平成20年7月分はこちら。専門用語多くてすいません。


7月6日 「時を止める少女」

 楽屋裏2巻楽しいです。中でもこのネタが一番お気に入り。

 それは近所にあるゲーム販売兼古本販売兼CD・ビデオ・DVDレンタルその他諸々な一貫性のない場所へ立ち寄った時のお話。割と古くから利用している馴染みの店であり、今でも週に一度くらいの頻度で足を運んでいる感のあるところですが、その日は何かがいつもと違いました。これでも買って行くかと中古ソフトを手にレジへ歩みを進めたその刹那、私を入店した時からガン見していた(とは同行していたマイブラザーの談)店員さんが一言宣うた。「あのー、○○さん(実名)ですよね?」

――何と答えますか?

1、いえ、名乗るほどの者ではありません。

2、その名は昔の私と共に捨てたッ!!

3、まだ何も盗ってませんよ?

どれを選んでも通報エンド一直線なのは気のせいか。

ちなみにその店員は男性ですので悪しからず。ドラマ的展開を期待した方、残念でした(居るか)。正解はどれでもなく、小首傾げるのを我慢しながら疑問符を浮かべてはみたものの、その顔と声には覚えがあるようなと沈思黙考一秒間。ぴかーんと脳裏に電球が閃くと同時に、謎はすべて解けました。お、お前は……ッ!! 何故、何故こんなところにーッ!?

てゆーか消防の仕事はどうした、いやマジで。

種明かしを致しますと、声をかけてきた店員の正体は私の「学校以外の何処か」での後輩であり、某機関から抜け忍した後もちょくちょくと当時のバイト先であるゲーセンに顔を出していた元消防隊員でありましたとさ。一部表現がおかしいのは仕様ですので突っ込まないように(おい)。それにしても意外な再会、そして懐かしい。あれから下手すりゃ二桁もの年数が経とうとしているわけですか。うむ、古き同胞と会話に興じる。良き哉良き哉。

互いにあまり明るい話題はないけども。

最初の職場から一度も変わらず続けられるのって「運が良かった」以外の何物でもないと思う不肖ワタクシ。私のように選択の余地なく稼がざるを得ず、職を選んでもいられなかった類は言うに及ばず、能力や理想と現実とのギャップに絶望した、もしくは個人的な家庭の事情などで精神的に追い詰められた人や、果ては勤め先自体が泡となって消えてしまったetc……。次のような会話が冗談に聞こえない、こんな世の中じゃあ。

「久しぶり」

「ごめんね急にきてもらってー。でも会いたかったよー!!」

「いいよいいよ。タイヤキ買ってきたから一緒に食べよ」

「やったー!! 一年振りだよね!! 何か変わったことあったかー? 彼氏ができたとかさ」

「両親が離婚したよ」

「……」

「……」

「仕事は変わらずに続けてるの?」

「あそこ倒産したんだ」

「……えーと」

「でね、今はケーキ屋さんで働いてる」

「い、いいよなあケーキ屋さん!! 子供の頃夢だったよね!!」

「でもパートだから毎日職安行って仕事探してる……。お母さんは昆布を巻く内職を始めたけど一日頑張っても300円くらいにしかならない」

「タ……タイヤキうめえよ!! これハンパねえ!!」

冗談どころか普通の話に聞こえるのは人としてどうなのか。

不幸というか、不遇話には事欠きませんでしたからねえ、昔っから。例えば幼少期を過ごしたマンションの住人のほとんどが(以下、検閲削除)。


7月7日 「安心の中」

 野暮なことは言いっこなしで。馬に蹴られるのは御免被りますから。

 折角の逢瀬が分厚い雲に阻まれて終了ーな今日この頃っていうか今日本日、皆様如何お過ごしでしょうか。発祥の地以外で天気悪かろうがどーだろうが関係なくね? とか考えてみる天邪鬼なメタトロンです。紙面に取り上げられるようなイベントも当日にはないしな!(止まれ) 実際に遠距離恋愛してるような妄想全開バカップルの方々は思わず感情移入もしてしまいそうなものですが、そんなものは何処吹く風よな人間が此処に。そも私の場合、川は川でも

渡るのは三途の川になっちゃいますし。

まだその行事には一ヶ月くらい早い! てゆーか行くなー!!(だから止まれ) 閑話休題、牽牛織女といえば朝から晩までイチャイチャ(以下、堪忍袋の緒が切れるまでループ)しすぎて天帝の怒りを買ったという天上天下唯我バカップルな伝承がメジャーだと思われますが、中国の民話では所謂「羽衣伝説」に近い「天河配」と呼ばれるバリエーションも存在してたり。いやはや、それにしても一見知名度低そうな名称が

麻雀の役名として検索にヒットしたのには噴いた。

いい歳して麻雀のマの字も知りませんので、そりゃあデータベースに存在してない用法だよなあと頷いたとか、頷かなかったとか。そんな幸薄そう……じゃなかった、一般的には縁遠そうな後者は兎も角、有名な前者の話を思い出すたび、脳裏を過ぎるフレーズがあります。「ありがとう…」でお馴染みのKOKIAさんが歌う、多分マイナーな曲なんですがね。ちなみにこんな歌詞で。

 

 安心の中にいる人 それほどのダメージもないから

 わがままに慣れてしまったのね ここから出る必要があるわ

 思い知るくらいがいい 大切な人のためなら

 しっかりした腕の中にもう一度抱きなおすため

 

 ねぇ次の瞬間に すべてが終わるなら

 愛する人の顔を浮かべて

 どんな風に笑って どんな風に泣いたか 思い出す人でしょう

 

 約束は1つがいい 守るものも1つでいい

 欲張りに慣れてしまった私は あなたを失う必要があるわ

 

 やり直しが出来る人生なら

 間違わずに傷つけずにゆけたでしょうか?

 何もせずに後悔するくらいなら

 この痛みも……

 

 あぁ あなた

 あぁ 感じてる

 あぁ 今も

 愛してる

 

 ねぇ時間が戻るなら あなたのすべてを心に焼き付けられるでしょうか?

 その腕 その髪 その顔 その声 すべてが当たり前だった

 1分1秒 大事に噛みしめて 生きてゆくことはできないのでしょうか?

 安心の中で失ったものを 取り戻したいのです

 

 ねぇねぇねぇ……

 生きてる痛み

 

 ねぇ次の瞬間に すべてが終わるなら

 愛する人の顔を浮かべて

 どんな風に笑って どんな風に泣いたか 思い出す人でしょう

 

 安心の中にいる人

 眠りにつく前ベッドの上

 愛する人の顔を浮かべ

 気づいてほしい 当たり前の幸せに

 

今日も、明日も、明後日も。それぞれが一度きりの「特別な日」。……握っててくださいな、掌から零れ落ちぬように。


7月12日 「Occupation Gap」

 章題にcaseが使われているとswitch文にしか見えん。わざとだろ、絶対わざとだろ。

 プログラムのアルゴリズムについて学ぼうと参考書を物色していた際、一冊の本が目に留まりました。コンピュータ関係の新刊コーナーに平積みされていたその書籍のタイトルは「Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック リターンズ」。ジャンルとしてはエッセイというか、ちょっと前から静かなブームになっているサブカルチャー本に近いものとでも言えばいいのでしょうか。

脳みそ的にはサボタージュ本だけどもな。

適度にオブジェクト指向インスタンスを解放してリソースの確保に務めないと、あっさり脳内CPUハングしちゃうんですもの。頑張らないを頑張ることも必要だと思うよ!?(意味不明) タイトルからして惹かれるものがあり、結局アルゴリズム入門書と一緒に購入してしまった私。こうした直感に導かれて買った場合はハズレが少ないの法則に漏れず、一通り読み終えてご満悦。同時に先の発言を訂正させて頂きます。

あるある本だわこれ。

趣味か生業かは置くとして、少しでもプログラムを嗜んだことのある御仁ならば、激しく頷くか猛烈に反発ツッコミを入れるかのどちらかは選ばざるを得ない。折角だから俺は赤の(以下略)。そも、表紙からしてそれっぽい。二人の人が対話している図が描かれ、方や何気ない表情で「SEってホニャララでしょ?」と聞き、方や「ちがっ!!」と涙を流して哀を叫ぶ。悲しいけど、これって認識の違いなのよね。

SE=スーパーハッカーとか勘違いしてる人もホントに居るそうですし。

本書の中にもそのままズバリ「SEって、誰でもスーパーハッカーだよね?」なんて項目がありますが、システム設計やモデリング担当な方のみならず、プログラミングが本懐な人にしたって全言語を網羅してるわけではねーですよと。スーパーハッカーをハッキング&クラッキング職人と捉えての発言ならば、そっちの方の知識は皆無なので私ゃなんとも申せませんが。間違ってもプログラム組めるからってコンピュータ完璧超人じゃあないのではと言いたい

C#基準のオブジェクト指向本で属性言われて「?」浮かんだワタクシ。

DB関連とJavaしか嗜んでないせいか、フィールドとメンバ変数って呼び方が一番馴染むんですもの。これ以上覚えること増やさないでー!!(おい) 自分、未だアルゴリズムとUMLを学ぼうって段階の「期待したとおりに動作する“だけ”」なプログラムを試行錯誤して組む程度のぴよグラマ(未満)ですから。これが雲の上にいらっしゃるようなコーディングを極めし者なら、手続き型だろうが宣言型だろうがスプリクトだろうがオブジェクト指向だろうがお茶の子さいさいなのかも

って完璧通り越してバケモノだわそんなの。

一体、何冊の基礎理論書とリファレンス本を頭に突っ込めばいいのやら。「プログラミング言語データベース:人間型」名乗っていいと思うの、そんな人(待てい)。


7月13日 「ゴミクズと知ってはじめの一歩」

 これも筆者の言。「きっとなんか『少しは価値があるんじゃ』って勘違いしてたんだろうな。そう思いたかったというか」

 興味のない方には大変申し訳ありませんが、続けて「Dr.きたみりゅうじの(中略)リターンズ」話。この本に収められているのは、書き下ろしを除いて全25話。どの質問を見ても「ああ、そういう勘違いしそうね」と納得しそうな内容ばかり。「SEって、ゲーム好きが多いよね」なんてライトなものがあるかと思えば、「SEって、ひとり言が多くてコワくない?」といった

流石に誤解と力説したくなる人間的にヘビィなものまで。

著者の「適度にはき出さんとパンクしちゃうのココロです」という回答は的を射ていると思いますです、はい。頭の中で全て整理するよりも、五感を刺激して関連付けた方が認識しやすくなるため、再確認の意味合いを持ってついついアレコレ喋っちゃうらしいです、理屈としては。ソース見て指差呼称しながら流れ追いつつ、「ここがこうだからああなって〜……で、ここでコイツを引き渡して〜」などとブツブツ言うのなんて日常茶飯事ですとも!!

つまりTV相手に話してるのと同義ではないので悪しからず。

や、どちらにしても「ひとり言呟いてて怖い」って事自体の否定にはなりゃしませんがね!!(おい) 他にも「SEなら、もちろんブラインドタッチだよね?」とか「やっぱSEって、英語バリバリなわけだよね?」等々ありますが、中でも一番感銘を受けたのが書き下ろしである「ゴミクズと知ってはじめの一歩」。著者の体験談が記されたこの項目を要約しますと、

「キミのため」とかほざく輩にロクなヤツはいねぇ。

ちなみに「『幸せにしてあげる』とか平気で宣うヤツを信用するな」は私の持論。関係ありませんかそうですか。さておき、先のまとめ方ではいまいち要領を得ないことは想像に難くありませんので、軽く背景と経緯を説明させて頂きたいと思います。まだ筆者が大学卒業後に入社し、教育制度のでたらめさ加減に鬱々としながらも、手を差し伸べてくれる若干名の先輩のお陰で何とか持ち堪えていた時のお話――

それは入社半年にも満たないくらいの頃、とある先輩と同期2人とで飲みに行った時のこと。酔いの回ったその先輩は「お前らのために言うといたるけどなぁ」と前置きし、お世話になっている先輩の悪口を言い始める。「ワガママ」と呼ばれることが多く、出社拒否することも多いが、プログラムの腕前だけは確か。そんな典型的視野狭窄人間である先輩の意見に阿諛追従しなかった筆者。そうこうするうちにワガママ先輩がブチ切れ、筆者をぶん殴る。

てゆーか社会にこういう人間多いですよねホント。

ひとつでも取り得があるだけマシなのかどうなのかと考えつつ、本題にUターン。殴られ続ける中、夢中で手を伸ばし力を込めると意外にあっさり攻守逆転。マウントポジションで拳を振り上げるも、その拳が火花を散らすことはなく。邪魔をしたのは「仕事だけは出来るこの人を今殴ったら、会社に来なくなる=同じチームの人が困る。でも、俺が居なくたって誰も困らない。そんな人間が迷惑かけることだけいっちょ前に出来るなんて、いいわけないじゃん……」という思い。

多分ここで殴ってたら予想通りの結末だったに一票。

自分勝手は「自分が可愛い」ではなく「自分だけが可愛い」人なんだと思います。そんな葛藤もおかまいなしに、再び続くワガママ先輩の暴力。そこで意識は飛び、次に記憶が戻ったのは明け方の白み始めた空の下、同期に声をかけてタクシーを降りる場面。自宅までは一本の路地、当然ながらそんな時間に人影はなく……以下、原文のままで抜粋。

その道を歩きながら……泣いた

「自分には価値がないんだ」

「ゴミクズと同じ」

「ただ迷惑をかけるしかできない」

「邪魔な存在」

あそこで殴り返せなかったことが

否応なしにその現実を自覚させて……

そんな価値のない自分が悔しくて

悲しくて

泣いた……

ついでに私も昔を思い出して泣けてきた。

とある職場で聞かされた話にこんなのが。「成功者は10代で結果を出し、20代で挫折し、30代で功を成す」そうで。……ま、それを教えてくれた企業さんは去年に業務停止命令喰らって、今年で倒産しちゃったみたいですが、ね(ぼそっ)。


7月16日 「酸味痛い」

 更に練り込まれたピールが追い討ち気味。やるせなさ全開。

 Java頑張りすぎたせいでSQLを綺麗さっぱり忘れちゃいました先生(挨拶)。元よりSQLには戻るつもりだったとはいえ、Javaっつーかオブジェクト指向型言語の根幹を掴むのに、時間と脳内リソース割き過ぎたのは大きな誤算。いっそサーブレットまでしっかり習得してからSQL学んだ方が早かったんじゃないかしらんと思う、サーブレット詳細講座を後に控えた今日この頃。てゆーかですね、JavaでもちゃんとDBと連携出来るってんなら

下手にPHPとか絡めるのやめてください心底。

半ばコイツのせいで混乱したようなものだしなあ。汎用性と普及率から考えるとどっちが有用なのかは分かりませんけど私ゃ。でも、これだけは言える。オブジェクト指向を全く理解していない状態で、クラスだのコンストラクタだの関数だのthisだのnewだのreturnだのつらつら並べられたって分かってたまるかそんなもんと。今なら言語間における方言の違いさえ覚えてしまえばどうにでもなるんでしょうが、

おかげさまですっかり苦手意識芽生えてますよこんちくしょう。

最初に習ったのがPerlなら、推移としてはPHP→Javaってのは間違いではないんでしょうけど……あ、そういえばPerlもロクすっぽ覚えてないわ、もう(おい)。そんな誰も興味なさそうな近況報告も終わったところで、休憩ついでに糖分補給でも致しましょうか。菓子パンの何大勢力かには多分入ってそうなフジパンさんから、暑い季節に相応しそうなこの一品! 「マンゴー&オレンジメロンパン」、お呼びとあらば即参上!!

一年前の時空から。

……えー、形状っつーか特徴っつーか、見たまんま当時のツッコミどころがひとつに絞れん様相を呈していたりなんちゃったりするわけですが。大事なのは変わらずにいることとでも言う気か貴様!?(落ち着け) 謳い文句も「ビス生地にオレンジ果汁とピールを練り込み、マンゴージャムを入れました」などと平凡パンチ。以前のようにチーズなんてお門違いな物を突っ込まないだけ進歩と言えなくもぎゅもぎゅ……

溢れ出る煮ジャム。

サスーン・クォリティ!!?(止まれ) ちょ……これ違う! 去年のと全然違う!! やたらとべとつくメロンパンっぽく見せかけたかったビスケット生地紛いのその中に、これでもかと詰め込まれたパッション満点のペースト状物体。過剰なまでに柑橘系な味わいは、果たして中身だけの為せる業か。いや、この際味についてはとやかく言うまい。だが、ひとつだけ聞かせてくれ。

舌が若干痺れ気味なのはなんでだ。

お、お前……まさかパイナップルのヤツとー!?(戻って来い)

総合評価:頑張れ(何を)。


7月22日 「佐川滅入る便」

 佐川メール便に対しての世間の評価は酷いなんてものじゃ。悪評というより罵詈雑言と形容した方が相応しい。

 世間一般にはアナグラムを用いてkonozamaと揶揄されることが多いらしい某大型通販店。話を聞くに、そのアマげふんげふんは品物の到着が遅く、酷い時には郵送物の破損・紛失もそれなりの頻度であるとかないとか。私も自分の足で探しても見つかりそうもないもの等を購入するのに幾度となくお世話になっておりますが、一度としてそういった経験がないのは非常に稀なケースだったんでしょうかねえ。

今回で見事にレア度下げられましたけど。

信じたばかりにこのザマだ!(何が) 事の発端は先々週末にまで遡ります。「Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック リターンズ」に感銘を受け、どうせなら前身であるところの無印な勘違いクリニックも読んでみようかと、ぽちぽちぽちとクリックを繰り返して注文したのが土曜日のお話。次の日になって配送状況が「配達中です」にシフトしたため、連休中には読めそうだとそわそわしてたら

そのまま一週間放置プレイ。

お前んトコは二足歩行でひとつひとつ真心込めてHeart to Heartな配達がモットーとでも言うつもりかと。それなら許すけどね!(待てい) いくらなんでもこれはおかしいっつーか堪忍袋の緒が切れるわと一昨日に問い合わせをしたところ、次の日に定型文の「確認いたします」メールが元気に到達。これなら一両日中くらいには届くかなと思った矢先、今日帰宅したらメール便がin 玄関。やれやれ、やっと着きましたかと安堵しつつぺりぺりめくると、中からは珠のような

ペルソナ4のサントラがおぎゃあと爆誕。

違ッ!? これ違うよ!? いやまあ一昨日注文した物だから間違いではないけれども!! てゆーか早ッ!! フラゲ万歳!?(落ち着け) な、なんでどっちも同じ佐川メール便なのに、こっちだけ予想外にちょっぱやでヘイお待ちしやがりますか。これはこれで嬉しいサプライズとして心の中のアルバムにそっと綴っておくにしても、やはり先の一件が気になるのは最早必然。えーと、配送状況に何か動きはあったかな、っと……(ぽちぽち)

「住所・お受取人が不明です」

どうやって届いたというのか手元の荷物。

つか現在地を見るに、どう考えても送り主んところまで持ち帰られてるんですけど!? ♪仕事っしろー 仕事しろ 公務員 政治家並みかゴルァ♪ とか可愛らしく且つ声高らかに歌っちゃうぞ!?(だから落ち着け) どうせろくすっぽ調べもしなかったか、面倒だったかのどっちかなんでしょうけど……金貰って信用と品物を運んでるって自覚ねーのか貴様らと。もういいです、再送頼む気もさらっさらありませんし、クレームつけて注文取消して貰います。

学校近くの本屋に置いてあるしな同じ本。

発見したのが注文した後だったクマ。だから仕方なかったんクマ(何処の世界からきやがりましたか)。


7月26日 「粋か」

 海を連想した人はアウトドア派、涙を連想した人はライブドア派。……あれ?

 呆れ果てるほど毎日が最高気温レコード記念日な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。JSP&サーブレットのせいで心身共に火照りすぎてそろそろ人体発火でも余芸として習得しておこうかと思いたくもなるメタトロンです。MVCモデルの概念と繋がりに関してはそう難しくもないんですが、ファイルの階層構造が変に深いせいで、引っ張ってくるファイルのパス指定が相対だともうワケわかめ。どれくらい混乱極まっているかというと、JSPで使うHTMLタグの方が

Javaのコーディングより難易度高く感じるほどに。

関数と変数はちゃんと設定した通りに動いてくれる可愛い子!(戻れ) JDBCのクラスパス設定で暴れたくなった時みたく、気付いてしまえば「そんなことかよコンチクショー!!」と絶叫しそうな程度のことなんでしょうけどね、恐らくは。安易に答え聞くのもなんですし、もうちょい自分で調べてみますといったところで、本日のお菓子ー。ネスレのキットカットさんが真夏のTPOに合わせて衣替え、「ネスレ キットカット すいか」であります!!

腹下しストライクっぽいコンビなのは気のせいか。

本物のすいかとチョコでは食い合わせ悪そうですけどね。チョコの油分がどの程度のものかは測りかねますので、確かなことは言えませんけど。こちらの場合は香料を使用しているだけでしょうし、拙くても不味い程度で済むでしょう、多分(おい)。それにしても、チョコ菓子ですいかとはまた珍妙な。日焼けして黒くなったお子ちゃまカブトムシに大人気な果物的野菜とはいえ、実際にチョコへとぶち込む意気や良し! 最早語ることもないでしょうが、一応説明文にも目を通して……

「さっぱりとしたすいかの風味に加えて、塩をふりかけて食べるすいかの味わいを出すために、ウエハースに塩入りクリームをはさみました。」

ただ塩チョコブームに与りたかっただけちゃうんかそれ。

絶対主役が逆転裁判ですってば。砂糖だけでは飽き足らず、遂に塩まで値上がりに!?(止まれ) こうなってくるとすいか本来の瑞々しさや清涼感については期待するべくもないかなと落胆っぽい様子を醸し出しつつ、オイシければどうでもいいかと気を取り直してみる。「オイシイ」はカタカナなのが重要、ここテスト出るからなー(出ません)。んでは、せめてすいからしくマルカジリでもぎゅもぎゅとむぎゅむぎゅ……

百歩譲っても塩チョコと認めざるを得ない。

「塩辛いのに甘い、不思議!」とでも言えば満足なのか!? それで幸せなのか貴様ぁ!?(誰よ) 一瞬だけすいか独特の鼻の奥に抜けるような水っぽい甘みを感じはしますが、その後はとことん塩三昧、あとちょっとだけチョコ。いくら塩チョコが受けたからといって、すいか名乗っといてこれはどうなのと考えるべきか、それとも看過すべきか。売れ行きを最優先にした結果とはいえ、フルーティーを目指して行き着いた先が塩とは、

現実は甘くないってことですか。

塩チョコは涙の味チョコとでも改名した方がいいと思うの。今の世情的に(おい)。

総合評価:サマーソルトって言うな。


7月27日 「Reach Out To The Truth」

 交渉ではなくカード選択でペルソナ貰えたり、登録したペルソナならお金で買い戻せたり。便利な世の中になったもんだ。

 某所で汗水と不満垂らして働いていた頃とは比べ物にならないくらい自由時間はあるくせに、どうも更新しようという意欲が湧かない最近の私。毎日毎日PCの画面とにらめっこしながらあーでもないこーでもないと唸っているせいもあるんでしょうが、理由はそれだけでもないような。やっぱり人間、若干余裕があるとどうしても甘えた方向に足が向くってことなんでしょうかねえ。

「奈良市の職員を見習って、5年に8日働けばいいかなと」

客に蹴られて潰れてしまえそんなトコ。

批判やバッシングで閉めるのならまだマシだとは思います。本当に寂れているところって完全スルーですもんねえ、某秋葉原事件を起こした人間失格の書き込みみたいに。閑話休題、それなら空いた時間をどのように利用しているかといいますと、ここ一週間ほどは専らPS2の「ペルソナ4」に貢いでおります。発売当初はほぼ無関心だったくせに、何たる変わり身かと我ながら苦笑気味。ついでに

昨今は中身のないゲームばっかり出てるという現実にも。

未だにドラクエ5のリメイクが売れていること自体おかしいと個人的見解を示しつつ、本来の話をメソッド使って呼び出し。そもペルソナシリーズは1と2の罪しかプレイしたことがなかった上に、名作といえるほど心に刻まれたわけでもなく。1はキャラ個性以外は平凡そのもの、2はストーリーが秀逸とはいえ、メガテンの肝である悪魔合体システムの排除、並びに交渉システムの完全固定パターン化が大幅マイナス評価。その辺を踏まえた上での感想は

実験作以外の何物でもなく。

や、好意的に見れば意欲作ってことで。好評か不評かだけですよ、名作と意欲作を隔てる境界線なんて(おいおい)。そんなわけで特に興味を引かれることもなかったわけですが、あまりの評判の良さにやってみるかと購入し、見事大ハマリした次第に御座います。音楽、ビジュアルといった目に付きやすい箇所については文句なく、その他についても食い付くに値する要素がてんこ盛り。

でも全キャラ眼鏡着用ってのはどうかと思う。

常時ではなく戦闘フィールド&戦闘中だけとはいえ、流石にやりすぎかと。こういうのを喜ぶ層ってのも存在するんでしょうが、少なくとも私にゃ理解出来ません。そこを除けばキャラの個性や難易度、ペルソナの合体システムや装備品の入手システム等々、正直これで満足しなけりゃどんなRPGつくればいいのよとまで言えそうな満漢全席っぷり。具体例を交えて特徴を分かりやすく解説するならば……

・自由行動時間を利用してパラメータを上げたり、他キャラと交友を深めたり、バイトしたりする→ガンパレ

・やるかやられるか、その緊張感が堪らない容赦なき戦闘難易度→ミンサガ

・ダンジョン構造はランダム生成、入手出来るアイテム数、種類もまちまち→トルネコ

・敵から得たドロップアイテムを売却し、それによって購入可能な装備品が追加→世界樹

ヘビィゲーマー御用達ですかそうですか。

よくよく見ると世間の通説として難易度高いとされるゲーム名ばかり列挙されていますが、ハッピーチャイルドだから気にしない(意味不明)。真面目さを踏まえながらも基本はライトでポップ且つギャグとノリツッコミ満載なストーリー展開なため、所謂ダーク好きなメガテンフリークにはウケが悪いのかも。ですが、難易度調整も出来る=ライトな人もヘビィなゲーマーも楽しめますし、余程感性が合わないと目くじら立てる人でもなければ、凡そ万人向けの秀作といっていいのではないでしょうか。

チュートリアルがものっそ長いけどな。

まともにダンジョン探索可能になるまでウン時間とかねーわ。……でも、ガンパレ未経験者とかだと要領掴めないんだろうなあ、これくらいないと。


7月31日 「光無陰」

 マスゴミレンズを通して見る世界は汚れきって。便利と勤勉は反比例、か。

 どうも、index.htmlに入力フォームを設置してPOST送信すればちゃんとDBからデータ引っ張ってくるくせにwebから直でサーブレット行くとなんで上手くいかないかなぁと丸一日頭捻っていたメタトロンですって長いな(今更か)。doGetメソッドにjsp切り替えしか書いてなけりゃ、そりゃ意図した通りに動くわけねーわと苦笑い。まだ勉強中だからいいようなものの、これが仕事だったら給料泥棒どころの騒ぎじゃねーですよ。

それでも公務員よりは働いてそうだけどな。

極一部では忙しいのかも知れません。十把一絡げにして非難するのもどうかとは思います。でもね、実しやかに噂される「9時前に仕事始めたら怒られて、定時前に帰り支度済んでないと怒られる」なんてのが冗談に聞こえないような坊ちゃん公務員ばっかり見てきてるだけに、否定は無理。無理無茶無謀(そこまで)。で、ちょいと前にタクシー問題で国民の怒りを買いながらも今期のボーナスは上向き加減という公僕の僕ちゃん達が、今度は勤務時間まで短縮しようと画策しているそうで。

上向き加減どころかいい加減にしとけと。

しかもその言い分がこれまた。「人事院による2004年〜7年の民間給与実態調査結果から概算して、民間準拠の原則から国家公務員の時短が必要と判断した」なんて仰るんですよ奥様。民間の勤務時間平均が7時間45分前後? 何たわけたこと抜かしてんですかあんたら。そんないつもにこにこ定時上がりな職場なんて、税金で生かされている偉そうな奴隷の溜まり場ぐらいしか御座いませんよと。……ああ、そういや四年間ほど勤めた某所は「毎日定時なら」そんなもんでしたっけ。

ろくすっぽ休憩中すら休めなかったけどな。

10分ある小休止中、2分もへたり込んでられりゃ上等なんて状況でしたがなにか? つーかですね、凡そ民間で企業と呼ばれるお金儲けが目的の組織は、お昼休みとか休憩なんざ普通は実働時間に含みません。つまり9時から5時まで「職場に居た」ことを「働いてる」なんて形容しないわけですよ。それどころかネカフェと勘違いしてるかの如くネットジャンキーならぬネットモンキーになってたり、あまつさえ、

家帰って寝てるとか論外。

や、給金が基本給0円+歩合制の外交員だってんなら何も言いませんけどね。寧ろ歩合制にすべきだと思います。まずは月初めに今月度の仕事内容と工数などの見積もりを公表。仕事量は100パーセント頑張って達成出来るラインから二割増が標準ラインで。ちゃんと進捗状況を一軒一軒出向いて「お客様」に逐一報告し、納期を守れそうにないなら土下座すら厭わない。休日返上、残業上等。粉骨砕身の覚悟で精一杯ご奉仕致します!

当然のように超過分は全部サービス残業な。

こんぐらいやるなら一日辺り15分の時短も認めてくれるんじゃありませんかね、ダ・シャイン(駄社員)に対して滲んだお札を渡してくれている、優しい優しい「国民」という名のお客様なら。……手前の背負う責務に誇りすら持てないようなのが、なんで世に憚るかね。「清濁併せ呑む」なんてのも最早死語か。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF