平成19年12月分はこちら。微妙にGジェネな魂。


12月1日 「嗚呼、捨て駒人生」

 宇宙世紀が大好きな人には最高の作品かと。癌種系も出てませんし。

 アクションなんかもやりますが、元来RPGやSLG系などの腰を落ち着かせてじっくりゲーが本業なワタクシ。ここんところ仕事絡みや諸々の事情のおかげか、本腰入れて長々とプレイする生活とは少々縁が遠くなってましたが、久方ぶりに本気でやり込んでみたいと思えるゲームに出会いました。スパロボに現を抜かしてまったく見向きもしていなかったシリーズの新作こと「SDガンダム ジージェネレーション スピリッツ」がそれ。ちなみに購入した理由というか経緯は

店頭でデモ見て衝動予約したので。

だって戦闘シーンがものっそ格好良かったんですもの! スパロボで魂燃やしていた人間として、あれは捨て置けん! たとえそのうちスキップするのが当たり前になったとしても!(おい) よもや再びS・RPG系に手を染めることになるとは思いもしませんでしたが、買ってしまったからにはという言い訳めいた後ろ向きな動機からではなく、純粋にやってみたいと感じた今作。そして

ごめんなさい積みゲーの数々。

ざっと数えただけでもえーと……まったく手をつけてない英雄伝説SCにー、フリーザフルボッコしたところで止まってるドラゴンボールスパーキングメテオにー、マイブラザーのプレイ風景を見てるだけでお腹いっぱいなアルトネリコ2にー、この上なく半端なところで中断した東京魔人學園外法帖血風録にー……むぅ、駄目人間街道まっしぐらな積みっぷりだ。

社会人としてはまともな証拠か否かは悩みどころながら。

「暇だけは24時間フルタイムなのにやるゲームがないよー」なんて愚痴ってるよりはマシ……だといいなあ(おいおい)。さておき、演出面などを抜きにしても、S・RPGとして歯ごたえありと評価するにやぶさかではないこのGジェネ。初期配備の自軍ユニットが弱っちい&敵さん物量大好きなこともあり、適当に戦力分散してて勝てるというほど甘くもなく、ましてや

精神コマンドなんて魔法の言葉も当然なく。

いかにスパロボではそれを前提にして戦ってたかよーく分かったトカ、分からなかったトカ。他にもスパロボシリーズと比較すると、色々と厳しい面が。まずは「どんな攻撃でもエネルギーを喰う」という点。これにより強力ユニットでの単騎突撃が非常に困難を極め、どんな鬼神でも母艦へ補給に戻る必要があるという、まっこと機動兵器を使ったSLGらしい行動を取る必要が生じてくるわけで。

空中とかで補給やら修理やら可能なのがおかしいんですが元々。

しかもそれで膨大な経験値が入るとか、どれだけユーザーフレンドリーなんですか! こっちにもよこせ!(落ち着け) 長い付き合いになるせいか、キャラクターのLVもなかなか上がらず、それでも上位のMSなどを開発するためには使い勝手の悪い機体の方のLVも上げなければならず。敵機撃破しても金は貯まらず、ユニットを捕獲して戦力補強しようとすれば経験値は貯まらず。あっちを立てればこっちが立たず、正に四面楚歌!

ピンチになっても増援なんて来やしないしな。

……ホワイトベース隊とかって、ホント偉大だったんだなあ。助けてロム兄さん!(止まれ)


12月2日 「増えません」

 フォンデュプリンチョコとかでなくて何より。もうワケ分からん。

 ごくたまーにながら、プリンを使ったお菓子に対してのレビュー(?)を書くと、商品名で検索して飛んでくる方々もいらっしゃるようで。それ以外のお菓子でもあるにはあるのですが、プリンだけはガチで来る模様。そんなにプリン好きが多いのか、はたまた業者さんの人気調査なのか。どっちでも関係ないやと結論付けたところで本日のお菓子ー。折角だから俺はカバヤの「なめらかプリンチョコ」を選ぶぜ!

つかプリン絡み多いって。

国民的アイドル化計画でも持ち上がってるんでしょうか、このプリンっぷり。いやいや、新商品のネタ切れだなんて言い(略)。まあ、出しているのがカバヤという時点で駄菓子風味なことですし、そこまで五月蝿く言うつもりも毛頭ありませんが(何様か)。ええもう、この上なく純粋なお菓子で御座いますよ。プリンをそのままミニサイズチョコにしただけな

考えるのも面倒を体現した形ですとも。

無から有を生み出すのは困難ながら、有から有を作るのは簡単なわけで。先入観って大事だね!(意味不明) それはそれとして、ここ最近のプリンといえば、従来のカラメル味からカスタード味派に勢力図が塗り替えられてきているだけに、コイツもそれ相応の覚悟を決めて挑んだ方が良いでしょう。はいそこ、カスタード相手に何を覚悟すればいいんですかと基本的な質問はきゃっむぐむぐ……

乾燥プリン。

だからカスタード前面に押し出すとどうしてパサパサするんだよッ!?(落ち着け) 外はカリコリ、中はふんわりってほどではありませんが、少なくともプリンチョコを名乗るには問題ないチョコとプリンの両属性っぷりではあります。味もカラメル・カスタード・チョコと三拍子揃っており、安価なお菓子としては及第点レベルと言えるでしょう。

あんまりプリン想像して食わない方が吉だとは思いつつ。

水で戻しちゃ駄目ですか? 駄目ですよねそうですよね(おい)。

総合評価:絡める。


12月9日 「あーもうどう」

 悲しいけど、これってローストなのよね! ……とでも言っておけば満足なんでしょうか。

 来週末は忘年会なので更新出来そうにないと思われ(挨拶)。こちとら酒も呑まない人間だってのに、はた迷惑なことこの上ないですよ、ホントにもう。しかも半強制参加どころか、有無を言わさず「予定空けとけよ」なので性質が悪い。更には泊りがけ、ちょっと遠方、夜勤明け→睡眠とったら即出発なんてありがたくないコンボのおまけ付きと来てますからねえ。

駄目押しに忘年会費バカ高いし。

こういうのは近場で安価でと考えるのが良心ってーもんじゃないですかと。そんな気の利いた思考回路有してませんかそうですか。滅べ!(おい) そんなこんなでちっとも嬉しくないお休みを後に控え、今出来ることだけでも片付けておこうかと、冷蔵庫に向かいてお菓子取りつつ。大分お外も冬めいて来たことですし、ここらで冬限定の物でもいってみましょうか。今回はロッテさんの看板娘こと、「冬のコアラのマーチ ローストアーモンドラテ」で御座います。

冬がどう関係するかはさておき。

暑くたって寒くたってテララテ好きなら飲みますとも、春夏秋冬お構いなしに!(意味不明) 中身がいくら変わったとしても食感自体は大差ないせいか、どれ食ってもマイナーバージョンチェンジにしか感じないコアラシリーズ。ポッキーのように色々と変化球かませば多少は印象も違うのでしょうが、そこは信念と取るのが正しい思いやりというものでしょう。たとえ腹の中では「面倒だからいいじゃん」って考えなんだろうなあとか思むぎゅむぎゅ……

また表現に困る味が来たもんだ。

えーと……君、何チョコ?(酷) さらりと消え行かず、一縷の引っ掛かりを残して去る、その背中は紛れもなくアーモンド。だがしかし、最初に噛み砕いた時の刺激について語る術を私は持たぬ。下手をすればそもそもチョコなのかすら怪しい、とても怪しい。そんな味(分からん)。ラテと言えばラテなんでしょうが、いまいち煮え切らないラテ三昧。というか、

どうにも塩味濃すぎてそれどころじゃない。

何かこう……海岸沿いでお菓子食ってる気分が押し寄せては引いていく波の如し。おかしいのは味覚か、それとも頭か(知るか)。

総合評価:隠し味ってレベルじゃねーぞ。


12月10日 「一日一時間じゃ無理」

 ガンダム+ゲルググの設計でザクレロ出来て噴いた。何処に面影があるというのか。

 自由時間の幾許かをGジェネスピリッツにつぎ込んでいる私が参上。ごめん嘘、実はほとんどを(おい)。開始当初こそ「どうせスパロボと同じで、最初の方なんて1マップクリアするのにそんな時間食わんだろう」と考えていたのは、私が坊やだったからであると言わざるを得ない。戦闘デモをほとんどスキップしても、えらく時間を食うデスヨ。いちいち戦闘シーンなんて見てらんねーデスヨ。

なんだその本末転倒。

「戦闘シーンが格好良かったから衝動買いした」とかほざいた口は何処に行ったか貴様ぁーッ!?(落ち着け) クリアしたら次の話へ進むという順序方式ではなく、燃え上がれガンダムな一年戦争編から、ZやZZなどのアニメじゃないけどアニメ作品ばかりのジオン再興編、果ては終わりのないディフェンスでもいいらしいVガンで締めの次世代闘争編まで、どのキャンペーンからでも始められるビュッフェ方式となってはいるものの、

一年戦争でも増援多すぎな罠。

相手が連邦だろうとジオンだろうと、後から後からユニットぎょうさんわんこそば。国力的に疲弊しまくりじゃなかったのかジオンーッ!?(だから落ち着け) 武器を使用するたびに半端なくエネルギーを食うため、戦艦に帰還して補給しなければあっという間にダルマさんってシステムのせいもあるのでしょうが、敵が多すぎるのも時間のかかる一因であると私は言いたい。

敵が少なければ少ないで文句言いますけれども。

高いハロランク取るためには敵ユニットを数多く墜とすしかないんですもの。オーバーキルで倍率稼ぐのは兎も角、いちいちマスターユニットに支援つけてなんてやってられますかと。しょっぱいエネルギー台所事情なめんなー!?(落ち着けっての) ユニット生産やキャラクター確保に必要なキャピタル(=お金)にしても、基本的にはハロランクの得点が加算されるだけという体たらくなので、正しくキャピタルに関しては

ご利用は計画的にの世界デス。

後先考えずユニット買い込むと後で痛い目見そうなので、倹約しながら戦っている小心者なワタクシが此処に。ユニット開発にしてもビクビクものですからねえ。「開発してその後に発展性のないユニットになったらどうしよう」って。ビビリって言うな(言ってません)。いやまあ、元来の性格からだけでなく、経験に裏づけされた理由もあるにはあるんですが。一例を挙げますと、頑張ってコア・ファイターUからコア・ファイターZZを開発可能なLVにしたマップクリア直後に

コア・ファイターZZが達成度特典で生産登録されたり

とか、他のユニットへの経験値を泣く泣くケン・ビーダーシュタット専用ゲルググに回し、マップ内でレベルをSまで持っていって生産登録リストに載せ、「よっしゃ! これでゲルググ作れる!」と喜び勇んで購入し、その後で第08小隊のマップに行ったら

ふつーにゲルググ捕獲出来たり

とか、そんな。……タイミング悪いの一言で片付けられる問題でしょうか、これ(遠い目)。


12月11日 「もうひとつの未来」

 「Looking for another tomorrow 二度と迷わない spirits」 迷走しまくりなんて言っちゃ駄目。

 来週分を一日前借りしてみるテスト。時間という観点から見ても厳しそうですが、それより何より気力が保ちそうにないんですもの。そも、更新するために必要な時間というのも、やる気とバイオリズムによって波が激しいわけで。そう考えれば気の向いたうちにぱっぱとやっておいた方が賢いですよね!? ね!? などと適度な前置きをしたところで、今日は明治さんの「明治メロン・オレ」を一気飲み。

カギカッコしないと商品名だと分からないのは多分気のせい。

こういう方面で凝ることはないと思いつつも、明治さんトコの明治メロン・オレって言い方はどうにも妙だと引っ掛かったり、引っ掛からなかったり(どっちだ)。メロン果汁絡みの飲料は、前にこんな体験をしているのでどうかなーと一抹の不安を覚えたりするワタクシ。尤も、前のは確か森永製。今回はオ・レに定評のありそうな明治製なので危険度は多少なりとも低そうずずずーっ……

 

 なぜ争いは続く?

 心の中で この宇宙で

 

今度はメロンの皮オ・レかよ。

寄り添うこともうまく出来なくて笑顔の向こうで誰かが泣いていたりもするわそりゃぁ!(ちゃぶ台メガ・ビームライフル) 何かもう、もうひとつの明日へ想いのまま走って、悲しみさえも超えてみせたらただひとつの愛を知るために痛みがあるので何も怖くなかったといった感じ(意味不明)。味わい的には薄いわけでもなく、寧ろ若干濃厚とさえ思えるのですが、どうにも甘味がいまひとつ。理由を考察するなれば、恐らくこれが辿り着くべき結論。

 

 なぜ僕たちは出会う?

 つらい別れを繰り返し

 目の前にある果てしない道で

 独りの力を試してみたくなるけれど

 隣にいる人と 手をつなぎ合うことは

 弱さじゃない

 

要らん事しいではあるけれども。

下手にオ・レと銘打ったせいか、ミルクぶち込みすぎて調和台無しでFA。もうちょっと配分について練るか、いっそのこと開き直ってメロン一筋確かな満足で勝負した方が良かったんじゃないかなあと素人考え。決して不味くはないけれど、美味しいかと問われれば「そんなことないよー」と微妙に照れつつ苦笑い。彼のポジションはそのような危ういバランスで保たれていると此処に記す。歯に衣着せぬ物言いをするなれば、

もう一度飲む気はさらさらないと。

いちごとフルーツだけでも充分だと思うんですが、オ・レなんて。期間限定だと新しい層の開拓も難しいでしょうし。……実験部隊か!?(何が)

総合評価:矛盾に満ちた幾億もの光。

 

あさっての方向な余談:以前、とある方に「ゲームを始める前に取説をじっくり読むか否か」みたいな話題を振られたことがありました。その時は「そりゃもう! じっくりしっかりねぶるように読みつくしますとも!」といったノリで答えたのですが、どうやら三年ほど前の「よろづや」をほじくり返してみると、当時の私はそうでもなかった模様。

これが大人になるってことか。

いや、大人は関係ない!(おい) 物によって違ったんでしょうけどね、実のところは。PSOとかはろくに読んでませんし(おいおい)。


12月22日 「ジャケットアーマー、パージ」

 値段も携帯ゲームの本体並み。新しい時代を作るのは老人ではないってことか。

 気が付けば今年も残りあと僅か。忘年会? 記憶に御座いません(おい)。あんなしっちゃかめっちゃからんちき騒ぎのことは置くとして、それよりもちょいと聞いておくんなせえ。長い間勤務していた我が家のPS2なんですが、とうとう第一線から退かれました。どうにもこうにもディスクを読み込まんのですよ、これが。物によるといえば物によるんですけどね。DVDやPSのソフトは問題なかったり、Gジェネなんかは比較的マシだったり。でも何故か

アルトネリコ2だけは徹底的に読み込まない。

私自身がプレイするのはまだまだ先のことになると思うので、別に良いと言っていいものか(良くねぇ)。調子の悪い時には読み込み失敗→ディスク吐き出しを何度も何度も何度も(中略)する羽目になるので、ゲームする前にストレスがぐんぐんウナギ上りなこともしばしば。そんな経緯がありまして、自分へのご褒美にクリスマスプレゼントしちゃいました。薄型PS2を!

どうせならPS3買えばいいじゃんと言った人は一時間正座。

欲しい物が出た時に電光石火で買いに行く。それがマイジャスティスなのだから(意味不明)。新型の方はPS2の下位互換なし、初期型は互換性に問題があるやも知れぬと考えると、そうそう手を出す気にはなれませんとも。実質、PS3のソフトでやりたいものがあるわけでなし。これから先のラインナップにも魅力がないとなれば、無理して高い買い物する必要もナッシング。いやまあ、もっともらしく色々言わなくとも

負けハードの一言でFAなんですが。

世界を巻き込んで話題沸騰なキラーソフトに恵まれたとしても、果たして巻き返しが可能なのかどうか。ユーザーの心と秋の空。閑話休題、新しく我が家に赴任してきた薄型PS2のホワイト君にスポットライトを戻し戻し。薄型薄型と言うけれど、もっと他に突っ込むところあるだろというのが彼の第一印象。薄いと言うより小さい! スモール! コンパクト! そしてディスクもボタンを押して吐き出し形式ではなく、パカッと開けて照準セット!

PCエンジンDuoの未熟児かこれは。

何かを得れば何かを失うってことですね先生!?(落ち着け) ごっついを形にした初代PS2と比べると違和感バリバリなサイズに少々戸惑いつつも、快適なGジェネライフを送れているのは大きな進歩。そしてここに贈りたい、感謝の言葉を。実に7年9ヶ月もの間、溢れるようなゲームパワーをありがとう! 初代PS2ことブラック君! 平成12年3月4日にウチへ来た君を、ボクは絶対に忘れない!

つくづく歳取ったもんだという事実と共に。

バイト終了後に完徹状態で整理券貰って購入してたはずだからー……あの頃君は若かった、多分(色々待てい)。


12月23日 「負の連鎖 正の一石」

 ところで「トッポ」と「Toppo」ってどっちが正しいんでしょうか。どっちでもいいですよねそうですよね。

 大人のスイーツタイムのはじまりです。ワケ分かりませんか? ワケ分かりませんね。私もよく分かりません(おいこら)。いやだって、とあるお菓子のパッケージに書かれた一文をそのまま引用しただけなんですもの。大人……大人ねえ。こーんな目に遭っておいて、なおも笑ってレジへ持っていくのが大人だとでもいうつもりなのでしょうか、ロッテさんトコの「大人のトッポ コーヒームースのミルクリキュール仕立て」なんていうR20指定小僧は。

菓子まで世知辛くせんで頂きたい。

「堪えねばならんのだよ」

「トッポのしたことを許せというのですか」

「勘違いするな。『堪える』と『許す』は違う。世の理不尽な出来事を許してはいかん。人として憤らねばならぬ。だが堪えねばならぬ。憎しみの連鎖は誰かが断たねばならぬ」

出来れば開発側が断つことを切に願う。

美味ければ許すというのは身勝手ですが、それもまた貫き通せば真理(意味不明)。「コーヒーの香りと大人の苦味をミルクのコクがやわらかく包み込む」なんて紋切り型の台詞は兎も角、相性の問題という観点からすれば、コーヒーとミルクは最悪でも友達以上恋人未満。少なくとも破局は回避出来るでしょう。……おっと、本人の居ない所であれこれ言うのは無粋というもの。只今、お出しいたします(ぺりぺり……)。

チロルチョコの匂いがする。

お前、昭和に作られたコーヒーヌガーの匂いが(以下略)。原材料考えれば別段おかしくはないものの、いきなり他のお菓子を連想させるような五感刺激で先制パンチってのもどうかと。しかしながら、以前と同様にアルコールの悶絶する香りが漂ってこないのは心底ありがたい。この先、コーヒーの余韻とミルクリキュールの甘い時間が存在するかどうかは、運命の渦という神の悪戯のみが知る。嗚呼、願わくば若き二人に幸むぎゅむぎゅ……

旅館が脳裏を過ぎていく。

俺に呑ませんじゃねぇぇぇッ!! ……はっ! ゆ、夢か……(何なんだ)。えー、コーヒーっちゃあコーヒーです。主成分はコーヒーとミルク以上でもそれ以下でもありません。なのに何故、鼻の奥に残るのが木とい草のイメージなのでしょうか。ついでに酒に酔っ払った苦いおもひでぽろぽろのおまけ付き。どういった層がこれを大人のスイーツタイムと感じるのかは非常に興味がありますが、私が出したのはたったひとつのシンプルな答え。

耐え忍ぶのが大人ってことでひとつ。

宴会の席で出る料理って、どうしてあんなに味がしないんでしょうね?(知るか)

総合評価:勘違いしないで。理不尽を許してはいないのよ。


12月29日 「食誤のひととき」

 変なところだけ濃厚にされても。もうちょい良い部分をお願いします。

 ……ん。あれ? 今日何日……あー、もう29日ですかそうですか。確か27日が仕事納めでー、夜勤だから実質は28日までが仕事みたいなもんでー、帰宅後そのまま電池切れるまで稼動しててー、気が付いたら夜7時回っててー、流石にフラフラしてきたから就寝してー、今度はAM3時くらいに目が覚めてー、もそもそしてからまた一眠りしてー、意識がはっきりしたら29日のお昼過ぎですかそうですか。

無駄に豪快な休日の潰し方だなおい。

うわあああああん! 貴重な休日2日分くらい返せこらー!!(浪費したのは貴方です) ようやっとまとまった休みが取れたなあと思う反面、時間に換算すると10日も僅か240時間なんだよなあと変な考え休みもしたり。まああれだ、折角の階級を気にしなくていい日なんですから、元気にお菓子でも貪ってみましょうか。グリコさん家のどっからどうみてもデコレなデザートポッキーから「濃厚苺ショコラのショートケーキ風」で御座います。

クリスマスは既に終わってますけれども。

単に私が発見したのが遅かっただけか、はたまたシングルベル敗残兵に追い討ちをかけまいとする要らん心遣いか。苺のショートケーキだけがクリスマスケーキじゃありませんがね!(意味不明) にしても、イチゴってデコレとして昔にもあったような、そうでもないような。チョコとしてはオーソドックス極まりないチョイスだけに、初期生産型に使われていたとしても何ら不思議はないんですがねえ。

存在してても記憶にないだけという意見に一票しつつ。

歳を取るって嫌ぁねぇ。ところで飯はまだかい?(おい) 過去に実際あったかどうかは裏付け取るのも面倒なのでさておき、近頃はオイシいという意味においてめっきりと成りを潜めたデコレシリーズ。デザートになって砂糖一筋の心意気を思い出したのか、少しは盛り返したような気配。このまま今回も「砂糖の固まりか」で済めば、こちらとしては楽でありがとう助かむぎゅむぎゅ……

現実はそう甘くなかった。

……ッ!? !!!? ……ぜー……ぜー……ぜー……。こ、こんなん断じてデコレじゃねぇ!(だからデコレじゃないと) いやね、もうね、一言で済ますとね、砂糖ケチったショートケーキ気味。これに尽きる。甘味よりも酸味の方が圧倒的じゃないか我が軍はって勢いなのですよ。意外と兄上も甘くなかったようで。ショートケーキのイチゴはクリームの甘さを引き立てるためにわざと酸っぱくしてあるようですが、あえて言おう!

残りカスであると。

♪あの娘は可愛いヘビイチゴ〜 甘くて……甘くねーよッ!?(落ち着け)

総合評価:NO乞う。


12月30日 「鋼の後継」

 ZよりもZUの方が弱くてコスト低いのにも噴いた。後継って弱体の意味ですか?

 積みゲーがまったく消化されていない現状で、Gジェネの進行具合までぱったり止まっている駄目っぷりを発揮中。一応弁解しておきますと、つまらなくなったわけでも面倒になったわけでもないんですが、どうにもこうにも進まない。自軍戦力も充実してきて、本来ならいざこれからって状況なはずなんですがねえ。ああ、あえてひとつモチベーションを保てない理由があるとするなれば、

開発頑張りすぎて頭打ちなユニットが多いってとこですか。

ってゆーかそれだ原因!(遅いな) 以前までのGジェネシリーズがどうだったかは知りませんが、ある程度までユニットのLV上げて開発済ませてしまうと、もうやり甲斐のないことないこと。出来上がったユニットを使って設計→新たなユニットを生産可能にするってのが正しいルートなんでしょうけど、それにしたって組み合わせるユニットの取捨選択ミスってれば一巻の終わりなわけで。要するに

攻略本買えってことかこん畜生。

ファーストプレイは欲しがりません勝つまではの精神で!(意味不明) 実質問題、結構頭の痛い難点なのですよ、このユニット活用法というのは。大抵の機体は成長が分岐するため、変なルートを選んでしまうと一瞬にして元の木阿弥、かけた資金も経験値も全てがパー。ガンダムMk−Uなんかはいい例ですかね。ティターンズ魂を貫いたが最後、行き着く先はヘイズル改ルートか、さもなくば

ジム・クウェルかバーザムかの地獄な二択。

そんなに駄目か黒いガンダム!?(知りません) 他にも開発過程で「明らかにおかしいだろこれ」みたいな成長の仕方しますし。先の例と少しだけ被りますが、今度はエゥーゴカラーのガンダムMk−Uで語ってみましょか。まずは順調にMk−Vに進化。そこからMk−W、Mk−Xとすくすく成長し、次はYではなく亜流っぽいドーベンウルフに大変身。そしてその後は

ハンマ・ハンマにランクダウン。

ぅおいッ!? どうしてインコム装備のZZ後期機体がへっぽこバラ騎士仕様なメガ粒子砲以外取り得のない機体に化けるんデスカ!? どうみても弱体化してるから! してるから!(二回言うな) 最終形態がゲーマルクってのはまだしも、そんな段階を経てきているのは納得して良いものか。でもまあ、元鞘に収まっている分、それくらいならまだマシと思うべきですか。

リ・ガズィに化けるZガンダムのことを思えば。

カスタムまで行けばZより強いとはいえ、量産機候補、か……。老いたな、ガンダムも(そろそろ止まれ)。


12月31日 「それでも、生きる」

 足跡ひとつ、足跡ふたつ。……消えないよ、お前が精一杯生きた証は。

 平成19年も残すところあと僅かとなりました。今年一年を振り返れば……ただ虚しさが募るばかり。去年から引きずり続けた問題も早々に悪い予感の的中という形で決着を迎え、心にぽっかりと穴が開き、茫然自失のままに過ごした日々。落ち着きを取り戻した今でも、時折頭を過ぎります。あの声が、あの面影が。その存在を心に留め置き、覚えておくことしか出来ないけれど。

 求め続けた 安らぎがあった

 あの手の温もり 二度と忘れない

それでも、生きる。今日も、明日も、明後日も、

 愛しさも憎しみも 背中合わせの地球で

 人は生命 輝かす

 魂めぐり 時代紡ぐの

連なる日々のすべてが、生きたいと願って已まなかった「明日」なのだから。

 あなたと生きるって 心に決めた

 あの日が滲んでゆく ちぎれる鼓動 抱きしめ

失ったものは大きく。されど、残してくれたものはそれ以上に大きく。

 あなたが生きる意味 私にくれた

 本当の愛 知って 生まれてきてよかったと

だから、まだ、歩いていける。

 心の傷ふさぐのは 思い出なんかじゃない

 ここにいる自分の中に 未来(あした)があるから

進もう、未来へと。過去に足跡を刻みながら。

 あなたと生きるって 心に決めた

 あの日は戻らない 何の為に奪うの

進もう、未来へと。貴女の望んだ未来へと――。

 あなたが生きる意味 私にくれた

 さよなら受け止め 今 涙 力に変えて

 

間もなく明ける今年も、新たに開ける来年も、皆が笑って過ごせる時間であることを切に祈りつつ――それでは、良いお年を。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF