平成24年1月分はこちら。全てのモンスターを狩り尽くせ?


1月2日 「響かせて」

 フラグ立てておきます。「俺……この戦いが終わったら、ストーリーについて語るんだ」。

 あめー、こよー。はい、新年の挨拶終わり。さ、二度寝二度……何ですか、その新年早々ちょっと失敗した福笑いっぽい表情は。あけおめことよろが許されるならもう一文字ずつぐらい削ったっていいじゃない(そこじゃねぇ)。三が日から更新とかめんどくさいんですよぅ。年内通してみても休日少なめなんですから休める時に精一杯だらけておきたいんですよぅ。ぐしぐし、ぐしぐし。

「休日くらいしか更新する暇ないくせに」という正論は見ざる聞かざる言わないで。

てゆーか正論と認めてる時点で駄目じゃない!? 聞くまでもないですよねそうですよね!? はいはい、私が悪う御座いましたー!(逆切れか) まあ、面倒というのは半分くらい本音ながら、元旦に更新していないのは多少なりとも事情があったり。ああいえ、何処そこに出かけていたとかお年玉せびられたとか電話がかかってきて初詣に誘われて一日潰れたとか、そういうイベントめいたものは何もなくてですね。

寧ろ外に出てないしな昨日。

当初は古巣に冷やかし陣中見舞いしがてらおみくじ引いてこようかとも思っていたのですが、運試し&懐古心と運賃時間その他諸々を秤にかけた結果、腰の重さに天秤ごと破壊されました。そんな状況なのに何故時間がなかった……んー、正確には違うか。時が経つのを忘れて没頭していたというのが的を射ていると思われ。兎も角、その時間を費やした事由に対し、今年最初のお詫びを謹んで申し上げたい所存に御座います。散々馬鹿にしてすみませんでした、「セブンスドラゴン2020」。アンタ、充分に面白いよ! 輝いてるよ!!

名作とまで呼べるかどうかは首を捻る程度にだけどなー。

初めに不味い物を食べさせられると平凡な味でも素晴らしく感じるってことですねセンセー!(酷) 四章に突入して取得可能なスキルが増えた=戦闘に幅が持たせられるようになったのがそもそもの推進剤でしたが、丁度その辺りからストーリー的にも面白くなって来たのが相乗効果となり、はっと気が付けばあっという間に最終章。何このマジック。今振り返ってみると、最初の10時間ぐらいはチュートリ……あれ? 似たような台詞、前にも言ったような……あ。

これのご同輩でしたか貴方。

発売元こそボーカロイドにしか寄る辺のないどうせPSO2も盛大に滑るっていうか転げ落ちるんだろうなあとは個人的見解なセガという違いはあれど、製造元がイメージエポックなのは変わらぬわけでして。同輩というよりは兄弟か。戦闘もスキルが出揃えば世界樹+クリミナルガールズという印象が強く、単調でしかなかった序盤とは打って変わり、なかなかどうして楽しませてくれる出来に変貌していたり。

やや温めの方程式なことを除けば。

直前までプレイしていたのが俺屍なのが悪いのか、それとも私がそういうゲームしかやってこなかったのが悪いのか。どっちにしても私が悪いわけですね、分かります(意味不明)。尤もこれに関しては、プレイヤースキルや戦術的なものというより、恐らくは開発者の想定平均レベルを上回る成長を遂げているのが主な原因かなあと推測してみたり。何せ経験値とSPの成長を促す(通常の1.2〜1.3倍取得)アクセサリーを装備しているのがデフォですから。「なら外せよ」? ご尤も。

そんな意見に頷けるくらいなら貧乏性なんぞやってないわけで。

なのに敵のドロップアイテムは売却せず後生大事に道具袋の肥やしにしているしまっちゃうおじさん。不思議!(止まれ) それでも最終ダンジョンで初見のドラゴン相手にヒヤッとさせられる場面もあったりと、気を抜くとしっぺ返しを喰らう程度にはスパイスが効いているので退屈はしません。パターン見切った後は……うんまあ、頑張れ(何を)。

 

「残念、無理よ」な余談:イメエポは「密室でイチャイチャ」という言葉がよっぽど心の琴線に触れるのか、今作でもそれに該当するイベントを起こせるスポットがあったりします。都庁の14階、スカイラウンジに設置された通称デートスポットがそれ。コンシェルジュ曰く、「ゆっくりしっぽりお話する」ための場所だそうで。内装の基調はピンク、二人で座っても楽々スペースが余るふっかふかソファー、その上に置かれたハート型のクッション……って、

断じてフツーのお話をするための場所じゃないですよねそれ。

試しに女性キャラクターをお話に誘ってみると、ソファに腰掛けた後で暗転して音声あり(っていうか寧ろ音声しかない)でこんな反応が。

 

「ふあぅ! 恥ずかしいよぅ……」

「不束者ですが……」

「ア、アタシにはそのぅ……はうぅぅぅ〜……」

 

ホントに何やってんだお前ら。

それもうお話と違いますよね!? ね!?(落ち着け) で、此処からが本題。余談だけど本題。前作から引き続きの登場にして、今作では高い頭身でキリッという擬音が良く似合ってはいたものの、予想通り最後までは保たなかったエメルさん。そんな彼女もどういうわけか愛の……ゲフンゲフン、デートスポットへ誘うことが出来たりします。そして暗転後、彼女の口から発せられた言葉は……

 

「だぁれが乗るかぁッ! だぁ阿呆!!」

 

私の初笑いを返せ。

猫に対してするそれ宜しく、自分の膝の上をポンポンと叩く光景の脳内再生余裕でした。あー……まあ、気持ちは分かる。うん(おい)。


1月3日 「……ありがとな、13班」

 握り合う手の温もりを知っている人も、そうでない人も。「帰ってきてくれてありがとう……何よりもまず、僕はそれが嬉しい!!」

 盛大に死亡フラグを立てておきながら、おめおめと生き長らえてすみません。ということで、無事「セブンスドラゴン2020」をクリア致しました。総評としてはSS級、SSS級といった救世主レベルのムラクモゲーには届かないものの、オールA級なムラクモ候補生〜S級ムラクモなゲームだったかなあと。後半〜終盤にかけては文句なしなんですが、それを若干打ち消してしまうのが序盤〜中盤までの厳しさ辛さ。いやもう、何が辛いって

面白いところを探すのが冗談抜きに難しすぎる。

詰め将棋のような幅のない戦闘、隕石を押し返そうとするギラ・ドーガやジェガンの如くボコボコと逝く鬱展開と、これで楽しかったら変態よ?(そこまで言うか) ただ、何と言いましょうか。その積み重ねがあったからこそ、最後の方の展開が輝いたんだろうなあというのも偽らざる本音。意外と珍しいような気がします、最終決戦前と生還した後に全ての住民から話を聞きたいと思ったゲームって。

移動箇所が少ない&人も少ないのが一枚噛んでいるのは事実ですが。

自力で都庁に辿り着いたり元々居た人除くと、最大でも75人までしか増えないしな、住人。世界中の見知った人から見知らぬ人まで英雄英雄と持て囃されるゲームは数あれど、共に泣き、感動し、喜びを分かち合うのが同じ釜の飯を食った極僅かな人々だけなんてRPG、あんまり見た覚えがありません。人知れず活動してパーティーメンバーとその身内しか彼らの活躍を知らないというのならままあるのかも知れませんが、こっちの場合は地球ベースの世界規模でそれだけですからねえ。

活動区域は東京だけだけどな。

キリノっち辺りがワープ装置開発してアメリカに飛ばされるなんて展開がなくてほっとしたのは内緒。面倒なのは御免です(おい)。そんな中で個人的に最も感慨深かったのが、自衛隊の面々との最終決戦場における会話。当初はドラゴン相手に手も足も出ず、電磁砲を防ぐために文字通り肉の壁となって黒焦げになるしか能のないとまで言われた彼ら。ムラクモのような特別な力もない、一般人よりはちょっとマシなお荷物と自身を卑下していた彼らが――

 

「上が霞んで見えないなんて、なんてメチャクチャなタワーだよ……。でも、お前がどんなに離れてこうが、退路は必ず確保しておく。安心して行ってこい!」

 

本来守るべき者に逆に命を救われ、歯噛みしていた彼らが――

 

「おい、ちっと拳を出してみ? 俺のにぶつける感じでさ。……よぉしっ! 俺の魂、お前の拳に込めたかんな! その拳で……彼女の仇、取ってくれ! 粉々になるくらい、ぶっ飛ばせよ!」

 

命を預けるべき者を信じられず、反感を抱いていた彼らが――

 

「こっちのことは心配ないさ。なんたって、隊長っつう勝利の女神がついてるからな。……なーんて、聞かれたら怒られる。黙っててくれよ?」

 

力のなさを悔やみ、悲しみの涙を流すことしか出来なかった彼らが――

 

「あいつに懸けて隊長を、隊長に懸けてお前を、守らなきゃならん。何もなくなった日本で、これだけ守るものがあるなんて、実に光栄なこった。なぁ?」

 

そして。つまらない意地から反目し、反発し、志を同じくする『仲間』を半ば敵対視していた彼女が――

 

「お前は上だけ見て進め! 足元に余計なモノがあったら、アタシが全部、どけてやるから! ……って、あいつの受け売りだけどね。あいつの言いたいこと、今なら分かるよ。行って、13班。ここはアタシが、引き受けた……!」

 

ちょっと本気で涙腺緩んだのは秘密。

いいじゃないですか、友を想って流す涙は許されるんです(意味不明)。劇中でも語られていましたが、力に価値があるのではなく、『意思』を持つ力だからこそ価値がある。それを一番体現していたのが自衛隊の面々であったと私は感じました。人はドラゴンのように炎は吐けない。でも、他の何かでその差を埋めることは出来る。もし一人では無理でも、二人、三人と仲間が居れば。例え一つ一つは僅かな輝きであったとしても――。よく使われる言葉に「1+1=無限大」なんてものがありますが、それは単なる絵空事。お話だけに許された滑稽な専売特許です。でもね? こんなつまらない現実世界でも

「1×無限大」は無限大に成り得るんですよ?

ひとつで100でも、1が100集まっても、それは同じ100という数。まあ、どちらかというと人竜になることを選んだ方に傾く世捨て人の言えた義理ではないのかも知れませんが、少なくともその『価値』だけは覚えているつもりです。最後になりましたが、このゲームにめぐり逢わせてくれた開発スタッフへと、感謝と共にひとつ言葉を贈りたいと思います。開発期間がいつからいつまでかは存じかねますが、もしこれが件の大震災前から着手していたとしたら

貴方達が神か。

シチュ被りすぎだと思います、“天”災という意味で。直に震災で九死に一生を得た人がプレイしたら、涙腺の堤防決壊だけでは済まないんじゃなかろうか。


1月5日 「今年の話をしてるのに鬼が笑った」

 愛想が良いと得をするというのは間違い。他に何もないなら愛想くらいしか売れないというのが正解。

「ちょっと気になる店があるんだけどさー」

それは私を含めて総勢三名の元某ゲーセン店員が一同に会し、さーて皆揃ったことだし何やろーって言っても特にやりたいこともないよねあははーというわけでゲーセンでちょいと時間潰してダベってたらお腹空いたので晩飯食べよーとなった時のお話。今ではジモティーとなった豊橋市民な知人のそんな一言から、全ては始まったのです。あ、先にネタバレしておきますと、その知人には彼を除く二名の満場一致によって

「お前タイキック」という判決が言い渡されました。

ついでに「今後、あいつの気になるお店はスルーの方向で」という結論に達したのは致し方ないことであると書き加えておきます。オチとしてはそれくらい酷かった。閑話休題、件の話に進路をヨーソロー。彼の言う気になる店とは、割と彼の自宅近所にあり、そこを通りがかるたびに「豊橋で2番目においしいラーメンと餃子の店」の文字が記された看板がアイドマの法則を呼び覚まして仕方がなかったそうで。折角の機会だし言ってみないかとの提案に乗る

昼も別の店でラーメン食ったお馬鹿さん×3(私含む)。

誰一人として食べログするようなら〜マニアではありませんので悪しからず。ラーメンについて書くぐらいならスイーツにするよ!(そういう問題じゃない) 道すがら「なんかこじんまりとしてて昔からやってそうな所だけどなー」「そんなトコで本当に大丈夫か?」「店見てあんまりにも寂れてそうなら止めればいいだけじゃね?」などと話しつつ、もし客がステルス仕様な閑古鳥の五月蝿いがらん堂状態だったとしても、多分、いや確実に

誰一人としてストッパーに回らない面子なのが困り者。

何せ喫茶マウンテンに挑んだ銀河の三人なので(意味不明)。ともあれ、これといったアクシデントもなく無事到着し、狭い駐車スペースがそこそこ埋まっている光景と「らーめんハウス 大将」という店名が我々の眼に飛び込んでまいりました。ついでに伝え聞いていた「豊橋で2番目においしいラーメンと餃子の店」と書かれた看板も。それなりに流行ってるのかなあなどと他愛ない会話をしながら店内に入ると、愛想のよさそうな老夫婦が

他の客に対応中だったためにお出迎えなし。

……まあ個人経営で人手足りないみたいだし、レジなんて代物すらないみたいだから会計に時間食うのは仕方ないよね、うんなどと自らに言い聞かせてみるテスト。接客業経験者からすれば0点ですが大目に見て差し上げます(何様だ)。近場に有った団体様用テーブル席に腰掛け、メニューを見分することしばし。基本しょうゆ、みそ、白みそをベースにトッピングという体でありながら、それぞれの味限定のメニューがあるのは如何したものか。とりあえずチーズラーメンに物申す。

白みそでしか出来ないのはどういった理由からか詳しく。

凡そ中華に似合わぬ代物なチーズに対してもツッコミゲージ上昇中なのは当然ながら、何故しょうゆとみそではいけないのかが微妙に気になるお年頃。どっちにしても食わないからいいけどね!(おい) その明らかに地雷なメニューに気付いたのが注文後だったこともあり、特製チャーシューメンという言霊が心の琴線をくすぐったため、それぞれ味違いでオーダーを告げる我ら三名。でもまあ、オチを考慮しないにしても

一杯で1200〜1400円とかどんだけボッタだとは思いましたが。

前評判で一口すすると後ろで火山が噴火したり自分が巨大化するような二次元ラーメンならまだしも、普通のラーメンの値段じゃない気はします。あんまり高いお店に行かない庶民なだけですかそうですか。注文を終え、♪まだかなまだかなー 豊橋で2番目においしいラーメンまだかなー♪ と語呂悪く心の中でチンチンと箸を鳴らして待つことしばし。おぼんなしの直掴みでテーブルの上へと置かれた

わかめが山と盛られカマボコが浮かぶ麺類っぽい物体。

それラーメンじゃなくてお蕎麦とか言いませんか大将!? らーめん大将ッ!?(落ち着け) 麺を極めし者に言葉は要らないということなのか、一見した感じは正しく去年の終わりに獅子奮迅の活躍を全国各地で見せ付けた年をかける何か。なまじ頼んだのがしょうゆ味だったのも災いし、麺が完全に水没している状態では和風だしの美味しいあんちくしょう以外の何物とも認識できず。まあ、そこまでは看過するにしても、出来立てホヤホヤなはずなのに

湯気がモクモクしてないとかどういう了見だ。

ラーメンがどうとか言ってる場合じゃねーぞ!? あったか〜い麺類に対しての宣戦布告と受け取ってよろしいか!?(だから落ち着け) 絶句は麺を口に含んだ後も続き、スープと一体化していないどころか水と油状態なヌードル。薄味っていうか明らかにだしすらろくすっぽ取ってないだろこれをより一層水っぽく引き立てるわかめマジック。むやみやたらと覆い隠したがる増えるメンマちゃん。分厚さだけがウリの安物ハムよりも味のしない飛べない豚チャーシュー……そりゃあ言葉も出ませんよ。

口開いたら「不味い」の一言が怒涛の如く飛び出すのは明白ですから。

互いの意を汲み取り、「評価は車に乗ってから」と一致団結したのは付き合いの長さのおかげじゃないと思うの。本当に美味いものは誰が食べても美味いそうですが、本当に不味いものも然りってことでよろしいようです。気分と現実のダブルパンチで味のしないそれを胃の中に片付け、未来日記通りに車の中で「ないわー」と合唱する三匹が斬る。これが人から伝え聞いた話であれば「豊橋で」と「2番目に」の間に「下から」という単語を入れるなんてスマートな締めで終わるところですが、自らの舌を犠牲にした今なら言える。

詐欺で訴えられたくないなら即刻店たため。

もうちょっとオブラートに包んでも「あそこより下があってたまるか」というのが優しさの限界。誇大妄想広告な看板をへし折った後なら存在だけは許してもいいかなあと暴言吐いても誰にも咎められないレベルだと思います、はい。酷いですかそうですか。……食べてみます?(良い笑顔)


1月15日 「更に深まる、ハンマーライフ!!」

 ラッシュに入るともう大変。怯むわコケるわピヨるわと大忙しです、モンスターが。

 年末年始休みが明けてからこっち、年末年始休みが始まる前と何ら変わらない馬車馬生活を送っております。もうね、忙しいこと忙しいこと。予想はしていたものの連休明けからこっち番と裏番合わせて何人か期間従業員が逃亡してたり、そのせいで人数ギリギリで休み削られても有休すら使えなかったり、挽回挽回としか言えないオウム頭の馬鹿お偉いさん方は現場の苦労も分からず残業増やしてばかりだったり、今回は属性効果も割と重要っぽいので武器を幾つもこさえる羽目になったり、肉をひとつひとつ焼くのが相当面倒臭かったりと、

後半明らかに関係ないのが混ざってますが気にしないで下さい。

えー、そんなわけでですね。あまりのゲーム成分の少なさに耐えかねて3DSのモンハン3Gに手を出してしまいました。正月休みの終わり際に購入し、今現在で村クエ☆9の中盤戦っぽい辺りといった状況。プレイ時間は聞かないでお願い。ハードが3DSな時点で駄目だこりゃ、ネット通信に対応していないという情報でトドメを刺された感のあった3Gでしたが、意外と遊べてるなあというのが正直な感想。まあ、前者は兎も角として、後者に関しては

友達が少なくていい私には全く影響のない話なので。

ハック&スラッシュがやりたいだけであって、別に他人との交流を望んでいるわけではないのです。そもそもMHP3でも繋いだことないしね!(自慢げに言うな) ただし、面白いのはあくまで「モンハンだから」というだけのことであり、MHP2Gや3と比べると問題点も多いというのが偽りなき事実。その辺りについてとうとうと語ってもいいのですが、プレイ人口の元から多いゲームを批評しても面白くないので割愛。

てゆーかめんどい。

私じゃなくても他の人がやってくれますって、そういうのは。なので、個人的に面白くも悲しげだった点にだけ軽く触れてサクッと更新というクエストを終わらせてみるテスト。MHP2Gでは恐らく誰もが手を焼いたと思われる、嫌がらせモンスターの代名詞ことガノトトス。水中へと身を躍らせたが最後、気まぐれに上陸するか釣りカエルをパックンチョさせるまでプレイヤーをやきもきさせ、上がってきたら上がってきたで今度は詐欺そのものな攻撃範囲を有する突進と尻尾振りでプレイヤーを戦々恐々とさせた水もしたたるいい貴公子が、水中戦というファクターを追加されたことにより

ただのカモと成り下がりました。

陸に上がった方が強いとか、何そのなんちゃって水竜。もうエラ呼吸やめて普通に酸素吸ってればいいと思うよ!(酷) 水中戦が可能なモンスターは共通した汎用的な攻撃パターンがあり、行動が読みやすいというのもひとつの理由ではあるのですが、それよりも彼にとって深刻な問題となるのが水中戦ならではの高低差という要素。高さをずらせば尻尾ぶん回しの回避も容易く、真下から接近すれば普段は届き難い柔らかいお腹を殴り放題!

相変わらずのハンマー馬鹿ですみません。

これが! これだけが!! 俺の自慢の拳だぁぁぁぁぁッ!!!(落ち着け)


1月22日 「ディオス滅入る改」

 無属性武器の肩身が更に狭く。真面目なだけじゃ駄目ですかそうですか。

 毎日毎日フル残業な生活にも関わらず、何故かハンターランクが5まで上がりました by モンハン3G。何故かじゃねーよと突っ込まない成分の半分は優しさで出来ています(意味不明)。確かにプレイ時間に少ない暇をそれなりに割いているのも一因ではあるのですが、それ以上に一狩りに費やす時間の短さが結果として現れているんじゃないかなあというのが正直なところ。ぶっちゃけ、

モンスターが虚弱体質過ぎる。

村クエは別にそれでも良いんですよ。あんなもんは所詮チュートリアル&素材集めの低難度マラソン用にしか存在価値がないんですから(酷)。ですが、いくらお一人様+人外の歌舞伎者ならぬ被り物な二匹御用達なオフラインとはいえ、港クエですら村クエの耐久度に毛が生えた程度の生命力しか持たないというのは如何なものかと。一匹対象クエでもせいぜい保って10〜15分、複数だと一匹当たり5分程度って、何その蜉蝣より儚い命。まだ上位だからと考えるべきか、はたまた

爆破属性がぶっちぎりで反則と判断するべきか。

いやね、各属性のハンマーをそれぞれ一揃い作ってはみたのですが、初見で明確な弱点を計りかねるモンスター用にと汎用性の高そうな爆破属性も一本あると便利かなと思ってしまったのが過ちの始まり。実際に使ってみたら、あら吃驚。速攻で部位破壊の嵐が巻き起こるわ、そのお陰で肉質が柔らかくなってダメージも通り易くなるわ、当然の帰結として屍の山を築く速度も加速するわと、正に至れり尽くせり。体感だけでなく統計取っても確実そうですが、

馬鹿正直に弱点突く意味ナッシングと胸を張って言える勢い。

「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」とは、それなりに苦労と周回を重ねて作成された先輩ハンマー方の言。……最後に出番があったのいつだっけ?(おい)


1月29日 「饗忙竜の間違いだと思う」

 狩猟環境が不安定だと高確率で顔を出すナイスガイ。こやしの臭いをプンプンさせておくのが一流ハンターってことですか。

 どうも、レア素材のゲットする確率の低さよりも有休を取る難易度の高さの方が遥かに上回っていることで定評のあるメタトロンです。深淵の皇龍玉をクエスト終了後に投げてよこすチャチャさんがイケメン過ぎた。そんなこんなでモンハン3Gも無事G級クエまで駒を進め、現在は☆6にて「キークエはいねがー」とナマハゲよろしく各クエを回っている最中です。本来であればとっくに☆7まで行けてそうなくらい駐留していますが、それにもちゃんと訳がありまして。簡潔に言うと

スキル取得地獄に嵌りました。

G級に上がった途端、スキルポイント欄に匠付きの防具がワラワラ出て来るんだもんなあ。仕方ない、これは仕方ない(何が)。最初はレア素材なさそうで集めるのが楽そう&ついでに狩るのも楽そうという理由からウルクやらフロギィやらリノブロなどから剥ぎ取った素材からせっせと編んだ防具で斬れ味レベル+1を発動させていましたが、あまりの継ぎ接ぎっぷりに涙が出そうになったため、ナバルデウス亜種マラソンを繰り返し、ヘリオスZ装備で身を固めてみました。

ただし腰ミノだけペッコ先生。

や、もうちょい頑張って腰まで揃えてみてもいいんですが、必要なスキルは取得出来ているのでこれ以上やるのもどうかなーと。……どうせ先に進んだらもっと組み合わせ甲斐のありそうな防具出てくるだろうしな(ボソッ)。閑話休題、色々悩んだ末に斬れ味レベル+1以外で発動させたのは「高級耳栓」と「スタミナ奪取」。前者に関しては素で下位スキルの耳栓が発動している&あとたったの2ポイントで昇華するというだけの理由ながら、後者は格が違う。何せこれがあったが最後、大半の大型モンスターが

肉の詰まったサンドバックに早変わり。

G級になって耐久力にもそこそこ磨きがかかってきたため、余計に殴り甲斐が増しました。あと何回のけぞれば壊れるのかね?(酷) ガードの出来ないハンマー使いが欲しがるスキルといえば真っ先に回避性能や回避距離辺りを思い浮かべそうなものながら、あえてこんな変化球を選ぶのは捻くれ者の成せる業か。疲労状態になれば足を止めてひたすら殴ることも容易になるため、転がす→殴りまくる→また転がるの起き上がりこぼしループも自由自在。素敵!

でもイビルジョーだけは勘弁な。

被ダメ的には兎も角、怒っている時よりも涎垂らしてる状態の方がステップ軽やかとか何なんだお前。どんだけ食いたいのよ。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF