平成18年1月分はこちら。イチゴ大戦。


1月1日 「祝う今日こそ楽しけれ」

 笑う門には福来る。あはは。うふふ。うけけけけけけ。

 新年、明けましておめでたで御座います(違)。私自身は特にこれといってめでたいとも思ってはいませんが、「そもさん」と問われれば「せっぱ」と返すのがお決まりのように、お正月といえばおめでたいものらしいです。こちらにしてみれば単なる休日って感じなんですが、違う点を強いて挙げるならば、いつもより静かな中で珍しくテレビつけて新春スターかくし芸大会見てることぐらいでしょうか。

チョコ食いながら。

黒豆より栄養満点ですよ?(そういう問題じゃない) それにしても、まさか応援合戦だからとはいえ、今になって波田陽区とダンディ坂野をブラウン管越しに見る事が出来るとは思いもしませんでしたよ。華やかな舞台から遠ざかること幾星霜、この期に及んでエンターティナーとしての出番があるなんて誰も想像出来なかったでしょうし。やはり燃え上がって一瞬で消え往く人生より、行灯の灯火のように長く柔らかに光り続けるのがいいのかなあと

レイザーラモンHG眺めつつ悟ってみたり。

イロモノ取り入れて延命を図ろうとするお家芸は、そんなに先長くないと思います(笑)。ま、新しい年の最初からケチばかりつけていても鬼に殴り殺されそうですし(?)、かくし芸大会お馴染みのあの歌で今日という日を締めくくってみましょうか。♪と〜しのは〜じめ〜の〜た〜め〜し〜とて〜 お〜わりな〜きよ〜のめ〜で〜た〜さ〜を〜 まつたけ

「食べて」と聴こえたのは私だけではないはず。

いやまあ、今時門松置いてる家ってのもそうないとは思うんですが(笑)。そんなこんなで今年も始まりました。相も変わらずゆるゆるとした所では御座いますが、ふっと息を抜ける場所になれば幸いに存じます。今後とも、どうぞよしなに。


1月2日 「運命に抗え」

 有耶無耶なうちに次の場面に移行してましたが。夢の中なんて突拍子のない無秩序な世界ですし。

 正月めでたい三連星の次男な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

初夢でサメと格闘していた

メタトロンです。ダイナマイトで爆発させるとかいうオチではありませんでしたが。しかしまあ、いくら夢には理屈もフラグ立ても必要ないとはいえ、ど初っ端からなんつーデンジャラス生物とガチンコさせてますかと声高に叫びたい心境です。今年もより一層華麗に優雅に大胆に危険へとダイブしていくという悪い予兆なのか、はたまた吉兆なのか。ほら、昔からよく言うじゃないですか。

一富士二鷹サメ茄子って。

二番多いな!(待てい) そんな疑問をすっきりさせるためにも、ここはひとつ夢判断に頼ってみることにしましょうか。えーと、確かこの辺に……あったあった、何かの拍子でつい買って、そのままろくに読みもせずに放置されてた夢判断の本。さて、サメは……(ぺらぺら)ないので魚でいいか。かしこみかしこみこんなん出ました〜♪ 「魚は希望や夢、理想の象徴」。

夢も希望も自らの手で破壊しろってことですか。

魚を捕まえるのは吉夢だそうですが、投げ技ないのでもっぱら拳で語ってましたしねえ(謎)。これだけだと何とも判断つかないので、今度はネットで調べてみましょか。「夢占い サメ」と……(カコカコ)あ、サメあるある。どれ、サメは……「サメは人を呑み込み沈んでしまう事から『意識では制御出来ない暗い力の象徴』。サメに襲われたりするのは精神的な危機が迫っている事を表している。逆に退治するような夢は、危険などが去り穏やかな生活を取り戻せる」?

拳で友情目覚めた場合はどうなんでしょうか先生。

実際のところ、具体的な予知夢見れてた人間からすれば、こういう象徴的なのはあまり信憑性感じないんですけどね(苦笑)。


1月4日 「冬ですか」

 たまには振り返ってみることも必要です。去年と同じ黒のコートで。

 おせちも雑煮も食してない分際で、「お正月気分はもう飽きた!」と高らかに叫びながらマクドナルドに走ったメタトロンです明けましてこんにちは(止まれ)。よくよく考えると、こんな風にファーストフード買いに出かけるのって何だか久々だった気がします。お腹が空いて食物を求めて彷徨い行く場所なんて、大概コンビニと相場が決まりつつありましたからねえ。というか、それ以前に

年明けてから外出したの初めてだ。

初詣先がドナルドマジックでいいのか自分!?(謎) 休みだからひたすらゴロゴロしてたかったというのもありますが、それ以上に出かける用事がなかったというのがまず一因。休みのうちにやっておきたかったこともあり、そちらがとりあえず一段落したので他のことに気を向ける余裕が出てきたってことにしておくと、何だか美談っぽくていい感じだと思われます。あーそこそこ、ヒッキー言わない。

むしろ引かせる方ですから。

残念! ジャジャ〜ン♪(引かせんでいい) その作業の傍ら、息抜きがてら音楽を聴きつつフリーセルをやったりと、昔の自分にプチタイムトラベルした気分の正月三が日だったり。耳へと流れ来る旋律に身を任せ、ちょっとだけ心を休めて。

 もう冬ですか 寂しいですか

 そうでもないと笑っていますか

 こんな気持ちは場違いですか

 あなたも会いたくなりますか

「一人でいいよ」と肩肘張ってみたり。

 たくさん風が吹いたから 今年はあたたかい冬になるよって

 誰か言ってたような

「信じても報われない」なんて目を背けてみたり。

 唇になにかが触れた記憶

 重く優しい眠りに誘われて

 あいしてると言ったその声も

 僕は忘れるだろう

「裏切ることにも裏切られることにも慣れてるから」と皮肉っぽく微笑んだり。

 分厚い雲の向こう側にある

 今は見えない光の その気配に

 手を伸ばし叫びそうになる

 僕を笑っていいよ

そのくせ誰より救いを求めていたり。

……さて! 正月気分もそろそろ抜けてくる頃ですし、気持ちを切り替えて頑張りますかぁ! ……冷蔵庫に微妙に残ってるお菓子の処分とか(笑)。

 ――僕を 笑っていいよ


1月5日 「試作二号機」

 コーヒーと栗が好きなら止めはしません。不味くはないですじょ?

 明日から戦場に逆戻りということで、日頃の感謝とこれからもびしばしこき使うのでよろしくという思いを込めつつ愛車ファンカーゴンをごしごし洗い、軽く部屋の片づけなんかをしてみたり。そして後顧の憂いがなくなったところで、死地に赴く自分へと、せめてもの手向けにポッキー食ってみましょうか! 昨日に頑張ると公言した以上、漢に二言は御座らんでゴザル! 押忍! だキュ!

そのボケっぷりもいい加減直せ。

やれやれ、ストッパーが居ないと大変ですねえ(あんたの事です)。きなこ黒胡麻小麦胚芽とよりどりみどりではあるものの、ここはあえて期間限定であるところの「ポッキーデコレ とろけるモンブラン」に挑んでみるのがくもきゅ節。まあ、デコレという時点で未来は約束されているって感じですが。なので「まるでモンブランケーキのように贅沢でハッピーなデコレです」という言い分に対し、

別にポッキーでなくてもいいやん

とはあえて言わずスルーの方向で(言ってるって)。そこまでゴテゴテデコトラ祭状態に飾り立てて(ぺりぺり)、一箱たったの3本×4袋という寂しい内容量を看過し(ぴりぴり)、手軽につまめる庶民のお菓子というポッキー本来のスタンスを捨ててまで(ぽきさくもふ)、いったいグリコは何をしたかったというのやら(むぎゅむぎゅ)。

そして広がるコーヒー味。

モンブランより先にこの風味が炸裂するってどういうことですか。話によっては出るトコ出て貰いますよ!?(落ち着け) デコレの中では後味がしつこくない方ではあると思いますが、それでも普通のポッキーシリーズと比べるとやや粘着質なのは已む無し。ポッキリ逝った瞬間にコーヒー、その姿が見えなくなる辺りでモンブランが重役出勤してくるという段取りってところでしょうか。つーかですねグリコさん、

これの使いまわしと違いマスカ?

網目模様の味をモンブランに挿げ替えただけって気がするんですけど。これも追求しないのがオトナですかそうですか。

総合評価:ハッピーチャイルドだから気にしない。


1月8日 「草食の味方」

 一通り買ってはみましたが。人生なんてそんなもんだ。

 暦の上では兎も角として、季節的に見ると取り立てて節目でも何でもない今の時期。繁殖にはおおよそ向かないと思しき極寒日和真っ盛りな中、各地のお菓子取扱店では生まれたて苺商品が毎日サタデーナイトフィーバー状態です。年明け直後はそう目に付いてなかった気がするのですが、昨日仕事帰りにコンビニへ寄ったときにはもう。溢れかえるいちご! イチゴ! 苺! そしてどことなく肩身の狭そうな

休日のおとーさん状態な他のお菓子。

イチゴでないからなんだというのだ!(逆切れされても) イチゴの収穫期自体は確かに冬ながらも、それを使ったお菓子が出回るにはまだちょいと時期尚早ではないかなーとか思ってみたり。各社とも「早いことはいいことだ」というファーストフード精神に則り正々堂々戦うことを誓った結果なのか、はたまた新たな年の口火を切るのは甘酸っぱい初恋味と熟考して世に送り出したのか。それが世論として正しいかは問いませんが、個人の意見としては

勇敢なるフライングマン戦士って感じです。

「わたしはフライングマン。あなたのちからになる。そのためにうまれてきた」

むしろ血と肉と体重になりそうな予感。

おとなもこどもも、おねーさんも(謎)。季節感や流行廃りを商魂に取り入れるのは至極尤もな姿勢ですよ、ええ。さりとてここまで極端なのも如何なものか。古来より付和雷同協調性を重んじる日本人らしいといえばらしいんですが、正直面白味ないですよ? 期間限定を謳いながらも、全国各地で冬が終わる前にこんな会話が繰り広げられてそうな。

「なんじゃーこの仕入れはーー!! 苺の仕入れが一ケタ多い! どうすんじゃこんな量!!」

「あの〜〜、仕入れ仕切ってるのは店長で……」

「チッ! とっちまったモンはしょうがない! アルバイトー!」

「あ、はい」

「いいか! 今回は苺フェアーじゃ!」

「はあ……」

「客共に苺モノ以外勧めるな! 苺を食わずに生かして帰すな!」

潰れてしまえそんな店。

……でもまあ、フェアーの裏側っていうか提供側の内輪事情ってこんな感じですけどね、どこも(ぼそっ)。


1月9日 「ぽんぽこたぬきさん」

 4年ほど前に書かれた文章を見て思う。性格悪いなコイツ。

 軽やかにグリコの「春待ち苺」を屠り、次なる刺客の森永産「苺」にやや面食らったメタトロンですダスビダーニャ(間違ってます)。前者は如何にも基本的なイチゴチョコしてますって感じで美味しかったんですけどねえ。過度な期待を抱かず、普通にチョコとして食べる分にはいいと思います、はい。しかし後者は……ちょいとデジャヴるトコがあったので調べてみたんですよ、彼の素性と背後関係を。そして明かされる真実。

お前こいつの兄弟か。

いや待て、姉弟って表現になるのか? それとも姉妹?(どうでもいいです) 姉の時ほどツッコミどころは多くないです、断じて。今回は凍らせてないお陰かも知れませんが、食感もすこぶる並柔らかと表現出来るレベルでしたし。味もまあ、甘いですよ? 「コクのある練乳クリームを甘酸っぱい苺チョコレートで包みました」という主張を認めてあげたい気持ちでいっぱいです。しかしこれだけは言わせて貰おう!

メープル味だろこの練乳。

春の気配どころか秋〜冬っぽい風味が口の中に広がったのは、私の味覚がおかしくなったからではないと信じたい。まだボケてないですじょ!?(落ち着け) 苺+練乳という要素から考えればプーさん大喜びテイストになるはずはないんですが、どうしてこうなってしまうのか。少なくとも「2つの味が口いっぱいに広がるよ!」とは言い難い、ああ言い難い。というわけで

見なかった事にしよう。

考えても分からないことは考えても仕方ないんです。だって分からないんですもの(いいのかそれで)。

総合評価:はちみつくまさん。


1月12日 「モカモカパラダイス」

 軽やかエアープレート。そのままどっか飛んでけ。

 仕事が始まってからこっち、のんびりと息つく暇もないほど馬車馬しております。どれだけ文句を言ったところで馬の耳にところてんなのは分かりきっているので、自分の身は自分で守るしかありません。軋んで止まない身体、荒み行く心。そんな状況を打破してくれるのは、やはり甘い物を措いて他にないッ!(本当か?) というわけで残ったイチゴシリーズ! 肉体疲労時の栄養補給に、「アッセ ストロベリー&モカ」ー!

ぶっちゃけトドメ刺された気分。

私は鬼でもなければ海○雄三でもないので、食したものを片っ端からけなしたりは流石に無理。それでもこいつぁ罵声を浴びさせずにはいられねぇ!(言い切るか) 強いて言うならあれですな。コーヒーとイチゴが大好きで大好きでたまらない人が、ついお茶目心に火が点いて「えーい、混ぜちゃえー♪」とばかりにコーヒーにイチゴをぼちゃぼちゃぐりぐりしちゃったような。もっと簡潔にスパッと斬り捨てると、

やっちゃったシロモノ

いくらコーヒーが好きだからって、それじゃ心は癒されないんだ!(意味不明) 一応加害者(アッセ スト&モカ)の言い分を聞きますと、「苺のフルーティーな甘さの後にモカの芳醇な香味」と言って憚らないんですが、事実はその逆。口に入れる前には苺の香りが辺りに漂い、その後はひたすらモカ一直線な味が口内を支配してくれます。何と言うかもう、

嫁と姑かお前ら。

コーヒーとイチゴを愛してやまない人はどうぞ。病まないかどうかは責任持てませんが。

総合評価:写真はイメージです。


1月15日 「朝ご飯食べて修行に行くよ」

 母親が箱でリポビタンゴールドくれました。随分殺伐とした差し入れで。

 うららかな冬の陽気に誘われてついぽかぽかと14時間ほど爆睡しそうな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

背筋がもちっと発達してきた

メタトロンです。凄いな人間の身体って!(謎) 体の一部が目に見えて強化されてくると、「ああ無茶してるなあ」という実感が沸いてきます。トカゲは火を吐く必要があったから竜になったという格言もあるように、体質の変化というのはおおよそ必要に迫られて起こるものでして。おまけと言えるかどうかは分かりませんが、体重もまた微妙に減ってきたような気がしてたり。ご存知のように菓子ばかり食ってる上に、

今日も今日とてチーズケーキですが。

どうしてこれで痩せるのか、身体に聞いても分からない(おい)。「男子三日会わざれば刮目して見よ」ではありませんが、昨日の非常識が今日の常識になってしまうような状況下で生きていると、こうなるのも已む無しなのかと思える間違った日々を送っております。どこか痛いの当たり前。一日どころか半日で体力使い果たすも当たり前。安全靴が3ヶ月で壊れてしまうも当たり前。左腕痺れたままで仕事するのも当たり前。

生きてるってなんだろ。

最前線で生き残れない奴は素人だー。最前線で生き残れる奴は訓練された素人だー(意味不明)。


1月17日 「ロッテ美味いやー」

 グリコの「春待ち苺」といい勝負かも。もう1回買ってくるか。

 まだ少々おあずけお菓子がウェイティングしているものの、大分冷蔵庫の中がすっきりしてきました。そして調子に乗って苺フェアーシリーズを性懲りもなく買い込んでくる不肖ワタクシ。とはいえそこまで「これは!」と思える物があったわけでなく、結局買ってきた物も「ガーナ クリスプスティック 苺フォンデュ」、「クランキー ストロベリー」、「エリーゼEX ストロベリー&ホワイト」と無難っぽいチョイスになってしまってますが。ええまあ、

ヤバ気なものから先に食ってたせいもありおりはべり。

この前の平成苺に浪漫の嵐な大戦なんて、見事なまでの1勝2敗っぷりでしたしねえ(苦笑)。安全牌とは思いつつも、個人的にはガーナ=板チョコというイメージがあったため、ちょっと変化球気味な「ガーナ クリスプスティック 苺フォンデュ」に初陣を飾ってもらうことに。ついつい「この印籠が目に入らぬかー!」とやりたくなりそうなサイズの箱を開けると、中には個包装されたスティックが7人の小人。とりあえず一本取って

って重いなオイ。

「こんな錘をつけて戦っていたのかッ!?」とか言うほどではありませんが、見た目に反してヘヴィだぜ!?(止まれ) 苺クリームをウェハースでジャンククラッシュし、さらにその上からガーナチョコを流し込んで固めたというスティックに相応しきずっしり感を堪能しつつ、いざ一本目!(さくっ……さふさふさふ……) !! こ、これはッ!?

無難という名の安らぎ。

いや、美味しいんですよ? 美味しくはあるんですが、何かこう……特筆すべき点がないというかにんともかんとも(謎)。強いて言うなら値段分の期待を裏切らないだけのコストパフォーマンスに優れているってところでしょうか。「ウェハースは好きだけど、もうちょっとボリュームが欲しいなあ」という人にはおすすめ出来ると思います、はい。ちなみに私は気が付いたら

綺麗に平らげておりました。

無難とか言ったのはこの口か!? この口なのかッ!?(止まれ)

総合評価:クララが立った!


1月19日 「ダイコン焼く煮(しゃ)」

 肉じゃがにミルクティーとどっちがマシなのやら。比べるだけアレな気もしますが。

 仕事から帰ると丑三つ時辺りということが関係しているかどうかは定かではありませんが、ここ2、3日残飯処理係に就任しています。今日の対戦相手は「飲兵衛には不評でねぇ。美味しいんだけど」と勤め先から母君が持ち帰ってきた物体、不確定名たまごやき。そりゃ不確定名とも言いたくなりますとも。ちょいと硬めなプリンといった風体&食感に、酒のツマには確かに向かないその甘さ。

でもきっちりダシは利いてる。

母上様、この問題は美味しいとか美味しくないとかいうのと別の次元にあると思います(謎)。味だけ見ればダシ巻きタマゴに近いものがあると見せかけ、口の中で踊るそれはむちむちむちっとぷりんですライク。食い合わせの妙って言うんでしょうか、他に味のきっつい物と一緒に食べてればいい感じだったとは思います。実際、最初に他のおかずと共に食べた時は「ん、美味しい」という評価でした。しかし単品で食った今日、

もう勘弁してください。

半分くらいは根性で平らげたはずなので、後は任せた(誰にだ)。どうせ夜食にするのなら、もっとこう胸焼けしないようなのがいいんですが。そういう意味では昨日の挑戦者は正に逸品だったのかも。江戸っ子風呂なダシの中でよーく煮込まれたばら肉とダイコン! それを余り物のご飯に乗せて、ダシをかけたら雑炊もどきの出来上がり! あとはもぎゅもぎゅ食うだけですよ!

コーラ飲みつつ。

前日、中途半端に飲んじゃってたもんで、つい。多分彼も悪気があってやったんじゃないと思います。許してやってくれませんか(意味不明)。


1月21日 「鳩時計」

 ペンションに辿り着いたら全て終わってたエンドとか。意欲作ですよね、ホント。

 どこをどういじくったものやら、唐突に「かまいたちの夜」がやりたくなってきてしまいました。しかも仕事中に(おい)。まだサウンドノベルというジャンルがコンシューマ機では確立されていない時代、ぶっちゃけ黎明期に颯爽と登場した期待の星ともいうべきソフト。当時は諭吉さんが一枚飛ぶことに嘆き悲しんだものですが、そのせいか昔のゲームって妙に印象に残ってるんですよね。まあ、最近のゲームが

使い回しとか使い捨てとか劣化版気味過ぎ

ってトコには触れないのが、物を作り出す側の安い連帯感優しさってものでしょうけど。私の人生において「やりたい!」と思ってしまった場合、大抵はそこまで悩まないうちに即実行と相場が決まっております。そんなわけで近所の中古屋へと足を運んで、ずらり並んだPSソフトの中から「かまいたちの夜 〜特別編〜」をサルベージし、無事購入してまいりました。いやぁ、それにしても切なくなりますね。

たった590円って。

凄いなデフレスパイラル! あんまりにも安すぎたので、ついでに「かまいたちの夜2」まで買ってきちゃいましたよ。1980円で(笑)。かつてはピンクのしおりが出ても延々プレイし続けたこのゲーム。あれから幾つもの夜を越え、無限とすら思えた選択肢が少しだけ狭まった今の自分に、果たしてどう映るのか。時を経て、あの夜が再び甦る――そう。

鎌井達の夜が。

アナザーというかネタストーリーだからって、流石にアレはどうかと。腰砕けましたよ、当時の若い感性でも(苦笑)。


1月22日 「早く僕を起こしてくれ」

 物語はハッピーエンドとは限らない。それもひとつの物語。

 どうも、東ハトの「苺のデザートショコラ くちどけ粒苺」をもさもさしながら、「かまいたちの夜」を想ふメタトロンです。うむ、粉っぽい(何が)。とりあえず昨夜のうちにフローチャートのショートカットを活用しつつ、10数個ほどエンディング迎えてみました。事件をちゃんと解決したと見なされるエンドは全て消化したので、残ってるのはバッドエンドか横道エンドだけですが。しかしまあ、いくら昔やり込んだからって

ファーストプレイで最速グッドエンド迎えてどうすんだ。

相当ショッキングだったんだろうなあ、あのトリック(苦笑)。グッドエンドに到達出来る選択肢の時点では、本当は状況を整理し推理し得るほどの情報は集まってないはずなんですけどね。そのトリックの裏付けを取るためには、犠牲者がプラス2人されるエンドに至るシーンまで行かないと無理ですし。恐らくは事件の全体像を把握し、それから最良の結末を迎えて欲しいという製作者側の意図だとは思うのですが、

冗談めいた答えが正解なのは如何なものか。

心理的な死角を突いたといえばらしいんですが、私にゃ三択迫っておいて正解は4番でしたーとか言われてるように感じたし(笑)。尤も、あのゲームは救いのないエンディングへと続くシナリオ展開の方が興味深いので、さくっと笑顔で大団円というのはあまり感心しなかったり。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という言葉がありますが、本当に疑心って人を喰らいますよねえ。凄惨ですよ?

大事なものを手にかけるのって。

涙で覆われた現実、自らの手で閉ざした未来。悪夢を断ち切るその鎌は、果たして救いと呼べるのか。


1月24日 「ちゃうねん」

 普通のいちごポッキーの方が好きという意見も多そう。私も一票。

 一応「かまいたちの夜」、ピンクのしおりが出ました。なので「ポッキー つぶ苺 ミルク仕立て」でも食べてみたいと思います、ピンク繋がりで(繋がってねぇ)。いやぁ、何と言っても純正ポッキー品は安心して食べれるところがいいですよね。ムースのように当たりハズレが激しくもなければ、デコレのように一発逆転を狙っているわけでもない。ましてやGのように孤高の覇道を突き進んでいるわけもなく。言うなれば

小市民ポッキー。

さしずめG辺りはあれですか、少林ポッキーってトコですか(待てい)。しかも長年支持されてやまない、ベストオブカスタマイズな苺とのコラボレーションと来れば、これはもう大船に乗った気持ちで食えるというもの。ほ〜らほら、トラップ探索もせずに箱を開け(ぺりぺり……ぱかっ)、あまつさえ危機感ゼロで中の包装までオープンしちゃいますよ〜♪

もぎたて苺一番絞り。

……えー、なんつーかこういうチープなお菓子にはとても似合わない香りがもろもろと。単に砂糖まみれな甘ったるい匂いではなく、もうちょっと高級感漂うスメルというか。「大粒のいちご果肉をたっぷりトッピング」と宣うに相応しい青春牧場で御座います、はい(謎)。味ももきゅもきゅ……うむす、たっぷりストロベリー。ノーマルポッキー系にしては珍しく、主役であるところの苺味がしゃしゃり出てきっぱなし。何か個人的には

牛乳足りないイチゴフルーチェって感じですが。

それはそれ、これはこれ(何が)。味などについては概ね納得のいく出来栄えだとは思うのですが、一つだけ問題点が。もぐもぐもぐもぐと一箱近く食べても、あまりお腹の足しにならなかったのですよ、これが。数量が5本×4袋と少ないことを差し引いても、明らかな空腹感。で、よくよく見るとポッキーの長さが短いような気が。折角なので

ものさし使って測ってみました。

ツッコみたいのは山々だと思われますが、まずは落ち着いて聞いてください(無理)。とりあえず件のつぶ苺は長さ11.5cm。対比物がなければ「こんなものなのかなあ」とか感じるところですが、確たる証拠を掴んでまいりました。食ってる途中で飽きて、袋のまま冷凍庫で冬眠している小麦胚芽ブレンドの身体検査をしてみたところ、その身の丈なんと13.5cm! 実に2cmも標準より短いという事実を看過していいのか!? 否!

立てよ、大阪のおばちゃん!

いや、グリコ本社が大阪にあるからというだけのことでして。別に深い意味も他意もないですじょ?(脱兎)

総合評価:もっとおまけしてーなー。


1月30日 「頑張ってはみますが」

 しばらくしたら出てきそうな気もしますが。妖精さんの法則で。

 ちょいと多忙&体調微妙で更新止まっていましたが、とりあえずまだ生きていますので線香はしまってください(おい)。昨日も朝早くから遠出し、主に胃と頭にダメージ来そうなイベントをこなしていたり。体力回復してから夜中にPCつけてはみたものの、カタカタカタとキーボードを打ち始めて約20分経過した辺りで眩暈がし、軽く吐き気すらしてくる始末。拒否反応でも起こしてるんでしょうかねえ、

更新することに。

パソの電源落としたらケロッと復活なんてことはありませんでしたが(笑)。閑話休題、今日は気分的には大丈夫そうだったので何とかなるかなと思いつつ、まずはメールチェックから。すると面識のない方からメールが届いており、内容は私が以前紹介したことのある、とある曲のデータが欲しいとの事。この手のメールが来るたびに思うんですが、

言わぬが花ですかそうですか。

そこはかとなく意図を汲み取ってくれれば幸いに存じます(苦笑)。特にその要望に応えること自体はやぶさかではないんですが、ひとつ問題が。作業用セカンドPC君にデータが入っていたせいで、今やしおしおのぷー状態なんですよねえ、これが。結局再セットアップしてまっさらにし、ファイナルデータ使ってデータを復活させてはみたものの、膨大すぎてどれがどれやら。トドメとばかりに

データ名がクラスタ数に化けてやがるし。

途中でサルベージする気が失せて、ほったらかし状態になってます(苦笑)。なのでmp3データそのものでなく、WAVEに変換して焼いたCDをローラー作戦で探索してみるテスト。こっちも枚数はあるものの、マウス使ってモニタと延々にらめっこするよりはマシなはず……と思って格闘すること1時間半。見つかりません、一向に見つかりません。というか、当時の私に一言。頼むから

入れた曲目ぐらい書いとけ。

vol.いくつとか言われても分からんわ、んなもん(笑)。大体その曲が入ってそうなvol数の見当はついたのですが、そこだけピンポイントでありゃしません。ずらーっと規則正しく並んでいるくせに、その1枚だけ綺麗に歯抜け状態。あちこちひっくり返して探してはみたのですが、やっぱり1枚だけ全く音沙汰なし。そりゃまあ、ずーっと前に見えない先住者は居たみたいですが、

いつから番町皿屋敷になったんでしょうか我が家は。

お岩さんになる前に休むことにします。また来世(待てい)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF