平成20年11月分はこちら。薄さに比例するやる気なさ。


11月10日 「あしたいろのベンチ」

 「落ち込んでたらぎゅっとして、頭なでてあげるもーん」。とあるお方の迷言集より抜粋。

 元気が出なくて 遅刻と決めて

 遠回りしてる 公園通り

 穏やかな顔で 遊ぶ子供たち

 いつもの朝など 色あせてゆくよ

 昨日みた夢の続きみたいね

 あの人はただ 微笑んでいた

そりゃもういい笑顔で。

というわけでようやく戻ってこれました。いやぁ、今回は長かった。ちょいとお散歩つもりがあれよあれよと迷い込み、気が付けば暗く冷たい沼地の底までズブズブと。一時的且つ断片的とはいえ昔の性格に戻っていた辺り、よっぽど今の世の中に不満が積もり積もってたんだなあと……はい? 「遭難してたとかそういう話じゃないの」ですか? いえいえ滅相もない。そうですねえ、あえて言うならば

自分探しの旅と言えなくも。

旅費も時間もリーズナブル。お財布には優しくても心に厳しい場合が多々ありますので素人には以下略(おい)。そんな感じで心の森を彷徨い歩き、疲れ果てて浅い眠りに落ちた時、夢を見たのですよ。現実には存在し得なかった欠片で描かれた、とても懐かしい温もりに満ちた夢を。……そりゃまあ以前、こんなこと言ったりもしましたけれど、殴ったり噛み付いたりなら兎も角、アレは反則です。思わず

穴掘って叫んでやろうかと考えたくらいに。

……律儀に約束というか、笑いながら言ってた冗談を実現しなくても。てゆーか罰ゲームか!? 罰ゲームなんだな!?(落ち着け)

 

 ――久しぶり笑った 元気になれそう


11月11日 「どこまでも白く」

 横文字を謳い文句にするのが今の流行。他にセールスポイントの表現方法がないとも。

 復活して早々にやる気が出るほど現実と世の中は甘くはありませんが、お菓子は甘い、甘いはお菓子。というわけでほんのり貯蔵気味なスイーツの消化試合でもしていきたいと思います。秋ですし(色々と意味不明)。今回はグリコさん家における定番メニューの異端児ってゆーか出戻りなのに苗字が変わったまま風味であるところの「クリーミーポッキー バニラ」で御座います。フルネームで呼ぶとオマケで「フランス風ミルク仕立て ソルティテイスト」なんて言葉ももれなく付いてきます。

つまるところ塩バニラですかそうですか。

この不況では地道に無難な線で固める守りの構え一択なんでしょうかねえ、何処の業界も。減るは内容、上がるは価格。菓子は政治(よ)につれ、政治は菓子につれってことでしょうかね、主に駄目っぷりの面で。山吹色の菓子が大好物な連中だしな!(止まれ) 小市民がダース単位で徒党を組んで嘆き憂いても天の恵みがあるわけでなし、それならせめてお菓子を貪っている時くらいは一甘のアバンチュールを堪能してもぎゅもぎゅ……

甘さ不足で現実へと送り返されました。

幸せって定形外なの!?(落ち着け) えー、先に彼の言い分を聞いておきますと、「フランス産ミルクを使用した、ふんわりクリーミーなバニラショコラです。うっすらと塩味のきいたプレッツェルとの組み合わせによる、コクのある味わいをお楽しみください」とのこと。確かにコクはあります。てゆーか濃くはあります。クリーミーかはさておき、酒場に来た坊や並みのミルクっぷりも認めましょう。なのに甘くはない。社交辞令をかなぐり捨ててオブラートをぶち破った言葉を投げるならば

美味くもない。

気の抜けた炭酸が好きな人や、寸止めで焦らされるのが辛抱堪らんでゴザルって人ならいいんじゃないでしょうか。蓼食う虫も好(以下略)。

総合評価:ソリチュード&マイノリティ。


11月12日 「ヒーローになりたい!」

 「誰だって最初は誰かの足手まとい。足手まといになるなら、ならないように教育してやればいい」。剣の世界のお話より。

 予定された訓練期間を4ヶ月残し、これにて学園生活編終了という運びと相成りました。実際には8月時点でカリキュラムの消化自体は終わっていたのですが、追加課題扱いなweb連携小〜中規模検索システムの構築にかんなり長い時間と手間とをかけさせられたプロセス。実務で携わる作業にかなり近い形式というだけあり、未経験なペーペーの私には大層重荷ではあったものの、とても勉強になりましたというより

それまでの学習内容が児戯に等しかったと激しく理解。

振り返ってみれば、まんまこの時に言われた注意事項を体現した形だったかなあと。実装出来ない知識なんて何の役にも立ちゃしませんし、機能追加に必要となる知識なんてその都度調べればどうにでもなるというか、寧ろ求める情報を如何にして入手するかの手腕が問われる。要はそういうことなんだろうなと。最初の方こそ壁にぶち当たるたびに「助けてドラえも〜ん」状態でしたが、テストの段階まで来ると何が理由で失敗しているか、必要な制御は何かの見当がつくようになってきている上に、

その制御の実装方法を見つけ出すまでにかかる時間が段違い。

結合テストを終わってから「単体テストで同一機能間の排他チェックが必要になるから排他制御実装して」なんて後出しじゃんけんを3ヶ月前の私がされていたなら、地球の悪代表と見紛うばかりに暴れていた可能性が無きにしも非ず。更に正解に到達するまで無闇やたらと時間を浪費し、挙句「そんなん最初に言ってない方が悪いんじゃん」と逆ギレしている。間違いない。イコール、この経験を踏まえずに実社会へ飛び出していたなら

ダメ上司に当たった際に取る行動の最有力候補。

元来、同一機能間における排他チェックなんてものは実装されていて当たり前なものだそうなので、まんま同じケースでってことはないんでしょうが、仕様変更などに置き換えて考えるならいくらでも有り得るお話なのが悲しい職場の事件簿。仕様書に書かれた機能の実装は元より、予想される追加機能にも先手を打ち、尚且つ不測の事態に陥っても「あわてない、あわてない。ひとや(略)」出来るだけの心構えを持つ。それを学んだ3ヶ月だったように思います。

「スクールっつーより禅寺っぽくないか」というツッコミを飲み込みつつ。

どれだけ学んでも全ての知識を得ることなんて不可能である以上、自己解決能力が最も重要なんでしょうけどね。一人では何も出来ないのが社会なのに、頼りになるのは自分だけなんて状況は珍しくもない矛盾。不思議不思議。


11月16日 「やったぁ! やりましたよぉ!」

 若干舌が痺れる風味なのはいつものこと。何が入ってるんだか、毎度毎度。

 さぁて皆様お立会い、此処に取り出だしたる「ももビタ」なる清涼飲料水! そこにもある、此処にもあるってぇもんじゃあねぇ。 もも、りんご、白ぶどうのMIX果汁に加え、7種類のビタミンを配合したってぇ代物さぁ! 旬の果物に通う熱き血潮をブレンドしたこの一品、どう見たって味の安定感は太鼓判、動かざること山の如し! おまけに身体にも良いと来ちゃあ、皆ニコニコ身体ヨロコブこと請け合いだよ!

作ってるのが日清ヨークでなければな。

その一点を見逃していたなら確実にスルーしていたと思われ。だって前口上通り普通に美味しそうなんだもん(おい)。あくまで乳酸菌と無炭酸にこだわる闇の錬金術師集団こと日清ヨークが作り上げたと考えると、一見何の変哲もないこの商品は正に異端児。見識を広げるために交換留学社員を迎え、新たな開発部署でも設立したんじゃないかと勘繰りたくなるほどです。とはいえ、それはあくまで表面上のお話。どうせ中身はまた一筋縄ではいかないブツなんぐんぐ……

すっきり故にもやっとしてる気分。

おかしいだろ!? 日清ヨーク製の飲料がすっきりしてるなんておかしいだろッ!? 腹違い平行棒も甚だしいッ!!(止まれ) ももの味わいをベースとしながらも、ビタミン性を重視したようなややジューシーさを前面に出した甘さ。後味がしつこくないのは恐らくりんごと白ぶどうによる裏方作業がグッジョブなおかげ。この手の健康飲料を全くと言っていいほど飲まないので比較は出来ませんが、充分及第点と言えるのではないかと。というか、個人的な感想としましてはね?

ちゃんと飲める物体な時点で大金星上げたいデス。

よくやった、父ちゃん嬉しいよ! 流石は俺の子だ!(何から何まで違います)

総合評価:世間一般的には十人並みという。


11月21日 「霊は人の不幸の消しゴム係」

 辻褄とは合っているもの。合わせるものに非ず。

 巷ではスピリチュアルなる言葉がブームになっているそうで。精神的・霊的といった意味を持つこの単語、蓋を開けてみれば何のことはなく、古くからある霊視や前世占いなどの「売らない」全般のことを指すわけですが、何故今になってムーブメントを巻き起こしているのかといえば、原因はまさにそれ。科学技術が進歩した現在に生きる人々は、この「なぜ?」と疑問に思い問い正すという力が弱まっているからだとか。

それでも世の中は疑心暗鬼に満ちている不思議。

古来より自分に都合のいいことだけは信じるのが人間ですかそうですか。だから騙されるんだ!(何が) 病も気からなんて言葉もあるように、占い自体が悪いとは言いません。当たる当たらぬも八卦なら、信じる信じないも八卦。誰だって不安に駆られることはありますし、背中を押して欲しい時も、引き止めて貰いたいと願うことだってあって然るべき。人なんてのはそんなに強くないんですから。でもまあ、

判断丸投げ+占い結果を全て鵜呑みコンボはどうかと思うの。

人……いやもとい、占い師それをカモと言う!(おい) 自らの意思に寄らず、他人の言葉を妄信する。最も安易且つ楽な逃げ道ですよね、それって。もし失敗しても自分に責任はない「と思い込む」ことが出来ますし、「悪いのは私じゃない」なんて台詞もさぞや言い甲斐のあることでしょう。そうですよねー、悪いのは不幸に導いた占いの結果ですよねー。

信じるって決断を下したのはアンタだけどな。

占って貰うかどうか。占いで出た結果をどう捉えるか。ほら、貴方は二回も貴方のオツムで考えてるんですよ? 悪いのはだーれだ?(おいおい) 主体性を放棄し、目先の逃げ場所を得るためにスケープゴートを求める。どん底不幸ドキドキ初体験な人間の反応としては至極真っ当なところではありますが、巣を張って虎視眈々と獲物を待ち受けている詐欺者や宗教団体がウヨウヨしているとあれば、そうも言ってられず。「溺れる者は藁をも掴む」なんて言いますけれど、藁ならまだしも

大きな重しを乗せられる可能性大。

一度、落ちるところまで落ちてみるのもいいですけどね。清濁併せ呑むとも言いますし、得るものは大きいと思います。……戻ってこれれば(ぼそっ)。


11月24日 「日和見だいふく」

 実際にはコタツ入りながら文章打てませんけど。先生、足がとても冷たいです。

 勤労を尊び国民互いに感謝しあうはずが勤労出来ることをマシに思い一方的に首切りを通達される恐怖に怯える日に成り下がっている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。季節ならば大歓迎でも経済界の冬は謹んで辞退したい意向を示すメタトロンです。まだおコタに入ってぬくぬくしてられるご身分なら贅沢なのかもと考えながら、更にセレブ気分を追加するため、ロッテの「雪見だいふく きな粉黒みつ」を食させて頂きたくシルブプレ。

「真のセレブはコンビニでアイス買わないと思いますけど」

「コタツにも入らないわね」

一般に勝ち組と呼ばれる人々がどんな生活を送っているのかなんて想像もつきませんので、今はこれが精一杯セレブ(意味不明)。しかしながら、おコタでアイスを貪ることに対しての是非は兎も角、雪も降らずに雪見だいふくとはこれ如何に。あくまで雪見を名乗るならば、冬のみの期間限定とするのが羊頭狗肉の汚名を返上する唯一無二の手段であると主張したい。や、私があんまり雪見だいふくを好きくないからといった意味合いからでは、決して決して(ぺりぺり……)。

雪というより土饅頭が二丁上がり。

メロンは全然関係ないので悪しからず(意味不明その二)。きな粉に生まれたものの宿命とはいえ、乙女の柔肌を連想させる白さをいとも簡単に捨てさせるなんて……あんまりです、ロッテ! 元から好意を抱いていないので、感情込めずに一般論として申し上げているに過ぎませんが(おい)。さりとて、きな粉と黒みつについては嫌悪感を抱いているわけでもないので、差し引きゼロぐらいで計上してもちゃもちゃ……

一転してマイナス評価に下落。

リーマンも真っ青などんてん返し!(意味不明その三) 個人的な嗜好はあれど、雪見だいふくはもっちゃりな食感こそがジャスティスだと思うわけですよ、私としては。にも拘らず、この子ときたら。きな粉にまみれた外皮は柔らかさを失い、餅の如く伸びること能わず。そして中身はこれでもかと黒みつに侵食され、控えめどころか熟練された腹黒さを思わせるほどの甘さを醸し出しております。てゆーかクドい。ずんばらさと一刀両断するなれば、

心のお気に入りリストにブックマークする人が居たら拍手喝采レベル。

これが汚れちまった悲しみってヤツなのでしょうか(違うと思います)。

総合評価:キナ臭さたっぷり。


11月25日 「白い虚言」

 でも舌は痺れ気味。何が入ってるのか興味本位以外の何かで気になって仕方ない。

 ええい、日清ヨークの開発部門は馬鹿者か!?(挨拶) 北風の何倍も冷たい不況の嵐が吹き荒れる昨今、ハズレ上等な意気込みで挑む意欲作の開発に対して二の足を踏む企業の多い中、此処だけは執拗なまでにあれこれ生み出してくれております。数日前の「ももビタ」に引き続き、今回は白い乳酸菌飲料こと「ニュー・サン・キング」がリフトオフ。方々で撃沈能力に定評のあるお家芸の乳酸菌のみならず、更に特典として

賞味期限が一日過ぎてるおまけつき。

や、あえて期限のヤバいブツを選んで買ったわけではなく、いつもの放置グセが遺憾なく発揮されただけなので悪しからず。大丈夫、いつものことだから!(問題はそこか) 相方である無炭酸の不在がせめてもの救いながら、その程度では予断を許せるはずもなく。そりゃそうですよ、これまでに幾度となく、寧ろ数えるのが面倒なくらい痛い目見てきてますもの。どうせパックの封印を解いただけで、すぐに胸ムカパラダイスな香りが漂うことかと(ぺりぺり……)

「乳酸王にワシはなる!!!」

消費者以外にも訴えられたいのかこの会社。

開封しなければおよそ発見出来ない領域の三角コーナー上部にネタを仕込んでいることから鑑みるに、ワザとだろ、絶対ワザとだろ。「乳酸菌飲料の白い海へ。新たなる航海の始まり」なんて言い逃れ不可なフレーズを用いている以上、勝訴の確立は極めて絶望的だと思います先生。まあ、劣化コピー商品が溢れている時代(とき)は正にノストラダムスなカオス・ザ・ワールドですから、この程度では裁判にもつれ込んだりなんてことはごきゅごきゅ……

味まで他所からコピー済み。

アンバサ! アンバサじゃないか!! いつ帰ってきたんだい!?(落ち着け) 乳酸菌と聞いて想像する味を頭に思い浮かべてください。はい、ワン、ツー、スリーとしか言いようが(おい)。カルピスとこれを利き乳酸菌したら判別可能、アンバサとそれだと判別微妙。そんなグランドグレーゾーン。先日のももビタといい今回といい、もう冒険に夢見る少女じゃいられないということなのか、それとも

売名行為を主眼に置いた時期が終わりを告げただけなのか。

第一印象はガツンと一発。あとは平凡でも掴みが良ければこっちのものだと大阪の人が言ってた(言ってません)。

総合評価:用意してた「新たなる後悔」ってオチを返せ。


11月28日 「怖いハナシ」

 お風呂や音楽、薬酒などが効くそうです。妙に納得、逆説的な意味で。

 いびきが睡眠時無呼吸症候群を引き起こすのは周知の事実ですが、意外なことに目覚ましが鳴る前の起床も相当危険だという事実が判明したようです。何その寝耳に水ならぬ起き抜けに死刑宣告(待てい)。これは一般に「過緊張」と呼ばれ、心や身体の緊張が進み、自らの意思では緩めることが出来ない状態なんだそうで。はい、「私は体内時計が起きる時間を覚えている」なんて得意げに話したことのある人!

私と一緒に可及的速やかに挙手。

目覚ましが職務を全うする前に息の根ならぬスイッチを止めるのが日課でしたが何か?(何かじゃねぇ) これは仕事に出かけなければならないという緊張状態からくる一種の症状であり、ストレスがもりもり増加していく前兆であるとのこと。病気一歩手前の未病となる火種の資質充分なこの過緊張、傾向として何事にも一生懸命で几帳面、真面目、頑張りすぎる人に多いとか。

こっち見んな。

や、もんの凄い勢いで目を逸らされても、それはそれで人として悲しいものがありますけれども(どうしろと)。仕事によらずとも、例えば悩み事なんかを深刻に受け止めて深く考えてみたり、終わったことに対していつまでも慙愧の念を抱えていたりなど、ストレス性鬱病候補生になりやすい性質の方々がそのままそっくり移籍出来る感じなのでしょうなどと

過去の体験からしみじみ思ってみたりするテスト。

一言で済ませるならー、馬鹿正直とかお人よしとか世渡り下手とかクソ真面目とか縁の下の黒子とかいい人止まりとか無味無臭とかー……駄目だ、沢山ありすぎる(おい)。覚醒作用のある交感神経のリズムが乱れ、リラックスするためのスイッチである副交感神経に切り替わらないことで起こるそうなので、上記のうちひとつでも心当たりのある人は何らかの方法でリラックスすることを心がけるといいそうです。しかしご注意、くれぐれも

全力でリラックスしようと意気込まないように。

「……ああいうヤツは怖いぞー。リミッターふり切ってつっ走ってるから、ある日ぷつっと止まったりするんだ」

「怖いこと言わないでよ」

ほっと出来る場所があることって大切だと思います。思いました。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF