平成19年7月分はこちら。押忍!


7月1日 「ヒットマン」

 次の職場はまともだといいなあ。私が関わる時点で普通じゃないですかそうですか。

 本日付で正式に♪ま〜い〜に〜ち〜ま〜い〜に〜ち〜 ぼ〜くら〜は鉄板の〜 う〜え〜で〜焼〜か〜れ〜てるどころか、バリエーション違いで蒸し焼きもイケそうなお仕事から解放されました。誤解のないように行っておきますが、Wizニンジャのクリティカル喰らったわけじゃないですよ?(訳:首を刎ねられた) 契約期間が無事に満了を迎え、制度的にこれ以上の継続延長は無理という理由からで御座います。尤も、延長可能だったところで

そんな自殺行為する気はさらさらありませんでしたが。

仕事の技量なんかよりゴルフとヨイショの腕前を買われる大企業なんて心底お断りデス。それでなくとも過酷な仕打ちばかりがエスカレートし、既に人間扱いされているかどうかすら怪しいなんて状態でしたし。給料明細だけ見れば中小企業のサラリーマン辺りより多少色がついてるかも知れませんけど、割に合わないことこの上なしですよ。その中でもとりわけ不満だったのが、

駄目なヤツほど楽なところに回される腐れっぷり。

下手に能力ある人間ほど苦労させられ、尚且つ給料同じってお前。大企業病なんてのは都市伝説じゃあないんですねと思い知った春夏秋冬×4でした。もうね、落差が酷いなんて可愛いものじゃありません。同じ組立部署内で見ても、方や仕事量少ない・ラインのスピード遅い・残業ない、方や仕事量限界突破・ラインのスピード勝手に上げる・残業なんてやって当たり前、ですもの。しかもそれが

道一本挟んだ隣のラインだってんだからやってられん。

蒸し風呂状態&体力極限状態で定時越えてもフル稼働してる傍ら、大声で談笑しながら帰ってんじゃねーよバカヤロー! 部品投げつけるぞゴルァ!!(落ち着け) 汗もろくすっぽかかずに「あー、疲れたー」なんて晴れ晴れした顔で歩いてるのを横目で見ると、お前らがこっちで働けぐらいは言いたくもなりますって愚痴。まあ、これ以上グチグチ言っていても詮無いので、この辺で止めておきましょうか。あれこれ言ってうっかり内部事情にまで話が及ぶと、

ケネディ大統領の二の舞になりそうなので。

退職間際が最も危険だという噂がまことしやかに。……あながち冗談に聞こえんのが怖い。


7月3日 「シニアの憂鬱」

 職歴話してからはかなり丁重に扱われていたような。気分はさながら進路指導室。

 存分に英気を養っている分際でやる気がナッシングというのはどういう事か。どうも、辺鄙な村からおはこんばんちわ。そして右向いて左向いてばいちゃばいちゃ。色々ぶっ壊れてるのはリバウンドのせいだということでひとつ(そろそろ止まれ)。やはり馬車馬がいきなり解放されてのびのびしてるといかんですな、かえって身体がえらい。いやまあ、長期間遊び歩く気もさらさらないので、次にご厄介になる有力候補なところへ行ってはみたんですがね?

逆に何か説得されて帰ってきてるし。

先方としては寧ろウェルカムってぐらいの勢いだったんですが、こちらの将来を鑑みてくれた結果は「折角それだけ頑張ったんだから、もう一度やってみたらどうだ」だった模様。正直、前職場での経歴なんて、まーったく関係のない職種に就くなら履歴書に書かれてても意味ナスなんですよ。ところがどっこい、関連会社となると自分でも驚くほどに高く評価されるようで。なんたって応対してくれた海千山千っぽいやや年配気味な人事の方が、某所の組立で四年間働いたと言ったら

目ん玉丸くしてましたから。

よっぽど日頃、未経験やら考えが甘い人やらばかりお相手してたんだろうなあと、ちょっぴり同情してみたり(おい)。巷では就任一ヶ月未満で一割消え、たらい回しされずに生き残れる人材もほんの一握り以下。最長まで延長するのは正気の沙汰ではないとまで言われているようですし、そういう反応も理解は出来るものの、本人としてはやや困惑気味。事実、そこまで大仰なものだなんて考えてなかったというか、連日連夜

その日を凌ぐのに精一杯だったし。

生き残るためには口から○○たれる前にサーと……って何処かが違う(全部だろ)。待遇や仕事内容などの基本的な情報から、昨今の採否状況などなど、既に面接突破した後の茶飲み話めいた事柄にも触れつつ、至極和やかに個別説明会終了。まずはお話だけでもと履歴書持たずにのこのこ行ったことも手伝って、どっちかっつーとノリとしては情報交換会でしたけれども。親身になって接してくれたおかげで、実りが多かったというか、

要らん選択肢が増えて心底頭抱えておりまス

……ごめん、ちょっと考えさせて。ここで方向は間違えちゃいけない予感がする(悩)。


7月4日 「甘狐」

 チョコボールもカルシウム入り、そんな時代。健康食品か。

 時間の取れるうちに冷蔵庫の中身を掃除しておこうと思ってみたりするテスト。恐るべき速度という言葉には程遠いものの、それなりにちまちました速さでは侵食率増加中ですので。お菓子っていやぁねぇ、勝手にどんどん増えていくんですもの(増えるか)。ともあれ、食べられるうちに食べておく。是戦場の鉄則! というわけで今日は(ごそごそ)……うん、これいっとこう。エンゼル森永さんから「チョコボール スイートコーン」アタック!

如何ほど片付くのかなんて鋭いツッコミは聞こえません。

その日その日で気分ってものがあるのデス。食いたいから食う、それでいいのではないかね!?(何が) しかしまあ、もうこの台詞も言い開きましたが、こいつもどれくらい前に買ったものやら。賞味期限切れてなければどうでもいいやとは思いながらも、ネタとしての新鮮味は終わってるよなあと考えるのももう飽きた。そしてお客さん方も長い前振りに飽き飽きだ。なのですかさずぱっくんちょ(さくぼりっ……ぼりっ?)

変な音聞こえた。

これチョコボール違! ちががががが!!(落ち着け) 今まで中身がチョコだったりペースト状だったりはあったものの、流石にザクだのボリボリだの「ちょいとその固さは別ベクトルなんでない?」な音は響かなかったはず。パフとクッキー生地を足して2で割ったらこんな食感になるんでしょうか。まあ、とうもろこしを練り込んだとしても、味が想像し難いというか、味気ない物に仕上がるかも知れませんが。反面、これは

何故だか甘すぎますけれど。

中のが緩衝材代わりってことでFA。噛み砕いていればそのうちいい塩梅に落ち着くような気もしつつ、やはりチョコ部分甘さきつめ。どの辺がコーンだというのか、こーんな物体。……お後がよろしくないようで(なら言うな)。

総合評価:割れ鍋に綴じ蓋。


7月5日 「お世辞もいいけど過冷もね」

 ちなみに「焼きプリン風味」がまだ後に控えてます。こっちは何味なんだか。

 どうも、極端から極端へとひた走るメタトロンです。前々から分かってはいたことながら、自分の書いたお菓子の感想なんかを読み返してみて、改めて痛感。兎にも角にも、褒めるか貶すかしかしていないような気がひしひしと。美味い不味いだけで判断を下しているのなら、こうまで白黒はっきり天秤傾きすぎな評価にはならないはずなんですがねえ。あれですか、たまーに中間めいたお菓子があったとしても、

「面白くない」で結局貶すのが原因ですか。

私なりの愛情表現なんですよ!? 明るく楽しい食卓の方がいいに決まっているじゃないですか!?(意味不明) そんな理由から、本当の意味でグレーゾーンに属するお菓子に恵まれない私でしたが、灰色と太鼓判を押せる物にとうとう出会いました。日清シスコさんから出ている「香ばしく焼き上げたホットケーキ風味のビスケット」が正にそれ。尚、「名前長ぇよ!」というツッコミは

誰もがするであろうから省略。

その枕詞ライクな形容詞は本当に必要なのかと小一時間(略)。論文における基本の如く結論から入っちゃったので、あとはひたすらグレーにストライクした要素を語るのが我が使命。まずは肝心要なそのお味。ナビスコさんとこのリッツっぽい形状に従い、そこへメープルシロップっつーか溶けた砂糖じみたものを表側に軽く塗ったと想像してもらえれば早いかと。当然のようにホットケーキという感じではありません。しかもそれでいて

微妙に美味いかもな部類に入るのがツボ一入。

己の存在意義を根本から否定する味、さりとてがっかりさせるほど不味いわけでもなく。これこそ正しい中間管理食の姿!(何なんだ) 続いて消費者の誰もが気になる分量とそのお値段。100円近辺というお値段にしては、大ボリュームともいえる130g装填という大盤振る舞い。わんぱくなお子様から育ち盛りな思春期ボーイ&ガールズまで幅広くフォローする守備範囲、見事です。

BMI気になるお年頃な方々は見送りですが。

お菓子なのに100g当たり473kcalって、朝昼晩と3袋食ったらカロリーオーバーってことですかそれ。なんて恐ろしい誰の良心も痛めない生物兵器!(長) 常備食として考えた場合、肥満と体脂肪率だけが友達さになりがちなのかも知れません。でもまあ、たまに食べたりお茶請けに出したりする分には申し分なし。決して絶賛するわけではなく、味はまあまあ、量もそれなり。そして何より看板に偽りありという

中途半端なオチまで用意されているところが決め手。

三拍子揃った中の中〜上ランク。これが越えられない壁か……ッ!!(戻れ)

総合評価:空気は目に見えないけれど、人が生きていく上で必要不可欠です。


7月7日 「星逢ひ」

 台湾だとバレンタインと同等の扱われ方だそうな。趣より欲かよ。

 近頃めっきり七夕めいて、すっかり七夕らしくなって参りましたが、皆様いかが七夕でしょうか。というわけで七夕ですね(何が)。今時♪さ〜さ〜の〜は〜さ〜らさら〜♪ と歌いながら溢れ出さんばかりのドス黒い願望を短冊に叩き込み、パンダのエサに吊るし上げるご家庭がどれくらいあるかは分かりませんが、いまいち盛り上がりに欠けると思う不肖ワタクシ。まあ、本当の意味で七夕が盛り上がるのは

一月ほど後な場所の方が多いようですし。

出店がないと夏のイベントじゃないですかそうですか。伝統行事に謝れ!(落ち着け) 本来の起源は針仕事の上達を願う行事にあるため、現在の「願い事を短冊に託して笹竹に絞首刑」という風習は、至極都合よく曲解された結果であると言わざるを得ない。いわんや、織姫と彦星の遠距離恋愛にかこつけてイチャイチャをや。由来に関係なく、行事は須らくイベント=お祭りと変換されるのが現代のしがらみなんですかねえ。

単なる稼ぎ時扱いされている物も多いし。

七夕も例外では御座いません。一体いくつあるのか日本三大七夕祭りと。しかし実際のところ、七夕と聞いて連想するのは前者と後者のどっちが多いことやら。小さいお子さんをお持ちのご家庭&保育園+幼稚園勤務の方々なんかは短冊笹竹、それ以外は牽牛織女伝説なんじゃないかと予想してみるわけですが。ちなみに私は後者です。欲望丸出しの行事よりは、一年に一度の逢瀬の方が眩く見えるじゃあないですか。

それすら叶わない人間からすれば。

……そういや、去年は珍しい文面のメールが届いて面食らったっけな。あの着信音に乗せて。


7月8日 「根本からおかしい」

 若い人の言葉遣いにはなかなかついていけません。どんだけーとか言われても。

 ここ最近のゲーム事情。有り余る自由時間と反比例し、ノーザンライトボムばりに意欲が垂直落下してたりなんかしちゃったりして。じっくりと腰を据えてプレイするゲームをするのに丁度いいかなと思い、PS2の「バロック」と「スパロボOG」に手を出したのが間違いだったのでしょうか。前者は期待と裏腹に地雷気味、後者はそもそも期待していなかったので

順当にハズレという結果に。

多くを求めてはいけません(何が)。バロックは何かこう……3D式トルネコとでもいうべき作品なんですが、何度も何度も繰り返し最下層を目指す必要があるので、あっさり中だるみ。折角3D酔いも克服して頑張ったというのに、報われない報われない。ダークな世界観や登場人物(?)の精神破綻っぷりなんかは心の琴線に触れたものの、それだけではイマイチ意欲が保ちませんでした。というか、そういう歪んだ世界がウリだってのに、

主人公の外観がモロにショタ系な時点でどうかと。

「アレはないわ」という批判意見に頷かざるを得ない。気が向いたらまた再開するかもなあとは思いつつ、期間を空けると3D酔いが再発するので、結局そのまま放置する近い未来の私に一票。世界が私を中心に回ってるステキ体験なんてもうコリゴリであります(おい)。そしてある意味大本命のスパロボOG。巷ではスパロボの最高傑作なんて声も上がっているようですが、敢えて言おう。

オリジナルばっかなスパロボの何処に価値があるのかと。

予想通り、敵さんなんて色違いユニット蔓延ですよ。バリエーション少ねーですよ。あまつさえ戦闘機やら戦車やらまで駆り出す始末ですよ。何この出来の悪いフロントミッション(酷)。味方も味方で量産型ゲシュペンストがわんさか居たり、使い物になるユニットは極少数だったりと、オリジナル系の猛烈ファンでもなければ投げるに足る理由満載。唯一、戦闘アニメに関して拍手喝采なのは賛同しますが、

ぶっちゃけ一回見たら後はOFFるし。

七面倒くさいので大抵飛ばしちゃいますよ、んなもん。一度も声聞かずに消えていった敵キャラも居るんだろうなあとか思ってみたり(おいおい)。というわけで、買ってきたPS2ソフトは全滅、PSPのプリクラも下手に間空けたせいでやる気ナス。どうしたもんかと頭を抱えたかどうかは定かではありませんが、それならばとちょっと趣向を変えたゲームでもやってみようと、ニンテンドーDSの「燃えろ! 熱血リズム魂」に手を出した

音ゲーブランク長過ぎなワタクシ。

最後にやったのはDDRだったような。手を使うの限定なら確かビーマニ3rd。どんだけー。


7月9日 「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」

 愛は地球を救うらしいです。少なくとも24時間なテレビの言い分よりは信じてもいいかなあ。

 ゲーム意欲が垂直落下式ブレーンバスターだと言った舌の根も乾かんうちに、物凄い勢いで「燃えろ! 熱血リズム魂 押忍! 戦え! 応援団2」に前のめりな私が通りますよ。MONKEY MAGIC!(意味不明) 個人的に長期間ノーマークだった音ゲーということもあり、プレイ前は正直どうかなあとも思ったんですが、これはいい予想外。そうですよねー、音ゲーだの何だのとジャンル分けするだけ無意味ですよねー。

馬鹿ゲーってだけで充分だ。

喰い付かないことなどあろう筈もないと言わざるを長い。最後にちょっと本音が出た部分はスルー推奨(何が)。もう諸手を挙げて賞賛しますですよ、この馬鹿さ。何処の男塾出身ですかと聞きたくなるような男臭さ全開キャラクターに加え、お呼びとあらば即参上して応援始める阿呆らしさと来たらもう。時と場合を気にしない、相手の都合も気にしない。迷惑千万? 知りません。

でも縄張りはちゃんと守る。

お前ら犬か!(いきなり何だ) 川を挟んで朝日町・夕日町と敷地が分かれておりまして、それぞれの領地内における被応援者(何だそれは)に朝日町応援団・夕日町応援団がエールを送るという、何とも素敵な素敵なストーリー。どれくらいステキかというと、人様のお宅に不法侵入当たり前。相撲部屋ではちゃんこを喰らい、宿を訪ねれば温泉に浸かる。小学校では童心に返り、宇宙船にもちゃっかり乗り込む!

どうみても密航です本当に(略)。

それは犯罪だと言わざるを得ない。またPTAが五月蝿いですよ!?(あるか) 尤も、応援される側も相当なおバカっぷりなので、この勝負は引き分けってことでひとつ。極々一部を除いては、本当に馬鹿さ加減が五十歩百歩雨アラレ。本人にしてみれば真剣そのものかも知れませんが、傍から見ると有り得ねーの一言で片付けられるほどの荒唐無稽オンパレードなんですもの。とりあえずアレだ、

応援してもどうにもならんだろな状況多すぎ。

このゲームと波長が合う人は、最後で激しく燃え上がりつつも爆笑する。間違いない。


7月10日 「少年ハート」

 チアガールズにご対面するだけでも修羅の道。諦めた人も居るんだろうなあ、少なからず。

 先生、腕が痛いです(挨拶)。いやもう、「燃えろ! 熱血リズム魂」で文字通り猿のようにタッチペンでスクリーン叩いたりなぞったり回したりしてるウキ(戻れ)。その甲斐あってか、「気軽に応援」「果敢に応援」「激烈に応援」「華麗に応援」と4種類ある難易度を全て出すことに成功。最初は気軽と果敢のみなので、「果敢クリア→激烈出現」「激烈クリア→華麗出現」というステップを踏まねばならんのですよ。ある意味、テストめいた部分もあるんでしょうけどね。

越えられない壁が立ちはだかってますから難易度間。

1ランク上がったら最初のステージでカルチャーショック確定です。何この別世界(聞かれても)。出現するマーカーをタイミング良く叩く、なぞる、ぐるぐる回すという作業しかない割に、これがまた意外な歯ごたえ。難易度が上がると更に酷い。マーカー出現から叩くまでの間がないわ、同じリズムの場所でもマーカーの配置や種類が違うわともう散々。いい趣味してます開発陣、思わず頷く性格の悪さです。

絶対友達になれると思うワタクシ。

落とされた後に「うーわ、そう来たかー!」と顔に当てた掌の下で、笑いがこみ上げている人間ですから(待てい)。とはいえ、どれだけ理不尽を気取ろうと所詮は音ゲー。旋律という枷から逃れる術はなく、曲にノることこそが一番の攻略法なわけで。つまり鼻歌交じりで気楽にやるのが最良のプレイスタイルなのやも知れぬ。ほーら、口ずさむメロディーが思い出させてくれますよ〜。

無残に散ったメモリーを。

一瞬でも輝いていたとか言えば満足か!? 満足なのか!?(落ち着け) あんまりカリカリせずに、あーまたクリア出来なかったよこん畜生誰だよこんな理不尽な配置にしたヤツ頭おかしーんじゃねーのかやってらんねーよターコ。などとは露とも思わないほど光放つ少年のハートで楽しむ、即ち「遊ぶ」ことを忘れたら本末転倒だよなあとか

“将来の夢”の欄に書いたあの頃の俺から何年経ったか分からない人間が語ってみる。

ちなみに実際何書いたかなんて覚えてませんので悪しからず。枯れた夢なのは間違いありませんがね!(おい) でもまあ、このゲームやってて思い出したというか、ちょっとだけ往生際悪かった頃の自分に戻れたような気がします。現実と理想の狭間揺らいで、情熱の炎も消えかかってたんでしょうかねえ。恰好悪く足掻いてもがいて、泥水啜ってでも生き延びる。そんな馬車馬クオリティだったはずなのに。

どの辺が馬なのかというツッコミはさておき。

いいんです、哺乳類皆兄弟なんですから(意味不明)。それは「激烈に応援」において、最終曲に幾度も幾度も挑み、そろそろ黒星も数え飽きた時の話。無数にも及ぶ失敗をバネにし、ようやく曲の終盤に漕ぎつけたと思った矢先、痛恨のポカミス。少し前の私なら「あーあ、今回も駄目かー。やり直しやり直し」と早々に諦めていたと思われる状況下、何処からか聞こえてくるフレーズ。

 

 ちょっと待った! ちょ、ちょっと待った! 勝負はこれからさ張った張った!

 諦めた時点でゲームオーバー 現状をこの手で切り開こうか

 覚えていますか? 昔は確か かすかな希望に全力を出した

 明日のために生きてました その気持ちどっか忘れてないか?

 青春に期限なんてない 探究心に歳は関係ないと思うよ

 だってそうだろ? We wanna make the dream come true つまり…

 

超執刀発動。

集中しろ……目の前のマーカーを叩くだけだ!!(ゲーム違) クリア記念にリプレイデータ保存しておいたんですが、後から見ても何この神業ってぐらい凄まじいリカバリーしてました。もう一回やっても同じシチュエーションから復活出来る自信はありませんってくらいに。ゲージない、マーカーの配置ろくすっぽ知らない。にもかかわらず、脊髄反射だけで何とかしてましたからねえ。極めつけはトリに控えしロールマーカー。回し切る最後の最後で

ゲージが首の皮一枚で繋がってた始末。

そんなに背水の陣が好きか私ゃ。はいそこ、指差してマゾ言わない。チラ見しながらヒソヒソ言うのもっと駄目(何が)。


7月12日 「Believe」

 心に響く声がある。人は傷つくこともあるけれど すぐにまた笑える時が来るから……か。

 兵糧攻めってご存知ですよね。敵を包囲し、食料や水などを供給するライフラインを絶つことにより、備蓄が少なかったり消耗が激しかったりすると大弱りという、非常に効果的な戦略のことであると一応補足。仕掛ける側も相手の奇襲や援軍、緊張感と士気の低下などに細心の注意を払わなければならないものの、精神的なプレッシャーは守備側の方が圧倒的に大きいよなあと

音ゲーなぞで再確認させられたワタクシ。

ゲームでそんな陰険極まる方法はやめて欲しいと思うべきか、ゲームだからこそまだ許されると考えるべきか。それが問題なのか、問題ではないのか(止まれ)。格ゲーやSLGならまだしも、よもや「燃えろ! 熱血リズム魂」でそんな目に遭おうなどとは露ほども思わず。ミスのみならず時間と共にゲージ減少というシステム、そしてその消耗スピードが異常な「華麗に応援」ならではの戦術とでもいうべきでしょうか。マーカーが多くて乱打することよりも、マーカーの数が少なくて

ゲージを回復する機会のない方が血も涙もなさ過ぎる。

そういうことか。挽回するチャンスすら与えられないということがやりたかったのだな!(落ち着け) 特にその傾向が顕著だったのが、このゲーム中唯一の感動系エピソードといっても過言ではない「Believe」。序盤〜中盤くらいまでは、初見でも何とかついていけるほどの穏健さ。ファーストプレイでも曲の2区切り目までは突破出来たことも手伝って、「なーんだ、割と楽勝っぽいじゃん」と顔赤くしながら勝ち誇って数秒後。

開発者の真意に気付きあっという間に真っ青へ。

ちょ、おま……これ区切りの判定で×出たら強制的にアウトと同義だろ! 節目到達時にゲージが約半分以上残っていればストーリー判定が○になるのですが、この曲に限っては生死判定に直結していると考えて相違ないですよ、いやもうマジで。傍目にはマーカー少なくて若干楽そうに見えるのに、やってる本人それどころじゃない重圧感。万が一にもミスは許されないと、ペンを握る手も小刻みフルフル。歌に合わせるとこんな感じでしょうか。

♪光の差〜し込〜むほ〜うへと〜 い〜まあ〜るき〜だす〜

タッチペンと右手が光速で。

♪守る〜もの〜があ〜るか〜ら つ〜よく〜な〜れ〜る〜

なのでゲージ減らすの勘弁してくださいお願いします。

♪どんな痛〜みも どんな悩〜みも きっと受け〜入れら〜れる〜

でもミスは受け入れられない。

♪だからだ〜いじょ〜う〜ぶ〜 あな〜たの〜こ〜え〜は 聞〜こえて〜るから〜

なんて言ってる余裕ないほどいっぱいいっぱいデス。

おかげさまでクリア時のランクはS判定。スコアに至っては279万叩き出しましたよと。……低スコアで突破する方が絶対難しいよなあ、これに関しては。

やさしく手握って連れ出してくれた余談:恐らくはプレイした人のほとんどが胸を打たれたと思われる「Believe」のストーリー。王道且つベタであることは否めず、又聞きなどでは「それなんて逆タッチ?」なんて茶化されそうな筋書きながら、言葉では表せない感動がありました。どれくらいかと言いますと、自他共に認める根性曲がりのこの私が

冗談抜きで涙腺緩んだくらいに。

是非ともご自分の目でお確かめ頂きたい。感動は制作費と時間をかけたRPGの専売特許じゃありませんよと。


7月13日 「ある晴れてない昼下がり」

 満了慰労金込みですけれど。ボーナスって考えればこんなもの……なのかなあ?

 毎日がぼくのなつやすみ。時間も曜日もほぼまったくと言っていいほど関係ない生活を送っている私だけに、突発イベントなど起ころうはずもなく。そんな静かな湖畔の水面並みに穏やかなる日々の中、昨日はちょっと生活に関わるエトセトラな出来事があったり。まずひとつ、次の就職先が決まりました。一昨日に面接行って、「一週間以内に連絡しますので」と言われてきたはずなのに、

翌日の午前中に電話してくるってあんた。

雀と鳩がシャウトする時間帯まで余裕で起きていた私には、大層刺激的な目覚ましで御座いましたとも。思わず「うるせー!」と叫びそうに(なるか)。確か前職場の採用通告された時もそんな勢いだった覚えがあるので、多分これがスタンダードな形なのでしょう、期間従業員という業界内では。結局、職場自体を変えるという選択肢を採ったので、心機一転頑張りたいと

思えるかどうかは職場次第。

昔、知人に「お前ってマンガみたいな人生送ってるよなあ」などと笑いながら言われたことがありましたが、どうにかしてくださいよこの慢性貧乏くじ引き症候群。同じ戦場でも最前線と後方部隊じゃ危険度ダンチなんですよ!?(意味不明) そしてもうひとつ、旧職場から退職に伴う資料その他諸々が我が家にお届け。失業給付金とか貰う必要ないので関係ない書類が多いながらも、一際目を惹くっつーか度胆抜かれた紙切れが一枚。いやぁ、まさか最終賃金が

7桁目前まで入金されてるなんて誰が思うか。

この明細見てようやく実感しましたよ。「ああ、本当に安くなってるんだ所得税」と。これなら住民税許す!(何様だ)


7月17日 「お菓子ですってば」

 日本人ならお茶漬けやろがー! 今は昔のこの台詞。

 台風と地震がらんちき騒ぎな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。室内でぬくぬくしているくせに湿気た焚き木状態のメタトロンです。この火種があっても燃え上がらなさは異常ってほどに(何が)。軟禁飼い殺しな状況も折り返しを迎えたとはいえ、まだまだ2週間ぐらいあるんだなあと思うとアンニュイざます。忙しかった頃の「さぼりてー。休みてー。暇よこせー」などとゾンビしていた記憶なんて、懐かしい通り越して

雲の彼方に霞んで見える。

時間につけても金につけても、持て余すとロクなことにならないという良い典型ですなこりゃ。後者は経験ないので分かりませんが。閑話休題、あまりダラけているのも何ですので、ここらで自分に渇でも入れてみましょうか。磯の香りにピリッとわさび、グリコさんからお越しの季節限定「海苔わさびプリッツ」にて煩悩を打ち払ってくれましょうぞ。ええまあ、

海の日過ぎてから食うってのもアレですが。

同時発売の「いか七味プリッツ」共々、そこに合わせた商戦的何かがあったんだろうなあと考えてみるテスト。出遅れましたがちゃんと食べるので許しなさい(何様か)。プリッツには海の幸が似合うと踏んだのか、昨今たまーにこの手の商品が出回るようになりましたねえ。塩味効かせた方が本来の性能を引き出せると思うので、方向性としては間違っていないんでしょうけど……すいません、正直

生臭いって印象しかないでス。

どうにもコイツのイメージが先行しがちで。別段痛い目に遭った系のお菓子だったわけではないのですが、にんともかんとも。さりとて、警官や教員が犯罪起こしたからといって、世の中全ての同職人を冷めた目で見るような真似をするのも狭量というもの。ここはひとつ、ごめんなかったことにしてということで水に流そうではないか(意味不明)。とりあえずこっちに来てはどうかね? ん?(ばりっ。ごそごそ……)

何だかとっても香ばしい。

いや悪い意味でなく。今までの悪しき磯力らしきものは顔をみせず、唯々ひたすらにほんの少し焼きすぎな食パンめいた匂いが鼻孔をくすぐります。嗅覚へのダメージを最小限に抑えたわさびといっても違和感なさそうな香りながら、海苔らしさが全く見当たらないところが気にかかる。名を偽った愚か者と汚名を着せられるか、それとも熱き海苔魂を内に秘めた勇者と称えられるか――果たして真実や如何に!?(ぼりぼりぼり……)

プリッツだけどごはんですよ。

桃屋なのか!? のり平なのかッ!?(落ち着け) ベースは白米にマッチする海苔ペーストな某ごはんごにょごにょながら、そこにプリッツらしい塩辛さが非常に巧みな絡み具合を発揮しております。そして締めのわさび香る七月風味がこれまた秀逸な恋女房。プリッツとしてもお菓子としても、申し分ない一品と言えることでしょう。それでもあえて不満点を挙げるとすれば、やはりこれですか。どうしてもお菓子をかじっているというより

わさび茶漬け食ってる気がしてならない。

これを独身男性の味と例えるか、それとも倦怠期に入った旦那の味と評するか。それが問題だと思いませんか?(思わん)

総合評価:夜食にどうぞ。


7月19日 「年中被災地」

 部品は挿げ替えが利いても、人の命に代わりなんてない。でも人=ただの歯車と映るのが大企業レンズ。

 間近に控えた参院選の話題を軽く凌ぐ勢いで、ニュースの放送時間を奪ってやまない新潟県中越沖地震の被災地情報。被災者・犠牲者が述べ何人に及んだといった被害状況の報告から、実は活断層が真下にあった“という事実”が明るみに出た柏崎刈羽原発(というか東電)に対する住民の猛バッシング問題などなど、話題の種が百花繚乱入れ食い状態。まあ、後者に関しては

要らんトコに飛び火している感が拭えませんけど。

二次災害危険視や信頼のなさに伴う緊急停止命令はまだしも、責任追及とか頭下げさせている場合じゃないと思います。生き延びることをまず考えましょうよと言いたい。一方で電気・水道が復旧したり、救援物資が保管庫いっぱいになってストップかけるほどに届いたといった明るいニュースもあるとはいえ、やはり被害は甚大なようで。何たって被災地から遠く離れた場所ですら、此度の震災による被害をモロに被っている始末ですし。

主に金銭面での話ですが。

人の心配よりお金の心配だなんて、世知辛い世の中になったものです。言ったのはアンタだろというツッコミはなしの方向でひとつ。どうやら柏崎市は国内でトップシェアを誇る部品メーカー「リケン」のピストンリング工場を有していたらしく、そこが被災した影響を受け、トヨタ・ダイハツ・日産・三菱、富士重工・スズキの6社で一時生産ラインを停止する方針なんだとか。個人的には吃驚ですよ、この情報。

人身事故あってもライン止めないくせに。

道一本挟んで向こうだとしても、それは対岸の火事って考え方でしたから。向こう三軒両隣って何ですかと真顔で聞きそうなぐらいに。


7月21日 「さわやか3組」

 外相とか幹事長とか首相とか、明らかに名前負け。お守り型の名札に付け替えろ、クラス入りで。

 まだまだ復旧に関する情報などがいい食いっぷりなわんこそばペースの新潟県中越沖地震・その後。そろそろ状況としても大分落ち着いてきた感があるようですが、どうやら被災直後から迅速な対応をし、混乱の極みと窮地に陥った地域の人々に多大なる貢献をした施設があったそうで。何処の誰もが知ってるけれど、特に忙しかったり寂しかったりする方々に嬉しい味方。この言葉で何を指すかピンと来た方は

多分私と同類です。

どういう意味かは各人の想像力にお任せします(何をだ)。さて、ピンと来なかった推定幸せ者な方々にも分かるように種明かし。平たく言えば便利の代名詞、コンビニのことなんですがね。いやあ、これがまた八面六臂、獅子奮迅の活躍ぶりだったと伝え聞きまして。一番槍玉に上がっていると思われる柏崎市内ですら、地震発生から半日もしないうちに軒並み営業していたって話ですから。見上げた精神だと賞賛する前に

商魂逞しいと何処か生温い笑みを浮かべた人は廊下で正座。

人としてどっちの反応が正しいかは聞くまでもありません?(何故疑問系か) 実際問題、自炊すらままならぬ環境下においては、冗談でも何でもなく文字通りライフラインだと思われる食料品及び備品取り扱い店舗。供給が止まれば群がる需要の波に押し潰される……ならば、供給を止めなければいいだけのこと! などと言ったかどうかはさて置いて(置くな)、特別物資の送り込みや仮設トイレの手配、自家発電機の持ち込み等々、手回しというより

「こんなこともあろうかと」的な手際の良さ。

いやまあ、防災の備えとしては正しい姿勢なんですが……誰だ、新潟でナマズが暴れるって予見した能力者(知るか)。いつもと同じ場所で、いつもとは変わり果ててしまった光景の中、いつもと変わらぬ灯火を湛え、いつもと変わらぬ品揃えで迎えてくれる――心身ともに疲労しきった人々にとっては、何より明るい希望の光に見えるのではないでしょうか。そして灯りを絶やさずいてくれる、店員さんやその他関係者の方々。立派です。少なくとも

参院選の票集めにしか興味のない人種より遥かに。

アルツハイマー暴言麻生? 朝刊折込政府広報での選挙違反を告発鳩山? 告発受けて逆ギレ安倍? ……お前らさあ、一体何やってんの? 「不快な念をもたれた関係者にお詫びする」? なら最初から何も喋るな。「自民党の主張をそのまま政府広報に記載」? 揚げ足取るにもほどがある。「告発するなら選挙目当てのパフォーマンス」? ガキの喧嘩か。ああもう分かった、お前ら全員小学生からやり直し。そんでもって

大人しく生徒会長争いでもしてろ。

いっぺんさあ、アリがどれだけ苦労して日々生きてるのか骨身に沁みるまで経験してみろよ。このキリギリスどもが。


7月23日 「慣れていくものね」

 おかしな趣味に取られかねない。ニホンゴムズカシイネ、トテモトテモ。

 新しくお世話になる職場の仮入社手続きと健康診断に行ってまいりました、たっぷり6〜7時間ほど。そんなに時間食うものか本来などと不満は微妙にありながら、昼食も市営駐車場のチケットも出たので許す!(安いな) 一般に健診と言われてすぐさま浮かぶようなことしかしてきていないはずなのに、これまた今週のビックリドッキリサプライズな出来事が。いやぁ、まさか私の右腕で

赤い噴水芸が出来るとは思わなんだ。

誰ですか、青とか紫とか緑とか勝手な色想像してた人は。掌を太陽に透かしてみれば真っ赤に流れますよ僕の血潮ッ!?(落ち着け) 血液検査の際に握り拳へパワーを送りすぎたのか、はたまた看護師さんが目測を誤ったのか。私の身体から紅いエキスを吸い出し、無駄にぶっとい針が抜かれたその後。肉球にするが如く傷跡をモミモミしていたところ、小さいガーゼ付き絆創膏が見る見るうちに朱の色へと染まり、ほどなくして腕を伝う情熱の色をした川が。はいそこ、

血の気余りすぎだろとか言わない。

ゴロゴロしてる分、そりゃあ力は大層貯蔵されていますけれども。代わりに栄養あんまり摂ってないかもだけどね!(摂れよ) エレベーターに同乗していた人がそれに気付き、若干引いて心配そうな様子で「大丈夫ですか?」などと尋ねてきたので、興味本位とはいえ聞かれたからには応じてみせるが世の情け。お兄さん無表情に淡々とこう答えましたよ。

「別に痛くはないんですけどねえ。いや吃驚した」

何故声を押し殺して笑ってますかアナタ。

最後の台詞がツボだったのか何なのか、その辺りで盛大に噴きそうなのを必死に堪えている様子がありありと。流石に「おかしいこと言いましたか?」と追撃するのは非道にも程があるのでやめておきましたが(おい)。昔からなんですが、他人の場合は別にして、自分自身の怪我とか出血に関してやたら淡白なんですよねえ私。淡白というより冷静というべきか、どうもこう

血を見ると落ち着くらしい。

……あれ? 何かすこぶる聞こえが悪いような(何かも何も)。


7月26日 「流鏑馬」

 近所の学校では不審者に注意と呼びかけてるそうな。さもありなん。

 「……ああ。そういや以前、こんなこと書いたこともあったっけなあ」などと思い出した午前三時。苛立ちがドアを叩くわけでも、走れない狼というわけでもありませんが、闇夜に爪を立て彷徨っている気分になったのは人として正しい道なのか。……いきなり何の話かって? ご意見ご尤も。というか至極真っ当な意見であると言わざるを得ない。いえね、取り立ててどうってことじゃぁないんですよ。ただちょっと一部の方々に備わっている

妄想力の暴走ニュースに遠い目してるってだけで。

理解出来ないのは「あっちの住人」ではない証拠なのだと思いたい今日この頃(意味不明)。ますますもって意味わかめになっていると鑑みます故、ここらで詳しい説明をば。古事記時代以前意創設されたとされる関東最古の大社「鷲宮神社」へと、春でもないのにカメラ片手にTシャツリュック、果てはコスプレ姿なんて面々が殺到しているらしいんですよ。

平たく言うと聖地巡礼。

……この言葉の使い方、信心深い人からしたら噴飯モノ確定なんだろうなあ(更に遠い目)。某アニメが始まった今年の四月から数名が参拝客に混ざりだし、某アニメ雑誌に「某アニメ的聖地探訪」などという特集記事が載ったことを引き金に、アニヲタという名の熱き弾丸が放たれまくったとか何とか。便宜上『某』って代名詞を乱発しておりますが、「ピンポイント攻撃してくれないと分からないよー」という方には

真ん中に☆がついてるアニメとだけ。

分かる人だけ分かればいいんです。知らない方がいいことなんて世の中に吐いて捨てるほどあるんです。その一部と認識してもらえさえすればそれで万事解決です(止まれ)。まあね、好きこそ物の上手なれって格言もあるくらいですし、ご自分の有限たる愛を何に注ごうが個人の勝手ではあります(何か違)。でも、地元住民の皆さんが気味悪がるような事態を看過出来るのかといえば、そうでもないわけでして。もし私が埼玉県鷲宮町の住人だった日には

ドン引きどころじゃ済まないと断言。

いでたち振る舞いにイチイチツッコんでる余裕もないに一票。間違いない。いや、だって……ねえ? あんまり偏見の目で見るのは良くないとは思います、ええ。しかしながら、それを踏まえた上でも……んー、ちょっと伝え聞いた彼らの作法を用いて、軽く診断テストでもしてみましょうか。私は顔に縦線入って頬がピクピク致しましたが、お客様方は一体何処まで彼らを許せるでしょーかっ。それでは、張り切ってどうぞ〜♪

 

・雑誌の付録である「『某アニメ』遠足のしおり」を手に神社参拝。

・「○○○大好き」「○○○のお見舞いに行ってきます」「○○○はオレの嫁。アハッ、アハッ、アハッ……」などと書いた挙句、ご丁寧にイラストまで入れた絵馬を堂々と掲げる。

・鳥居の前でキャラクターと同じポーズを取り、記念撮影を行う。

・「キャラクターと同じ空気を吸った」と感動し、「巫女姿の女の子に逢いたいな」と想いを馳せる。

・そんなのが大量に群れて徒党を組んでいる悪夢の光景を展開。

 

……え? 本音が漏れてるって? ヤだなあ、キノセイデスヨ(おい)。霊験あらたかな大社ともあろう場所が、何たることかと嘆いていいところですよここは。てゆーか泣いていい、泣いていいんだ天穂日命(おいおい)。いくら冥土喫茶ブームなんかでお天道様の元も歩けるご時勢になってきたとはいえ、境界線と書いて「こえられないかべ」と読む一線を犯すのはどうかと。神罰が下るのが先か、それとも

矢がひょうと放たれるのが先か。

実際のところは「騒動はネット上でのこと」と静観の構えを見せているそうですが、神社関係者各位。寛容なのか肝っ玉太いのか。免疫あるだけってオチはなしの方向でひとつ。


7月27日 「三位一体全体」

 夕張メロンパンと言い張れば信じるかも知れません。食べるまでの短い間は。

 連日暑い日が続きますが、皆様お元気でしょうか。食品売り場の方もにわかに活気付き、夏らしい果物を跡形もないようにして練りこんでみたものですとか、風味や匂いなどの一部エッセンスのみを抽出したものですとか、果物に人権あったら虐待容疑で逮捕状出されても文句言えなさそうな製品が出回るようになりました。まあ、それより何より突っ込むべきは、一体私は

週に何回“買出し紀行 〜はぐれ主夫純情派〜”してんだろうかと。

米がないだの牛乳がないだの調味料がないだのと、かなりお手軽な理由で自腹切って出かけているような気がします。出稼ぎ行ってコンビニ弁当貪ってた日々よりも、かえって高くついているんじゃないかと激しく問いたい。閑話休題、そんな夕方特売なんて単語がしっくり来そうな毎日の中、新たな出会いがありました。棚の一角に陳列されていたそれは、確かに私の目を惹いたのです。フジパンから生まれ出でし果物菓子パン、名を「マンゴーメロンパン チーズホイップ」――

お前は一体何がメインか。

ツッコミどころはひとつに絞れといつも言っているだろうッ!?(知るか) 解説文を舐めるように読んでも、「メロン皮にマンゴー果汁とドライマンゴーを練り込み、チーズホイップクリームを入れました」というお茶の濁しっぷり。……むぅ、ますますもって度し難い。形状がメロンパンである以上、メロンパンの亜流と考えるべきか。それともマンゴー属性を主体にすべきか……うむ、まあアレだ。

とりあえずお金払ってお持ち帰りせざるを得ない。

ところで「お金払ってお持ち帰り」って、微妙に危険発言っぽく聞こえ(ごんッ!!) ……えー、見えない何かにぶん殴られた悪寒がするので、前言撤回ということで。さて、話をマンメロチーズに戻しましょうか。ヤな略し方だなというツッコミは各自にお任せします(おい)。胴を薙ぎ払われたメロンパンに、接着剤としてチーズホイップを使いましたという感じの外観ながら、いつもとちょっと違うマンゴー色。遠くから眺めた場合、

古くなったペチャンコハンバーガーと誤認しなくもない。

菓子パンって定義すら怪しくしてどうするというツッコミも各自にお任せします(おいおい)。見た目は怪しい、中身は怪しい。ついでに文法もつられて何処かおかしい。だがしかし、食す前に先入観で決め付けるのは、冒険者と書いてチャレンジャーと読む人種として間違っていると思う。迷わず食えよ、食えば分かるさ。というわけで前置きなしで齧り付く(さくっ……もきゅもきゅ……)

涙と後悔の味がした。

分かってしまったよファーザー!!(意味不明) 詳細を知らされずに食べてしまったら「お前の具は何味だーッ!!」と叫ぶこと必至。食感は紛うことなくメロンパンなのに、味が全力マンゴーってやるせねぇ。うわ、いい顔(何が)。チーズホイップ? このギャップのインパクトに押し潰されて、正直存在が空気です。絶対評価としてどうかは兎も角、個人的な見解といたしましては

マンゴーがすこぶる嫌いになれそうな予感。

不味くは……ないのかなあ? よく分かんないや(待てい)。

総合評価:まんずゴーインなメロンパンだべ。


7月31日 「ぽてつなまよ」

 食べだしたらキリンがないそうです。その首へし折ってやる。

 硬くなったフランスパンは絶望に似ている。意味不明ですかそうですか。私にもよく分かりません(おい)。毎日ぐーたらごろごろと惰眠を貪りつつ家事手伝いな日々が続けば、どうしたって頭の中のワケわかめが増量するってなもんですよ、ええ。ようやく今日でそんな生活にピリオドを打てるとはいえ、この平和に埋もれて刺激のない時間はあまりにも長すぎた。今の心情を他事に例えるならば、

大幅ロスタイム突入 in 晒し首。

手に入れたいと望んでやまないのに、願いが叶うと輝きを失う。それがLOVE&PEACEの方程式。意味不明ですかそ(略)。閑話休題と書いてそれはさておき、話の冒頭部まで華麗なるスルーパス。フランスパン全然関係ありませんが(おい)。「堅さが特徴のお菓子です」と宣うカルビーさん家の「じゃがりこ」に、期間限定のツナマヨポテトが登場したようなので、たまには挑戦してみようかと。珍しいんですけどね、私がじゃがりこなんか買うの。何味食ったところで

「所詮は固形マッシュポテトだろ」と一蹴して終了しそうだし。

そういや、ポテロングなんかも食指が蠢いた覚えなんぞ御座いません。私の中に眠る遺伝子情報の成せる業なのでしょう、多分(待てい)。さてさて、件のツナマヨじゃがりこ。「ほんのり酸味がクセになる」とかパッケージに書かれているので、味だけみたらセミの五月蝿い季節に丁度いいのかも知れません。まあ尤も(ぺりぺり)実際に食ってみないことには(ぽいっ)評価の仕様も゛りごりごり……。

やっぱり一蹴して終了。

ふー……オチも捻りもない。そんなので芸人名乗って恥ずかしくないのかッ!?(名乗ってません) 固形マッシュポテトというより、カリッカリに揚げた端っこフライドポテトを長時間放置した感じとでも評すればそれっぽいのでしょうか。味はひたすらマヨネーズ、匂いもこれまたマヨネーズ。マヨラーでなくても食べられる程度ではあるものの、アンチマヨラーには白手袋を叩きつけるが如きなこの所業。正直、

ツナに謝れ。

マヨが主役でツナが蔑ろなツナマヨなど、ツナマヨに非ずッ! 出直してまいれ!(止まれ)

総合評価:ぽてまよでいいじゃない。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF