平成17年9月分はこちら。珍しく頑張ってるなあ、うん。


9月4日 「まだ未開封」

 矢場とん味もあったり。味噌カツまでポテチの時代か。

 ご当地自慢というか何と言うか、近頃はコンビニもオラが村の名産を食ってみるだ! みたいな路線に走りつつある模様。丁度万博が始まった辺りから目に付いてきたような気がするので、この機に乗じて名古屋の味を知らしめようという意気込みは分かるんですけど……いやまあ、名古屋名物エビフリャーと味噌カツ幕の内みたいなのはいいと思うんですよ。でもね、流石に

ひつまぶしのポテチはどーなの。

少なくともお菓子にするようなモンじゃないと思われ(笑)。裏面を見るとご丁寧にひつまぶしの食し方みたいな記載まであるし。まあ、ジモティーなら誰しも知っているような内容ですが……どれどれ。「ひつまぶしは『三度おいしい』と言われています」。ふむふむ、その通り。えーと、「一杯目はそのまま混ぜて召し上がれ!」と。これはあれですか、このポテチも3分の1は

粉々にして食えってことですか。

で、「二杯目は薬味のわさびとネギをのせて」……ふむふむ。私ゃわさびもネギもあまり得意じゃないので、ここできざみノリふりかけて食っちゃうんですけどね。そしてひつまぶしの真骨頂とも言える三杯目は、「ダシをかけてお茶漬け風にさっぱりと召し上がれ」。そう! ひつまぶしはこの食われ方をする為に生まれてきた! つまりこいつもダシぶっかけて食えってことデスネ!?

って何処の独身男性料理だそれは。

実際、ポテチふりかけお茶漬けってあるらしいですけどね。さくさくして結構いけるとか何とか。……やってみるか(待てい)。


9月8日 「傍らに人無きが若し」

 神をも恐れぬとはこういう事を言うのかと。少なくとも事故は恐れてくれなさい。

 台風・湿気・熱気の三拍子が終わらないワルツを踊っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。後継機に乗り換えたので、そろそろ

人生も後半戦突入な

メタトロンです。多分大嘘(なら言うな)。そんなわけで、ようやく待望の中古車と書いてニューマイカーと読むファンカーゴが納車と相成りました。いざ乗る事になってまじまじと眺めてみると、展示されていた時とは全く違う顔を見せてくれるものですねえ。何と言っても兎に角でかい! そして生意気にもエアロパーツ付いてるせいで車高が低い! ビバ若者仕様! ひゃっほう!

すこぶる要らんのだけどなー。

……あー、頻りにエアロエアロ言ってたのはそういうことだったのね(苦笑)。希望としては普通に小回り利いて、気軽に乗れる車がよかったんですが……ある意味何一つ満たしてないんじゃないかと(笑)。ただまあ、乗り慣れてみれば何のその。少なくともまっとうに運転する分には支障はなさそうな感じです。朝一で頭寝惚けてる時とかは危険だと思いますけどね。何たって以前は軽だったので、昨日までは信号変わったら

イイ感じにアクセルめり込ませてましたから。

「このファンカーゴ凄いよ! 流石ミラのお兄さん!」

そんな事実は黒歴史にもねぇ。

我が母君曰く、「目線の高さが違うのが一番違和感あるかも」だそうですが、なるほどなるほど。確かに今までとは世界が違うというか、視界が一気に広くなったような気がします。メインカメラから360°スクリーンになったみたいな(分からん)。高い所から見下ろしているような気がして、何となく気分がよくなるという台詞も分からんのではないのですが、だからといって自分がラウムからカローラに乗り換えた時の感じを

「地べた這いずり回ってる」と評すのはどうかと。

「高い所がそんなに好きかぁー!」と問われれば「うん」と素直に頷きそうな勢いですし(笑)。久々にそういう車を運転したくなったのか、遊びに出る際に冗談で「車使う?」と言ったが最後。ペディグリーチャムに飛びつくセントバーナードが如く鍵を強奪、意気揚々とお出かけされました。いやまあ、私自身は乗る用事ありませんでしたし、それは別にいいんですよ。でもね、

呑んで帰ってくんなよ。

「大丈夫、車で3分の距離だから!」とか言って親指立てるなー!(ちゃぶ台返し) そういう問題じゃねぇー!(二段返し)


9月9日 「鋼鉄の狼(ベーオウルフ)」

 本当にありがとう、そしてお疲れ様。……ゆっくり休んで。

 それに連動して、今までポンコツに耐えてよく頑張ってくれたミラ君に贈る言葉。当時は本当に先立つ物もなく、何となれば真面目に延々自転車で通勤するつもりだったところに舞い降りた、翼の折れたエンジェル。雨風や豪雪の中、身体を危険に晒すことなく職場へ着けた日々も彼あってのこと。「車検切れるまで動けば御の字」と言っていたのも今は昔。下手すると

車検切れてもこき使うところでした。

何で車検切れの日付を一週間サバ読んで勘違いしてたんだ、私ゃ(笑)。そんな彼との思い出が、目を閉じると走馬灯のように浮かんできます。そう、幼稚園から小学校へと上がる時に歌う、あの歌のように。

♪い〜つの〜こと〜だか〜 思い出してご〜らん〜 あんな〜こ〜と〜 こんな〜こ〜と〜 あ〜った〜でしょ〜♪

軽く殺意にこんにちは。

……ととと、そうでなくて。今はこれまでの彼の功績を讃えるところでしたよね。ああ、そういえば送る歌小学生→中学生バージョンなんてのもありましたねえ。歳を6つも取っただけあって、微妙に感傷チックな歌詞になってた覚えが。確かこんな感じだったでしょうか?

♪あり〜がとう〜 さよ〜なら〜 と〜も〜だち〜 走るように過〜ぎた〜 た〜のし〜い日〜♪

文字通りな。

じゃなくて、えーと、続き続き。

♪思い出〜のき〜ずが〜 残るあ〜のシートに〜 誰がこ〜んど〜は〜 座〜るん〜だろ〜♪

多分プレス機かそれに類する何か。

……どう考えてもスクラップ三太夫なデスティニーですよねえ、下取り無理なので回収扱いだったし(苦笑)。


9月12日 「どれが正解でしょう」

 本命は4番。ちょっとでも暑いとつけちゃうんですよね、どうしても。

 またかとお思いでしょうが、風邪をお召しになられました(おい)。ここの所どうにも体調悪いなーとは思っていたのですが、今日になって本格的に始動。最初は頭痛ジャブ、続いて鼻水ワンツーパンチ、フィニッシュに喉痛アッパーカットが炸裂いたしました。熱自体はまだ微熱なので、養生するか適度に無理するかの二択であっさり治るとは思うんですけどね。後者は人としてどうかと言われそうですが、

どっちにしたって会社休めるわけでなし。

微熱なんて病欠の理由になりません、インフルエンザでも出勤してましたから(それは待て)。ちょっと今週は早目に職場へと赴かなければならないため、先に挙げた二つの条件をあっさり両方満たしてる気がしなくもがな。体がダルければさっさと寝るし、仕事忙しければ汗かいて快方に向かうし。調子が悪い時の方がよっぽど健康的な生活を送れる辺り、

やっぱり人としてどうなんだ。

まあ、調子悪くなった心当たりもあるんですけどね。ただちょっとー、勤務明けに2日間連続仮眠取らなかったりメイド喫茶行ってみたり懲りもせずチャレばっかりしてたり夜もクーラー入れてたり掃除して出てきた漫画読みふけってたりあずきバー貪ってたりドラゴンフォースに熱中してたりファンカーゴのデッキ換えに伺ったりダンボールごと捨てられて雨の中にゃーにゃー鳴いてたりええまあ

半数ウソですが。

おとなは!! まったくおとなは!!(謎)


9月14日 「1トン2トン3トン」

 ひつまぶしと矢場とんポテチは食いました。すこぶるびみょ。矢場とんはアウト。

 天高く馬肥ゆる秋と言いながらも、まだまだツクツクボウシがうにうにと鳴いている今日この頃。9月中旬でそれはどうかなーと思いつつ、月日が経っているのは紛れもない事実であり、コンビニに秋らしいお菓子群がずらりと並ぶこともそう遠いことではないことでしょう。故にそろそろ冷蔵庫の中に住み着いている先住民の方々を、どうにかしてしまわないといけないわけですが……(ごそごそ)

「なーメタちー。冷蔵庫の奥からなんかぞろぞろ出てきたんじゃけど」

「ぞろぞろ!!?」

それこそ冷蔵庫の過半数を占めるが如く。

いやー、我ながらよく溜め込んだものだと感心したりしなかったり(どっちだ)。これから先、秋の新作ラッシュに巻き込まれる運命を辿る私としては、過ぎ去りし過去にいつまでも囚われているわけにもいきますまい。端的に言うと旬を越えてしまったのでどーでもいいってことですが(おい)。というわけで、一気にばばんと弟君にプレゼントしてみたりしちゃいました。その後。

「いつも食べとったお菓子がな、全くの別物みたいに思えてきたんや……」

『あ―――』

「傷んでたんですね?」「なるほど、じゃけえくれたんじゃねえ」

あげる阿呆に食う阿呆。

念のために言っておきますが、ちゃんと賞味期限そろそろやばいと忠告どころか念押し警告しましたよ!? いくら何でもそこまで鬼ではありませんので悪しからず。でもまあ、渡した時に目ぇきらきらさせて「いいの!? 本当にいいの!?」は流石にどうかと。少なくとも私や妹の時分よりは、ひもじい思いはさせてないはずなんですけどねえ。むしろ

隙あらば食ってるし。

……とんとん拍子に体脂肪ばっか増やすのも、そろそろやめとこ? な?(苦笑)


9月17日 「冷蔵庫殲滅戦 〜秋の陣〜」

 恐らくプリンは二日で消えます。お一人様でいらっしゃいますか?

 冷蔵庫の中身が一時的に片付いたと思ったのも束の間、怒涛の新作クロスラッシュにわきゃわきゃお菓子が増えました。あれだけ頑張って空っぽにしようと画策したというのに!(何もしてません) とりあえず在庫の確認だけでもしてみようかと、がさごそ漁ってぼこぼこ積み上げてみましたが……何というか、本気で一度冷蔵庫をどうにかした方がいいって気がします。今年の夏に買った白くまバーぐらいならまだしも、フランのショコラ・バナーヌ転がってるのはまずいだろと。

2004年8月で賞味期限切れな。

「だからフィクションは駄目だよ。ね?」

それだったらどんなにいいか。

……あー、うん。ファイト一発(謎)。何はともあれ、まだ食えると思しき物体――むしろ最近買ってきたもの限定――でリストでも作ってみますかね。やれやれどんどん、やれどんどん。多分こんな感じ。

キャラメルコーン系:「アーモンド味」「マロン味」

小枝系:「ショコラタルトレット」「ブルターニュキャラメル」

ポッキー系:「キャラメル」「メロン」「黒胡麻」「きなこ」「小麦胚芽ブレンド」

カフェスティック系:「チーズケーキ仕立て」「カスタードシュー仕立て」

その他:「パイの実 焼きプリンパイ」「季節のトッポ マロン」「キットカットホワイト メープルシロップ」

ホールケーキサイズのプリンシャンデリー。

だからそういう物ばっか買い付けてくるから一向に減らないんだろうがぁぁぁッ!(ちゃぶ台返し)


9月20日 「諭吉さんこんにちは」

 OLさん辺りに聞かれたら恨まれそうです。刺さないでー。

 まだ舌の根も乾かぬうちに、また風邪っぽい今週の始まり。何と言うかもう風邪というより、単に疲れ溜まり過ぎな過労モードって気もするんですけどね。先週非常に身体を酷使した上に、週末ロクに休めなかったしっぺ返し風味って感じで。土曜日に生活用品や糖分という名の非常食を買いに走り、毎度の如く遅くに休んで迎えた日曜日。まだ完全にIN MY DREAMなお昼すら過ぎてない時間帯に、いきなり母君が不法侵入し、開口一番宣うた。

「メター。あんたこれ打ち込んでプリントアウト出来ない?」

貴女の辞書に段取りという言葉は御座いますか。

寝惚けた頭にいきなりそんな不可思議情報叩き込まれたって、「はぁ?」としか返せませんよそりゃ(笑)。何事かと思ってよくよく事情聴取をしてみると、どうも常日頃から贔屓にされているやんごとなきお方から、ある文書のシェイプアップバージョンを作成して欲しいとの依頼を承ってきたとか。眠い目をごしごし擦りながら状況を把握し、「いつまでに?」と聞き返す私。母君答えて曰く、「出来るだけ早く。つーか今日中」。

拒否権なしですかああそうですか。

こちとら休暇の猶予は、もはや日数じゃなくて残り何時間で数えられるレベルなんですが(笑)。仕方なく嫌がる身体を引き摺って、我が愛機の電源をスイッチオンし、しばらくぶりにWordを立ち上げ、しばらくかたかたかたかたかたかた(略)。キーボードを扱うこと自体は日常やっているせいか、特定の資料を見ながら打ち込むという学生ライクなお仕事も、意外と苦ではなかったりするものですねえ。まあ、もっぱらモニタとキーボより資料を見ているせいで、

首を寝違えたような姿勢で打っているのはアレですが。

お陰で何か違う理由で肩こったような気がしなくもがな(苦笑)。適度に休憩や栄養補給を交えつつ4時間ほどが経過した頃、資源に優しいリサイクル文書のデータが出来上がりました。あとはプリントアウトするだけですが、普段まったく黒インクを使わないせいで、どうやら新品に換えねばクライアントの納得するブツを作ること能わずな状況ライク。なにせ最後に換えた記憶が……あれ? あれ? おやぁ? 冷静に考えると、ひょっとしてプリンター買ってから

一度たりとて換えてないんじゃないデスカ?

そりゃまともに使えんわ(苦笑)。というわけでファンカー号を駆り、一路最寄の大型電気店へ。無事換えのインクをゲットし、プリンターに食わせて文書を吐き出させることに。一日どころかおやつの時間には完成に至りました。ボロボロな状態で貴重な睡眠&休養時間を消費したのは痛かったものの、一応依頼なので報酬出たことですし、良しとしときますか。ただまあ、この程度のことで

時給2500円相当なのはぼったくりだと思いますがママン。

「ぼったくりババーですよ!」

「今『バ』が多くなかった? ん?」

向こうさんも二つ返事だった上に、また今度頼みたいそうなので、納得のいく報酬額だったということなんでしょうけど……何かちょっと罪悪感(苦笑)。


9月22日 「ビター&スイート」

 警察呼ばれても責任は持ちません。誰にだ。

 ちょっと油断した隙に、またもっさりと棒状チョコ菓子が何処からともなく現われました。冷蔵庫にまだ時期外れてない季節物が溜まり始めた頃に、ピンポイントバリアパンチの如く、(ポッキーデコレ+ムースポッキー)×2という方程式はどうかと思います先生(誰だ)。このままだとにっちもさっちもいかない状況になりそうだったので、とりあえず小枝2種を片付けてみました。

ポッキーサイズで小枝いうのもふてぶてしいとは思いつつ。

腹に入れば皆同じの精神ってことでしょうか。昨日は脳が糖分を欲し気味だったため、この上なくあまーい生活を送れそうな「ショコラタルトレット」を食してみることに。ほろ苦くクリーミーうんたらサクサクとした食感が何たらなめらかな口どけがどうたらと裏面に書かれていますが、もう騙されるのはこりごりなので、見なかったことにして個包装を剥き、ばりばりもぐもぐ。刹那、蘇る感覚。間違いない、この味はッ!

お昼に食べたガトーショコラそのまんま。

所詮安物なのでショコラつけば量産型の理論爆発。甘党の人が食えばそれなりにいけるとは思うんですが、ややクドめなので普通に小枝食ったほうが無難かと。一気呵成に一箱空けるためには、ホールのチーズケーキを半分平らげるだけのスキルが必要です(待てい)。評価つけるとすれば良には手の届かない可って感じですが、それ以前の問題として

ビターテイストとか宣ってるのは0点でス。

クドいをニガいと勘違いしてますよ、絶対(苦笑)。そんな教訓を踏まえつつ、今日は「ブルターニュキャラメル」にチャレンジ。ブルターニュ産ゲラント塩という物を使用して、その地方伝統の「塩バターキャラメル」をイメージして作ったそうですが、すいませんちょっと質問。それって

ホウ酸団子の親戚か何かデスカ?

塩×バター×キャラメルなんて想像した時点で、かーなーり食す気ナッシングなんですが。甘みを増すために塩を加えるのは常套手段とはいえ、名前を聞くだにどっぷりと塩ぶち込んでそうな……まあ、買う前に見たとしてもどうせレジに持ってったことでしょうし、野良犬にでも噛まれたつもりで味わってみます(何なんだ)。んでは、かぷりちょもぐもぐもぐ。

メープルシロップ爆発。

……キャラメル通り越して、鼻から抜けていきそうなほどメープルタウン物語なんですが、いかが致したものでしょうこれ。一番浮かび易い例えとしては、よくあるプリン味製品って感じでしょうか。残念カラメル味にがっかりな辺りが、プティングという名に科せられた宿命を物語ってるみたいな(分からん)。微妙に塩っ辛い気もしますが、それはそれ。ヘーゼルナッツクリームの塊って気もしますが、それもそれ。

貴様はカラメルだ。

ちょっとこっちは人を選ぶ……かも。少なくとも万人受けする味かどうかは疑問。先のショコラタルトレットとお客さんに拒否権のない二択を迫るオススメするとしたら、どちらを選んだものか……うーん。

「よく考えてください、重要なことなんです! 失敗は許されないんです! スウィートかどうかも怪しい物体なブルターニュキャラメルで甘くとろけるひとときを、リッチどころかジム並みにありきたりなショコラタルトレットでちょっと背伸びな大人の気分を……どちらの方があの子をトリコにできますか!?」

「両方試されたらいかがですかあー(はぁと)」

それだ。

ちゃんとレポートしましたので、そういうことでよろしくお願いします(謎)。


9月25日 「無人の野を行くが如し」

 CGが当時なままなのは笑いましたが。武将グラフィックだけじゃなくて、そこもいじろうよ。

 もきゅもきゅとメロン&キャラメルポッキーを妖怪珈琲で流し込みつつ、懐かしのゲームである「ドラゴンフォース」リメイク版をちょびちょびと進めちゃったりしている週末。無難な主人公で一度クリアして2周目に突入しているわけですが、単純ながらも飽きませんねえ、これ。システム自体は陣地取り&簡単な指示を出すだけのゴチャキャラバトルという、実にシンプルなものながらも、自軍の戦力少ないと

意外に必死な自分がココに。

数少ない出来る事をフル稼働させて乗り切るというのも、なかなかオツなものですよ?(分からん) 兵種や武将技によって戦況が一変することも多々あるため、一概に兵士数だけで推し量ることが出来ないというのも、面白い点だとは思ったり。流石に同じ兵種なのに、自軍100に対し敵軍40で負けたときにはへこみましたからねえ。というか、ゾンビが

リザレクションで蘇るのってどーなの。

正しいのか正しくないのかすこぶるびみょ(笑)。陣形や自軍兵士への指示によっては、敵兵を無視して一気に敵陣へ攻め込んで武将だけ撃沈するなんてことも可能な辺り、知恵の絞り甲斐があったりするわけで。そして何より武将技! これが作戦通りに決まるとこの上なく快感なわけですよ。以下、分かる人にしか分からないと思いつつ、お気に入りのシチュエーション&武将技でも。

・自軍兵士がアーチャー or メイジの時に武将技

近接攻撃オンリーな兵種は、武将技発動時には攻撃出来ないことを利用したコンボ。演出が長いものほど一方的に攻撃出来る時間が長くなるため、メテオストームなんかぶっ放すともう鬼。ギデオンに逆コンボ喰らうとむかつくわけですが(笑)。

・自軍陣地をすっからかんにしておいてホーリーシールド

武将の周囲を一定時間ガードする武将技、ホーリーシールド。突っ込んでくる敵が片っ端から墜ちていくため、周りに味方が居ないと効果絶大。ただ、わざわざ自らを窮地に追い込むことは少ないため、主に敵が苦し紛れに出す印象が強い。このせいで何度一騎討ちになったことか……くぅ。

・自軍兵士0の時にソニックブレスト

敵は状況が好転するとあっさり突撃指令を出してくるという習性を利用したコンボ。わらわらわらと目の前に行列を作る敵兵士に、これまた横5キャラ分の範囲をカバーし、貫通する衝撃波をぶち込むとどうなるか。何というかもう、

気分はイデオンガン。

……対グレイス戦にジュノーン、または対ギデオン戦にミカヅキを兵士0でぶつけてみたい気もするなあ、どきどき(試すな)。


9月27日 「桃と苺とデコレ」

 後味のクドさは天下一品。他の物の味が分からなくなりそうなくらい。

 ちょっと話に出た&疲れてるのでもっさり糖分を補給したいということで、仕事終わってから「ポッキーデコレ ピーチストロベリー」をいっちょ食ってみることに。どうでもいいんですが、中身について云々言うのは大人なので辛抱するとして、パッケージどうにかならないんでしょうか。小さなお子様が買いそうな少女趣味おもちゃチックなため、私なんかが買った日には

絵ヅラ的に問題ありそうな気がしなくもがな。

でも買う、その方が漢だから(謎)。まあ、ゴテゴテした外観とかは既出のデコレシリーズとなんら変わらないので、今更どうこう言う気もないです(それでいいのか)。身体が真面目に甘味を欲しているようなので、前置きなしで飢えた野獣の如く貪ってみることに致しましょうか。それではいただきマウスー(もぐぼきっ……もさもさ……ふもっふ)

どう表現すりゃいいのさこれ。

……え、えー(困惑)。何というかその、確かに一口目は桃の味がほのかにするんですよ、一応。ただ、その直後に外面を覆うストロベリーバリアが威力を発揮し、瞬時にクドい後味に変えてしまうというか……とりあえずストロベリーの味なのかどうかすら微妙。デコレ味と言ってしまえばそれまでなんですが、もうちょっと気の利いた表現は……はっ!(ぴかーん) 電球きたー!!

子供用フルーツ味の歯磨き粉。

何処がどうと言われても困るんですが、非常に歯磨き粉ライクなんですよ。後味というより舌に残る食感が(苦笑)。

総合評価:「ポッキーデコレが不味くなったらごめんね」「いや、不味いも美味いもないっていうか」


9月29日 「さらにデカい」

 罰ゲームにひとつ。少なくともノニジュースよりはマシです、多分。

 白バラコーヒーは給食のコーヒー牛乳でした(挨拶)。昨晩食べた「ほわわ スイートポテト」があんまりにもアレだったので(どれだ)、別口でちょいと気になる一品でもご紹介しようかと。セブンイレブンの菓子パンコーナーに並ぶ、その名も「メープルメロンパン」。夏の終わりから出没しておいてメープルも何もあったもんじゃ御座いませんが、名前に違わずスンバらしい甘さを披露してくださいます。何というかもう、

プーさん大喜び。

ハチミツじゃなくてもいいなんて、とんだケダモノだ!(謎) いえね、袋から取り出して一口二口目ぐらいはいいと思うんですよ。メープルのほのかな香りが鼻孔をくすぐり、メロンパンの甘さを引き立てるって感じで。ただ、食べ進んでいくと……恐らく甘いのが苦手な人は、真ん中ぐらいがデッドラインだと思われ。それを越えてしまったが最後。

はい、チーズ。

私ですらちょっと引きつったくらいなので、必ずや写真撮りたくなるような顔に変化するかと(苦笑)。そりゃ、メープル風味が利いてるはずですよね。何たって生地に練り込まれてるとかなんて半端なものじゃなく、まんまメープルだまりとしか表現出来ないエリアが存在してるんですから。その甘さたるや筆舌に尽くし難く、泣いたカラスが悶絶死というほどノーフューチャー。もはやメープルなんて代物じゃないですよ、アレ。

口ん中でざりざり言ってましたし。

「いいかー! 料理は愛情!!」

「オス!!」

「それはパン作りも同じこと! 愛情入れれば美味しくなるのは必然!!」

「がんばります!!」

「気合入れていくぞ!!」

「了解です!! 気合と愛情はどっちを入れれば良いですか!?」

「どっちもだ!!」

それより良識をインサート希望。

本当はそのどっちでもなくて、単に安直なアイデアを突っ込んだだけに一票ですが(笑)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF