平成23年4月分はこちら。チームラに毒されたり、その他に毒されたり。つまりいつも通りだ。


4月3日 「砕け……散れエエエェッ!!」

 コードブレイカーのラ’ムーラで大苦戦。倒せはしたもののLV33〜35だとまだ低かったのだろうか。

 3月中旬に購入し、そのまま連日のように余した時間を投入している「ジェネレーションエクス 1・2・3パック」。その甲斐あってか現在は三作目であるコードリアライズに突入中です。それにしてもまさかの予想外。「迷宮クロスブラッド」をプレイし、その前身にも興味を持った時にはユーザビリティその他諸々の観点からプレイするなら順を追ってがベストと信じて疑わなかったわけですが、最初に手を付けたのがクロブラであった運命の悪戯に感謝したい。もし万が一コードハザードからプレイしていたら、

間違いなく続編買ってない&見向きもしていなかった。

うん、ぶっちゃけ駄ゲーどころかクソゲー呼ばわりされても仕方ないと思うんだ。その辺は個人の好みの問題なども多分に含むはずなので、明言はすれども同意は求めませんが。クロブラやシリーズ後発作に比べてという意味ではなく、単純にゲームとして破綻しているというレベル。明らかに悪いゲームバランスや、お世辞にも快適とはいえないインターフェイス周り、そして何より青天井を常とするハック&スラッシュゲーにも関わらず

LVキャップがたったの15という喧嘩の売りっぷり。

育てる楽しみがなければ、そりゃあやる気も失せるわ。続編をプレイするための通過儀礼とでも思わなければ、絶対途中で投げ捨ててたと断言出来ますもの。野口さん二人程度で購入出来る同人ゲーとしてなら「やっちゃったー」程度で済みますが、発売当時の定価である樋口さんお一人様に相当する価値があるとは到底思えません。というかですね、自由なキャラやパーティーメイキングが何よりウリなはずのゲームで

戦術が完全に詰め将棋とかどういうことなの。

ノノを魔術士抜きで倒せた猛者が居たら見てみたいわ。バーストアレイド&マジックバーストのスペルで一撃必殺以外に倒せる方法がないとか、マジ脳筋涙目。や、ピヨらせることが出来れば可能なのかも知れませんが、低確率に賭けて長期戦を挑むだけの体力なんてありませんもの。次回作のコードブレイカーにも言えることですが、瞬間火力がないとジリ貧どころか撃破不可能なのが最大のネック。無理に決まってますよ、ボスなんて大概リジェネ持ち&平気で全快するんですから。

数ターン置きじゃなくて毎ターンな。

10ターンほどで全体力の約3分の2を自動回復するクロブラのデウス・エクス・マキナに血管ぶち切れそうになった私はまだ甘かったらしい。容赦的な意味で。あまりにも魅力がないを通り越して陳腐極まりないストーリーに辟易していたことも手伝い、私にしてはらしくなく追加シナリオを投げてコードブレイカーへと移行しました。意地でブラッドSIZ解放までは果たしましたが、愛国イベントは受領直後にスルー。面白くないこと、有意義でないことに割く時間はありませんから。

これを書いている時間も無駄と言えなくもないと気付かない方が幸せでしょうか。

むー……どうも最近負の面が出やすいというか、変な方向に引き摺られているような気がしてなりませんなあ。社会情勢が影響しているのかしら。ともあれ、第二作目のコードブレイカーは一皮も二皮も剥け、骨太なゲームを好む御仁にも充分ご満足頂ける出来だと思います。唯一の問題点は実質上コードハザード経験者(というかクリアした人)でないとプレイがおぼつかない点でしょうか。ああいえ、ストーリーやバックボーン的な話ではなく、最初から敵の強さが

前作のLVキャップまで育ててあること前提なので。

いきなりLV20の敵が出てきて噴いた。一応、オプションでイージーモードに常時変更も可能なようですが……何が変わるんだろうなあ、実際。いじったことがない&いじるつもりもないので分かりかねます。

 

リアライズして欲しい余談:強くてニューゲームが出来ず、完全新規のパーティーで挑むことになる第三作目ことコードリアライズ。折角なのでクロブラから設定を引き継いでいたパーティーを一時お休み(注:終盤になると前作から引き継いだキャラも参戦可能らしい)させ、新規キャラ&パーティーのグラフィックをいそいそとクロブラで作成し……はい、白状します。コードハザードからこっち、キャラのグラフィックについては

クロブラキャラのSSを流用しユーザーアイコンとして使用が仕様。

NPC達はまだしも、愛着第一な自パーティーのキャラまでは流石に妥協出来ませんでした。百歩譲っても無理。無理無茶無謀。閑話休題、装いと気持ちも新たに若葉マークのコードライザーとプレイヤー含めて七人八脚。敵を倒して戻ってちまちまLV上げてアイテム拾ってと、実に楽しい低LVマゾライフを難易度ベテランで満喫し、ストーリーが急展開を迎え○○○全域がコードブレイクされた直後、

セーブデータもコードブレイク。

書き込み直後にエラーが出て強制終了。フォルダ内を確認してみたらセーブデータが破損してました。予備もバックアップも取っていなかったため、完全に最初からやり直しです。いい感じに育ってたのになあ。……泣いてもいいですか? 某中等部女子学生のように顔をくしゃくしゃにしてオンオンと犬のように(よくねぇ)。


4月6日 「なんちゃってっつっちゃった」

 謹製の意味を是非とも辞書で引いて欲しい今日この頃。どんな心を込めたというのか。

 どうも、今週は週休五日なせいで微妙に手持ち無沙汰なため、平日だけれど更新してみようかと気まぐれを起こしてみたメタトロンです。まだ来週の操業予定も絶賛不透明中なので、下手をすればどんどん隙間時間が増量の刑。あまりに暇すぎて本気で過去データを参考にしたロト6ランダム数字生成アプリでもJavaで作ろうと考えたりトカ、考えなかったりトカ。

確実にExcelのVBAでマクロ組んだ方が早いと思いつつ。

きちんと学んだわけでも触れる機会があったわけでもありませんが、嗜みとしてプログラミング入門書を購入して軽く目を通してみた感想としては、オブジェクト指向型言語の概念を掴んでいれば簡単に扱えそうかなというのが正直なところ。習得順と敷居の高さが明らかに逆だろと言ってはいけない。クラスやらメソッドやら変数やらに頭を悩ませた眠れぬ日々も、振り返ってみれば良い思い出です。

プログラミングすることすらなくなった今では。

でもまあ、考え方次第ではそれで良かったのかなと。もしもプログラマとしての道を本格的に歩もうとしていたのなら、今頃食うにも困っていた可能性が非常に高いんですもの。社会情勢的に。衣食住に足り、暇だー暇だーとごろごろしていられる幸せを噛み締めながら、水分でも補給しようかと思える平和な日常。チェリオさんからお出ましの、見た目は醤油、頭脳は炭酸。その名も「なんちゃってコーラ」!!

こいつで懲りてなかったのか。

調べてみたところ、どうやら二年前には既に発売されていた模様。このご時世に新製品でもないこんな商品を仕入れた近所のスーパーに敬意を表したい。生きろ(おい)。味以外に関しては以前の「なんちゃってオレンジ」とほぼ同様なので割愛。違いといえばあれこれ書かれていた白抜き文字が大幅に削減され、パッケージ下部に警告っぽく「しょうゆ(本物)は飲まないで下さい!!」と力強く表記があることと、その真上に小さく「丸大豆しょうゆ0.3パーセント入り」と書かれ

って混ぜりゃいいってもんじゃねーだろ。

100パーセント純正か小数点以下の配合率かという問題ではなく、そもそも一気飲みを前提とした物にソイソースを持ってきちゃうことが自体が論点おかしい部分なんだと思うよ!? その開拓者精神に吃驚するわ! 納豆にマヨネーズ入れたりナマコ食っちゃったパイオニアよりは勇者じゃないかも知れないけどな!(止まれ) さて、ツッコミシャウトを高らかに響かせたお陰で、程よく喉も渇いてまいりました。これなら自然な流れでうっかり口をつけちゃっても不可抗力ってもんぐんぐ……

口当たりの若干マイルドな刺身醤油が此処に降誕。

……ッ!? ちょ……マジで待っ……げほっ! げほごほッ!! ……っはぁ〜……って、なんじゃこりゃああああああッ!! 前のオレンジの比じゃないだろこれ!! 酷い! まったく以って非道すぎる!! よくもまあ「なんちゃってコーラをまねてしょうゆ(本物)だけをジュースのように飲むのはぜったいにおやめください!!」なんていけしゃあしゃあと抜かせたもんだな貴様ぁッ!!

これも充分飲めたものじゃないと知っての狼藉か。

寧ろこれを一気飲みするくらいなら醤油選ぶよ!!(そこまでか) ええまあ、例えこれを一息に飲み干したとしても身体には悪くないでしょうよ。少なくともソイソースで同じ暴挙に及ぶよりは。だがしかし、この鼻腔をくすぐる独特の香りはまやかしでもプラシーボ効果でもなく、紛れもない母なる大豆がもたらした恵み。そこはかとなくコーラっぽい物体なせいか、妙に甘ったるいのが更なる救えなさを醸し出す。これこそ正に現世へと舞い降りたパンドラファックと呼ばれし絶望!!

なので排水溝という名の希望も蓋もない箱に流す封印の刑。

……飲める飲めないの問題じゃなくて、心と身体が一致団結して「飲みたくない」とボイコットする飲料なんて久々なんじゃなかろうか。これには遠く及ばないまでも。

総合評価:調味料として再就職したいって言われてもねえ……。甘いよ、君は。


4月8日 「リーサルパッチ以降に期待」

 書いてて「殺」って文字がゲシュタルト崩壊してきました。そんな物騒な文字でお前。

 通してプレイするとそれなりに暇潰しになるなあと私の脳内で割と好評な「ジェネレーションエクス 1・2・3パック」。三作目であるコードリアライズも恐らく終盤戦に差し掛かり、迷宮クロスブラッドでも絶賛大不評だったと思われる不忍プリズンに挑むところで一休み。ここまで遊んでみた感想としては、何というかこう……薄っぺらい。プレイ時間だけなら既にコードブレイカー本編に費やしたのと同等だというのに、印象に残る場面や物語の起伏がなさすぎる。ええまあ、それに関しては

コードブレイカーがわんぱく過ぎたというのも否めませんが。

ホットスタートにも程がある上に、ストーリー的にも盛り上がる部分が多かったですからねえ。それに比べると前半の○○○全域コードブレイク→時をかける少年少女の一連イベントを除けば、あちこちに点在するセブンハンドをただひたすら狩るだけの誰にでも出来るお仕事です。謎解き要素も従来に比べて物足りなく、相対的な難易度でいけばシリーズ中で一番易しいんじゃないでしょうか。戦闘についても然り。サブブラッド以外はレベル上げに勤しんだ覚えもないというのに

こっちより敵の方がレベル低いとか殺る気あるのかと。

誤字らしく見えて誤字に非ず。殺意のない敵なんて嫌いだ! 大ッ嫌いだッ!!(意味不明) そもにして、基本的に敵が弱すぎるっていうのも大きな問題点。クロブラ含めて今までは王騎士のイージス+マジックシェル or 聖術士のマナシールドが雑魚戦ですら鉄板=そうでもしないと速攻でパーティーが崩壊していたというのに、余程のことがない限りそんな事をする必要はナッシング。「よーしパパ二刀流でプロヴィデンスしちゃうぞー」なんて場面も多々。「常駐スペル? 何それ美味しいの?」でも無問題とか、もうね。ぶっちゃけ、

LV1→2に上げるのが最難関だったと思うの。

相応のレベルと装備品が揃って軌道に乗れば、後はクエストの流れに身を任せ、順調に逞しく育てればいいだけ感が非常に強い。セブンハンドなんていかにも中二臭バリバリな設定を持ってきているだけに、苛烈を極める激戦を期待していたというのが本心偽らぬところ。ハザード、ブレイカーと経てきているのであれば当然の欲求ではありつつも。それが蓋を開けてみれば……がっかりですよ。セブンハンドの一柱であり、後半戦の壁として立ち塞がるはずのサンタマリアが

バーストアレイド&マジックバースト込みのダークワーク一発で堕ちるとか。

や、ハザードでもそれがボスクラスに対しての有効且つ唯一無二の攻略法ではありましたが、「一撃で殺らなければ殺られるし殺れない」と「一撃で殺らなくても殺られないし殺れるけど面倒だから」では天と地ほどの差があるわけで。二、三ターン先の行動まで考えて一手一手を慎重に打つなんて思考でなければ生き残れなかった過去二作品&クロブラの終盤戦以降と違い、特に考えなしでもレベリングさえ正しい意味での適当であればどうにでもなる。そんな初心者向け作品風味

って三部作の締めがそれでいいのか。

ユーザビリティやシステムの充実度は間違いなく三作品の中で最高峰でしょうけどね。ただ、三部作の中でどれかひとつだけ勧めるとすれば、私は迷わずコードブレイカーを推します。詰め将棋と考えなしのどちらも好みではありませんから。


4月12日 「最強にして最凶の敵」

 総合評価は良ゲー手前の凡作。基準がクロブラだからなのか、どうなのか。

 じゃじゃ馬な隊長をぶちのめしついでにアメリカへ搬送したところで「コードリアライズ」終了のお知らせ。どうでもいいがアリスさん、6対6とか宣っておいてこっちが人数減らしてたらどうするつもりだったのか詳しく。あと、簡単に契約されちゃうような木偶人形を味方としてカウントするのはやめた方がいいと思うの。特に対策を練るまでもなく、いつも通りの戦術で問題なく勝利したのも自明の理。明らかに惰性ですもんねえ。どう考えても本命はその前のクエストである「○○○○○救出作戦」での

運にしか左右されないデウス・エクス・マキナ戦。

クロブラでもさんざ苦労させられたものですが、今回はそれに輪をかけて酷い。いや、超高威力の滅化付き複数回ヒット攻撃や状態異常付加の全体攻撃に関してはまだ打つ手があるのでいいのですが、最大の問題且つ第一関門なのはお供のエクスホールが放つ拉致監禁(微妙に違)。クロブラと違ってライザーデコイでの回避が出来ないため、本当に運任せになってしまうのです。ぶっちゃけ、

魔術士拉致られたらリセットの覚悟完了。

一体だけならまだしも、四体連続で連れ去りなんてかまされた日にはどうしろと。必殺コンボであるバーストアレイド&マジックバースト込みのアトミックワークを発動するためには最低でも1ターンを浪費するため、まずそこを抜けられるかどうかが勝負。そして首尾よくエクスホールを一網打尽に出来たとして、そこからがまた運試し。攻撃の要であるサブ武な二刀流戦術士にウェポンタスク&TH強化と万全の体制を整え、いざバーサク五回攻撃!

クロックワークフェイクで大半回避。

ちょ……おま……ACとかTH無視して問答無用でかわしちゃ駄目だろそこは!? 地道にアボイドダウンとヒットアップかけてた私に超謝れ!(落ち着け) な……ならば! 前作および前々作でも数々の難敵を葬り、且つ今作でもさんざんお世話になったバーストアレイド&マジックバースト! 魔術士だけでは寂しすぎるから、おまけに聖術士のブライトワークもつけるよ! これで……ッ! 光に……なぁれぇぇぇッ!!

エクスホール呼び出してかばう→エクスホール死亡確認。

……ッ! ……ッ!!(暴れだしたいのを必死でこらえているらしい) まあ実際には同ターン中に一斉集中砲火をかけているわけですが、ただこれがそれぞれ単発で起こるか、それとも連続で起きるかだけの違いなので、そんなに差異はありません。どちらにしても1ターンで倒しきれないと次ターンで押し切ることも出来ないので。毎ターン全体力の3分の1ほどを回復するタマゴ野郎が憎らしくて仕方ない。ああ、あと

平然とデフォってくるのやめて。

ジェネレーションエクス三部作全てに共通することですが、アンチデフォルトがないせいで一度デフォられたら全て白紙というのが辛すぎる。結局、短期決戦用にチューンするしか対処法がないのは悲しいところ。勝率の9割はレベリングと力任せと運頼みで出来ています。そんなノリ。例外はコードブレイカーでのラ’ムーラ戦くらいですかね。クロブラ除けばあの戦いだけでしたもの。

王騎士のACが−99を記録したのは。

最前衛にウサギを一匹だけ残した状態にし、かけられるだけ補助かけました。主砲のTH強化&ラ’ムーラのACも弱体させまくったため、面白いようにボコボコ攻撃が当たる当たる。そしてムーラさんの地団駄スタンプ外れる外れる。正にフルボッコ。ともあれ、連れ去りにも負けず、クロックワークフェイクにも負けず、最後にはどうにか生きて日輪区の土を踏むことが出来ました。「コンクリートだろ、場所的に考えて」とか言ってはいけない。通常であればリーサルパッチ以降のシナリオに突入するところなのですが……正直やる気ないです。理由、

強制終了&セーブデータ破損多すぎ。

もうダンジョン内でいつブラックスクリーン化するかという恐怖に怯えたり、セーブするたびにデスクトップ画面に戻されやしないかとビクビクする生活は嫌なんですセンセー。クロブラでも強制終了が一回あったっきり、ハザード・ブレイカー両作ではそれすらも起こらなかったというのに、なんたるちや。単に稼ぎやマラソン終えた後ならまだ良しとしよう。だがしかし、一応の区切りである「エンブリオ阻止作戦」終了後に起こるとはどういう了見か。

しかも二回も。

一回目は何とか堪えましたが、二回目で流石にコントローラ投げた。キーボードとマウスとPC本体を大雪山おろししなかったのは優しさです(意味不明)。三度目の正直でエラー地獄から逃れられたものの、何その理不尽と憤っても文句言われる筋もあるまいと胸を張ってみる。プレイを断念する理由としては充分過ぎることでしょう。自分の不始末以外のことで手間を喰うのが大嫌いというのもありますが、それ以上に時間を無駄にするのが勿体無いと

今週は週休六日なヤツが言ってみるテスト。

暇でしょうがありません。積みゲーを消化するのが妥当なところなんでしょうが……もう何買ったかも正確に覚えてないや(おい)。


4月14日 「射幸心を煽る」

 何だかんだ言いながら最後までやりそうな気はします。強制終了とかがなければ。

 あまりの暇さ加減に耐えかねて、ついつい「迷宮クロスブラッド」の三周目に着手してしまいました。二周目もエルジェーベト撃破直後で止まっていることから察するに、今回も飽きたら終了っぽいですが。本来であれば「コードリアライズ」のリーサルパッチシナリオを攻略することが一番良い選択肢とは思いながらも、いつ何時強制終了&セーブデータ破損なんて悲劇が起こるか分からない状況下で楽しめと言われても……ねえ? いくらスリルや緊迫感が大好物とはいっても、

実害を被るドキドキはお引取り願います。

もう単品では売れないだろうなーと開発陣も思っているに違いない三作品をワンパックにして再利用販売するくらいなら、せめてもうちょいデバッグに力入れるなりなんなりして欲しかったかなあと。……いや、重々承知してますけどね。一度組み上げたプログラムを弄ることの怖さとリスクは。でもワガママなのがユーザーということでひとつ。まあ、クロブラ以前に作られたゲームが一部問題ありだと認識しつつも、

PC版「円卓の生徒」を注文した懲りない馬鹿もどうかと思いますが。

発売元の在庫は既に0、加えて現時点ではパッケージ版再販の予定は未定。最後にまとめて出荷したというアマゾンも0。「円卓の生徒 PC 通販」で引っ掛かる通販サイトも須らく在庫切れ。X箱360版の発売に触発されて需要が高まり、恐らくは転売屋に買い漁られたさながら後の祭り状態ながら、絶望的な状況下でも何とかしてしまうのが一種一族の強みなのか。はたまた単に諦めの悪さが結果を生むだけなのか。ともあれ、ひとつだけ言えることは

他に向けろよその労力。

興味のあることに対してしか発動しないので、そんなに強力な固有能力ではないです、多分。近々DL販売が始まるそうですが、「どうしてもパッケージ版が今欲しい!」という方は、適切な検索ワードで根気良くログを追えば何とかなるかもとだけ言っておきます。少なくとも定価の二倍以上を費やして購入する理由なんて何処にもないので、他人の褌で相撲を取るしか能のない輩の私腹を肥やさせるのだけは何卒ご容赦願いたいところ。ああ、あと注文した私が言うのもなんですが、

多分に地雷臭がするのでその辺も良く考慮されますよう。

この手のゲームにおける主人公以外の面子が固定(=キャラメイク不可)は高確率で死亡フラグだと思います。DSで発売された何処ぞのウィザードリィもどき然り。どう足掻いてもクロブラは超えられないだろうなあと半ば確信的な思いを抱きながらも、げに恐ろしきは暇人間の心理かな。「ジェネレーションエクス 1・2・3パック」を買った時のノリに近いものがあるのかも知れません。見た目や先入観に囚われず、とりあえず染まってみようと。そう、例え

体験版を始まって数分で投げていたとしても。

……えー、白状します。実は「コードリアライズ」も「円卓の生徒」も一度は体験版をDLし、プレイしています。本当にものの数分程度なので、そう言っていいものか非常に疑問視されるところではありますが。最後まで遊ばず投げた理由は単純明快。「これはねーわ」と思ったからです。「そんなもん買うなよ」という正論は絶賛受け付ける。だがしかし、住めば都なことはジェネレーションエクスの製品版で証明済み。ただし強制終了等々除く。故に購入へと踏み切った次第に御座います。

踊らされた感が強いのはオフレコの方向で。

ここまで品切れ続出してなかったら、逆に購入しようという気すら起きなかったんじゃないかなあと本音がポツリ。天邪鬼というか、日本人らしいというか。

 

余談っぽい話に本編喰われた余談:本当はこっちをメインに書こうと思っていたのに、どうしてこうなった。クロブラ三周目、今は序盤の鬼門である「女子高生グループ失踪事件」を攻略直後な状態です。流石に三度目ということもあり、前回の反省を活かして極力レベルを上げずに挑んだ今回。結果、メインがLV6、サブがLV4で突破することが出来ました。ここから更に削るのは正直しんどいので勘弁してください。

アボイドビルダーなしはちょっと厳しい。

ええ、今回も回避重視ですよと。ただしやることのえげつなさが前に輪をかけて酷くなってますが。コードリアライズのパーティー設定を引き継いでいるため、従来と違い射術士がリストラ。王/拳・戦/武・武/戦・学/召・魔/聖・聖/魔という編成で挑む、初心者キラーと名高いクエスト。前哨戦は前回とまったく変わらない戦術で望み、さしたる問題もなくクリア。そして迎えた総力戦において用いた策は、名付けるならば

ノーアタック戦法。

ぽかーんとされるのも無理はない。何言ってるのか分からない状態であるとお察しいたす。私もよく分かりません(おい)。LV7まで到達していない以上、スキルを用いて反撃を受けずにダメージを蓄積させるのは至難の業。てゆーか無理。それならいっそ攻撃しなければいいじゃない。それが辿り着いた結論でした。ライカントがこんにちワンからさよなライオンするまで

延々と防御し続ける前衛陣。

ライカントを使役して同士討ちさせる学/召。

バーストアレイド込みのファイアワークスで狼の丸焼きを作る魔/聖。

アボイドビルダー唱え終えたら丸焼き隊に加わる聖/魔。

♪魔法の言葉で た〜のし〜い な〜かま〜が ボボボボーンッ!! AC最高。アーマークラス的な意味で。


4月16日 「…ソラ」

 ハードは当分先になりそう。そもそもクリア可能なのかとか思ったら負けだ。

 どうも、マイノリティなゲームしかやっていないと近所でも評判ではありませんが世に背を向けて歩いているような気がしなくもないメタトロンです。裏切り者の名を受けてコンシューマを捨ててパソゲに走っている時点でもう駄目なのは秘密。「円卓の生徒」も無事に届き、チームムラマサ作品一色ライフかと思えば然に非ず。パッチを当てた後の「ソラ」が非常に熱いため、こっちも気分転換がてらボチボチ遊び

というより熱中度ではこっちの方が数倍上。

また後日詳しくお話しようかとは考えていますが、今のところは限りなく凡作っぽいです、円卓。少なくとも超絶本気モードに突入するほど歯ごたえがあるとはとても思えん。閑話休題、橙汁の同人ゲーなソラに話を戻し戻し。新武器や調整要素のみならず、新たなステージと最高難易度のスペシャル(ただしマッチモードのみ)を追加してくれるEXパッチ。その存在を知ったのは配布後かなり経ってからなので微妙に浦島太郎な話題ではありますが、

今更間口の狭さを憂いても意味がないので気にしない。

語り合える人が居る場合はまた変わってくるんでしょうけどねえ。話題的に旬な時期を逃したからといって、何を損するわけでなし。本人が幸せ=楽しめればそれでいいと思いますです、はい。さて、新規追加されたステージこと、EXステージ。これまでもパターンを掴むまで何度もやり直しはデフォだったわけですが、コイツは更にレベルを大きく上乗せされています。具体的に言えば、どうにかハードの本編をクリア出来た状態の私で

ノーマル相手にサンドバックの刑。

……まあ、最後の方はザッパーの超性能に頼ってゴリ押し気味だったのも災いしているんでしょうが。やっぱりアレは色んな意味で反則武器だと思うわ。ボタン長押しのガードまで解禁した日には初心者救済用以外の何物でもありません。ともあれ、幾度も幾度も幾度も幾度も再挑戦し、ある程度のパターンとコツを掴んだ結果、ようやくノーマルのEXを突破することが出来ました。心臓には相当悪かったですが、それだけに達成感も一入。どれくらいかというと、一度イージーで見たはずのエンディングを眺めながら

不覚にも目が潤んだくらいに。

ちなみに初見時はガチで泣きかけたので悪しからず(おい)。もし一度でも手を付けたことがあるのならば、これを見ずして終わるのはあまりに勿体無いと断言出来る。パッチ適用前の本編エンディングで腑に落ちなかった人なら尚更。ソラ生の八割は損してるよ!(意味不明) だからというわけでもありませんが、ノーマルクリア時のリプレイを編集してみたので、もし「こんなのクリア出来ねぇYO!」とお嘆きの方が見えられましたら参考にしていただけたらなーとか思ってみるテスト。ちなみにソラを全く知らない方に申し上げておきますと、

本当にこれで難易度はノーマルなんです。

……今改めて見てもハードの本編よりキツいと思うわ、やっぱり。よくクリア出来たもんだ。流石にエンディングまでは収録してません(というかリプレイには保存されない)が、それでも若干ネタバレ風味なことを踏まえた上で、好奇心が疼く方はこちらからどうぞ。……といったところで本来ならこの話題は終了なはずなのですが、実は舞台裏でこっそりプチ切れていたりします。

格好良いプレイが出来なかったということでなく。

前半の三段目ハイパー序盤に一発貰ったのは失策だったと思いますけど。調子の良い時は全部抜けられるんですよ? いや、ホントホント。メタ人ウソツカナイ(何者だ)。動画の元を作成する段階でトラブルが生じたわけではありません。寧ろ問題はその動画をキャプチャした時のことだったりするのです。以前にソラのプレイ動画を上げた時にも活躍してくれたソフト「Bandicam」。後に上げるワードでピンと来る or 訪問される方も多いんじゃないでしょうか。即ち、

キャプチャした動画に音声が録音されていない。

なんで前に出来たことが出来なくなっていますかこの野郎。パソコンは退化する生き物以外の何かです!?(落ち着け) や、前にも似たような症状で悩まされたことはあったのですよ。ただ、その時は対象をアクティブにしてなかったせいで上手いこと音が取れてなかったというオチだったため、問題解決にもそう時間はかからず。だがしかし、今回は根本的に異なり、例えウィンドウをアクティブにしててもウンともスンとも言いやしません。

本当に言われたら困るどころか軽く怪談ですが。

永久無料の製品版でも使いたくないなあ、勝手に余分な効果音を追加してくれるソフトとか。悲鳴や恨み言じゃないだけマシとかそういう話じゃないと思うの。それでも音が一切出ないよりはマシなのかなあと現実逃避からそろそろ戻ってきてみる。よくある原因としては主に二つ。使用しているサウンドデバイスにサウンドミキサー機能がないか、もしくはインプットのマイク音量が最小 or ミュートになっているか。一応調べてみても当然のように問題なし。

というかそれで解決するなら最初から困ってません。

曲がりなりにもパソ屋に勤めてた分際なので、その程度は流石に基礎の基礎ですってば。寧ろトラブル解決時のテンプレ扱い。別段オンボードチップのサウンドデバイスに問題が生じているわけでもなしと思いつつドライバ再インストールしてみたり、あーでもないこーでもないと設定やら配線やらいじり、結構いい時間が経過。いい加減にしやがれこん畜生と死んだ魚のような眼で音量プロパティのミキサーデバイスを眺めていたところ、妙な違和感が。カニさんカニさん、何ゆえアウトプット項目に

イン側のボリュームコントロールがありやがりますか。

……原因お前かぁぁぁぁぁッ!!(ザッパーちゃぶ台返し) ああああああ! 無駄にしたッ!! すっげー時間無駄にしたッ!! 最初の問題切り分け時点で「録音関係なんだからインプット側にしか問題ないよね」ってRealtek HD Audio Input関連ばかり洗っていたらそりゃ行き詰るわ!! 誰が出力しかしないアウトプット側に真因が潜んでるとか思うか馬鹿野郎ーッ!! と

HDMIで音声出力してるのが当時と今の環境の根本的な違いだと疑わなかったことを誤魔化してみる。

弁解しておきますと、割と早い段階でそこには気付いたんですが……理由は前述の通り。アウトプットがインプットに影響するわけがないと真因要素から排除してしまったのが最大の愚策であったとさ。めでたくなしめでたくなし。同じ症状で悩み、HDMI経由で音をモニタ or テレビから出力している人がもし居たら、十中八九これが原因だと思います。解決法は以下の通り。ただしOSがXP&私の環境の場合の話なので、単語や操作方法は要適宜変更です。ググればどうということはない。

 

1、タスクトレイの音量を右クリック。[ボリュームコントロールを開く]。

2、左上部にある[オプション]→[プロパティ]→[ミキサーデバイス]の欄にあるoutputデバイスを既存のサウンドデバイス(注:HDMIで音声を出力しているなら、現在選択されているのはグラボメーカーのデバイスなので、それ以外)に変更する。大体この問題で行き詰っている場合はカニチップ(注:元職場のみならず、広く用いられているRealtek製オンボードサウンドデバイスは通称カニと呼ばれる)なはずなので、Realtek HD Audio Outputに変えればOK。

3、HDMIだけで外部出力モニタに接続しているなら当然音は出力されないが、ちゃんと内部的に録音はされている。大丈夫だ、問題ない。

4、動画のキャプチャが終わったらサウンドデバイスを元に戻したらいいと思うよ!!

 

キャプチャするたびにいちいち変更するのが面倒と思うか、それともちゃんと録画出来てコアラッキーと思うかは、君の自由だ。……めんどくせ(待てい)。


4月24日 「スリル? なにそれ美味しいの?」

 ソウルランク7→8の面談と、誤解イベント後の面談は全力で噴いた。どう見てもヒロインです本当に(略)。

 到着から経過した日数で割るとそこそこの密度にはなるのかなあと思いつつも、いまいちハマり切れてない感がもっさりしている「円卓の生徒」。メインシナリオ上の最終決戦場と思われる魔城ドレイゴオルまで到達したものの、どうにもやる気と進行速度が牛歩の如く。まあ各所で3Dダンジョンゲー初心者向け難易度と言われているほど戦闘もヌルくはないようですし、そういう意味での意欲はなくもないんですけどねえ。

引き継ぎ無し一周目MASTERモードでその程度の評価なのはさておき。

※注:MASTERモードとはッ! マニアクスパッチで追加された「その名の通りダンジョンRPGの達人向けの高難易度ゲームモード。円卓の生徒をやり尽くしたプレイヤーの2周目プレイ(シナリオは最初から)を前提とした新たなゲームモードです」 by 公式ページ。資金やクエストによる種族別敵ダメージボーナス及び装備のプラス補正引継ぎを前提とした難易度のため、ど初っ端から折角だからと選ぶプレイヤーはマゾという他ないと思うの。なんだとこの野郎ッ!?

チームラ作品にしては一般層を意識したっぽい作品ということもあり、それくらいで丁度いいビハインドかなと。心得と基本戦術さえ確立されていれば、ただダメージ値が大きいか小さいか、余裕があるかないかだけの違いですもの。運頼みの連れ去りだけはどうにかならないかなーと切望しなくもないですが、多少の不確定要素はあった方が緊張感があるので良しとしましょう。

防御手段が用意されていれば迷わず備えるけどな。

クロブラでライザーデコイのお世話にならずΩフィールド制覇までいけたプレイヤーは100パーセント居ないと断言出来る。事前準備すら怠るようでは土俵に上がることすら許されないのが現実というものだから。閑話休題、まったく以ってハートに火が点かない理由は主に二つ。アイテム収集が楽しくないのと、ストーリー的な盛り上がりが物足りなさ過ぎ。寧ろ後者に至っては

ツッコミどころ多すぎて感情移入も何も。

危険区域に指定されている遥か手前の時点で虫に囲まれて半泣き状態のサウルや、どう見ても後衛なウィザードなのにどうやって遠路はるばるアーレンティールから一人旅してきやがりましたかな世紀末覇エルフことエルサさん等々、最初からアクセル全開で矛盾点ありまくり。それをご都合主義でカバーするのはちょっと辛いものがあるんじゃないかと心の奥底でそっと書き綴ってみたい衝動に駆られる。それを差し引いて全体を見渡してみても、良くて

作家志望な小中学生が書いたラノベもどきレベル。

王道って本当に便利な言葉ですよねー。グーグルで検索したら「使い古し」「ありきたり」なんてのが類語として挙げられそうなくらい。……これで楽しめってのは無理あるだろ、流石に。そこには眼を瞑ったとしても、どうしたって許し難いのが先のアイテム収集が楽しくない点。この手のゲームをする意味ないだろそれと街頭でデモしたいほどではないにせよ、日記に心持ち大きめの文字サイズに太字で書き綴りたくなる程度には叫びたい。不満点を箇条書きにするとこんな感じ。

 

・通常エンカウントではほとんど装備品が手に入らない=通常戦闘はただダルいだけ。

・トラップポイントにエサを撒いて呪いの宝箱持ちな敵をおびき寄せる→装備入手が一般的な入手法となるが、その性質上マップを攻略しながらのアイテム収集は不可能に等しい。

・結果、アイテムを集めるか物語を進行させるかのどちらかに専念する必要がある→それ単なる作業じゃね?

・得られる宝箱の仕様にも大不満。呪いの宝箱というだけあり、須らく呪い(=従来シリーズのトラップ)が仕掛けられているが、罠識別&解除なんてローグライクな選択肢はない。

・じゃあどうやって開けるかというと、無理矢理こじ開ける→トラップ発動! か、もしくは消費アイテムである宝箱の鍵 or スペルの「クリーンカース」を使用して安全に開けることになる。この時点でも相当微妙なのだが……。

・極め付けはこれ。件の「クリーンカース」習得レベルはたったの3。そして消耗MPも僅か2。序盤も序盤で確実且つ安全に罠が回避出来てしまう。なんだそれ。

・更に蛇足気味な追い討ち。「クリーンカース」は呪いを解くスペルのため、宝箱から得られた呪われた装備品(=従来シリーズの未鑑定品)をもあっさりと解呪してしまう。ドキワクの欠片もありゃしない。

・まあ別にその場で解呪しなくても拠点に戻れば全部清められちゃうんだけどね! ……何が楽しいんだよ、マジで。

 

この手のゲームが大好きな人ほど失望せざるを得ない辺りが、初心者向けと言われる由縁なのかもなあと納得してみるテスト。クリア後が本番なのは分かりきっている&コードリアライズと違って動作が非常に安定しているため、一応は続けますが……推進剤が心許なさすぎです、正直。ああ、あとクロブラとかやってみてギャルゲ分が足りないとお嘆きの方は、多少こっちの方が向いているかもしれません。

ツンデレ姫かクーデレ抱き枕の二択っぽいですけど。

……一瞬で別ゲーっぽくなったな、こう書くと。とりあえず開発陣はルーミが大好きすぎると思います。


4月29日 「数を断つ剣なり」

 紹介ページのイメージキャラがどう見てもニンジャなのはワザとなのか。ハラキーリ。

 職を変えて収入に若干の余裕が生まれてからこっち、割と真面目に当てるつもりで購入し続けているロト6。しかしながら、結果はあまり芳しくなく。今まではセット球予想と呼ばれる「10種類用意されている球パターンの出球傾向から探る」という手法プラスその他諸々のロジック(というよりジンクス)を組み合わせて予想を立ててきましたが、この方法だとそもそも出球パターンを読み違えた時点で崩壊。加えて出球パターン自体を読み切ったとしても

往々にして「出現しねーだろこれ」的な球が出る不具合。

予定調和とか仕様とか言われても思わず納得しそうな自分にアンパンチ(意味不明)。そも出現回数をパターン毎に統計を取って出現回数が多い物に絞ってみたところで、そこから本当に出るのはせいぜい1〜2個。あとは平均値付近から出たり、出現回数が極端に少ない大穴から出たりと、予想の中核となる軸数字を決める以外ではあんまり役に立たない雰囲気をこれでもかと醸し出しています。終いには

ほとんど自棄で大穴数字を組み合わせることも多々。

予想の意味ねー! クイックピックやランダム数字生成アプリ使って運試ししてるのと同義ですからそれーッ!! と、自分のやってることをおはようからおやすみまでの一部の時間をほんの少し使って冷静に考えてみた結果、落ち着けという結論が出ました。なんとなく出球傾向は読めてきた気がするけれど、根幹を為す予想法がセット球なのは違う気がする。そう強く感じたため、自分以外の力も借りてみることに。

ぶっちゃけると情報商材の購入。

はいそこ、指差して「ばーかばーか!」とか言わない。泣きますよ? ご近所さんが引くぐらいの勢いで(止まれ)。この手の商材は詐欺のキーワードと抱き合わせで販売されていることが多いってゆーかほぼ大半なのは重々承知していますし、そんな美味い話があるなら日本全国民皆億万長者計画だって発動出来ちゃうことでしょう。だがしかし、そこが発想の裏返し。一目見て嘘臭いカテゴリの中に真実の情報が万が一の確率であるかも知れないとして、普通の人はそれを探そうとするでしょうか?

「つまり貴方は普通じゃないんですね」というツッコミは後で受け付けます。

要は先入観だけで決め付けてしまう危険性を提示したいだけでして。完全に運だけで決まる類の物でなければ、所謂くじに該当する物を継続的に購入している人であれば攻略法を探すのは至極当然の帰結。ただそれが無料であるか有料であるか、違いはそこだけ。お金がかかるというリスクを背負いたくない方はネットの検索→公開ページを閲覧・研究だけで終わるでしょうし、長期的に見て有益であるならば多少の投資も覚悟の上であれば私と同じ道を歩むことかと。というか多分、後者でないと

番号選ぶ形式の宝くじとか買うのは向いてないと思いまス。

「1〜43の数字の中から6つ選ぶだけ」なんてフレーズに簡単そうなイメージを抱く方も多数いらっしゃるかと思われますが、実際に一等を当てようとすると確率にしておよそ609万分の1の狭き門を潜らなければならないわけで。無料の情報に踊らされて素人が分かった風な口を利くよりも、長年積み重ねたデータからのロジックという価値ある情報に望みを託した方が賢いかなあと

ちょっと前まで踊ってた愚者が呟いてみるテスト。

傾向が読めてきているのは確かなので、中心に据える理論が欲しかっただけ……はいはい、言い訳言い訳。さて、前置きが長くなりました。私が購入した商材の名は「ロトサムライ」。もうそのネーミングからしてどうなのと思った貴方は多分正解。私もそう思いました!(おい) 数多に犇くロト6商材の中でこれを選んだ理由は、主にロジックをきっちり公開&解説しているところが好感度良だったため。裏を返せば

過程をすっとばして結論を出してくる商材は全部黒。

根拠レスで買い目だけ指示してくるアプリなんかはクイックピックと中身変わらないんじゃないかと小一時間。五等程度なら素人予想でも当たりますって。他にも「半年以内に3等が出なければ全額返金」なんて類を見ない好条件もあったりしますが、私ゃその辺気にしない性質なので琴線には触れず。騙された方が馬鹿だったというより、自分の判断が間違っていた結果であれば甘んじて受けますとも。

いや別にマゾだからでなく。

痛みや傷は残しておいた方が次に繋がるものです。リセットボタンのない世界では、過ちは何らかの糧に昇華しないと悔いだけが残りますから。話を戻し戻し、ロトサムライを形作るロジックはたったの二つ。削除数字を模索する方は個人的にはいまいち信憑性に欠けるのですが、抽出数字選定に関しては割といい線いっているというか、「もしかしたらそうじゃないかな」と感じていたロジックの後押しをする格好の材料となってくれました。お陰様で今回、当選こそしなかったものの

14個に絞った数字の中に本数字4ボーナス1という状況。

現時点での最新結果となる550回はサムライ大活躍の回だったようで、二つの理論で軽く絞った24個の数字の中に本数字もボーナス数字も全て含まれていたという、驚きの結果に。あとほんの少し読みが鋭く、運命の追い風が味方していてくれたなら充分に一等も射程圏内だったことを考えると、払った金額以上の価値はあったんじゃないかなあと内心ほっとしております。まあ流石にね、一回につき3000円くらい突っ込んでいるからといって

2万4000円が安いというわけでは決してないので。

ここで「3DS一台分かー」とか「ゲームに換算すると4〜6本くらいかな」とか計算しちゃう辺りがもう人として駄目だと思う今日この頃。そして「そのくらいなら大したことないんじゃね?」なんて感じてしまうのが更に駄目すぎる。……預金が潤ってくると気にならなくなるんだよなあ、財布の中身とか。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF