平成16年4月分はこちら。……少な。


4月3日 「タイクツとユウウツ」

 でも、今月末には前の工程にカムバックするとか。短い平和よ、さようなら。

 心まで凍えそうな寒さの中、巷で桜の花が咲き始めた頃、ようやく私にも春が訪れました。耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶこと既に幾星霜。こんな私にもささやかな幸せを謳歌する権利が与えられたのです。田舎の母ちゃん、産んでくれてありがとう(実家だろ)。嗚呼、素晴らしきかな人生。嗚呼、素晴らしきかな春の喜び。嗚呼、素晴らしきかな

楽な仕事。

何言ってるんです、人生の春なんて来るわけないじゃないですか(待てい)。いやもう、この日が来るのをどれだけ待ったことか。地獄の一丁目と揶揄される組み立てラインの中にあって、それでもなお屈指の阿鼻叫喚っぷりを誇る工程で涙を呑んだ生活も、ようやくここにピリオドを打つことが出来ました。作るべきABSの数がごっそり削れ、赴任当初の状態くらいまで後退したのです。

気分はもう下克上。

「皆必死こいてるなー」なんて悠長に考えつつ動いている状況から鑑みるに、正に私の天下って感じです(笑)。今まで殺されそうなペースを消化してきた分、冗談抜きに暇潰しで仕事しているような感覚すら覚えるほどだったり。ほーら、春の陽気に誘われて、半分寝ながらだってこなせちゃいますよー。うーん、うとうとうと……って、

マジで寝そう。

欠伸って疲れてなくても出るんですね(待てい)。やっぱり基本が馬車馬体質なだけに、楽という現実を生理的に拒絶してしまうんでしょうか。適当に仕事をこなしながらも、手持ち無沙汰な状態に酷く違和感を覚えていたり。ゆっくりしていればいいものを、周りがあくせく働いているのを見ていると、こちらも不必要に気が急くというか。挙動不審一歩手前な状態を分かりやすく解説するならば、

干された中間管理職。

……ウサギって、構い過ぎても放っておき過ぎても死んじゃうんですよね。いえ、独り言ですが。


4月4日 「切り上げなら5日」

 冷静に考えると本などは大分前から税込価格ですが。何だ、普通じゃん。

 4月を迎え、消費税の総額表示がスタートされました。イチイチ消費税のことを念頭に置く必要がなくなった分、確かに便利と言えなくはないんでしょうけど……やっぱりコンビニ等でバンッ! と大きく105円などと表記されているのは、どうにも気持ち悪さを感じてみたり。いや、105円とか210円とかならまだいいんですけどね。これがもうちょっと細々としているともう。

126円とか。

個人的にすっごく違和感あったんですよ、これ(笑)。この制度については賛否両論あるとは思いますが、私としては今までのように税抜き価格表示でいいんじゃないか党に一票といったところです。どうも世論によると、いきなりの表示変更に戸惑う声よりは、むしろそれに便乗して価格据え置き税抜き販売をする店舗が出てくる等、ほんのちょっぴり嬉しいっぽい悲鳴が多いようですけどね。高が5パーセントといっても、

主婦にとっては死活問題な模様。

そりゃまあ、「バーゲンセール 全品1050円!」とか書かれたらイヤーンな感じ満載ですが(笑)。そんなわけで、奇妙な総額表示を提示して日本政府に反撃の狼煙を上げよう企画試作型。まずは基本に立ち返って100円ショップ。値札が付いていない or 値段が特に表記されていない物に関しては「総額」どころか表示という概念そのものがないため、全て100円という事実が浸透している場所においてはこの法律は適用されないそうで。ただし

今日から105円ショップと名乗りなさい。

語呂が悪いと思った方は、強制的に反政府リストへ署名です(待てい)。次に高い買い物。一生に一度の買い物とよく言われるマイホームなんかはその典型でしょう。これが総額表示なんてされた日には、自分の城を購入する気がさらさら無くなること請け合い。この不況の中、ただでさえ仕事のない大工さん設計士その他諸々からバッシング必至。消費税だけでなく、

リストラ率も総額表示へ。

そして極めつけ。もどかしい恋愛フラグを立て続け、ようやく人生の墓場に片足突っ込んだゴールインしそうな時の必須アイテム。

給料3ヶ月と4.5日分。

誰か真顔で言ってみてください。私は嫌です。


4月6日 「SUNLIGHT HEART」

 よく考えると、ココナッツミルクって前にもあったような。何処かでお会いしませんでしたか?

 この頃、やけに新製品を出しまくっているグリコのポッキー。昔どっかでみたことがあるような物や、もしくはムースポッキー系はスルーしていたのですが、久々に普通のポッキーで2つほど意欲作が出ていたようなので購入。1つめはココナッツミルク、そしてもう1つはショコラオレンジ。まあ、「普通の」とは言い難いんですけどね。前者はアーモンドクラッシュ系だし、後者は

発想が普通じゃないし。

チョコの中にミカンぶち込むのはセオリーちゃうと思います(笑)。外装と名前から容易にネタ系だと推測できるオレンジショコラは後回しにして、まずは無難そうなココナッツミルクからいってみるとしましょうか。ふむふむ、「ココナッツ果肉をふんだんにトッピングし、ほのかにミントが香るホワイトチョコレートを2度掛けしました」ねえ。練乳とはまた違った天然自然の甘さ、味合わせてもらうといたしましょうか(ポキッ……サクサク……)。

ハッカ臭ッ。

ミントじゃねぇー!(ちゃぶ台返し) 後味は悪くないんですが、兎にも角にも一口目の「ポキッ」後が不快感全開です。いや、不味いかどうかは人によるかとは思いますけど、こんなん買うくらいなら素直につぶつぶいちごでも食ってます。はい次、オレンジショコラ。裏に記載の紹介文が短いこともさることながら、それを「期間限定」の烙印で誤魔化そうとしている感じがひしひしと。とりあえず、オレンジらしくスッキリ逝ってみますか(ポキッ……サクッ……サクッ……)。

「……フム――悪魔の様に黒く、地獄の様に熱く、接吻の様に甘い。これがオレンジショコラの味か。んまあ〜い!」

ワケもなく、普通。

生理的にチョコにオレンジをぶち込む3分間クッキングはどうかと思っていたのですが、意外や意外、ちゃんと食べられるものですねえ。ポッキー本来の味わいの中に風味の一部として溶け込み、どの教室にも必ず一人はいる居ても居なくても誰も気にとめないクラスメート、オレンジがそんなカンジの存在に……って、

ほとんどノーマルポッキーじゃん。

総合評価:可哀相だね。


4月8日 「Realize」

 高がゲーム、されどゲーム。肩肘張らず楽しくいきましょ。

 ようやくコミック版の3巻が出て、全ての企画に一区切りついた雰囲気の「.hack」。ゲーム、書籍、アニメとマルチメディアに展開した、いわば「ネットゲーという題材を通じ、オフラインでオンラインの楽しさを疑似体験する」という変わった趣向の作品だったわけですが、中々の意欲作だったのではないかなと思います。

実際の評価は兎も角。

多方面に広がることを前提に作られていると、コケることが多々あるのも真理ですから(笑)。見知らぬ人と出会い、共に楽しみを分かち合い、時には衝突し……私自身もPC版のPSOを一年半ほどプレイしていたので分かるのですが、ネトゲって本当に人と人との繋がりが世界を広くするものなんですよねえ。システムという樹があって、プレイヤーはその葉っぱ。尤も、枝分かれしなければ

枯れる一方ですが。

宿れる葉っぱにも色んな意味で限界はあるわけで(笑)。そして葉っぱは増えすぎると互いに干渉し合わざるを得ないようになります。それが吉と出るか凶と出るか、全ては葉っぱ次第。ただ、今にも落ちそうな葉っぱさんに、「.hack//黄昏の腕輪伝説」の3巻からこの言葉を贈りたいと思います。

「ゲームはね……楽しむためにやるもんでしょ(^o^)」

すっごい聞き覚えのある台詞ですが。

正確には言い覚え(苦笑)。「.hack」に登場するとあるキャラが言っていた「バトンを渡せりゃそれで充分!」という台詞。これこそがネトゲ――ひいては人に関わる者の基本思想だと思ったり。某アニメの主題歌より抜粋。

「たどりつく場所さえもわからない 届くと信じて 今 想いを走らせるよ

過ちも切なさも離れても あの日と同じ この空は 君へと続いている」

明日からPC版PSOのβテストが開始されます。今回参加出来ない人も、製品版で巡り会えるように――バトンは、受け渡される。


4月9日 「モタブの預言書」

 個人的には「PSO(ぷっそー)! BB」とか叫びたい気分。駄目ですか、そうですか。

 ぽっと出突発企画、古今東西「PSO BB」のBBって何の略?

ライバル会社のソニチに対するコメントなBB。

暴徒の没落。

シリアル所持してたにもかかわらず、トライアルキットが来なかったユーザーライクなBB。

爆発物作成できる人、募集。

ユーザー登録に人が殺到し、登録中断という二の轍を踏んだことに対する天の声なBB。

馬鹿ソニチ、ボケ伝説記録更新。

ソニチの本音なBB。

ボロクソに言われても、僕らは気にしません。

誰も咎めないとは思いますけどね。普通の対応という過度の期待をするのは酷ってものでしょう?


4月12日 「READY STEADY GO!」

 恐らく一日で彼の人生観は大きく変化したことでしょう。可哀想に。

 あっという間に葉桜へと景色が変わってしまっている風味な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

何だか弟子が出来てしまった

メタトロンです……って、何じゃそりゃ(セルフツッコミ)。全部話すと長くなるので要約しますが、私が元の工程に復帰するに辺り、その抜けた穴を埋めるべく後任を教育しろと仰せつかった次第なわけでして。しかも追いつかない分の仕事を補足しながら、ほぼ付きっ切りなマンツーマン! 勿論、右も左も分からない素人さん状態ですから、仕事は遅い! ミスはする! そして責任全部私持ち! ひゃっほう♪

だから私は期間従業員だと何度も言っとろうが。

適材適所という言葉は、見合うだけの対価を用意してから吐いてください(泣)。ごねようが泣こうが喚こうが既に決定事項なため、これも仕事と割り切り指導すること丸一日。「私も最初はこんな風だったんだろうなあ」とちょっぴりセンチメンタルな気分に浸りながら、この工程における心構えを教授してまいりました。即ち、さも嬉しそうな極上の笑顔で

「これはブレーキを利かすためのものだから、これで不具合出した日には一発即死(笑)」

(笑)じゃないだろ自分。

一子相伝(違)のこの奥義、今なら伝える時の楽しさが分かって仕方がない気がします(笑)。そして新人君がいい感じに疲れてきた頃を見計い、追い討ちエルボー。

「ちょっと前まではこの倍くらいやってたからねえ。今は暇」

首吊る直前の表情が眼前に。

♪む〜ちゅ〜う〜で〜 は〜やく〜 か〜け〜抜けてき〜た〜 五月蝿いくらいに張り裂けそうな鼓動のた〜か〜な〜り〜♪ 此処で立ち止まるような時間はないですよ? 少なくとも私の個人授業には(笑)。


4月18日 「ネコの中心で愛を叫ぶ」

 人形だって一つ一つ違うんですよ? ほら、この辺とか、この辺とか、この辺とか。

 失われた魂を呼び戻すのは、自然の理に反する行為。ならば新しく作ればいい――その考えに辿り着いたのは、果たして人類にとって幸福か、それとも不幸か。米サンフランシスコのベンチャー会社「ジェネティック・セービング&クローン」が、何とネコのクローンをつくって販売するというサービスを開始するそうで。とりあえず、会社関係者と既にネコを予約した「飼い主」に一言。

分かってないなあ、猫道を。

「あ、このネコかわいー」なんて思ったからといって、見目瓜二つのネコを手に入れて何が面白い!? そも、ネコなんてものは気まぐれだからこそネコなのであって、思い通りになるなんてとんでもない。それは性格においても外見においても一緒。例えば貴方が理想の恋人を思い描いたとして、そのまんまの人が恋人になったという状況を想像してみてください。

絶対3日で飽きます。

自分に都合良く出来ているシナリオほど、この世に面白くないものはないんですよ? さらに言わせてもらうなら、死んだネコでも体組織さえしっかり保存されていれば注文に応じるというのも……精神面で一時的な支えとして「代わり」を欲する心理は分かりますが、それはあくまで一時のこと。一生、その姿に違う魂を重ねてみるというのは、生まれてきた新しい生命に対しての冒涜かと。などと偉そうに

膝の上で丸くなって宣ってみるテスト。

いや、最近ネコ化してるらしいので(待てい)。


4月19日 「武器は……まだある」

 思いの外、戦略性は高いです。その手があったか! みたいな感じで。

 PS版「ソウルハッカーズ」が一段落したため、以前から少し気になっていたPS2の「ファントム・ブレイブ」に手を出してみたり。宣伝文句が「イマジネーションが戦術になる!! やりたい放題シミュレーションRPG」なんですが、看板に偽り無しな無茶苦茶っぷりを発揮しております。いや、流石にどうかと思いますよ?

味方ぶん回して敵撲殺するのは。

敵さん兎も角、こっちまでそれを出来る辺りがまた(笑)。ユニットだろうが物だろうが持ち上げて、範囲内なら好きなところに放り投げ。移動力における優位性って何ですかと問いただしてみたい気分です。さらにはユニットの上に乗った敵を倒すため、こちらも味方の頭を踏んずけてヘイト(高さ)を同じにしたり、味方の頭の上に乗った敵を叩き落すために、味方を殴って吹っ飛ばしたり。

友情って何ですか?

いくら仲間が幽霊だからってあんまりかと。物に憑依しているからといって、もはや梯子や棒と同意義ですか(笑)。イマジネーションはPTAに優しくないという新説が発表出来そうなこの作品。その勢いたるや、正に

ファントム無礼部。

メソは付きません、念のため(謎)。


4月24日 「牧場物語」

 シャトも捨てがたいですが、やはりお気に入りはラティ。正面から見るとしょぼしょぼですけど。

 流石に一昔前のライフワーク化していた程ではないですが、ボチボチと遊んでいるPSOBB、β版。一応、プレイヤーはテスター扱いということで情報緘口令が敷かれているわけですが、そりゃ口外されちゃあマズイでしょうねえ。

恥の上塗りを。

いや、当初に比べれば大分遊べるようにはなりましたが(笑)。あれやこれやと片っ端から挙げていくとキリがない様にも思えますが、とりあえずβ版やって正解だったと思いますソニチさん。これで製品版に着手してGOサイン出した日には、ただでさえ他のネトゲに比べて少ないユーザー数を、素数に限りなく近いところまで減少させられかねませんから。尤も、βテストした割には

製品版の稼動が早すぎるという気もしますが。

どう考えても、ねえ?(苦笑) ただ、詳しいことは言えませんが、新しく導入された潜り方に関するシステムはどうかと。明らかに初対面ユーザー間の交流を阻害する要因になるような気がします。どうも知人以外との多人数プレイ前提だと、チャレの乱入待ち状態になるような……。まあ、マグにエサでもやってほのぼの待ってればいいんでしょうけどね。というか、

ブリーダー多すぎ。

いずれは消えるβですから、気持ちは分からないでもないですが(笑)。


4月25日 「増量中」

 ♪あんぱんには〜アンがはいってる〜♪ ……怖いって。

 「此処に一枚の伏せられたフリップがあります。一瞬だけフリップをオープンにしますので、そこに何という漢字が書かれているか答えてください」。こう言われた時、一見して明らかにそれと分かる字なら問題ないのですが、紛らわしい場合は間違えるもの無理からぬことで。故に誰が責められようか。ふっと視界の隅をかすめただけの「大入(おおいり)あんぱん」を

「大人(おとな)あんぱん」と読み違えたことを。

コントのような絶妙のタイミングと勢いで振り返ってしまいましたとも、ええ(笑)。昔、大入袋を大人袋と誤認識したという話を聞いて、「そんなことあるかい!」と突っ込んでいた頃が懐かしく思われます。そんな自分の愚かさっぷりを戒める意を込め、折角だから大人あんぱんとは如何なるものかを想像してみるテスト。

どの辺に自戒があるのかは触れない方向で。

まずは大人の階段を上る際の門番とも言えるわさび in あんぱん。練りに練り込んで触感を似せ、さらに健康に悪そうな何かを使ってあんそっくりに偽装。一口食せば涙を流し、二口食せば記憶が飛び、三口食べればたちまち幼児退行を起こす! 正に現代社会に生きる大人の大人による大人のためのあんぱん!

既にあんぱんじゃねぇ。

罰ゲーム用パーティーグッズとして東急ハンズとかになら置いてそうです(笑)。次は大人というより青少年御用達のあんぱん。しかしあんぱんとは言いつつも、用意されているのはビニール袋と少量の液体のみ。時間に追われる現代人のハートを捕らえることに主眼を置き、リーズナブル且つ手間隙要らずで、誰もが簡単に満足出来ると思しきこの一品!

誰か通報してください。

個人的には気持ち悪くなるだけだと思うんですけどねえ、アレ。やったことないので分かりませんけど(笑)。何か趣旨がずれてきたような気もしますが、トリは夢見る少女の心を捨て切れなかったOL辺りに捧ぐあんぱん。近くて遠い文学という名の世界に思いを馳せ、夢見心地でやっちゃいました。中国人も真っ青の

赤毛のアンぱん。

「そういえばこういうのはイメージが大切だっていうよ!?」

「イメージ……ですか?」

「そうね。文字じゃなくてその光景を口にするっていうかさ」

「そっか。言葉を頭の中でイメージに……」

「……『うぐいすパンとり肉入り』」

「フォアッ!!?」

あとは8頭身な人型でも可。商品名、「僕の顔を食べなよ」。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF