平成15年3月分はこちら。私怨のせいか仕事ネタ多し?


3月1日 「空にかける橋」

 私は第二ボタンなんてありませんよ? 上げたことが、ですけど。

 ♪あ〜お〜げば〜と〜お〜とし〜♪ というやる気なさそうな声があちこちで聞こえてきそうな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

卒業できるのはゲームくらいなお年頃の

メタトロンです。趣味なんだからほっといてください(謎)。それは兎も角、若人の諸君! 悔いのない卒業式は迎えられましたか!? 好きな人に想いの丈を熱き拳と共に叩き込みましたか!? 想い人を伝説の木の下に呼び出してみたりしましたか!? 制服の第二ボタンを強奪してみましたか!? ……って

いねぇよ、そんな天然記念物。

思い出も 時が過ぎれば ただのボタン(待てい)。昔、男子生徒の第二ボタンをせびるのは「心臓に一番近いから」という話を聞いたことがあります。愛しき人のハートに最も近い物を手にすることで、その温もりを感じていたいという乙女チック全開な想いから、こんな風習が出来たんでしょうねえ。そう考えるとこの儀式、

ワラ人形と大差ない気もします。

♪憎みあう〜こ〜ころと〜 愛し合う〜心って〜 同じくら〜い誰かのこと〜 ず〜っと想って〜いる〜♪ 些細なきっかけで崩れたりするんですよね、このバランスって(苦笑)。


3月2日 「ウォーターワールド」

 食べ物の種類問わず。ラーメンだろうがパンだろうが。……変だろ、それは。

 自分の見ている世界と、他人の見ている世界が違うのは当たり前。しかし、人はあくまで自分の世界が正しいと信じて疑わないものです。だからこそ常識というものは人の数だけ存在し、時として激しくぶつかり合い、最後には拳を交える羽目になったり(待てい)。故に! 我は今、此処に問おう!

食事中にお茶を飲むのは駄目ですか?

もう少し突き詰めると「食事をお茶で流し込むのはタブーですか?」ということですけど。どうも一般家庭では、お茶というものは食事後の一杯と相場が決まっているようなので、あえて問題提起してみたり。まあ、これは我が家のとある事情も加味された結果なんですけどね。なんたって我が家では春夏秋冬、おはようからおやすみまで365日24時間フル体制で

冷蔵庫に麦茶スタンバッてますし。

主に消費するのは私、補充するのも私(笑)。普段はそんなことしないという人でも、何故か外で食事をする時には、お茶なりジュースなりで流し込むことが多いような気もします。回転寿司然り、ファミレス然り、吉○家然り、

キャンプのカレー然り。

飯ごうのご飯が熱いせいか、味に閉口して流し込む衝動に襲われるせいかは各人の裁量で(笑)。……そういえば、キャンプにシチューというのも聞いたことがないような……また要らん疑問が増えたー(泣)。


3月3日 「通常の三倍?」

 実際は太巻きにするらしいです。金太郎アメか。

「……むう」

「おや、管理人さん。眉間にシワを寄せながら『悪い子はいねがぁ〜』なんて台詞がバッチリ似合いそうなお顔をされて、どうなさったので?」

「……二択です。生姜焼きのタレとお好みソース&マヨネーズ、どちらでも好きな方を選んでください。もれなく漬けます、一晩中」

「調味料ぶっかけ派ですか」

「タタキよりはマシでしょう?」

「そんなワサビが染みそうなネタは置いておいて……今回のお悩みは?」

「いやね、職場でひな祭りに所縁があると思われる商品の発注を受けたのですが」

「ほうほう」

「それが赤く染め上げた酢飯なんですよ。そんな物、男子禁制の花園イベントである3月3日に使います?」

「微妙に225度ほど勘違いしてそうな認識ですけど、確かに赤い酢飯を使う料理なんて想像できませんねえ」

「でしょう?」

「ん〜……菱餅とか?」

「緑やら黄色の飯なんて見たくありません。見たことあるような気もしますけど」

「じゃ、ひなあられ」

「泣きますよ、子供」

「お赤飯?」

「おめでたじゃあるまいし」

「となると……ああ(ポンッ)」

「何か心当たりでも?」

「ほら、アレですよ。お子様というより丁稚奉公なイメージの強い某寿司チェーン店特製、芸のないイベントお寿司」

「?」

「ドラえもんの口」

「それだけのために酢飯約100kgなんて発注するかー!!」

あの部分に使用されている甘味料の名前、目下捜索中(大嘘)。


3月4日 「もう恋なんてしない」

 捨て台詞吐く前にいい人を見つけましょう。単なる負け犬の遠吠えです、それは。

言葉のロジック、基本編。何処がおかしいか考えてみましょう。

土・日・祝日を除く平日。

言葉のロジック、応用編。意味的に正しいのが不思議気味。

年末年始は休まず休業いたします。

言葉のロジック、番外編。歌は矛盾の文化。

本当に本当に君が大好きだったから「もう恋なんてしない」なんて言わないよ絶対。

ダブル否定は肯定です。

意味通じてませんが。それとも複雑な男心ってやつですか?(笑)


3月5日 「心は一つ?」

 「俺が花になったら、絶対君のためにキレイに咲く!」「咲けば? 散るけど」……報われねぇ。

 よく「世の中にはそっくりさんが3人は居る」と言われますが、識別番号ともいうべき名前はそれ以上にかち合いやすいものです。顔貌体型性格その他諸々の要素はロシアンルーレットで決められますが、名前は自由に選択することができるだけに、それもまた自明の理。尤も、それを決定するキーポイントが

親の趣味というのはいただけませんが。

「語呂がいい」「響きがいい」「画数がいい」なんてのは、嗜好以外の何物でもありません(笑)。それは人間に限らず、創作物に関しても該当する方程式です。表題は概要を示す場合もあれば、ただのフィーリングでつける場合もあったりと、正にワガママし放題。そんな理由でポコポコと生み出されれば、被らない方がおかしいかと。実際、被ってますしね。

「よろづや」のタイトルも。

歌から取るケースが多々あるので(笑)。さて、本題。此処に二つの「向日葵」という曲があります。「ひまわり」でもなく「ヒマワリ」でもなく「向日葵」です。双方共に歌のモチーフである向日葵を表題に据えた結果だと思われますが、内容もほぼ一卵性双生児。具体例として歌詞の一部を抜粋。まずは女々しい野郎どもが徒党を組んで歌う向日葵。

♪俺〜は向日葵で〜 お前は太陽〜 ずっ〜と ずっ〜と見〜つめている〜さ〜♪

次に乙女モード全開に浸りきりながら歌う向日葵。

♪あ〜たしは向日葵〜で〜 君は〜た〜い〜よ〜う〜 もう〜この〜ひと〜みは〜 君し〜か〜見〜え〜な〜い♪

どちらも「振り向いてくれなくてもいいよ、それでも想ってるから」といった風体の歌なのですが、この際「パクッた」だの「芸がない」だの「そんなに悲恋が好きかー!」だのと突っ込んだりはしません。でも、この一言だけは言わせてください。

あんまりです、向日葵。

向日葵だって生きているんだ、友達なんだ(謎)。あまつさえハムスターに大人気なんですよ?(さらに謎) 未来永劫届かぬ想いを胸に秘め、ただひたすらに見つめ続けるといった姿がそれっぽいからなんでしょうけど……イメージとしてはストーカーです、あからさまに(笑)。


3月6日 「知らぬ存ぜぬ」

 そこまで深刻かどうかは知りません。話に尾びれ背びれは付き物ですから。

 いやあ、危ない危ない。ついうっかり

人殺しそうになりました。

うっかりじゃねぇー!(セルフツッコミ)。話は本日の就業時間にまで遡ります。毎度のように仕事前の点検作業をしながら、タンクに米を投入すべく「ポチッとな」をしてから約五分、見慣れぬ作業服を着た方が私に声をかけてきました。その方は清掃業者の人で、米投入タンクと、それの大元となる米タンク&輸送するコンベア部の掃除を頼まれているため、タンクに入れてしまった米を排出して欲しいとの事。勿論、そんな話は露とも聞いてはおりませぬ。

小学校の連絡網以下か、ウチは。

まあ、上の無能っぷりは今に始まったことでもないと(待てい)気を取り直し、今度は排米するために再度スイッチオン。すると、向こうの大元米タンク&コンベアのある部屋から、一人の男性が激怒しながらすっ飛んでまいりました。どうやらその方も清掃業者の人らしく、排米をしたことによりタンク内の機械が動き、危うく巻き込まれるところだったとの事。

頼まれたから押したんですけど。

いや、言い逃れではなく(笑)。どうやら同業者の方は「排米すると機械が動く」という事を知らずに私に頼んだようで、犠牲者(未遂)の人も不承不承といった感じで許しはしたものの、流石に納得のいかない様子。そんな彼らを前にして

計画的犯行ですか?

などと言ってみようかとも思いましたが、大人なので止めました(笑)。本日の教訓、火に油もほどほどに。やりすぎると火傷します、自分が(笑)。


3月7日 「水泳は諸刃の剣」

 ダッダ〜ン! ボヨヨン! ボヨヨン! ……怖。

 古来より「言い間違いは本音が出る」と伝えられていますが、それは聞き間違いにも言えるのでは、などと思ってみたり。むしろ、相手の言葉が不明瞭な場合は状況や話の流れから推察することが多い分、聞き間違いの方が考えていることをダイレクトに反映するのではないかな、と。

素ボケが多数っぽいですし。

恥ずかしさでは互角ですが(笑)。そんな本日の小耳に挟んだ聞き間違い in パートのオバちゃん's。

「ダイエットのし過ぎでガリガリになっちゃってさ〜」

「え!? ザリガニ!?」

骨格まで変えてどうする。

人外になるまで努力しなくてもいいかと(笑)。ちなみにただの与太なので、実際には痩せてなどおりません(失礼)。まあ、比喩表現として「まるでザリガニみたいになったね〜」なんて言われても、嬉しいのかどうなのか私には判断つきませんが。穿った見方をすれば

「脱皮しそうだね」とか「節が出来たね」とも取れますし。

人それをリバウンドという!(笑)


3月8日 「Don't Stop! Carry On!」

 ♪く〜るしみ〜し〜か〜み〜えな〜くて〜 う〜つろ〜に〜た〜だ過〜ぎた日々〜♪ ……死んだ魚のような眼で?

 X箱版PSOとかけまして〜、Vガンダムのウッソ・エヴィンと解きます。そのココロは。

おかしいですよ、カテジナさん!

って、誰がヒス持ちか(謎)。ドッキングブーツを敵艦にぶつけるほどの多感な少年(?)でなくても、そう叫びたくもなりますよ。いくらなんでも祭りすぎです、レアアイテム。森を歩けばマフに当たるわ、洞窟歩けばギルティライトに出くわすわ、挙句に「アスカでも出ないかな〜」なんて冗談めいた考えが、その直後に現実になるわ。ようやく運が向いてきたと喜ぶべきかもしれませんが、

そんな枯れた春はお断りです。

レアでお腹は膨れませんし(違)。大体、レア探しなんてのは「どうせ出ないんだろ? 分かってるよ。へっ!」などと毒づきながら延々と潜るのが楽しいというのに。そうして精も根も尽き、疲れ果てた先にようやくレアと対面できた時の喜びといったらもう! 予想外にポロポロと出ても、嬉しくなくはないんですが……PC版で費やした時間と労力を鑑みると、非常に微妙な心境です。というか、

こんなのPSOじゃねぇー!

うわぁぁぁぁぁん!(一徹返しの後、脱兎)。


3月9日 「最後の鍵」

 ドラゴンだって、元を正せばトカゲです。信じる信じないは勝手ですが。

 個人的には「大物監督&俳優+欧米で大ヒット→日本で封切り=空前の大ヒット」という方程式は安直過ぎて好きではないのですが、この映画は機会があれば見てみたいなと思ったり。タイトルは「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」。実在する詐欺師の自伝を原作として、若き天才詐欺師と、それを追い続けるFBI捜査官の人生を描き出したという、いわば

ノンフィクションなルパンと銭形のとっつぁん。

詐欺師だけに、盗んだのは貴女のハートってところですか(笑)。若き天才詐欺師を演じるディカプリオは、そのモデルとなった詐欺師を自宅に招き、数日間生活を共にしたとか。詐欺師について「目を合わせて心をとらえ、話を聞かずにいられない雰囲気をつくってしまうんだ」と語り、何故詐欺を実行できたのかを理解したそうですが、

絶対騙されてます。

相手を信用させるのは詐欺の第一歩ですし(笑)。極論から言えば、詐欺なんてのは心理戦の一つでしかないため、ある意味チェスやポーカーなんかのゲームと同じなんですけどね。駒は自信とボキャブラリー、賭けるチップは自由。そしてクイーン or ワイルドカードとなりうるリーサルウェポンは

肩書き。

温存するだけが切り札ではないのです、戦場ではね(謎)。監督であるスピルバーグ曰く、この映画で特に強調したいメッセージはないとか。「一言で映画を表現したくない。見た人に個性的な解釈をしてほしいんだ」という理由からですが、そういう意味では近頃の若いもんに見てもらいたいですね。

「物語に正解はない」ことを知るために。

人生にレールがあるなんて思ったら、そこでゲームオーバーですよ?


3月10日 「君といたナッツ」

 外見じゃないんです。大事なのは中身ですよ、中身。

 遥か遠い昔に置き去りにしたピュアハートをくすぐられ、ついつい手に取ってしまったチョコボール(アーモンド)。お特用や大量詰め込み系袋菓子を大人買い(違)するようになってからは、新商品でも出ない限りは滅多に買わなくなりましたしねえ。幼き頃は、その紅葉も画やと思えるほどのちっちゃなお手々に小銭を握り締め、酒屋だか駄菓子屋だかギリギリの一線なお店まで、たった一つのお菓子を買うためだけに走ったというのに……現在では、一度外に買出しへと走れば

5kg超は当たり前。

嫌な大人に育ったものです、つくづく(笑)。閑話休題、突如巨大化したキョロちゃんが人間に反旗を翻すCMでおなじみなキョロシリーズ・ハイパー化な商品ですが、あの軽快なサクサク感がどこまで保たれているのやら。お手並み拝見といきましょうか、森永殿。では……甘党党員シタッパーズ(仮)メタトロン! いざ! 参る!!(ガリッ! ゴリッ……ボリボリ……)

ちょっと待ったぁぁぁっ!

おおっと!? ちょっと待ったコールだぁ!! ええと……どうやらキャッチフレーズである「軽い食感・カジュアルアーモンド」についてもめているようですが……あ。今、審議の結果が出たようです。判定、

駄目だよキョロちゃん。

肥大化している&アーモンド装填のせいで明らかに重量増えてます(笑)。チョコにアーモンドが合わないとは言いませんが……食感がウリであるチョコボールでそれをやるのはかなり冒険かと。消費者は味ではなく、サクサク感を求めているのです。というわけで総評。

ごめんなさい。

♪あし〜たがある あし〜たがある あし〜たが♪ ……あるといいね、キョロちゃん。


3月11日 「生兵法は怪我の元」

 大した知識もないのにネットするのが問題なのかも。……私か!?

 視聴率程度の信憑性しかないとは思いますが、総務省の通信利用動向調査の結果によると、去年末で日本全国のインターネット普及率が50パーセントを突破し、世界ベスト10にギリギリ食い込んだそうで。この結果だけ見ると、ただ単に

引きこもり増量キャンペーン中

ぐらいのイメージしかありませんが、インターネット利用者数自体は世界2位というのが面白いところ。ノリとしては「1人使ったら家族全員」みたいな感じなんでしょうか? 日本人は他人の影響を受けやすいという好例ですね、正に。流石は「行列見たら兎に角並べ」が国儀なだけはあります。前言撤回、ゴキブリどころか

増えるワカメちゃんです。

直に接する機会があればこその関心なんでしょうけど、好奇心と連帯性の固まりですからねえ、日本人は(笑)。しかし、そこまで普及が進んでいる反面、プライバシー保護やウィルス感染といった安全性に関する問題が懸念されているのは皮肉な話です。ハッキングでミサイルを発射されるような時代ですから、警戒するのも当たり前なんですが……なまじアレコレと出来てしまうのが問題なんでしょうか。ただの箱なんですけどね、

世代によっては。

戦力の決定的差はMSの性能差ではなく、使い手次第かと。赤く塗ってツノ付けただけで三倍は詐欺です、流石に(笑)。


3月12日 「三歩下がって」

 「意志に任せる」というより、「そっとしておく」の方が正しいですけど。見守るのも愛です(謎)。

 周囲で騒動がおきるのは、その人気のなせる業なのか……予想に反して長いブームに突入しているゴマちゃんに、また新たな動きがあった模様。北極圏の海に帰そうと、「タマちゃんのことを想う会」の会員たちが捕獲作戦を展開し、見事玉砕したそうで。想う会代表曰く、「タマちゃんは完全に仲間から孤立しており、汚い川で長く生活すると健康を害する。その前に救出したい」とのことですが、あなた方が早まったことをすると、川の汚染は余計に促進されるんですよ?

投げつけられた空き缶とかで。

とりあえず罵声程度で済んだみたいですけど(笑)。それを受けて、ファンで作る「タマちゃんを見守る会」の会長は「タマちゃんに特別に変化がないのに、独断で捕獲するのはおせっかいだ」と語ったとのことですが、これだと「変化があったり、もしくは世論がそういった方向に向かえば捕獲も認める」と言っているのと同じかと。

所詮ペット扱いか。

というか、それ以前の問題として

幾つあるんだよ、タマファンクラブは。

そんなにタマが好きかー!! ……って、好きなんだろうな、多分(笑)。

余談:現在、タマちゃんの処遇について、アンケートを実施しているようです。♪あなたな〜らどうする〜♪

・市民団体の行動は当然だ。捕獲して、生まれ故郷の海に帰してあげるべきだ。

・市民団体の行動は理解できるが、タマちゃんの健康を考え、動物園や水族館で飼うべきだ。

・捕獲して北極圏に帰すべきだが、行政が責任をもってするべきだ。

・行政が責任をもって捕まえ水族館などで飼育すべきだ。

・今のまま、タマちゃんの意思に任せ、見守るべきだ。

ちなみに私は最後の「タマちゃんの意思に任せる」に一票。理由、

他のは何か偉そうだから。

基本的に「べき」言葉は嫌いです。何様だ、あんたら。


3月13日 「されど心は烈火の如く」

 まあ、アザラシの気持ちなんて着ぐるみでも装着しない限り……って、やりそうで怖い。しかも目がマジで。

 特に関心があるというわけでもないのですが、何となく連続。国民的アイドルかどうかは知らねど市民権を持って傍若無人に練り歩く、天上天下な我らが

ゴマちゃん

……じゃなかった、タマちゃん。先の捕獲騒動から一夜明けても姿を見せず、ファンクラブの方々は「身勝手な人からタマちゃんを守りたい」や「あれだけ脅かされたからしばらくは来ないと思うけれど、元気な姿を見たい」と朝も早から帷子(かたびら)川に詰めかけたそうですが、それもそれでなかなかどうして

自己中全開です。

意思を尊重している分、遥かにマシですけどね。孫を見守る縁側気分ってところでしょうか? もしくは鳩(笑)。そのファンクラブな方々の鼻息の荒さ心意気に応じたわけではないのですが、河川を管理する横浜治水事務所が近くの建設会社に巡回を依頼したとか。……あ。今、中継が繋がったようです。それではお話を伺ってみましょう。

「いやー、いくら仕事だからって、アザラシなんかのために早朝と夜間に巡回するってのは辛いねえ」

「何だと貴様! タマちゃんを馬鹿にするなぁ!! タマちゃんはなぁ……タマちゃんはなぁ……!!」

「って、アンタ誰!? 何で作業服着てんの!? 私の相方は!?」

「ふっ……ファンクラブの会員たる者、たとえ汚名を着せられようとも、為さねばならぬことがある! そう! 従業員の身包み剥いで! ちょこっとロッカーの中にぶち込んでみたりしようとも!! あ、後で助けてあげておいてください」

周りが見えてねぇ。

強奪は犯罪です。身分詐称も犯罪です。ストーカーなんて論外です(笑)。


3月14日 「何物にも染まる色」

 幼き頃はクッキーを返すものだと固く信じて疑いませんでした。理由は不明。

 さあ、全国の幸せ満載コンチクショウな男性諸氏よ! 決起の時は来たれり! たぎる血潮を胸に秘め、いざや三倍の返礼を行なわん! ……などと張り切ってみたのはいいものの、肝心要の特集記事が

ただの一個もありゃしません。

そんなもんか、ホワイトデー(笑)。そんなわけで急遽予定を変更し、うらぶれたお返し記念日の由来などを調べてみたり。これもバレンタイン同様、お菓子屋である石村萬盛堂の販売戦略によって生み出された悲劇的イベントであり、元々はそのままズバリ「マシュマロデー」と呼ばれていたとか。白くてふわふわなお菓子を女性に贈る、イコール

「太れ」ってことですか。

井○屋並みのチャレンジャー精神です、石村萬盛堂(笑)。本来はチョコマシュマロであり、中のチョコを「女性が贈った気持ち」に見立てて、それを「男性の純な心」の権化であるマシュマロで包み、「ありがとう」の気持ちをお返しする意味合いがあるそうです。そんなこととは露とも知らず、最近ではマシュマロのみならずクッキー・キャンディー、形として残るものでは花束・宝石、果てには下着などという

手袋を投げつけるに等しい返礼

をする男性も少なくないそうで。もはや白ければ何でもいいみたいですねえ。例えばこんな変り種。実はこっそり付き合っている女教師と教え子の、時期的にありそうな会話より抜粋。

「先生ー。これ、バレンタインのお返しー」

「……って、何コレ? テスト用紙?」

「うん。名前も回答も見事に真っ白ー」

チョークが3×3倍返しで飛んできそうです。

ここで一句。ホワイトデー 真っ赤っ赤とは これ如何に(笑)。


3月15日 「あの素晴らしい愛をもう一度」

 誰もが一度は聞いたことのある、あの歌に乗せて。

衝撃の一番(ファーストブリッド)featuring メギド飛び交う洞窟。

♪いの〜ち〜かけてと〜 誓〜った〜日から〜 アルチの〜 洞窟〜 まわ〜ってきた〜のに〜

♪あの時〜 同じ花を見て レア花〜と 言ったふた〜りの

♪こころ〜とこ〜ころが〜 今は〜もう通わ〜な〜い

♪あのすば〜らしい レ〜ア〜を〜 も〜う〜い〜っこ〜

だからオフでやりなさいってば。

撃滅の二番(セカンドブリッド)featuring

♪あか〜とん〜ぼのう〜たを うた〜った〜空は〜 なんに〜も〜 かわ〜って〜 いな〜い〜けれど〜

♪あの時〜 ずっとレアゴリを 追いかけ〜て〜 行ったふた〜りの

♪こころ〜とこ〜ころが〜 今は〜もう通わ〜な〜い

♪あのすば〜らしい メ〜ギ〜ド〜 も〜う〜い〜ち〜ど〜

死ぬなよ。

抹殺の三番(ラストブリッド)featuring リューカー法。

♪ひ〜ろ〜い〜荒野に〜 ぽつ〜んと〜いるようで〜 涙が〜 知らずに〜 あふれ〜てくる〜のさ〜

♪あの時〜 風が流れても 変わらないと 言ったふた〜りの

♪こころ〜とこ〜ころが〜 今は〜もう通わ〜な〜い

♪あのすば〜らしい デ〜マ〜を〜 も〜う〜い〜ち〜ど〜

オンでは変わりません、レアエネミー。

レアエネミーの出る確率は、およそ500分の1だそうです。出ただけでも運を使い切っているような(苦笑)。


3月16日 「常識の壁を打ち破って」

 しょうゆ味のせいだとは思いますが。実際、サラダ味とかは微妙に合いません、甘い紅茶。

 それは職場での休憩時間のこと。「ようかんを ひょいとつまんで ごくごくと」……しただけなのに、何でそんなにイヤ〜な表情浮かべますか? ようかん食べたら喉が渇いたので、流し込んだだけでしょう?

カフェオレで。

合うとは言いませんけどね、そりゃ(笑)。そこから「甘い物を甘い飲み物で流し込むのが嫌」という流れになり、果てには「ケーキに紅茶もおかしい」などという話になりましたが、それは至って普通だと思うんですけどねえ。「饅頭に緑茶」というジャパネスクな嗜好とはかけ離れているものの、欧米化が顕著な現代では違和感ないのが当たり前かと。少なくとも「煎餅に紅茶」よりはマシだと思いますよ?

私は普通にやりますが。

厚焼き煎餅(しょうゆ味)は万能です。今までコレに合わなかった飲み物はなかったはず。そう! 砂糖たっぷり確かな満足の紅茶! お子様御用達筆頭カルピス! ライトな刺激でシビれるフキゲン! 一部店舗でしか遭遇できないなっちゃん新ぶどう! 一月ほど置いておくと冷蔵庫の中でも酸化するクーオレンジ! 今日も元気だ活き活き青汁! ……って

誰が飲むか。

相性抜群とか言われても、それはそれで何か嫌(笑)。勇気あるチャレンジャー、鋭意募集中(待てい)。


3月17日 「サラダの国のイチゴ姫?」

 キャベツと相性の良い植物は、マメ・レタス・ネギ・ホウレンソウなんだそうで。結局同色か。

 瞼を閉じて光を見ると、赤の中に緑を感じることが出来る――それくらい赤と緑は切っても切れない仲なわけですが、いくら彩が良いといっても、流石にどうかと。

千切りキャベツ in イチゴは。

フルーツが採れるのはコンニャク畑だけで充分です(謎)。素直にプチトマト辺りで妥協しておけばいいものを、何が不満なのやら……世の中のマヨラーに喧嘩を売っているというなら分からなくもありませんが。いくら「四足のモノは机と椅子以外、何でもマヨネーズ同伴!」と声高らかに叫ぶ武士(もののふ)でも、その暴挙に至っては無理でしょう。

そこまでする意味があるかどうかは兎も角。

「素材本来の味を堪能してもらうには、これしかねぇ!」「まてーっ! その組み合わせを使ったら……! お前は死んでしまうんだぞーッ!」……って、世界が違う(笑)。しかしここまでするからには、それ相応のメリットがあるんでしょうかねえ。実は食い合わせ抜群とか。え〜と、何々……「一緒に植えた場合、相性最悪」?

プチ生存競争か。

「少年よ、強く生きろ」とのメッセージだと信じつつ、絶対お目に掛かりたくないなと思う今日この頃。いや、遭遇したのは私じゃないですよ? 念のため(笑)。


3月18日 「糟糠の妻」

♪昼間の〜 ママ〜は〜 ちょっとち〜が〜う〜♪ たまには牛になることも必要。大変なんです、母親って。

「撃つな!」

「何処の所属だ? 名前は?」

「首都圏から来た。僕の名はメタトロン。女性は……狙われている」

いや、ストーカーにでなく。

それは個人差が(待てい)。特に「首都圏在住×30〜40歳×働く女性」な方は要注意。病気と♪スイミン(×4)スイミン不足ッ♪ のダブルパンチな襲来を受ける危険性が大、さらに大なんだそうで。片やあまり知名度が高くなく、しかも場合によっては寝たきりになるほどの症状が出る「線維筋痛症」(主に30〜60歳)、片や放置されて深刻化しやすい睡眠障害問題(主に20〜40歳)。共に仕事や育児、介護などによる過剰なストレスが原因とのことですが、そんな弊害が出るという話を聞くだけで

ストレス倍増しそうです。

おてんと様が見ている――そういう世界であるべきなのに(嘆息)。努力をすればするほど、命と未来を削っていくというのも皮肉な話ですけど。「病は気から」とは言うものの、どうしようもないほどに追い詰められる時だってありますしね。全国の家庭を持つ旦那さんに一言。伴侶が辛い時ぐらい、傍にいてあげてください。

自分だけ悦楽へと逃げたりせずに。

健やかなる時も、病める時も……その誓いを忘れないで。いつか笑いあえる日が来ますよ。……きっと。


3月19日 「伊達なニュース」

 たまには趣向を変えて、新鮮なロートルネタをふんだんに使用した3本立てオムニバス風味。どっちだよ。

 おはこんばんちわ、早朝だか朝だかお昼だか夜だか深夜のニュースです。この度、タカラから発売されている着せ替え人形の「リカちゃん」が、この夏にも累計販売数が5000万体を突破することを記念し、リカちゃんの本格写真集「LICCA PARADICE」が18日未明、発売されました。では、バリ島での撮影風景をVTRでどうぞ。

「イイよ!(パシャ!) リカちゃんイイよ!(パシャ! パシャ!) いや〜、最高だね〜……う……ううぅ……」

大人って大変ね〜。

♪マ〜ルシン マ〜ルシン ハンバ〜グ〜♪ 失礼致しました、どうやらCMが入ってしまったようです。……ちょっとお待ち下さい(ガサガサッ)……只今入ったニュースによりますと、大相撲の幕内取組を録画放映してきた「大相撲ダイジェスト」が、番組の視聴率の低迷を理由に、秋場所限りで打ち切られることが明らかにされました。調査によりますと、視聴者層の中心であるサラリーマンなどの関心が(ポチッ)

「あ、スマート課長」

(ポチッ)とのことです。では、次のニュースです。人気マンガ「ドラえもん」を題材にした30人の作家による展覧会「THEドラえもん展」が、横浜市西区のそごう美術館で15日から始まりました。ドラえもん役の声優である大山のぶ代さんは「ドラえもんという題材一つで、こんなに幅広い表現手段があるんだと驚いた。小さい子も熱心に見てくれて嬉しい」と語ったそうですが、PTAは「少年少女には

八頭身のリアルなドラえもん着ぐるみ

は刺激が強すぎる」と猛反対をしているそうです。それでは、本日はこれにて。……ちなみに最後のPTA云々は大嘘ですよ? 念のため(笑)。


3月20日 「泡沫の夢」

 他には「昼寝するなら午後3時までの20分から30分」とか。分かっていてもついつい、それが人の常。

 ソメイヨシノの開花宣言が出されても「まだ寒いじゃねーか! てやんでばーろちくしょー!」という叫び声が夜勤の方々から木霊しそうな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

季節に関係なく四六時中眠たげな

メタトロンです。……はっ! いえ、寝てないですじょ? さて、♪眠りたいのに眠れない〜♪ という不眠症に悩む人が増える中、厚生労働省が一般の人を対象とした睡眠障害の治療ガイドライン、平たく言えば「良い眠り」のための指針をまとめたそうで。「睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター」などといった

無理矢理書かされた社内標語っぽい

ものが総計7か条勢揃いしているとのことですが、その中の注意点の一つに「睡眠薬代わりの寝酒は眠りの質を悪くする」という世間のお父さんから唯一の後ろ盾を奪いそうな項目を発見。確かに「酒をかっくらって寝る=いびきかきまくり」という方程式が安易に浮かんでしまう辺り、納得せざるを得ないというのが正直な所です。どう考えても疲れ取れてそうに見えませんからねえ、あれは。

やるせない顔してるし。

写真に撮って見せてあげたいような気もします、何となく(笑)。結局のところ、眠りは時間でも強制でもなく、バタンキューと倒れてしまった昏睡状態が一番いい様子。つまりは

もっと無理しろってことですか。

……サ○ヤ人じゃないんだから(汗)。


3月21日 「どちらも戦場」

 ボムは使い惜しみしないことが肝要です。使える時に使っておきましょう。……ゲームではね。

 唐突ですが、「おつとめ品」ってとても合理的なシステムだと思いませんか? 売る側にとっては在庫を一掃できる&お客さんに満足してもらえる上に、買い手にとっては千載一遇のハンターチャンス。ただし、休業日前日の午後○時のように大概タイムサービス形式を取っているため、行く時間帯間違えると

マジで命がけですが。

群がるなー! 足踏むなー!! カーゴ置くなー!!! ここからいなくなれー!!!! ……コホン。えー、それはさておいて(置くな)、明らかに消費期限が迫っている or 切れているというのなら兎も角、特に品質が悪いわけでもないのに二束三文で売られてしまうというのも、なかなか切ない話ではないかなと思ってみたり。「叩き売り」と言うより「肩叩き」ですからねえ。まあ実際

何となく哀愁漂ってますけど。

最後に一瞬だけでも輝ける分、まだマシでしょうか?(笑) 物を大事にする心は必要だとは思いますし、また、限りある資源を有効活用することも至極尤もなことだと思います。でも、いくら勿体無いからといってばら撒きすぎでしょう。ねえ?

某国の大統領さん。

さっさとタイムセール終わらせてください。在庫がなくなる前に。


3月22日 「ここが変だよ」

 夏は「夜船」、冬は「北窓」。……格調に違いがありすぎませんか? 春秋と夏冬で。

 えー、今日も今日とてお彼岸用に貪り喰らう大量のおはぎを作るべく、せっせと米炊き&箱の袋がけに精を出してまいりました。何かイベントがあれば、兎にも角にも寿司や餅ですか。バレンタインやクリスマスといった西洋かぶれな行事を導入し、チョコやらケーキやらにうつつを抜かすくらいなら

米使うなよ日本人。

どっちかひとつにしなさい!(謎) しかも、時期から察するに小学校の卒業式なんかが重なっているせいか、やたらと酢飯の発注までフィーバーしている始末。ソメイヨシノの開花宣言が出てから間もないので、まだ花見には早いと考えるとそれくらいしかないかと。大人の階段に差しかかってもいない状態を祝うぐらいで

寿司食わすなよ日本人。

ワサビ入りなら認めます(待てい)。閑話休題、先に挙げたメインディッシュなおはぎですが、これについてのマメ知識。本来、春のお彼岸に食べるのは「ぼたもち(牡丹餅)」であり、「お萩」は秋のお彼岸に食べる物のことだとか。あずきの粒を牡丹と萩に見立てて付けたという由緒ある&雅やかな古式ゆかしい名前なんですから

区別付けろよ現代人。

だから個性がないと言われるんですよ?(違)


3月23日 「見様見真似」

 たった一言。「分かった、触るな」……それが私にできた精一杯でした。

 本日の勤務日誌より、一部抜粋。同僚が行なったライン製造の中核を担うパネル操作より。

「ここはこうしてああして……あれ? 変わらないし。じゃ、こうして……」

「ちょい待て! 次のやつまで消してるって、それ!」

「あ、失敗失敗」

笑い事じゃねぇ。

――5分後、全ての後処理を済ませてからの会話。

「いや、出来ると思ってさ」

「やり方知らないなら勝手にいじくるなー!」

「そうやって人は大きくなっていくのさ」

お前が言うな。

――さらに何度かツッコミを入れてからの止め。

「ま、退屈な日常にスリリングを求めて、ってことで。結果オーライ?」

何処がだ。

機械が苦手なら嬉々としていじくりまわすのは止めてくれなさい。いや、頼むから(切実)。


3月24日 「もんじゃ祭り」

 お食事中の方は読まないで下さい。責任取れません、いやホント。

 ケホッ! ……しょっぱな&厠から失礼、只今非常にピンチなため

体面も外聞もへったくれもない

メタトロンです。いやー、起きて早々便器と向かい合う羽目になるなんて予想もしていませんでしたよ。「世界が回る」なんて思えたのは、台風通過直後に航行したフェリーに乗った時以来ですかね。現在の症状も、丸っきり船酔いのそれっぽいですし……グッ!

自主規制。

ゲホゲホッ! ……いえ、大丈夫です。まだ胃に物が残っているだけマシですとも、ええ。これがもうちょっと酷い状況になると、吐くものがなくても吐こうとするせいで、地獄の苦しみを味わえますから。一応、メロンイエローみたいな色した胃液だけは出るものの、苦いわ痛いわ辛いの何の。それまでに治まってくれればいいんですけど……うぐっ!

しばらくお待ちください。

ガホッ! ……うわー、見事な黄色……って、駄目かも……あ、重ね重ねお見苦しい所をお見せして、申し訳ない(何を今更)。そういえば以前、イカ釣り漁船に乗ってダウンした時もこんな感じだったかな……あの時は一日半、死んだままだったっけか……ああ、意識が薄れて……何だろ、遠くの方から誰かの声が……。

「……戦士は 戦場で朽ち果てるのが本望だ……なあ、ヒース……」

こんな所で果てたくねぇ。

倒れてたら自動転送されるような時代ではないので(待てい)、半ば強制連行されるように病院送りされましたとさ。めでたし、めでたし。……めでたくねえ。


3月25日 「メタのいない日 前編」

 居ても居なくても同じですけど。元々影薄いし。

 ダダダダダッ……ガラッ!(バンッ!)

「管理人さ〜ん、風邪をお召しになられたそうですね〜。葬式の日取りは何時にしましょう?」

シーン……。

「ありゃ、もぬけの殻だし。あるのはゼリー&ミルクプリンの残骸と……ん? 書置き? え〜と、何々? 『私には驕りがあったのかもしれない。健やかなる時も、病める時も、甘いものさえあれば生きていける、と。だが、甘いものの持つ力は、私などに制御出来得る物ではなかったのだ。そう、それは……』」

 それは藪医者病院にて、熱が38度もあるのに胃腸風邪と診断され、有無を言わさず30分ほど点滴をぶち込まれた後に起こった。何となく医師免許を持ってるっぽい白衣を着た人の『ポカリとかアクエリアスとか、そういった物をリバースしない程度に取るように』という忠告に従い、帰りがてらコンビニへ。そして中に入った瞬間、若干回復した私の胃が激しいまでに自己主張をし始めたのだ。

「飢えている」と。

かといって、流石にまだ固形物を喰らえる程ではないと判断し、ポカリ(2リットル)を捕獲後、たらみのミカンゼリーと『石鍋シェフのミルキーな白いプリン 〜苺のソース入り〜』という2つの流動物をチョイス、すぐさまレジへ。そう、この時気付くべきだったのだ。ミルクプリンのフタに描かれていた、石鍋シェフと思われる怪しいおっさんの浮かべる

不敵な笑みの意味に。

そして悲劇は起こった。自宅に着き……

「……ん〜、何か疲れた。続きはまた後で読むとして……とりあえず、勝手に冷蔵庫でも物色しますか。えーと、チョコパイに〜、雪○バニラバーに〜……」

続いたり、続かなかったり。


3月26日 「メタのいない日 後編」

 ……とか言うと怒られます。かなり本気で。

「さて、一息ついたところで読み物再開。『自宅に着き……』」

 まずは渇いた喉を潤そうと、ポカリの栓を捻り、胃が癇癪を起こさないようにゆっくりと流し込んだ。そうして落ち着きを取り戻した後で、今度はその旺盛な食欲を治めるべく、キング・オブ・病人食とも言えるミカンのゼリーへと手を伸ばす。当然のことながら、病人を気遣いつつ『はい、どうぞ』なんてスプーンを差し出してくれる『いい人』は

この世に存在している筈がないため

自力運搬で口内へと運び、慎重に咀嚼。……胃の方も気を良くした様で、今のところは暴動を起こす気配もない。これなら大丈夫かと通常の三倍のスピードでゼリーを胃の元へと送り込み、とりあえず人心地。しかし、一つの欲求が満たされると、次の欲求へと手を伸ばしたくなるのが人情というもの。私は勝てなかった……『食べたければ食べればいい』という、悪魔の囁きに。そう、この時の私はさながら

ダイエットを決意して10分後の女子高生。

「……いい歳した成人男性が何を言うのやら……熱で頭やられましたかね、管理人さん。っと、続き続きと……」

食欲の権化へと成り下がった私は、ミルクプリン特有のほのかな甘みを思い描きつつ、その手に持つスプーンをプリンの白き柔肌に軽く衝き立てた。スプーンの上で艶かしく踊るそれを口に含んだ次の瞬間!

撃沈。

……病人が食せる甘さではない。苺のソース入りという事実を差し引いても、充分なほどに甘すぎる。哀れ、志を持たぬ物を食そうとした、我が身の不覚であった……! 故に我は、此処にこの記録を残す。同じ轍を踏む病人を、これ以上増やさぬためにも……。

「……あー、かなりテンパッてますね、管理人さん。ほっとくのが上策ですな、これは……おや、まだ記述が?」

追記:元気になったらリベンジ希望。


3月27日 「卒業写真」

 ♪あ〜な〜たは〜 わ〜た〜しの〜 せ〜い〜しゅん〜 そのもの〜♪ という人も居るはず。同じ空の下で。

 突き詰めてみればただのデータでしかない以上、何かの拍子でクラッシュするのは致し方ない事だとは思いますけどねえ。それでも、ゲームという不可視の白球にかけた血と汗と涙の結晶、もしくはその世界で生きた証とも言えるセーブデータが水泡に帰してしまうのはやるせないものがあります。どれくらいかと申しますと

タンスの角に足の小指ぶつけた級。

このやるせなさ、分かってくれますか?(笑) 自分の不注意ではないケース多数&目に見えない世界での出来事だけに、もどかしさが倍、さらに倍。痛さに任せて飛び跳ねられる分、まだタンこゆ(命名)の方がマシだと思えてきます。実際、私がメモカクラッシュ喰らった時には

二次元に逃げましたし。

何処へ行く私、帰って来い私(笑)。他に相当する具体例というと……ああ、アレがありますな。ほら、アレですよ、アレ。親御さんと同居している思春期真っ盛りな少年少女が最も恐れるアレですよ。

「あ、部屋片付けといたから」

……何でこう「終わった……」という感じが満載なんでしょうか、この一言って(笑)。


3月28日 「いつのことだか」

 飲み切りますとも、ええ。泣きそうですけど。

 『イチゴ+乳酸菌=どんな味?』と街頭インタビューされたら、おおよそ九割九分九厘の人が

甘いぞドモン!

……二次元に引っ込め、怪しい覆面クローン兄貴(笑)。閑話休題、恐らく『甘い』と答えることと思われます。私もそう考えて購入したんですよ。日清が世に送り出した刺客新商品と思しき「とちおとめ いちご」を。キャッチフレーズを「酸味が少なく甘みの強い、とちおとめ果汁で、フルーティーに仕上げました」と謳い、いかにも絶甘っぽい感じなのに

私の考えの方が甘いとはどういう了見だ。

いや、確かに匂いと最初の口当たりは微妙にイチゴしてるんですが、口内に入ってから食道を通過する時点で別の物質に変化してやがります、間違いなく。過去の経験から似たような味を脳内検索したら、おおよそ食べ物とは思えないものがヒットする始末ですしねえ。強いて言うならコレに似てます。

青酸カリ。

……じゃなかった、炭酸カルシウム。もうちょっと分かりやすく言うと石灰です。あの運動会やら競技会やらでお世話になる、我が身を挺してデッドラインを引いてくれる美白なお方……って、ちょっと待て。その味を知ってるってことは

食ったんか、私。

そんなほろ苦い青春のメモリー、素でお断りです。……でも検索に引っかかったってことは……う〜む(悩)。


3月29日 「オールハンデッド」

 「命の値段」とか言うと死亡確定っぽくて嫌な感じです。もう少し考えなさい、調査担当員。

 親の影を追い続けるお子ちゃま大統領の開戦宣言以来、一日も欠かさず一面記事を独占し続けるイラク戦争。その渦中に身を投じる米軍の最下級兵士が得ている年収はわずかに186万円程度だったりするんですよね、これが。平和ボケをかます日本の自衛隊ですら、少なくともこれよりはマシだというのに……余程重労働とみなされているんですかね、

筋トレと草むしりは。

かつて自衛隊に所属していた知人曰く、本当に日々是筋トレといった勢いだったらしいです(笑)。「衝撃と恐怖」によって早々に決着をつけるなどと言いながら、見事なまでの逆効果っぷりを披露し、挙句には首都攻防に向け10万人もの『駒』を投入するのも、そういった事情によるところもあるのではないかと。流石は軍師のいない君主の考えといったところでしょうか。

ビジネス第一主義な辺りが。

孫子の兵法に倣って戦をするのなら、それがどれだけ不毛なことか考えるまでもないでしょうに(呆)。これだけ安月給だと、文字通り「命をかけている」兵士の方々なんて、現地でバイトでもしてないと生活成り立たないかと。こんな感じで。

「えー、おせんにキャラメル〜、弾薬に手榴弾はいかがですか〜?」

「すいませ〜ん、一つ下さ〜い」

「へい、毎度! 何にしやしょう?」

「あんたの命」

おちおちバイトも出来やしねえ。

というか、軍の物を横流しするのは犯罪です(笑)。せめて弁当屋が平然と闊歩できる程度の戦況なら、まだ笑い話にすることも出来るんですけどねえ……聖戦などと軽々しく口にするのはどうかと。命令するなら矢面に立ってくれなさい、大統領。流れ弾一つで戦争が終わるのなら安いものでしょう?


3月30日 「年代物です」

 必要な物を探すだけで三日かかったことも。いえ、楽しかったですよ? それなりに。

 時の流れと共に移り変わっていくのが言葉の常。故に、年度ごとの流行語や有名人物、事件などをまとめた事典「イミダス」は、この上なく便利なものだと思います。

買ったことないですけど。

ネットの検索システムで事足ります、大抵は(笑)。その事実を販売側も肌で感じ取ったのか、4月1日から有料のイミダス閲覧サービスを開始するとか。本来はこのシステム、事典購入者に対してのサービスだったとのこと。つまり何ですか? 手元に分厚いイミダスがあるにもかかわらず、カチカチとキーを打って検索しろと? 横着&ずぼらなのかそうでないのか、すこぶる微妙なところではありますが

無駄なことには違いありません。

ダブってること、この上なし(笑)。文学部に籍を置いていた身としては、埃っぽい書庫の中で必要な文献・知識を探すというのも、決して嫌いではないんですけどね。当時はネットを使用できなかったということを差し引いても、達成感などは比べものになりませんでしたしねえ。何というか……プチ宝探しな心境、とでも言えばそれらしいですか。

ウン百万円の本とかありましたし。

気分はなんでも鑑定団(違)。


3月31日 「暴れはっちゃく」

 ♪オイラは花のおちこぼれ〜♪ むしろ敗北者ですか、人生の。

 まともにやって歯が立たないとなるとウケ狙いに走るのは、何も芸人の専売特許ではないようで。いくらスペックでは「どんぐりの背比べ」な域を出ないからといって、流石に身長150センチなロボ型パソコンはやりすぎでしょう。しかもシルエットを見た限りでは、ロボットというよりブリキのオモチャ。

どんな購買層がターゲットだ、それは。

例えば子供のケース。

「ママー、あれ買ってー」

「ダメ! どうせすぐに壊すんだから」

主に子供の将来をな。

今度はブリキのオモチャが懐かしいご老体のケース。

「婆さんや、あれを買うてくれんかのう」

「何を言っているんです。使い方なんて分からないでしょう?」

パソコンという概念すらないかと。

しかも初回限定版では「勇者の剣」なるものがもれなくプレゼントされるとか。子供では幼すぎて、ご老体では既に手遅れ。しかも「勇者の剣」なんて素面で言うのも憚られるほどの怪しげなアイテム付随……よし! ターゲット、ロックオン!

ピーターパンなセブンティーン。

……うわー、痛すぎ(酷)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF