謎) 外側をコーティングしているホワイトチョコのパサパサ感もさることながら、中身のマシュマロの縮み具合ったらもう。しっかり凍っているならまだしも、マシュマロ特有のフワッとした感触が中途半端に歯止めをかけたせいで、味を抜きにすれば

ふやけた梅干の種としか思えません。

流石にこのまま食べ続けるのは精神衛生上よろしくないと判断し、戻してから改めて完食いたしましたが。いえ、

口の中からという意味でなく。

解凍してからという意味ですからね? 念のため(笑)。


2月3日 「一齧り入魂」

 関西では巻き寿司、関東では海苔巻き。中間地点が両刀使いはお約束。気分によりけり。

 正月並みの忙しさを見せた昨日、何ゆえ祝日でもない節分なんぞに酢飯が大量に出荷されねばならんのかと疑問に思って調べたところ、働く身にとっては迷惑この上ない習慣が白日の下に晒されました。どうやら関西の方で広まっている「丸かぶり」という、巻き寿司を恵方(えほう)の方角に向かって食す行事が関係していた模様。とりあえず、何も考えずにホイホイと注文を受ける営業と上層部に一言。

此処は関西じゃねえ。

愛知は愛知らしくしろー!(謎) まあ、こちらの方でも寿司屋なんかでは巻き寿司を売り出しているようですが、認知度で言えば豆まきの足元にも及ばないのが偽りなき現実です。ところが関西地方になると優劣が逆転してしまうようで、寿司屋デパートスーパーなどはいざ知らず、街中の至る所で巻き寿司が闊歩しているとか。

二足歩行をする勢いで。

飛ぶように売れるという意味では、羽が生えるでも可(笑)。この風習は明治時代の中頃から廃れてしまったとのことですが、どういうわけか25年程前から復活し、現在に至るんだそうで。しかし、一家揃って無言で黙々と巻き寿司を食べるという光景が、果たして運を呼び込めるのかどうか……それも絵的に怖いので、少しは見習ってください。

伊○家の食卓を。

って、それはやり過ぎか(笑)。古来より「口は禍の元」とも言いますし、食い物で栓をしておけば万事OKって気もしますけどね。コミュニケーションはキーボードで取ればいいんだし(違)。


2月4日 「それが言いたかっただけ」

 どん底も慣れると楽しいものですよ? 這い上がる喜びもありますしね。

 たまには事実隠蔽なんて腹黒な話題とは無縁のありふれたニュースでも紹介してみましょうか。沖縄の本部町にある国営沖縄記念公園の「沖縄美ら海水族館」で、目玉の一つとして搬入されていたマンボウ10匹がオープンを待たずして死んでいたことが判明したとか。展示前に死亡したのなら、大っぴらに公表する理由はないというのは正論だと思います。問い合わせがあれば説明はしていたようですし……って、ちょっと待てい。ということは、マンボウについての問い合わせがあったということで?

恐るべし、マンボウラヴピープル。

わざわざ調べたんでしょうか、この方々は。それとも日本全土に張り巡らされた「MANBOH! ネットワーク」の情報網のなせる業なのか……いや、そんなものが本当にあったら心底嫌ですが(笑)。その他にもジンベイザメやマンタなど、飼育に挑戦するものが多数存在するとのことですが、そう考えると水族館というよりは

むしろ実験場っぽいです。

「マンボウ大量生産の暁には……」とかいう勢いなんでしょうか、ここの館長さん(笑)。まあ、マンボウが居なくても経営が成り立っている事実から察するに、「目玉の一つ」という域を脱してはいなかったようですけどね。これがもしマンボウの、マンボウによる、マンボウのための水族館だったのなら、きっと今頃は

松井の抜けた巨人軍状態でしょうし。

故人曰く、「株を守るの類なり」。栄光に溺れて向上を怠った者の末路なんて、所詮そんなものですよ。さてはて、ファン離れの戦況が背水の陣の状況下、今度はどんなメークミラクルを見せてくれるのやら。期待してますじょ?(笑)


2月5日 「感染拡大」

 風が吹けば桶屋が儲かる、か。それよりは分かり易いですけどね、大分。

 自然災害によるものと、果たしてどちらが脅威なのか。只今、青森と岩手を除く45都道府県でインフルエンザ警報が赤ランプマックス状態で目下発令中だとか。西日本から南風に乗って北上するように範囲が広まっていき、今度は関東から東北地方へと感染していった模様。実際、あちこちで学級閉鎖されているようですしねえ。まあ、それについては

坊やだからさ

の一言で事足りますけど(嘘こけ)。昨年までの流行が極端に少なかったため、今年は猛威と感じているのではないかという見解もある中、不況で冷え切った懐にホッカイロを入れるが如く、頑張っているのが♪ぼくらのまち〜のおくすりや・さ・ん♪ インフルエンザの流行しているという錯覚に加え、病院などの治療薬不足が報道されたせいで元からなかった信頼がより一層下火になったこともあり、老若男女問わずしてクスリブームが巻き起こっているみたいです。

嫌なブームだな、おい。

薬局の店頭で陣取り合戦がヒートアップ真っ最中な各製薬会社は、それぞれの看板商品を軸に各々が「いける!」と判断したリアレンジをする側ら、人気タレントを使用したCMで特徴を積極的にアピールするなど、是が非でも自社製品を買わせようと目が血走っているそうで。そう考えると偉大ですねえ、

シビリアンコントロールの力って。

(知名度が高い商品=何となく安心感)+(人気タレント=何となくオシャレ感)=購買意欲ですか。凄まじいほどに安易な方程式ですね、これまた(笑)。


2月6日 「撃ち抜く……止めてみろ!」

 ちなみにアルトアイゼン・リーゼにスプリットミサイルは実装されていなかった気が……ご都合主義バンザイ?

 ゲームやアニメにおいて、主人公が後継機(もしくは二番機)に乗り換えるのはもはや定番。そして、主人公の身近な者が敵に操られたりするのもお約束。基本を抑えたスパロボならば、両方あるのが自明の理。亀の歩むが如く、のったりまったりとプレイ継続中のスパロボIMPACTでも、そんな山場に差し掛かりました。そのイベントを終えた直後の感想。

本当に恋人大事なのか?

ストーリーの流れ上、主人公が止めをさすというのは合点のいく所ではあるのですが……静かに燃える熱血漢にも程があるだろ、男主人公であるところのキョウスケ君よ(笑)。そんな彼の愛情表現、「突撃」を使用しない通常P兵器バージョン。「あの額の紅い玉を壊せば……」とか言いながら、アッパーブロー気味のパイルバンカーをどてっ腹にぶち込んでみたり。

コクピットとちゃうんか、そこ。

しかもいい感じに腰が入ってるし。手加減なんて欠片もないって、あれは(笑)。そして先の発言を受け、仲間が「難しいな……」とぼやいているのも何処吹く風と言わんばかりの究極奥義バージョン。「お前は俺が……!」などと歯を食いしばりながら、スプリットミサイル全段発射→プラズマホーンで切り裂き後、ぶちかましで空中へ放り上げ→零距離アヴァランチ・クレイモア射出というフルコースっぷり。

マジで助ける気あるんか、お前。

そりゃ、額の玉を壊すことなんて造作もないわな。そこに「だけ」という言葉は有り得んが(笑)。まあ、これぐらい不器用な方が漢(おとこ)って気もしますけどね。背中と拳で語る生物ですし(違)。


2月7日 「はじめてのチュウ」

 考えたこともないですねえ。はいそこ、枯れてるとか言わない。

 蛇の道は蛇、ってことでしょうか。官能恋愛小説で有名なハーレクインが、これ以上ないというほど薄ら寒い調査&国際比較を行なってくださいました。今回のお題は「日本人が思い描く理想のキス像」。こういうことですら「仕事だから」という理由でやらざるを得ない出版社の方々、ご苦労様です。

お偉いさんの趣味に振り回されて。

未知の領域なので、社員総動員で喜々として調査を行なったという可能性も否定し切れませんが(笑)。閑話休題、肝心要の調査結果ですが、どうやら民主主義的意見で鑑みるに、日本人は世界に背を向ける天邪鬼民族と判定された模様。欧米で人気のあるシチュエーションの「燃え盛る火の前」を毛嫌いし、ベストプレイスとして挙げられた「ひと気のない海」は、欧米においてブーイングの嵐を巻き起こしたとか。まあ、少し考えれば分かることですけどね。そんなシーンなんて

ジャパニズムな二次元の世界にしか存在しませんし。

実際の海なんてムードもへったくれもありゃしませんから(苦笑)。そして「キスは何味?」なんてお子ちゃま御用達ライクな質問でも、その天邪鬼な気質を遺憾なく発揮しております。世界の憧れであるイチゴ味やチョコ味など、所謂「甘いキス」なんてドリーマーな意見を踏みにじり、ペパーミント味という実用第一な味をチョイス。どちらかというと

歯磨き粉って気もしますが。

もしくはクロレッツなどでも可(笑)。一応、先に挙げた辺りまでは納得しなくもないのですが……「初めてのキスは18〜21歳が最も多く、世界的には『やや奥手』と判定された」という結果に対しては全力で異議を唱えさせていただきたいと思います。というか

いつの時代の話だ、それは。

新聞の社会面を見てからほざいてください(笑)。


2月8日 「消息不明」

 命名、一期一会。心して味わうのが、せめてもの礼儀かと。

 流石に朝晩はまだ冷え込むものの、段々と春への兆しが見え始めているような気がしなくもがな。もうすぐ冬の風物詩ともお別れなんだなと考えると、少し寂しくも思えたり。……はい? 雪? おコタ? 当期限定チョコ? 何を仰るウサギさん、冬といえば中華まんに決まっているじゃありませんか。もうちょっと具体的に言うと

井○屋のチャレンジャーな商品's。

今年もなかなか楽しませてくれましたとも、ええ。少なくともストレス解消のカンフル剤としては、これ以上ないほどの働きを見せてくれましたし(笑)。まず一番手は「有り得るかー!」と叫びたくなるほどの偶然を引き起こしてくれたミルクキャラメルまん。あのコリコリ感は未だに忘れられません。というか、口の中でコリコリなんてオノマトペが乱舞している時点で

もはや中華まんじゃねえ。

続く焼き芋まんはまだマシという部類。「皮が邪魔」なんて身もフタもない評価に終わりましたが、味自体はホカホカの焼き芋そのままっぽかったですし。欲を言えば、もう少しバター風味を利かせてくれればよかったかな、と。

余計ベタベタになりそうですが。

そしてトリに控えしはショコラまん。これについて何を語れというのやら……とりあえず店員さん、

置く場所間違えてます。

あれは温めてはいけません、色んな意味で。まあ、既に消化されて血となり骨となった今となっては、単なるほろ苦い青春のメモリーと化してしまいましたけど……何故過去形なのかって? ヒントその一、

真冬の雪山で遭難。

見事な引き際と褒めてあげましょう。というか最初から売り出すな、んなもん(笑)。


2月9日 「時は正に世紀末」

 実際に顔合わせしたら食い合うかも。文字通りの意味で。

 誰も足を踏み入れたことがないニューフロンティアな領域というものは、言ってしまえば「当たる」も八卦、「当たらぬ」も八卦。切り開いた先に待つのは、果たして地獄か天国か。数多くの一発屋麒麟児を排出している音楽業界に、光と影の如き二組の翼が舞い降りました。片翼は「妖怪ヘヴィメタル」を売りにする五人組の異色ロックバンド「陰陽座」、もう片翼は北海道小樽市の僧侶五人により結成された「シャクソン・ファイブ」……って

まんま地獄と天国かよ。

先の「陰陽座」はメンバー全員が長髪&顔の白塗り&平安絵巻から飛び出してきたような和装という歌舞伎スレスレな外見に加え、「伝統的日本文化を基盤に、この世のありとあらゆる怪しく妖しいモノを音楽で表現する」と息巻き、さらには歌詞に英語を用いずにシャウトするという徹底ぶり。そんな彼らが「鳳凰の翼で舞い、麒麟の瞳で睨み付けろ!!」と題したライブを行なったとか。格好良くまとめたかったのは分かりますが、一応突っ込んでおきましょうか。

中国の幻獣なんですけど、それらって。

ちゃんと大陸と島国の違いを理解してから謳ってください(笑)。対して「シャクソン・ファイブ」は3本のギターと素朴な音色の木魚やお鈴(りん)を使い、仏教の真髄を歌うという和洋折衷な新機軸バンド。「仏教離れが進む今、僕らの音楽を聴いて教えを知るきっかけになってくれれば」と演奏を続けているとのことですが、要は布教活動の一環として歌っているということですか? 余興で関心を引こうとする辺りから鑑みるに

本気で世も末っぽいです。

駅の構内でよく見かけますしね、街頭ミュージシャンと坊さんの組み合わせって(笑)。


2月10日 「それが大事」

 イベントとは、駆け抜ける嵐と見つけたり。関係のない人にとっては文字通り「何処吹く風」な辺りが。

 基本的には1イベント1ツッコミをモットーとしてきたつもりですが、今回はちょっと例外的に二度目となるツッコミを入れさせていただきます。前に取り上げたのはサブ商品のお話でしたしねえ。流石に

チョコがなければ煎餅を食べればいいのよ

とは言えませんし(笑)。決戦の金曜日を目前に控え、「バレンタインにはチョコに毒を仕込んで愛を込めて贈る」という風習を作り上げたメリーチョコレートカムパニーが、大阪市の阪急百貨店梅田本店に国際コンクール「サロン・ド・ショコラ」にて出展された芸術作品「チョコのモナリザ像」と「チョコ染めの着物」を借り受け、買い物客の目を楽しませているとか。「何だそりゃ」と安易なツッコミを入れそうになる衝動を抑えつつ、とりあえず一言。

食べ物を粗末にするんじゃありません。

しかも我が主力エネルギーたる糖分の心の友を……俺は怒ったぞ! フリーザァァァッ!!(謎) まあ、こんな罰当たりな芸術作品を据えるのは伊達じゃないのか、本戦まで日本最大級の約1000平方メートルにも及ぶ特設チョコ売り場を設置し、有名70ブランドものチョコレートを取り揃え、約4億円の売り上げを見込んでいるそうで。この時期にしか買えないチョコが並ぶため、意外と躍起になって買いに走る女性も多いようです。

自分が食すために。

愛だけじゃお腹はふくれないってことですか(笑)。まあ、もし決戦用に購入するとしても、高嶺の花とも言える様なブランドチョコに望みを託している時点で、既に勝負を捨てているという気もしますけどね。やはり手作りが一番でしょう。

怪しいクスリとかも混入できるし。

♪高価なニットをあげるより  下手でも手で編んだ方が美しい〜♪ ……美しい?


2月11日 「愚者は二度甦る」

 「メタも反論しろ」「へ?」「ズだ、ズ」「あ――」……出来ないか。

 民衆が過敏に反応すればするほど、マスコミも叩きやすくなる。それがニュースの優先順位を決める方程式になっているんでしょうねえ。自らに関係のない分野なら兎も角、食品関係になると例え一部の商品だとしても看過できないでしょうし。ごく短い期間、ほんの一握りの製品から不備が検出されたとて、悪いイメージが延々と付きまとうのは必至、そして払拭するのは困難。言ってみれば異端児のようなものなのに……

おっ! 赤花発見!

いえ、何でもないです(カチカチッ)。しかし原因が機械の不調など、所謂不慮の事故に相当するものである場合、ある意味僥倖(ぎょうこう)と言えなくもないんですよねえ。悪評と引き換えに、不備に対しての対策を強化することでしょうから。地道に品質を保っていれば、いつか信頼を取り戻すことも出来るでしょうし。その場その場で打算するのではなく、長い目で見ることも重要かと……

よっしゃ! 赤箱ゲットー!

すいません、気にしないでください(カチカチッ)。まあ、利益を最優先するあまり、同じポカをしてしまうことも少なくないのが企業というものですけど。経営者の立場から考えれば、頭が痛いのもよく分かるんですけどねえ。かといって、焦るあまりに二の轍を踏むようでは経営者としての能力を疑われそうですし。まだ柳の下のドジョウを当てにするよりは救いがありそうですが……

赤箱連チャン! 両手ゲット!!

ちょっとお待ちください(カチカチッ)。先の牛肉偽装事件が如く、不審の火はあっという間に飛び火し、信頼という名の薄っぺらい紙を片っ端から燃やし尽くします。一つの問題を特に取り上げさえしなければ、人類が何度も何度も犯してきた過ちのはずなのに、全く進歩がないみたいですねえ。さて、今日はこれぐらいに……は? 「さっきから何をしてるんだ」?

X箱版PSOですが何か?

指差して笑うなー! 馬鹿って言うなー! ボンクラーズじゃねぇー!!(壊れ気味)


2月12日 「せめて、廃人らしく」

 自らの命を軽んじる者に敬意を表したりはしません。止めるつもりも毛頭ありませんけど。

 一日当たり約100人が首を吊っているこのご時世が悪いのか、労せずして口に糊(のり)しようとする無気力&夢見がちな若者(微妙含む)の育てられ方+育ち方が悪いのか。インターネットで自殺志願者を募り、地獄に落ちる天に召されるというニュースがまたも報じられました。自分で死を選んだわけですから、別に説教をするつもりはありません。でもね、ネットで募っておいて

無職で死ぬのは止めなさい。

日がな一日モニタの前に座っているような人が白眼視されるのに拍車をかけてどうすると(笑)。しかし、こうした完全自殺マニュアルっぽいサイトを見たことはないのですが、顔も知らない他人なんかとよく心中する気になれるものですねえ。ある程度話して気心が知れたとかいうのなら兎も角、たかが掲示板の書き込みを見て共感を覚えたくらいで……例えるならこんな感じかと。

「初めまして。私、こういうものです。ちょっと自殺してみませんか?」

ちょっとどころじゃねぇ。

「まあ、素敵」

突っ込めよ、そこは。

「あなたとは上手くやっていけそうな気がしますよ」

あの世でか。

で、実行と(笑)。果たして彼らは何がしたかったのやら。ただ単に「自殺したい」というだけなら、わざわざ同好の士を探すこともないでしょうに。人の温もりが恋しかったから? それとも、最期くらいは共感を覚えると思い込んでいるだけの人と一緒に居たかったから? 引き篭もってネットして自殺を選択するくらいなら、潔く孤独に逝ってください。

モニタひとつを供にして。

……犯罪への誘いだって、充分罪に問われるんですよ? 最終的に本人がそれを望んだとしても、ね。


2月13日 「アップダウン」

 おいしい牛乳のCMが好きでした。「絞って〜、絞ってくださ〜い」。

 ♪さかなさかなさかな〜♪ というメロディも今や過去の産物となりつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

アレは宣伝ではなく洗脳だ

と叫びたいお年頃なメタトロンです。「将を射んと欲すれば、まず馬を射よ」の心得からなのか、お子様に大人気っぽいノリで作ったイメージソングを売り場で流したり、レコード会社と提携してCDを販売する企業が続出しているとか。野菜や魚などといった大雑把なカテゴリだけに止まらず、きのこやしゃぶしゃぶのたれといったピンポイントな物にまで浸透している模様。とりあえず、歌で市場を活性化させようというメーカー各位に一言。

品質よりもウケ狙いですか。

どうしてもそうとしか思えないのが栃木県の県牛乳普及協会。全国2位の生産量を誇る牛乳をモチーフに作成されたオリジナルソング、その名も「牛乳です。」

今さら「モー○ング娘。」でもないでしょうに。

軽くジャブを入れたところで、次はボディブローばりに歌詞の冒頭部をご紹介。♪片手を腰に 牛乳持って 準備はオッケー グイッと行こう!♪

今度はアリ○ミンVかよ。

フィニッシュブローは歌の合い間に挿入されているホルスタインの鳴き声。「そーれ! 一気! 一気!」とばかりにテンションを上げておいて、挙句の果てに「モ〜」ですか。

やる気ないだろ、それは。

気分は一気にドナドナ(謎)。


2月14日 「信じる心」

 それでもソニチのザル扱いは変わりません。だってザルだし。

 様々な要素がグレードアップし、格段の進歩を遂げて帰ってきたX箱版PSO。各キャラクターの差別化、レア出現率の調整、新ステージ追加、便利すぎるアイテムの排除etc……と枚挙に暇がなさそうですが、私が一番評価したいのは、レアアイテムのコンテナが赤色になり、出た瞬間に分かるようになったところでしょうか。より一層

醜いレア争奪戦に拍車をかけてくれそうですし。

例えばこんな感じ。親友と公言して憚らない二人の冒険者 in 裏切りの洞窟。

「お、赤箱! よっしゃー! いただきゲッチュウ!!」

『フォトンドロップ×1』(注:微妙アイテム。別名、ハズレ)

「何が出た? SW? それともエネミーパーツ? もしかしてマグ細胞とか?」

「フォ……フォトンドロップ……」

「嘘こけー! 何故どもるー!! さあ、どんなレアが出たかキリキリ申告されませい!!」

「本当だって! ほら!!」

「ええい、まだシラを切るつもりか……もう一枚石畳を乗せい!」

友情フォーエバー(やる気なさそうに)。

というか、レアにこだわる人は素直にオフしてなさい(笑)。


2月15日 「トラブルチョコレート」

 文字だけでも充分毒気満載です。最低でも象が気絶するくらいには。

 物は腐りかけが一番美味しいという無茶な定義に則り、一日ほど賞味期限を超過した時事ネタで。週刊誌上で「文明がもたらした最も悪しき有害なものはババアなんだそうだ」という

私が素で言いそうな

石原慎太郎都知事の爆弾発言に対し、市民団体ピースボートの有志である20代〜80歳までの女性約20名が、板チョコ20枚を原料に夜なべをして巨大チョコを作り、都知事に送りつけるとか。普通なら此処で「贈る」という漢字を使うところですが、多分今回はこれで合っているのではないかと。実際に対面して渡した日には

挑戦状代わりに叩きつけそうですし。

気分はパイ投げ(笑)。しかし、いくら目的が「猛省を促すため」だとはいっても、特大ハート型チョコに「素直に謝るアナタが好き」と書くのはどうかと。いえ、「心無いことを言うな」なんて野暮ったいことを言う気は毛頭ありませんとも、ええ。でもね、ちょっと冷静に考えれば分かることだとは思うんですけど

断じて好かれたくはないかと。

「暴言を吐いてくれてありがとう。都知事大好き(はあと)」「だ――!! 悪かった! 許して――!!」……うわー、凄惨な光景っぽい、かなり(汗)。


2月16日 「無事故無違反」

 ただ乗っていないだけですけど。それでゴールド免許って怖い気がします、色々と。

 夜のしじまに響き渡る、絹を裂くような女の悲鳴……とかだったのなら絵になったんでしょうけど、明け方真夜中に私の耳に届いたのは、反抗期真っ盛りな少年と鉄パイプに似合いそうな効果音でした。最初は「近所で夫婦喧嘩でもあったのかな」ぐらいにしか考えていなかったのですが、表に居る犬が吠えるの何の。どうしたのかと確かめる間もなく、一人の男が玄関の戸を開けて侵入し、開口一番宣うことには「ごめん、事故ったから警察に電話させて」だそうな。

駆け込み寺か、ウチは。

新聞配達の方々もおうちに帰るような時間だというのに、何をしているのやら……言われるまでもなく、お望み通り警察へと電話して差し上げますとも。

不法侵入の容疑で。

せめてノックするなり呼び鈴押すなりしなさいよ(呆)。私自身が対応したというわけでもないので又聞きになりますが、どうやら近くの電柱に車で特攻し、散った模様。そりゃまあ人間ですから、イライラムシャクシャして自棄になったりすることもあれば、うっかり八兵衛のようにブレーキと間違えてアクセル全開にすることもあるでしょうけど。いや、

あると言ってください。

後者は実体験です(笑)。いや、ぶつけてはいませんよ? 念のため。


2月17日 「普通のチョコなら」

 紳士=真摯なんでしょうかね。それもそれで甘すぎかと、考えが。

ババア's 玉砕。

色々と考えてはみましたが、前置きするとやはり威力が弱くなりそうだったので、ストレートに攻めてみました(笑)。何の話かといいますれば、一昨日に取り上げましたるあの「東京都知事チョコレート事変」の結果報告にて御座候。大方の予想通り、都市部の人口密度もかくやと思えるほどに恨みつらみ愛情を詰め込まれたチョコレートは、ご丁寧にも「大きなチョコレートなので、皆様でお分けいただいたらいかがかと存じます」と書かれた熨斗と共に叩き返された模様。流石は都知事、

言い逃れは鮮やかだよ一級品。

だけど誠実さはからっきしだよ三級品っぽいですが(笑)。というか、分けて食べるくらいなら最初から贈ったりはしませんて、普通。その返答に反ババア年齢無差別混成連合軍は怒り心頭、「ホワイトデーのお返しに、発言撤回と謝罪をするのが紳士というもの」との発言をすると同時に、報復として再度抗議文を送りつけるつもりだとか。そも、甘いお菓子で考えを改めるほど素直じゃないでしょう。

いくらお子様だからって。

私なら釣れるかも知れませんけどね。エサだけ盗って逃げますが、しかも全速力で(笑)。


2月18日 「まんずびっくり」

 歌を途中で止めると呪われるという迷信も。これにて昇天おひらき?

 ♪お〜お〜きなのっぽの古時計〜♪ のフシでお馴染みの童謡「大きな古時計」。過去に何度もカバーされ、その度に多少なりともアレンジを加えられた歴史ある曲に、今一人の男が挑戦状を叩きつけました。その名はDJ伊藤秀志(48)。既存の常識を覆す彼なりのスパイスとは、地元のステキ風味満点なエッセンスこと秋田弁。あえて時代に逆行し、嘲笑と石ツブテを一身に受ける覚悟を決めた彼の勇気に敬意を表し、一つ称号をお贈り致しましょう。

命名、時をかける中年。

うわー、美しくない(笑)。最初はラジオ番組で、自ら詞を秋田弁に不正改ざん変えた歌を口ずさんだのが発端で、直後に「何を言っているのか全く分からないが、フランス語のようで心地よい」という意見や「CDになるなら、いつ、どこで何時何分何秒に売るのか」などという問い合わせが殺到し、それに後押しされるようにCD化が決まったとか。歌詞がよく分からないのに賛同の声を上げた方々が多いことから鑑みるに、やはり

歌はソウルってことですか。

東北テイストに漬け込まれたソウルというのも何か嫌ですけど(笑)。その後、CDも限定発売分と追加分が完売しただけに止まらず、尚も需要はうなぎのぼり。挙句に東京にまで飛び火し、リクエストが続出しているのが現状なんだそうで。いやはや、どんなものがブレイクするかなんて、本当に分からない時代になってきましたねえ。

どうせすぐに下火でしょうけど。

胴上げで宙に舞ってる時って、上ばかり見て下の土台なんて見えないんですかね? いえ、独り言ですよ? 念のため(笑)。


2月19日 「適性検査」

 あずまんが大王4巻125、126ページと一緒に考えてみたジョブチェンジ。可能性は無限大。

間口がとても狭いとか。余っているらしいです、教員候補生。

「あ、お客さん。ご相談があります。私ってどういう仕事が似合う思う?」

「え? うーん、そうですねぇ……学校の先生なんてどうでしょう」

「ほう!」

「メタさんは夢も希望もないダークサイドな発想の生徒を育てます!」

「おー!」

「同意してどうする」

なりたくありません。退屈で死にます、絶対。

「考えてみたら教えられる教科がないかも」

「あー……じゃあ、何かあこがれの仕事とかないですか?」

「……あ。ちょっと前は『ドモホルンリンクルを作る人』になりたかった」

「へ?」

「一滴一滴じっと見とくねん」

「ラインと何処が違う」

性格上、デスクワークの方が向いているとは思うんですが……う〜む(悩)。


2月20日 「イマイチっぽい」

 一つ一つ袋詰めなお菓子って、何だか現代っ子みたいです。過保護で内弁慶で隔靴掻痒に激突する辺りが。

 期間限定なんてものは、理由は何でもいいんです。党員100万人突破だろうが会社設立何周年だろうが多種多様なイベントにかこつけようが

お婆ちゃんの三回忌だろうが。

いや、最後ので出すところがあったら是非見てみたいですけど(笑)。そんなわけでこれに敗北したはずの同社製品「たけのこの里」が、期間限定商品としてリターンズしてきやがりました。その名も「こだわりクッキーのたけのこの里 〜期間限定〜」。ありふれた宣伝文句だけにとどまらず、非常に語呂の悪いマッチング、挙句に助詞まで付けるとは……

所詮「お情け限定」ってことですか。

「やる気ゼロね」「はーい、ありませーん」というのは開発部としてどうかと思います(笑)。個人的には名前云々はさておいて、パッケージを開けた瞬間に違和感が……だって個包装なんですよ? たかがたけのこの里の分際で。きのこの山限定バージョンの時もそうでしたが、今回の違和感っぷりはパワーがダンチです。そもたけのこの里というのは、たけのこのヘタ部分が擦れ合い、削りあってボロボロと粉が散乱した――いわば静寂を取り戻した戦場跡のような――あのチープさ加減がたまらないというのに……はいそこ、

「変」とか一刀両断にしない。

やはり何事もスタンダードが一番だと思いました、マル(笑)。


2月21日 「煌く瞬間(とき)に捕われて」

 懐かしい歌に乗せて、ネットゲー中毒者の華麗なる一日。余談ですが、当時は大黒摩季さんが歌っていると思っていました。ふしぎ、発見(謎)。

♪散々なゆ〜めに〜 目を覚ます〜 日差しのつ〜よい〜朝〜

寝不足には堪えるはず。

♪お気に入りの〜曲〜 聞きながら〜 洗いたて〜のシャツ〜 腕をと〜お〜す〜

ヒッキーのクセに生意気な。

♪夕べのあいつ 疲れた〜声〜だった〜 

そりゃそうだろう。

♪刺激が〜欲しい 今を壊したい 落ちぶれ〜な〜いで〜

手遅れかと、既に。

♪煌く瞬間(とき)に〜捕〜わ〜れ〜 夢中〜で〜い〜たい〜

ピーターパンシンドローム?

♪後悔する 素敵じゃ〜ない 一人じゃ〜な〜い〜し

確かに。

♪溢れ出す涙が〜 美しければ〜

有り得ん有り得ん。

♪人は〜ま〜た 終わらぬ旅に 時を費やせるか〜ら〜

どこまでもな。

歌詞がそのままでも違和感ない辺りが素敵ポイント高め(笑)。ネトゲといえば、リネージュで友達の武器をリアル換金した事件があったとか。そんな方々に一言。友達やめますか? それとも、廃人やめますか?(笑)


2月22日 「人格者らしい」

 ちなみにカラーはブラックのクロヒョウです。気になる人は調べてみてください。笑い死ねます、かなり。

 昼食時に我が母君から手渡された数枚のレポート用紙。怪訝そうな顔を見せる私に、母君はこう宣いました。「それ、あんたの動物占いの結果。今流行ってるんだってね」……時代錯誤っぷりではあまり人の事は言えませんが、それでも一応突っ込ませていただきます。

いつの話ですか、マイ母君。

私のバイト時代にブームだったものなんですけど、これ(笑)。以前、私はクロヒョウと判断されて、大体の概要を既に知っていたのですが、目新しい発見が一つだけありました。それは「人生ナビ」という項目に関する診断結果――もう少し砕いて言うと職業に関する診断のことです――で、それによると私は「挑戦するクロヒョウ」だとのこと。

やはりチャレンジャーか。

結果としてはやはり「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という占いの域を出ていませんが、その中でも一際「違うだろ、断じて」と裏拳ツッコミを脊椎反射で入れたのが「あなたに向いた職業」の欄。そこに並ぶのはヘアメイク、エステティシャン、美容師といったスタイリッシュの最先端を担う職業たち。そんな仕事に就いている姿なんて想像できないんですが……無理矢理考えてみますか。顔を引きつらせてにこやかにシャンプーをしているブラボーな私の華麗なる手さばき。

「は〜い、どこか痒いところは御座いませんか〜?」

「足の裏」

「じゃ、痒くなくなるように切断しましょうね〜」

向いてねぇ。

自分のペースで進められる仕事が向いているという意見には同意しますけど。無理、無茶、無謀は死を招きますしね。単にスケジュールを決められるのが嫌いという説も(笑)。

思い出した余談:そういえば、昔に「自転車占い」というもので、私はブレーキだと診断されたことがあります。大方の予想通りストッパー的役割を担うわけですが、ふと思ったのが「ブレーキはタイヤを止めるもの」であるということ。つまり

自分の暴走は止められません。

ああ、なるほど(ポンッ)。


2月23日 「悲喜交々」

 「田中さん選んだ人にノーベル賞」。頑張れ、年配。

 世間の乱気流が渦巻く昨今、風流も解せないかませ犬で終わってなるものかと一念発起した成果とも言うべき、第16回サラリーマン哀愁川柳コンクールの全国入選作品100編が発表されたそうで。私が見たのはほんの一部ですが、なかなかどうして楽しいものです。正しくは

突っ込み放題ってことですが。

だって「人生は川の流れとタマがいう」ですよ? いくら市民権持っているからといって

アザラシに人生語られる筋合いはありません。

他の流行を追った川柳では「ベッカムは様つけ夫は呼び捨てか」が一押し。人生の墓場に入っているというのに、まだまだ考えが青いですねえ。犬猿の仲というのならいざ知らず、呼び捨てなんて心を許している証拠ですよ? そんな間柄の人に対して敬称なんかつけた日には

泣かれました。

……いや、もとい。泣かれます。閑話休題、本流であるリーマン生活をモチーフにしたものでは「ボーナスも今のはやりか薄型に」や「引き際が大事と言いつつ引かぬ奴」などのいかにもな作品群の中に、異彩を放つニクイあんちくしょうが約一名。「君がやれおれが報告しとくから」。

ジャイアニズム炸裂。

本気でこういう社会人が増えているのが実情みたいですけどね(嘆息)。そして心温まるアットホーム部門では「不景気で家族のだんらん取り戻す」や「サンタさん今年は父に職あげて」といった思わずホロリとしそうな作品も。気分はさながら

北の国から。

語尾に「朝鮮」は付きませんが(笑)。


2月24日 「お前のあんちゃんだよ」

 蟻の穴から堤も崩れる。ほんの少しの隙が命取りです、心理戦は。

 古来より「勝ち易きに勝つ」は兵法の極意。そんな現代の武士(もののふ)が巻き起こした、とある事件をご紹介。息子を騙り高齢者から計14件約3800万円を騙し取ったとして、某建設会社の社長が御用となりました。電話帳で高齢者の女性とみられる平仮名の名前をチョイスし、電話口で「俺だよ」と話しかけ、相手に息子の名前を言わせるように仕向けて聞き出し、暴力団とのトラブルなどをでっち上げて詐欺を働いたとか。これを賢いと思うべきか、

「ドリフのコントかよ」と突っ込むべきか。

懐かしや、バカ兄弟(笑)。確かに絨毯爆撃の如く電話をかけて、意図したようにいかなかったとしても、一言謝れば済むだけのことですしねえ。こんな風に。

(プルルルル……ガチャ)

「はい、もしもし……」

「あ、母さん? 俺だけど」

「……もしかして……お前なのかい?」

「そうだよ」

「……ああ……う、ううう……」

「もしもし、母さん?」

「お国のために立派に散ったと聞いていたのに……よく……よく無事で……」

謝るどころじゃねぇ。

寂しいお年寄りの心境も少しは考えましょう(謎)。


2月25日 「飼い犬に手をかまれる」

 ペットが一番の親友という方は特にご用心。愛とは諸刃の剣です(謎)。

 どの店にも存在するミステリースポット、それはレジ横。最もお客の目に付きやすい場所という利点をどのように活用するかは十人十色、正にセンスの見せ所。売れ残りや死に筋を置いて同情を引くも良し、人気商品を配置し「どこにありますか?」と聞かれる手間を省くも良し。余程ブームを過ぎた商品でないと真意を推し量ることは難しかったりしますが、流石に前者でしょうねえ。

バウリンガルは。

ナイスチャレンジ精神、某大型電気店(笑)。確かに、どのカテゴリに分類して置くべきかという問題では悩みそうですが……「犬の言葉を翻訳し、メッセージとして表示する」という機械に類するものなんて、そうそうないでしょうしねえ。せいぜい、犬×機械つながりでアイボってところでしょうか。むしろ

売れ残りつながりという気もしますが。

買った後で我に返る商品というカテゴリでも可(笑)。すぐ飽きるのが分かりきっている事実を差し引いても、個人的には無駄な買物だと思うこと頻り。無駄どころか、むしろ害悪であるとさえ言えるかと。どの程度の信頼性があるかは知りませんが、僅かなりとも愛犬の本音が垣間見えてしまうわけですからねえ。ちなみにオチは

予想通りという方向で。

尻尾を振るのは決して服従の証しではなかったりします、念のため(笑)。


2月26日 「鋼の心」

 PSOクエスト中実話。NPCだからって凄い扱いです。他人の振り見て我が振り直せ?

 他人のために命を投げ出すという心意気は買いますが、果たしてそれが正しいのかどうか。イラクへの武力行使が現実味を帯びる中、攻撃を阻止すべく戦略拠点に張り付き、所謂「人間の盾」になることを志願する日本人の方々に、お偉いさん方が大層頭を悩ませている様子。「人は石垣、人は城」とは言うものの、人道的にはどうかと……

こっちに来るな! 敵まで来るだろ!!

いや、ちょっと他所事してまして(カチカチッ)。イラク政府もイラク政府です。その好意に甘えて「宿舎や食事の費用程度なら安いもの」という考えからか、反戦のPRに活用するとはねえ。別に彼らは「あなた方」を守りたいわけではなく、ただ単に戦争自体を許せないか、もしくは罪もないイラク国民の身を案じてのことだと思いますけど。それを都合のいい道具扱いするなんて……

ドノフの爺様、使えねぇな。

ああ、こっちの話です(カチカチッ)。それにどうせ、恩義を感じたりもしていないんでしょう? 各人がどんな想いを秘めて反戦活動に身を投じているのかは存じませんが、そこまでする以上はかなりの覚悟を決めているはず。冷たき兵器と鋼の意志、果たしてどちらに勝利の女神は微笑むのやら……

エルノアかてぇ〜。機械万歳!

(ゴトッ)……ごめんなさい、急用が出来たので今日は此処までということで(脱兎)。

※注:管理人さんは罪悪感にとらわれております。


2月27日 「人生ゲーム」

 シンプル・イズ・ベスト。日本一短いお客さんへの挑戦状。

一回休み。

本意じゃないですよ? そういうマスに止まったから、仕方なく……ごめん、嘘。

※注:ずれている日付の調整のためですので、本気にしないように(笑)。


2月28日 「座布団全部持ってって」

 あったら嫌だシリーズ。何か色々ごちゃ混ぜになった卒業式@小学校。

実に掃除っぽい送辞@紋切り型。

『卒業生の』

「お兄さん」

「お姉さん」

『お悔やみ申し上げます』

「僕たち」

「私たちは」

『スポーツマンシップに則り、正々堂々戦うことを誓います』

『卒業生のみなさんにはたいへんお世話になりました』

『通学班では』

『家に着くまでが遠足です』

『委員会では』

『バナナはオヤツに入りますか?』

『クラブ活動では』

『青いビニール袋!』

『6年生の皆さんが、いつも中心となり、頑張ってくれたおかげで』

「僕たち」

「私たちは」

『丈夫な赤ん坊ですよ』

当時を懐かしむわけもない答辞@現代風潮。

『ありがとう、在校生の皆さん。皆で作った、たくさんの思い出を持って』

「僕たち」

「私たちは」

『痛みに耐えてよく頑張った。感動した』

『入学してから6年目の春、いつもそばにいて、力づけ助けてくださった先生方』

『君たちは新生児だ』

『丈夫に賢く育てよと、今日この日を待っていた、お父さん、お母さん』

『やめろや。痛いのよ、ヒゲが』

『いよいよお別れの時がきました。まもなく中学校に入学します。私たちの学舎』

『ハムスミダ!』

……我ながらワケ分からん(笑)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF