平成19年10月分はこちら。菓子しか食ってねーな。


10月6日 「栗らしく」

 喉の奥にクる感覚だけはどうにかならぬものか。もっとしつこくなくてもいいと思うの。

 夜勤明けの昼勤スタートなので、折角の三連休が微妙に短くなってる私が此処に。今の職場になってから初の夜勤だったわけですが、前職と違って純粋培養な夜勤だけに、生活リズムが狂う狂う。日が昇ってから家に着いて、それから徒然なるままに昼暮らし。今日が駄目でもいいトゥモローのちょっと前くらいに就寝し、目が覚めれば辺りは真っ暗。見事に昼夜逆転というより、傍目には

職業プーと勘違いされそうなサイクル。

ご近所さんが朝出るとき車があって電気点いてて、帰ってくる頃にも車があって電気点いてて。違うんです誤解なんですッ!?(何が) そんな勘違いな日々の中、明日という希望を見失わないように、ここらでちょいと一休み。今日のお菓子はグリコ一族のお馴染みさんが生んだ異端児ことデザートポッキーから、「濃厚マロンとホワイトショコラ」ー。

デコレと何処が違うのか詳しく。

どう見ても太巻き魔貫光殺法なデコレの外見をしておいてからに、言うに事欠いて何がデザートか。甘いものは別腹ですとか言っても誤魔化されんぞ!?(言ってません) サクサクというよりモフモフしていて、あんまり良い印象を持たれなかったポッキーデコレ。そのデコと瓜二つなこやつを食せとは、神も残酷なことをなさる。まあいいや、とりあえず開けちゃえ(ぺりりりぱかっ)

容量だけはセレブなデザートなんですね。

一箱1ダースってのは正直どうかと思います。や、それ以上あっても食いきれる自信はないんですがね(おい)。季節柄、マロンが異様に賑わうお菓子業界の荒波の中、このマロホワは光輝くことが出来るのか。まずは匂いから……うん、可もなく不可もなクリ。このままの調子で栗色時代を描くならば、少なくとも普通のお菓子という栄誉を与えられるのですが、はてさて(さくさくもふもふ……)

やっぱりくっきり砂糖味。

スウィート・デス!(意味不明) デコレシリーズに比べれば幾分かあっさりしているとはいえ、やはり蛙の子供従兄弟ハトコはオタマジャクシ。一見マロンっぽく見せかけておいてからの砂糖ホールドこそ一子相伝。栗だのホワイトチョコだのと言われればそうかもと首を傾げられる程度のレベルながら、一応個性だけはデコレに比べてあるのかなあと結論付けてみる。

あくまでデコレ基準での話ですけど。

偉大なる先達とはどうしても比較されてしまうものなのですよ。反面教師だけどなー(おいおい)。

総合評価:食べられます。


10月7日 「ポッキー、ふたたび」

 果たしてポッキーと認識していいのかどうか。ポキッと軽快な音立てませんし、この子ら。

 続きまして(挨拶)。完膚なきまでに砂糖のゴテ塊だった昨日のおやつことデザートポッキーマロンホワイト。控え目とはいえマロンっぽかったそちらに比べ、今手元にある「カカオ香るダブルショコラ」と来たら……やる気ないまでにチョコですよ!?(何が) スタンダードモデルだけに仕方ないのかも知れませんが、捻ったマロホワ食った後に平凡な人生を歩めというのも如何なものか。

デコレって時点で既に道踏み外してる気もしつつ。

ああ失敬、デザートポッキーでしたっけ(おい)。リッチなおいしさだの2種類のショコラを贅沢にコーティングしただのと謳っても、細さと手軽さがウリのお菓子をフルアーマー化しちゃうのは駄目でしょうと。これで美味ければ文句のひとつくらいポッキーと一緒に飲み込みますが、どうせまたクドいだけなんでしょうねと言いながらぺりぺりむきむきいただきます(さふさふもきゅもきゅ……)

元祖ポッキーに瓜二つ。

衝撃の隔世遺伝ッ!?(何が) 基本に忠実といえばそれまでですが、この独特の安心感を与える優しい味……つまらなくてもいい、山谷なしの人生サイコーってことですね先生!?(誰だ) デコレ特有の飾り立て太っちょ形態そのままのくせに、全然クドいと思わせないのは大いなる謎。普通のポッキーが一番好みという方ならば、まず間違いなく気に入ることでしょう。

じゃあ素直にポッキー食ってりゃいいじゃんという意見はさておき。

刺激や変化も必要なんです、生きていく上では(意味不明)。

総合評価:守こそ破の礎である。


10月8日 「エスキモーにピノを売る」

 通販で取り扱ってるらしいです。甘い物好きにも程があるかと。

 こんな時節にアイスだからこそオツってものではありませんか? 違いますかそうですか。などという発言が今日も何処かで飛び出ているかどうかは与り知らぬが、秋になっても季節限定なアイスは出回るみたいです。買出し行ったついでに幾つか見つけたので、袋に入れてレジを通ってお持ち帰りしてみました。本日はそのうちの第一弾ー。エスキモーから 2008 秋、小さいことが人気のピノからミルクティー味の登場です。

無理にアイスでやらんでもと思ったのは内緒。

これがホントのアイスティー(違)。中身がバニラで外のチョココーティングがミルクティーというのはアソートにあった覚えがありますが、この製品はどうやら中身がミルクティーな模様。個人的にはノーマルのピノが一番美味しい人なので、いじるなら内容物だけにして欲しいと常々思うだけに有難し。味が違えばまた感想も変わってくるかも知れないながら、見た目というのも大事むぎゅむぎゅ。

紅茶花伝在住。

それ以外に語る言葉を持たぬわッ!?(落ち着け) チョコの辺りが全部消えたらミルクティー、ミルクライト紅茶花伝って感じです(分からん)。別個で食べればこういうものなのねで済む問題ながら、まとめてしまうとどうなのか。紅茶にミルクと砂糖とチョコレートを入れてかき混ぜてみる行動は有りや無しや。それを鑑みれば自ずと答えは出るはず!

でも実際そんなブツが存在する悲しい現実。

いちごミルクチョコレートチャイっておま……世界はまだまだ広いなあ。

総合評価:ピノック。


10月13日 「アイスクリーム頭痛」

 やわらかヨーグルト味にもっちりりんご味。……そそられねぇ。

 平日分まるまると間が空きましたが、ここで次なるアイスに取り掛かってみましょうか。第二弾は雪印さんから「トルコ風アイス りんごヨーグルト味」のご紹介〜。今までにも幾つかバリエーション違いが出ているだけに、時期ロングセラー候補生を狙っている感があるんじゃないかと思いたくなるこのお方。寒くなるこれから向きのお腹に優しいりんごヨーグルトということもあり、期待してもいいんじゃないでしょうか。少なくとも

コイツの二の舞だけは御免被りたい。

選定理由がアレな時点で私が悪いと言われれば認めざるを(略)。まあ前回の場合、あからさまに伸びねーだろこれなマテリアルを使用していたのがそもそもの間違いなわけでして、今回は大丈夫でしょうと信じたい。やっぱりドントルマはみにょーんとアーチを描くようなコシですよ、コシ。材料的に問題はないはずなので……うむ、みにょーんと伸びーる伸びる。さて、では味の方はとぱっくんちょ。

味違いの歯磨き粉風味。

まるで成長していないッ!?(酷) 断じて不味いというわけではないのですが、何かこう舌触りというか、溶けていった後に残る感触的に歯磨き粉。界面活性剤の効果バツグンで見事に味覚が麻痺してますよー状態をこれでもかと味わえているような錯覚に陥ります。実際は味が分かるのでそんなことはないんでしょうけど、どうにもこうにもアイス食ってる気はしません。ドントルマに必要なのは口どけよりもコシよりも

最低限の常識じゃないかと考え直すワタクシ。

独特の口どけとかいう次元の話じゃないよなあ、これは。

総合評価:お口で溶けて腑に落ちない。


10月14日 「転親甘栗」

 普通のチョコとして考えれば美味しくいただけるのかも。多くを望んではいけません。

 「この冷たさがいいね」と君が言ったから毎日がアイス記念日。そんな責め苦も勘弁っぽい気候になってきたため、残ったアイスはとりあえず見なかったことにし、しばらく放置されていたチョコレートを片付けてみようと思ったりする。何の変哲もないと言うべきか、それともありきたりだからこそ盲点と言うべきか。今回はフルタ製菓さんからお越しいただいた、そのままズバリ「天津甘栗チョコ」に挑戦〜。

ファミリーパックで出していいのかこの製品。

小袋で止めるのが甘栗の鉄則だと声高に主張したいのですが、どうか? いや私ゃ苦手なんですがね天津甘栗(待てい)。構造的にも栗に倣ったのか手抜きなのかは置くとして、ミルクチョコで天津甘栗クリームを包み込んだ、あくまでスタンダードなドーム型。多分後者なんだろうなあと邪推しつつ、まずはともあれ駆けつけ一個(ごりごりむぎゅむぎゅ……)

栗がミルクに神隠し。

天津甘栗微塵もねぇーッ!(ライジングちゃぶ台返し) 今まで喰らってきたマロン製品数あれど、ここまで栗の自己主張がミジンコなブツにはお目にかかった覚えなし。チョコとミルクに埋め尽くされた味覚の海の中、微弱なる栗の残滓を探り当てろだなんて無理無茶無謀。「甘栗の風味が広がるクリームたっぷり」? ええまあ、確かにある意味においてはそうでしょうとも。栗以外には有り得ませんよね、

あんなにパサパサしたクリームなんざ。

要らんトコばかり似るというのは、何も子供だけの専売特許ではないようで(おい)。

総合評価:あんたなんかお父さんから生まれたんだから!!


10月20日 「Hunny Bunyy」

 不二家だの赤福だのと、お菓子業界もきな臭くなってきた予感。お菓子のくせにきな臭いとな。

 夜勤週で生活時間帯が一般と正反対になっている私が此処に通常POP。レアPOPじゃなくて本当に申し訳ありませんが、私みたいな量産型はそこら辺にうじゃうじゃゴロゴロと……してたら鳥肌立つなあ。何その地獄絵図(おい)。嫌気の差す光景を想像してもらえたところで、本日のお菓子〜。日清シスコさんから再び登場、名前の長さで定評のある「香ばしく焼き上げたスイートポテト風味のビスケット」

ってスルー出来ないくらい無駄に長いな今回も。

これでゲンを担いで頭に寿限無寿限無五劫の擦り切れ以下略なんて入れた日には(入れんな)。変に捻った名称つけるよりはシンプルで好感が持てますけどね、個人的には。コントのつまらん名前負けな芸人なんて要りません(酷)。さてさて、以前は味と量を両立させてリーズナブルというこんな評価を下されたこのシリーズ。今度のスイポテ味はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

また砂糖味なのは勘弁な。

袋を開けて立ち上る香りはスイートハニーなポテトっぽいんですけどねえ。この類の物って匂いと先入観で味を刷り込もうとするだけに、下手な考えトドメに似たり。特にこれといってポテちんに対して執着しているわけではないので、まともに食べられるかオチがつきさえすれば私としては文句ないんですけれども。お菓子もいいけどお芋はやはり天ぷらかバターを乗せたほくほくの焼きいもぎゅもぎゅ……

あの子に比べてちょっとイモね。

今時分「ダサい」という意でこの表現使う方って居るんでしょうか(知るか)。基本的には前回と同様に甘いビスケットながら、このスイポテ風味はその個性を前面に押し出し、見事に取って代わっています。乗っ取ったどー!(止まれ) 物悲しい風景を見、ちょっと小腹が空くアンニュイな食欲の秋。そんな時にこのお菓子が傍らにあったりすると幸せかも知れない。

そして完食後に幸せじゃないかも知れない。

体重計乗ってから「しまった、つい力が……」とか言われても困ります。私じゃなくて貴方が(おい)。

総合評価:秋深し 隣は何を 食う人ぞ。


10月21日 「Don't forget 21.OCT」

拝啓

 朝夕は冷え込みが厳しくなり、そろそろPCの前で正座するか否かを悩む頃になって来ましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。寒さが本格化するたびに「足が冷たいにゃー。肉行火にゃ」とぐりぐりしておりましたが、「素直にコタツ入れよ」と心中そっと呟いておりましたのは墓まで持っていく所存の秘め事です。やられる方にだって人権ならぬ猫権くらいあるのですよ、まったく。

 去年まではここらの前後で「お誕生日おめでとう。これでまたひとつ歳取った(ぐしゃっ)」と台詞の途中で何か硬い物が頭蓋を直撃するコントを展開しておりましたが、今年はそれも叶わず。増えることなく止まってしまった年輪の数に、あと二ヶ月もすれば私も追いついてしまうのですね。「やーい、年増年増ー」と命がけで言えなくなるのが残念でなりません。

 そういえば覚えているでしょうか。いやまあ、誕生日の21を28と聞き違え、そのまま二年以上もご認識したままなんて間抜けな所業、よもや忘れるわけがないとは思いますが。それが発覚した時の空気の冷たさと来たらもう。電話越しですらいやーな寒さをこれでもかと感じてましたから。最後に気付けて良かったと思いつつ、もう一度だけ土下座して謝ります。ごめんなさい。

 もう「おめでとう」とは言えないけれど、言葉も届かないけれど。それでもこれだけは“今日”という日を迎えるたびに伝えたい。「生まれてきてくれてありがとう」と。貴女が想い出に変わっても、生まれた事実は変わらない。この日があったから出逢えた、その事実は。祝う代わりに感謝の気持ちを贈ります。生まれてきてくれて……ありがとう。

 ネタがネタだけにちょっとしんみりしてしまいました。いかんですね、これは。次に筆を執るときはもっと気の利いた話を用意するようにします。笑うことが大事と教えてくれた、貴女に少しでも報いるために。それでは今日はこの辺で。――またね。

敬具

曰く、「しっぽつやつやな黒猫」より


10月27日 「指先で弾くように」

 ダッシュにスウェーにダッキング、左右に避けてバク転して。「もうやめて! スティックのHPは0よ!」

 PS2のコントローラーが殉職いたしました。正確にはPS2のコントローラーというより、PCゲーム用に使われていたPS2コントローラーとお呼びするべきコントローラーさんなわけですが。ああ長い(おい)。とはいえ、完全にぶっ壊れたということでもなく、非常にレスポンスが悪くなったので肩を叩いて現役を退いて貰ったのが本当のところ。流石に不味いでしょう、照準がぶれるどころか

風に流されふーらふらなのは。

使い手の根無し草スピリッツを受け継いだってオチなんでしょうか。付喪神も近いな!(何が) それだけではなく、微調整してやらないと移動も勝手に微速前進する始末なので、これは已む無しと判断した次第に御座います。つまるところL3R3ボタン、平たく言うとアナログスティックがイカれてしまったわけですな、うむ。まだ買ってからそんなに経っていないはずなのに、この根性無しめ! まだまだ現役なPS2用コントローラーを見習え!

初期型PS2同梱のヤツだってのに。

この場合、本体とコントローラーのどちらを褒めるべきでしょうか?(知るか) 尤も、純正品ではなく他所のメーカー製だったのも一因なんでしょうが。どうもプレイヤー次第では要らん機能を付加しているせいか、耐久性では劣る部分があるようですし。しかしそこを差し引いたとしても、普通に使ってるだけで壊れる物とも思えないんですがねえ。よっぽど人外な負担をかけない限り……人外? あ。

ひょっとして原因この辺か。

そういや「純正品のだと手が馴染まん」とか言って、いちいち付け替えてやってたっけなあ、あのM育成ゲームのハードモード。そりゃ壊れない方がおかしいわ(待てい)。


10月28日 「異質誤大福」

 どうせならアンコも入れて欲しかったような。食べたくはありませんけど。

 幾分か冷蔵庫内がすっきりしてきたところで、見て見ぬ振りで豪快にスルーしてきたアイスの残りでも片付けておこうかと思います。このままほかっておいたら霜に埋もれてべっかんこに決まっているんですもの。意味不明ですかそうですか。私にもよく分かりません(おい)。それはそれとして、本日のお菓子というかアイスー。オハヨーさんからお越しのそのままズバリ「いちご大福」で御座います。

何故か棒状アイスですがね。

普通は雪見だいふくか、もしくはそれに近い形状を思い浮かべますよねえ。残念でした(何が)。閑話休題、一見ただのミルクアイスっぽい外観ながら、実情はさに非ず。「甘酸っぱい苺ソースともちっとした餅を白あん風アイスで包みました」と仰るように、ちゃーんと一本芯の通ったいちご大福っぷりを発揮している模様。私としては齧りつく前から不安で胸がいっぱいなんですけれども。何てったって

「もちっと」は個人的にダントツNGワードなので。

この単語が混じったお菓子系でまともなのに当たった覚えがないんですもの。二週間ほど前にもアレでアレな目に遭ったことですし(どんなだ)。ええまあ、何事も食わず嫌いは良くありませんし、蓋を開けてみなければ分からないことも多々あります故、男は黙って食すのみ。予想に反してイケるかも知れませんし、大福というからには甘くとろける味わいを期待してもいいかもぎゅもぎゅ……

甘かったのは私の考えだけだったというオチ。

いちご大福食ってスッパマン!(戻れ) 餅とかもちっととか宣うよりも、この頭の甘取った酸っぱい苺ソースについて色々と事情聴取したい感じ。あの娘は可愛いヘビ苺ってな具合にフルーティーどころか刺激的すぎるソースの暴力、そして未来予測に則ったもちっとの粘着質な暴虐、更には白あん風味アイスの程よいパサパサ傍若っぷりが程よくマッチ。率直に申し上げると

大福っつーか大不服。

お後がよろしくないようで(なら言うな)。

総合評価:アイス畑で苺が採れた。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF