平成23年8月分はこちら。ほぼデビサバ2主義社会風味。


8月5日 「――Let's Survive」

 ストック悪魔の確保にも一苦労。リカームーッ!! 早く来てくれーッ!!

 お子様達が夏なのに人生の春たる長期休暇を謳歌している一方で、フル残業+二週間に一度は休日出勤状態な状態の大人が通りますよ。一日一時間どころかややもすれば電源すら入れない日もあるせいで、一向に進まないゲームの消化度。「トゥハート2 ダンジョントラベラーズ」は相変わらず三十重の塔の21〜23階辺りをうろちょろうろちょろ。「デビルサバイバー2」も昨日今日の空いた時間を利用して、ようやく三日目の昼頃といった具合。まったく、忙しいったらありゃしない

と言っていられるのもあと一週間ほどですが。

お盆休みに突入したが最後、やることあっても「やることねー」と言いながらゴロゴロしていることと思われ……駄目じゃん!? 主に人として!?(今更か) そんな状況なのでとりあえず今のところは更新している暇がないというより、寧ろ更新すべきネタの方が売り切れ状態だったりします。あえて書くことと言っても……あ、そうそう。これだけは言っておかないと。前回デビサバ2を「前作と比べると若干敷居が低くなった」と評しましたが、謹んで訂正させていただきます。

こと戦闘においては殺しにきてるわアレ。

勝利条件を満たすという攻略的な概念で語った場合は、間違いなく前作より温めの方程式。あくまで現時点では、ですが。瞬転の舞やら獣の跳躍やら妖気迅雷やら呪縛やらといったスキルをフル活用せずとも、何とかなるどころか何とでもなるレベル。ジモティーにはお馴染みの名古屋の金時計下での戦闘では、危うくダンボール抱えた敵を取り逃がしそうになりちょっと焦りましたが、それすら

夢幻の具足持ちユニットで逃亡マスを塞げば無問題という名の優しさ。

別に飛翔持ちユニットでも良かったのですが、夢幻の具足は移動特化にするととんでもなく必要コストが低い=行動順が回ってくるのが早いため、結果として多く動けることも珍しくないってゆーかそれが普通。妖気迅雷持ちと組み合わせるとワープするが如し。前作では劣化飛翔スキルだったのに成長したもんだと、親のような気持ちでしみじみ噛み締めております。

どっちにしても戦力としては微妙だけどな幻魔。

前に比べれば多少物理攻撃の使い勝手や威力が底上げされている恩恵を受けている感じはしつつ、それでも結局は魔力&MPが高くて乱舞系のスキルを連発できるユニットの方が有用な悪魔の世界の非常さよ。やや話が脱線してきたので、ここらでなぎ払いを使って本筋に戻してみるテスト。チーム数、配置等のSLG的な要素に関しては嫌らしくはないのですが、兎にも角にも単純な戦力がやや酷め。

あと敵の状態異常攻撃決まりすぎ。

セクシーレイで片っ端から魅了していくリリムに殺意どころかうっかりペルソナまで湧き上がってきそうになったプレイヤー、素直に挙手。こんな序盤で魔力耐性のお世話になりたくなるとか、どれだけ初心者に厳しい作りしてんのよ。他にも瀕死のリーダーを庇う騎士の精神持ちの頑丈なユニットで両脇を抱えたチーム=リーダー瞬殺NGな編成とか、一つの属性について弱点持ちと吸収 or 反射持ちのユニットが混在=乱舞系を迂闊にぶっ放せない等々、

数こそ正義な消耗戦上等精神がまっこと天晴。

最小の労力で最大の戦果を上げたいのー! リーダーだけサクッと殺りたいのー!! オーガとジャンバヴァンどいて、そいつ殺せない!!(落ち着け) こうなると有用なスキルを継承するのは最早必須。しかしながら今作はマグネタイトを利用してコマンドスキルの上書きが不可なため、適当に合体を繰り返すだけでは早々に手詰まりしそうな予感。その辺りもS・RPG初心者というよりはメガテン未経験者にはハードルの高い部分かな、と。尤も、それなりの経験を積んできたプレイヤーからすれば

「二身合体オンリーと任意スキル継承可能で何が難しいの?」と心の底から不思議がるレベルなわけですが。

貴様には分かるまい! 決定とキャンセルを繰り返す、この不毛さが!!(意味不明) ただまあ、どうやら今作は悪魔の数が増量キャンペーン中っぽい&割と小刻みに戦力入れ換えを行っていかないと敵との戦力差が開き易いような印象なので、時間が有れば以前のように考察とレシピ考案をするのもやぶさかではない、寧ろ面白そうかなーと思わなくもないのですが、流石にあそこまではちょっと無理。今は無理。

盆休みに突入したら責任は持てませんが。

やる気は天下の回り持ち。降って湧く時には降って湧く、そういうもの……はい今「ただ気まぐれ屋なだけだろ」って言った人、膨らんだドゥベの近くに縛って転がされるかメラクの真正面に立つ権利を与えます。


8月7日 「輪廻を断ち切る一手」

 鬼神入れてたら楽だったかもとちょっと反省してみる。鬼神双手マンセー。

 暦の上では日曜日でも、しがない製造業勤めの身である私にとっては平日 with ご一緒にもっさり残業は如何ですかな馬車馬ライフに過ぎない、そんな一日。平素であれば少ない自由時間をゲームかボーっとするかのどちらにしても幽体離脱タイムとして費やすのが当然であり、更新する時間も気力もナッシング。だがしかし、今日だけは話が違う。どうしても書かずにはいられなかったのです。「デビルサバイバー2」の四日目水曜日に突入した今となっては。というか開発陣、

三日目って単語に嫌な思い出か恨みでもあるのか。

戦力的な相対比&プレイヤーの経験値からすると、恐らくは前作でも三日目のベル・デル戦が最大の鬼門。それを今作にも継承するとは……やってくれる!(何を) 色々とツッコミどころ満載&内容の濃い三日目火曜日ですが、個人的に一番噴いたのがフミに渡すメモリ探し。名古屋でパソコンのパーツ探し→探すなら大須でしょ。この流れまでは予想通りであり、何ということもなく傍観するに足るイベントでした。でもね、流石にスルー不可でしょう。

古巣な某店が背景にバッチリ映ってちゃ。

ああそうですよ! 赤門前交差点なんて単語が出た時点で嫌な予感はしてましたよ!! 店名からアルファベット2文字取ってパロってるからって許されると思うなーッ!?(意味不明) まあ実際映っていたのは人手不足 or 夏の名物である水没祭り時に借り出された程度の分店の方であり、しかも今となっては本店に吸収されてその場所にはないんですけどね。いつの情報を元に作成したのかは知りませんが、何はともあれ

「もっと他の店なかったんかい」と全力でツッコみたい。

大きさでも怪しさでも更に上のランクな店あるだろー!? 中途半端さか!? その中途半端感が堪らんかったのかみゃー!?(本気で落ち着け) 程よくどころか限度を超えてヒートアップしてしまったので、そろそろ本題へ氷の乱舞でクールダウンしつつシフトしてみる。先に最大の鬼門と称した三日目のバトル。ひよっこサマナーは言わずもがな、それなりに慣れた中級サマナーでも心が折れる危険性を孕むほどのレベルじゃないかなーと、一応は初見で突破したプレイヤーがほざいてみる。それはそれとして、これだけ言わせて? いいから言わせて?

本当に「弾は二発撃て」の鉄則大好きだなアトラス。

メムアレフで懲りとらんかっ……あー……うん、今更だね。それくらいでいちいち突っ込んでたらサマナーやってられません。もう好きにしてください(何が)。それまでの悪魔使いとは一線を画す能力を有する悪魔を使役する栗木ロナウドとの激闘に終止符を打ったと安堵の息を漏らす間も無く、天より飛来する♪ちょっちょっちょっ ちょっけいじゅー ……じゃなく、怪しさ満点な輪っか。フェクダと携帯に表示された「それ」は、先の戦いで満身創痍の主人公達に襲い掛かる――

と思ったらHP・MP全快しててちょっと拍子抜け。

アトラスならそれくらいの非道、朝飯前にやりかねませんもの。晩飯後だとちょっと厳しい(意味不明)。間にセーブを挟めない連戦であることに加え、双方共にこれまでの戦いを遥かに凌ぐ蝶・激闘一番。ぶっちゃけ、免疫のないプレイヤーだとロナウド倒した後にあれはないわーと気力激減→心にカナディアンバックブリーカーのコンボは必至。そしてアトラスと長い付き合いであるサマナー諸氏にとっては

「望むところだ」と心がガッツポーズ取ること確定。

鏡見たらすっごい不敵な笑み浮かべてただろうなあと思いますもの。「にやり」なんて擬音までバックにつけて。適性レベルがどれほどのものなのかは計りかねますが、とりあえず主人公のLVが26だとかなり良い勝負でした。連れていた仲魔の関係上、もう1でもLVが低かったらどうなっていたことやら。それくらいの辛勝っぷり。よっぽど上手いこと仲魔を吟味していないと対フェクダ戦は初見だと無理ゲーだろうなあと思いつつ、

その前にロナウドで泣くプレイヤーも多数と見た。

スパルナは兎も角、この時点でバフォメットは相当鬼だと思います。呼んでませんよバフォメットさん。四日目に差し掛かり、ストーリー的にも面白くなってきそうな匂いが漂い始めてきたため、その前の難関で終わらせてしまうのは実に惜しい。というわけで、ロナウドが倒せなかったりフェクダ無理ゲーと仰る方に少しだけアドバイスでもしてみようかな、と。あ、言っておきますが攻略なんて大層なものではないです。そも攻略というものは試行錯誤を重ねて初めて成り立つものであって、

初見で屠れたものに対して攻略も何も。

正直な話、どんなスキル使ってきたかもうろ覚えです。なので細かい対処法とか手順とかは一切省くというか語れという方が無理無茶無謀。不甲斐ないプレイヤーですみませんと謝ったところで、対ロナウド&フェクダ戦のちょっと良い話を開始してみようかと思います。メモの用意は特に必要ないかと存じますので、耳を欹てる代わりに目玉を爛々とさせて文字を凝視してください。

 

・まずは事前準備。主力となるスタメン仲魔の吟味は言うに及ばず、出来ればというより必ず一軍に匹敵するだけの能力を持つ悪魔を何体かストックしておくこと。特に攻撃魔法に秀でた=魔力が高くて乱舞系のコマンドスキルを継承している悪魔。詳しくは後述しますが、下手をすると使い捨て覚悟で召喚する可能性と局面が多分にあります。加えて数自体は少なくていいので、一騎当千と謳われるほどの万夫不当の脳筋悪魔=力+所持しているコマンドスキルに影響を及ぼすパラメータの高い、出来れば複数回攻撃コマンドスキル持ちの悪魔も必ず入れておくこと。「炎 or 氷 or 雷 or 嵐の乱舞うめぇぇぇぇぇぇっ!!」とそればかりに傾倒してきたプレイヤーは確実に詰みます。詰みゲーです。以下に実際の攻略時にいた面子からオススメ候補を挙げてみるテスト。

 

○霊鳥モー・ショボー(基礎LV16)

 バイナルストライクがなくったってモー・ショボーだもん! 単に霊鳥が欲しくて作っただけだったはずが、作成時のスキル取得が上手くハマり意外な戦力に。魔の低さから与ダメこそ期待は出来ないが、使い勝手の良い氷の乱舞を最初から所持し、力と速のパラメータが伸びやすい関係上、百烈突きを継承出来ると物理系フィニッシャーへと成り得る逸材。というかフェクダのフィニッシャー、実はコイツ。百烈突きを多用する物理攻撃要員として考えるならば、魔獣ネコマタも同じ運用が可能な上、総合的なパラメータと継承の手間が要らない点では一歩秀でているため、種族特有スキルの有用性を考えて取捨選択するも良し。鳥と猫に囲まれてハーレムするも良し。この浮気者!

○女神サラスヴァティ(基礎LV19)

 基礎LVこそ低いが、10レベルほど上の魔法系悪魔にも匹敵するほどのポテンシャルを秘める。種族特有スキルの女神の慈愛だけでもお腹いっぱいです。初期から魔の値が高いことに加え、成長すると嘘をつき続けたピノキオの鼻の如くグングン伸びる。ちなみに現在自軍に居るサラスさんはLV25で魔が24。何この女神の皮を被った鬼畜。炎が弱点なのがネックになると思いきや、どっこい。普通に殴られるだけで充分逝けるから問題ナッシング!! ……というのは本当ですが冗談で(どっちよ)、何気に炎系の攻撃スキルを使用してくる敵って少なかったりするんです。少なくともこの時点では。なので弱点の補強は気にせず、上手いこと強力な攻撃スキルを継承することに心血を注ぐのがベスト。私の場合、コマンドスキルに雷の乱舞・嵐の乱舞、自動効果スキルに一分の魔脈・耐電撃を継承したため、恐ろしいくらい大暴れしてくれる弁財天になってくださいました。思わず悪魔全書片手に三人に増殖させてしまうくらいに。LV26であれば古参サマナーにはお馴染みの鬼女リャナンシーも似たようなポジションに就けるため、継承の手軽さや種族固有スキルの有用性&コストその他諸々を天秤にかけて選ぶのもいいと思うよ!! 女神と鬼女で両手に花と鼻の下を伸ばすヤツは女の狭間で永遠に苦しむが良い。

○神獣アピス(基礎LV21)

 パラメータ的にはそこまで光るところもないが、やや魔が高いことと炎の乱舞を取得可能&コマンドスキルが2つセット可能なのが第一の利点。そしてアタッカーとして輝ける可能性を秘めていること以上に、種族特有スキルの瞬転の舞がオーブラボーッ!! 少ない手数で強敵を倒すためには便利なスキルなので、常時パーティーに入れておける戦力がこれを有していることは非常に大きなアドバンテージ。ちなみに私はサラスヴァティ作成時と同じ素材を使用したため、雷の乱舞・嵐の乱舞・一分の魔脈を継承済み。リーダーが氷の乱舞を所持すれば四大属性で突けない弱点はないため、かなりお役立ち悪魔。維緒さんと屍の山を築いております。

○妖精ジャックフロスト(基礎LV21)

 一軍というより、手軽にオークションで購入出来るお徳用ベンチウォーマー。フロストなのにウォーマーとな? 星が4つでも三分の魔脈を有しているため、適当に氷の乱舞を撃つだけのかき氷製造機としては悪くない程度の評価は出来る。少なくとも穴埋めには充分。ただし、稀にオークションで出品される最高傑作だけは話が別で、戦力としても合体素材としても正に一級品。コマンドスキルに氷の乱舞・マハブフ・ディアラマ、自動効果スキルに対氷結・氷結強化・三分の魔脈を持つというゴージャスっぷり。魔の値だけに着目すると先の星4にも劣るが、素材として考えれば些細どころか問題ない。大きければいいってわけじゃないんだぞ!?

○魔王キングフロスト(基礎LV26)

 今回一番のキモ。前作でも大変お世話になった種族特有スキルの覇王の盟約が規格外すぎる。高ダメージを叩き出せば叩き出すほどMPが回復していく上に、攻撃相手チームの行動順に遅延を起こすとか……貴方が神か。いや魔王だっけか。どっちでもいいや。パラメータ初期値こそ力>魔なので物理系のコマンドスキルを継承したくなるが、その選択は経験上あんまりよろしくない。今作では合体時、素材悪魔にLVアップや継承分のボーナス値がある場合、合体後の悪魔に割り振られるパラメータボーナスはランダムなため、粘れば魔にボーナスを集中させるという荒業も可能。お帰りなさい! キャンセル地獄!! 恒例の私エディションですが、コマンドスキルに炎の乱舞・氷の乱舞、自動効果スキルに三分の魔脈・耐火炎を継承したため、かなりのわがままボディとなっております。先のサラスヴァティと組み合わせると、文字通り無人の荒野を行くが如し。手加減の三文字はこの悪魔には必要ない。

 

……こんなのメインでよく勝てたな、改めて見ると。私の場合、主人公のLVを26まで上げる原因となったキングフロストに精魂を込めたので、他は前からの戦力をそのまま充てた感じになりましたが、そこまでのレベルがあればいくらでも強力な悪魔は作れるはず。お財布と相談して色々揃えてみるがヨロシ。てゆーかその方が確実によさ気。戦力に関しての話はこれくらいにして、続いて戦術的なお話をば。

 

・まずは露払いとなるロナウド戦。両脇にバフォメットとスパルナを控え、本人は吸魔完備とかなりいやーんな構成。「バフォメットも吸魔持ってるんだから劣化バフォメットじゃねーの?」とか言わないであげるとイジメカッコ悪くなくていい感じ。この戦闘で一番の問題となるのはバフォメットの種族特有スキルである混沌の波動。3マス先まで攻撃の射程が伸びるため、迂闊に近づけないというか近づきたくない。反面、移動力がマイナス1され、攻撃後の行動順にも悪影響を及ぼすというデメリットも持つアクの強いスキルなため、やり方次第ではタコ殴ることも可能……だと思う。や、実際にはやってない方法なので。幽鬼の種族特有スキルである霊障で射程と移動力を下げ、邪龍の邪念の波動か同じ邪神の混沌の波動で遠距離攻撃を仕掛ければ、一方的に殴り続けることは出来るが……エクストラが発生しないことと、追いつかれたら結局戦闘になるのがネック。姦計に頼らず正攻法で行くのであれば、どうもロナさんは射程に入らなければそもそも近づいてもこないっぽいので、まずは周りの雑魚を射程範囲外で迎撃&黄泉送り。その後、どれか1チームを哀れな子羊におびき寄せる→タコ殴りか、飛翔や妖気迅雷、瞬転の舞を有効利用して射程外から一斉攻撃が無難か。ちなみに私はうっかりロナさんの射程内に入って舎弟をボコってしまったため、普通に乱戦で潰してしまいました。無策カッコ悪い。肝心要のロナさん戦自体については、まずは雷が弱点のスパルナを雷の乱舞持ちチームで撃破。後に百烈突きや捨て身の一撃のような相手が任意選択可能の物理系スキルでバフォメットを狙い撃ち。丸裸にしてダメージ半減ボーナスをボッシュートしたら、後はロナウジーニョさんを煮るなり焼くなり好きにして良いと思うの。名前が違う? 気にするな。

 

・そして本命となる対フェクダ戦。フェクダ以外にも多少雑魚が周りに出現するが、昨日の敵は今日の友ということでスポット参戦のロナさんに任せて無問題。気が向いたら女神の慈愛とか飛ばしてあげるとロナさん喜ぶかも知れない。茶碗蒸しをいきなり差し出されるくらいには。正直、フェクダに対しては総力を結集して短期決戦に持ち込まないと痛い目に遭う……らしいので、無駄に戦力を割いている余裕も暇もない。これも憶測ですみません。最初の分裂後に全力で潰してしまったので、復活とか見ていないのです。先にネタばらしをした形になりましたが、最初のターンでいきなり二つのリングに分裂するドーナツ野郎。それぞれが別々の意思と能力とフェイズを持って行動するため、強敵が倍になったと同義。しかも種族特有スキル欄を見るに、どちらかが倒されてもある程度行動した後に合体、復活するそうな。伝聞調なのは先にも述べた通り、その事実を目の当たりにする前に全力全開で屠ったからに他なりません。チキンでまっこと申し訳ない。閑話休題、どうにかロナウドを退けたプレイヤーでも、運というか自軍の編成が悪いとどうにもならぬわな状況に陥ってしまう理由が、他ならぬフェクダの耐性。片方は物理完全無効、代わりに四大属性ガタガタ。残った方は物理が弱点、四大属性が一切通らないと、まるで鏡に映したかのよう。はい、もう分かりましたね? 属性魔法に特化した編成だと、いつまでも片方のフェクダが倒せずジリ貧前に手詰まりとなってしまうのです。相手のHP自体も決して低くはないので、生半可な攻撃では復活前に倒すことは出来ない……んじゃないかなあ? これも憶測で以下略。仕方ないじゃない! 復活するなんて言われたら誰だって全力出すでしょ!? それぞれ二回ずつしか行動させなかったからって、誰が私を責められる!?(落ち着け) 

 

・フェクダ戦について補足というか詳細。あんまり長々と同じことを繰り返すのも効率がよろしくないので、物理完全無効の方をフェクダ脳筋、四大属性無効の方をフェクダ陰険と仮に称します。で、恐らく大半のプレイヤーにとって脅威になるのはフェクダ脳筋になるかと思われます。フェクダ陰険は強力な物理系アタッカーさえそれなりに準備出来れば、多少魔法に弱い弱点持ちでもゴリ押しが充分可能。あまりはっきりとは覚えてませんが、確かマハ系の属性スキルしか所持していなかったはずなので、一発耐えられれば後は野となれ山と……あれ? まともな物理系アタッカーが大地とモー・ショボーだけだった私でも勝てたわけですから、しっかり準備さえしておけば大した障害もなく排除出来る事でしょう。問題は残ったフェクダ脳筋の方。「四大属性が弱点なら乱舞系持ちをぶつければ楽勝なんじゃねーの」? ご尤も。ダメージソースとしてはそれで充分。4チームで総攻撃を仕掛ければ、ターンが回り切る前に倒せることこそデスティニー。だがそれも、あくまで「全員がちゃんと攻撃」出来ればの話。……最初に言いましたよね? 「出来ればというより必ず一軍に匹敵するだけの能力を持つ悪魔を何体かストックしておくこと」と。そうです、ここで必要となるのです。結論から言います。速くて痛いです、フェクダ脳筋の攻撃。体力に自信のない魔法系どころか、溢れんばかりのマッチョHPを誇る物理系悪魔ですら、下手を打つと即死しそうな勢い。魔法系であれば言わずもがな。つまり毎回悪魔一匹を生贄に残った面子でひたすら乱舞するという、正に血で血を洗う抗争が勃発。リカーム所持悪魔が居るのが理想ですが、流石にこの段階でLV27のキクリヒメを仲魔にするだけならいざ知らず、LV29まで上げて習得させるのは骨が折れるかと。レベル差による経験値補正凄いし。リーダーが盟主の精神持ってれば何とか耐えられるかも知れませんが、実際には試していない=所持していた主人公がフェクダ脳筋には攻撃を仕掛けていないので、なんとも。1チームを失うリスクを背負うよりは、素直に一体生贄にしておいた方が被害が少なくてベターかも。悪魔作成が面倒 or 全書で主力を複製してたらマッカ足りねーという方は、フロスト量産してフロストファイブでも結成したらいいと思うよ!!

 

予想を超えて馬鹿長くなりましたが、如何だったでしょうか。興味がなかったりそもそもデビサバ2やってないから意味が分からないお客様各位については謝罪させていただきます(今更か)。


8月12日 「料理は哀情」

 ボーナス継承の傾向が素材悪魔のパラメータを参照しているのが困りモノ。女神素材の物理系とかどうしろと。

 お休み一日目は休息と買出しとデビサバ2で終了いたしました。折角の長期連休なのに他にやることないんかいと突っ込まれそうですが、いつもの短いお休みよりも時間をかけられることこそが重要なわけでして。お陰様でデビサバ2も六日目こと決別の金曜日に突入し、自パーティー内の戦力がもりもりインフレ化しているような状態で御座います。そりゃあ噴きますよ。いくら相手のレベル低い&弱点突いてる&魔力高い&火炎激化つけてるからって、

炎の乱舞一発辺りで4桁ダメ出さないで下さいヘカーテさん。

通例でいけばパラメータのカンストは40。にもかかわらず、既にヘカさんの魔の値は37を記録。本当にLV50に達してない程度で許される能力なのかそれ。どうも今回、悪い意味での適当で♪デビカ〜ル マジカ〜ル クッキ〜ング♪ してしまう合体初心者っぽいサマナーには若干辛い仕様になっているような気がひしひしと。簡単にコマンドスキルを入れ換えられたスキルセットボーナスの廃止がまずひとつ。そしてそれ以上にパラメータボーナス引継ぎの影響が凄すぎる。ええまあ、

普通にやる分にはそこまでの必要はないんですけど多分。

うっかりビフロンスを接敵一回でお見せ出来ませんな状態にしてしまった私、もうちょっと空気読んだ方が良いと思うの。折角強そうな演出込みで勝てないフラグ立ててきてるのに台無しだろ!? どう考えたってビフロンスさん道化じゃん!?(酷) 縁での開放といったストーリー関連のみならず、倒すことが合体解禁フラグとなることも割と多い印象のある今作。戦力増強の確かな礎となってくれることも珍しくはないので、この類が苦手な人はより一層苦労と苦悩が加速する。

文字通り礎=素材で終わる場合がほとんどだけどなー。

まともなオーバーキル要員戦力として使えたのって、先のビフロンスくらいじゃないかしら。素でも火炎激化と堕天の烙印が美味しいのに、ちょっと張り切って作ったせいでパラメータとスキルが酷いことになってました。だから魔のパラメータのカンストを視界に入れるのやめて、いいからやめて。弱点打消しや強化スキル、もしくは高威力や利便性を誇るコマンドスキル等を上手く引き継ぐには、下手に二身合体オンリーなせいで相当遠回りを強いられることも。

そして物凄い勢いでマッカがまっかっかに。

予想というかある程度の覚悟はしていましたが、悪魔全書での悪魔引き出し料金高すぎです。たこ焼き水が3000円なんてレベルじゃ……いや、あっちの方が酷いか?(どうでもいい) 新たに実装されたアドオンシステムのスキルセット系で多少は補完出来るとはいえ、やはり狙ったスキルを複数継承させるためにはそれだけでは限界があるのも自明の理。そもアドオン自体、欲しい時に欲しいだけ欲しいものが取れるわけではないので使い所に困ります

てゆーか明らかに貧乏性キラーだろあれ。

6つしかストック出来ないとか私に対する挑戦かー!! ああそうだよ! 勿体無くて使えなくて結局溢れて泣く泣くアドオン削除して入れ換えてたよこんちくしょー!!(落ち着け) 結論から言うとあんまり当てにしない=使い惜しみしない方がいいです、アドオン。パラメータ系はボーナス継承でどうとでもなりますし、スキルも合体の逆引きツリー演算&素材と割り切った悪魔作りが出来るのであれば、完璧を求めさえしなければ許容範囲内の融通は効くことでしょう。

「それが出来れば苦労はしねー!」と臍を噛まれますかそうですか。

それぞれが主義主張を持つが故、誰かの普通は他の誰かの普通足り得ない。これだから人間は面白い(戻って来い)。懇切丁寧にも検索合体なんて規格外の代物が利用可能であり、ただ遡るだけで目当ての悪魔が作れるとか昔からは到底考えられない贅沢っぷりなのですが、これも時代の流れというやつなのでしょう。と此処まで書いて、昔というほど古くない&特殊除けば同じ二身合体オンリーなのに

まったく以ってビター全開なストレンジジャーニー思い出した。

検索合体と任意スキル継承がないだけでこんなに違うものかと思いつつ、そもそもあっちはガチのメガテニスト仕様なので端から住む世界が違いすぎと諦めてみる。少なくともストレンジャーには年上のお姉さん二人にダブル騎乗されるなんてドキドキ☆ハプニングとかないからな!!(そういう問題か) さて、今日も程よくグデグデになってまいりました。時間に余裕があると歯止めが利かなくて困る。

なければないで余計リミッター振り切る場合もありつつ。

人それを暴走と呼ぶ!!(だから落ち着け) 法則などといった側面で考えれば奥深いとは言えないものの、前作で甘い汁を散々吸った or 下馬評でメガテンシリーズの中では合体の難易度低めと聞き及んでいる人にとっては、良いクロスカウンター貰ったんじゃないかと予想される今作の合体。何事にも下積みは必要、そして料理には下拵えが重要ということで、我が家の具材レシピの一部でも公開

しようとしてあまりに面倒なのでやめました。

いや、面倒というか手間というかあんまりためにならないことに時間かけたくないというか(おい)。乱舞継承したいだけなら、嵐・雷はガギソンを材料にしたキジムナー or エンジェル、氷はモー・ショボー or ジャックフロスト、炎はアピスからスタートすれば大体問題ナッシング。万魔はパズスで。耐性に関しても無効化ぐらいならLV30台ぐらいからちらほら出てくるため、正直継承もそこまで苦労することはないんじゃないかなーと

自己正当化を計ってみるテスト。

いちいちメモってるわけでもないからもう一回逆引きするの大変なんだもん!! うわーん!!(子供か)


8月14日 「惨極無双」

 二周目以降を遊ぶかどうかは三日目突入してから考えます。悪魔全書が白紙に戻されてたら立ち直れない。

 お休み二日目三日目もほぼデビサバ2と昼寝で終了しました。……って、この頃とプレイしているゲームが違うだけでやってること自体は何ら進歩がないな。変わらないのもひとつの正義!(意味不明) お休みの幾許かが終了したついでに、デビサバ2も無事一周目を終えてしまった今日この頃。クリアデータを見る限り、クリアまでの総プレイ時間自体は約26時間と表記されていますが、実際には合体方法を模索→リセットで闇に葬られた影時間がどれだけ存在しているのやら。つまるところ何が言いたいかといいますと、

懲りずに今回もやりすぎた感がもっさりしているというオチ。

出来れば二周目以降推奨なんじゃないかなーと思しき正体不明の憂う者ルートにて、都合二度もお色直しするラスボスさんへとお初にお目にかかった際に、特に問題もなくはいさよなら。そのままエンディングへという流れ。まあ、実際にはルートによって最終的に戦う相手が変わる or 変化が生じるのかどうかは存じ上げませんが、メガテンシリーズのお約束的にはあって然るべき。そして導入部からしてかなり捻くれたはぐれルートだけに、恐らくは難易度も高めに設定されているはず。にもかかわらず、

最終形態がほぼワンターンキルされんで頂きたい。

最初の接触終了時点でナチュラルに食いしばりを発揮し1ドットほどの残HPで踏ん張るものの、相手が鬼神無双持ちだったのが運の尽き。そのまま容赦なく再攻撃からのごちそうさまに処されました。LVの関係上、能力の高い霊鳥や幻魔を複数従えることが出来なかったため移動には苦労させられましたが、一度戦闘に突入してしまえば何のその。尤も、それも已む無しかなと少し敵に同情したくもあったり。先にも言いましたがやりすぎたの領域に達しているため、

相手の弱点とか耐性とか一切関係ナッシングなんですもの。

魔法系はオール魔40&万魔の乱舞持ち。それ以外にも乱舞を所持している場合は同属性の激化も完備。弱点だろうが弱点じゃなかろうが一瞬で墜ちるのが当たり前とか酷すぎる。加えて極少数派の打撃馬鹿ですら、物理激化+貫通が付与された千烈突き or デスバウンドで大暴れという体たらく。更に自身も物理反射を所持しているため、例え相手が反射持ちでもまったく気にせず開幕超必ぶっ放し状態と

こっちが相手の立場だったらぶち切れそうなチートっぷり。

……悪魔全書有りだとやっぱこうなっちゃうよな、うん。ぶっちゃけ歯止め利かなさ過ぎた。特に反省はしていない(おい)。前にも言ったように逆引きツリーがスパゲッティコード状態なので詳細な経緯を語るのは困難ですが、それならそれでせめて結果だけでも報告しておこうと、最終戦に望んだスタメンを余すところなく公開してみるテスト。あ、ちなみにというかプレイしている人なら当然のように知っている前提事項ではありますが、

裏メニューである御霊の踊り食いはしていませんので悪しからず。

二周目以降でポイント払って任意開放というのは妥当な判断かなと個人的には思います。熟練サマナーでもなければ御霊と言われてもピンと来ない&有効利用は難しいですもの。システムに慣れ、且つ更に上を目指そうという段階で開放されるのがベストなタイミングなのでしょう。……一周目から開放されてたらもっと無茶するしね、古参サマナーなら確実に(ボソッ)。さて、前置きが長くなりました。スタメンなのでたったの8体ではありますが、お気に召して頂けたのなら幸いに存じます。

 

○女神ラクシュミ

 パラメータ:LV57 HP333 MP552 力17 魔40 体17 速16

 所持スキル:メディアラハン リカーム 万魔の乱舞 物理無効 全門耐性 五分の魔脈

・言わずと知れた回復役の代名詞。今回はサマリカームを取り上げられ、代わりにリカームを与えられるというやや屈辱的なポジションに甘んずるも、その一体制限無しの有用性は今も尚健在。……って、量産型扱いじゃないのそれ!? 余計に軽んじられてない!? ランダさんがまだ微妙に高嶺の花だった時代の産物なため、残念ながら耐物理スキルは無効止まり。今作は貫通持ちだと無効だろが吸収だろうがお構い無しにぶち貫いてしまうため、無効や吸収だとちょっと怖い局面もあったりするのが玉に瑕。それでも前作時に比べて生存率が高い気がするのは、偏に全門耐性のお陰か。どうでもいいが種族特有スキルの女神の恩寵は反則どころの騒ぎじゃないと思います。基本の移動力が4な世界で射程6のHP回復&状態異常治療ってお前。

 

○霊鳥アンズー

 パラメータ:LV59 HP444 MP171 力32 魔19 体15 速24

 所持スキル:マハザンダイン 千烈突き 護りの盾 物理無効 貫通 全門耐性

・多少は戦闘にも耐え得る移動用ユニットを作ろうと思って頑張ってみた結果、予想外に使える悪魔へと変貌を遂げました。優秀な悪魔を残すための素材として消えていったガチ物理系と比べると若干見劣りするものの、それでも貫通+千烈突きの威力は脅威。フリーバトルエリアに居る有象無象な雑魚悪魔であれば、大抵はこの一発で致命傷を与えられていました。ただ、前作におけるガルーダのように全チームに入れても惜しくない逸材には程遠かったために量産化は見送られ、この一体だけがプロトタイプとして名を連ねております。能力や初期からの所持スキル的にイマイチ扱い辛いんですよね、今作の霊鳥。もう1ランク上のスザクも微妙だし。ガルーダ来てから本気出す。

 

○魔王ツィツィミトル

 パラメータ:LV60 HP425 MP300 力25 魔40 体16 速10

 所持スキル:マハジオダイン 炎の乱舞 万魔の乱舞 物理無効 全門耐性 火炎激化

・何処の誰だか知らないけれど、誰もが皆使ってる。そんな魔王の終盤戦エディション導入編。デフォで電撃を反射出来るためあんまり全門耐性付ける意味ないかもと逡巡しつつ、これ以降の継承が楽になる&それ以上に有効そうなスキルも特には思いつかなかったのでそのまま突っ走ってみた。炎の乱舞と火炎激化を所持しているため、炎が弱点の敵にとっては正に歩く火葬場。オーダーはウェルダン以外認めません。焼きすぎて消し炭なのはドジッ娘だからということでひとつ(そろそろ止まれ)。最大のネックは速の低さだが、これは大半の魔法系悪魔について回る問題なので気にしても仕方ないと割り切った方が多分幸せ。大丈夫! じゃんけんだって後出しの方が強いんだから!!(意味不明)

 

○女神パールヴァティ

 パラメータ:LV63 HP431 MP601 力16 魔40 体20 速19

 所持スキル:メディアラハン サマリカーム 万魔の乱舞 物理反射 全門耐性 五分の魔脈

・若くて露出度の高い眼鏡っ娘の日本舞踊に誘われてホイホイ出てきた破壊神の奥さんやってます。レベルとしては凡そ20ほどの開きがありますが、もし浮気現場見かけて夫婦喧嘩が勃発したら勝てないんじゃないかしら。勿論旦那の方が。相性どころかマカラカーンすら素通りして大ダメージを叩き出す万魔の乱舞のみならず、回復役の本領発揮とばかりに全体全快魔法のメディアラハンと完全蘇生魔法なサマリカームも完備。五分の魔脈で底上げどころか法外なまでにMPも増量キャンペーン中のため、敵と負傷者の両方が多い日でも安心。おまけに物理は反射、火炎は吸収、その他の属性は一律50パーセントオフと、正に非の打ち所がない主婦っぷりを発揮……って、そういう話だったっけ? 一家ではなく1チームに一体は欲しい逸材ながら、残念ながら一団体さま一体までという特価品制限がかかっております。今回一体制限悪魔、ちょっと多すぎ。一夫多妻制は駄目ですかそうですか。多妻っていうかクローンだけどな。

 

○幽鬼むらさきカガミ

 パラメータ:LV63 HP435 MP360 力19 魔40 体24 速13

 所持スキル:万魔の乱舞 氷の乱舞 メディアラハン 物理反射 衝撃反射 氷結激化

・某魂獲っちゃうぞ♪ な作品経験者とかだと「場違いだろお前ーッ!!」と突っ込まざるを得ない大出世を果たした、二十歳未満は覚えてちゃ駄目な都市伝説。デフォルトの所持スキルこそ裁きの雷火・マカラカーンとどうにも扱い辛そうだが、どっこい。アドオンのコマンドスキル開放を消費し、且つ手間暇かけてでも作り込むだけの価値をこの悪魔は秘めていたりします。作成のキモはまっさらで3つ空席がある自動発動スキル欄と、自身が持つ素晴らしき耐性。打撃と衝撃が弱点とはいえ、それ以外の火炎・氷結・電撃・魔力の実に四属性を反射する、触るもの皆傷つけるギザギザハートな悪魔だったりするのです。さて、そこでお立会い。所持スキルの4つ目以降を見ていただければお分かりになるかと思われますが、完成品はその欠けたピース、要は弱点部分を補った造りとなっております。中々壮観なものですよ? 属性の欄がズラーッと反の一文字で埋め尽くされている光景というのも。今日も無邪気に敵の進路を遮っては、辺りに血飛沫と叫び声を振り撒いております。我ながら反則臭いものを作ったなあと同じ感想を抱いているサマナーが一体何人居ることか。一人居たら三十人と言いますし、珍しくもないのでしょう。多分。

 

○魔王ロキ

 パラメータ:LV64 HP528 MP228 力18 魔40 体24 速15

 所持スキル:メギドラオン 万魔の乱舞 炎の乱舞 全門耐性 物理反射 火炎激化

・まんまツィツィミトルのアッパーバージョンな、北欧神話や某戦女神の側面なゲームなどで大層有名なトリックスター。前作ではストーリーにも絡んできたVIP待遇悪魔だったのに、今回は単なる一体制限が設けられただけの通常悪魔へと格下げされております。まあ前作での扱いが破格過ぎたんだけどな!(酷) とはいえ、やはり魔王様あってのMP的台所事情なので、無碍に扱うわけにもいかず。主人公と一緒に最前線へと送られる日々を楽しんでいるかどうかは本人のみぞ知る。所属チームの先制発動スキルにS魔道結界・陽をセットすることを考慮に入れた場合、ちょーっとMPが心許ないかもなーとはクラックした後での感想。火炎激化切って五分の魔脈入れた方が良かったかもと考えてみても後の祭り。マッカさえあればいくらでもやり直しは効くのでどうでもいいんですけどね。彼の存在並みに(心底酷ぇ)。

 

○女神ノルン

 パラメータ:LV65 HP405 MP582 力20 魔40 体16 速20

 所持スキル:常世の祈り サマリカーム 万魔の乱舞 勝利のチャクラ 物理反射 五分の魔脈

・これまたシリーズ恒例となっている、回復系高レベル女神といったらコレ! という看板娘。まあ正確にはノルニル三姉妹の集合体なので、娘と言うより娘'sといった方がより正しくはあるのですが。基本的な構成こそ先のパールヴァティのそれを踏襲しつつも、初期スキルである常世の祈りと勝利のチャクラの存在が一線を画すに値するだけの価値をも醸し出す。戦闘が終了するたびに10パーセントMP回復してたらまずガス欠ないわそりゃ。元より火炎・魔力に耐性を持ち、衝撃も反射してくれるという中々の高性能っぷりなため、今回は万能防御スキルである全門耐性は見送り。物理反射は何があっても切れない&MP回復量の底上げを計るために五分の魔脈を導入したので消去法的に已むを得ないものの、これはこれでパールヴァティとは違う個性が出て結果オーライだったのかもと正当化してみる。方やMPは自動回復しないけれど打たれ強く、方やほんの少しだけ素通しな属性が残っているとはいえコストをほぼまったく気にせず暴れて良し。これが所帯を持った人妻と行き遅れのちが(しばらくお待ちください)。

 

○鬼神コウモクテン

 パラメータ:LV65 HP712 MP168 力40 魔19 体24 速15

 所持スキル:マハザンダイン 千烈突き デスバウンド 物理反射 物理激化 貫通

・お帰りなさい、スキル空っぽの方が夢詰め込めるミートパイ!! 今回もコマンドスキルにマハザンダイン、自動発動スキルに超反撃とそれなりに微妙なスキルがそれぞれひとつずつ鎮座しているが、それならそれでアドオン使って玉座からどけてしまえばヨロシ。ポラリスのようにな!(待てい) マハザンダインはあればあったで困らない、コマンドスキル欄は2つ空きがあれば充分、超反撃は物理反射があれば実質要らない子という辺りを焦点に脳内会議した結果、満場一致で自動効果解放による超反撃のリストラが決定されました。これがヤマトの提唱する実力主義に則った世界か……(違うと思うの)。デフォルトでは耐性が衝撃反射・魔力耐性・電撃弱点と、思わず全門耐性 or 電撃吸収辺りを付与したくなるが、文字通り鬼神の如く暴れてもらうためには自動効果スキル欄をフルに利用することが不可欠なため、あえて弱点はそのままに。先にも延べましたが高性能&無茶しすぎです、今回の貫通の仕様。吸収ですら関係ねーとあっさりダメージ叩き出すのを目の当たりにした時には視力が落ちたんじゃないかと不安になりました(おい)。種族特有スキルの鬼神無双も、オーバーキル出来ないほどの強敵相手にはこれ以上ないほど便利なスキル(コストを気にしないなら魔人の夢幻の住人の方が優れてはいますが)なので、パーティーに入れておいて損はないはず。

 

スタメンは大体こんな感じ。他にも新規参入魔王に押し出されるようにして二軍落ちを余儀なくされたヘカーテや、マハラギなどという貧弱スキルを備えるせいで実力はあるのに代打待ち状態の控えに回されたルーグなんかも居たりしますが、これまでの継承傾向を見て頂ければ大体どんな仕上がりかは予想出来ると思いますので割愛。ああ、二軍といえば未だにフェクダのフィニッシャーだったモー・ショボーが何気に健在なんですが、如何したものでしょうか。

LV47とか相当無茶なレベル誇ってるんですけど。

基礎レベルのほぼ3倍ってお前。フリーバトルでの主人公無双で稼いだ経験値がもっさり流れ込んでいたのが原因だとは思いますが……恐るべし、見覚えの成長。


8月16日 「ぁ、ぅ……すまない」

 じゅんごと茶碗蒸しで突っ込んだヤツ、素直に挙手。……猫舌かッ!

 ちゃんと悪魔全書のデータが引き継がれていることを確認し、ほっとした拍子についつい二周目を駆け抜けてしまいました by デビサバ2。いやー、フリーバトルと有用スキルをかき集めた素材悪魔作りの手間が省けるだけで、こうも速攻強制終了することになろうとは。一応最終日付近で多少の戦力増強は図りましたが、一周目の成長度に比べれば些細なミジンコレベルです。ただほんのちょっと

LV99なルシファーさんをお迎えしただけで。

法外なパラメータに加えてスキル欄全部まっさらとか、どれだけ別次元歩いてるのよあのマッパ一歩手前。新しい周毎にいちいちレベル上げ直してられないのは痛いほどよく分かりますが、合体LV制限解除はちょっとやりすぎだと思いつつ結局利用しているので強くは言えないヘタレなワタクシ。サバイバーズ・アワードのアクション項目に「フリーバトル0」なんて項目もあるわけですし、やっぱりこれくらいの特典はあっても許されるのかなあと、

今回はクリア時のレベルが80オーバーだったヤツが言ってみるテスト。

や、ちゃんとフリーバトル0は達成してますよ? 二周目以降限定と思しき追加バトルを馬鹿正直に挑んだ結果、相手とのLV差が凄すぎて勝手に上がってしまったというのが事の真相。一回の戦闘で経験値三万入手とか初めて見たわ。ポイントが心許なかったので「高貴なる死霊使い」とやらにはお目にかかっていませんが、ときのおきな、リリス、ベルゼブブの三者はとりあえず降しました。他にもあと二体ほど居るっぽいので三周目でトライかなあと思いながらも、

そろそろ飽きて来ているのが何とも難とも。

ストーリーやマップの攻略なんかも勿論そうではありますが、悪魔使いにとって何が一番楽しいかといえば合体なんですよね、つまるところ。合体のLV制限がなくなり、高LV悪魔に狙ったスキルを継承するに足るだけの素材悪魔を拵え終えた今、これ以上の達成感を味わうに足るだけの要素を求めるのは酷なわけでして。全ルートクリアや取りこぼしたフラグにまつわるストーリーに興味がないわけではないんですけどね。少なくとも二周目で遭遇した

たこ焼きにハマるヤマトは本気で爆笑したし。

今回は一周目で縁を5まで高められなかったキャラに重点を置くというコンセプトで進めた結果、前回では唯一の0を記録したヤマトさんルートでクリアしたのですが……意外な一面なんて可愛い表現じゃ済まされないだろあれ。超厳選素材を使って作ったたこ焼きを皆に振舞ったり、シリアスな文章が綴られたメールにたこ焼き画像添付してくるとか、顔に似合わずお茶目が過ぎる。本拠地を大阪に据えたのはターミナルがどうこうという問題ではなく、

実はたこ焼きが原因じゃないのかと思わず勘繰ってしまうレベル。

仲良くなると意外にいいリアクションしてくれます、ヤマトさん。ボケに理解のある冷静なツッコミ役とかホント貴重。そんなエピソードのみならず、生き抜くことに必死なあまりおちゃらけ分が少なかった前作に比べ、要所要所でかなり笑いのエッセンスが散りばめられている今作。特に顕著なギャップの酷さを誇るのが悪魔絡み。見た目中学生な高校一年15歳ことアイリのヘソチラでおびき出され拳固で殴られふんじばられパスパタの露となって消えたカーマとか、説得でも戦闘でもなく

論理的に黙らされた挙句にノーパソぶつけられて言うこと聞かされるトランペッターとか。

本当に終末を告げる黄昏のラッパ吹きかお前ぇぇぇッ!! ラッパ吹くどころか全力でお茶噴くわッ!! てゆーか噴いたわッ!! これまでもメガテンシリーズで謂れのない酷い扱いを受けたりギャグ要員に仕立て上げられた悪魔は数あれど、此処まで威厳がないを通り越して可哀想の一言が似合いすぎる境遇まで追い込まれた例は多分ないと思う。それぐらいの憐れっぷりでした。ええまあ、「あんだけのノーパソどっから出した」とフミさんにも突っ込みたいところではあるのですが、

四次元チャイナ服ポケットくらい普通に持ってそうだしあの人。

DDR2規格のマザボにDDR3メモリ無理矢理挿して動かしちゃいそうなイメージが。切り欠きとか無視して。……って、その前にノーパソは悪魔にぶつけちゃ駄目でしょ!?(今更そこか)

 

蝿ある王の凱旋な余談:大抵は隠しボスとして君臨し、多くのプレイヤーの丁度良い腕試し壁となって立ちはだかる蝿の王ことベルゼブブ。今回も例外ではなく、二周目以降に手薬煉引いて待っておられます。そのレベルたるや、実に91。更に魔力が無効な以外は全属性反射(最初だけ若干仕様が異なる)という鉄壁っぷりを誇り、おまけに恐らくは無限にわんこソバされると思しきLV70〜80の悪魔も従えているという反則っぷり。まともに戦うと

LVのインフレにブレーキが利かなくなります。

……って、それは私の実体験だった。話を戻し戻し。まともに戦うと歯が立たないどころか一太刀すら浴びせられずに敗退すること必至。万能属性だけは通るとはいえ、数千ものHPを誇る上に当然のように堅いので、全力で万魔の乱舞を乱舞しても死に顔動画を知人に送られてしまう未来が描かれます。同じ隠しボス系でもときのおきな辺りであれば力押しでどうにでもなりますが、ベルゼブブやリリスなんかは攻略情報に頼る人も多そうかなーと。

「隠しボスなんだから自力で倒せないなら諦めれば?」とか言っちゃ駄目ですかそうですか。

これもそれぞれの境遇や生き方、価値観の違いで変わってくる意見なはずなので、無理強いはしませんけど。……答え通りになぞって面白いのかなあとは思いますけどね(ボソッ)。とはいえ、経験不足を責めることはお釈迦様でも出来ますまい。此処に辿り着いたのも何かの縁。そのままズバリと解決法を教えるのはつまらないので、攻略のポイントだけ列挙しておこうかと思います。

 

・先にも述べた通り、ベルゼブブは基本全ての属性攻撃を反射してくるため、そのままでは攻撃が通らない。この状態で勝つのはチートでもないと無理。加えて攻撃の射程が6もあるので、そもそもこちらから殴りつけることすらおぼつかない。汚いな蝿流石汚い。

・そんな状況を打破する鍵となるのが、恐らくは無限に湧き出てくる側近軍団。最初の行動時に4チームの悪魔を召喚し、以後、攻撃を仕掛けられる(ダメージを受ける?)か4チームを全滅させてからベルゼブブにターンが回る度、4チームずつ再度召喚。悪魔は自軍で最もベルゼブブに近い場所に居るチームの目の前付近に固まって出現する模様。基礎レベルの低い悪魔も混じっているが、実LVはとんでもなく高いので甘く見ると火傷するヒホー!! ……まあ、側近全部を相手に何の問題もなく1チーム無双出来るようじゃないと、まず倒せないと思いますがベルゼブブ。

・で、重要なのは出現する悪魔そのものではなく、それに付随するベルゼブブの耐性及び所持スキルの変化。最初の召喚からそれぞれ火炎→氷結→電撃→衝撃→物理を得意とする悪魔が出現し、それと同属性のベルゼブブの耐性が1チーム倒す毎に弱体化していきます。吸収だの無効だのといった正確な推移はよく把握してないです。大体一気に悪魔が動いて確認する前に散っていったので。レベルなんてただの飾りです。偉い人には(略)。

・ただし、悪魔を全滅させてからベルゼブブにターンが移る or ダメージを与えて再召喚されるとベルゼブブの耐性が元に戻る。また各悪魔が得意とする属性も異なるため、ベルゼブブの弱点となる属性も変化し、また同時にコマンドスキルも同属性をなぞらえた構成へと一変する。

・「よく意味が分からん。一言でいうと?」と仰る方には……どっちにしても一言では無理だな、うん。では具体例で。最初にベルッゼーの行動ターンになると、まず火炎属性を得意とした悪魔チームが4つ出現します。その悪魔を駆逐するたびにベルやんの火炎耐性が脆くなっていくわけですが、調子に乗って悪魔を全滅させてからベルちゃんにターンが移る、またはベルっちに一太刀浴びせるとあら不思議。今度は氷結属性が得意な悪魔が新たに4チーム召喚され、折角デレたベル様の火炎耐性も元に戻ってしまいます。そしてさっきと同じように悪魔を倒していったとしても、変化するのは火炎属性ではなく氷結属性。これは先のプロセスを繰り返す度に発生し、氷結の次は電撃、電撃の次は衝撃、衝撃の次は物理、物理の次は火炎……と、恐らくですが無限ループ。少なくとも二周目の氷結までは確認しました。

・種族スキルを上手く使ってチマチマ削るなり、大ダメージを叩き出せそうな属性の時に攻撃を仕掛けて後は万能属性攻撃でゴリ押し気味に削るなり、色々と方法はあるかと思われますが、やり様によっては一回の攻撃で仕留めることも可能。いや、一撃でって意味じゃなくてね? 実際のところ、長期戦になると相当分が悪いと思います。プレイヤーの根気と気力的な意味で。

・ではどうするかといえば、重要なポイントは2つ。「ベルゼブブの攻撃手段は主に弱点となる属性と同属性」であることと、「敵を三体撃破した時点で留めればベルゼブブに攻撃を仕掛けるまでは対象となる属性が素通し」であること。はいここテストに出ます。

・あ、あと全然関係ないけど今回物理攻撃って強いよねー。殴っても殴られても素通しだとチョー痛いの。

・もひとつ関係ないけど無効と吸収も意外に便利だよねー。生殺しする時に最適っ♪ ただし貫通持ちだけはマジ勘弁ってカンジー。

 

「もう答え言ってんじゃん!?」というツッコミは絶賛売り切れ中。途中にも書いてありますが、続々呼ばれて飛び出る軍団相手に1チームで無双出来ないようであれば、素直に悪魔と人間のスキルを再選考し直した方がいいです。勇気と無謀は別腹ですから(何か違)。


8月18日 「基礎LV74」

 再プレイするかどうかは未だ検討中。飽きてきているのは事実なので。

 どうも、結局三周目を開始する前にサバイバーズ・アワードのポイント獲得に関係する残り三体の悪魔の正体に思い当たってしまったメタトロンです by デビサバ2。元々は「『高貴なる死霊使い』ってだれじゃろー?」という少年のごく素朴な疑問が始まりでした。しかしながら、そのキーワードだけで容疑者を一人に絞り込むのは極めて困難。そう、私は見失っていたのです。真実へと至る道は逆へ通じているということを。即ち、残る二体である「死者なる令嬢」、及び「獄炎の反逆者」から考察するのが正しい順序

っていうか最後のキーワードと三体って時点で他の答えは有り得なす。

道理でポイント使って解放する必要のある「高貴なる死霊使い」だけじゃなくて、残りの二体が影も形もなかったわけだとすっげー納得させられました。令嬢がピンで出てくることは珍しくなくても、死霊使いと獄炎のなんちゃらが続けて顔出しするならフラグ的に繋がってないわけがないわ。あと、これで不自然に魔人の高レベル帯ががら空きなことにも説明がつきました。なるほどねえ、シリーズの慣例でいけば令嬢の種族は魔人だろうし……って、ちょっと待って? 令嬢が……魔人?

隠しボスクラスの能力で夢幻の住人使えて誰が歯向かえるというのか。

アクション項目の順序でいけば、推測される能力はベルゼブブのそれより上。だがしかし、いつもであれば更に大きな壁となって立ちはだかるであろうことが予想されるルシファーことルイ・サイファーさんも、今作ではただの一体制限で普通に作れる悪魔と成り下がってしまっている今、令嬢を仲魔にした後で匹敵し得る相手と言われても。検索中、検索中……うん、思いつきません。例え今回は顔見せしていない四大天使が徒党を組んで襲ってきたとしても、所詮天使は天使ですからねえ。

メタトロンのパラメータ見れば分かるように。

あんまりにも中途半端すぎて思わずもらい泣き。ちなみにウチのメタさんはボーナスを力と魔に程よく割り振り、コマンドスキルにデスバウンド、万魔の乱舞、常世の祈り、自動効果スキルに貫通、真・全門耐性を継承し、役割的にもプレイヤーと同じオールラウンダーという名の器用貧乏ポストに落ち着きました。電撃・衝撃反射か吸収をつけて耐性オールオッケーな魔法型にしようかとも思いましたが、MPや特性的に同じかそれ以上は吐いて捨てるほど居るのが現代における悪魔事情。ならば、空いた所に入れる隙間産業こそが生きる道。

世知辛い天使とか字面的にも絵面的にもかなりイヤーンな感じですが。

ガード下の屋台で酔っ払ってクダ巻いてる大天使……見たいような、見たくないような。


8月26日 「長距離戦隊フルボッコ」

 残りが楽しみな反面、そこに辿り着くまでが苦行。死んだ魚のような眼をしてボタンを押すだけの簡単な作業です。

 長期連休が終わった途端、あんまり遊ぶことに時間を割けない生活が出戻ってまいりました。お陰様で各ゲームの進行状況も能無し共の復興政策並みに遅延の一途を辿り、同時にやる気も萎える萎える。ダンジョントラベラーズはメインダンジョンの四天王とダークカテドラルの暗黒竜までは撃破したものの、強制的にトレジャーハンターとマジカルプリンセスを参入&四人な戦力で挑まなければならないアイオーンに苦戦中。というか、

レベル上げはもう飽きた。

作業感いっぱいとか、そういう次元じゃないんですもの。職制限かけている時点で取れる戦略の幅がない=詰め将棋なのもいまいちやる気の出ない理由の一つ。ゲーム中だけだとあまりにオープンされる情報が少ないことも手伝い、ついつい攻略本を購入してしまったのですが……うん、私みたいな己の道を往くプレイヤーには向き不向きで言ったら明らかに後者だわ、このゲーム。意図的に隠してるだろとしか思えん要素多すぎというか、

このゲーム一本に人生賭けてないと気付かない部分が盛り沢山。

四天王倒した後で序盤も序盤な第五階層に逆戻りするプレイヤーなんて居てたまるか。しかもそこから進める場所に一部職の最終防具をドロップする敵が居る&依頼屋レベルを上げるために重要なボスが控えているとか、もうね。データだけ見た限りでは最後の隠しボスもレベルリセットによるパラメータ底上げが必須なようですし、もうこのまま積んでもいいかなーと思っている有様です。嫌なんですよね、そういうの。

賽の河原に居るみたいで。

そんな気持ちになるのは仕事中だけで充分デス。で、もう一本同時進行中というか、半ばを通り越して8割方消化試合になっているデビサバ2も、一応は進展がありました。サバイバーズ・アワードで追加した「高貴なる死霊使い」を退け、現在は五日目のパスパタ準備中なところです。ちなみに正体は予想通り、どの辺が高貴なのか一昼夜話し込みたくなるような色違いねずみ男っぽい彼だったことを報告しておきます。それで疑問なんですが、

その検索キーワードで飛んでこられる方は何が目的なのか詳しく。

アレが倒せなくて攻略情報を求めてなんてのは、正直ちょっと考えにくいです。あくまで個人的には。確かに戦闘自体はまだ未熟な三日目に発生するものの、ちゃんとスタメン悪魔を引き継いでいればリーダーなんてただの飾りでしょうに。その辺りも鑑みて、単純な戦闘力ではなくギミック的な絡み手で攻めてきているのでしょうが……あ、ちなみに「普通に倒せないよぉ! 助けてヤマトもーん!!」と仰る御仁は

何も言わずにもう一周してくださいの刑。

戦略面の問題で「倒しても倒しても復活するとか無理ゲーじゃん!」という方は、全チームの足並みを揃えて一気に全滅させてしまえばいいんじゃないかな? かな? ……主人公無双しようと思ったら相当運ゲーだよなあ、あれは。リリスなんかは逆に単騎の方が楽なはずですが。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF