平成18年12月分はこちら。食べ物と、歌と。


12月2日 「チロルチョコぱーんち 前編」

 意外とは失礼な言葉です。何気に。

 巷で話題をかっさらっているかどうかは存じませんが、ファミリーマートの菓子パンコーナーに風変わりな住人が住み着いている模様。チロルチョコパンという国籍どこですかと思わず問いかけたくなる方々の名は、それぞれ「生クリーム入りミルクチョコレート」「ストロベリーチョコ」「黒ごまたると」「きなこもち」と仰るようで。ここでお会いしたのも何かの縁と、4人まとめてレジ経由で自宅へとお招きいたしました。恐れるものなど何もない。

ついでに恥も外聞も。

うら若くなき漢が菓子パン4つも持ってくるシチュエーションなんて、私が店員だったら通報ギリギリな絵面デスヨ(待てい)。閑話休題、いくら菓子パンとはいえ一気に4袋分も消化するのは難儀だと思われるので、とりあえず2:2で分けて食してみることに。前半戦が「生クリーム入りミルクチョコレート」&「きなこもち」、後半戦が「ストロベリーチョコ」+「黒ごまたると」とのタッグマッチというスケジュールで。

組み合わせについてはそれとなく察していただけるかと。

洋風+和風というアンサーは斜め上ぶっちぎりなものだとだけお答えしておきます(意味不明)。ではまず、安ぜ……げふげふ、スタンダードっぽい生クリチョコからいってみましょうか。「ビターでコクのあるチョコクリームと生クリーム入りのホワイトチョコクリームを包みました」という読点入れろよと言いたくなる解説文から読み解くに、彼の個性は……(もぐもぐ……)

名もなきチョコパン市民A。

ホワイトチョコクリームはそれなりに珍しい感があるものの、分量的にありふれた通常版チョコクリームが圧しすぎているため、結果としてよくあるチョコパンに。仰々しくチロルチョコパンとか名乗らなくても、平々凡々にチョコパンしてればいいじゃないなどと暴言吐いても許されそうな印象です。というか、1個でワン袋を占拠してるというだけでもどうかと思うんですけどね、私としては。なんつーかこー、ややもすれば

いくつかでまとめ売りされてるミニチョコパンに等しき価値。

作ってるのがヤマザキだとこの辺が限界ですかそうですか。量産型め!(何だそれは) では続いて、弾は二発目が本命を地で行く「きなこもち」へとターゲット変更。見た目は至って普通の四角めパンであり、それだけでは中に何が入っているかなど知る由も非じっぽいパン殿。今度、似通ったパンを集めてロシアンパンでもやってみるかなどと不謹慎なことを考えたくなったり、ならなかったり(もきゅもきゅ……)

意外と食べられた。

ロシアンにならねーだろそれじゃぁよぉぉぉッ!?(ちゃぶ台叩き割り) 中はもちもちっとした似非餅な「ぎゅうひ」と、袋に書かれた言葉を借りれば「きなこチョコクリーム」の二層構造なわけなんですが……ぶっちゃけ、きなこというよりピーナッツクリームに近い気がします。さりとてきなこっぽくないわけでもなく、看板も守りつつパンとの相性がよろしい、ベストなマッチングに仕上がっているかと。憎まれっ子世に憚るというやつか、はたまた

堅実なだけではいい人止まりというやつか。

生クリチョコも不味くはありませんでしたが、美味くもなくオイシクもなかったのでマイナス評価。もっと勉強するように(何を)。

総合評価:光と影と。


12月3日 「チロルチョコぱーんち 後編」

 和風とか洋風とかいう問題ではない。偉い人にはそれが分からんのですよ。

 休憩を挟んで、チロルチョコパンタッグマッチ後半戦開始。最初の相手はパンともチョコとも非常に仲良しっぽい「ストロベリーチョコ」に決めました。いや、お楽しみは後に取っておくのが私の食事ルールなものでして(関係ありません)。形状は相も変わらず四角いながらも、色が微妙に黄ばんだ桜色というのはげっそり食欲奪われる要素として十二分。さて、ここからどのような逆転劇を見せてくれるのやら(むぐむぐ……)

♪あんぱんにはあんが入ってる〜 ジャムパンにはジャムが入ってる〜 だ〜けどチロルチョコパン〜には〜

入ってないとは言わんがチョコ少なすぎ。

後ろの方にチョコ〜っとだけチョコ溜まりを作るなんて、オヤジギャグ全開にも程があると思われ(あんたがな)。食べ始めた場所が悪かったせいもあるんでしょうが、初撃ではジャムを食らうことしか出来なかったため、これまた普通にジャムパンと変わらんわけですよ。一応、チョコクリームの部分までたどり着けばそれなりにチロルチョコパンしてはいるものの、

すんでのところでJAROってなんじゃろーな勢いかと。

でもこれ、お子様のおやつには喜ばれるかも。いかにも子供が好きそうな味わいですし。それでは前座をさくっと片付けたところで、真打いってみましょうか。満を持して登場した、マスク・ド・「黒ごまたると」ー!! 「黒ごまクッキーの上に『黒ごまチョコクリーム』と『ホイップクリーム』の入ったパンをのせました」と、これまた強気なコメントが飛び出したーッ!!

ものっそタルト無関係っぽい。

クッキー生地の上に乗せれば皆タルト教への入会はお断りです(意味不明)。形にしても今までの3英傑と大差なく、底辺に件の黒ごまクッキーが使用されているところが唯一無二の改良点ってところでしょうか。裏っ返して見ると黒ごまびっしりで、パンというより煎餅ライクな印象を受ける気がしなくもがな。元々テーマに和を盛り込んだ感があったので、これはこれで狙い通りなんでしょうかむかむぎゅむぎゅ……

ホワイトトリック&ブラックジョーカー。

何処のアルター使いだこのパン!?(落ち着け) クッキー生地によるもさもさとした食感も然ることながら、それ以上に強烈なのが「これでもか!」と中に封入されたホイップクリームのタイダルウェーブと、これまたびっしり詰まった黒ごまのエメラルドスプラッシュ。もう甘いんだかほろ苦いんだかふわっとしてるんだか深いコクがあるんだか何なんだか。平たく言うと

ご自分でお試しください。

一口目で拒絶反応が出なければ大丈夫だと思います(何が)。

総合評価:びっくり箱。


12月9日 「茶色のトイプードルって」

 これもまたひとつの生硬いの形。デスティニー。

 はい、今日も今日とて更新のお時間がやってまいりました。ああめんど(端から待てい)。全然職場の修羅場事情が改善されないお陰で、お菓子も冷蔵庫の中で繁殖する一方ですよ。とはいえ、本気でお菓子食ってる暇もないかといえばそうでもないんですが、流石に更新頻度を上げるとまではいかず。単純に感想をずらずらと並べてレビュー風味に仕立て上げ、それを潔しとするならもうちょいマシになるんでしょうけど、

書いてる方が楽しくなさそうなので却下。

そんなお役立ち情報局なんてまっぴら御免です。教えて君は攻略サイトにでも行ってください(何のだ)。恒例の週間前置きが終わったところで、本日のお題〜。ここに取り出だしたるは、ネスレ発「エアロ バナナ味」。ざっくばらんに言うなれば、これの中身が変わっただけと思いねぇって感じですな、うん(謎)。他に目に見えて手が加えられている点といえば、せいぜい

内容量が2個ほどリストラされてるくらいでしょうか。

当時の値段を覚えてないので、純粋に単価引き上げされてると解釈していいものかどうか迷いますが。手元にある方の価格も綺麗さっぱり忘れているというのは、内緒話ライクということで、ひとつ(おいおい)。しかしまあ、ホワイトチョコで埋め尽くされてる白い恋人な時期に、わざわざバナナで挑むとは見上げた根性だと思います。特に旬というわけでもないありふれた素材だというのに! ええまあ、所により

バナナで釘が打てるという意味では旬かもですが。

食えるものなら食ってみろ!(意味不明) 形状だの特性だのは前に一度述べているので、あんまりだらだらせずに「チョコ・即・斬」で行きましょうか。いつものように箱を開け〜(ぱかっ)、毎度の如く個包装を剥き〜(ぴりりり……)、もぎたて加工バナナチョコにこんにちは。そしてさようなら(ぽいっ……むぎゅむぎゅ……)

半熟バナナンヒロイン。

ガード堅いな!(何が) 味はちゃんとバナナしてますし、準チョコレートとしてはとりあえず及第点ではないでしょうか。ただなんつーか、エアインチョコ名乗ってる割に手応えありすぎじゃないですかと。従来のエアロや先だってのバニラシェイク仕立てに比べ、口当たりがもさもさぱさぱさしすぎというか。例えるならば、半端に溶けたバナナチョコアイスを再び凍らせ、それを少し常温で放っておいた後に食したような。いえ決して

私の保存方法が悪かったわけじゃないですじょ?

先の二つと同じように、冷凍庫に入れておいただけなのになぁ(エアイン入れんな)。

総合評価:潤いが欲しかっただけなんです。


12月10日 「マスコット的にありですか?」

 メロンよりメロンパン好きな私は庶民ですかそうですか。やーいやーい。

 今週2本目も同じくネスレから、今度は「エアロ メロン味」に神託が下りました(飛ばしすぎ)。こっちはまあ、季節というか空気を読んだ素材セレクトな気がしなくもがな。私がいつも職場用昼飯を買いに寄るセブンイレブンでも、やったらクラウンメロンがプッシュされていますしねえ。ついでにクラウンメロンパンなんて代物まで出すくらいに。メロンパンなら食べてみましたが、実際美味しかったですよ?

「クリーム挟んで何処がメロンパンか」というツッコミを抑えれば。

甘党にはその方が嬉しかったりしますけど(なら言うな)。こちらもバナナンエアロ同様、金塊型なエアインチョコという特性を備え、10コ入りという世知辛い世の中を反映した内容量も瓜二つ。違いはあくまで味だけという双生児チックなメロン嬢が、果たして姉を超えることは可能なのか。いちいち開けて剥いでと繰り返すのも面倒なので、割愛(ぽいっ……もぎゅもぎゅ……)

思春期メロンフィーバー。

微妙にガード堅いな!(だから何が) 内包されたエアインチョコの口溶け感だけを見れば、バナナよりは数段マシと思えるものの、やはり何かいまいち硬い。表面をコーティングしているチョコ自体が硬いのか、はたまた中身詰めすぎなのか。味に関してはちゃんとメロンの責務を全うしてるっぽいので、ひとまず良しとしておきましょう(何様だ)。ただ、後味がちょっとしつこめなところが微妙にマイナス点でしょうか。つまり彼女はバナナさんに比べて

粘着質なストーカー気質と。

あちらはさっぱりしてますからねえ。その代わりドライで容赦ないですけど。

総合評価:私の何処がいけないの!?


12月16日 「もちゃもちゃ」

 最近のトレンドは名前に凝ることなんでしょうか。名前負け多いけど。

 どうも、職場で行われた運転適正診断テストで「判断・転換力:優」「ドライバー安全:良」「動作判定:機敏型」と判定されたメタトロンです。合ってるかどうかは知りません(おい)。一年やそこらで結果が変動するわけないと思いつつ、去年に比べて安全度が上向き加減なのは齢を重ねて落ち着いてきた証拠なのか、はたまた老化が進んでまったりもっちゃり化が進行しているだけなのか。まあぶっちゃけ、

前回と回答同じはずなんですがね。

やり直しを要求するのは採点側にだったわけですかそうですか。前置き小ネタでツカミを外したところで、本日のお菓子〜。冷蔵庫にはびこる八百万の悪夢の中から選び抜かれたこのチョコレート、毎度おなじみ森永さん家から「冬のオペラ」で御座います。心とろける三奏チョコレートという謳い文句に負けず劣らず、黒をバックにプリズムを散りばめ、冬の夜をイメージしたと思しき豪華絢爛なパッケージ! なんつーかこう、

発想がお子ちゃまっぽいとか言っちゃ駄目ですか。

目がチカチカして痛いんですが。もっとシックにまとめるのが大人の美学ってものだと思います、はい(意味不明)。コンビニに置いてある類のお菓子といえど、それなりには高級な部類に入るらしく、中身もちょっと小洒落た感じにまとまっております。肝心要のチョコそのものにも金箔使われてるくらいですし、それくらいしないと役者不足ってことなんでしょうか。というか、

個包装されてないチョコ見たの久々な気が。

今や「個包装=安物」の時代なんですかねえ。かえってコストかかりそうな印象があるんですが、私ゃ。さてさて、そろそろ話のコアになるチョコ本体を解析してみるといたしましょうか。三層の長男はほろ苦いビターチョコに金箔付き、板ばさみの次男はコーヒー風味のとろけるチョコ、そして我慢の三男坊は焼き菓子を散りばめたチョコという構成ですが、果たしてお味の方は……(むぎゅこむぎゅこ……)

でっかい森永ミルクキャラメル。

時代飛び越えてしゃしゃり出てくんなぁぁぁッ!!(ちゃぶ台次元断) 歯に絡みつくとまでは行かないまでも、やや硬めの柔らかいんだか何なんだかもうな食感。そしてコーヒーの仕業とは分かっていながら、どうしてもキャラメルのそれを連想させる味。最初は「お酒系チョコっぽいかなー」とも思いましたが、一度脳内にインプットされてしまうと最早キャラメル以外の何物でもなく。ええもう、

三奏とか洒落てる場合じゃありません。

私の味覚が貧困なだけと言われれば、まあ認めざるを得ませんが(何が)。

総合評価:絶(対)妙なハーモニー。


12月17日 「月見まんではない」

 甘味系中華まんをめっきり見なくなりました。……さもありなん、か。

 ちょっと小腹が空いたので、野暮用ついでにローソンへ寄ってみました。ネトゲ引退してからというもの、ウェブマネーを買えるという唯一無二の利用価値が全くなくなったため、立ち寄る用事も理由もナッシングだったというのがひとつ。そして何より重要なのは、あそこの店員が気に食わないを通り越して研修やり直して来いレベルだという事実にあるわけで。いや、対個人なら人員入れ替えとかで無問題なんですが、須らく終わってるヤツしか勤めてませんし。とりあえず

いらっしゃいませくらい言えと。

接客業としてどころか人間として終わってます。無能なら無能で愛想ぐらいないと路頭に迷いますよ? 閑話休題、そういったわけで足が遠のく一方だったわけですが、ふと中華まんを食したい気分だったため、どうせならアタリ商品が入ってそうな店に行ってみようかと思い立ち、不承不承ながら足を運んでやりました(何様だ)。結果としては以前ほど無茶なラインナップではありませんでしたけどね。唯一の収穫といえば、

目玉焼きハンバーグまんぐらい。

私とお子様以外に誰が食うんだこんなもん!?(待てい) ファーストフードどころか、ハンバーグ単体でなら「へいらっしゃい! 何握りやしょ?」回転バージョンにすら出没するご時勢とはいえ、いくらなんでも中華まんの中に入れていい物体じゃないと思いまス。しかも1個200円という、ノーマル肉まんあんまんならセットで買えそうなハイソ的お値段。本当に需要あるんでしょうか?

何処ぞの誰かさんみたいな一部例外除いて。

肉まんとチャーシューまんも一緒にお持ち帰りいたしました(おい)。でまあ、毎回毎回長々とやるのも芸がないので、今回はさくっと手短に感想など。ハンバーグが味の薄い煮込みタイプであることに加え、目玉焼きが半熟のため、黄身の効果によりまろやかさがさらに強調され、非常にあっさりした中華まんに仕上がっておりました。中華まんはカレーピザ角煮などのこってり系に限る! という方にはオススメしかねますが、

ダイエット中につまむには誤魔化しの利く一品かと。

カロリーまでは知りませんので、その後どうなっても責任は持ちませんが(おいおい)。


12月23日 「赤いものも入っているが」

 無事に過ごせておめでとう。生まれてくれてありがとう。多分、そういう日。

 私事で恐縮では御座いますが、本日を以ってまたひとつ余分に歳を食ってしまいました。続いて連撃でクリスマスイブ、そして蔑ろにされがちなクリスマス本体が控えているものの、昔も今も変わらず縁側でお茶を啜るように、鏡の如き静かな水面っぽい心境の休日を過ごしております。でもまあ、まだまだ人生これからな世代の方々には縁遠い話かも知れませんが、歳を取ってくるとそんなイベントなんて何処吹く風になってくるものなのですよ、はい。

昔も今も変わらずの部分は我ながらどうかと思いつつ。

ちょっと異なる点があるとすれば、昔は冷めてて今は枯れてるってトコぐらいですかねえ(待てい)。とはいえ、本人の思いとは関係ないところで「おめでとう」が叫ばれてたり、それなりに新鮮な驚きが用意されていたりと、いつもとほんのちょっぴり違う日であることは間違いない模様。いやもう、夢にも思いませんでしたよそりゃ。毎年恒例、母君が手ずから拵えてくださるケーキの頂上に

プチトマトが乗っかってるなんて。

あれか!? 甘酸っぱい時期なんて当に終わったでしょというメッセージを婉曲に表現したとかそういうオチなのか!?(止まれ) たまたまイチゴを買い忘れてどうしようかと沈思黙考、彩りを優先して導き出された結論だったことは明白とはいえ……ケーキに野菜が入るヘルシー時代はまだ訪れないと思いまス、ママン(だから止まれ)。恐らくその事実に気付かず、トマトインしたままでケーキ入刀されていたとしても、マイ母君は気にしなかったに違いない。何故ならば!

大概自分は食わないし。

流石は我が産みの親、いい根性してます(何が)。


12月24日 「聖夜」

 Keep on searchin' for love in the darknees of winter day――会える日まで。

 イベント自体は何処吹く風とはいっても、こういった世間一般での特別な日というのは、今までを少し振り返ってみるのには非常に都合のいい時間だったり。生きることに必至で、その日その日を生き抜くことだけ考えて、生きた心地がしなくて……そんな頃に比べれば、今は幸せなのかな、と。思い出す、いつか呟いた脆く儚い、それでも託したいと願った言葉。

 悲しみより幸せが

 一つだけでいいから

 多いように……

――たとえ、届かぬ祈りだとしても。

 Silent Night

 凍える夜には

 ささやかな灯火で手のひらを暖めて

――遠くて、近い場所で。

 Holy Night

 いつもここにいる

 憧れも静けさも胸の中

――そして、願わくば。

 会えて嬉しかったと

 届けて欲しい

――あなたも、想えますように。

 生まれて来たこと

 心から嬉しいと

 今だから言えるから

……冷たい記憶も暖かな温もりも、全て紛れもない「私」の一部。これまでも、そして――これからも。


12月27日 「仕事納めろ」

 病気の時は遠慮なく休んでください。伝染されると困りますから。

 本来なら明日までお仕事な職場なのですが、上司先輩後輩その他諸々に悪いかなぁなどと心にもないことを一応思いつつ、有休使って一足お先に冬季長期連休に突入いたしました。普段なかなか貰えないんですもん、修羅場の守護神ですから(意味不明)。ただまあ実際のところ、下手すると急遽呼び出しな可能性が非常に高かったため、休み当日も就業時間が半分経過するぐらいまでは半舷休息状態って感じでしたが。ええもう、

狙ったかのように潰れますから私の有休。

恐ろしいまでにピンポイント爆撃で狙われますデスヨ、累計で見たらまーったく休み取ってないにも関わらず。酷い職場だ(何を今更)。不安要素が一切ない時はそうでもないのですが、今回は構えるに足る理由があったものですから。何せ休み前日になって、突発で二名も出撃不能という体たらく。片方はお子さんがノロウイルスに感染したから已む無しとしても、もう一人は連絡のひとつもなく。しかもその前日(25日)にも遅刻してきたことから察するに、

聖誕祭を満喫しすぎだ馬鹿野郎。

まあ見た目、如何にも現代っ子な軽薄にーちゃんっぽいヤツですからねえ。遊び惚けるのはせめて一人前の仕事を出来るようになってからにしろと、多分言っても無駄だろうなあって勢いの(どんなだ)。そういった社壊人による社会人のための人手不足事情もあり、一時は有休がパーになるも致し方なしと覚悟を決めていたのですが、何とか無事にホリデーを奪うことに成功。尤も、

休みっつったてやる事ありませんけどね特に。

あ、とりあえず明日辺り、免許更新してきます。この機を逃すと三が日越すまで出来ないので(聞いてない)。


12月28日 「ポリン奇異」

 味はカスタード以上でも以下でもなく。パサパサしてますが。

 そうこうして免許の書き換え作業を終えた後、ちょっと小腹空き麻呂だったので、ちまちまと新商品漁りついでにコンビニへ。これといって目新しいものもないかなーとハイエナから象さんの目になりかけたその時、いつもなら軽く一瞥してそのままスルーな中華まんコーナーに違和感が。まだ春遠いこの時期に、およそ中華まんにあらざる桃色。そしてスライムを妙にファンシー化したような可愛い系のフォルム――ネームプレートは告げていた。“それ”が「ポリンまん」であることを。

今更売れんのかラグナロクタイアップ商品って。

そりゃまあ腐っても大手ネトゲですし、何処ぞのスタートダッシュから躓きまくりの某ファンタシーなネトゲよりも、未だに支持者は多いのかも知れませんが。冒険好きだなサークルK!!(褒め言葉) ちみっこいボディで120円なのは、いちいち顔をつけてる上に表情が違うバージョンがあるせいなんだろうなあと思う傍ら、やっぱりこれを買わにゃいかんのかなあと考えてみるテスト。はいそこ、

真顔で「当然です」とか言うな。

笑顔はもっと駄目ーッ!!?(意味不明) まあ、どう足掻いたところで見つけてしまった以上は買わざるを得ないので、昼飯やらお菓子やら飲み物やらをレジで清算し終えた頃を見計らい、意を決して「あとポリンまんクダサイ」と頬を軽く引きつらせながら言う不肖ワタクシ。そんな思春期真っ盛りライクな恥を忍んで告げた言葉に、店員さんから信じられない返答がッ!!

「どのポリンまんが良かったですか?」

何の恥辱プレイだそれは。

いちいち「えーと、今日はどの子にしようかなー」とか吟味して買ってく客も居るってことか!? 居るってことなんだなそれッ!!?(落ち着け) 私は至ってノーマルなので、「どれでもいいです」と答えるのが精一杯でした。ヘタレ言うな。そしてそんな私を不思議そうな目で見るな店員。こちとらその手の罰ゲームに慣れてもいなければ、ましてや「じゃ、この子で♪」とか怪しい笑顔浮かべて答えられる歳でもないんですよ!? ええまあ、その領域に達するには

経験や歳だけでは越えられない壁がありそうですが。

すいませんごめんなさい、多分私には一生無理です(諦め早)。


12月31日 「Last Forever」

 永遠なんてない、それでも信じたい。今遥か遠い彼方へと。

 何の感慨も沸かないままに、今年最後の一日が始まってしまいました。残すところあと僅かとなった本年は、何と言うかこう……七転八起というよりは、三歩下がって二歩下がる的な一年だったように思います。起き上がる前に足元すくわれてます、みたいな。精神面で深い痛手を負うことが多かったせいで、多分そんな印象が強いんでしょうけど……いやだから

痴情のもつれとかそういうんじゃありませんってば。

そんなことやってる暇があるなら休養に当てます。馬車馬なめんなーッ!?(意味不明) どうにもならないことに対し、懸命に足掻いてもがいてじたばたして、どうにかこうにかやり過ごしているうちに、ふと頭を過ぎるある人の言葉。「お正月が来たらお雑煮食べて、今度は桜を見て……あんまり先のことを考えるとしんどくなっちゃうから」。今を生きながら――

 誰よりも早く 夜を呼ぶ瞬く星

 華やいだ街並は

 霞んでいく瞳の奥に……

ほんの少し先を見据えて歩き出す。

 急いで過ぎている 時を追いかけ

 気付けば 溜息も 白く染まっていく

その足音が紡ぐは。

 どこまでも続く 未完成の調べ

 奏でて いつまでも そう信じているよ

 まだまだ遠くて 何も見えなくても

 明日を運ぶ風よ

 どうかあなたに届け

振り返ることは出来ても、戻ることは叶わず――それでも。

 暮れかかる空より早く

 爪先は明日へ向かう

 立ち止まることさえ 許されないなら

 踏み出す 道先を 自分色に変えていこう

その足跡が模るだろう。

 どこまでも続く 未完成の地図を

 描いて果てしない そう信じているから

 まだまだ遠くて 何も見えなくても

 自由に踊る風よ

 どうかあなたに届け

春が過ぎ、夏が来て、秋になり、再び冬が訪れても。

 ざわめく日々に 凍てつく夜に

 流されてしまいそうな時は

 あなたを想うよ

足音は響く。此方彼方へいつまでも。

 どこまでも続く 未完成の調べ

 奏でて いつまでも そう信じているよ

 まだまだ遠くて 何も見えなくても

 明日を運ぶ風よ

 どうかあなたに届け

足跡は刻む。これまでも――これからも。

 どこまでも続く 未完成の地図を

 描いて果てしない そう信じているから

 Everything gonna last forever

 何も見えなくても 自由に踊る風よ

 どうかあなたに届け

来年が皆様にとって喜び溢れるものになることを祈りつつ――それでは、良いお年を。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF